看護師の転職成功の秘訣とは?|求人動向やおすすめ転職サイトも紹介

看護師が転職を考える9つの理由と転職を成功させるための全知識

「今の職場が辛いから転職したい」「私でも転職できるかな」など、転職できるかどうか不安を抱えている看護師さんも多いのではないでしょうか。

結論から申し上げると、看護師の転職市場は人手不足の状況が長年続いており、転職のハードルはそこまで高くありません。

ただし、収入や待遇などの条件がいい職場は競争率が高いため、希望通りの職場に転職したい方は入念な準備を行う必要があります。

とくに、転職がはじめてで何から始めれば良いかわからなかったり、仕事や家庭の事情で十分に準備ができなかったりと、転職に不安のある方ほどコツを押さえて転職活動を行っていくことが大切になってきます。

そこで、この記事では転職経験のある元看護師の筆者が、看護師が転職を成功させるために必要な情報をご紹介します。

この記事を読むとわかること
  • 看護師の転職市場と、実際に転職した看護師のリアルな気持ち
  • 看護師の口コミ(失敗例)をもとにした、転職を成功させる9つのコツ
  • 年収アップ」「夜勤なし」「病院以外」など目的別におすすめの職場求人検索のコツ
  • 編集部が厳選したおすすめの転職サイト(どこよりも詳しく解説)。

  1. 看護師が転職を考える9つの理由
  2. 看護師の転職はハードルが低い!ただし競争率の高い職場もある
  3. 失敗例から学ぶ!看護師が転職を成功させる9つのコツ
  4. 何から始める?転職活動の手順とおすすめの転職方法5選
  5. 理想の転職先は?転職の目的別におすすめの職場を紹介
  6. すべての看護師さんにおすすめ!総合評価が高い転職サイト3選
  7. 転職を考える看護師によくある質問

この記事を読むことで、看護師の転職を成功させるノウハウがわかり、理想的な転職への一歩を踏み出すことができるでしょう。

それでは、まずは看護師が転職を考える理由から見ていきましょう。

1. 看護師が転職を考える9つの理由

現場で働く看護師さんの中には、仕事にストレスを感じ、転職を考えながら業務に取り組んでいる方もいますよね。

看護師の仕事は体力だけでなく、専門的な知識やスキル、感情のコントロール、医療接遇など多くのものが求められるため、疲労やストレスが溜まりやすく、誰でも一度は転職を考えた経験があるはずです。

日本看護協会の調査によると、2020年度の正規雇用看護職員の離職率は10.6%であり、10人に1人が離職しているという結果が出ています。

また、同調査では新卒採用者の離職率は8.2%、既卒採用者の離職率は14.9%という結果も出ており、就職後すぐに離職してしまう看護師も一定数いるということもわかっています。

病院看護師の離職率推移を見ると、正規雇用職員全体の離職率は近年改善傾向にある。しかし依然として10.6%と10人に1人は離職する状態が続いており、看護師にとって離職やそれに続く転職はポピュラーな問題と考えることができる。

〔出典〕日本看護協会:2021年病院看護・外来看護実態調査結果,2022を基に編集部作成

転職を考える理由やタイミングは人それぞれですが、実際に転職したことのある看護師がどういった理由で転職したのか、気になりますよね。

そこでこの章では、看護師さんが転職を考える9つの理由を体験談や口コミをもとにご紹介します。

それでは、早速見ていきましょう。

1-1. 業務の負担が大きい

業務の負担が大きいと、仕事を続けること自体難しく感じてしまいますよね。

看護の現場は基本的に人手不足でありながら、想定外の出来事が起こることも多く、ときには「休憩が取れない」「夜勤で仮眠できない」といった経験をした方もいることでしょう。

いつまで続くかわからない業務負担が重くのしかかることで、仕事へのモチベーションを保てないと話す方もいます。

◆やることが多く、大変

口コミ・評判

匿名さん・30代前半

学生の指導や委員会・係の仕事を任されていたため、日々学生の指導や記録の添削・委員会や係の仕事の提出期限などもあり、大変であった。

また、プライマリーグループのリーダーをしていたため、自分のグループの患者さんの治療方針の把握や指導、後輩の指導などがあり、患者さんのことを把握した上で転棟や転院のサマリーの添削や医師とのカンファレンスなども必要であった。

上記のように色々な分野の責任者を任されていたため、日々の看護の仕事以外にも抱えているものが多く、仕事が終わっても残って仕事をしなければならないことが多く、大変だった。

◆新型コロナウイルス感染症の影響で、忙しい

口コミ・評判

匿名さん・30代前半

(これまで看護師として働く中で、一番「辞めたい」と思ったのはどんな時ですか?の質問に対して)

正に今、コロナウィルスにより、病棟が一つコロナ病棟になった事で、他の病棟がその患者様を受け入れる事になり、毎日満床が続き忙しすぎて辞めたくなります。

更に看護師の数が足りていない状態の為夜勤も9回以上が当たり前で辞めたくなります。

業務量や業務内容の改善のためには、業務の優先順位を付けたり、不要な業務を削ったりする必要がありますが、実際の現場では個人レベルでできることが限られており、忙しい日々に限界を感じてしまう方もいるでしょう。

その結果、離職や転職を選ぶ看護師さんが後を絶たないのが現状です。

1-2. 人間関係に問題がある

職場の人間関係に問題を抱え、転職したいとお考えの方もいますよね。

看護師は患者さんの生命を預かる立場なので、1分1秒を争う場面でキツい物言いになってしまうことはよくあるものです。

しかし、そうした状況に関係なく理不尽な対応をされたり、派閥同士の争いに巻き込まれたりすると、仕事以外の場面で気を遣わなくてはならず、「辛い」「辞めたい」と感じてしまうでしょう。

人間関係の問題は看護師同士だけで留まらず、医師や他職種のスタッフ、患者さんや家族との関わりなど、さまざまな場面で起こり得ます。

◆看護師特有の人間関係にうんざり

口コミ・評判

匿名さん・40代後半
看護師特有の人間関係があり、派閥とかができていたり、人の陰口を言うなど陰湿な問題があります。特に、人の粗探しみたいな事をしたり、新卒の子たちには、できていないことを大きな声で注意するなど、そのような時には看護師って嫌な仕事だなと思い辞めたくなります。

◆医師が高圧的で辞めたくなった

口コミ・評判

匿名さん・30代後半
病棟勤務は医師とのトラブルが多く、当時まだ紙のカルテを使用していたのですが、医師がカルテに書いた指示が字が汚くて読めず電話で確認したところ「カルテに書いてあるだろ!」と怒鳴られ長々と説教をされた時が一番辞めたいと思った瞬間でした。

