営業職に強い転職エージェントおすすめランキング|500人の口コミ評判をプロが徹底比較

「営業職向け転職エージェントはどれがいいのだろう」と疑問に思っていませんか?

結論として、営業職へ転職する際は、営業職のみならず、幅広い業界や企業について、深い知識を持った転職エージェントを利用することが重要です。

というのも、営業の人材は様々な業界で必要とされているからです。

このページでは、転職エージェントとして多くの営業職転職をサポートしてきた私が、「営業転職をする際に注意すべきこと」と「本当に使うべき転職エージェント」を解説していきます。

  1. 営業転職におすすめの転職エージェント6選
  2. 【目的別】おすすめの転職エージェントと選び方
  3. 【年代別】おすすめの転職エージェントと選び方
  4. 【都道府県別】おすすめの転職エージェントと選び方
  5. 【業界別】おすすめの転職エージェントと選び方
  6. そもそも転職エージェントを使うべきたった1つの理由
  7. 転職エージェントをより効果的に利用する7ポイント
  8. 【図解】転職エージェント利用の流れ
  9. 転職エージェントに断られた場合の全手段
  10. 営業職に転職する前に知っておきたい3つのポイント
  11. 営業転職を成功させるための5ポイント
  12. 【FAQ】営業転職でよくある質問と回答

全て読めば、満足のいく転職を実現することができるようになるでしょう。

1. 営業転職におすすめの転職エージェント6選

まずはじめに、営業職に転職したい方におすすめの転職エージェントをランキング形式で6社ご紹介します。

今すぐに転職活動を始めたいという方は、ここでご紹介する6社の中から3社程度登録していただければ、それだけで転職成功に一歩近づくことができるでしょう。

今回紹介する転職エージェントを選ぶ基準は、以下の3点です。

営業転職におすすめの転職エージェントを選ぶ3ポイント

  • サポート力…面接・書類対策など、選考対策を丁寧に行ってくれる
  • 提案力…希望条件に合った求人を紹介してもらえる
  • 営業職の求人数…営業職の求人数が多く、選考に進む企業を選びやすい

さらに、当サイトが独自に行った『500人を対象にした転職エージェントの評判に関するアンケート』のデータを加味し、営業転職におすすめの転職エージェントを、ランキング形式にして、以下の表にまとめました。

転職エージェント営業職の公開求人数 | サポート力
1位.
リクルートエージェント
3.1万件 | ★★★★☆3.5
総求人数No1!選択肢を増やすなら登録必須
2位.
dodaエージェント
1.7万件 | ★★★★☆4.0
手厚いサポートが好評!求人の質も高い
3位.
JACリクルートメント
1,900件 | ★★★★☆3.9
ハイクラス転職実績No.1
4位.
マイナビ営業 AGENT
5,000件 | ★★★★☆4.3
初めての転職に強く20代実績No.1
5位.
パソナキャリア
6,900件 | ★★★★☆3.8
サポート充実で満足度No.1
6位.
DYM就職
非公開 | ★★★★☆3.8
若手の営業転職に強い

それでは、順に見ていきましょう。

1位:リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビ営業 AGENT』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビ営業 AGENT』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

2位:doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

3位:JACリクルートメント|ハイクラス転職実績No.1

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

リクルートエージェント』や『dodaエージェント』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

ただ、求人数は11,000件と『キャリアカーバー(6万件以上)』ほどではないので、併せて登録しておくことをおすすめします。

全国の求人数11,000件以上
拠点

東京(本社)
茨城・栃木・群馬・埼玉・横浜・山梨・長野・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島

提案力4.2
★★★★☆
公式ページhttp://jac-recruitment.jp/

4位:マイナビ営業 AGENT|初めての転職に強く20代実績No.1

マイナビエージェントは、丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

求人数だけではリクルートやdodaといった大手ほどではありませんが、首都圏の20代に焦点を当てれば1番の満足度(4.2/5.0点)を誇ります。

そのため、特に慣れない転職で不安がある方にはおすすめできます。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

5位:パソナキャリア|サポート充実で満足度No.1

『パソナキャリア』は、手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方に特におすすめです。

運営元のパソナは人材派遣領域で業界最大手の企業であり、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実しています。また、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、サービス内容も多岐にわたります。

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.2」とリクルートエージェントに次ぐ実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの1社です。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

6位:DYM就職|若手の営業転職に強い

<LP画像>DYM就職_営業

DYM就職』は、一部上場企業、トップベンチャー企業などを含めた2000社以上の中から、営業職の方に最適な求人を紹介してくれる転職エージェントです。

採用担当の方と直接交渉ができるため、登録した後は書類選考なしで面接に進むことができます。

面接、書類作成、服装などの指導を行ってもらえるため、安心して就活に臨むことができるでしょう。

DYM就職公式サイト:
https://talk.dshu.jp

2.目的別転職エージェントとその選び方

本章では、目的別におすすめの転職エージェントを紹介していきます。

ハイクラス向け転職エージェント

ここで紹介するのは、これまでの経験を武器にキャリアアップしたい方向けの転職エージェントです。

横浜に支店があり、サポート力と提案力が高く、高年収案件を取り揃えている転職エージェントは以下の通りです。

尚、ハイクラス向け転職エージェントについては『エグゼクティブ管理職に強い転職エージェント9選』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

転職エージェント名サポート力提案力営業職の公開求人数
1位JACリクルートメント
(3.9点)

(4.2点)
1,900件
2位ランスタッド
(3.9点)

(4.1点)
1,000件
3位ビズリーチ
(3.4点)

(3.6点)
2万1,000件
4位CAREERCARVER
(3.6点)

(3.8点)
5,900件
5位パソナキャリア(ハイクラス)
(4.1点)

(3.8点)
6,900件

それぞれ見てきましょう。

1位:JACリクルートメント|ハイクラス転職実績No.1

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

リクルートエージェント』や『dodaエージェント』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

ただ、求人数は11,000件と『キャリアカーバー(6万件以上)』ほどではないので、併せて登録しておくことをおすすめします。

全国の求人数11,000件以上
拠点

東京(本社)
茨城・栃木・群馬・埼玉・横浜・山梨・長野・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島

提案力4.2
★★★★☆
公式ページhttp://jac-recruitment.jp/

2位:ランスタッド|年収800万円以上の外資求人

ランスタッド』は、オランダに本社を置き、世界39カ国で人材ビジネスを展開する世界最大級の外資系転職エージェントです。

保有求人全体の約半数が「年収800万円以上」の求人で、中には年収2000万円以上のハイクラスな求人も見つけることができます。S&P500企業からスタートアップまで、求人の幅が広いことも特徴的です。

またランスタッドでしか募集をしていない「独占求人」も多く、特にグローバル企業や外資系企業のハイクラスポジションの仕事を見つけられます。

公式サイト:
https://randstad.co.jp

※ランスタッドでは、IT企業の転職に特化したエージェントサービスも行っています。IT業界志望者はこちらを利用してみてください。

3位:ビズリーチ|CMで話題のヘッドハンティング型サイト

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約4,700名のヘッドハンターが登録しており、数では約2,500名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

公式サイト:
https://bizreach.jp/

4位:CAREERCARVER|リクルート運営のヘッドハンティング型サイト

キャリアカーバー(by リクルート)』は国内最大手のリクルートが運営する、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです

レベルの高いコンサルタント(ヘッドハンター)を自ら選んで相談をすることもできれば、レジュメを登録して好条件のスカウトも待つこともできます。

また、全求人は約70,000件と、高年収を狙う方であればすべての方におすすめできる転職サービスです。

気になる方は、ぜひ一度登録してみることをおすすめします。

公式サイト:
https://careercarver.jp/

5位:パソナキャリア(ハイクラス)|年収500万円から高年収を目指すなら

パソナキャリア』は、大手の中でも特にキャリアコンサルタントが親身だと評判の良いエージェントです。

年収帯を問わず、充実したサポートを行っており、当サイトが実施したアンケートでも利用者満足度No.1の結果でした。

また、首都圏(東京、名古屋、大阪)を中心に求人数も豊富で、年収600万円以上のハイクラスを目指す全ての方におすすめできます。

パソナキャリア公式サイト:
https://pasonacareer.jp

海外営業希望者向け転職エージェント

海外転職はいざ勤務が始まってから失敗したことに気づいても簡単には転職できなかったり、雇用契約などでトラブルが起きがちなので、信頼ある転職エージェントを必ず使うべきです。

海外転職のサポート力と提案力が高い転職エージェントは以下の通りです。

尚、ハイクラス向け転職エージェントについては『海外就職でも困らない!目的・国別の転職エージェント23選』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

転職エージェント名サポート力提案力営業職の公開求人数
1位ランスタッド
(3.9点)

(4.1点)
1,000件
2位ビズリーチ
(3.6点)

(3.4点)
2万1,000件
3位パソナキャリア(ハイクラス)
(4.1点)

(3.8点)
6,900件
4位doda
(4.0点)

(3.9点)
1万7,000件
5位リクルートエージェント
(3.5点)

(3.6点)
3万1,000件
(非公開:4万1,000件)

それでは、順に見ていきましょう。

1位:ランスタッド|年収800万円以上の外資求人

ランスタッド社

ランスタッド』は、人材派遣をメインに、世界39カ国で人材ビジネスを展開する世界最大級の外資系企業です。

特に、外資系転職には強みがあり、独自案件も保有しているので、年収1000万円以上の外資系求人がたくさん欲しい人にはおすすめです。

キャリアアップや年収アップの転職を考えている場合はぜひ相談してみてください。

得意地域:全世界に案件多数

ランスタッド公式サイト:
https://randstad.co.jp

2位:ビズリーチ|CMで話題のヘッドハンティング型サイト

<LP画像>ビズリーチ

ビズリーチ』は管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティング型転職サービスです。

約1,700名のヘッドハンターが登録しており、数では約600名のキャリアカーバーを圧倒するなど、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位といえます。

また、年収500万円以上の求人が豊富なため、海外就職で高年収も狙えます。

まずはレジュメを登録して、好条件のスカウトを期待して待ってみてください。

得意分野: 中国、韓国、香港、シンガポール、北米、欧州の案件中心

ビズリーチ公式サイト:
https://bizreach.jp

3位:パソナキャリア(ハイクラス)|年収500万円から高年収を目指すなら

パソナキャリア』は、大手の中でも特にキャリアコンサルタントが特に親身だと評判の良いエージェントです。

最大手のリクルートに比べて転職検討段階の方やキャリアの浅い方にも優しく対応してくれるとの評判なので、海外への転職に対してハードルが高く感じられる人はまずはパソナキャリアを推奨します。

