転職エージェントおすすめランキング|500人の評判比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
転職エージェント ランキング

評判が良く、自分にとっておすすめな転職エージェントをお探しですね。

ネット上では「素人が独断でランキング形式にまとめているだけ」のものが多いので、当サイトでは幅広い年齢・業種・年収帯の人たちから独自に約500人の口コミを調査し、「求人の質・量」「提案力」「サポート体制」の軸から評価したランキングを作成しました。

転職エージェントランキング元データ

全て読めば、あなたの転職を成功に導く転職エージェントに出会う確率は劇的に高まるでしょう。

<2018年12月:最新情報>

12月は、転職を有利に進めるために重要な時期です。転職希望者は冬のボーナス受給後で来年に向けて動き出しやすいタイミングであり、企業は来年に向けて動き出す時期だからです。

年が明けてから、と考える転職希望者が多いですが、その頃には人気企業の求人は既に無くなってしまっているリスクが高いため、おすすめしません。その上、転職エージェントのサポートも、手が回りきらず薄くなってしまう可能性があります。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』『リクナビNEXT』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※12月は転職エージェントの担当者も、まだ手が空いてる人が多く、親身にサポートが受けられる可能性が劇的に上がります。 登録後は、転職エージェントに流れを任せておけば、転職活動を円滑に進められるでしょう。


1転職エージェントおすすめランキング

統合的に見て最も評価が高い順に並べたランキングです。

No.doda

  • 総合評価

    3.9総合1位

  • 求人の量・質

    4.2総合1位

  • 提案力

    3.9総合2位

  • サポート体制

    3.7総合3位

『doda』は人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する、業界最大手の転職エージェントです。

口コミでは悪い評判が少なく、良い意味でも悪い意味でも、バランスの良い無難な転職エージェントです。

評判の得点が非常に高く「自分の期待以上の転職ができた」という声も多いものの、「深い相談ができなかった」「あまり時間をかけてもらえなかった」といった点も見受けられました。

転職サイトでは出ないレベルの高待遇な案件など、案件の質と量は他社を圧倒しているため全ての方におすすめできるエージェントですが、他社と一緒に使うことをおすすめします。

No.パソナキャリア

  • 総合評価

    3.9総合2位

  • 求人の量・質

    3.6総合7位

  • 提案力

    3.8総合3位

  • サポート体制

    4.2総合1位

求人数では、業界最大手の『doda』や『リクルートエージェント』には劣るものの、手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。

パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、それが社員にも浸透し、利益追求のための紹介ではなく、「サポート体制の評価はNo.1」と親身な転職者サポートを実現しているようです。

人材派遣領域で業界No.2の『パソナ』が運営しており、16,000社以上と取引実績があり、信頼できて安心です。

No.マイナビエージェント

  • 総合評価

    3.8総合3位

  • 求人の量・質

    3.8総合4位

  • 提案力

    3.6総合5位

  • サポート体制

    4総合2位

『マイナビエージェント』は、新卒の就職で圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する、今とても勢いのある転職エージェントです。

30代以降の方からの評判は優れませんでしたが、20代や第二新卒の若手からは面倒見のよさなどから評判が非常に良いです。

若手に関しては、『doda』と同じく最もおすすめの転職エージェントです。

No.JACリクルートメント

  • 総合評価

    3.8総合3位

  • 求人の量・質

    3.7総合4位

  • 提案力

    4総合1位

  • サポート体制

    3.7総合3位

『JACリクルートメント』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

『doda』や『パソナキャリア』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

No.リクルートエージェント

  • 総合評価

    3.6総合5位

  • 求人の量・質

    4.1総合2位

  • 提案力

    3.5総合7位

  • サポート体制

    3.3総合7位

『リクルートエージェント』は、老舗の総合転職エージェントで保有する求人数が大きな強みです。

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けます。

取り扱い案件が多いため、案件の取りこぼしを防ぐために登録は必須ですが、『リクルートエージェント』一社での転職活動はおすすめしません。

必ず『doda』『パソナキャリア』『マイナビ』『JAC』など他の転職エージェントとの組み合わせて使うようにしましょう。

No.Spring転職エージェント(アデコ)

  • 総合評価

    3.6総合6位

  • 求人の量・質

    3.9総合3位

  • 提案力

    3.7総合4位

  • サポート体制

    3.2総合8位

『Spring転職エージェント(アデコ)』は世界60カ国に拠点を持ち、人材派遣事業をメインに人材業界の世界No.1シェアを誇る企業です。

そのネットワークや経験を活かし、転職エージェントサービスでも「求人の量・質」「提案力」に関しては、幅広い層からトップクラスの評価を獲得しています。

『リクルートエージェント』や『doda』とは仕組みもまた違っているので、2度目以上の転職などサポートをそこまで求めない方は、登録すべき転職エージェントです。

No.type転職エージェント

  • 総合評価

    3.5総合7位

  • 求人の量・質

    3.4総合9位

  • 提案力

    3.6総合5位

  • サポート体制

    3.5総合5位

『type』は東京・神奈川・埼玉・千葉の案件を中心に取り扱う、総合転職エージェントです。

知名度としては業界最大手のリクルート、JACリクルートメント、dodaに比べると低いですが、実は1994年から運営をしている老舗エージェントです。

関東圏で転職をお考えの場合は満足度が高いようですが、求人量などを考えると、まずは『リクルートエージェント』『doda』『JACリクルートメント』といった最大手エージェントをおすすめします。

