ビズリーチの評判・口コミは?良い評判・悪い評判やメリットを徹底解説

ビズリーチの評判・口コミは?理由や向いている人の特徴も徹底解説

ビズリーチの評判や口コミが知りたい!」
ビズリーチの悪い評判は本当?」

転職サービスの1つとして有名な『ビズリーチ』について、実際の評判が気になるという方は多いのではないでしょうか。

ビズリーチ』には、次のような評判があります。

ビズリーチの良い評判
  • ハイクラスの求人が豊富で質も高い
  • ヘッドハンターが親身に対応してくれる
  • 年収や待遇のアップを実現しやすい
ビズリーチの悪い評判
  • 即戦力になる人材でなければ採用されにくい
  • サポート体制がない
  • 職務経歴等を細かく記入するのが面倒
  • プランによってお金がかかる

しかし、評判を表面的に知るだけでは不十分です。

ビズリーチ』があなたにとって最適な転職サイトかどうかを判断するには利用者の評判や口コミの背景を知る必要があります。

その上で、自身が利用した際にも同様のメリットを得られるかどうか/デメリットが大きすぎないかどうかを精査することが大切です。

そこで当記事では、キャリアアドバイザーとして数々の求職者を支援してきた私が、『ビズリーチの良い評判・悪い評判とその背景、そして『ビズリーチの利用に向いている人の特徴まで詳しく解説します。

  1. 【結論】ビズリーチは「ハイクラス案件が高品質」と評判。能力や実績に自信がある人こそ利用すべき!
  2. ビズリーチの良い評判・口コミ
  3. ビズリーチの悪い評判・口コミ
  4. 評判を分析!ビズリーチの利用が向いている人の特徴
  5. 評判を分析!ビズリーチの利用が向いていない人の特徴
  6. 注意!ビズリーチを利用する心構え
  7. ビズリーチで転職する流れ
  8. ビズリーチの利用にあたってはほかの転職サービスも併用すべき!
  9. まとめ

この記事を読めば、『ビズリーチがあなたにとって最適な転職サイトかどうかを判断でき、転職サイト選びで失敗することを防げるでしょう。

それでは、さっそく『ビズリーチ』の評判について解説していきます。

1. 【結論】ビズリーチは「ハイクラス案件が高品質」と評判。能力や実績に自信がある人こそ利用すべき!

利用者の口コミ・評判を基にビズリーチを評価した結果、キャリアアップや年収アップをしたい方にはおすすめできるハイクラス向けサービスという結論

ビズリーチ』は「ハイクラスの求人が豊富で高品質」で、「年収や待遇のアップを実現しやすい」と評判です。

悪い評判として、「即戦力になる人材でなければ採用されにくい」「職務経歴等を細かく記入するのが面倒」などがありますが、これらの悪い評判はハイクラス転職の高い品質を保つためのものに対する不満がほとんどです。

そのため、誰にでもおすすめできる転職サイトとは言えませんが、即戦力になる実力や経歴に自信がある人なら、積極的に利用すべき転職サービスといえます。

ビズリーチの基本的な概要について押さえておきましょう。

1-1. そもそもビズリーチとは?

ビズリーチ

ビズリーチ』は、企業の即戦力となるハイクラス人材向けのヘッドハンティング型転職サイトです。

約5,100人のヘッドハンターが登録(2022年7月時点)しており、ヘッドハンティングサービスとしては非常に規模の大きなサイトです。

公開求人数は約8万件、非公開求人数は約10万件(2022年7月時点)と転職サイトの中でも指折りで、自分の希望に合った求人に出会える可能性が高いサービスだと言えるでしょう。

さらに、掲載求人の3分の1以上が年収1,000万円以上で、経営幹部・管理職や専門職といったプロフェッショナル人材向けの好条件・好待遇求人が豊富に掲載されています。

経営幹部(エグゼクティブ)専門職のスペシャリスト人材現年収600万円以上のハイクラス人材にとっては極めて有力な候補サービスとなり、ジュメ登録だけでも済ませておくべきです。

 

1-2. ビズリーチを利用した人からの評判まとめ

合計500名の利用者に対して行った転職サイトの評価に関するアンケートの結果、『ビズリーチ』はハイクラス向け転職サイト(転職エージェント・ヘッドハンディング型転職サイト)部門で総合3位と非常に高評価でした

総合評価3位ヘッドハンターの質が均一でないが、求人数が非常に多く利用すべき1社
求人の質1位求人数が非常に多く他社を圧倒している
提案力5位担当者によって差があるので、評価の高いエージェントを選んだほうがいい
サポート力4位ヘッドハンターによるスカウトが受けられるが、担当によって差はある

そして、利用者から寄せられた口コミ・評判を分析した結果、『ビズリーチ』には次のような特徴があることがわかりました。

ビズリーチの良い評判
  • ハイクラスの求人が豊富で質も高い
  • ヘッドハンターが親身に対応してくれる
  • 年収や待遇のアップを実現しやすい
ビズリーチの悪い評判
  • 即戦力になる人材でなければ採用されにくい
  • サポート体制がない
  • 職務経歴等を細かく記入するのが面倒
  • プランによってお金がかかる

上記の評判について、良い評判と悪い評判をそれぞれ見ていきましょう。

2. ビズリーチの良い評判・口コミ

ビズリーチ』の良い評判は次の3つです。

◆ ビズリーチの良い評判
  • ハイクラスの求人が豊富で質も高い
  • ヘッドハンターが親身に対応してくれる
  • 年収や待遇のアップを実現しやすい

順番に解説します。

2-1. ハイクラスの求人が豊富で質も高い

ビズリーチ』はハイクラスの求人が豊富で質も高いと評判です。

実際に、公開求人と非公開求人を合わせた求人数は約18万件(2022年7月時点)
求人の内容を見ても、希少性や待遇面が高いハイクラス求人が豊富で、質が高いものが多く存在します。

ビズリーチ』で得られる求人の量・質に関する評判を見てみましょう。

◆ 良い求人が選び放題!

口コミ・評判

Kさん
(人材業界・エンジニア・男性・400万円台)
満足度:★★★★☆4
すごく良い求人が多くて、選び放題だったので良かったですね。
やっぱ登録しといてよかった。

ビズリーチ』に掲載されている求人の業種・職種は多岐にわたります

特に都市圏ではマネージャーなどの管理職、経営幹部などのポジションで裁量権の大きな役割を担うものから、現場経験が求められる専門性の高いものまで豊富です。

労働環境や待遇面では、休暇制度や資格取得支援制度が充実していることや、「リモートワーク可」「フレックスタイム制」など柔軟な働き方ができる体制の企業も多くなっています。

会員登録することで、ほかでは見つけられないような高待遇・高品質の求人を閲覧することが可能なため、無料登録するだけでも一定のメリットを受けられるでしょう。

2-2. ヘッドハンターが親身に対応してくれる

ビズリーチ』では、ヘッドハンターに転職の相談をすると、親身に対応してくれます。

約5,100人のヘッドハンターの中から、希望する条件に合ったヘッドハンターを検索して相談できるので、安心して転職活動を進められますよ。

ビズリーチでは利用者自らヘッドハンターを探して相談を持ち掛けることが可能

〔出典〕『ビズリーチ』公式サイト

実際に相談した利用者の満足度も高く、好評です。

◆ 的確なアドバイスをもらえて満足!

