プロが教える40代のための転職エージェント完全マニュアル

40代 転職エージェント

40代に強い転職エージェントはいったいどこなんだろうと探していませんか?

結論から言うと、40代の転職は、自分のキャリアに自信があるかどうかでとるべき戦略が180度変わってきます。そして、その戦略を理解していないと「登録したのに全く連絡がこない…」「自分に合わない低いレベルの求人しか紹介してくれない…」などの問題が起こってきてしまいます。

このページでは、現役転職エージェントとして数多くの40代の転職者を成功に導いてきた経験から、以下の4つのことをご紹介します。

  1. 40代の転職で成功する転職エージェントの選び方
  2. 40代におすすめの転職エージェント8選
  3. キャリアに自信がある人向け:おすすめ転職エージェント4選
  4. 転職エージェントの活用するための9つのポイント

全て読めば、転職エージェントから自分に合った求人を紹介してもらって、転職を成功させることができるでしょう。

1. 40代の転職で成功する転職エージェントの選び方

自分のキャリアに「自信がない/ある」によって、40代の転職エージェント選びは180度変わります。

1-1. 自分のキャリアに自信があると言い切れない人

40代の転職では、よほどキャリアに自信のある人でないと転職は厳しいです。

そのため、とにかく求人数を集めて、数多く応募していくことが40代が転職で成功するためのコツです。そのために、求人数が多く信用できる転職エージェントにはできる限り登録して、担当のコンサルタントと良好な関係を築くのが重要ポイントです。

さらに、「40代に強い転職エージェントはいないの?」とよく聞かれるのですが、正直そこまで40代に強いサービスというのは聞いたことがありません。40代以上に特化したリクルート系列の転職エージェントもありましたが、採算が合わず撤退しました。

40代に特化していなくても、大手で求人数の多い転職エージェントを登録しておけば全く問題ありません。

注:自分の市場価値を再確認しよう!

40代は経験が豊富なので、自分では気づけないキャリアの価値があります。スカウト型の転職エージェントであれば、そこにしっかりと価値を見出してくることも多いです。
なので、自信があると言い切れない人も『ビズリーチ』などに登録すれば、自分の価値を再確認することができることもあるのでおすすめです。

転職エージェントを可能な限り多く利用すべき理由は「40代の求人が少ないから」

40代のための求人は、想像している以上にとても少ないです。その理由は以下の2つです。

理由1. 40代への求人は管理職や管理能力を期待した求人になる

企業から見て、40代の方を採用するのはその管理能力を期待してということが大半です。

しかし、多くの会社はピラミッド型の組織構造であるため、管理職などのポジションというのは非常に少ないのが現状です。

したがって、求人需要も一般社員レベルに比べれば絶対数が極めて少なくなってしまいます。

理由2. 40代への待遇として給与が相応に高くなることが多い

転職は前職の給与やその人の状況を総合して給与を決めるため、40代ともなると給与も相応に高く支払う必要が求人企業としてはあります。

そのため、提示する条件に見合うだけの人材であるのかということを求人企業はしっかりと見極めようとします。

さらに、そもそも企業はこのリスクに対して、採用する代わりにマネージメントを含めて外注した方がいいのかを天秤にかけることが多く、40代の転職求人を出すことに消極的な企業が多いのです。

1-2. 自分のキャリアに自信がある人

自分のキャリアに自信のある人(管理職以上・高度なスキルがある人)は、そのクラスに特化した転職エージェントがあるので、そちらを希望する転職時期に応じて使い分けましょう。

具体的には、下記をおすすめします。

  • すぐに転職したい人は「総合転職エージェント」
  • 中長期的にじっくり転職したい人は「ヘッドハンティング型転職エージェント」

※時間に余裕があって具体的に転職を考えているのであれば、サービスは基本的に無料なのでできればどちらとも利用し、キャリアについてアドバイスをまずは受けてみるのもおすすめです。

(1)総合転職エージェント

一般的な形式のエージェントです。あなたに専任のコンサルタントが付き、エージェント内の膨大なデータベースからあなたにマッチする案件を探してきてくれて、提示してくれます。

最大のメリットは、大量の案件が常時存在するため、一気に接触できる案件数が多く、自分にあった求人を迅速に見つけたり、比較できることです。

総合転職エージェント

具体的に転職エージェントをどのように選んだら良いか、どこに登録したら良いかは第2章でお伝えします。

(2)ヘッドハンティング型転職エージェント

エグゼクティブ転職特有のスタイルで、あなたに専任コンサルタントは付かず、あなたの条件にあわせてコンサルタント(ヘッドハンター)から連絡が来る形式です。

ヘッドハンティング型

最大のメリットは、総合転職エージェントでは触れることのできない、エグゼクティブの中でもさらにハイクラスな案件と出会うことができることです。

なぜなら、エグゼクティブの求人は重要な事業戦略に紐付いているので公にはしたくないため、こっそり内々にエージェント(ヘッドハンター)に頼むことが多いからです。

そのような内々の案件をExclusive案件と呼んでおり、総合転職エージェントのデータベースにはほとんど掲載されないと言っても良いでしょう。

ただしエグゼクティブのExclusive案件は母数が少ないため、中長期的な転職活動となります。

2. 40代におすすめの転職エージェント5選

40代の基本的なエージェントを使った転職の方法は、信用できるエージェントにできるだけ登録することです。

大手で求人数も多く、40代の転職も成功させている転職エージェントを5社ご紹介します。

また、求人数をさらに多く集めるために転職サイトを使って求人を集めるのも同時に行うことがおすすめです。詳しくは「40代でも転職に成功するためのおすすめ転職サイトと活用法」をご参考ください。