ハイクラスの求人も多く保有していて、スピード感をもって対応してくれる傾向にあるためおすすめです。

得意地域:全世界に案件あり

パソナキャリア公式サイト:
https://pasonacareer.jp

4位:doda|求人数No.1・転職サポートが評判

doda

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する最大級の総合転職エージェントです。

海外の求人数も約350件ほど保有しており、英語での面接対策や職務経歴書の実践的なアドバイスの評判が非常に高く、海外への転職が初めての方には心強い存在です。

転職になかなか踏み切れず迷っている方にとっても、ペースを合わせて親身に対応してくれることでしょう。

まずは登録して、相談するところから始めてみてください。

得意地域:全世界に多数案件あり

doda公式サイト:
https://doda.jp

5位:リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、決定数・案件数ともに業界No.1の最大手転職エージェントです。

JACと比べるとハイキャリア向けということではないですが、海外求人だけで300件前後あり、これは国内エージェントの平均が100以下であることを考えると高い実績のため、海外転職を考えたらまずは登録してみることをおすすめします。

ただし、コンサルタントの質に差があると言われているので、他の転職エージェントと併用しながら、相性の合わない担当がついた場合は担当変更をすることをおすすめします。

リクルートエージェント公式サイト:
https://r-agent.com

営業職未経験向け転職エージェント

営業職は、未経験でも比較的転職しやすい職種です。

ただし、未経験領域に挑戦する際には、その領域に詳しい人の話を聞くのが効果的なので、転職エージェントの利用がおすすめです。

未経験での営業転職のサポート力と提案力が高い転職エージェントは以下の通りです。

尚、営業転職については『営業転職完全ガイド|プロが教える成功のための全ポイント』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

転職エージェント名サポート力提案力営業職の公開求人数
1位リクルートエージェント
(3.5点)

(3.6点)
3万1,000件
(非公開:4万1,000件)
2位doda
(4.0点)

(3.9点)
1万7,000件
3位マイナビ営業 AGENT
(4.3点)

(4.1点)
5,000件
(非公開:3,000件)
4位パソナキャリア
(3.8点)

(3.9点)
6,900件
5位type転職エージェント
(3.6点)

(3.6点)
1,500件
(非公開:2,000件)

それでは、順に見ていきましょう。

1位:リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビ営業 AGENT』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビ営業 AGENT』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

2位:doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

3位:マイナビ営業 AGENT|初めての転職に強く20代実績No.1

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

ただ、コロナによって若年層向けの求人数が大きく減ってしまったことから、口コミ評判もネガティブな内容が増えてきています(2020年12月現在)

そのため、いま利用するならば、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)を優先したほうが賢い選択かもしれません。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

4位:パソナキャリア|サポート充実で満足度No.1

『パソナキャリア』は、手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方に特におすすめです。

運営元のパソナは人材派遣領域で業界最大手の企業であり、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実しています。また、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、サービス内容も多岐にわたります。

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.2」とリクルートエージェントに次ぐ実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの1社です。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

5位:type転職エージェント|首都圏とIT職種に強い

type転職エージェント』は、20代を中心にサポート実績が豊富な総合転職エージェントです。

サポート範囲は、首都圏のみですが、未経験OKの案件を多く保有しているため、職歴に自信がない方も気軽に相談してみましょう。

また、女性の求職者に特化した『type女性の転職エージェント』を運営しており、20代30代を中心に高い満足度評価を得ているので、女性にもおすすめです。

公式サイト:
https://type.career-agent.jp

ニート向け転職エージェント

フリーターの方も転職エージェントをもちろん利用可能で、使うことで有利に転職ができます。

しかし、エージェントによっては「紹介を断られる」というケースもあるので、フリーターの転職支援に対応しているエージェントを利用する必要があります。

以下では、フリーターの方でも支援を受けられたと口コミのあった横浜に支店がある転職エージェントを紹介していきます。

尚、ニート向けの転職エージェントについては『フリーターに強い転職サイト・エージェントおすすめ15選』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

転職エージェント名サポート力提案力営業職の公開求人数
1位doda
(4.0点)

(3.9点)
1万7,000件
2位ワークポート
(4.2点)

(3.7点)
6,900件
3位マイナビジョブ20’s
(4.0点)

(3.8点)
800件
4位DYM就職
(4.0点)

(3.7点)
5位リクらく
(3.9点)

(3.8点)

順に見ていきましょう。

doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

ワークポート|第二新卒や未経験からIT転職を目指すなら

ワークポート』は、IT転職・第二新卒の転職に強いエージェントです。

営業や事務、IT職種に強く、若年層向けの未経験歓迎求人が多いのが特徴です。

東京・大阪・福岡には対面面談の拠点もあり、実際に利用した方からは、「キャリアコンサルタント(通称:コンシェルジュ)の対応が非常に丁寧」と評判のようでした。エージェントが初めての方にもおすすめです。

ワークポート公式サイト:
https://workport.co.jp

当サイトではワークポートのコンシェルジュにインタビューを実施しました。 ワークポートの強みや転職成功する人・失敗する人の違いなどをお話いただいたので、転職を検討している方はぜひご覧ください。

こちらをタップ ▼
キャリアの決断を後押しする――ワークポートの転職コンシェルジュが語る「失敗しない転職の極意」とは

マイナビジョブ20’s|初めての二卒転職におすすめ

マイナビジョブ20’s』は、全求人が20代対象の、第二新卒・既卒に特化した転職エージェントです。

書類添削、面接対策の他にも、自己分析に役立つ適性診断を受検することができるため、非常にサポート体制が充実しています。

職種・業種が未経験でもOKな求人が50%以上あるため、新たな職種・業界に挑戦したい方にもおすすめな一社です。

まずは登録して、相談だけでもしてみてください。

マイナビジョブ20’s公式サイト:
https://mynavi-job20s.jp

DYM就職|WebCMで話題!二卒の就職に強い!

DYM就職』は、第二新卒・フリーター・未経験の就職に特化した転職エージェントです。

一部上場企業、トップベンチャー企業などを含めた2000社以上の中から、最適な求人を紹介してくれることで好評を得ています。

採用担当の方と直接交渉ができるため、登録した後は書類選考なしで面接に進むことが可能です。

面接、書類作成、服装などの指導が丁寧なので、未経験の方でも、安心して就活に臨むことができるでしょう。

DYM就職公式サイト:
https://talk.dshu.jp

リクらく|未経験向け。内定率94%

リクらく公式サイト

リクらく』は、未経験業界への転職支援実績の多い、20代専用の就職・転職エージェントです。

2015年創業のベンチャー企業である、株式会社リクルートネットが運営するサービスであり、他サービスに比べて知名度は高くありません。

その分、10年以上のキャリアを持つベテラン転職エージェントが、転職希望者1人1人に対して念入りなカウンセリングを行っています。

そのため、未経験業界への転職を希望する場合も、ミスマッチが起きづらく安心して転職活動を進められることができます。

これまで働いた経験が無い方、短期離職後の方にとって、おすすめできる転職エージェントです。

リクらく公式サイト:
https://rikuraku.net

女性向け転職エージェント

女性が転職を考える際には、結婚や出産、育児、配偶者の転勤といった家庭事情などを踏まえ、慎重に転職先を決定する必要があります。

そのため、女性の気持ちをしっかりと理解してくれて、ニーズに合う求人を紹介してもらえる転職エージェントを選ぶことが、何よりも大切です。

以下では、フリーターの方でも支援を受けられたと口コミのあった横浜に支店がある転職エージェントを紹介していきます。

尚、女性向けの転職エージェントについては『女性に強い転職エージェントランキング』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

転職エージェント名サポート力提案力営業職の公開求人数
1位マイナビAGENT
(4.3点)

(4.1点)
5,000件
(非公開:2,800件)
2位doda
(4.0点)

(3.9点)
1万7,000件
3位JACリクルートメント
(3.9点)

(4.2点)
1,900件
4位リクルートエージェント
(3.5点)

(3.6点)
3万1,000件
(非公開:4万1,000件)
5位パソナキャリア
(3.8点)

(3.9点)
6,900件

それでは、順に見ていきましょう。

1位:マイナビAGENT|初めての転職に強く20代実績No.1

マイナビAGENT』は、マイナビが運営する女性のための無料転職サービスで、女性コンサルタントの多さや、サポートの手厚さから女性利用者の満足度が高いです。

キャリアコンサルタントは女性求職者の要望を聞きながら、一人一人に最適なアドバイスをしてくれます。

また、マイナビの豊富なリソースにより、大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多彩な求人を保有しており、その公開求人数は3万1,000件、非公開求人の数は4万1,000件と、業界高水準となっています。

業界専任のキャリアアドバイザーによる、書類添削、面接対策など、しっかりと転職サポートを受けたい方は、ぜひ『女性の転職』に登録しましょう。

マイナビAGENT:
https://mynavi-agent.jp/

2位:doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

3位:JACリクルートメント|ハイクラス転職実績No.1

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

リクルートエージェント』や『dodaエージェント』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

ただ、求人数は11,000件と『キャリアカーバー(6万件以上)』ほどではないので、併せて登録しておくことをおすすめします。

全国の求人数11,000件以上
拠点

東京(本社)
茨城・栃木・群馬・埼玉・横浜・山梨・長野・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島

提案力4.2
★★★★☆
公式ページhttp://jac-recruitment.jp/

4位:リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビ営業 AGENT』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビ営業 AGENT』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

5位:パソナキャリア|サポート充実で満足度No.1

『パソナキャリア』は、手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方に特におすすめです。

運営元のパソナは人材派遣領域で業界最大手の企業であり、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実しています。また、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、サービス内容も多岐にわたります。

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.2」とリクルートエージェントに次ぐ実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの1社です。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

年代別|転職エージェントの選び方

年代が変わるにつれて、企業側が転職者に求めることも、転職者が企業に求めることも異なります。

そのため、ここでは第二新卒、20代、30代、40代、50代、60代のの6つに年代を分け、それぞれが転職エージェントを選ぶ際に、どのようなことに気を付ければ良いかと、利用すべき転職エージェントをまとめました。

第二新卒のための転職エージェント

第二新卒の方はまず「仕事に何を求めるのか」「どんな職場で働きたいか」をしっかりと整理することが大切です。

そのため、自分の経験をしっかりと深掘って聞いてくれる、サポート力の高い転職エージェントを選ぶようにしましょう。

下記の転職エージェントは、横浜に支店があり、第二新卒のサポートを得意としているので、ぜひ登録しましょう。

尚、第二新卒の転職エージェントについては『第二新卒に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ13選』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