No.ワークポート

  • 総合評価

    3.4総合8位

  • 求人の量・質

    3.7総合4位

  • 提案力

    3.4総合8位

  • サポート体制

    3総合12位

『ワークポート』は、IT・Web領域に強い総合転職エージェントです。

総合力では最大手の『doda』や『JACリクルートメント』に一歩劣る印象ですが、IT・Web業界で言えば案件の質・量ともに多いとの声が多く見受けられました。

IT・ Web業界を志望する方にはおすすめですが、そうでない方はまずは『doda』や『パソナキャリア』など大手エージェントを推奨します。

No.ハタラクティブ

  • 総合評価

    3.3総合9位

  • 求人の量・質

    3.5総合8位

  • 提案力

    3.1総合12位

  • サポート体制

    3.2総合8位

『ハタラクティブ』は、第二新卒や既卒など若年層をターゲットにした特化型転職エージェントです。

未経験歓迎求人を常に1000件以上持ち、最初から「紹介できる案件はありません」と言われることはないでしょう。

まずは『dodaf』『パソナキャリア』といった大手総合転職エージェントで転職活動をしてみて、上手くいかなければ『ハタラクティブ』に登録するのがおすすめです

No.アイデムスマートエージェント

  • 総合評価

    3.2総合10位

  • 求人の量・質

    3.1総合14位

  • 提案力

    3総合14位

  • サポート体制

    3.4総合6位

『アイデムスマートエージェント』は、国内最大級の求人サイトを40年以上運営している「アイデム」の転職エージェントです。

転職エージェントを開始したのが最近のためなのか、『求人の質・量』『提案力』に関しては評価は今ひとつですが、第二新卒を中心に親身なサポート体制は高評価です。

しかし、総合力を考えると『doda』には見劣りしますし、親身さでは『パソナキャリア』が頭ひとつ抜けているので、これらのエージェントでうまくいかなかった場合に登録することがおすすめです。

No.エンエージェント

  • 総合評価

    3.1総合11位

  • 求人の量・質

    3総合15位

  • 提案力

    3.2総合11位

  • サポート体制

    3.2総合8位

『エンエージェント』は、転職・派遣・アルバイトなどの大手人材会社enジャパン社が運営する転職エージェントです。

面談前の性格テストなどサポートに力を入れていますが、立ち上げ間もない転職エージェントのため、求人数や担当の当たり外れがネックのようです。

あえて再優先で使う転職エージェントではありませんが、初めて転職される場合には『パソナキャリア』と併用する形で利用するのがおすすめです。

No.ロバートウォルターズ

  • 総合評価

    2.9総合12位

  • 求人の量・質

    3.3総合10位

  • 提案力

    3.4総合8位

  • サポート体制

    2.7総合15位

『ロバートウォルターズ』は、世界24カ国で人材紹介ビジネスを展開する外資系転職エージェントの大手です。バイリンガル・スペシャリストの転職に特化しており、グローバル企業に転職したいハイキャリア層からは絶大な支持を受けています。

バイリンガルコンサルタントが多く所属していることと、金融、IT、製造など26の分野の専門チームを用意し、専門的で高度なコンサルティングを提供しているのが特徴です。

英語に自信のある外資系志望のハイキャリア層には、おすすめのエージェントです。

No.マイケルペイジ

  • 総合評価

    3総合13位

  • 求人の量・質

    3.2総合11位

  • 提案力

    3.3総合10位

  • サポート体制

    2.6総合16位

『マイケルペイジ』は、世界34カ国で人材ビジネスを展開する外資系転職エージェントの大手です。

外資系エージェント特有ですが、高収入でですぐに転職が決まりそうな人以外には連絡が全く来ないなどひどい評判もあります。

年収800万以上で外資系求人だけ欲しい人にはおすすめのエージェントです。

No.エリートネットワーク

  • 総合評価

    3.0総合14位

  • 求人の量・質

    3.2総合11位

  • 提案力

    2.7総合16位

  • サポート体制

    3.1総合11位

『エリートネットワーク』は、従業員約30名でありながら知名度の高い小規模エージェントで、従業員の多くがリクルート出身のため業界知識や人脈に優れているのが特徴です。

小規模で親身に話を聞いてくれる反面、案件が限られるようで、登録すべき人を選ぶエージェントです。

よほどのことがない限りは、まずは『doda』『JACリクルートメント』といった大手どころで活動をすることをおすすめします。

No.転職エージェントneo

  • 総合評価

    3.0総合15位

  • 求人の量・質

    3.2総合16位

  • 提案力

    2.8総合12位

  • サポート体制

    2.9総合14位

『転職エージェントneo』は、ベンチャー企業ネオキャリアが運営する中規模転職エージェントです。

運営元のネオキャリアは、元々新卒採用のコンサルティング事業から始まったので、20代・30代前半の若手の転職サポートに強みがあると言われています。

ただ、結論から言うと、第二新卒の転職を除いて、あまりいい評判を聞かないエージェントですので、ランキングを参考に他のエージェントを登録することをおすすめします。

No.ランスタッド

  • 総合評価

    2.9総合16位

  • 求人の量・質

    2.9総合16位

  • 提案力

    3.1総合12位

  • サポート体制

    2.8総合14位

『ランスタッド』は、人材派遣をメインに世界39カ国で人材ビジネスを展開する世界最大級の外資系企業です。

外資系ならではの淡白さでありながら、求人の強みも少ないため、アンケートの結果では、「求人」「提案力」「サポート体制」どの項目も今ひとつでした。

特におすすめできるケースも少ないので、ランキングを参考に他エージェントへの登録をおすすめします。

魅力的な良い求人を多く紹介してもらえるランキングです。

No.doda

  • 総合評価

    3.9総合1位

  • 求人の量・質

    4.2総合1位

  • 提案力

    3.9総合2位

  • サポート体制

    3.7総合3位

『doda』は人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する、業界最大手の転職エージェントです。

口コミでは悪い評判が少なく、良い意味でも悪い意味でも、バランスの良い無難な転職エージェントです。

評判の得点が非常に高く「自分の期待以上の転職ができた」という声も多いものの、「深い相談ができなかった」「あまり時間をかけてもらえなかった」といった点も見受けられました。