口コミ・評判

K. A. さん
(35歳・マーケティング職・年収600万円台)
満足度:★★★★☆4
年収も上げ、管理職に転職したいなと思ってビズリーチに登録することにしました。
希望条件で検索すると、ぴったりのヘッドハンターがいらっしゃったので、話を聞いてもらうことにしました。
相談したところ、親身に話を聞いてくださいましたし、的確なアドバイスをもらえて今後やるべきことの方向性を見出すことができたので、非常に満足です。

一般的なヘッドハンディング型転職サイト(スカウト型転職サイト)の特徴として、転職エージェントのような担当制がないことに起因する「サポートを受けられない」というデメリットが存在します。

しかし、『ビズリーチ』を通じて出会うことのできるヘッドハンターには提案力やコンサルティング力に優れた人が多いと評判。

上記の口コミのように、ヘッドハンターからも転職や市場価値を発揮するための具体的なアドバイスを受けられる可能性があります。

数多くのハイクラス転職を成功に導いてきた腕利きのヘッドハンターから得られるアドバイスによって、利用者は転職成功にグッと近づくことができるのです。

2-3. 年収や待遇のアップを実現しやすい

ビズリーチ』では、年収や待遇のアップを実現しやすいことも大きな魅力です。

ビズリーチ』の求人約18万件のうち、年収800万円以上の求人は11万件以上となっています。

ビズリーチ検索システム上では、年収800万円以上の求人が11万件以上(2022年7月下旬時点)

ビズリーチ検索システム上での検索結果(2022年7月下旬時点)。 年収800万円以上の求人が11万件以上存在し、充実のハイクラス求人レパートリーを見せている。
〔出典〕『ビズリーチ』公式サイト

また、『ビズリーチ』を利用する人の多くが年収や待遇のアップを実現しており、さらに上を目指したい人に適した転職サイトです。

◆ 自分が希望している求人に転職できた!

口コミ・評判

S. S. さん
(40歳・管理職・年収700万円→850万円)
満足度:★★★★☆4
年収を上げたいのと、新しい環境に飛び込みたいと考えて転職することに決めました。
パッと求人を見たら、自分が希望しているものが多くあり、最終的にこの会社に決めることにしました。
まさかこんなに上がるとは思っていませんでした

上昇志向でキャリアアップや年収アップを実現したい方には、『ビズリーチ』をはとても有効なサービスと言えます。

2-4. 【補足】「求人数が多い・少ない」は人による

ビズリーチ』は本人のスキルや経歴に応じて条件に合致する求人やスカウトが届く仕組みです。

したがって、人によってはキャッチできる求人数に対する「多い・少ない」の感じ方に差が出ます。

利用者から寄せられた口コミの中には、「求人が豊富で選び放題」「スカウトメールが頻繁に届く」というものもある一方で、「応募できる求人が少ない」「スカウトが全然来ない」という感想も存在します。

実力重視のサービスだからこそ、ハイクラス採用市場のニーズに合致しない人は期待するほど求人やスカウトが受け取れないことがあるため、注意が必要です。

ビズリーチ』はハイクラス転職に特化している分、利用者のキャリア・ポジションによっても評価が分かれやすい傾向にあります。

次章からは、悪い評判・口コミについて紹介しますので、参考にしてみましょう。

3. ビズリーチの悪い評判・口コミ

ビズリーチ』の悪い評判・口コミは次の4つでした。

◆ ビズリーチの悪い評判
  • 即戦力になる人材でなければ採用されにくい
  • サポート体制がない
  • 職務経歴書を細かく記入するのが面倒
  • 他社は無料なのにビズリーチはプランによってお金がかかる

それでは順番に見ていきましょう。

3-1. 即戦力になる人材でなければ採用されにくい

ビズリーチ』は即戦力になるハイクラス人材向けの転職サイトです。
求人企業側も採用後すぐに活躍してくれることを期待しているため、即戦力になる人材でなければ求人に応募しても採用されにくいです。

ビズリーチ』の登録時にも職務経歴書の内容で審査があり、通過すれば会員になれるシステムですが、会員になれたからといってスカウトや求人に応募して採用されるとは限りません。

スキルや経験、実績などが十分にない場合、応募しても選考に通過できないこともあるでしょう。

実際の口コミでも、「選考に通過できない」「なかなか採用されない」という声が見られます。

◆ 通過できる最低条件を知りたかった

口コミ・評判

匿名 さん
(50歳以上・クリエイティブ職・年収700万円以上)
満足度:★★★★☆4
実際に応募しても採用されないことのほうが多かったので。
当然、自分のスキルが足りていないのですが、見ていると「いけるかも」と思ってしまう。
こんな人が欲しいという条件はわかりますが、これくらいの条件がないとダメというのもできる限り提示してもらえるといいですね。

即戦力となる人材の条件の例として、次のものが挙げられます。

即戦力とみなされる人材の特徴

  • 特定のスキルを持っている
  • 特定の実務経験が数年以上ある
  • 特定の勤務経験が数年以上ある
  • 特定領域/◯名以上のマネジメント経験が数年以上ある

こうした要件に該当するビジネス経験は、一朝一夕で用意できるものではありません。

現時点で上述のような経験を持っていない場合で、あくまでもハイクラス・ハイキャリアとしての転職を目指すならば、『ビズリーチ』を利用する前にまず中長期的なキャリア開発に励む必要があります。

現職で経験を積むか、実績・経験を積むに足る環境を求めて、ノーマル/ミドルクラス向けの転職エージェントを利用して転職しましょう。

3-2. サポート体制がない

ビズリーチ』では、ヘッドハンターに応募・選考の相談はできるものの、転職エージェントが行ってくれるような転職活動サポート体制は原則として望めません

転職エージェントが提供してくれるサポートの例

  • 面倒な手続きをすべて代行してくれる
  • あなたのPRポイントを整理してくれる
  • 過去データから万全な面接対策をしてくれる
  • あなたに合った非公開求人を探してきてくれる
  • あなたのことを営業してくれるため、他の候補者より有利になる
  • 年収交渉を引き受けてくれる
  • 退職トラブルの相談相手になってくれる

なぜなら、『ビズリーチはヘッドハンティング型の転職サイトであり、キャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれる「転職エージェント」ではないためです。

ビズリーチ』における転職活動は、企業からのスカウトに応じる形での直接応募またはヘッドハンターを介しての応募の2通りです。

求人企業と直接やり取りできることは、コミュニケーションにおける齟齬のなさやスピーディな展開に期待でき大きなメリットです。
その一方で、アドバイザーやヘッドハンターのような転職のプロフェッショナルからのサポートがなく一切が独力となる点には注意する必要があります。

また、ヘッドハンターを介して企業へ応募する場合には、具体的なサポート内容は個々のヘッドハンター次第となります。

ビズリーチ』は、他社運営の転職サイトとは異なり、『ビズリーチ自体が求人紹介・転職サポートを提供するサービスではありません

このサービスの位置づけはあくまで求職者・職業紹介事業者(ヘッドハンター等)・求人企業の3者のマッチングを支援するプラットフォームであり、『ビズリーチ』を利用するヘッドハンター等は個々のノウハウでもって活動している存在です。

したがって、一般的な転職エージェントのように「ビズリーチならこんなサポートが受けられる」というものはなく、どのヘッドハンターとマッチングするかによってサポート内容・質もさまざまなのです。

したがって、転職エージェントのようなサポートを期待していた場合、「自分で選考の準備をすべてしなければならないのが大変」「サポートがなくて残念」と不満に感じるケースが存在します。

◆ 添削してもらえない……

口コミ・評判

N. K.  さん
(37歳)
満足度:★★☆☆☆2
他のエージェントも見ていたので、ビズリーチにはサポート体制があまりないのを知って、少し残念でした
仕方ないので、職務経歴書とかは他のエージェントに頼んで、添削してもらいました

とはいえ、『ビズリーチ』上では大手人材紹介事業者(転職サイトを運営する有名企業・実力派企業等)所属のコンサルタントもヘッドハンターとして活動しています。
こうしたヘッドハンターからは各種サポートを受けられる可能性があります。