転職エージェント名サポート力提案力営業職の公開求人数
1位doda
(4.0点)

(3.9点)
1万7,000件
2位ワークポート
(4.2点)

(3.7点)
6,900件
3位マイナビジョブ20’s
(4.0点)

(3.8点)
800件
4位DYM就職
(4.0点)

(3.7点)
5位リクらく
(3.9点)

(3.8点)

順に見ていきましょう。

doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

ワークポート|第二新卒や未経験からIT転職を目指すなら

ワークポート』は、IT転職・第二新卒の転職に強いエージェントです。

営業や事務、IT職種に強く、若年層向けの未経験歓迎求人が多いのが特徴です。

東京・大阪・福岡には対面面談の拠点もあり、実際に利用した方からは、「キャリアコンサルタント(通称:コンシェルジュ)の対応が非常に丁寧」と評判のようでした。エージェントが初めての方にもおすすめです。

ワークポート公式サイト:
https://workport.co.jp

当サイトではワークポートのコンシェルジュにインタビューを実施しました。 ワークポートの強みや転職成功する人・失敗する人の違いなどをお話いただいたので、転職を検討している方はぜひご覧ください。

こちらをタップ ▼
キャリアの決断を後押しする――ワークポートの転職コンシェルジュが語る「失敗しない転職の極意」とは

マイナビジョブ20’s|初めての二卒転職におすすめ

マイナビジョブ20’s』は、全求人が20代対象の、第二新卒・既卒に特化した転職エージェントです。

書類添削、面接対策の他にも、自己分析に役立つ適性診断を受検することができるため、非常にサポート体制が充実しています。

職種・業種が未経験でもOKな求人が50%以上あるため、新たな職種・業界に挑戦したい方にもおすすめな一社です。

まずは登録して、相談だけでもしてみてください。

マイナビジョブ20’s公式サイト:
https://mynavi-job20s.jp

DYM就職|WebCMで話題!二卒の就職に強い!

DYM就職』は、第二新卒・フリーター・未経験の就職に特化した転職エージェントです。

一部上場企業、トップベンチャー企業などを含めた2000社以上の中から、最適な求人を紹介してくれることで好評を得ています。

採用担当の方と直接交渉ができるため、登録した後は書類選考なしで面接に進むことが可能です。

面接、書類作成、服装などの指導が丁寧なので、未経験の方でも、安心して就活に臨むことができるでしょう。

DYM就職公式サイト:
https://talk.dshu.jp

リクらく|未経験向け。内定率94%

リクらく公式サイト

リクらく』は、未経験業界への転職支援実績の多い、20代専用の就職・転職エージェントです。

2015年創業のベンチャー企業である、株式会社リクルートネットが運営するサービスであり、他サービスに比べて知名度は高くありません。

その分、10年以上のキャリアを持つベテラン転職エージェントが、転職希望者1人1人に対して念入りなカウンセリングを行っています。

そのため、未経験業界への転職を希望する場合も、ミスマッチが起きづらく安心して転職活動を進められることができます。

これまで働いた経験が無い方、短期離職後の方にとって、おすすめできる転職エージェントです。

リクらく公式サイト:
https://rikuraku.net

20代のための転職エージェント

20代で転職する方には、「今までとは異なる業界で働きたい」という場合が多いです。

そのため、業界ごとに専門のアドバイザーがいる大手総合転職エージェントを選ぶのが良いでしょう。

尚、20代のための転職エージェントについては『20代のおすすめ転職エージェント13選』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

こんな人におすすめ転職エージェント名サポート力営業職の求人数
全ての20代リクルートエージェント
(3.5点)
3万1,000件
(非公開:4万1,000件)
doda
(4.0点)
1万7,000件
社会人5~6年目以上の方リクルートエージェント
(3.5点)
3万1,000件
(非公開:4万1,000件)
非正規から正社員に挑戦する方ワークポート
(4.2点)
6,900件
マイナビジョブ20’s
(4.0点)
800件

順に見ていきましょう。

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビ営業 AGENT』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビ営業 AGENT』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

ワークポート|第二新卒や未経験からIT転職を目指すなら

ワークポート』は、IT転職・第二新卒の転職に強いエージェントです。

営業や事務、IT職種に強く、若年層向けの未経験歓迎求人が多いのが特徴です。

東京・大阪・福岡には対面面談の拠点もあり、実際に利用した方からは、「キャリアコンサルタント(通称:コンシェルジュ)の対応が非常に丁寧」と評判のようでした。エージェントが初めての方にもおすすめです。

ワークポート公式サイト:
https://workport.co.jp

当サイトではワークポートのコンシェルジュにインタビューを実施しました。 ワークポートの強みや転職成功する人・失敗する人の違いなどをお話いただいたので、転職を検討している方はぜひご覧ください。

こちらをタップ ▼
キャリアの決断を後押しする――ワークポートの転職コンシェルジュが語る「失敗しない転職の極意」とは

マイナビジョブ20’s|初めての二卒転職におすすめ

マイナビジョブ20’s』は、全求人が20代対象の、第二新卒・既卒に特化した転職エージェントです。

書類添削、面接対策の他にも、自己分析に役立つ適性診断を受検することができるため、非常にサポート体制が充実しています。

職種・業種が未経験でもOKな求人が50%以上あるため、新たな職種・業界に挑戦したい方にもおすすめな一社です。

まずは登録して、相談だけでもしてみてください。

マイナビジョブ20’s公式サイト:
https://mynavi-job20s.jp

30代のための転職エージェント

30代になると、経験がある程度身に付いているため、スキルアップのために転職を考える場合や、家族との時間も大切にしながら働きたいと考える場合があるかと思います。

以下では、30代のニーズに応えてくれる転職エージェント5社を、厳選して紹介しています。

尚、30代のための転職エージェントについては『30代の転職エージェント・サイトおすすめランキング5選』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

こんな人におすすめ転職エージェント名サポート力営業の公開求人数
全ての30代

リクルートエージェント
(3.5点)
3万1,000件
(非公開:4万1,000件)
doda
(4.0点)
1万7,000件
キャリアに自信がある方JACリクルートメント
(3.9点)
600件
ビズリーチ
(3.4点)
2万1,000件

それぞれ見ていきましょう。

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビ営業 AGENT』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビ営業 AGENT』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

JACリクルートメント|ハイクラス転職実績No.1

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

リクルートエージェント』や『dodaエージェント』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

ただ、求人数は11,000件と『キャリアカーバー(6万件以上)』ほどではないので、併せて登録しておくことをおすすめします。

全国の求人数11,000件以上
拠点

東京(本社)
茨城・栃木・群馬・埼玉・横浜・山梨・長野・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島

提案力4.2
★★★★☆
公式ページhttp://jac-recruitment.jp/

ビズリーチ|CMで話題のヘッドハンティング型サイト

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約4,700名のヘッドハンターが登録しており、数では約2,500名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

公式サイト:
https://bizreach.jp/

40代のための転職エージェント

40代では、子育て等の事情があり、転職したくても希望条件が多くてなかなか案件が見つからない…という場合もあります。

ただし、良い条件の求人は応募が殺到しないよう非公開になっていることもあります。そのため、非公開求人を多く保有している転職エージェントを選ぶのが良いでしょう。

このような、40代のニーズに応えてくれる転職エージェントは、以下の通りです。

尚、40代のための転職エージェントについては『40代に強い転職エージェントおすすめ13選』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

こんな人におすすめ転職エージェント名サポート力営業の公開求人数
全ての40代

doda
(4.0点)
1万7,000件
リクルートエージェント
(3.5点)
3万1,000件
(非公開:4万1,000件)
パソナキャリア
(3.8点)
5,000件
キャリアに自信がある方JACリクルートメント
(3.9点)
1,900件
ビズリーチ
(3.4点)
2万1,000件

doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビ営業 AGENT』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビ営業 AGENT』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

パソナキャリア|サポート充実で満足度No.1

『パソナキャリア』は、手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方に特におすすめです。

運営元のパソナは人材派遣領域で業界最大手の企業であり、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実しています。また、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、サービス内容も多岐にわたります。

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.2」とリクルートエージェントに次ぐ実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの1社です。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

JACリクルートメント|ハイクラス転職実績No.1

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

リクルートエージェント』や『dodaエージェント』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

ただ、求人数は11,000件と『キャリアカーバー(6万件以上)』ほどではないので、併せて登録しておくことをおすすめします。

全国の求人数11,000件以上
拠点

東京(本社)
茨城・栃木・群馬・埼玉・横浜・山梨・長野・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島

提案力4.2
★★★★☆
公式ページhttp://jac-recruitment.jp/

CAREERCARVER|リクルート運営のヘッドハンティング型サイト

キャリアカーバー(by リクルート)』は国内最大手のリクルートが運営する、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです

レベルの高いコンサルタント(ヘッドハンター)を自ら選んで相談をすることもできれば、レジュメを登録して好条件のスカウトも待つこともできます。

また、全求人は約70,000件と、高年収を狙う方であればすべての方におすすめできる転職サービスです。

気になる方は、ぜひ一度登録してみることをおすすめします。

公式サイト:
https://careercarver.jp/

50代のための転職エージェント

転職は難しいと言われる50代ですが、近年、50代の転職者数は増えています。

特に、高いレベルの専門性やマネジメント能力を持っている方や、転職先に求める条件が高すぎない方は、転職に成功する確率が高いです。

ですので、自身のスキルを上手くアピールしたり、自分の求める条件に合う転職先を選ぶためにも、以下のような転職エージェントを利用して行きましょう。

尚、50代のための転職エージェントについては『50代に強い転職サイト・エージェントおすすめ12選』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

こんな人におすすめ転職エージェント名サポート力営業の公開求人数
全ての50代doda
(4.0点)
1万7,000件
リクルートエージェント
(3.5点)
3万1,000件
(非公開:4万1,000件)
キャリアに自信がある方JACリクルートメント
(3.9点)
1,900件
ビズリーチ
(3.4点)
2万1,000件
CAREERCARVER
(3.6点)
5,900件

doda|求人数No.1転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビ営業 AGENT』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビ営業 AGENT』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

JACリクルートメント|ハイクラス転職実績No.1

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

リクルートエージェント』や『dodaエージェント』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

ただ、求人数は11,000件と『キャリアカーバー(6万件以上)』ほどではないので、併せて登録しておくことをおすすめします。

全国の求人数11,000件以上
拠点

東京(本社)
茨城・栃木・群馬・埼玉・横浜・山梨・長野・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島