転職サイトでは出ないレベルの高待遇な案件など、案件の質と量は他社を圧倒しているため全ての方におすすめできるエージェントですが、他社と一緒に使うことをおすすめします。

No.リクルートエージェント

  • 総合評価

    3.6総合5位

  • 求人の量・質

    4.1総合2位

  • 提案力

    3.5総合7位

  • サポート体制

    3.3総合7位

『リクルートエージェント』は、老舗の総合転職エージェントで保有する求人数が大きな強みです。

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けます。

取り扱い案件が多いため、案件の取りこぼしを防ぐために登録は必須ですが、『リクルートエージェント』一社での転職活動はおすすめしません。

必ず『doda』『パソナキャリア』『マイナビ』『JAC』など他の転職エージェントとの組み合わせて使うようにしましょう。

No.Spring転職エージェント(アデコ)

  • 総合評価

    3.6総合6位

  • 求人の量・質

    3.9総合3位

  • 提案力

    3.7総合4位

  • サポート体制

    3.2総合8位

『Spring転職エージェント(アデコ)』は世界60カ国に拠点を持ち、人材派遣事業をメインに人材業界の世界No.1シェアを誇る企業です。

そのネットワークや経験を活かし、転職エージェントサービスでも「求人の量・質」「提案力」に関しては、幅広い層からトップクラスの評価を獲得しています。

『リクルートエージェント』や『doda』とは仕組みもまた違っているので、2度目以上の転職などサポートをそこまで求めない方は、登録すべき転職エージェントです。

No.マイナビエージェント

  • 総合評価

    3.8総合3位

  • 求人の量・質

    3.8総合4位

  • 提案力

    3.6総合5位

  • サポート体制

    4総合2位

『マイナビエージェント』は、新卒の就職で圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する、今とても勢いのある転職エージェントです。

30代以降の方からの評判は優れませんでしたが、20代や第二新卒の若手からは面倒見のよさなどから評判が非常に良いです。

若手に関しては、『doda』と同じく最もおすすめの転職エージェントです。

No.JACリクルートメント

  • 総合評価

    3.8総合3位

  • 求人の量・質

    3.7総合4位

  • 提案力

    4総合1位

  • サポート体制

    3.7総合3位

『JACリクルートメント』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

『doda』や『パソナキャリア』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

No.ワークポート

  • 総合評価

    3.4総合8位

  • 求人の量・質

    3.7総合4位

  • 提案力

    3.4総合8位

  • サポート体制

    3総合12位

『ワークポート』は、IT・Web領域に強い総合転職エージェントです。

総合力では最大手の『doda』や『JACリクルートメント』に一歩劣る印象ですが、IT・Web業界で言えば案件の質・量ともに多いとの声が多く見受けられました。

IT・ Web業界を志望する方にはおすすめですが、そうでない方はまずは『doda』や『パソナキャリア』など大手エージェントを推奨します。

No.パソナキャリア

  • 総合評価

    3.9総合2位

  • 求人の量・質

    3.6総合7位

  • 提案力

    3.8総合3位

  • サポート体制

    4.2総合1位

求人数では、業界最大手の『doda』や『リクルートエージェント』には劣るものの、手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。

パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、それが社員にも浸透し、利益追求のための紹介ではなく、「サポート体制の評価はNo.1」と親身な転職者サポートを実現しているようです。

人材派遣領域で業界No.2の『パソナ』が運営しており、16,000社以上と取引実績があり、信頼できて安心です。

No.ハタラクティブ

  • 総合評価

    3.3総合9位

  • 求人の量・質

    3.5総合8位

  • 提案力

    3.1総合12位

  • サポート体制

    3.2総合8位

『ハタラクティブ』は、第二新卒や既卒など若年層をターゲットにした特化型転職エージェントです。

未経験歓迎求人を常に1000件以上持ち、最初から「紹介できる案件はありません」と言われることはないでしょう。

まずは『dodaf』『パソナキャリア』といった大手総合転職エージェントで転職活動をしてみて、上手くいかなければ『ハタラクティブ』に登録するのがおすすめです

No.type転職エージェント

  • 総合評価

    3.5総合7位

  • 求人の量・質

    3.4総合9位

  • 提案力

    3.6総合5位

  • サポート体制

    3.5総合5位

『type』は東京・神奈川・埼玉・千葉の案件を中心に取り扱う、総合転職エージェントです。

知名度としては業界最大手のリクルート、JACリクルートメント、dodaに比べると低いですが、実は1994年から運営をしている老舗エージェントです。

関東圏で転職をお考えの場合は満足度が高いようですが、求人量などを考えると、まずは『リクルートエージェント』『doda』『JACリクルートメント』といった最大手エージェントをおすすめします。

No.ロバートウォルターズ

  • 総合評価

    2.9総合12位

  • 求人の量・質

    3.3総合10位

  • 提案力

    3.4総合8位

  • サポート体制

    2.7総合15位

『ロバートウォルターズ』は、世界24カ国で人材紹介ビジネスを展開する外資系転職エージェントの大手です。バイリンガル・スペシャリストの転職に特化しており、グローバル企業に転職したいハイキャリア層からは絶大な支持を受けています。

バイリンガルコンサルタントが多く所属していることと、金融、IT、製造など26の分野の専門チームを用意し、専門的で高度なコンサルティングを提供しているのが特徴です。

英語に自信のある外資系志望のハイキャリア層には、おすすめのエージェントです。

No.マイケルペイジ

  • 総合評価

    3総合13位

  • 求人の量・質

    3.2総合11位

  • 提案力

    3.3総合10位

  • サポート体制

    2.6総合16位

『マイケルペイジ』は、世界34カ国で人材ビジネスを展開する外資系転職エージェントの大手です。

外資系エージェント特有ですが、高収入でですぐに転職が決まりそうな人以外には連絡が全く来ないなどひどい評判もあります。

年収800万以上で外資系求人だけ欲しい人にはおすすめのエージェントです。

No.エリートネットワーク

  • 総合評価

    3.0総合14位

  • 求人の量・質

    3.2総合11位

  • 提案力

    2.7総合16位

  • サポート体制

    3.1総合11位

『エリートネットワーク』は、従業員約30名でありながら知名度の高い小規模エージェントで、従業員の多くがリクルート出身のため業界知識や人脈に優れているのが特徴です。