看護の現場は労働環境が過酷であり、余裕が持てずにギスギスしてしまうこともありますよね。

1度悪化した人間関係は、自分1人の努力では解決しきれないことも多く、結果的に転職を選ぶ看護師さんも多くいます。

1-3. 仕事の責任が大きく耐えられない

仕事の責任が重く、耐えられないと感じている方もいますよね。

看護師の仕事の中には、薬剤投与、医療機器類の管理、急変や急患対応など患者さんの生命に直結する処置やケアが数多くあり、強い責任感を持って仕事に臨まなくてはなりません。

しかし、責任感の裏側で、医療事故に対する不安や失敗が許されない恐怖と戦いながら仕事をしている看護師さんもいます。

◆失敗ばかりで責任に耐えられなくなった

口コミ・評判

匿名さん・20代後半

(これまで看護師として働く中で、一番「辞めたい」と思ったのはどんな時ですか?の質問に対して)

自分の知識や技術が伴わず、失敗ばかりしていた時です。

いつも先輩の目が気になり、簡単なことでも失敗してしまうようになって精神的にも辛く看護師としての責任に耐えられずに辞めたいという気持ちが強くありました。

◆1年目の時の失敗が頭から離れず、辞めたくなった

口コミ・評判

匿名さん・20代後半)
看護師1年目のとき、患者の異変に気づいていたのに医師にすぐ報告するべきなのか、様子を見ていいのか悩み、急変の対応が遅れてしまいました。当時はまだ、こんなことを言ったら医師に怒られるんじゃないかと思ったり、先輩にも相談できませんでした。自分の失敗が頭から離れず、働くのが嫌になったことがありました。

仕事をする上で適度な緊張感は大切ですが、必要以上の緊張感は仕事のパフォーマンスを下げる原因になりかねません。

プレッシャーとうまく付き合うためにはオンオフの切り替えが大切ですが、昨今の医療体制がひっ迫している状況を考えると、これまで以上のプレッシャーに潰されてしまい、転職を選ばざるを得なくなる方もいるでしょう。

1-4. 夜勤や残業の負担が大きい

夜勤や残業の負担が大きく、転職をお考えの方もいますよね。

24時間体制で患者さんの健康管理を行うために、看護師の夜勤は欠かすことができません。

しかし、生活リズムの乱れから体調を崩したり、少ない人数で業務分担しなくてはならなかったりと、負担を感じてしまう方もいるでしょう。

日本看護協会は、1カ月当たりの夜勤回数は3交代で8回以内が望ましいとしています日本看護協会:看護職の夜勤・交代制勤務に関するガイドライン,2013.

しかし、日本医療労働組合連合会の調査では、実際の現場では人手不足も相まって、こうした基準が守られていないケースのほうが多いことがわかっています日本医療労働組合連合会:2021年度夜勤実態調査,2021.

1人ひとりにかかる負担が大きいなか、夜間の患者さんの容体の変化に対応したり、救急搬送患者さんの手当てに追われたりと、看護師への負担は増す一方です。

くわえて、始業時間前の前残業や終業後の時間外労働などが当たり前になっている職場もあり、十分な休息が取れないまま勤務し続ける状況に限界を感じている方もいます。

◆夜勤ばかりでメンタルに影響が

口コミ・評判

匿名さん・20代後半
月のほとんどが夜勤になったときはメンタル的にしんどかったです。
太陽の光を浴びることなく朝昼は眠っていたので、心がどんよりしたまま勤務していたので気持ちの切り替えが難しかったのを今でも覚えています。

また、夜勤はスタッフが少ないのでイレギュラーが起きると大変でした。

◆残業が多く体力的にキツイ

口コミ・評判

匿名さん・20代後半
残業がとにかく多かったです。予約時間を過ぎる人や、休日前はかなり混んでいたので時間通りに全く終わりませんでした。
患者様が帰った後はカルテ等の確認や消毒の補充などたくさんやることがあります。
特に体力的にきつかったです。
立ちっぱなしの仕事なので私が毎日パンパンになりました

夜勤体制や残業の見直しは、個人では解決できるものではなく、職場や組織全体で取り組むべき課題といえます。

しかし、新型コロナウイルス感染症の影響で医療体制が左右される現状を見ていると、現場の看護師にかかる負担は強まるばかりです。その結果、転職を選ぶ看護師さんが今後増えていく可能性は否定できないでしょう。

1-5. 給料に不満がある

給料への不満を感じ、転職を考える方もいますよね。

看護師の給料は各職場の給与規程によって定められており、高い収入や手厚い手当がもらえて安定しているというイメージが先行しがちです。

しかし、実際は「思ったほどもらえない」「業務量と給料のバランスが取れていない」といった給料への不満を抱えている方も多くおり、結果的に転職を考える方もいます。

◆残業しても残業代がつかない

口コミ・評判

匿名さん・20代前半

他のナースへの引き継ぎが大変でした。

自分が担当した内容や患者さんの容態を全て引き継いでもらわないといけない、申し送り時間ギリギリ前まで患者対応をしたあと引継ぎをして、残った業務や記録などで、、毎日残業という感じでした。

残業してもあまり残業代はつかず、負担ばかり募っていき、同期や先輩後輩もどんどんやめていきました。

◆働いてる割に給料が安く感じた

口コミ・評判

匿名さん・30代前半
人間関係はどこの病棟に行っても大変で、働かない人や無視する人、意地悪をする人などがいるので、その人に気を使わなければならないのが一番大変であった。
また、仕事が時間内に終わらないため、仕事の日は予定が組めなかったのが辛かった。働いているわりに時間外などがちゃんと出ないため、給料は安いと感じた。また、週休2日制度であるが、深夜勤務の前は必ず休みであるため、連休は月に一回程度しかなく、深夜勤務前の休みは思いっきり出かけたりできないため、休みが休みではないことが辛かった。

給料だけを重視するわけではありませんが、給料に納得できないと「十分に評価してもらえていない」といった疑念を感じてしまいますよね。

その結果、モチベーションが下がり、転職する看護師さんが後を絶ちません。

1-6. 結婚や育児、介護などの家庭の事情がある

結婚・育児・介護などのライフステージの変化や家庭の事情に伴い、転職を考えている方もいるでしょう。

たとえば、「結婚したので定時で帰りたい」「子育てに専念できるようパート勤務にしたい」など、家庭との両立を目指して働き方を変える看護師さんは多くいます。

◆結婚を機に転職した

口コミ・評判

匿名さん・20代後半

病棟で働いていたので、ほかの現場でも働いてみたいと思っていました。

また、結婚をしたので家庭も大事にしたいと思い、自分のペースで働くことのできる働き方を選びました。

◆転職先は子育てと両立できるかで選んだ

口コミ・評判

匿名さん・40代前半

(転職先に今の職場(仕事・担当業務)を選んだ理由・決め手は何ですか?の質問に対して)