提案力4.2
★★★★☆
公式ページhttp://jac-recruitment.jp/

ビズリーチ|CMで話題のヘッドハンティング型サイト

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約4,700名のヘッドハンターが登録しており、数では約2,500名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

公式サイト:
https://bizreach.jp/

CAREERCARVER|リクルート運営のヘッドハンティング型サイト

キャリアカーバー(by リクルート)』は国内最大手のリクルートが運営する、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです

レベルの高いコンサルタント(ヘッドハンター)を自ら選んで相談をすることもできれば、レジュメを登録して好条件のスカウトも待つこともできます。

また、全求人は約70,000件と、高年収を狙う方であればすべての方におすすめできる転職サービスです。

気になる方は、ぜひ一度登録してみることをおすすめします。

公式サイト:
https://careercarver.jp/

都道府県別|転職エージェントの選び方

転職エージェントを選ぶ際には、あなたのお住いの地域に支店があるか、また、希望勤務地の求人を多く保有しているかどうかを確認することが大切です。

以下では、サポート体制が充実している転職エージェントの中でも、大阪・横浜・名古屋・福岡に支店があり、これらの地域における求人数が多い転職エージェントをご紹介していきます。

東京でおすすめの転職エージェント

「東京に特化した転職エージェント」は数自体が少なく、かつ「大手転職エージェント」が主要地域である東京の求人獲得には力を入れているため、それと比較すると見劣りしてしまう会社しかありませんでした。

ですので、大手総合転職エージェントの中から、東京での求人数・サポート体制が充実した転職エージェントを以下でご紹介します。

尚、東京でおすすめの転職エージェントについては『東京のおすすめ転職エージェント4選』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

こんな人におすすめ転職エージェント名サポート力東京の公開求人数
全ての方マイナビ営業 AGENT
(4.3点)
1万5,600件
doda
(4.0点)
3万8,100件
リクルートエージェント
(3.5点)
4万7,400件
(非公開:9万2,500件)
キャリアに自信がある方JACリクルートメント
(3.9点)
6,500件
ビズリーチ
(3.4点)
9万500件

それぞれ見ていきましょう。

マイナビ営業 AGENT|初めての転職に強く20代実績No.1

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

ただ、コロナによって若年層向けの求人数が大きく減ってしまったことから、口コミ評判もネガティブな内容が増えてきています(2020年12月現在)

そのため、いま利用するならば、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)を優先したほうが賢い選択かもしれません。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビ営業 AGENT』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビ営業 AGENT』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

JACリクルートメント|ハイクラス転職実績No.1

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

リクルートエージェント』や『dodaエージェント』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

ただ、求人数は11,000件と『キャリアカーバー(6万件以上)』ほどではないので、併せて登録しておくことをおすすめします。

全国の求人数11,000件以上
拠点

東京(本社)
茨城・栃木・群馬・埼玉・横浜・山梨・長野・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島

提案力4.2
★★★★☆
公式ページhttp://jac-recruitment.jp/

ビズリーチ|CMで話題のヘッドハンティング型サイト

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約4,700名のヘッドハンターが登録しており、数では約2,500名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

公式サイト:
https://bizreach.jp/

大阪でおすすめの転職エージェント

「地元大阪に特化した転職エージェント」は数自体が少なく、かつ「大手転職エージェント」であれば主要地域である大阪の求人獲得には力を入れているため、それと比較すると見劣りしてしまう会社しかありませんでした。

ですので、「大阪に支店を持つ大手転職エージェント」の中から、大阪での求人数・サポート体制が充実した転職エージェントを以下でご紹介します。

尚、大阪でおすすめの転職エージェントについては『大阪のおすすめ転職エージェント5選』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

こんな人におすすめ転職エージェント名サポート力大阪の公開求人数
全ての方マイナビ営業 AGENT
(4.3点)
3,100件
doda
(4.0点)
9,900件
リクルートエージェント
(3.5点)
1万1,600件
(非公開:2万1,800件)
キャリアに自信がある方JACリクルートメント
(3.9点)
1,600件
ビズリーチ
(3.4点)
1万7,300件

それぞれ見ていきましょう。

マイナビ営業 AGENT|初めての転職に強く20代実績No.1

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

ただ、コロナによって若年層向けの求人数が大きく減ってしまったことから、口コミ評判もネガティブな内容が増えてきています(2020年12月現在)

そのため、いま利用するならば、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)を優先したほうが賢い選択かもしれません。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビ営業 AGENT』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビ営業 AGENT』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

JACリクルートメント|ハイクラス転職実績No.1

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

リクルートエージェント』や『dodaエージェント』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

ただ、求人数は11,000件と『キャリアカーバー(6万件以上)』ほどではないので、併せて登録しておくことをおすすめします。

全国の求人数11,000件以上
拠点

東京(本社)
茨城・栃木・群馬・埼玉・横浜・山梨・長野・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島

提案力4.2
★★★★☆
公式ページhttp://jac-recruitment.jp/

ビズリーチ|CMで話題のヘッドハンティング型サイト

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約4,700名のヘッドハンターが登録しており、数では約2,500名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

公式サイト:
https://bizreach.jp/

横浜でおすすめの転職エージェント

「地元横浜に特化した転職エージェント」は数自体が少なく、かつ「大手転職エージェント」であれば主要地域である横浜の求人獲得には力を入れているため、それと比較すると見劣りしてしまう会社しかありませんでした。

ですので、「横浜に支店を持つ大手転職エージェント」の中から、横浜・神奈川・東京での求人数・サポート体制が充実した転職エージェントを以下でご紹介します。

尚、横浜でおすすめの転職エージェントについては『横浜のおすすめ転職エージェント4選』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

こんな人におすすめ転職エージェント名サポート力神奈川・東京の公開求人数
全ての方マイナビ営業 AGENT
(4.3点)
1万6,900 件
doda
(4.0点)
4万2,700件
リクルートエージェント
(3.5点)
5万1,900件
(非公開:10万0,100件)
キャリアに自信がある方JACリクルートメント
(3.9点)
7,400件
ビズリーチ
(3.4点)
9万4,800件

それぞれ見ていきましょう。

マイナビ営業 AGENT|初めての転職に強く20代実績No.1

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

ただ、コロナによって若年層向けの求人数が大きく減ってしまったことから、口コミ評判もネガティブな内容が増えてきています(2020年12月現在)

そのため、いま利用するならば、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)を優先したほうが賢い選択かもしれません。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビ営業 AGENT』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビ営業 AGENT』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

JACリクルートメント|ハイクラス転職実績No.1

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

リクルートエージェント』や『dodaエージェント』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

ただ、求人数は11,000件と『キャリアカーバー(6万件以上)』ほどではないので、併せて登録しておくことをおすすめします。

全国の求人数11,000件以上
拠点

東京(本社)
茨城・栃木・群馬・埼玉・横浜・山梨・長野・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島

提案力4.2
★★★★☆
公式ページhttp://jac-recruitment.jp/

ビズリーチ|CMで話題のヘッドハンティング型サイト

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約4,700名のヘッドハンターが登録しており、数では約2,500名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

公式サイト:
https://bizreach.jp/

名古屋でおすすめの転職エージェント

「名古屋に支店を持つ大手転職エージェント」と「名古屋に特化した転職エージェント」の中から、名古屋・愛知での求人数・サポート体制が充実した転職エージェントを以下でご紹介します。

尚、名古屋でおすすめの転職エージェントについては『名古屋のおすすめ転職エージェント5選』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

こんな人におすすめ転職エージェント名サポート力愛知の公開求人数
全ての方doda
(3.9点)
7,700件
リクルートエージェント
(3.5点)
10,200件
(非公開:12,000件)
マイナビ営業 AGENT
(4.3点)
2,300件
(非公開:700件)
キャリアに自信がある方JACリクルートメント
(3.9点)
900件
ビズリーチ
(3.4点)
8,200件

それぞれ見ていきましょう。

doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビ営業 AGENT』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビ営業 AGENT』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

マイナビ営業 AGENT|初めての転職に強く20代実績No.1

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

ただ、コロナによって若年層向けの求人数が大きく減ってしまったことから、口コミ評判もネガティブな内容が増えてきています(2020年12月現在)

そのため、いま利用するならば、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)を優先したほうが賢い選択かもしれません。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

JACリクルートメント|ハイクラス転職実績No.1

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

リクルートエージェント』や『dodaエージェント』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

ただ、求人数は11,000件と『キャリアカーバー(6万件以上)』ほどではないので、併せて登録しておくことをおすすめします。

全国の求人数11,000件以上
拠点

東京(本社)
茨城・栃木・群馬・埼玉・横浜・山梨・長野・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島

提案力4.2
★★★★☆
公式ページhttp://jac-recruitment.jp/

ビズリーチ|CMで話題のヘッドハンティング型サイト

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約4,700名のヘッドハンターが登録しており、数では約2,500名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

公式サイト:
https://bizreach.jp/

福岡でおすすめの転職エージェント

「福岡に支店を持つ大手転職エージェント」と「福岡に特化した転職エージェント」の中から、福岡での求人数・サポート体制が充実した転職エージェントを以下でご紹介します。

尚、福岡でおすすめの転職エージェントについては『福岡のおすすめ転職エージェント6選』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

こんな人におすすめ転職エージェント名サポート力福岡県の公開求人数
全ての方doda
(3.9点)
4,800件
リクルートエージェント
(3.5点)
4,800件
(非公開:6,300件)
アソウヒューマニーセンター1,600件
キャリアに自信がある方JACリクルートメント
(3.9点)
300件
ビズリーチ
(3.4点)
5,900件

それぞれ見ていきましょう。

doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビ営業 AGENT』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビ営業 AGENT』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

アソウヒューマニティーセンター|地元福岡に密着の企業を探したい場合におすすめ

アソウ・ヒューマニティーグループ
アソウ・ヒューマニーセンター』は福岡で30年以上の事業実績を誇る転職エージェントで、九州で初めて職業紹介優良事業者として認定されました。

アソウ・ヒューマニーセンターでは、九州の地場企業に精通したキャリアアドバイザーがしっかりと九州での転職をサポートしてくれます。

高収入の案件はあまり多くありませんが、地域に密着した企業を探したいという場合はぜひ登録しましょう。

福岡の支店所在地

福岡県 福岡市中央区天神2-8-41

(地下鉄空港線 天神駅より徒歩3分(3番出口))

