保険業界へ転職していいの?後悔しないキャリアのための第一歩

「保険業界って転職先としてどうなんだろう」「ノルマばかりで厳しそう」など保険業界への転職はどうなのか気になりますよね?

長年、転職コンサルタントとして働いてきた私から言わせていただくと、思い立った今、何か行動を起こさないと将来きっと後悔するので、まずは一歩踏み出すべきです。

その理由や最高の第一歩をこのページで、以下の流れで紹介します。

  1. 保険業界へは気軽に一歩踏み出してみよう
  2. 相談相手を作るところから始めよう
  3. 保険業界に興味がある方におすすめの転職エージェント5選
  4. 保険業界への転職でよくあるQ&A3選

何も行動せずに将来後悔しないように、また「行動して心からよかった」と思えるようにこのページでお伝えするポイントをご一読頂ければと思います。

このページでは「保険業界への転職」を解説していきますが、「転職時の健康保険の手続き」を知りたい方は、ページの最後「参考.転職時は健康保険をどうすればいい?」を見てください。


<2019年9月:最新情報>

9月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。

なぜなら、下期の経営計画を支えるために、中途採用の求人数が増えるからです。

ただ、その分ライバルも増えるので、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビ』『doda』など)に登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後、転職エージェントからの連絡にしっかりと対応することがポイントです。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。

1. 保険業界へは気軽に一歩踏み出してみよう

多くの方が保険業界に興味を持っていますが「ノルマが厳しそう」などという理由で踏み切れずにいるようです。

私はプロとして、興味を持った今こそ保険業界へ気軽に一歩踏み出すべきだと考えています。

それには以下の3つの理由があるからです。

  • 保険の仕事がすごくフィットして転職に成功した人がたくさんいるから
  • 今何かしなければ一生後悔するかもしれないから
  • 保険業界を諦めてもスッキリしている人がたくさんいるから

1-1. 保険の仕事がすごくフィットして転職に成功した人がたくさんいるから

口コミ・評判

I さん(32歳)
全くの異業界からのチャレンジでしたが、営業力には自身があったのでチャレンジをしてみました。
営業職での入社後、保険を扱う楽しさを感じ、毎日やりがいを感じながら働けています。
入社してすぐに歩合で前職の給料は越え、年収で見ると最初の年は倍くらいになりました。

口コミ・評判

U さん(27歳)
私はもともと保険の営業に全く興味がありませんでしたが、向いていると転職エージェントの方に行っていただき、トライしてみました。
もともと人と話すのが好きだったので、入社を決め、必死に保険の勉強をしました。
異業種からの転職でしたが、今では部内一番の成績を残し、年収もかなり上がりました。

保険業界、特に生命保険の業界では厳しいノルマが課せられるのは事実です。

しかしながら、多くの保険会社であなたが目標を達成するための体制が整っています。そして高い成果を収めた人はものすごい額の報酬を得ています

異業界からの転職をした方でも成功している人は多数おり、やればやるだけお金がもらえる”夢のある業界“とも言えます。

また、あなたに適性がないと判断されればそもそも選考に通らないので、興味があってまだ選考を受けていない方は「試しに」受けてみて適性を確かめてもいいでしょう。

すでに内定を頂いている方などは「適性がある」と評価された可能性が極めて高いので前向きに検討してみましょう。

1-2. 転職せずにずっと後悔している人もいるから

口コミ・評判

S さん(38歳)
5年ほど前に友人に誘いを受けた保険会社も考えたことがあります。
しかし、やはりノルマが不安で、一歩踏み切れませんでした。
異業種に転職しましたが、保険会社で働くその友人はやりがいもあり毎日充実してそうです。
どこまでできるのか試さずに、チャレンジすらしなかったことを後悔しています

Sさんは友人からの誘いで、一度保険会社を考えましたが、厳しいノルマが課せられるというイメージから踏み切りませんでした。

チャレンジをしなかったことで、そもそも自分がどこまでできるのかを確かめることもできず、日々モヤモヤしているとのことです。

こういった将来後悔しないためにも、できることから気軽にスタートさせてみましょう。

1-3. 保険業界を諦めてもスッキリしている人がたくさんいるから

口コミ・評判

T さん(29歳)
今の会社に給与面や休日出勤で不満を持っていて転職を考えてみました。
保険会社含め、いくつか興味のある業界があったので受ける中で、他社の求人や口コミを見ると意外にうちの会社悪くないんじゃないかと考えるようになりました。
また、その中でも「ここに行きたい!」と思えるような会社は全滅しましたが、逆に「今の自分にはこの会社が一番いい選択肢なんだ」と考えるようになり、前までよりも仕事に打ち込めるようになりました。

この男性は、保険業界を目指して軽い気持ちで転職活動をした結果、以下の理由で満足して今の会社を続けられるようになりました。

  • 今の会社を外から見たらそこまで悪い会社じゃないことに気づいた
  • 選考を受けてダメだったことから転職への未練がなくなった

以上のようにとりあえず転職活動をして、その結果「残る」という決断をしても、その後の会社員生活にプラスに働くケースはすごく多いです。

もちろん転職活動をしても今の会社にバレることはないので、保険業界に興味を持ったら軽い気持ちで転職を考えてみることをおすすめします。

まとめ. 思い立った今、行動しましょう!