小規模で親身に話を聞いてくれる反面、案件が限られるようで、登録すべき人を選ぶエージェントです。

よほどのことがない限りは、まずは『doda』『JACリクルートメント』といった大手どころで活動をすることをおすすめします。

No.転職エージェントneo

  • 総合評価

    3.0総合15位

  • 求人の量・質

    3.2総合16位

  • 提案力

    2.8総合12位

  • サポート体制

    2.9総合14位

『転職エージェントneo』は、ベンチャー企業ネオキャリアが運営する中規模転職エージェントです。

運営元のネオキャリアは、元々新卒採用のコンサルティング事業から始まったので、20代・30代前半の若手の転職サポートに強みがあると言われています。

ただ、結論から言うと、第二新卒の転職を除いて、あまりいい評判を聞かないエージェントですので、ランキングを参考に他のエージェントを登録することをおすすめします。

No.アイデムスマートエージェント

  • 総合評価

    3.2総合10位

  • 求人の量・質

    3.1総合14位

  • 提案力

    3総合14位

  • サポート体制

    3.4総合6位

『アイデムスマートエージェント』は、国内最大級の求人サイトを40年以上運営している「アイデム」の転職エージェントです。

転職エージェントを開始したのが最近のためなのか、『求人の質・量』『提案力』に関しては評価は今ひとつですが、第二新卒を中心に親身なサポート体制は高評価です。

しかし、総合力を考えると『doda』には見劣りしますし、親身さでは『パソナキャリア』が頭ひとつ抜けているので、これらのエージェントでうまくいかなかった場合に登録することがおすすめです。

No.エンエージェント

  • 総合評価

    3.1総合11位

  • 求人の量・質

    3総合15位

  • 提案力

    3.2総合11位

  • サポート体制

    3.2総合8位

『エンエージェント』は、転職・派遣・アルバイトなどの大手人材会社enジャパン社が運営する転職エージェントです。

面談前の性格テストなどサポートに力を入れていますが、立ち上げ間もない転職エージェントのため、求人数や担当の当たり外れがネックのようです。

あえて再優先で使う転職エージェントではありませんが、初めて転職される場合には『パソナキャリア』と併用する形で利用するのがおすすめです。

No.ランスタッド

  • 総合評価

    2.9総合16位

  • 求人の量・質

    2.9総合16位

  • 提案力

    3.1総合12位

  • サポート体制

    2.8総合14位

『ランスタッド』は、人材派遣をメインに世界39カ国で人材ビジネスを展開する世界最大級の外資系企業です。

外資系ならではの淡白さでありながら、求人の強みも少ないため、アンケートの結果では、「求人」「提案力」「サポート体制」どの項目も今ひとつでした。

特におすすめできるケースも少ないので、ランキングを参考に他エージェントへの登録をおすすめします。

自分の志望する業界や今の自分の仕事内容を理解した上で、的確にアドバイスをしてくれるランキングです。

No.JACリクルートメント

  • 総合評価

    3.8総合3位

  • 求人の量・質

    3.7総合4位

  • 提案力

    4総合1位

  • サポート体制

    3.7総合3位

『JACリクルートメント』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

『doda』や『パソナキャリア』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

No.doda

  • 総合評価

    3.9総合1位

  • 求人の量・質

    4.2総合1位

  • 提案力

    3.9総合2位

  • サポート体制

    3.7総合3位

『doda』は人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する、業界最大手の転職エージェントです。

口コミでは悪い評判が少なく、良い意味でも悪い意味でも、バランスの良い無難な転職エージェントです。

評判の得点が非常に高く「自分の期待以上の転職ができた」という声も多いものの、「深い相談ができなかった」「あまり時間をかけてもらえなかった」といった点も見受けられました。

転職サイトでは出ないレベルの高待遇な案件など、案件の質と量は他社を圧倒しているため全ての方におすすめできるエージェントですが、他社と一緒に使うことをおすすめします。

No.パソナキャリア

  • 総合評価

    3.9総合2位

  • 求人の量・質

    3.6総合7位

  • 提案力

    3.8総合3位

  • サポート体制

    4.2総合1位

求人数では、業界最大手の『doda』や『リクルートエージェント』には劣るものの、手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。

パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、それが社員にも浸透し、利益追求のための紹介ではなく、「サポート体制の評価はNo.1」と親身な転職者サポートを実現しているようです。

人材派遣領域で業界No.2の『パソナ』が運営しており、16,000社以上と取引実績があり、信頼できて安心です。

No.Spring転職エージェント(アデコ)

  • 総合評価

    3.6総合6位

  • 求人の量・質

    3.9総合3位

  • 提案力

    3.7総合4位

  • サポート体制

    3.2総合8位

『Spring転職エージェント(アデコ)』は世界60カ国に拠点を持ち、人材派遣事業をメインに人材業界の世界No.1シェアを誇る企業です。

そのネットワークや経験を活かし、転職エージェントサービスでも「求人の量・質」「提案力」に関しては、幅広い層からトップクラスの評価を獲得しています。

『リクルートエージェント』や『doda』とは仕組みもまた違っているので、2度目以上の転職などサポートをそこまで求めない方は、登録すべき転職エージェントです。

No.マイナビエージェント

  • 総合評価

    3.8総合3位

  • 求人の量・質

    3.8総合4位

  • 提案力

    3.6総合5位

  • サポート体制

    4総合2位

『マイナビエージェント』は、新卒の就職で圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する、今とても勢いのある転職エージェントです。