アソウヒューマニティーセンター公式サイト:

JACリクルートメント|ハイクラス転職実績No.1

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

リクルートエージェント』や『dodaエージェント』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

ただ、求人数は11,000件と『キャリアカーバー(6万件以上)』ほどではないので、併せて登録しておくことをおすすめします。

全国の求人数11,000件以上
拠点

東京(本社)
茨城・栃木・群馬・埼玉・横浜・山梨・長野・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島

提案力4.2
★★★★☆
公式ページhttp://jac-recruitment.jp/

ビズリーチ|CMで話題のヘッドハンティング型サイト

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約4,700名のヘッドハンターが登録しており、数では約2,500名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

公式サイト:
https://bizreach.jp/

5. 業界別|転職エージェントの選び方

営業職の人材を多く求めている業界として、主に以下の6つの業界が目立ちます。

営業職を多く求めている業界営業職の仕事内容
金融・保険業界金融・保険商品の販売
不動産業界不動産の売買
医療・医薬業界医療機器や医薬品の販売
IT・インターネット業界通信インフラの提案営業など
広告・メディア業界CMや協賛、コンペ企画の営業

それぞれについて、おすすめの転職エージェントを見ていきましょう。

金融・保険業界

一概に金融・保険といっても、幅広い分野があり、企業ごとに求められるスキルも仕事内容や社風はまったく異なります。

以下では、金融・保険業界の求人数が多く、サポート体制が充実した転職エージェントをご紹介します。

尚、金融・保険業界への転職におすすめの転職エージェントについては、『金融業界の転職で使うべきエージェント9選』や『保険業界への転職、後悔しないキャリアのための第一歩』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

こんな人におすすめ転職エージェント名サポート力金融・保険業界の公開求人数
全ての方マイナビ営業 AGENT
(4.3点)
1,400件
(非公開:600件)
doda
(4.0点)
3,000件
リクルートエージェント
(3.5点)
2,100件
(非公開:12,000件)
キャリアに自信がある方JACリクルートメント
(3.9点)
600件
ビズリーチ
(3.4点)
6,100件

それぞれ見ていきましょう。

マイナビ営業 AGENT|初めての転職に強く20代実績No.1

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

ただ、コロナによって若年層向けの求人数が大きく減ってしまったことから、口コミ評判もネガティブな内容が増えてきています(2020年12月現在)

そのため、いま利用するならば、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)を優先したほうが賢い選択かもしれません。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビ営業 AGENT』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビ営業 AGENT』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

JACリクルートメント|ハイクラス転職実績No.1

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

リクルートエージェント』や『dodaエージェント』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

ただ、求人数は11,000件と『キャリアカーバー(6万件以上)』ほどではないので、併せて登録しておくことをおすすめします。

全国の求人数11,000件以上
拠点

東京(本社)
茨城・栃木・群馬・埼玉・横浜・山梨・長野・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島

提案力4.2
★★★★☆
公式ページhttp://jac-recruitment.jp/

ビズリーチ|CMで話題のヘッドハンティング型サイト

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約4,700名のヘッドハンターが登録しており、数では約2,500名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

公式サイト:
https://bizreach.jp/

不動産業界

不動産業界は物件を売るための人材を欲しているため、営業職の募集が多くあります。

以下では、不動産業界の求人数が多く、サポート体制が充実した転職エージェントをご紹介します。

尚、不動産業界への転職におすすめの転職エージェントについては、『不動産転職完全ガイド』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

こんな人におすすめ転職エージェント名サポート力不動産業界の公開求人数
全ての方マイナビ営業 AGENT
(4.3点)
1,600件
(非公開:1,300件)
doda
(4.0点)
2万件
リクルートエージェント
(3.5点)
2万2,000件
(非公開:1万6,000件)
キャリアに自信がある方JACリクルートメント
(3.9点)
1,200件
ビズリーチ
(3.4点)
5,700件

それぞれ見ていきましょう。

マイナビ営業 AGENT|初めての転職に強く20代実績No.1

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

ただ、コロナによって若年層向けの求人数が大きく減ってしまったことから、口コミ評判もネガティブな内容が増えてきています(2020年12月現在)

そのため、いま利用するならば、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)を優先したほうが賢い選択かもしれません。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビ営業 AGENT』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビ営業 AGENT』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

JACリクルートメント|ハイクラス転職実績No.1

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

リクルートエージェント』や『dodaエージェント』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

ただ、求人数は11,000件と『キャリアカーバー(6万件以上)』ほどではないので、併せて登録しておくことをおすすめします。

全国の求人数11,000件以上
拠点

東京(本社)
茨城・栃木・群馬・埼玉・横浜・山梨・長野・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島

提案力4.2
★★★★☆
公式ページhttp://jac-recruitment.jp/

ビズリーチ|CMで話題のヘッドハンティング型サイト

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約4,700名のヘッドハンターが登録しており、数では約2,500名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

公式サイト:
https://bizreach.jp/

医療・医薬業界

非常に高度な知識が求められる、医療・医薬業界の営業ですが、幅広い分野があり、求められるスキルも仕事内容もまったく異なります。

以下では、医療・医薬業界の求人数が多く、サポート体制が充実した転職エージェントをご紹介します。

尚、医療・医薬業界への転職におすすめの転職エージェントについては、『MR転職完全ガイド』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

こんな人におすすめ転職エージェント名サポート力医療・医薬業界の公開求人数
全ての方マイナビ営業 AGENT
(4.3点)
800件
(非公開:1,100件)
doda
(4.0点)
5,200件
リクルートエージェント
(3.5点)
5,300件
(非公開:1万件)
キャリアに自信がある方JACリクルートメント
(3.9点)
1,300件
ビズリーチ
(3.4点)
6,600件

それぞれ見ていきましょう。

マイナビ営業 AGENT|初めての転職に強く20代実績No.1

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

ただ、コロナによって若年層向けの求人数が大きく減ってしまったことから、口コミ評判もネガティブな内容が増えてきています(2020年12月現在)

そのため、いま利用するならば、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)を優先したほうが賢い選択かもしれません。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビ営業 AGENT』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビ営業 AGENT』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

JACリクルートメント|ハイクラス転職実績No.1

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

リクルートエージェント』や『dodaエージェント』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

ただ、求人数は11,000件と『キャリアカーバー(6万件以上)』ほどではないので、併せて登録しておくことをおすすめします。

全国の求人数11,000件以上
拠点

東京(本社)
茨城・栃木・群馬・埼玉・横浜・山梨・長野・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島

提案力4.2
★★★★☆
公式ページhttp://jac-recruitment.jp/

ビズリーチ|CMで話題のヘッドハンティング型サイト

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約4,700名のヘッドハンターが登録しており、数では約2,500名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

公式サイト:
https://bizreach.jp/

IT・インターネット業界

IT・インターネット業界での営業は、IT製品・サービスを求めるお客様のもとに出向き、商品の内容や特徴、導入メリットなどを説明して契約に結びつけるのが仕事です。

以下では、IT・インターネット業界の求人数が多く、サポート体制が充実した転職エージェントをご紹介します。

尚、IT・インターネット業界への転職におすすめの転職エージェントについては、『IT転職エージェントおすすめランキングTOP10』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

こんな人におすすめ転職エージェント名サポート力IT・インターネット業界の公開求人数
全ての方マイナビ営業 AGENT
(4.3点)
7,500件
(非公開:4,500件)
doda
(4.0点)
1万7,000件
リクルートエージェント
(3.5点)
3万4,000件
(非公開:4万6,000件)
IT業界に特化したサポートを受けたい方ワークポート
(4.2点)
1万3,000件
GEEKLY
(4.0点)
1万1,000件

それぞれ見ていきましょう。

マイナビ営業 AGENT|初めての転職に強く20代実績No.1

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

ただ、コロナによって若年層向けの求人数が大きく減ってしまったことから、口コミ評判もネガティブな内容が増えてきています(2020年12月現在)

そのため、いま利用するならば、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)を優先したほうが賢い選択かもしれません。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビ営業 AGENT』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビ営業 AGENT』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

ワークポート|第二新卒や未経験から目指すなら

ワークポート』は、IT転職・第二新卒の転職に強いエージェントです。

営業や事務、IT職種に強く、若年層向けの未経験歓迎求人が多いのが特徴です。

東京・大阪・福岡には対面面談の拠点もあり、実際に利用した方からは、「キャリアコンサルタント(通称:コンシェルジュ)の対応が非常に丁寧」と評判のようでした。エージェントが初めての方にもおすすめです。

ワークポート公式サイト:
https://workport.co.jp

当サイトではワークポートのコンシェルジュにインタビューを実施しました。 ワークポートの強みや転職成功する人・失敗する人の違いなどをお話いただいたので、転職を検討している方はぜひご覧ください。

こちらをタップ ▼
キャリアの決断を後押しする――ワークポートの転職コンシェルジュが語る「失敗しない転職の極意」とは

GEEKLY|IT・Web・ゲーム業界の転職なら

Geekly』はIT・Web・ゲーム業界を専門としていて、特にゲーム業界への転職に強い転職エージェントです。

実際、GREEなどのメガベンチャーと呼ばれる企業から、gumiなどの急成長ベンチャー企業の案件を多数保有しています。

また、元Web・ゲーム業界のエージェントが多いことに加え、リクルートが選ぶ優秀エージェント賞で1位を獲得するなど実績も十分です。

ゲーム業界への転職を少しでも検討している方は、是非以下から登録してみましょう。

Geekly公式サイト:
https://geekly.co.jp

広告・メディア業界

広告・メディア業界の営業は、プロジェクトメンバーを巻き込み、全体の進行状況の管理をする必要があるため、リーダーシップやコミュニケーション能力、マネジメント力が求められます。

以下では、広告・メディア業界の求人数が多く、サポート体制が充実した転職エージェントをご紹介します。

尚、広告・メディア業界への転職におすすめの転職エージェントについては、『広告業界への転職でおすすめの転職サイト・エージェント12選』でさらに詳しく説明していますので、こちらもぜひお読みください。

こんな人におすすめ転職エージェント名サポート力広告・メディア業界の公開求人数
全ての方マイナビ営業 AGENT
(4.3点)
4,000件
(非公開:2,400件)
doda
(4.0点)
9,700件
リクルートエージェント
(3.5点)
4,700件
(非公開:5,500件)
キャリアに自信がある方JACリクルートメント
(3.9点)
700件
ビズリーチ
(3.4点)
6,400件