この章で言いたかったのは、転職について考えた今、なるべく早く一歩目を踏み出そうということです。

多くの方が転職のような面倒なことを後回しにしがちですが、思い立った今動かないと「今のままでいいや」という感覚が芽生えこのままズルズルいく可能性が高いです。

そうすると5年後、10年後に思い出した時ずっと後悔することになってしまいます。

特に異業種・異職種から保険の仕事に興味がある方は後になればなるほど不利になります。

次の章で手軽で確実な「一歩目の行動」を紹介するので気軽な気持ちで踏み出してみましょう。

2. 相談相手を作るところから始めよう

一概に保険といっても、以下のように幅広いキャリアがあり、求められるスキルも仕事内容や社風も全然違います。

ちなみに、同じ日系の生命保険会社でも社風が全然違います。

業種の違い
  • 生命保険
  • 損害保険
  • 保険代理店
資本の違い
  • 日系企業
  • 外資系企業
職種の違い
  • 営業職
  • 商品開発 など

あなたは保険業界に進むべきなのか、保険業界でもどの分野を目指すべきなのか、またそもそも転職すべきか、ご自身で決めることはなかなか難しいでしょう。

そこで、上記のようなことを手軽に相談できる相談相手を作るようにしましょう。

2-1. 相談相手は詳しい人が好ましい

転職の相談相手は誰でもいいわけではなく、以下のような2つの条件を満たすような人でないときっと後悔します。

  • 保険業界について詳しい
  • 転職について詳しい

また、転職に関してだけではなく、保険の業界について詳しくなければいいアドバイスがもらえないでしょう。

転職の相談ですから、人事の方や人材会社に所属しているような転職に詳しい人でないとあまり役に立たないかもしれません。

そのため、まずはこの条件を満たす方に2~3人相談してみることをおすすめします。

ただし、ヘッドハンティングとして接触してきた相手だと流されてしまうことも多いので、相談相手に選ぶことは避けましょう

とはいっても、身近にこれを満たす人はいない!という方も多いと思うので、そういった方向けの無料で使えるサービスを紹介します。

2-2. 転職エージェントというサービス

転職エージェントという完全無料で使えるサービスがあり、保険業界に進む多くの方がこのサービスを使って転職のプロに転職の相談をしています。

転職エージェントは、よくある求人サイトとは違い、登録すると担当者がつき、その方に相談しながら保険業界に転職するかどうから、どこを受けるかを一緒に決めることができます。

そもそも転職すべきなのかという軽い気持ちでサービスを利用する方がすごく多いです。

いい転職エージェントに巡り会えれば以下の男性のようにキャリアにすごくプラスになります。

口コミ・評判

I さん(31歳)
前の仕事に不満を持つ中で、生命保険業界はどうかなと漠然と考えるようになりました。
なんとなく、転職エージェントに相談に行くと、私の会社への悩みをすごく深いところまで聞いてくれました。
担当のYさんは「Iさんは保険業界に行くともっと悩むかもしれません」と言われ、IT業界や広告業界のベンチャー企業の求人を見せてくれました。
なんで、保険業界ではないのか、またなぜベンチャーなのかはとことん説明をしてもらい、それならとチャレンジしてみました。
入社したのは私が求めるものが全て満たされた会社で、本当に毎日充実して働けています。
内定時自分のことのように喜んでくれたYさんには感謝しかありません。

転職エージェントは色々ありますが、保険業界を考える人に向いているエージェントもあります。

そういったところは保険業界の求人が豊富だったり、過去にたくさんの方を保険業界に転職成功させてきた実績があるので、保険業界を目指す時も転職への成功率がぐっと高まります。

また、どういった人が転職し、その後どうなったのかもわかるので、それを踏まえてアドバイスをくれます。

上記の男性のように、今の悩みを打ち明けたところ、保険業界以外の向いている業種を提案してくれるということも多々あります。

2-3. 他にもこんなサポートをしてくれる

転職エージェントは担当者が身近な相談相手になってくれるだけでなく、もし転職を決意したときは以下のようなサポートをしてくれます。

  • 履歴書・職務経歴書の作成(添削)
  • 求人探し
  • 求人の応募手続き
  • 面接の日程調整
  • 配属先の交渉
  • 給与・ポジションの交渉
  • 雇用契約書の確認
  • 入社関連手続き