自宅と職場が近いことが大きな理由です。給料や勤務形態はあまり気にしておらず、とにかく育児をしながらの仕事再開であったため、通勤に時間を取られることを避けたかったです。

看護師が働ける職場は多種多様であり、ライフスタイルに合わせて働き方を選ぶことができるのは強みですよね。

最近では育児や介護を行う看護師さんに向け、各種休暇や手当などが規定されている職場も増えており、そうした制度を活用している方も多いようです。

1-7. 看護観や業務内容にミスマッチを感じる

看護観や業務内容にミスマッチを感じ、転職を選ぶ方もいますよね。

看護師であれば一度は考えたことのある看護観は、その人の仕事に対する価値観そのものであり、「こうなりたい」「こうありたい」といった目標に近い看護観を掲げ、仕事に取り組んでいる方もいるでしょう。

しかし、忙しく満足な看護ができなかったり、業務内容自体に疑念を感じたりと、ご自身の看護観とかけ離れた現実を目の当たりにし、仕事へのやる気が持てない方もいます。

◆もっと患者さんに寄り添いたかった

口コミ・評判

匿名さん・40代前半
外科病棟だったため、入院、手術、退院の経過が早すぎて、退院指導まで十分に行えなかったことが挙げられます。とにかく忙しすぎて、自分の行っている看護や看護観が、流れ作業のように思えて仕方なかったです。もう少し患者にゆっくり寄り添いたかったです。

◆思ったような看護ができず、ジレンマを感じた

口コミ・評判

匿名さん・30代前半

小児科病棟に勤めていた時、病気や治療についてこどもたちがどう捉えているかを確認した上で、ひとり一人に合った声かけやケアを行いたいと思っていました。

でも、親がモンスターペアレントだと、ケアの度にクレームを入れられたり、監視されたりして、病室に行くだけで息が詰まりました。

師長は波風を立てない方針だっただけに、ジレンマを感じていました。

看護の現場では1分1秒が惜しいことも多く、ケアの質を妥協せざるを得なかったり、緊急度の低い患者さんとは向き合う時間すら取れなかったりすることもあるでしょう。

そうした日々の積み重ねが、フラストレーションに繋がり、転職を考える看護師さんも多くいるようです。

1-8. キャリアアップ・スキルアップがしたい

キャリアアップやスキルアップがしたいと考え、転職を考えている方もいますよね。

看護師の場合、認定看護師や専門看護師などの資格取得を目指したり、勉強のために専門分野に挑戦したりと、さまざまな形でキャリアアップやスキルアップが可能です。

転職は目的ではなく手段として捉えている方も多く、将来への具体的な目標を持って転職活動に臨む姿は周囲にも理解されやすい傾向にあります。

◆資格取得のサポートをしてくれる職場を選んだ

口コミ・評判

匿名さん・20代前半

(転職先に今の職場(仕事・担当業務)を選んだ理由・決め手は何ですか?の質問に対して)

なにもやりがいを感じられず、まったく別の職場に一度勤めてみようと思ったからです。意外と計算やテストなどの作業は楽しいですし、フォローもしっかりしてくれるし、資格取得のサポートもしっかりしてくれる。自分のスキルもあがるし、周りとのコミュニケーションもしっかり取れる。天職かもしれません。

◆介護系施設から病院への転職を決めた

口コミ・評判

匿名さん・30代後半
元々義理の祖母や祖父が入院していたところで、看護師が優しく、病院自体に興味があり看護協会の相談会に参加しました。たくさんのブースがあったのですが、参加する前の週に義理の父が癌で亡くなり、苦痛に対するケアをもっと学びたいと思ったので緩和ケア病棟がある病院に決めました。

キャリアアップやスキルアップが理由の転職は、前向きな転職として捉えられやすく、転職先の採用担当者からの印象も良くなりやすいでしょう。

1-9. パートナーの転勤に伴い引越しをする

配偶者やパートナーの転勤に伴い、転職を考えている方もいますよね。

今より遠方に転勤する場合、引越しをするため通勤が難しく、新しい土地で働くという選択をする方もいることでしょう。

◆転勤するので転職した

口コミ・評判

匿名さん・40代後半

主人の転勤に合わせて転職しました。

転勤という家庭の事情が理由だったこともあり、職場の上司はすぐ理解してくれました。
早めに言ったのが良かったのかもしれません。

転勤が決まった時点で上司に相談しておくと、退職時にトラブルに巻き込まれる心配もないでしょう。

「看護師が転職を考える理由」のまとめ

看護師が転職を考える主な理由は、以下の9つでした。

看護師の主な転職理由

  • 有業務の負担が大きい
  • 人間関係に問題がある
  • 仕事の責任が大きく耐えられない
  • 夜勤や残業の負担が大きい
  • 給料に不満がある
  • 結婚や育児、介護などの家庭の事情がある
  • 看護観や業務内容にミスマッチを感じる
  • キャリアアップ・スキルアップがしたい
  • パートナーの転勤に伴い引越しをする

転職を考える理由は人によってさまざまですが、現職への不満以外やライフスタイルの変化に伴い、転職を考える方が多くいました。
ただ、どんな理由であっても、勢いのまま転職することはおすすめできません。

「転職しなければよかった」「失敗した」と後悔しないためにも、看護師の転職を成功させるためのポイントを押さえることが大切です。

そこで次章では、最新のデータをもとにした、看護師の転職市場について解説していきます。

2. 看護師の転職はハードルが低い!ただし競争率の高い職場もある

看護師は人手不足が長年続いている職種であり、転職自体のハードルは高くありません。

転職活動を始めてすぐに転職先が見つかることも珍しくないでしょう。

しかし、新型コロナウイルス感染症の影響で病院経営に支障が出てしまうなどの背景もあり、コロナ禍以前よりも求人数は減少しています。

条件の良い職場ほど競争率が高いため、希望通りの職場に転職するためには入念な準備が欠かせません。

まずは、この章で看護師の転職市場の実態を把握し、希望の職場への転職のハードルがどれほどかを知ることから始めましょう。

2-1. 有効求人倍率は1.86倍!人手不足の状況は今も続いている

厚生労働省によると、最新の看護師の有効求人倍率は1.86倍であり、人手不足の状況は今なお続いていることがわかっています厚生労働省:一般職業紹介状況(令和4年5月分),2022.