30代以降の方からの評判は優れませんでしたが、20代や第二新卒の若手からは面倒見のよさなどから評判が非常に良いです。

若手に関しては、『doda』と同じく最もおすすめの転職エージェントです。

No.type転職エージェント

  • 総合評価

    3.5総合7位

  • 求人の量・質

    3.4総合9位

  • 提案力

    3.6総合5位

  • サポート体制

    3.5総合5位

『type』は東京・神奈川・埼玉・千葉の案件を中心に取り扱う、総合転職エージェントです。

知名度としては業界最大手のリクルート、JACリクルートメント、dodaに比べると低いですが、実は1994年から運営をしている老舗エージェントです。

関東圏で転職をお考えの場合は満足度が高いようですが、求人量などを考えると、まずは『リクルートエージェント』『doda』『JACリクルートメント』といった最大手エージェントをおすすめします。

No.リクルートエージェント

  • 総合評価

    3.6総合5位

  • 求人の量・質

    4.1総合2位

  • 提案力

    3.5総合7位

  • サポート体制

    3.3総合7位

『リクルートエージェント』は、老舗の総合転職エージェントで保有する求人数が大きな強みです。

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けます。

取り扱い案件が多いため、案件の取りこぼしを防ぐために登録は必須ですが、『リクルートエージェント』一社での転職活動はおすすめしません。

必ず『doda』『パソナキャリア』『マイナビ』『JAC』など他の転職エージェントとの組み合わせて使うようにしましょう。

No.ワークポート

  • 総合評価

    3.4総合8位

  • 求人の量・質

    3.7総合4位

  • 提案力

    3.4総合8位

  • サポート体制

    3総合12位

『ワークポート』は、IT・Web領域に強い総合転職エージェントです。

総合力では最大手の『doda』や『JACリクルートメント』に一歩劣る印象ですが、IT・Web業界で言えば案件の質・量ともに多いとの声が多く見受けられました。

IT・ Web業界を志望する方にはおすすめですが、そうでない方はまずは『doda』や『パソナキャリア』など大手エージェントを推奨します。

No.ロバートウォルターズ

  • 総合評価

    2.9総合12位

  • 求人の量・質

    3.3総合10位

  • 提案力

    3.4総合8位

  • サポート体制

    2.7総合15位

『ロバートウォルターズ』は、世界24カ国で人材紹介ビジネスを展開する外資系転職エージェントの大手です。バイリンガル・スペシャリストの転職に特化しており、グローバル企業に転職したいハイキャリア層からは絶大な支持を受けています。

バイリンガルコンサルタントが多く所属していることと、金融、IT、製造など26の分野の専門チームを用意し、専門的で高度なコンサルティングを提供しているのが特徴です。

英語に自信のある外資系志望のハイキャリア層には、おすすめのエージェントです。

No.マイケルペイジ

  • 総合評価

    3総合13位

  • 求人の量・質

    3.2総合11位

  • 提案力

    3.3総合10位

  • サポート体制

    2.6総合16位

『マイケルペイジ』は、世界34カ国で人材ビジネスを展開する外資系転職エージェントの大手です。

外資系エージェント特有ですが、高収入でですぐに転職が決まりそうな人以外には連絡が全く来ないなどひどい評判もあります。

年収800万以上で外資系求人だけ欲しい人にはおすすめのエージェントです。

No.エンエージェント

  • 総合評価

    3.1総合11位

  • 求人の量・質

    3総合15位

  • 提案力

    3.2総合11位

  • サポート体制

    3.2総合8位

『エンエージェント』は、転職・派遣・アルバイトなどの大手人材会社enジャパン社が運営する転職エージェントです。

面談前の性格テストなどサポートに力を入れていますが、立ち上げ間もない転職エージェントのため、求人数や担当の当たり外れがネックのようです。

あえて再優先で使う転職エージェントではありませんが、初めて転職される場合には『パソナキャリア』と併用する形で利用するのがおすすめです。

No.ハタラクティブ

  • 総合評価

    3.3総合9位

  • 求人の量・質

    3.5総合8位

  • 提案力

    3.1総合12位

  • サポート体制

    3.2総合8位

『ハタラクティブ』は、第二新卒や既卒など若年層をターゲットにした特化型転職エージェントです。

未経験歓迎求人を常に1000件以上持ち、最初から「紹介できる案件はありません」と言われることはないでしょう。

まずは『dodaf』『パソナキャリア』といった大手総合転職エージェントで転職活動をしてみて、上手くいかなければ『ハタラクティブ』に登録するのがおすすめです

No.ランスタッド

  • 総合評価

    2.9総合16位

  • 求人の量・質

    2.9総合16位

  • 提案力

    3.1総合12位

  • サポート体制

    2.8総合14位

『ランスタッド』は、人材派遣をメインに世界39カ国で人材ビジネスを展開する世界最大級の外資系企業です。

外資系ならではの淡白さでありながら、求人の強みも少ないため、アンケートの結果では、「求人」「提案力」「サポート体制」どの項目も今ひとつでした。

特におすすめできるケースも少ないので、ランキングを参考に他エージェントへの登録をおすすめします。

No.アイデムスマートエージェント

  • 総合評価

    3.2総合10位

  • 求人の量・質

    3.1総合14位

  • 提案力

    3総合14位

  • サポート体制

    3.4総合6位

『アイデムスマートエージェント』は、国内最大級の求人サイトを40年以上運営している「アイデム」の転職エージェントです。

転職エージェントを開始したのが最近のためなのか、『求人の質・量』『提案力』に関しては評価は今ひとつですが、第二新卒を中心に親身なサポート体制は高評価です。

しかし、総合力を考えると『doda』には見劣りしますし、親身さでは『パソナキャリア』が頭ひとつ抜けているので、これらのエージェントでうまくいかなかった場合に登録することがおすすめです。