転職活動で面倒なことは全て自分の代わりにやってくれて、本番面接以外で企業と直接やりとりすることはほぼありません。

今の仕事やプライベートとこれらの面倒な手続きを両立させることは非常に苦労します。そのため、手間を少しでも減らすために転職エージェントはおすすめです。

身近に頼りになる相談相手がいる!という方も求人をもらったり、手続きを代理でしてもらうために転職エージェントを使ってみるのもいいかもしれません。

こんな便利なサービスですが、完全無料で使えるので試しに使ってみることにデメリットは特にありません。ただし、きちんと仕組みを理解してから使いたい方は「転職エージェントとは|1から理解し使いこなすための全知識」を参考にしてみてください。

参考. 転職求人サイトとはどう違うの?

リクナビNEXT」など、いわゆる求人を検索する「転職求人サイト」と呼ばれるものとの一番の違いが、転職求人サイトでは相談できる担当者がつかないということです。

そのため基本的に、相談相手を探すためにも、まずは次の章で紹介しているような「転職エージェント」の中から選ぶようにしましょう。

保険業界への転職を成功された多くのみなさんは次の章で紹介するような「転職エージェント」を使っています

3. 保険業界に興味がある方におすすめの転職エージェント5選

保険業界に少しでも興味がある方は軽い気持ちで転職エージェントに登録すべきですが、正直どこに登録をしてもいいというわけではありません。

選び方を間違えると、「相談をほとんど聞いてくれない」「転職を決めた時に保険業界の転職先を全然紹介してくれない」などという事態になりかねません。

そこで、以下のポイントを意識しながら転職エージェントを選ぶといいでしょう。

  • 「保険業界に転職すべき?」というところから相談に乗ってくれる
  • 保険業界への実績や求人がたくさんあり頼りになる
  • 保険業界以外の求人も豊富で幅広い選択肢がある

これらを基準に転職エージェントを絞り、転職エージェントの特徴を踏まえ、以下の5社を紹介をしていきます。

マイナビエージェント|20~30代の方におすすめの1社

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54
マイナビエージェント』は、中小企業の案件にも強い大手エージェントです。

それぞれの業界の基礎知識や、面接対策、履歴書の添削など、つまづきがちなポイントについて個別にアドバイスをくれますので、転職を考え始めた段階で必ず登録しておきたいエージェントです。

特に20代~30代向けの案件が多いので、該当の方は必ず登録したい一社です。

マイナビエージェント公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

※マイナビも派遣などもサービスとして扱っており、正社員転職を目指していたのに、知らあずのうちに派遣社員の面接を受けていた…という事例も時々ありますから、登録先には十分に注意しましょう。

パソナキャリア|特に親身に相談に乗ってくれる1社

パソナキャリア

『パソナキャリア』は、人材大手のパソナが運営する転職エージェントで、年収400万円以上の案件を多く取り扱っています。

実際に、我々が500人を対象にした転職エージェントの評判に関するアンケートでも、サポート体制の評価はNo.1と親身な転職者サポートを実現しているようです。

具体的には、下記のような口コミが多数見受けられ、転職しようか悩んでいる方から、転職が不安な方まで多くの方におすすめのサービスです。

  • 親身に転職相談にのってくれる
  • 誰に対しても履歴書・職務経歴書添削・面接対策などのサポート体制が丁寧

パソナキャリア公式サイト:http://pasonacareer.jp/

※パソナは派遣もサービスとして扱っており、正社員転職を目指していたのに、知らずのうちに派遣社員の面接を受けていた…という事例も時々ありますから、登録先には十分に注意しましょう。

JACリクルートメント|キャリアに自信があれば使うべき1社

スクリーンショット 2015-10-11 20.58.42

JACリクルートメント』は、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1で、ハイキャリア案件については間違いなくトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの役職や技術系のスペシャリスト求人に関して強みを発揮します。

キャリアや経験にある程度の自信がある方は、そのキャリアを活かすためにも必ず登録すべき1社です。

JACリクルートメント公式サイト:
http://jac-recruitment.jp/

doda|業界最大級のエージェントで、求人の質・量ともに申し分ない

スクリーンショット 2016-07-31 23.55.58

doda』は、ミイダスと同じ、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

手厚いカウンセリングを始め、職務経歴書・面接対策といった実践的なサポートが素晴らしいと評判ですので転職を考える全ての方におすすめです。

doda公式サイト:http://doda.jp/

※dodaは派遣もサービスとして扱っており、正社員転職を目指していたのに、知らずのうちに派遣社員の面接を受けていた…という事例も時々ありますから、登録先には十分に注意しましょう。

リクルートエージェント|業界大手、担当に差があるのが懸念

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、案件総数・内定決定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルなので、キャリアに自信がなくても問題なく求人を探すことができます。