有効求人倍率とは?

有効求人倍率とは「求職者1人あたりどのくらいの求人があるか」を示す値のことです。
ハローワークの情報(求人の数・仕事を探す人の数)をもとに算出されており、有効求人倍率が1を超える状況を「売り手市場」1を下回る状況を「買い手市場」と呼びます。

看護師の有効求人倍率は1を超える状況が続いており、求職者は仕事を選べる立場にあるため、就職・転職活動がスムーズに進みやすくなっています

看護師の有効求人倍率の推移は、以下の通りです。

看護師 有効求人倍率の推移|コロナ禍による緊急事態宣言が発令された以降(1回目は2020年4月7日)、有効求人倍率は低下しているが、 有効求人倍率が1を超える売り手市場に変わりはない。

〔出典〕厚生労働省:一般職業紹介状況(職業安定業務統計),2022を基に編集部作成
※有効求人倍率は、保健師や助産師を含む看護職全体かつパートを含む常用の数値です

新型コロナウイルス感染症の流行により、有効求人倍率の最高値・最小値・平均値は低下しましたが、それでも倍率が1を超える売り手市場であることに変わりはありません。

現場では看護師不足が持続しており、転職者には即戦力を求められることもあるでしょう。

また、新型コロナウイルス関連業務として、ワクチン関連の求人やコールセンター関連の求人が市場に出回っており、既存の型にハマらない働き方も広がっています。

2-2. 職場によっては転職ハードルが一気に上がる

長らく人手不足の問題を抱える看護業界ですが、実は、一部の職場への応募が集中しています。

日本看護協会の調査によると、施設別求人倍率が1以上(=売り手市場)の施設は27施設中7施設にとどまっており、ほとんどの施設が求人倍率1を下回るという結果が出ています。

つまり、転職する施設によって転職のハードルが大きく左右されることがわかっているのです

■施設形態別の求人倍率、求人数、求職者数

転職を考えるにあたっては、看護職全体の有効求人倍率だけでなく、施設形態別の求人動向に注目する必要がある。看護職の求人動向を施設携帯別に見ると、訪問看護ステーションの3.26倍から健診センターおよび労働衛生機関の0.24倍までさまざまだ。

〔出典〕日本看護協会:2020(令和2)年度 ナースセンター登録データに基づく看護職の求職・求人・就職に関する分析報告書,2021.p. 2

上記の結果を見る限り、次の施設は求人倍率が1以上であり、転職しやすい職場と判断して良いでしょう。

  • 訪問看護ステーション…3.26倍
  • 病院(20~199床)…1.93倍
  • 病院(200~499床)…1.58倍
  • 介護老人福祉施設(特養)…1.15倍
  • 病院(500床以上)…1.06倍
  • 介護老人保健施設…1.01倍
  • ケアハウス・グループホーム・有料老人ホーム…1.00倍

一方、次の施設は求人倍率が1未満であり、ハードルが高く転職しにくい職場と判断したほうが賢明です(2020年度の全職業平均求人倍率は1.01倍)。

  • 社会福祉施設…0.95倍
  • クリニック(無床)…0.78倍
  • デイサービス・デイケアセンター…0.76倍
  • クリニック(有床)…0.52倍
  • 市区町村・保健センター…0.34倍
  • 会社・事業所…0.28倍
  • 健診センター・労働衛生機関…0.24倍

看護師さんの転職先として人気の高いクリニックや健診センターなども競争が激しい職場であり、転職をお考えの方は入念な準備が欠かせないでしょう。

「看護師の転職はハードルが低い」のまとめ

公的機関の調査によって、看護師の転職市場には以下のような傾向があることがわかりました。

看護師転職市場の概況

  • 有看護師の求人倍率は2.22倍であり、転職自体のハードルは高くない
  • 新型コロナウイルス関連業務として、ワクチン関連求人やコールセンター関連求人も確認されており、多様な働き方が広がっている
  • 施設ごとに求人倍率の差が激しく、一部の職場に看護師の応募が殺到している
こうした看護師の転職市場を踏まえ、次章では看護師が転職を成功させるために必要なコツをご紹介していきます。

3. 失敗例から学ぶ!看護師が転職を成功させる9つのコツ

看護師の転職を成功させるための9つのコツを、転職失敗例とともにご紹介します。

順番に見ていきましょう。

3-1. 転職したい理由をハッキリさせる

まずは、転職したい理由をハッキリさせることが大切です。

転職したいと考えたきっかけや理由を明確にすることで、次の転職先を選ぶ基準をつくることができるからです。

また、転職したい理由を分析することで「仕事をする上で重視していることは何か」「そもそも転職すべきか」といった本質的な答えを見つけ出すことができるはずです。

もし、転職したい理由を分析せずに勢いのまま転職してしまうと、転職後に「こんなはずじゃなかったのに……」といったミスマッチを感じてしまうかもしれません。

◆転職してから前の職場のほうが向いていたかもと思った

口コミ・評判

匿名さん(一般病院→美容クリニックへの転職)

夜勤と残業がしんどくて、そういうのが無いクリニックに行きたいと思うようになりました。

先に病院を辞めた同期の誘いで、美容クリニックに転職しました。確かに夜勤・残業がほぼなくて、その部分は良かったのですが、患者さんへ営業をしている気がして..。なりたかった看護師像とは少し違う気がします。

前の仕事の方が辛かったけど、自分に向いていたかなと思います。

こうした失敗をしないためにも、まずは転職したい理由をハッキリさせることから始めましょう。

看護師さんにおすすめの自己分析の手順は以下の通りです。

転職したい理由を明確にする方法

転職を考えたきっかけを紙に書く

箇条書き・なぐり書きで問題ない。辞めたいと思ったきっかけや出来事を書くという作業を通して、現状を客観視することができる。

紙に書いた内容から、不満を感じるポイントを抜き出してみる

今の職場のどこに不満を感じるのか、具体的なポイントを抜き出すことで転職先を選ぶ基準がわかる。

「転職のきっかけ」から抽出できる「現状への不満」の例(タップして確認!)
  • 「いつも先輩に怒られて怖いし、ちゃんと勉強しなきゃって思うけど、夜勤も残業も多いから時間が足りない」
    先輩との人間関係、夜勤や残業の多さ
  • 「失敗ばかりで仕事中でも泣きそうになる」
    失敗ばかりする自分