No.転職エージェントneo

  • 総合評価

    3.0総合15位

  • 求人の量・質

    3.2総合16位

  • 提案力

    2.8総合12位

  • サポート体制

    2.9総合14位

『転職エージェントneo』は、ベンチャー企業ネオキャリアが運営する中規模転職エージェントです。

運営元のネオキャリアは、元々新卒採用のコンサルティング事業から始まったので、20代・30代前半の若手の転職サポートに強みがあると言われています。

ただ、結論から言うと、第二新卒の転職を除いて、あまりいい評判を聞かないエージェントですので、ランキングを参考に他のエージェントを登録することをおすすめします。

No.エリートネットワーク

  • 総合評価

    3.0総合14位

  • 求人の量・質

    3.2総合11位

  • 提案力

    2.7総合16位

  • サポート体制

    3.1総合11位

『エリートネットワーク』は、従業員約30名でありながら知名度の高い小規模エージェントで、従業員の多くがリクルート出身のため業界知識や人脈に優れているのが特徴です。

小規模で親身に話を聞いてくれる反面、案件が限られるようで、登録すべき人を選ぶエージェントです。

よほどのことがない限りは、まずは『doda』『JACリクルートメント』といった大手どころで活動をすることをおすすめします。

職務経歴書・面接対策、キャリア相談、推薦状、メールの返信などのサポートができているかのランキングです。

No.パソナキャリア

  • 総合評価

    3.9総合2位

  • 求人の量・質

    3.6総合7位

  • 提案力

    3.8総合3位

  • サポート体制

    4.2総合1位

求人数では、業界最大手の『doda』や『リクルートエージェント』には劣るものの、手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。

パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、それが社員にも浸透し、利益追求のための紹介ではなく、「サポート体制の評価はNo.1」と親身な転職者サポートを実現しているようです。

人材派遣領域で業界No.2の『パソナ』が運営しており、16,000社以上と取引実績があり、信頼できて安心です。

No.マイナビエージェント

  • 総合評価

    3.8総合3位

  • 求人の量・質

    3.8総合4位

  • 提案力

    3.6総合5位

  • サポート体制

    4総合2位

『マイナビエージェント』は、新卒の就職で圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する、今とても勢いのある転職エージェントです。

30代以降の方からの評判は優れませんでしたが、20代や第二新卒の若手からは面倒見のよさなどから評判が非常に良いです。

若手に関しては、『doda』と同じく最もおすすめの転職エージェントです。

No.doda

  • 総合評価

    3.9総合1位

  • 求人の量・質

    4.2総合1位

  • 提案力

    3.9総合2位

  • サポート体制

    3.7総合3位

『doda』は人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する、業界最大手の転職エージェントです。

口コミでは悪い評判が少なく、良い意味でも悪い意味でも、バランスの良い無難な転職エージェントです。

評判の得点は非常に高いものの、「深い相談ができなかった」「あまり時間をかけてもらえなかった」といった点も見受けられました。

転職サイトでは出ないレベルの高待遇な案件など、案件の質と量は他社を圧倒しているため全ての方におすすめできるエージェントですが、他社と一緒に使うことをおすすめします。

No.JACリクルートメント

  • 総合評価

    3.8総合3位

  • 求人の量・質

    3.7総合4位

  • 提案力

    4総合1位

  • サポート体制

    3.7総合3位

『JACリクルートメント』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

『doda』や『パソナキャリア』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

No.type転職エージェント

  • 総合評価

    3.5総合7位

  • 求人の量・質

    3.4総合9位

  • 提案力

    3.6総合5位

  • サポート体制

    3.5総合5位

『type』は東京・神奈川・埼玉・千葉の案件を中心に取り扱う、総合転職エージェントです。

知名度としては業界最大手のリクルート、JACリクルートメント、dodaに比べると低いですが、実は1994年から運営をしている老舗エージェントです。

関東圏で転職をお考えの場合は満足度が高いようですが、求人量などを考えると、まずは『リクルートエージェント』『doda』『JACリクルートメント』といった最大手エージェントをおすすめします。

No.アイデムスマートエージェント

  • 総合評価

    3.2総合10位

  • 求人の量・質

    3.1総合14位

  • 提案力

    3総合14位

  • サポート体制

    3.4総合6位

『アイデムスマートエージェント』は、国内最大級の求人サイトを40年以上運営している「アイデム」の転職エージェントです。

転職エージェントを開始したのが最近のためなのか、『求人の質・量』『提案力』に関しては評価は今ひとつですが、第二新卒を中心に親身なサポート体制は高評価です。

しかし、総合力を考えると『doda』には見劣りしますし、親身さでは『パソナキャリア』が頭ひとつ抜けているので、これらのエージェントでうまくいかなかった場合に登録することがおすすめです。

No.リクルートエージェント

  • 総合評価

    3.6総合5位

  • 求人の量・質

    4.1総合2位

  • 提案力

    3.5総合7位

  • サポート体制

    3.3総合7位

『リクルートエージェント』は、老舗の総合転職エージェントで保有する求人数が大きな強みです。

担当者によってサービスの質に差があったり、グループ内の情報流出など、やや安定感に欠けます。

取り扱い案件が多いため、案件の取りこぼしを防ぐために登録は必須ですが、『リクルートエージェント』一社での転職活動はおすすめしません。

必ず『doda』『パソナキャリア』『マイナビ』『JAC』など他の転職エージェントとの組み合わせて使うようにしましょう。

No.Spring転職エージェント(アデコ)