自分のキャリアに自信がある人は「3. キャリアに自信がある人向け:おすすめ転職エージェント4選」をご覧ください。

2-1. 『Spring転職エージェント(アデコ)』|面談率100%なのでまずは登録!

Spring転職エージェント(アデコ)』は、人材派遣を中心に世界60ヶ国に拠点を持つ総合人材サービス企業です。

派遣事業を中心に行っていましたが、ここ数年は転職支援サービスにも力を入れており、40代の転職求人も多く揃えています。

転職エージェントによっては、市場価値が低いと面談を断わるケースも多いのですが、『Spring転職エージェント(アデコ)』の特徴として、面談を断られることが少ないことが挙げられます。

なので、キャリアに自信のない方も、まずは登録して相談してみることをおすすめします。

2-2. 『パソナキャリア』|親身なサポートは口コミNo.1

パソナキャリア

『パソナキャリア』は、人材大手のパソナが運営する転職エージェントです。

アデコ同様、パソナというと派遣のイメージがありますが、実は他の大手派遣会社よりも早く転職サービスに力を入れており、転職エージェントとしても優良です。

特にサポート力には定評があり、当サイトによるアンケートでもサポート部門ではNo.1なので、親身に相談にのってくれるでしょう。

2-3. 『リクルートエージェント』|求人量圧倒的No.1

リクルートエージェント

『リクルートエージェント』は、転職型エージェントの中で取り扱っている「求人数」も「転職決定実績」も日本一で、名実共に長年トップに君臨しています。

当サイトによるアンケートでも、総合ランキングでNo.1と知名度だけでない確かな実力は折り紙つきでしょう。

「40代なので面談拒否された」という噂を聞くことも多いですが、面談するかどうかの判断は担当コンサルタント次第ですので、まずは登録してみましょう。面談してもらえれば強力な味方になる転職エージェントです。

2-4. 『DODA』|リクルートに引けをとらない業界NO.2

DODA

『DODA』は、国内ではリクルートに次ぐ知名度と、「質の高い求人が豊富」と評判が高い転職エージェントです。

当サイトによるアンケートでも、総合ランキングではNo.2でリクルートと互角の人気を誇ります。

ポイントとしては、リクルートを追い越すために、取り逃しがちな40代の人も丁寧に対応してくれる担当コンサルタントも在籍していると聞くので、登録しておくとよいでしょう。

2-5. typeの人材紹介|

typeの人材紹介

『typeの人材紹介』も、30年以上も転職支援を行っている老舗の会社です。

求人数では最大手に遠く及びませんが、その分、登録者サポートの手厚さは素晴らしいです。

ポイント:業界に特化した転職エージェントも同時に検討しよう!

転職市場全体では大手でなくても、業界に特化し良質なサービスを提供する転職エージェントも存在します。

「IT」「外資系」「経理」「海外」に強い転職エージェントを別ページで紹介しておりますので、そちらの業界を志望の方はぜひご参考ください。

3. キャリアに自信がある人向け:おすすめ転職エージェント4選

キャリアに自信のある方は、無駄なく転職エージェントを選ぶべきでしょう。

総合転職エージェントで使うべき2社、ヘッドハンティング型転職エージェントで使うべき2社、合計4社について、おすすめな理由とともにご紹介します。

自分のキャリアに自信がない人は、「3. キャリアに自信がない人向け:おすすめ転職エージェント10選」をご覧ください。

3-1. 総合転職エージェントで使うべき2社

結論からいうと、国内企業での転職なら『リクルートエージェント』、外資案件をご希望なら『JAC Recruitment』をおすすめします。

転職エージェントの選定基準としては、下記2項目です。

  • 実績
  • 国内案件か、外資系案件か

転職エージェントの社格は、実績(案件数と登録者数)で決まります。

話は単純で、サービスが向上すれば登録者数が増え、登録者数が増えると多くの会社が利用し、そうなると多くの会社が登録していれば登録者数が増え、投資できるようになりサービスが向上し…と繰り返した結果だからです。

スクリーンショット 2015-11-15 15.00.35

「リクルートは何となく嫌いだけど、登録者数もダントツだし、すぐに採用しなければならないからな・・・」と、リクルート嫌いの人事もリクルートエージェントを結局使います。