抜き出したポイントを改善するために転職が必要かどうかを評価する

転職という方向性が本当にベストなのかどうかを考えることで、後悔のない選択ができる。

抽出したポイントから転職の要否を考える際の例(タップして確認!)
  • 先輩との人間関係
    理不尽に怒られることも多く、体調に支障が出るくらい辛い。誰も助けてくれない環境で働き続けるのは無理かも……。
    転職活動を始めてみる
  • 夜勤や残業の多さ
    これから退職する予定の人もいて、人手不足の解消は見込めなさそう。体力の限界も感じており、辛い……。
    転職活動を始めてみる
  • 失敗ばかりする自分
    経験も浅く、勉強不足が原因かも。隙間時間でもいいから、少しずつ勉強して自信が持てるようになりたい。
    現職で頑張ってみる

「転職後に後悔するのは嫌だ」「転職してすぐに辞めるのは避けたい」と思う方は、転職したい理由をしっかり分析していきましょう。

3-2. 転職の条件に優先順位をつける

転職の理由を明確にしたら、転職先に求める条件に優先順位をつけましょう

「これだけは譲れない」「ここは妥協してもいいかも」という条件の優劣をつけておくことで、実際の求人を見た時に判断しやすくなるからです。

優先順位をつけないまま求人探しを始めてしまうと、求人を見ているうちに迷ったり、転職の軸がブレてしまうかもしれません。

◆優先順位をつけてから求人を見るべきだった

口コミ・評判

匿名さん・30代前半

希望の条件に合う求人を探している内に、どの職場も良く見えてしまい、迷った経験があります。

色々見ているうちに「焦って決めなくてもなんとかなりそう」とのんびり構えていたら、気になってた職場の募集が早めに締め切られ、かなりショックでした。

希望条件を絞るか、せめて優先順位をつけてから求人探しをするべきでした。

もちろん、希望条件がすべて叶う職場が見つかることが、なにより最善であることは間違いないでしょう。

しかし、転職する時期によっては看護師の求人数が少ないこともあるため、あらかじめ優先順位をつけておくことで、転職活動の長期化を防げます。

「なるべく早く転職したい」「転職活動を長引かせたくない」とお考えの方は、転職条件の優先順位をつけましょう。

3-3. 転職までの大まかなスケジュールを立てておく

転職活動の際は、大まかで構いませんのでスケジュールを立てておきましょう

スケジュールを立てるポイントは、「理想:できれば何月何日までに転職先を決める」「妥協:遅くとも何月何日までに転職先を決める」の2つを決めることです。

無計画に転職活動を始めてしまうと、ズルズルと先延ばしになり、転職できないまま時間だけが過ぎるかもしれません。

◆いつでも転職できると油断していたら、金欠になった

口コミ・評判

匿名さん・20代後半

周りから「退職前に転職活動してブランクを空けない方がいいよ」と言われていたのですが、退職前の引継ぎや手続きが忙しく、結局次の転職先が決まらないまま退職日を迎えてしまいました。

退職直後は、時間を気にしなくていい毎日に幸せを感じていましたが、生活費のために貯金を切り崩していく内にお金の不安を感じるようになりました。

退職しても失業手当がすぐに出る訳じゃないということも知らず、リサーチ不足でした。

結局焦って転職先を選ぶはめになり、もっと計画的に動けばよかったと後悔してます。

無計画に転職活動を始めてしまうと、経済的な不安から転職活動に専念することすらできなくなるかもしれません

こうした失敗を防ぐためにも、転職までの大まかなスケジュール調整をしっかり行っていきましょう。

3-4. 気になる職場があれば情報収集をする

気になる求人を見つけたら、さまざまな方法を使って情報収集をしましょう。

異なる情報源から情報収集を行うことで、転職先のリアルな内部事情を把握することができ、転職後のミスマッチを減らすことができるからです。

一見、面倒にも感じる作業ではありますが、情報収集が不足すると、転職のチャンスを棒に振ってしまうかもしれません。

◆人間関係が悪く、すぐに辞めることになった

口コミ・評判

匿名さん
転職したばかりでしたが、すぐに辞めました。一番しんどかったのは人間関係です。新人ということもあり、同じ失敗を何度かしてしまい先輩に「何度同じことを言わせるんだ」と怒られる日々でした。他のスタッフも私が失敗するのを「またこんな失敗したらしい」と裏で笑い話にしていたようです。失敗が続き、味方もおらず疲弊していたこともあり、すべての人間関係が嫌になり退職してしまいました。

◆事前に聞いていた条件と違った

口コミ・評判

匿名さん
めったに退職者がおらず、なかなか募集枠が空かないということでした。また、長年勤続される人が殆どで、それだけとても働きやすい環境であるとのことでしたが、入職してみると、十数人単位で次々とスタッフが辞めていく、入れ替わりの激しい職場で大変でした。ワークライフバランスが取りやすいと聞いていましたが、実態としては毎日残業だらけ、休憩返上とかなりブラックなクリニックでした。

このような失敗を防ぐためにも、さまざまな角度からの情報収集は欠かせません。

おすすめの情報収集方法をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

看おすすめの職場情報収集方法

  • 病院やクリニックのホームページをチェックする
  • 可能であれば、職場見学を行う(職場によってはWeb見学会を行っているところもある)
  • 気になる職場に知人が友人がいれば、話しを聞いてみる
  • 実際に働いた経験のある看護師の口コミが集まる、口コミサイトを確認する

口コミサイトには、実際にそこで働いた看護師さんが投稿した口コミが掲載されており、現場の生の声を簡単に知ることができます。

おすすめの口コミサイト3社を以下に紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

ナスコミ登録口コミ数40万件以上あり、気になる病院の情報が見つかりやすい
ナース専科看護師だけでなく、インターンや実習を行った看護学生からの口コミも豊富
medico独自の病院ランキングを掲載し、看護師が働きやすい職場を提案してくれる

いずれの口コミサイトも、無料会員登録が必要だったり、投稿して閲覧ポイントを獲得する必要があったりしますが、リアルな現状を確認するにはもってこいの方法といえます。

転職後に後悔することのないよう、事前の情報収集は念入りに行いましょう。

3-5. 病院以外の職場にも目を向ける

転職先を病院に限定するのではなく、企業や施設などの病院以外の職場にも目を向けてみましょう。

病院以外にも看護師が働きやすい職場は数多くあり、好待遇の職場が見つかる可能性もあるからです。

ただ、病院以外の職場はどんなところなのか、どんな仕事をするのか、イメージが湧かない方もいますよね。

厚生労働省の調査によると、看護師さんの7割以上が病院勤務であるという結果が出ているため、病院以外で働くことに抵抗を感じる方もいるかもしれません厚生労働省:令和2年衛生行政報告例_就業医療関係者_概況,2020.