それぞれ見ていきましょう。

マイナビ営業 AGENT|初めての転職に強く20代実績No.1

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

ただ、コロナによって若年層向けの求人数が大きく減ってしまったことから、口コミ評判もネガティブな内容が増えてきています(2020年12月現在)

そのため、いま利用するならば、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)を優先したほうが賢い選択かもしれません。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビ営業 AGENT』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビ営業 AGENT』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

JACリクルートメント|ハイクラス転職実績No.1

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

リクルートエージェント』や『dodaエージェント』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

ただ、求人数は11,000件と『キャリアカーバー(6万件以上)』ほどではないので、併せて登録しておくことをおすすめします。

全国の求人数11,000件以上
拠点

東京(本社)
茨城・栃木・群馬・埼玉・横浜・山梨・長野・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島

提案力4.2
★★★★☆
公式ページhttp://jac-recruitment.jp/

ビズリーチ|CMで話題のヘッドハンティング型サイト

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約4,700名のヘッドハンターが登録しており、数では約2,500名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

公式サイト:
https://bizreach.jp/

6.そもそも転職エージェントを使うべきたった1つの理由

転職エージェントを使うべきたった1つの理由は、『転職の成功確率がずっと高いため』です。

実際、転職エージェントへ登録することによって以下2点の恩恵を受けることができます。

では、順にご説明します。

メリット(1) 非公開求人など、求人の幅が大きく広がる

転職エージェントを利用することで、様々な求人を見ることが可能になります。

例を挙げると、リクルート社が運営する『リクナビNEXT(転職サイト)』と『リクルートエージェント(転職エージェント)』では求人数を比較すると、転職エージェントの方がより多くの求人を保有していることがわかります

さらに、転職エージェントで一般公開している「公開求人」のみならず、「非公開求人」まで見ることができるので、幅広い求人を見たいのであれば、必ず登録すべきだといえるでしょう。

〜非公開求人〜
事業戦略上、表立って募集はできないが、こっそり人を採用したい企業がエージェントに依頼する内容のもので、給与やポジションなどがハイグレードであるという特徴があります。

非公開求人も見ることで、ご自身の希望する労働条件や職場を見つけられる可能性がグッと上がります。

メリット(2) 転職のプロからサポートを受けることができる

この章では、転職エージェントがしてくれる『4つのサポート』について紹介をしていきます。

選考前から入職後まで、とにかく手厚いサポートを無料で行ってくれます。

反対に転職エージェントを使わずに転職をすると各ステップで非常に苦労するので、そこも合わせて説明していきます。

STEP1. 面談(希望条件などのすり合わせ)

転職エージェントに登録をすると、担当者が連絡をしてくれます。

そして、その後時間を合わせて、対面もしくは電話で面談を行い、「転職しようか迷っている」レベルの相談から「こんな職場に転職したい」などのヒアリングまでを行ってくれます。

また、あなたの希望に応じて、その後求人をガンガン紹介してくれるようになるので、以下のような譲れない条件があれば,ここでぶつけておきましょう。

  • 希望の給料やボーナスの水準
  • 夜勤なし、休みやすいなどの働き方の要望
  • 希望の勤務場所(立地や交通の便)
  • 「介護施設がいい」などの転職先の希望

STEP2. 求人の紹介

面談の後は、あなたの要望に合わせて求人を紹介してくれます。

要望に合った求人の中から、興味があるものがあれば、転職エージェントが応募手続きを代行して行ってくれます。

この時、転職エージェントだからこそ知っている職場の実情なども踏まえながら提案をしてもらえます。

また、転職エージェントの場合、ネット上などに公開されている公開求人の他に、ネット上には公開されない「非公開求人」も存在します。

非公開求人は何がいいの?

転職エージェントを使っている方にとって、非公開求人は「好条件の求人が多い」というメリットがあります。

実際にネット上に公開されたら応募者が殺到してしまう、今働いている方よりいい条件になってしまうなど、非公開求人は「非公開にすべき理由」のあるいい求人が非常に多いです。

STEP3. 選考のサポート

履歴書や面接対策などの「受かるためのサポート」も転職エージェントは行ってくれます。

転職エージェントはあなたが転職に成功し、入職して初めて「紹介料」をもらえるからです。

そのため、紹介して終わりではなく、受かるためのサポートも徹底的に行ってくれます。

また、あなた自身ではなかなかしづらい、条件面の交渉も担当者が行ってくれますので、希望の条件をしっかりと伝えておきましょう。

STEP4. 内定後のサポート

内定した後もサポートは以下の面で、手厚く実施してくれます。

  • 職場側との条件などの調整
  • 入職手続きの代行
  • 現職の退職交渉のアドバイス

以上のように、内定が決まった後も入職するまでサポートしてくれ、面倒な手続きなどもほとんど代行してくれます。

~ここまでのまとめ~

転職エージェントに登録するべき理由について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

登録することで、非常に大きな恩恵を受けられるので、とりあえず相談ベースでも登録することをおすすめします。※しかも登録は無料です。

  • メリット(1) 非公開求人など、求人の幅が大きく広がる
  • メリット(2) 転職のプロから丁寧なサポートが受けられる

次の章では、転職エージェントをより効果的に活用するポイントについてご紹介していきます。

7. 転職エージェントをより効果的に利用する7ポイント

この章では、転職エージェントをより効果的に利用するためのポイントを7つお伝えします。

  1. スカウトを利用した場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく
  2. 転職時期は最短可能日程で答える
  3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる
  4. 経歴やスキルに嘘をつかない
  5. 推薦文は必ず確認する
  6. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない
  7. 紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

せっかく良い転職サービスを選んでも、上手に活用できなければもったいないので必ずチェックしましょう。

Point-1. スカウトを利用した場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく

転職サイトは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最終接触日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。

更新日

例えば、上記は「年齢30歳以下、転職回数1回以下、勤続年数2年以上、TOEIC780以上」で検索した結果ですが、実務的な処理としては、更新日が新しい順番に20人ずつメールを送って反応をみて、応募者がいなければ次の20人へ、といったように送信していきます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

Point-2. 転職時期は最短可能日程で答える

キャリアコンサルタントも売上目標があり、日々追われています。

コンサルタントとのファーストコンタクトで必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれるので、この時には「いいところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

※もちろん現職での退職手続きや引継ぎがあるはずなので、その点は伝えておきましょう。

Point-3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる

担当コンサルタントに情をうつしてはいけません。

担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば遠慮なく変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、他のコンサルタントの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

Point-4. 経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては、申し出をしない限りは情報が残ります。

コンサルタントでよく話題にあがるのが、「去年の登録情報と今回とで登録情報が違うよ・・・」という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として、紹介する案件を絞るなどの判断がくだされます。

Point-5. 推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当コンサルタントはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではないコンサルタントの場合は経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

Point-6. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない

数社の転職サービスを使っている場合、同じ案件には複数の転職サービス経由で応募しないようにしましょう。

企業から「他の転職サイトからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

企業・担当コンサルタント両者に不信感を与え、場合によっては破談となるリスクさえあります。

Point-7. 紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

転職エージェントも売上がかかっていますから、なんとかしてあなたに転職を決めてもらいたいと考えています。

優良なコンサルタントであれば都合の悪いことを隠したりすることは少ないでしょうが、自衛のために口コミサイトの『OpenWorkを利用して裏をとるようにしましょう。

以下のような口コミが大量に集まっているので、その情報をもとに、社風や雰囲気をあらかじめ予想することができます。

openworkの口コミ

上場企業であればほぼ全ての企業についての口コミが集まっていますので、ぜひ利用してください。

8. 【図解】転職エージェント利用の流れ

ここまで、転職が有利に進む転職サービスと、その活用ポイントをお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

転職エージェントに登録したあとは、特に準備は必要とせず、気軽に身をゆだねれば良いのですが、初めて使う方は不安も多いかと思いますので、登録後何が起こるのかをざっくり把握しておきましょう

スクリーンショット 2016-08-21 17.30.24

Step 1. まずは公式ページから登録する

それぞれの公式ページから登録を行います。

登録する際は、『転職サービス』なのか『派遣サービス』なのかを確認するようにしてください

例えば、「パソナ」と検索するとパソナの派遣登録サイトが出てくるように、紛らわしいサービスが複数あるため、登録前にしっかりと確認しましょう。

正社員転職を目指していたのに、知らずのうちに派遣社員の面接を受けていた…ということがないように、十分に注意しましょう。

Step 2. 担当コンサルタントから連絡が来る

登録すると、担当から数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

事前に準備などをする必要は全くありませんが、ざっくり下記のようなことを聞かれます。

  • 転職希望時期は?
  • 希望する職種や業界は?
  • 希望年収は?

10分ほどの最低限のヒアリングを受けた後、キャリアカウンセリングのアポイント調整を行います。

※最初からアポイント調整に入る場合もあります。

Step 3. キャリアカウンセリング

あなたが転職エージェントのオフィスに訪問することもあれば、担当コンサルタントが近くまで来てくれることもあります。(近年はコロナの影響により、オンライン面談も積極的に取り入れられています。)

初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • あなたのキャリアの棚卸
  • PRポイントの整理
  • 転職するべきかどうか
  • 転職するとしたらどのような企業に内定をもらえそうか
  • どのように職務経歴書を書いたら通過しやすくなるか
  • 転職についての要望の深堀

キャリアカウンセリングで気づくことも多く、なるべく多くのコンサルタントに意見をもらえば、考えがまとまっていき、後悔ない転職をすることができるでしょう。

担当コンサルタントとは長い付き合いとなるため、できれば拠点に足を運ぶようにしましょう。

Step 4. 求人紹介を受ける

あなたの希望に合いそうな求人を5件~20件ほど紹介してもらえます。

思ってもないような大手もあれば、今まで知ることのなかった魅力的な中小企業もあるでしょう。

それぞれのエージェントしか扱っていない独占求人もありますので、複数社のエージェントから求人紹介を受けることを推奨します

Step 5. 履歴書・職務経歴書の添削

応募する企業を決めたら、職務経歴書や履歴書といった選考書類を添削してもらいます。

場合によってはこのためだけに面談を設定してくれたり、何度も書き直しを行ったりしてくれます。

最高の職務経歴書をエージェントと一緒に作り上げていきましょう。

Step 6. 紹介された求人に応募する

選考書類が完成したら、担当コンサルタントが最後に推薦文を添えて企業に応募します。

自分ではなかなか伝えられないあなたの魅力を、担当コンサルタントが企業に伝えてくれます。

求人サイトを使って自力で応募すると、推薦文はもちろん誰も書いてくれませんし、企業への手続きも全部自分でしなければならないため、それに比べると転職エージェント経由は圧倒的に有利です。

Step 7. 面接対策を受ける

応募している企業の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか、今持っているスキルのなかで何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスを貰います。

あなたが希望すれば模擬面接を実施してもらえるケースも多いです。

Step 8. 企業との面接を行う

面接の日時設定は担当コンサルタントが全て行ってくれます。

対策してもらったことをフル活用して、力を出し切りましょう。

面接に落ちてしまった場合には、多くの場合、担当コンサルタントが人事担当者からフィードバックを受けているため、次の面接に生かすことができます。

Step 9. 内定と退職サポート

内定が出た後は、担当コンサルタントが給料交渉や入社日の調整を責任を持って行ってくれます。

また、退職手続きについて不安な場合も、上司にどのように報告するかなど転職エージェントであればノウハウを必ず持っていますので、頼ってしまいましょう!