会員はヘッドハンターを検索して相談を持ち掛けることもできるので、サポートを希望する場合は相談先のヘッドハンターにもこだわりましょう

3-3. 職務経歴等を細かく記入するのが面倒

ビズリーチ』では登録時点で求職者が一定以上の経歴を有しているかを審査し、十分な経歴を持つ人材のみを会員としています

それに関連して、登録申込みの際にビジネス経験等を細かく入力する必要があります

具体的な項目は次の通りです。

ビズリーチ登録申込み時の入力項目

  • 基本情報
  • 希望条件
  • 職務要約・スキル
  • 職務経歴
  • 学歴
  • 表彰
  • 語学力・海外経験
  • 資格
  • 特記事項
  • フリーフォーマット

ここで記入した内容をもとに入会審査が行われ、通過すれば会員登録が完了する仕組みとなっています。

登録時に詳細なビジネス経験の記入を求められるのは、審査を設けることで求職者と企業のマッチ率を高めるためですが、「面倒だ」と感じる声も見られます。

◆ 添削してもらえない……

口コミ・評判

匿名 さん
(30代前半・DTPオペレーター・年収400万円台)
満足度:★★★☆☆3
登録時にかなり細かく職務経歴等記入しなければならないのが面倒だが、求人数は多い。
簡単に入力しただけでも求人案内のメールがよく届く

「とりあえず登録しておこう」という軽い気持ちで始める場合、思いのほか手間がかかり億劫に感じる方も多いでしょう。

しかし、上記口コミにあるように、ビズリーチは経歴をある程度入力しさえすればしっかりとマッチングする仕組みになっています。

そのひと手間が今後のキャリアを左右すると考え、アピールするに足る経験をしっかり入力することをおすすめします。

3-4. 他社は無料なのにビズリーチはプランによってお金がかかる

一般的な転職サービスは無料で利用できるものが多いですが、『ビズリーチ』は無料プランの「スタンダードステージ」と有料プランの「プレミアムステージ」の2つがあります

ビズリーチのプランは無料の「スタンダード」と有料の「プレミアム」の2通り。プレミアムプランは現年収によってタレント会員(30日間で会費3,278円)とハイクラス会員(30日間で会費5,478円)に分かれ、スカウトを受け取るだけでなく求人検索・応募が可能となる。

〔出典〕『ビズリーチ』公式サイト

スタンダードステージとプレミアムステージでできることの違いをまとめると下記の通りです。

スタンダードステージ(無料プラン)でできること
  • 求人の検索・閲覧(企業名を除く)
  • 一部の求人への応募
  • プラチナスカウトの閲覧・返信
プレミアムステージ(有料プラン)でできること
  • すべての求人の検索・閲覧・応募
  • すべてのスカウトの閲覧・返信
  • ビズリーチプレミアムの各種コンテンツの利用

特に大きな違いとして、無料プランの利用では、閲覧・応募できる求人やスカウトがごく一部に限られます

◆ 非公開求人見れない……

口コミ・評判

U. M.  さん
(33歳)
満足度:★☆☆☆1
非公開求人見たいけど、課金しなきゃいけないのか。
絶対そっちのほうが良い求人はあるけど、毎月お金がいるとなるとちょっとね……

転職エージェント等一般的な転職サービスは、基本的にすべてのサービス・サポートを無料で受けることができます。

それらとの対比によって、月額料金を支払わなければ利用できる範囲が狭まる点はデメリットと感じられてしまうのです。

しかし、『ビズリーチが求職者向けに有料プランを設けている理由は、求職者に対してフラットにサービスを提供するためです。

ビズリーチ』は、求職者からも料金を受け取ることで、企業側からの掲載料金や紹介料のみによって求人が偏ることのない仕組みのサービスを目指しています。

ビズリーチの価値提供モデルにおいて、求職者・企業・人材紹介会社は3者それぞれがビズリーチに利用料を納める代わりに、それぞれが人材・紹介実績・転職という価値を最大限得られるよう目指している。

ビズリーチの価値提供モデル。採用企業・人材紹介会社/ヘッドハンター・求職者の3者から利用料を徴収することで、3者それぞれに高い付加価値を提供することを目指す新しい転職サイトのかたちを実現している。
〔出典〕『ビズリーチ』公式サイト

そうすることで、顧客の1人である求職者に対してもっと寄り添った価値提供ができ、より質の高い転職機会を創出できるというのが『ビズリーチの考え方です。

単純に「お金がかかるから嫌だ」と考えるよりも、有料である理由やサービスの中身を知り、自分に必要かどうかを判断することが大切です。

たとえば、プレミアムステージの会員が利用できる「ビズリーチプレミアム」では、キャリア形成をアシストしてくれる以下のようなコンテンツを利用することが可能です。

「ビズリーチプレミアム」の内容

  • シゴト観診断
    仕事に対する動機・価値観や行動特性について振り返ることを支援してくれる
  • ビズリーチアカデミー
    キャリアップ・キャリア形成に役立つ各種講義
  • ビズリーチキャリアコンシェルジュ
    コンシェルジュとの対話を通して目標の言語化やキャリア形成に関する新たな気付きを得られる

※ ビズリーチプレミアムのコンテンツは今後より充実予定です。

このように、社としての職業紹介(求人紹介)や選考対策を行わない一方で、企業・ヘッドハンターとの質の高いマッチング機会を提供し、加えてユーザーのキャリア形成・市場価値の最大化を支援することで価値創出を行おうとするサービスが『ビズリーチ』なのです。

4. 評判を分析!ビズリーチの利用が向いている人の特徴

ビズリーチの評判はわかったけど、本当に自分に合ったサービスなのかな」と不安に感じている方もいるでしょう。

これまで紹介してきた『ビズリーチ』の良い評判・悪い評判を分析することで、『ビズリーチ』の利用が向いている人の特徴として次の4つが見えてきました。

ビズリーチの利用がおすすめな人

  • 能力や実績に自信があり、ハイクラスへのキャリアアップを目指す人
  • 自分で自己分析や選考対策を進めていける人
  • キャリアを築いてきた30代~40代の人
  • 都市圏で転職したい人

自分に当てはまるものがあるかを考えながら、読み進めてみてください。

4-1. 能力や実績に自信があり、ハイクラスへのキャリアアップを目指す人

ビズリーチ』は、能力や実績に自信があり、ハイクラスへのキャリアアップを目指す人に向いています。

なぜなら、ビズリーチに求人を掲載している企業が、自社の重要なポジションを担える能力の高い人材を求めているからです。

実際に『ビズリーチ』でスカウトを数多く受け取って転職を成功させている人は、一定以上のスキルやビジネス経験を持ち、より上のポジションを希望しています。

これまでスキルの習得や経験の積み重ねに励んできて、「もっと上流の仕事がしたい」「キャリアアップしたい」と考えているなら、『ビズリーチ』を利用することで満足度の高い転職活動を行えるでしょう。

4-2. 自分で自己分析や選考対策を進めていける人

ビズリーチ』は、自分で自己分析や選考対策を進めていける人に向いています

ヘッドハンティング型転職サイトである『ビズリーチ』は、転職エージェントのような専任キャリアアドバイザーによる転職サポートを提供していません

ビズリーチ』の特徴は、高いスキルや経歴を武器に自分で直接ヘッドハンターや企業と交渉し、ハイポジションを獲得できることです。

そのため、「転職活動をサポートしてもらいたい」「転職のプロと二人三脚で転職活動を進めたい」という認識ではサービス自体とのミスマッチが起こり、不満へとつながってしまいやすいのです。

ビズリーチ』で転職を成功させるために必要なマインドは、「自分というハイクラス人材を企業に見出させる」こと。

こうした意識で企業・ヘッドハンターのデータベースを上手に活用できる人にとって、『ビズリーチ』は素晴らしい環境となります。

4-3. 既にキャリアを築いてきた30代~40代の人

ビズリーチ』は、既に一定程度のキャリアを積み重ねてきた30代~40代の人に向いています。

このボリュームに属するビジネスパーソンは一般に、一定規模のマネジメントの経験や何らかの特化したスキルを有しており、ハイクラスに求められる条件を満たしていることが多いです。