しかし、裏を返せば、病院以外で働くことは、今までとは異なる経験やスキル取得のチャンスとも言えます。

今の職場にマンネリを感じている方や、看護師の資格を活かして色々な体験をしたい方は、ぜひ病院以外の職場を検討してみると良いでしょう。

下記に、病院以外で看護師が働ける職場の一例をまとめました。気になる職場があればぜひ調べてみましょう。

 看護師が活躍できる病院以外の職場の一例

  • 一般クリニック
  • 美容系クリニック
  • 訪問看護ステーション
  • 老健や特養などの介護系施設
  • 健診センター(労働衛生機関)
  • 保育園
  • 児童養護施設
  • 大学の保健室
  • 治験医療機関
  • 企業(産業看護師、企業内保健室勤務、治験コーディネーターなど)
  • テーマパークなどの救護室
  • イベント会場
  • 旅行先(ツアーナース・リゾートナース)
  • 看護学校(教員や実習指導教員など)
  • 献血ルーム・献血バス・血液センター(献血看護師)
  • 刑務所(一般刑務所または医療刑務所で勤務)

キャリアアップやスキルアップがしたい方は病院への転職がおすすめですが、「看護師資格を活かして今とは違う働き方がしたい」「新しい分野に挑戦したい」とお考えであれば、病院以外の職場も選択肢の一つに入れることをおすすめします。

3-6. 履歴書や面接などの選考対策をしっかり行う

履歴書や面接などの選考対策は、入念に行うことが必要です。

どれだけ立派な経歴やスキルがあっても、履歴書や面接の印象が悪いと、最悪の場合不採用になってしまうこともあるからです。

採用担当者は、履歴書の内容や書き方、面接の内容や振る舞いなどから、「すぐに辞めたりしないか」「活躍が期待できる人材か」といった観点で選考を行っています。

採用担当者にご自身の強みをアピールするためには、選考対策を十分に行わなくてはならないのです。

◆転職回数の多く、面接でどう伝えるか悩んだ

口コミ・評判

匿名さん
何度も転職してるのですが、面接時に前職をやめた理由をどのように言えば印象が悪くないのか、自分の看護技術について経験していること、できること、できないことをどのように伝えたらより伝わりやすいのか悩んだ。

選考対策に自信の無い方は、6章でご紹介する転職サイトに登録し、看護師の転職実績が豊富なキャリアアドバイザーに相談しながら、履歴書添削や面接練習などの無料のサービスを利用してみると良いでしょう。

3-7. 今の職場でやり残したことは無いか考える

今の職場でやり残したことが無いかを確認しておくことも大切です。

なぜなら、勢いのまま転職してしまうと「前の職場のほうがやりがいがあったかも…」「転職しなきゃよかった」と後悔してしまう恐れがあるからです。

たとえば、「いつも先輩に怒られて辛いから辞めたい」と考えるの新人看護師さんの場合、先輩はあなたに成長してほしいからこそ厳しい指導をしているのかもしれません。

一通りの経験を積んでから転職したほうが、キャリアの幅を広げることができるので、転職によるメリット・デメリットを天秤にかけて判断すべきでしょう。

◆転職してから前の職場の良さに気付いた

口コミ・評判

匿名さん・20代後半)

業務量の多さや残業が当たり前の雰囲気が辛く、夜勤のたびに体調を崩していたので退職しました。

転職先に選んだのは小さなクリニックだったのですが、そこは慣習を重んじるところで、以前の職場との違いに衝撃を受けました。ベテランナースの言うことは絶対で、根拠のないケアを平然と行う環境に耐えられず、1年も経たずに辞めてしまいました。

転職したからこそ、前の職場の良さに気付けたのですが…今更戻ることもできず、後悔だけが残ってます。

転職することで以前の職場と比較をしてしまうことは、どうしてもあることです。転職してからギャップを感じてしまうことのないよう、今の職場を辞める前にシミュレーションしてみると良いでしょう。

ただし、以下に該当する方は、ご自身の健康を害するリスクが高いので、転職することをおすすめします。

転職した方がいい看護師の3つの特徴

職場の労働環境が悪い

夜勤の回数が月に9回以上ある、勤務間インターバルが十分ではない、時間外勤務が当たり前になっている、人手不足で経験に見合わない業務を任される など

人間関係に改善の見込みがない

理不尽なイジメ・ハラスメントが横行している、困った時に助けてくれる上司がいない など

心や体の体調不良を感じている

夜眠れない、食欲がない、過食気味である、仕事のことを考えると辛くなる など

自分で判断できない方は、信頼できる先輩、友人、家族、転職サイトのキャリアアドバイザーなどに相談し、客観的な意見をもらうと良いでしょう。

3-8. 体調に異変を感じている場合は転職よりも休養を

現時点で体調に異変を感じている方は、転職よりも休養を優先しましょう

環境を変えるために転職活動を行うことは大切ですが、疲れ切った状態で転職活動をしても、正常な判断ができるとは言い難いからです。

勢いのまま転職した結果、後悔することのないように、まずは十分に休息をとり、冷静な判断ができる状態になるまで整えましょう。

睡眠時間を確保し、バランスの良い食事を心がけ、意識的に疲れを取ることが重要です。

休職を検討するのも一つの手

「毎日職場に行くことが辛い」「仕事のことを考えるだけで憂鬱」という方は、職場の上司に相談し、休職することも一つの手です。
そもそも、ご自身の健康を犠牲にするような働き方は、長くは続きません
実際に、職場の人手不足を理由に限界を感じたまま働いた結果、うつ病や適応障害を発症し働けなくなってしまう看護師さんも多くいます。
休職は迷惑行為ではなく、自分を取り戻すために必要な時間です
看護師の仕事を長く続けるためにも、限界を感じる前に休職の相談を行いましょう。

3-9. 転職活動が不安なら転職サイトに登録しプロに相談する

ここまでお伝えした転職を成功させるためのコツを自力で行うのは、時間や労力がかかるため、「大変そう…」と感じている方もいますよね。

転職活動では、自己分析や求人検索、履歴書の準備、面接対策、転職に関わる手続き、スケジュール調整などやらなくてはならないことが多く、仕事や家庭と両立しながら進めることは困難です。