Uターン転職や、第2新卒、狭い業界での転職、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合も、リクルートエージェントであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられました

『マイナビ』『パソナキャリア』『doda』『JAC』などの転職エージェントと組み合わせて使うようことをおすすめします。

リクルートエージェント公式サイト:https://www.r-agent.com/

4. 保険業界への転職でよくあるQ&A3選

保険業界へ転職を考える方からよくいただく質問に回答をして行きたいと思います。

4-1. 保険業界のいい面と悪い面が知りたいです

保険業界の中でも、生命保険業界に対しては色々な噂を聞くことが多いのではないでしょうか。

正直生命保険業界で働くことにはいい面と悪い面があります。

私が担当してきた方の中で保険業界を経験されてきた方からの声を紹介していきます。

口コミでわかる保険業界のいい面

まずいい口コミとしては、以下のような声がありました。

  • 勤務時間が柔軟に調整しやすい(40代 女性)
  • 頑張った分だけ見返りがありました(30代 男性)
  • 福利厚生が充実している気がする(30代 女性)
  • スキルがついていくので、将来の心配があまりない(20代 男性)

以上のように、歩合の部分が大きいことから頑張った分はきちんと給料に反映されることが最も多くあった声です。

また、専門スキルがつくからクビになっても違う保険業界の会社に入れるという「安定」を感じている方もいらっしゃいました。

口コミでわかる保険業界の悪い面

反対に悪い面としては以下のような声がありました。

  • 数字が出なければ休日も返上で働かなければならない(30代 女性)
  • 常にノルマで頭がいっぱいなので気が休まらない(20代 女性)
  • 保険以外のスキルが身につかない気がする(20代 男性)
  • お客様とのお茶代など自腹が多い(30代 女性)

以上のようにやはり数字にはシビアな部分が不満として挙げられました。

また汎用的なスキルが身につかないことなども挙げられ、これらが直接的な退職理由になっているようです。

いい面でも悪い意味でも実力主義であることが保険業界の特徴です。

しかし、専門的なスキルが身につくので、今後のキャリアのためにもなります。

本当に受けるべきかは転職エージェントに相談しながら決めていきましょう。

4-2. 営業職は本当に徹底的な成果主義なの?

保険会社によっても大きく異なるので、一概には言えませんが、「完全歩合制」の会社も多いです。

ただし、そういった企業であっても会社は手を差し伸べてくれます。

例えば某生命保険会社は最初の2年間はベースの給料が比較的高い水準で出るので、その期間に多くの営業マンがお客様を捕まえています。

ベースの部分は徐々に減っていきますが、その期間に保険営業の基礎を学べ、会社もきちんと研修をしてくれるので「成果を出しやすい環境」は整っています。

ただ、成果が出せなくてやめていく方がいるのも事実です。あなたが保険営業に適しているのかどうかも含め軽い気持ちで相談に行きましょう。

4-3. 未経験でもやっていけますか?

生命保険などの営業の場合、未経験でも十分に狙えます。結婚してからや育児を終えてから未経験として飛び込む女性もたくさんいます。

ただ、その後活躍できるかはその人次第になっていきます。

未経験の場合、これまでのキャリアを活かせる仕事についた方が幸せになれる可能性が高いです。

また、周りに追いつくためにも、それなりの覚悟を持っての転職が必要です。そのため、この点も含めて転職エージェントに軽く相談しましょう。

参考.転職時は健康保険をどうすればいい?

業界に限らず「転職時に健康保険はどうすればいいか」という質問をよく受けていました。

結論から言うと、

  • 退職した翌日に入社するのであれば、次の会社の指示に従う
  • ブランクがあるのなら、自分で手続きをする

以上のようになります。

1点目のポイントは、入社前に先方の人事担当者に確認をしておきましょう

基本的に面倒な手続きはあまりないので会社の指示通りやれば問題無いです。

ただ、2点目のポイントは、手続きを誤ると月に1万円も損するケースもあります。

確実に手続きを行うために「知らないと月1万も損!5分でわかる退職時の健康保険全知識」を参考に手続きをしましょう。

5. まとめ

保険業界への転職を意識し始めた方に向けて私なりのアドバイスを紹介してきましたがいかがでしたか?

保険業界に限らず多くの方が転職に興味を持ちつつも転職に踏み切らずに後から後悔しています。

転職するしないに限らず、まずは一歩踏み出してみることが後から後悔しないためには大切です。

第一歩として「転職に詳しい人に相談する」のがいいと思いますが、身近にいない方は以下のようなエージェントに登録して、転職のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

このエージェントの中からあなたに合いそうなものをいくつか登録してみてまずは担当者に相談してみることが最高の第一歩になるはずです。

あなたのキャリアが素晴らしいものになることを心から祈っています。