  • 総合評価

    3.6総合6位

  • 求人の量・質

    3.9総合3位

  • 提案力

    3.7総合4位

  • サポート体制

    3.2総合8位

『Spring転職エージェント(アデコ)』は世界60カ国に拠点を持ち、人材派遣事業をメインに人材業界の世界No.1シェアを誇る企業です。

そのネットワークや経験を活かし、転職エージェントサービスでも「求人の量・質」「提案力」に関しては、幅広い層からトップクラスの評価を獲得しています。

『リクルートエージェント』や『doda』とは仕組みもまた違っているので、2度目以上の転職などサポートをそこまで求めない方は、登録すべき転職エージェントです。

No.ハタラクティブ

  • 総合評価

    3.3総合9位

  • 求人の量・質

    3.5総合8位

  • 提案力

    3.1総合12位

  • サポート体制

    3.2総合8位

『ハタラクティブ』は、第二新卒や既卒など若年層をターゲットにした特化型転職エージェントです。

未経験歓迎求人を常に1000件以上持ち、最初から「紹介できる案件はありません」と言われることはないでしょう。

まずは『dodaf』『パソナキャリア』といった大手総合転職エージェントで転職活動をしてみて、上手くいかなければ『ハタラクティブ』に登録するのがおすすめです

No.エンエージェント

  • 総合評価

    3.1総合11位

  • 求人の量・質

    3総合15位

  • 提案力

    3.2総合11位

  • サポート体制

    3.2総合8位

『エンエージェント』は、転職・派遣・アルバイトなどの大手人材会社enジャパン社が運営する転職エージェントです。

面談前の性格テストなどサポートに力を入れていますが、立ち上げ間もない転職エージェントのため、求人数や担当の当たり外れがネックのようです。

あえて再優先で使う転職エージェントではありませんが、初めて転職される場合には『パソナキャリア』と併用する形で利用するのがおすすめです。

No.エリートネットワーク

  • 総合評価

    3.0総合14位

  • 求人の量・質

    3.2総合11位

  • 提案力

    2.7総合16位

  • サポート体制

    3.1総合11位

『エリートネットワーク』は、従業員約30名でありながら知名度の高い小規模エージェントで、従業員の多くがリクルート出身のため業界知識や人脈に優れているのが特徴です。

小規模で親身に話を聞いてくれる反面、案件が限られるようで、登録すべき人を選ぶエージェントです。

よほどのことがない限りは、まずは『doda』『JACリクルートメント』といった大手どころで活動をすることをおすすめします。

No.ワークポート

  • 総合評価

    3.4総合8位

  • 求人の量・質

    3.7総合4位

  • 提案力

    3.4総合8位

  • サポート体制

    3総合12位

『ワークポート』は、IT・Web領域に強い総合転職エージェントです。

総合力では最大手の『doda』や『JACリクルートメント』に一歩劣る印象ですが、IT・Web業界で言えば案件の質・量ともに多いとの声が多く見受けられました。

IT・ Web業界を志望する方にはおすすめですが、そうでない方はまずは『doda』や『パソナキャリア』など大手エージェントを推奨します。

No.転職エージェントneo

  • 総合評価

    3.0総合15位

  • 求人の量・質

    3.2総合16位

  • 提案力

    2.8総合12位

  • サポート体制

    2.9総合14位

『転職エージェントneo』は、ベンチャー企業ネオキャリアが運営する中規模転職エージェントです。

運営元のネオキャリアは、元々新卒採用のコンサルティング事業から始まったので、20代・30代前半の若手の転職サポートに強みがあると言われています。

ただ、結論から言うと、第二新卒の転職を除いて、あまりいい評判を聞かないエージェントですので、ランキングを参考に他のエージェントを登録することをおすすめします。

No.ランスタッド

  • 総合評価

    2.9総合16位

  • 求人の量・質

    2.9総合16位

  • 提案力

    3.1総合12位

  • サポート体制

    2.8総合14位

『ランスタッド』は、人材派遣をメインに世界39カ国で人材ビジネスを展開する世界最大級の外資系企業です。

外資系ならではの淡白さでありながら、求人の強みも少ないため、アンケートの結果では、「求人」「提案力」「サポート体制」どの項目も今ひとつでした。

特におすすめできるケースも少ないので、ランキングを参考に他エージェントへの登録をおすすめします。

No.ロバートウォルターズ

  • 総合評価

    2.9総合12位

  • 求人の量・質

    3.3総合10位

  • 提案力

    3.4総合8位

  • サポート体制

    2.7総合15位

『ロバートウォルターズ』は、世界24カ国で人材紹介ビジネスを展開する外資系転職エージェントの大手です。バイリンガル・スペシャリストの転職に特化しており、グローバル企業に転職したいハイキャリア層からは絶大な支持を受けています。

バイリンガルコンサルタントが多く所属していることと、金融、IT、製造など26の分野の専門チームを用意し、専門的で高度なコンサルティングを提供しているのが特徴です。

英語に自信のある外資系志望のハイキャリア層には、おすすめのエージェントです。

No.マイケルペイジ

  • 総合評価

    3総合13位

  • 求人の量・質

    3.2総合11位

  • 提案力

    3.3総合10位

  • サポート体制

    2.6総合16位

『マイケルペイジ』は、世界34カ国で人材ビジネスを展開する外資系転職エージェントの大手です。

外資系エージェント特有ですが、高収入でですぐに転職が決まりそうな人以外には連絡が全く来ないなどひどい評判もあります。

年収800万以上で外資系求人だけ欲しい人にはおすすめのエージェントです。

2転職エージェント選びのただ1つのポイント

転職エージェントを選ぶ際には、「総合転職エージェントと特化型転職エージェントの両方に複数登録する」ことが重要です。

転職エージェントは、業界を横断して大量の案件を持つ『総合転職エージェント』と、業界や対象とする層を絞って専門的に案件を持つ『特化型転職エージェント』の2つにわけられます。