9. 転職エージェントに断られた場合の全手段

転職エージェントで求人を紹介してもらえなかったという方は、以下で紹介する転職サービスを利用しましょう。

順に説明していきます。

転職サイトを利用する

転職エージェントと転職サイトの大きな違いは、「担当者がつくかつかないか」という点です。

転職エージェントであれば、面談をした上で応募作業、面接日程調整、最終交渉などをすべてしてくれますが、転職サイトの場合は、Webサイト上にある求人情報を自分で調べて、全て自分で行う必要があります。

結論をいうと、転職サイトよりもエージェントの方が圧倒的に優れており、転職サイトはあくまでエージェントをつかってうまくいかない(サポートを断られた)時に使う存在です

スクリーンショット 2015-12-27 15.29.57

エージェントにサポートを断られてしまったりと、どうしてもエージェントを使えない場合は以下で紹介する転職サイトを使いましょう。

どれも全国求人数が多く、サイトには様々な転職情報が載っています。

doda|求人数No.1の総合転職サイト

doda』は「転職サイト」と「転職エージェント」の2つのサービスを提供しています。

doda転職サイトは10万件以上の求人を保有しており、希望に合った会社を見つけることが可能です。

ただし、手軽に一人で転職活動を行いたいのであれば、転職サイトがおすすめですが、基本的にはサポートの手厚い『doda転職エージェント』を利用するのがおすすめです。

doda公式サイト:
https://doda.jp

リクナビNEXT|リクルート運営の転職サイト

リクナビNEXT』は、転職業界最大手のリクルートが運営する求人型サイトです。

求人件数も首位で(具体的な数値は非公開)、会員数については約1,200万人、2番手が800万前後と言われていますから、国内での優位性は圧倒的No.1です。

年収500万円を超えるようなハイクラス人材であれば、『キャリアカーバー』がおすすめですが、年収500万円に満たない方であれば、すべての人におすすめできる転職サイトです。

公式サイトから登録する:
https://next.rikunabi.com/

type|優良企業を多数紹介してくれる

type』は、東証一部上場の株式会社キャリアデザインセンターサイトが運営する求人型サイトです。

求人数はもちろん、サイトの操作性が非常に良く『リクナビNEXT』と同様の人気度です。求人の幅を広げるためにも、登録しておきましょう。

また、Typeは転職サイトだけではなく、エージェントサービスも提供しているので、サポートの手厚い『type転職エージェント』の利用もおすすめです。

type公式サイト:
https://type.jp/

派遣会社に登録する

転職エージェントや転職サイトで転職先が決まらなかった場合、派遣で働くことを検討してみましょう。

以下に、サポート力・求人数の点から利用者の満足度が高い派遣会社をご紹介します。

転職エージェント名総合評価サポート力求人数
1位スタッフサービス
(4.1点)

(4.0点)
13万4,578件
2位テンプスタッフ
(4.1点)

(4.1点)
4万2,839件
3位リクルートスタッフィング
(4.0点)

(4.0点)
4,541件
4位マンパワー
(4.0点)

(3.9点)
1万6,280件
5位ランスタッド
(3.9点)

(4.0点)
8,026件

それぞれ見ていきましょう。

スタッフサービス|派遣業界No.1の求人数で他社を圧倒

スタッフサービスは、派遣業界No.1の求人数を保有する大手派遣会社です。

実際、職種・業種ともにほぼ全ての派遣領域をカバーしており、ほど保有しています。

相談できる事業所があり、登録利用者からは「仕事紹介のスピードが早い」「他の派遣会社に比べて圧倒的な求人で選択肢が広い」など、高く評価されています。

担当者の質に関しては評判は分かれるものの、求人数は業界No.1であり選択肢を増やすために、ぜひ一度登録することをおすすめします。

<スタッフサービスの派遣サイト>

テンプスタッフ|圧倒的な求人数と女性への対応が高評価

テンプスタッフ』は、人材業界大手の「パーソルグループ」が運営する派遣会社です。

紹介可能求人の数は、常時3万件以上と、派遣会社の中でもトップレベルです。

また、会社としての教育体制も整っており、利用者から「担当者の対応がよかった」と高評価の声もあがっています。

業界最大手で利用満足度の高いスタッフサービスと併せて利用すれば、希望にぴったりの求人をスムーズに見つけられるでしょう。

公式サイト:
https://www.tempstaff.co.jp

※スキルに不安な方向けに「テンプオープンカレッジ」といったスキルアップ支援制度もあります。

リクルートスタッフィング|担当者の質を求めるなら登録必須

『リクルートスタッフィング』は、株式会社リクルートホールディングスの人材派遣子会社が運営しているサービスです。

大手企業の案件が多く、人気企業に勤めたい方には特におすすめできます。

また、リクルートホールディングスは幅広く人材サービスを展開しているため、就職に関するノウハウも豊富です。

未経験や時短勤務、年代別など自分に合った仕事を探すことができるので、初めて派遣会社に登録する人、今まで派遣で働いたことがない人など、初心者にもおすすめの派遣会社と言えるでしょう。

公式サイト:
https://www.r-staffing.co.jp/

マンパワー|圧倒的な求人数と福利厚生が高評価

『マンパワー』は、マンパワーグループ株式会社が運営している、日本最初の大手人材派遣サービスです。

昭和41年に設立され、50年以上の実績がある派遣会社として知られています。

また、人材ビジネス2019年11月号の第32回派遣スタッフ満足度調査では、『また働きたい派遣会社第1位』に選ばれるほど、高い評価を得ています。

非公開の案件や大手案件を多数取り揃えており、登録すれば、希望や適性に合った求人を紹介してくれるでしょう。

公式サイト:
https://www.manpowerjobnet.com/

ランスタッド |外資求人に強いランスタッド の派遣

『ランスタッド』は、世界最大規模を誇る大手外資系派遣会社です

求人数は非常に豊富で、特に、事務と製造に強く、派遣先を探しているのであれば、必ず登録したい一社です。

また、外資系企業なだけあって、派遣求人・担当者の雰囲気などに違いがあるので、合う合わない判断するためにまずは話だけでも聞いてみるとよいでしょう。

10.営業職に転職する前に知っておきたい3つのポイント

ここでは、営業職に転職する前に知っておきたい4つのポイントを紹介していきます。

営業として働くうえで重要なものを網羅していますので、営業未経験の方は特に参考にしてみてください。

営業職の仕事内容

営業職の仕事内容は、自社のモノやサービスを顧客の課題解決に活かし、契約を成立させ会社の売上を伸ばすことです。

顧客に提供するモノやサービスは、家や土地、自動車、部品といった形のある「有形商材」から、ITやWeb、金融、広告といった形のない「無形商材」まで、多岐に渡るでしょう。

営業の仕事は「新規顧客か、既存顧客か」といった軸に応じて種類が分けられ、仕事内容も異なります。

営業職の種類と仕事内容の違いを簡単にまとめると、以下のようになります。

営業の種類特徴
新規営業
  • まだ契約や取引のない相手に新しく顧客になってもらう
  • 面識のない相手に電話や飛び込み営業でアプローチする
ルート営業
  • 既に契約や取引がある顧客に営業する。
  • 顧客の課題や要望などをヒアリングし、課題解決の提案を行う。

また、上記以外にも、営業の相手が会社や団体となる法人営業か、消費者などの個人を相手に営業する個人営業か、という違いがあります。

法人営業と個人営業の違いと仕事内容の特徴は、以下の通りです。

営業の相手特徴
法人営業
  • 有形商材・無形商材のどちらにも多い
  • 企業間の取引となるため、取り扱う金額が大きくなりやすい
  • レベルの高い課題分析能力や問題解決能力が必要で、難易度は高い
個人営業
  • 家や車、製品などの有形商材に多い
  • 問題分析や課題発見の方法が確立されていることが多く、初心者でも挑戦しやすい
  • 法人営業と比べ、顧客との信頼関係が契約に直結しやすい

営業職に向いている人

顧客とコミュニケーションを取りながら課題を分析し、適切な解決策を提案していく営業職の仕事は、以下のような方に向いています。

以下で詳しく説明していきます。

相手のニーズを理解し、適切な提案ができる人

営業職は、社外の方や初対面の方と接し、相談や提案などのやり取りをする機会が多いため、一定以上のコミュニケーション能力が必須です。

ただし、営業で必要となるコミュニケーション能力とは、相手が何を求めているのか、何に困っているのかをしっかり聞き取り、自分の提案を分かりやすく伝えられる能力です。

営業職へのイメージにありがちな「元気で体力がある」「社交的で話し上手」といった適性が役に立つ場面もありますが、実際はそれほど重要ではないことが多いでしょう。

そのため、話すのが苦手な方や、押しが弱い方であっても、人から信頼されやすく、相談を受けることが多い方は営業職への適性があると言えます。

数字を読むのが得意な人

営業職は仕事で売上や利益などのデータを取り扱うことも多いため、数字を読むのが得意な方は営業職に適性があるでしょう。

特に意識して持っておきたいスキルが「計数感覚」です。計数感覚とは、企業の経営活動と財務諸表の関連を理解できる感覚のことです。

特に、高い分析能力が求められる法人営業職の場合は、計数感覚が役立つ場面も多いでしょう。

計数感覚を持ち合わせていると、以下のようなことができます。

計数感覚がある人ができる4つのこと

  • 会社数字の変化を見て、企業活動を推測できる
  • 各人の活動や意思決定が、会社数字のどこに影響するかを予測できる
  • 計数分析を活用して、会社数字を予想できる
  • 予想される計画の妥当性、実現可能性を検証するのに活用できる