そのため、看護師の転職をサポートしてくれる転職サイトに登録し、転職のプロであるキャリアアドバイザーに相談しながら転職活動を進めることをおすすめします。

◆仕事と家庭と転職活動の両立が実現

口コミ・評判

匿名さん・30代後半

以前は知人の紹介で転職をしましたが、今回の転職ではマイナビを利用。

一番良かったのがとにかく楽ということです。必要に応じて手続きをフォローしてくれるので、仕事・家庭のことをしっかりしながらも転職活動ができました。

◆フォローのおかげでスムーズに転職活動が進んだ

口コミ・評判

匿名さん・40代後半
良かった点は、担当者が私の経歴や資格を把握しておられ、また、私がやりたい看護についてしっかりと話しを聞いてくれました。その上で、条件とマッチする病院を2〜3件絞ってくれました。その病院の良いところ、悪いところも把握していて、そういうところもきちんと情報提供してくださいました。担当者の方が、絞り込んだ病院の担当者の方ともすぐに連絡を取ってくださり、スムーズに転職活動は進みました。履歴書や、職務経歴書の添削もしてくださり、面接で聞かれるであろうこと、前職の退職理由も、私の話しだけで上手くまとめてくださいました。入職後のフォローも良く、1カ月ごとにLINEや電話で近況を聞いてくださってます。

転職サイトを利用することで、不慣れな転職活動をスムーズに進めることができ、不安を減らすことができるでしょう。

転職サイトに関する詳しい解説は4章を、Career Theory編集部が厳選したおすすめ転職サイトは6章をご覧ください。

「看護師が転職を成功させるコツ」のまとめ

看護師が転職を成功させるためのコツは、以下の9つでした。

看護師が転職を成功させるための9つのコツ

  • 転職したい理由をハッキリさせる
  • 転職の条件に優先順位をつける
  • 転職までの大まかなスケジュールを立てておく
  • 気になる職場があれば情報収集をする
  • 病院以外の職場にも目を向ける
  • 履歴書や面接などの選考対策をしっかり行う
  • 今の職場でやり残したことは無いか考える
  • 体調に異変を感じている場合は転職よりも休養を
  • 転職活動が不安なら転職サイトに登録しプロに相談する

次章では、看護師の転職活動の手順とおすすめの転職方法をご紹介します。

4. 何から始める?転職活動の手順とおすすめの転職方法5選

看護師の転職活動は、ご自身に合った方法を選び、スケジュールを意識して行うことが大切です。

とはいえ、転職がはじめての方や、転職に不慣れな方は、どの方法が自分に合っているか判断できないですよね。

そこで、この章では看護師の転職におすすめの転職方法を5つご紹介します。

詳しく見ていきましょう。

4-1. ハローワーク

ハローワークは求人紹介を行う公的機関であり、求職者にとっては定番の転職方法になります。

求人の紹介だけでなく、求職相談や失業手当の申請なども行うことができるため、下記に該当する方は利用してみると良いでしょう。

ハローワークがおすすめな人

  • 今の職場を辞めてからゆっくり転職活動したい人
  • 失業手当の受給を検討している人
  • 公的機関の立場から、中立的なアドバイスをもらいたい人

ハローワークを使った転職活動は、以下の流れで行います。

ハローワークを利用する場合の流れ

Step 1:ハローワークに求職登録をする

ハローワークを利用するためには、求職者登録が必要である。

最寄りのハローワークに訪問するか、ハローワークインターネットサービスを通じて、基本情報(氏名・住所)や希望条件(雇用形態・月収)、資格や経歴などの登録を行う。

Step 2:求人検索や相談を行う

登録後、求人検索サービスが利用できる。
最寄りのハローワークに訪問すると、設置されている端末で求人検索できるだけでなく、求人選びや選考対策に関する相談が可能。

求人検索だけを利用したい場合は、ハローワークインターネットサービスを通じて自宅のパソコンやスマホからアクセスできる。

Step 3:応募する職場を選び、面接を受ける)

気になる職場が見つかったら履歴書や面接の準備をする。

あなたの魅力が伝わるように履歴書・職務経歴書を書きあげ、礼儀作法に気を付けながら提出する。
労働条件や給料などで気になることがあれば、相談できる。

ハローワークは求人数が豊富で誰でも利用できる職業紹介所ですが、企業の求人掲載も無料で、審査も比較的緩い傾向があります。
そのため、なかには虚偽の求人情報を掲載している医療機関の求人や、ブラックな職場の求人が隠れている可能性もあるため、利用する場合は他の転職方法との併用をおすすめします。

4-2. 直接応募

直接応募とは、病院や施設の公式ホームページにある採用ページを通じて直接応募する方法のことです。

病院のホームページにある求人情報をもとに応募するため、求人が出ていないかこまめにチェックする必要がありますが、その過程で病院の経営方針や理念を確認することができ、結果的に転職後のミスマッチを減らすことが可能な方法になります。

直接応募がおすすめな人

  • 働きたい病院や施設が既に決まっている人
  • 国立や公立の医療機関で働きたい人
  • スキルや経験のアピールに自信がある人

直接応募で転職する場合は、以下の流れで転職活動を進めていきます。

直接応募で転職する場合の流れ

Step 1:Step1.応募先を探す

働きたい病院や施設の公式ホームページをチェックし、求人情報の確認をする。
各医療機関によって募集時期は異なるため、こまめにチェックすることが大切。
具体的な転職先が決まっていない場合は、ハローワークや求人広告サイトで情報収集するところから始める。

Step 2:求人内容の詳細を確認する

応募先が決まったら、求人情報を確認する。
ホームページを見てもわからないことは、直接電話で問い合わせる。
その際、可能なら職場見学できるかどうかを確認する。

Step 3:応募(書類提出・日程調整)

病院や施設の規定に合わせて、必要な書類を提出し、面接の日程調整をする。
働きながら転職活動をしている場合は、シフトが被らないように注意する。

Step 4:選考を経て内定、転職へ

内定をもらったら、退職手続きと入職手続きを行う。
退職日や入職日が近付いてから慌てることのないよう、計画的に進める。

直接応募は採用にかかる費用の負担がないため、一部の病院や施設の採用担当者には歓迎されやすい転職方法です。

しかし、応募条件を細かく確認する必要があったり、選考対策を自力で行わなくてはならなかったりと、応募する看護師さんにかかる負担が大きい転職方法でもあります。

スキルや経験のアピールに自信のある方や国公立系の医療機関に転職したい方以外は、他の転職方法を選ぶことをおすすめします。

4-3. ナースセンター

ナースセンターは、日本看護協会が運営する職業紹介サービスのことです。

求人紹介以外にも、相談サービスや復職者研修などの転職支援を受けることができるのが魅力の転職方法になっています。

ナースセンターがおすすめな人

  • 看護の知識が豊富な担当アドバイザーに相談したい人
  • ブランクがあり、復職者研修や講習などのサービスを利用したい人
  • キャリアに関するセミナーや研修の情報が知りたい人