こうしたハイクラス・スペシャリスト人材であれば、ビズリーチによってキャリアアップや年収アップを実現しやすいといえます。

もちろん、特筆すべきスキルや経験があれば、20代後半からでも応募できる求人は少なくありません。

また、50代以上であってもエグゼクティブビジネスの中核ポジションを担う人材であれば、『ビズリーチならば十分に満足のいくハイポジション求人に出会えると期待できるでしょう

自身が積み重ねてきたスキルや経験を振り返り、『ビズリーチ』の利用を検討しましょう。

4-4. 都市圏で転職したい人

ビズリーチ』は、都市圏で転職したい人に向いています。

ビズリーチ』の求人は都市圏を中心としているため、地方では希望する求人が比較的少ないです。

実際に、「自分の希望する勤務地の求人数は少ないと感じた」という声もあります。

地方でハイクラス転職をしたい場合は、地域に強みのある転職サービスを併用すると、効率的に求人を見つけられるでしょう。

4-5. 【参考】ビズリーチが合っていた人の口コミ

ビズリーチ』が自分に合っていたという人の口コミを紹介します。

◆ 選ぶのに苦労するほど求人の質・量が優れている

口コミ・評判

匿名さん
(30代前半・エンジニア)
満足度:★★★★★5
ビズリーチは求人の質が高くて選ぶのに苦労するほどでびっくりしました。
その中でもいいと思うものを選んで無事に転職することができたのでまったくストレスがなかったので、また利用したいと感じるサービスのひとつです。

上記の方のように、実力がある求職者の場合はたくさんのスカウトが届きます。

◆ 無料プランで抜群の転職を短期実現

口コミ・評判

匿名さん
(40代前半・技術企画)
満足度:★★★★★5
質の良い求人数が多いです。
私は登録して2週間で条件にあった会社40社ほどからオファーが来ました
また面接をするにあたってエージェントの担当者がとても丁寧に対策をしてくれて、面接官の情報まで頂けたので緊張することなく本番にのぞむことができました。
登録費用など全くかからずに転職ができたので本当に良かったです。

上記の方は、「プレミアムステージ(有料プラン)」にアップグレードせず、無料プランの利用で短期間の転職を成功させたようです。

◆ 選ぶのに苦労するほど求人の質・量が優れている

口コミ・評判

匿名さん
(40代前半・経理職)
満足度:★★★★★5
ハイクラス転職サイトというだけあって、求人内容の質は非常に良かったと思います。
特に給与条件面では他の転職サイトに比べて、高年収条件の求人が多くて魅力的な求人が多かったです。
エージェントの方も親身になって応対してくれました。

ビズリーチ』で出会えた高年収求人の質・量に大満足との声も散見されました。

以上のように、『ビズリーチ』はハイクラス転職を実現したい人にとっては選り取り見取りの求人情報を得られると評判です。

近しいキャリアを持つ人は、まずはレジュメ登録まで済ませておき、実際にどの程度スカウトが来るのかを試してみましょう

5. 評判を分析!ビズリーチの利用が向いていない人の特徴

次に、『ビズリーチ』の利用が向いていない人の特徴を紹介します。

ビズリーチの利用をおすすめできない人

  • 未経験者歓迎の求人を探している人
  • 能力や職歴に不安がある人
  • エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めたい人
  • 地方で転職したい人

もし当てはまる場合でも心配はいりません。

ビズリーチ』以外であなたに合った転職サービスを利用する方法があります。

まずは、この章で『ビズリーチ』が自分に合っているかどうかを詳しく確認してみてください。

以下から詳しく見ていきます。

5-1. 未経験者歓迎の求人を探している人

ビズリーチ』はスキルや経験が必要なハイクラス求人が掲載されているサービスなので、未経験者歓迎の求人を探している人には向いていません

ビズリーチ』に掲載される求人は基本的に経験者・即戦力人材を想定しているため、そもそも「未経験歓迎」の求人がほとんどなく、原則一定以上のスキルや経験が求められます

未経験者歓迎の求人を探しているなら、「未経験」で検索して約6万件の求人がヒット(2022年7月時点)する『リクルートエージェント』がおすすめです。

5-2. 能力や職歴に不安がある人

ハイクラス向けサービスである『ビズリーチ』は、能力や職歴に不安がある人には向いていません

次のようなケースでは、『ビズリーチ』利用しても求人やスカウトを見つけることは難しいでしょう。

ビズリーチでうまく求人とマッチングできない可能性がある人

  • フリーター
  • ニート
  • 大学中退・高卒・中卒等でかつキャリア(社会人歴)が浅い人
  • 第二新卒

上記の例にあるようなキャリアが浅めの方々は、ポテンシャル採用などスキル偏重でない背景の募集に応募したほうが就職しやすいでしょう。

加えて、選考にあたってやる気や伸びしろなどを効果的にアピールすることが肝要となるため、転職のプロが二人三脚でアシストしてくれるエージェント型の転職サイトを利用するべきです。

たとえば、現在就業中ではあるもののキャリアが浅めで不安がある人は、あらゆるキャリアステージの転職に強い『リクルートエージェント』がおすすめです。

また第二新卒など20代の人は『マイナビジョブ20’s』が頼れる相談先となります。

このほか、ニートやフリーターなどキャリア上の空白がある場合には、経歴を問わず就職を成功させた実績も豊富な『JAIC』に相談するのがいいでしょう。

5-3. 転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めたい人

ビズリーチ』は、プロのサポートを受けながら転職活動を進めたい人には向いていません

ビズリーチ』では基本的に選考書類添削や面接練習などの転職サポートを実施しておらず、本人が自分で転職活動を進めるスタイルとなっています。

ヘッドハンター経由で応募する場合はそのハンターが書類添削・面接対策を引き受けてくれる可能性もあります

しかし、サポートの有無も含めて、受けられる支援・アドバイスは各ヘッドハンターによって異なります。

ヘッドハンターからの支援はあくまで転職活動の戦略に関するアドバイスのみと考え、一貫したサポートを前提に利用するのは避けたほうが良いでしょう。

5-4. 地方で転職したい人

ビズリーチ』は、地方で転職したい人に向いていません

ビズリーチ』に掲載されている求人の勤務地は都市部が中心となっており、地方の求人は比較的少ない傾向にあります。

実際に、地方で就職しようとしたら求人が少なかったという声もあります。

地方で就職したい人は、地域に強みがある転職サービスを利用してみてください。

5-5. 【参考】ビズリーチが合わなかった人の口コミ

ビズリーチ』が合わなかった人の口コミを紹介します。

◆ 自分のキャリアでは求人に乏しかった

口コミ・評判

匿名 さん
(40代前半・事務職)
満足度:★★☆☆☆2
友人に勧められてビズリーチを利用しましたが、正社員で特定の事務職しか経験がなかったので思うような案件を紹介してもらえることができませんでした
担当の方は親切丁寧でしたが、ハイクラス向けのようなので経験がありキャリアップを求めている人に向いていると思います。
◆ 身の丈には合わなかったかも……

口コミ・評判

匿名 さん
(30代前半・サービス業)
満足度:★★☆☆☆2
求人の数や質等は年収アップを考えている人にはかなり優良な転職サイトでしたが、なかなか自分に当てはまる求人が少なく、面接に進むまでの書類選考で落ちるものが多々ありました。
少し自分の丈に合っていなかった部分もあったかもしれません。
このサービスはある程度実績のある方が今のポジションよりも上を目指すのに最適なサービスだと思いました。
◆ 地方の求人が無さすぎた

口コミ・評判

匿名 さん
(20代後半・デザイナー)
満足度:★★☆☆☆2
地域にもよると思うが、地方の求人が無さすぎでした
仕事内容にこだわらなければ、仕事があったかもしれませんが、地方在住の方が使用するのはあまりおすすめしません
スカウトも来ますが、首都圏や都市部の企業ばかりです。
都内在住の方などは探しやすいと思います。