業界特化型エージェントで優れている企業も確かに存在し、小さな市場(例えば看護師や士業)では強い場合がありますが、総合転職エージェントの質は実績にひもづきます。

※ただし、担当するコンサルタント次第ですので、第3章「転職エージェントを使う際に注意すべき7つのポイント」を参考にしてうまく活用しましょう。

3-2. ヘッドハンティング型転職エージェントで使うべき2社

この2社が圧倒的首位で、どちらか一つというのであれば、ヘッドハンターの数が3倍以上多い『ビズリーチ』をおすすめします。

  • ビズリーチ
  • キャリアカーバー

選定基準は、「登録しているコンサルタント(ヘッドハンター)の多さ」と「サービスの質」です。

『ビズリーチ』

スクリーンショット 2015-09-22 9.40.23

ビズリーチ』は管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。場合によっては2000万越え案件もあり、特に外資系案件に強いです。

約1700名のヘッドハンターが登録しており、数では約600名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位といえます。

一度登録し、連絡があったヘッドハンターとあってみると、あなたのキャリア観を変えるような発見があるかもしれません。

『キャリアカーバー』

スクリーンショット 2015-11-15 15.20.21

キャリアカーバー』は転職業界最大手のリクルートが運営する転職支援サービスです。

既存の転職エージェントとは全く異なる性質を持っており、登録されている約600名のコンサルタント(ヘッドハンター)のデータベースから担当者を指名することができるサービスで、ハイキャリア層にとっては最高の転職サービスです。

「指名できる」というサービスはビズリーチにはないメリットといえますが、ヘッドハンターの数や案件数でいえばビズリーチが優勢と言えます。時間があれば併用しましょう。

4. 転職エージェントの活用するための9つのポイント

4-1. エージェントに登録後は、2週間に1回くらい連絡を入れておく

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

スクリーンショット 2015-10-18 20.29.18

例えば、上記は「年齢30歳以下、転職回数1回以下、勤続年数2年以上、TOEIC780以上の営業」で検索した結果ですが、実務的な処理としては、更新日が新しい順番に20人ずつメールを送って反応をみて、応募者がいなければ次の20人へ、といったように送信していきます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

4-2. キーワードを散りばめる

登録情報に「キーワード」を散りばめることで、紹介会社のコンサルタントの目にとまる確率が高くなるのでおすすめです。

具体的に例をあげると、営業に携わっていた人なら「法人営業」「営業戦略」「XX業界」など営業に関係するキーワードを登録情報に入れておきましょう。

4-3. 10社のコンサルタントと関係を築く

転職エージェントを利用する最大の目的は、求人サイトにはない非公開求人を入手することなので、10社程度の多くのコンサルタントと良好な関係を築きましょう。

そのためには、3つのステップがあります。

Step1. 登録後すぐに紹介会社に電話をする

登録して待っていても電話がこないケースもありますので、登録したら紹介会社に電話をしましょう。

会話例:
「先ほど登録した◯◯と申します。ぜひ直接ご相談したいので、お時間をいただけないでしょうか?」

なぜかというと、転職エージェントは意欲が高い人には親身に対応してくれます。登録者が本気で転職活動をして早く採用が決まった方が、採用時に紹介料を受け取る彼らの利益にもなるからです。

Step2. コンサルタントと顔なじみになる

会ってくれるコンサルタントが見つかったら、さっそく訪問しましょう。

そのときに重要なのは、コンサルタントと「顔なじみ」になることです。基本的には転職への熱意を伝えつつ、あまり飾らずに自分の気持ちを素直に伝えて知ってもらいましょう。

Step3. 連絡がなくても週1度は連絡をとる

継続的に連絡を取り続けることがなによりも重要です。

なぜなら、連絡を取り続けないと順番が回ってこない仕組みになっているからです。

どういうことかというと、新しい求人の案件が人材紹介会社に舞い込むと、多くのコンサルタントは登録者リストを直近の順にたどり候補者を探します。しかし、登録から数週間と経ってしまえばどんどんリストの下方に追いやられてしまいます。

コンサルタントは業務量も多く、1つの案件に対して100人の応募などはざらにあります。その中でも直接話したことのある登録者は印象も違うので、声がかかりやすくなります。

4-5. とりあえず「良いところがあればすぐにでも」と言っておく

キャリアコンサルタントも売上目標があり日々追われています。コンサルタントとのファーストコンタクトで必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に「良いところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

4-6. 担当コンサルタントをシビアな目でみる

担当コンサルタントに情をうつしてはいけません。担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。

現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいコンサルタントの方と

一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4-7. 経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。コンサルタントでよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ・・・という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

4-8. 推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当コンサルタントはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではないコンサルタントの場合は経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

4-9. 同じ案件に複数のコンサルタントから応募しない

数社の転職サイトを使っている場合、同じ案件には複数のコンサルタントから応募しないようにしましょう。企業から「他の転職サイトからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

企業・担当コンサルタント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

5. まとめ

40代の転職で重要なことは、自分のキャリアによって変わります。

そこまで自分のキャリアに自信のない人は、おすすめの8社のエージェントにしっかりと登録して、とにかく数を徹底しましょう。

・おすすめエージェント8選

キャリアに自信のある人は以下の4つから自分にあった転職エージェントを登録しましょう

・すぐに転職をしたい方

・中長期的にキャリアを磨きたいと考えている方

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。