それぞれのタイプでメリット・デメリットがそれぞれ異なるので、どちらも1〜3社は登録するようにしましょう

総合転職エージェントの
メリット・デメリット

  • 業界を横断して大量の案件を保有(最大10万以上)
  • 今あなたがいる業界外の可能性を提案してくれる
  • 業界特有の知識には弱い傾向にある

特化型転職エージェントの
メリット・デメリット

  • 業界出身のコンサルタントが多く、知識が豊富
  • 業界特有の面接対策を提供してくれる
  • 特化型エージェントは中小企業が多く、案件数は少ない(100件〜)
  • 案件が少ないため、手持ちの案件を押し付けられてしまう場合がある

2-1. 総合転職エージェントの選び方

総合転職エージェントは、あなたの立場(年収など)にあわせて選びましょう。

総合転職エージェントの場合、担当するキャリアコンサルタントの相性や質が重要ですから、最低2社登録して面談をしてみて、一番良いと思ったところを活用することをおすすめします

ランキング表をもとに、サービスのクオリティーが高いと人気の4社を厳選し、分類しました。他にも優良エージェントはありますが、まずはこの4社から登録すれば間違いないでしょう。

エージェント500万円未満〜800万円〜1200万円1200万円以上
doda(総合1位)
パソナキャリア(総合2位)
マイナビエージェント(総合3位)
JACリクルートメント(総合4位)
リクルートエージェント(総合5位)

どこに登録すればいいかわからない方は、まずは比較的万人におすすめ出来る『doda』・『リクルートエージェント』の2社に登録して、面談を受けてみることをおすすめします。

2-2. 特化型転職エージェントの選び方

特化型転職エージェントは、あなたが転職したい業界で選びましょう。

担当のキャリアコンサルタントが業界出身者であったり、知識面でも頼りになりますので相談をするだけでも利用をおすすめします。

各業界別に、特におすすめな1社を厳選してまとめました。さらに詳細を知りたい方は表内「業界別解説サイト」をご参考ください。

業界おすすめエージェント業界別解説サイト
IT・WebワークポートIT人材におすすめな転職エージェント目的別8選と活用法
外資コンサルムービン外資転職でキャリアアップ!おすすめ転職エージェント12選
アパレルクリーデンスアパレル業界の転職で使う価値あるエージェント4選と活用法
第2新卒マイナビジョブ20’s第二新卒でキャリアアップするための転職エージェント13選
女性ウーマンウィル女性の気持ちをわかってくれる転職エージェント4選と活用法
管理職エグゼクティブビズリーチプロが教えるエグゼクティブが使うべき転職エージェント4選

3転職エージェントを200%活用する方法

転職エージェントに登録するからには、最大の成果を出すためにはそれぞれのフェーズで下記のようにポイントがあります。

転職エージェントを使う流れとポイント

この章では、この中でも特に重要な「登録〜面談」のフェーズでも、特に重要なポイントを5つに厳選してご紹介します。もし、その後の流れも詳しく知りたい場合は、「5分で誰でもわかる転職エージェントを200%活かす使い方」をご覧ください。

3-1. とりあえず「良いところがあればすぐにでも」と言っておく

キャリアコンサルタントも売上目標があり日々追われています。

なので、コンサルタントとのファーストコンタクトで必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に「良いところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

3-2. 経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。コンサルタントでよく話題にあがるのが、「3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ・・・」という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされてしまうので、当たり前ですが経歴・スキルは偽らないようにしましょう。

3-3. 面談前には自分の経歴・希望を伝える

登録すると、面談を設定してくれる転職エージェントがほとんどです。その面談の中身を濃いものにするため、事前に自分の情報をしっかりとエージェントに伝えておくとベターです。

できれば、下記の6項目を送っておくといいでしょう。

・会社名、部署、役職:◯◯株式会社、経理部、係長

・業務内容:約10年間、一貫して経理を担当。直近3年間は係長として3名のマネジメントを経験。

・保有知識、スキル:連結決算、月次財務諸表作成、伝票処理(売掛金・買掛金・手形・請求)、予算・実績、決算処理およびデータ準備

今後どういった仕事につきたいのか:現職では大きな組織におり、ジョブローテーションで営業・経理・人事と2〜3年毎に部署異動を繰り返しており、コアとなるスキルが身についていないと心配をしております。そのため、30歳という節目の時期に一度自身のキャリアを見直してみたいと考えた次第です。将来的には経営企画で、会社全体の舵取りをしていきたいと考えていますが、そのために現時点でどの様な方向性で進めばいいのか、ご相談させてください。

・希望勤務地:東京ならどこでも

・希望年収:現状600万円ですが、仕事内容に納得感があれば、550万円程度までの減少は構いません。

もちろん、「今後どういった仕事につきたいのか」「希望勤務地」「希望年収」について、まだ明確に決まっていない場合もあるかと思います。その場合は、難しく考えすぎず当日相談すればいいので、とりあえず「会社名、部署、役職」「業務内容」「保有知識、スキル」だけでもいいので送るようにしましょう。

3-4. 担当コンサルタントの変更は気軽にする

担当コンサルタントに情をうつしてはいけません。担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。

現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいコンサルタントの方と

一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

3-5. 同じ案件に複数のコンサルタントから応募しない

数社の転職サイトを使っている場合、同じ案件には複数のコンサルタントから応募しないようにしましょう。企業から「他の転職サイトからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

企業・担当コンサルタント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、企業に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

4まとめ:正しく転職エージェントを選んで最高の転職を!

500件に転職エージェントの評判・口コミを集めてランキングを作ってみましたが、実際に集計してみると「求人の質・量」「コンサルタントの質」「サポートのスタンス」などが違うことがとてもよくわかります。

もちろん、最後は担当者との相性がとても重要ですが、それでも正しく転職エージェント選びをしっかりすれば、「ハズレの担当者にあたる確率」を低くし、「自分の望む非公開求人に巡りあう確率」を上げることができるでしょう。

この記事があなたが最高の転職を実現する上で、少しでもお力になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

転職ランキング