このように、自身の属性(キャリアや居住地・希望勤務地等)によっては満足いく数の求人に出会うことができないことがあります。

ビズリーチ』が強みを発揮するハイキャリア・ハイクラスの要件に当てはまらなかったり、このサービスの得手ではない非大都市部での転職を希望する場合は、別の転職サイトを利用したほうが効率的に転職活動を進められるでしょう。

6. 注意!ビズリーチを利用する心構え

ビズリーチ』の利用に向いている人、向いていない人の特徴を紹介しました。
あなたに合っているかどうかが判断できたでしょうか。

自分は条件に合っていたから、さっそくビズリーチを利用したい」と考える方もいるでしょう。

しかし、ビズリーチ』を利用するには次の5つの心構えを持つことが重要です。

ビズリーチを利用するときに必要な5つの心構え

  1. スカウトが来るかどうかは本人次第
  2. 好条件な案件は求められるレベルも高い
  3. 転職エージェントではないのでサポートはそれほど期待できない
  4. 希望する職種・業種の案件が少ないことがある
  5. ビズリーチで転職活動をするなら有料登録すべき

それぞれ詳しく解説します。

6-1. スカウトが来るかどうかは本人次第

ビズリーチ』でスカウトが来るかどうかは利用者本人次第です。

利用者自身が登録した職務経歴等の情報次第で、企業・ヘッドハンターからスカウトをもらえるかどうかが大きく左右されるからです。

企業やヘッドハンターは、『ビズリーチ』のデータベースを閲覧し、登録されたユーザーのレジュメ(経歴)を参照してスカウトを出します。

つまり、データベースでヒットしなかったり、企業やヘッドハンターにとって魅力的に映らないレジュメだったりするようでは、スカウトが来ることはありません

職務経歴書に適当なことを記入していたり、そもそも白紙の状態でいたりすると、企業やヘッドハンターの目にとまらず、なかなかスカウトが来ないのです。

質の高いスカウトを得るためにも、随時レジュメをブラッシュアップすることが大切です。

特に、登録後しばらくたってもスカウトの数がふるわない場合には、今一度入力情報を見返して内容をアップデートしましょう

6-2. 好条件な案件は求められるレベルも高い

ビズリーチ』の求人は好条件なものが多く、その分求職者に対する要求値も高くなっています

たとえば、高年収の案件であると同時に、応募要件で求められる必須スキルが広範囲にわたり、数カ年の専従経験がなければ該当しそうにないというケースです。

これは、いわゆるスペシャリスト人材の募集の一例で、ハイクラス求人では珍しいものでもありません

ハイクラス求人においては、上記のようなスペシャリスト求人(プレイヤーとして一定以上の能力・実績を要求する求人)以外では、一定規模の組織やプロジェクトのマネジメント経験を歓迎するようなものがほとんどです。

このことを逆手にとってみると、『ビズリーチ』においてレジュメに落とし込むべき情報の指針も明らかとなります。

たとえば以下のような要素はハイクラス・ハイポジション人材を求める企業のニーズに合致する期待度が高く、求人企業やヘッドハンターの目にもとまりやすいでしょう。

ビズリーチでアピールすべき要素の例

  • 組織・人材マネジメントの経験
    • マネジメントしたチーム・人員の規模や性質、およびその期間
    • あなたのマネジメントによって克服した課題
    • 部下の能力開発経験
  • プロジェクトマネジメントの経験
    • 遂行したプロジェクトの概要(規模・ビジネス)
    • プロジェクトの期間
    • 参画時の役割
    • プロジェクトの成果
  • 定量的な業績
    • 営業活動やマーケティング等のKPI・KGI
    • 売上高
    • 業務改善率
  • 高度な専門性に関する情報
    • 資格(ビジネスに関連し稀少性の高いもの)
    • 開発経験
    • 外国語の能力(英語ではTOEIC/TOEFLのスコア、それ以外の欧語等ではCEFRでのレベル等。加えてビジネスでの活用経験を記載)
    • 海外赴任・越境ビジネスの経験

上記はあくまでも一例です。

どのような形であれ、ビジネスにおける自走性とその成果を定性・定量の両輪で語るようにしましょう。

6-3. 転職エージェントではないのでサポートはそれほど期待できない

ビズリーチ』は転職サポートサービスではないので、転職活動のサポートはそれほど期待できないという心構えを持つことが大切です。

転職活動や選考対策ではどのような準備が必要なのかを把握し、自ら積極的に行動しましょう

サポートがないことを前提に利用することで、サービスに対して余計な期待や不満を感じることがありません。

とはいえ、ヘッドハンターを介しての応募の場合は、当該ハンターから何らかのサポートを受けられる可能性もあります。

多少のサポートを求める場合は、ヘッドハンターの検索システムを活用してサポート・アドバイスに注力しているハンターを探すと良いでしょう。

6-4. 希望する職種・業種の案件が少ないことがある

ビズリーチ』はハイクラス転職に特化しているため、希望する条件によっては、職種・業種の案件が少ないことがあります。

その場合は、職種や業種に特化した転職サービスを利用するのもおすすめです。

また、求人数が多い大手総合型の転職サービスも併用すると安心でしょう。

「求人が少ないな」と感じたら、他の転職サービスも併用することで、より幅広い求人を発見できて転職先の可能性が広がります

他の転職サービスを併用して効率化を図るノウハウ当記事の第8章で詳しく解説しています。

6-5. ビズリーチで転職活動をするなら有料登録すべき

ビズリーチ』で本格的に転職活動をするなら、有料プランに登録すべきです。

お伝えしたように、『ビズリーチ』には、無料プランの「スタンダードステージ」と有料プランの「プレミアムステージ」があります。

それぞれの違いは次の通りです。

スタンダードステージ(無料プラン)でできること
  • 求人の検索・閲覧(企業名を除く)
  • 一部の求人への応募
  • プラチナスカウトの閲覧・返信
プレミアムステージ(有料プラン)でできること
  • すべての求人の検索・閲覧・応募
  • すべてのスカウトの閲覧・返信
  • ビズリーチプレミアムの各種コンテンツの利用

無料プランでは一部の求人にしか応募できず、利用できるサービスも限定的です。

せっかく『ビズリーチ』が良い求人を保有していたとしても、閲覧できなければそのチャンスをつかみ取ることはできないでしょう。

有料プランは「1週間無料体験」や「プレミアムチケット」を利用することで一時的に無料で利用できるため、上手く利用して有料プランの内容をチェックし、自分に合っているかを判断しましょう

7. ビズリーチで転職する流れ

ビズリーチ』はヘッドハンティング型転職サイトですが、「ヘッドハンティングで転職するってどういう流れになるの?」という方もいるでしょう。

ここでは、ビズリーチ』で転職する基本的な流れを紹介します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ステップ1:職務経歴書を作成する