このような能力を持っていれば、顧客との予算策定だけではなく、自社がどこまで予算をかけられるかという観点も考慮して、効率的に仕事をこなせるようになります。

営業職としてのスキルが上がるだけではなく、キャリアアップにもつながるでしょう。

失敗を気にしない、打たれ強い人

営業職として働くなら、1つひとつの失敗を気にしない打たれ強さが必要になります。

その理由は、しっかりと調査・分析を行ったうえでの提案でも、顧客や消費者から「いらない」と一言で断られてしまうことが少なくないためです。

また、売上やインセンティブにつながる成約一歩前で、契約やプロジェクトが白紙になってしまうということもあります。

そのため、営業職は理不尽で思い通りにならない状況であっても、素早く次の仕事に切り替えられるメンタルの強さが求められる職種といえるでしょう。

営業職の平均年収

営業職の平均年収を簡単にまとめると以下の通りです。ここでは、正社員の法人営業職を例に紹介します。

営業の平均年収

  • 法人営業(IT、MR、メーカー)、実務経験3年以内:300~399万円
  • 法人営業(IT、MR、メーカー)、実務経験3年以上:600~799万円
  • 法人営業(メーカーの海外営業)、営業所長・本部長:1,000万円~
  • 海外営業、地方の大手企業管理職:800~999万円

出典:転職賃金相場2019

以上から分かるように、経験年数とスキルによって大きく変わってきます

現職から大幅にアップできなくても、実務経験を詰めば着実に年収を上げることは可能です。

そのため、転職の際は年収だけでなく福利厚生やキャリアパスなどその他の条件も鑑みて、転職先を選ぶようにしましょう。

補足:法人営業と個人営業はどちらの平均年収が高い?

マイナビ営業 AGENTの調査によると、法人営業職と個人営業職では20万円ほど法人営業職の平均年収が高い傾向にあります。

法人営業の平均年収個人営業の平均年収
447万円424万円

出典:マイナビ営業 AGENT|営業年収ランキング

ただし、法人営業の平均年収が高いのは、個人営業よりも取り扱う金額が高いことが理由と考えられています。

そのため、個人成績やインセンティブを含めると個人営業の方が稼げる可能性もあることを考慮しながら、転職先を選ぶことが重要となるでしょう。

11.営業転職を成功させるための5ポイント

ここからは、営業職への転職を成功させるための5つのポイントを解説していきます。

以下で、詳しく解説していきます。

志望動機を明確にする

志望動機を明確にしておくことは、転職を成功させる上で重要です。

その理由は「なぜ営業職を志望したのか」と面接で聞かれることが多いからです。

この時、うまく話すことができなかったり、「他に応募できる仕事がなかったから」「事務などの仕事で採用されなかったから」といったネガティブな志望動機を伝えてしまうと、面接官からの印象が悪くなってしまいます。

どうしても思い浮かばないときは、営業職でなければ得られない経験を、将来どう活かしたいのかをベースに志望動機を練ると良いでしょう。

応募先の企業の理解を深める

営業職の転職において、応募先の企業の理解をしておくことは重要です。

その理由は、営業職は会社の顔として顧客と折衝する機会が多く、企業や自社サービスへの理解が不十分だと採用が遠のくリスクが大きいからです。

さらに、営業手法や顧客に対するアプローチは企業に応じて変わる場合がほとんどのため、応募先の企業がどのようなやり方で仕事を進めているか、どのような人材を求めているかまで調査できるとベストでしょう。

例えば、伝統を重んじる会社であれば従来のやり方を踏襲することになるため、素直でコツコツと仕事に取り組める人材が求められるでしょう。

一方、合理性を重視する会社であれば、非効率的な調査・分析方法を積極的に自分から変革していける人材が求められるかもしれません。

入社後に社風が合わず苦労するといったことを避けるためにも、事前に企業の理解をしておきましょう。

自分の市場価値を理解する

転職において自分の市場価値を正しく理解することは最も大切です。

なぜなら、自分の狙える求人レベルを正しく判断することができ、納得の行く転職を行う事ができるからです。

自分の市場価値は、転職エージェントの担当コンサルタントから、経歴やスキルに応じた詳細な金額で知ることが可能です。

満足のいく転職を実現するために、自らの経験やスキルが転職市場でどのように評価されるかを客観的に把握し、それらを活かせる転職先を選びましょう。

良い第一印象を与えられるようにする

営業職として働くうえでは、第一印象の良さは非常に重要です。面接の際も、相手に良い印象を与えられる見た目や立ち振る舞いを意識しましょう。

法人営業、個人営業ともに、初対面の取引先や消費者が相手であっても、「この会社に担当してもらいたい」「この人の提案を聞いてみたい」と思ってもらう必要があります。

そのため、自分を客観的に見たうえで、清潔感のある髪型や服装、不快にさせない適切なリアクションなどを意識する必要があるでしょう。

具体的なイメージとしては、男性・女性ともに以下のような落ち着きのある色のスーツを着ていくと良いです。

<画像>スーツ(男)

<画像>スーツ(女)

より詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

自分の実績と強みをアピールする

前職で売上や利益に直接影響する責任の大きい仕事やプロジェクトを担当し、大きな成果を挙げた経験があるなら、採用選考時にその実績をアピールしましょう。

「データを活用した課題分析が得意」「テレアポの経験がある」など、営業職に活用できる自分の強みをアピールするのも効果的です。

ただし、面接担当者が入社後の活躍をイメージしやすくなるよう、成果だけをアピールするのではなく、どのような手法で実績を残したかまでを話せるようにしておくことをおすすめします。

たとえば、前職で新規顧客にアプローチするためのテレアポを担当していた場合、既存顧客相手のルート営業をメインとする企業よりは、新規開拓を行う企業の方が強みを活かしやすいです。

入社後のミスマッチを防ぐためにも、自分の実績と強みの分析を丁寧に行っておきましょう。

12.【FAQ】営業転職でよくある質問と回答

ここでは、営業職への転職に関するよくある質問に回答していきます。

自己PRはどのように言えばいいですか?

ご自身の専門分野の経験や、現職での功績を述べるようにしましょう。

また、「前年比~%の売上増」など、具体的な売上や利益を数値でアピールできる場合は、その数値で伝えるようにしましょう。

書類選考や自己PRの対策は、以下の記事にて詳しくまとめていますのでご確認ください。

営業職に未経験で挑戦するのですが、年齢は採用に影響しますか?

営業職は比較的未経験者でも採用されやすい職種ではありますが、年齢の高さが採用に影響する可能性は大きいです。

一般的に、企業は入社希望者の年齢が上になればなるほど、その分野の実務経験と確かな実績の両方が揃っている人材を求める傾向が強いためです。

しかし、年齢がいくつであっても転職を成功させている人はいます。

そのため、営業職に挑戦したい気持ちがあるのであれば、年齢を理由に諦めずに、できるだけ早く転職活動を始めてみることをおすすめします。

くわしくは以下も参考にしてみてください。

営業未経験の場合、面接でどのようなことを聞かれますか?

未経験の転職の場合、以下のようなポイントを確認する質問が想定されますので、答えられるように整理しておきましょう。

  • 今までの経験を次の会社にどう活かせるのか
  • 未経験の領域に飛び込む覚悟はできているのか
  • 得意分野や強みは何か
  • なぜ営業職への転職使用と思ったのか
  • 志望する企業のどこに魅力を感じたのか

また、営業職としての経験はなくても、志望する企業と同じモノやサービスに携わってきた場合は、きっかけやエピソードに組み込むことで、より明確で厚みのある志望動機になるでしょう。

営業部署を設置している企業は多いため、志望動機はその企業でやりたいことや、その企業だからできることをメインに考えてみましょう。

また、面接対策については『転職のプロ直伝!1000人以上を面接合格に導いた面接完全ガイド』にて詳しく説明していますので、ご確認ください。

営業が辛くて辞めたいのですが、他の職種に転職できますか?

結論から言えば、営業職から別の職種に転職することは可能です。

営業職のように、顧客の要望に寄り添い、会社の売上や利益に直結する仕事を経験した人材は、どの企業からも求められるでしょう。

ただし、まずは、あなたが営業を辞めたいと感じる最も大きな要因を明確化し、その後でどういった選択をすれば良いかが考えることが重要です。

以下は、営業マンから寄せられる代表的な営業職を辞めたい理由を5つまとめたものです。

営業職を辞めたい理由
1位ノルマのプレッシャーが辛い
2位成績が上がらず落ち込む
3位長時間の拘束が辛い
4位お客様と話すのが苦手
5位ルート営業に嫌気がさした

営業を辞めたいと考えている方が取るべき行動については『営業を辞めたい!後悔しないために確認すべき7項目と解決法』で詳しく説明していますので、こちらを参考にしてみてください。

営業職が転職しやすい時期はありますか?

一般的に、転職市場では以下の時期に求人募集が増えやすい傾向にあります。

営業職は年中通して求人が出ていることが多い職種ですが、この時期に募集が増えることが多いため、参考にしてみてください。

求人が増える時期募集が増える理由
7月新入社員が早期離職したことによる欠員募集
夏のボーナス支給後の一定数の退職を見越した人員補強
9月夏のボーナス支給後に退職した社員の人員補強
1月新年度の業務を見越した増員募集
4月からの新入社員育成に向けて、中途採用を年度内で打ち切るため

営業職で年収を上げる方法はありますか?

営業職であれば、契約を取り企業の利益に貢献したインセンティブ(成果報酬)を利用する、またはインセンティブのある企業に転職する方法が一般的です。

毎月の給与や年数回のボーナスとは別に支給されるため、成績次第で年収を大きく上げることも可能です。

その他、担当する業務や年代が同じであっても年収が高い傾向にある外資系企業に転職する方法もあります。

ただし、外資系企業への転職には「十分な実務経験」と「英語力」の2点が必要になります。

英語力に関しては、最低でもTOEIC750点は欲しい所です。

まとめ

営業職転職におすすめの転職エージェントを紹介してきましたが、いかがでしたか?

様々な業界で必要とされている人材である営業職へ転職する際は、幅広い業界や企業について、深い知識を持った転職エージェントを利用することが重要です。

営業職への転職を考えている方は、以下の転職エージェントを利用していきましょう。

営業職への転職活動が上手くいくよう、心から願っています。

あなたの転職エージェントの感想を教えてください

当サイトでは、皆さんの転職エージェントの評価・感想を募集しております。

下記のリンク先のページから、感想をご入力いただければ幸いです。ご協力お願いいたします。

評判を投稿する