ビズリーチ』に登録したら、職務経歴書を作成します。

基本的な内容は登録時に記入していますが、より自分に合ったスカウトを受け取るためにも、内容を充実させておくことが大切です。

特に、次の項目は自由に記述できることから重視されるポイントなので、具体的な数字を用いるなど工夫して記入しましょう。

  • 職務要約・スキル
  • フリーフォーマット

職務経歴書はあとから編集することも可能です。

充実した内容になるよう、繰り返し磨き上げていくことをおすすめします。

ステップ2:スカウトを受け取る

ビズリーチにおけるスカウトは2通り。ヘッドハンターから送られてくるスカウト・プラチナスカウトか、企業から直接送られてくるプラチナスカウトが存在する。

〔出典〕『ビズリーチ』公式サイト

登録の審査に通過すると、あなたの職務経歴書を見たヘッドハンターや企業からスカウトメールが届きます。

スカウトメールの内容を確認し、自分の希望に合うかどうかを検討しましょう。

スカウトメールは頻繁に届くため、興味のあるものだけチェックして返信・応募すればOKです。

もしスカウトメールが多すぎる場合は、「メール・スカウトの配信管理」から配信停止の設定をすれば届かなくなります。

スカウトや求人情報を上手に管理し、自分に適したものを見つけましょう。

ステップ3:面談・面接を受ける

スカウトに応募すると、選考に進みます。

職務経歴書を見た上でスカウトが来ているため、時に書類選考なしでの面接・面談となることもあります。

面談・面接の日程は自分で調整が可能です。

企業やヘッドハンターと直接やりとりして決めましょう。

2〜3回程度の面談・面接を経て、すべての選考に通過すれば内定です。

ステップ4:入社・内定

内定をもらい、同意すれば入社が決定します。

転職先の企業と相談の上、入社日を決めましょう。

なお、内定後に専用フォームから転職決定の報告をすると、『ビズリーチからのお祝いとして「5,000円分のAmazonギフト券」と「フォトギフト(写真撮影と写真立て)」がプレゼントされます。

8. ビズリーチの利用にあたっては他の転職サービスも併用すべき!

ビズリーチ』を利用するならば、他の転職サービスも併用するのがおすすめです。

ビズリーチ』では、スカウトを待つ受け身のスタイルだけでなく、自らヘッドハンターや求人を検索して応募することも可能です。

つまり、『ビズリーチ』は主体的かつ中長期的な転職活動に向いているサービスです。

一方で、スピーディな転職を実現するにあたっては、短期的に応募・選考を進める転職エージェント型のサービスのほうが優れたパフォーマンスを発揮することもあります。

さらに、ハイクラス求人はその性質上非公開の募集であることが多く、企業側も信頼のおける人材紹介会社にのみ求人情報を預けることが中心です。

したがって、ハイクラス求人のなかには、各転職サイト(人材紹介会社)が独占的に抱え込んでいるものが多くあります。

言い換えると、ある転職サイトに掲載されているハイクラス求人には他の転職サイトでは出会えないということも、珍しくないのです。

そう考えると、『ビズリーチ』の利用シーンにおいては、以下の2つの面で「他の転職サイトと併用すべきだ」と言うことができるでしょう。

  • 短期決戦での転職を望むならば転職エージェントを併用すべき
  • 短期・中長期を問わず、ハイクラス転職では複数の転職サイト(人材紹介会社)に登録してアンテナを高くするべき

ビズリーチ』外の転職サイトと併用することで、自分に合った転職サービスや機能がわかり、いいとこ取りをしながら転職活動を進めていけるのです。

そこで、ここからはビズリーチ』と併用すべき転職サイトを「ハイクラス特化型」「業種・職種特化型」2つの観点から紹介します。

←左右にスワイプして比較することができます→

サービス名リクルートダイレクトスカウト ロゴ
リクルートダイレクトスカウト
ix転職 評判
看X転職
パソナキャリア ロゴ
パソナキャリア(ハイクラス)
ランスタッド ロゴ
randstad(ランスタッド)
jaclogo
JACリクルートメント
転職SYNCA(シンカ)コトラ ロゴ
KOTORA(コトラ)
MS Agentレバテックキャリアレバテックキャリア
総合評価

4.6点

4.1点

4.2点

4.5点

3.8点

4.2点

4.3点

公開求人数約29.6万件非公開
約1.3万件約6,700件
約1.5万件約500件約1.8万件約7,000件約1.7件
特徴
  • 利圧倒的な求人数
  • 年収800万円~2,000万円求人が多い
  • CxO・中核ポジションに強い
  • ハイクラスに特化した腕利きハンターに出会える
  • 求人の半数が年収800万円超え
    独占求人800件以上
  • オリコン満足度4年連続No. 1
  • グローバルに活躍する人材企業
  • とにかく対応がスピーディと利用者から好評
  • 外資に強いハイクラス向けサービス
  • エグゼクティブ・スペシャリストの転職には特に強い
  • 管理職・バックオフィスに特化
  • 中小大手・ベンチャーなど幅広い企業に対応
  • 金融・コンサル業等に強み
  • 業界出身者のアドバイザーによる実践的なサポート
  • 管理部門・士業に特化
  • 職種ごとに特化したアドバイザーが在籍
  • IT・Web業界のエンジニア特化
  • エンジニアのハイクラス転職ならまずココ
おすすめな人
  • たくさんの選択肢を得たい
  • ヘッドハンターの提案力も重視
  • エグゼクティブ・管理職
  • 年収1,000万円以上を目指す
  • 丁寧なサポートが欲しい
  • 内資・外資問わず色々見たい
  • 外資・グローバル企業を志望
  • クロスボーダーに活躍したい
  • エグゼクティブ・スペシャリスト
  • 外資・グローバル企業志望
  • 人事・管理部
  • 企業文化の形成に携わりたい
  • 金融・コンサルティング業界
  • 業界に詳しい人にサポートしてほしい
  • 弁護士ほか士業
  • 企業の管理部門志望
  • IT・Web業界経験者
  • エンジニア経験者
公式サイト
解説

※求人数:2022年09月更新

8-1. ハイクラス特化型転職サイトのおすすめ5選

ハイクラス特化型の転職サイト・転職エージェントを見ていきましょう。

リクルートダイレクトスカウト| リクルート運営のヘッドハンティング型サイト

RECRUIT DIRECT SCOUT(リクルートダイレクトスカウト)

『リクルートダイレクトスカウト』のおすすめポイント

  • 10万件以上の公開求人&非公開求人は圧倒的!転職の可能性が広がると話題
  • 優秀なヘッドハンターが多数在籍!あなたに合ったスカウトが届く
  • 転職決定年収の平均950万円以上、年収800万円〜2,000万円求人が勢ぞろい

リクルートダイレクトスカウト』は人材業界国内最大手企業のリクルートが運営するハイクラス向けの転職支援サービスです。

レベルの高いコンサルタント(ヘッドハンター)を自ら選んで相談をすることもできれば、レジュメを登録して好条件のスカウトも待つこともできます。

また、全求人は約10万件以上と業界屈指の豊富さを誇り、ハイクラス転職を目指すならまず登録すべきサービスです。

公開求人はスマホやパソコンからいつでも検索できるので、「まずはどんな求人があるか見たい」「情報収集から始めたい」という方でも気軽に利用できて便利です。

なにより、リクルートダイレクトスカウト』には実力と実績を兼ね揃えたヘッドハンターが在籍しており、ハイクラス転職をアシストしてくれます。

たとえば、年収アップやキャリアアップに繋がる企業の提案、自分では知りえなかった企業とのマッチングなど、あなたの経歴やスキルに合わせたスカウトを提示してくれるのです。

ハイクラス人材の転職必携のサービスとして、必ず登録しておきましょう。

doda X(旧称:iX転職) | 事業戦略に関わるハイクラス求人が豊富

IX転職

『doda X(旧称:iX転職)』のおすすめポイント

  • エグゼクティブ・CxO等ハイポジション求人に強い
  • ハイクラスに特化した腕利きのヘッドハンターに出会える
  • ヘッドハンティング&求人紹介サービスの良いとこ取りで多忙なハイクラス人材のニーズにフィット

doda X(旧称:iX転職)』は、事業戦略に直結するような稀少性の高いハイクラス・エグゼクティブ求人に特化した転職サービスです。

大きな特徴は、管理職やエンジニアマネージャー、CFO(最高財務責任者)などハイクラス求人を多く扱っていることです。

2019年に人材サービスを開始し、約1年で会員数3万人突破を果たしたことからも、多くのハイクラス人材から支持されていることが分かります。

また、年収の高い非公開求人が多いのも特徴で、企業の経営・事業戦略に携わるハイポジション求人などにも出会いやすく、中には年収2,000万円を超えるような高年収・キャリアアップが叶えられると評判です。

個人事業主から会社員に戻ることを決意した人が年収1,200万円をかなえた事例もあり、コロナ禍で働き方の見直しを考えている個人事業主にも登録をおすすめします。

パソナキャリア(ハイクラス)|サポート体制が丁寧と評判

200312_パソナキャリア_LP画像

『パソナキャリア(ハイクラス)』のおすすめポイント

  • 4万5,000件以上の求人の約半数が年収800万円超えのハイクラス求人
  • パソナキャリア独占求人は800件以上!ここでしか出会えない企業求人もある
  • 4年連続利用者満足度No.1!コンサルタントのサポート力に定評あり

パソナキャリア(ハイクラス)』は、大手人材サービス会社パソナキャリアが運営するハイクラス向け転職エージェントです。

4万5,000件以上ある求人の約半数が年収800万円超えのハイクラス求人であり、登録するだけでハイクラス転職に一歩近づくことができます。

また、『パソナキャリア(ハイクラス)では800件以上の独占求人を保有しており、希少な求人を求めて登録する方も数多くいます。

なにより、注目すべきなのが利用者満足度の高さです。

2019~2022年オリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門において4年連続総合1位を獲得し、実績と信頼を兼ね揃えたサービスであることは疑いようがありません。

転職にあたって綿密なサポートを期待している場合は、まずこの『パソナキャリア(ハイクラス)』を選ぶべきでしょう。

ランスタッド|世界最大級の外資転職エージェント。年収800万円以上の外資求人が豊富

ランスタッド

『ランスタッド』のおすすめポイント

  • 世界最大級の転職エージェントのコネクションで国内・外の企業求人を多数保有
  • 求人情報の約80%は非公開!年収800万円以上の求人も豊富
  • 各業界に精通したコンサルタントから専門的なアドバイスがもらえると評判

ランスタッド』は、オランダに本社を置き世界38の国と地域にて、年間20万人の転職サポート実績を持つ世界最大級の外資系転職エージェントです。

世界規模でビジネスを展開する『ランスタッド』は、国内企業はもちろんのこと、ローバル企業・外資系企業に強いコネクションを有しています。

それゆえ、グローバル企業や外資系企業のハイクラス求人が豊富で、なかには『ランスタッドにしかない独占求人も存在するのです。

国際的に有名な企業のグローバル採用プロジェクトに関連する求人も掲載されており、クロスボーダーな活躍を志望するハイクラス人材の転職に適しています。

サポート体制も充実しており、各業界を知り尽くした専任コンサルタントから受けられる専門的なアドバイスには定評があります

JACリクルートメント|エグゼクティブ転職実績No.1。外資系の転職に強く、サポートも充実

『JACリクルートメント』のおすすめポイント

  • ハイクラス人材・グローバル人材・ミドルクラス層に特化したサービスを提供
  • 30年以上にわたり、約43万人を超える求職者の転職支援実績をもつ
  • ハイクラス・ミドルクラス転職部門において4年連続利用者満足度No1

JACリクルートメント』は、ロンドンが発祥の転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1を誇ります。

イギリスとアジア11カ国に広がる独自のネットワークを持っており、各国のJACグループ拠点と密な情報交換を行うことで、日本にいながら現地の情報に基づいた鮮度の高い転職情報を取得することが可能です。

ハイクラス人材・グローバル人材・ミドルクラス層に特化することで、クオリティの高いサービスの提供に努めており、対象となる利用者からは高い評価が寄せられています。

実際に、2019〜2022年オリコン顧客満足度調査では、ハイクラス・ミドルクラス部門で4年連続1位を獲得しており、専門性の高さはお墨付きです。

在籍するコンサルタントは各業界・職種の専門知識と経営者視点を持つ少数精鋭のエキスパートばかりで、心強い存在であることは間違いありません。

また、通常の転職エージェントでは、求職者の担当アドバイザーと企業から求人を獲得してくる営業担当は人員が異なりますが、JACリクルートメントではその両方を同じ人が担います。

そのため、シームレスなやり取りが可能となり、応募先企業との円滑なコミュニケーションや緻密な選考対策・アドバイスを受けることが可能となるのです。

8-2. 【職種特化型】転職サービス

ハイクラス特化の転職サービスの場合、職種によっては十分な求人数がなく満足できないこともあります。

実際の口コミでも「全体の求人数は多いものの、自分が希望する職種の求人は少なかった」という声がありました。

そのため、ハイクラス転職では、ハイクラス特化型の転職サービスとあわせて、職種特化型の転職サービスを利用するのがおすすめです。

ここでは、職種特化型の転職サービスについて次の4つを紹介します。

管理部門・バックオフィス:転職SYNCA

管理部門・バックオフィス特化型転職サイト『転職SYNCA』

『転職SYNCA』のおすすめポイント

  • 稀少な管理部門・バックオフィス特化の転職サイト
  • 求人サイト機能に加え、希望時のみエージェント相談も可という良いとこ取り
  • 中小・大手からベンチャーまで幅広い企業の求人が充実

転職SYNCA(シンカ)』は、経理・財務・人事・労務・法務といった管理部門・バックオフィス部門特化の転職サイトです。

掲載されている求人情報は中小企業から大手企業、ベンチャー企業のものまで幅広く特にITベンチャーやメガベンチャーからの求人情報が充実しているという特徴があります。

また『転職SYNCA』に求人情報を載せている企業には先進的な社風で事業も好調なところが多く、全企業がカジュアル面談OK、掲載企業のおよそ70%以上がリモートワーク対応企業であるなど、今日の転職市場・働き方へ柔軟に対応できる企業が多く集まっている点も注目ポイントです。

また求人広告型サイト(利用者自身で求人検索を行い、応募するサイト)であるため自分のペースで転職活動を進められることはもちろん、希望する場合にはエージェント(キャリアアドバイザー)へ質問・相談を行い、サポートを受けることが可能です。

転職エージェントから頻回な連絡を受けるなど、自分のペースを乱されるのは好ましくない
でも、自分が必要だと思うときだけ相談やサポートを受けられると嬉しい
という、求人サイト・転職エージェント双方のメリットを兼ね備えている点に、『転職SYNCA』の特長があります。

全職種の掲載求人数は400-500社と極端に多くはないながらも、以下のような求人が公開されており、有力な応募先を選ぶにあたって十分な質・量があると言えるでしょう。

『転職SYNCA』で見られる求人の例

  • 急成長ベンチャーの人事担当
  • ユニコーン企業の採用リーダー
  • 有名IT企業のリクルーター
  • 有名ファッションブランドの人事労務スタッフ

〔出典〕『転職SYNCA』求人検索システムによるCareer Theory編集部調べ,2022年3月14日.

このように『転職SYNCA』には新進気鋭のユニコーン企業や大手ベンチャー企業からの募集が多いため、特に企業カルチャーを創り上げるところから貢献したい新しい組織を造り上げる戦略工程から担いたいという求職者は必見のサービスです。

このほか有名企業の求人情報も多数保有しており、ポジションとしてもジュニア~ミドルクラス/メンバーレベルからハイクラスまで幅広く扱われているので、管理部門・バックオフィス部門でのキャリアアップを目指す人は必ずチェックしましょう。

金融・コンサル:KOTORA(コトラ)

『KOTORA』のおすすめポイント

  • 金融・コンサルティング分野の業界出身コンサルタントがサポートしてくれる
  • 各業界の細かなビジネスマーケット単位での動向にまで詳しい
  • 求人検索の絞り込み項目が精緻でGood!

KOTORA(コトラ)』は、ハイクラス人材・プロフェッショナル人材の転職に特化した転職エージェントです。

KOTORA(コトラ)が得意とする分野は、業種としては金融・コンサルティング・IT/Web/製造業に強みを持ち、加えて経営幹部(エグゼクティブ)や管理系ビジネス(管理部門や経営企画・マーケティング等)の転職サポートも注力分野の1つです。

特に金融業界・コンサルティング業界については豊富な求人数を有しており、それぞれにハイクラス・ハイポジションの求人案件が多数含まれています

また、求人検索システムで細かな業種・職種まで絞り込めるのもKOTORA(コトラ)の特長です。

たとえば金融業界ならば「ESG評価」「DCM&ECM」、コンサルティングなら「戦略コンサルタント」「財務コンサルタント」から「事業再生コンサルタント」まで、トレンディなものも含めてさまざまな角度から検索することができます。

在籍コンサルタントも各業界出身者ばかりなので、最新の事情に精通したプロフェッショナルからの支援を受けたい人に強くおすすめのサービスです。

士業:MS Agent

『MS Agent』のおすすめポイント

  • 管理部門・士業特化型30年以上の実績とノウハウを活かした転職支援
  • 『MS Agent』にしかない限定非公開求人を保有
  • 職種ごとに精通したアドバイザーがキャリアを徹底サポート

MS Agent』は、経理・人事・法務などの管理部門と、会計士・税理士・弁護士などの士業に特化した転職エージェントです。

職種や資格から求人を詳細に検索でき、自分に合った求人を見つけられます。

求人数の9割が非公開で、ここでしか見つけられない求人ばかりです。

さらに保有する求人のうち、年収500万円以上は約5割、年収700万円以上は約2割となっています。

実際に利用して、キャリア・年収アップを実現している人も多いです。

IT・エンジニア:レバテックキャリア

レバテックキャリア

『レバテックキャリア』のおすすめポイント

  • IT・Web業界/エンジニアのハイクラス求人にとても強い
  • 担当アドバイザーが業界通で信頼感・安心感大!
  • 大幅キャリアアップの実績も豊富

レバテックキャリア』は、ハイクラスのITエンジニア求人を扱う転職エージェントです。

験を活かしてさらにキャリアアップしたいITエンジニアやWebデザイナーの転職におすすめです。

「SIerから自社開発エンジニア」といったキャリアチェンジ実績もあり、実際に利用者の7割が年収アップを実現しています。

業界最大級の求人を保有しており、8割が年収600万円以上の高年収求人です。

その背景には同社が築き上げてきた企業との信頼関係があり、IT・Web関連企業の人事やプロジェクトマネージャーと年間3,000回のミーティングを行うことで強固なコネクションを確立し、高給与求人や希少性が高いポジションの求人を獲得しているのです。

担当アドバイザーたちのIT・Web業界に関する精通ぶりも好評で、「何でも聞けて安心」「職種の事情までよく分かってくれて助かった」と満足の声も高いです。

職務経歴書の添削や面接アドバイスはもちろん、対応の早さにも定評があり、中には最短2週間で内定を獲得したエンジニアもいるようです。

幅広い選択肢の中から、自分のキャリアにぴったりの職場を選ぶことができるおすすめのIT転職エージェントです。

9. まとめ

ビズリーチ』の評判について紹介してきました。最後に内容をまとめます。

結論として、ビズリーチ』は「ハイクラス案件が豊富で高品質」と評判で、能力や実績に自信がある人こそ利用すべき転職サイトです。

あらためて、『ビズリーチ』の利用者から寄せられた『ビズリーチの良い評判・悪い評判を比較してみましょう。

ビズリーチの良い評判
  • ハイクラスの求人が豊富で質も高い
  • ヘッドハンターが親身に対応してくれる
  • 年収や待遇のアップを実現しやすい
ビズリーチの悪い評判
  • 即戦力になる人材でなければ採用されにくい
  • サポート体制がない
  • 職務経歴等を細かく記入するのが面倒
  • プランによってお金がかかる

これらの評判・口コミから導かれる『ビズリーチ』の利用が向いている人・向いていない人の特徴は、それぞれ以下の通りです。

ビズリーチの利用が向いている人
  • 能力や実績に自信があり、ハイクラスへのキャリアアップを目指す人
  • 自分で自己分析や選考対策を進めていける人
  • キャリアを築いてきた30代~40代の人
  • 都市圏で転職したい人
ビズリーチの利用が向いていない人
  • 未経験者歓迎の求人を探している人
  • 能力や職歴に不安がある人
  • エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めたい人
  • 地方で転職したい人

ビズリーチ』の良い評判と悪い評判を踏まえ、向き不向きの特徴を参考にあなたに適しているかを判断してみてください。

キャリアに自信があり自身の市場価値を最大限発揮できる転職を目指す人は、『ビズリーチ』を利用して理想のキャリアを実現しましょう。

 

また、『ビズリーチ』を使って転職を進めるにあたっては、他の転職サイトと併用することで、効率的に転職活動を進めたり、選択肢を増やしたりできると期待できます。

ハイクラス特化型の転職サイト業種・職種特化型の転職サイトを厳選したので、自身に合うものを選んで登録しておきましょう。

←左右にスワイプして比較することができます→

サービス名リクルートダイレクトスカウト ロゴ
リクルートダイレクトスカウト
ix転職 評判
看X転職
パソナキャリア ロゴ
パソナキャリア(ハイクラス)
ランスタッド ロゴ
randstad(ランスタッド)
jaclogo
JACリクルートメント
転職SYNCA(シンカ)コトラ ロゴ
KOTORA(コトラ)
MS Agentレバテックキャリアレバテックキャリア
総合評価

4.6点

4.1点

4.2点

4.5点

3.8点

4.2点

4.3点

公開求人数約29.6万件非公開
約1.3万件約6,700件
約1.5万件約500件約1.8万件約7,000件約1.7件
特徴
  • 利圧倒的な求人数
  • 年収800万円~2,000万円求人が多い
  • CxO・中核ポジションに強い
  • ハイクラスに特化した腕利きハンターに出会える
  • 求人の半数が年収800万円超え
    独占求人800件以上
  • オリコン満足度4年連続No. 1
  • グローバルに活躍する人材企業
  • とにかく対応がスピーディと利用者から好評
  • 外資に強いハイクラス向けサービス
  • エグゼクティブ・スペシャリストの転職には特に強い
  • 管理職・バックオフィスに特化
  • 中小大手・ベンチャーなど幅広い企業に対応
  • 金融・コンサル業等に強み
  • 業界出身者のアドバイザーによる実践的なサポート
  • 管理部門・士業に特化
  • 職種ごとに特化したアドバイザーが在籍
  • IT・Web業界のエンジニア特化
  • エンジニアのハイクラス転職ならまずココ
おすすめな人
  • たくさんの選択肢を得たい
  • ヘッドハンターの提案力も重視
  • エグゼクティブ・管理職
  • 年収1,000万円以上を目指す
  • 丁寧なサポートが欲しい
  • 内資・外資問わず色々見たい
  • 外資・グローバル企業を志望
  • クロスボーダーに活躍したい
  • エグゼクティブ・スペシャリスト
  • 外資・グローバル企業志望
  • 人事・管理部
  • 企業文化の形成に携わりたい
  • 金融・コンサルティング業界
  • 業界に詳しい人にサポートしてほしい
  • 弁護士ほか士業
  • 企業の管理部門志望
  • IT・Web業界経験者
  • エンジニア経験者
公式サイト
解説

※求人数:2022年09月更新

あえて1つに絞るのであれば、まずあ『リクルートダイレクトスカウト』を選ぶと良いでしょう。

ハイクラス向けのヘッドハンティング型転職サイトでは特に人気のサービスで、提案力や求人の質も高いと評判です。

 

本記事が読者の皆様の転職活動にお役に立てることを願っています。

あなたの転職エージェントの感想を教えてください

当サイトでは、皆さんの転職エージェントの評価・感想を募集しております。

下記のリンク先のページから、感想をご入力いただければ幸いです。ご協力お願いいたします。

評判を投稿する