ナースセンターを利用する場合、まずは各都道府県看護協会が運営しているeナースセンターに登録し、必要なサービスを受けてみると良いでしょう。

とくにおすすめなのは、相談員による就業相談や、再就職に向けた研修です。

相談員の多くが看護師経験者であり、専門的な悩みを理解し、親身に相談に乗ってくれるでしょう。また、ブランクのある看護師に向けた研修も随時開催されており、復職を目指す看護師さんに人気です。

ただし、ナースセンターは他の転職方法に比べて求人数が少なかったり、特定の分野に偏った求人しかなかったりと、デメリットがあることは否定できません。

利用する場合は他の転職方法との併用をおすすめします。

4-4. 知人の紹介

信頼できる知人や友人から紹介してもらい、転職するという方法もあります。

求人票ではわからない内情を包み隠さず教えてもらうことができるため、ミスマッチを防ぐことが可能です。

知人の紹介がおすすめな人

  • 働きたい医療機関に知人が勤めている人
  • 職場のリアルな内情を知った上で転職したい人
  • 企業看護師や産業保健師に転職したい人

知人経由の紹介を受けることで、他の転職方法よりも採用されやすいというメリットがあります。

また、企業に転職したい方にとって、知人の紹介(リファラル採用)のほうが有利になることもあるため、企業看護師や産業看護師を目指す方にとってはチャンスと言えるでしょう。

ただ、知人の紹介は、職場見学や面接を受けてイメージが違った場合に断りにくかったり、退職したいと思っても言い出しにくかったりといった、デメリットがあることは認識しておいた方が良いでしょう。

4-5. 求人広告サイト

求人広告サイトは、病院や施設の詳しい求人情報が掲載されているサイトのことで、「求人サイト」「求人情報サイト」と呼ばれることもあります。

看護師に特化した求人広告サイトでは、転職で確認しておきたい求人情報が簡単に検索でき、スマホやパソコンから気軽に利用できるため、看護師にも人気があります。

求人サイトは、看護師が自分自身で求人情報を検索して応募する仕組みのサービス

求人広告サイトがおすすめな人

  • とにかく多くの求人情報が見たい人
  • 自分のペースで転職を進めたい人
  • 細かい求人情報の確認を簡単に済ませたい人

求人広告サイトを使った転職活動は、以下の流れで行います。

求人広告サイトを利用する場合の流れ

Step 1:Step1.応募先を探す

スマホやパソコンから求人広告サイトにアクセスし、希望の条件を入れて求人情報を確認する。

Step 2:求人広告サイトの案内に従い、応募する

求人広告サイトのフォーマットに必要事項を入力し、応募を行う。
応募先の病院から連絡が来たら、必要書類の確認や面接日程の調整を行い、選考に進む。

Step 3:選考を経て内定、転職へ

内定をもらったら、退職手続きと入職手続きを行う。
退職日や入職日が近付いてから慌てることのないよう、計画的に進める。

求人広告サイトは、後述する転職サイトと異なり、担当アドバイザーがつきません。そのため、他の転職方法と同様に自力で転職活動を行うスタイルであることは認識しておいた方が良いでしょう。

■求人広告サイトと転職サイトの違い

会員登録の有無
看護師特化型
求人広告サイト
基本的には登録しなくても求人検索が可能
(登録することでスカウト求人を紹介してもらえたり、会員限定の情報を知ることができたりと、会員登録がメリットになる求人広告サイトもある)
看護師転職サイト
  • 会員登録しなくても公開求人の検索や閲覧は可能
  • 会員登録することで、好待遇の非公開求人を紹介してもらえる
利用料
看護師特化型
求人広告サイト
無料
看護師転職サイト無料
キャリアアドバイザーの有無
看護師特化型
求人広告サイト
担当アドバイザーはいない
看護師転職サイト
  • 専任のキャリアアドバイザーがいる
  • 転職やキャリアに関する相談に気軽に乗ってもらえる
求人検索のしやすさ
看護師特化型
求人広告サイト
細かい求人条件の検索ができる
看護師転職サイト細かい求人条件の検索ができる
求人選びに関するサポート
看護師特化型
求人広告サイト
なし
希望条件を設定しておけば、条件に合う求人をメールやLINEに届けてくれる求人広告サイトもある
看護師転職サイトあり
単に条件に合う求人を紹介してくれるだけでなく、ひとり一人のキャリアに合った求人を紹介してくれる
選考サポート
看護師特化型
求人広告サイト
なし
履歴書や職務経歴書の作成機能がある求人広告サイトもあるが、基本的には自力で作成する
看護師転職サイトあり
希望者には履歴書添削や面接練習などの手厚いサポートが受けられる
転職に関する手続きや調整のサポート
看護師特化型
求人広告サイト
なし
基本的にはすべて自力で行う
看護師転職サイトあり
退職や転職に関わるさまざまな手続き・調整を代行してくれる

求人広告サイトだけでは不安な方や手厚いサポートを受けたい方は、次に紹介する看護師転職サイトと併用することをおすすめします。

4-6. 看護師転職サイト

看護師転職サイトは、看護師の転職事情に詳しいキャリアアドバイザーにサポートしてもらいながら転職活動を進める転職方法です。

求人紹介だけでなく、キャリアカウンセリング、選考対策、各手続きの代行など、さまざまなサポートを行ってくれるため、転職をお考えのすべての看護師さんにおすすめできます。

転職サイトは、看護師さんが入職するごとに、病院は転職サイトに紹介手数料を支払うという仕組みで成り立っているため、利用する看護師さんには料金が一切発生しません。

転職サイトの仕組み

転職サイトがおすすめな人

  • 転職先が決まっていない人
  • 転職の軸が定まっていない人
  • 履歴書や面接に対する不安がある人
  • 転職活動の時間が無い人
  • 転職前に人間関係や労働環境を確認しておきたい人

転職サイトには求人が豊富にあり、なかにはインターネット上に出ていない好待遇の求人(非公開求人)もあるので、登録することで転職の選択肢を増やすことができるでしょう。

キャリアアドバイザーは求人票だけではわからない人間関係や職場の雰囲気に関する情報もしっかり把握しているため、転職後のギャップを減らすことも可能です。

転職サイトを利用する場合、以下の流れで転職活動を進めていきます。

転職サイトを利用する場合の流れ

Step 1:Step1.面談

各転職サイトの公式ページから登録すると、担当アドバイザーから電話かメールで連絡がくる。
初回の連絡では具体的な面談の日程調整を行い、その後、キャリアや転職先に求める条件などのヒアリングが行われる。

Step 2:求人の紹介

面談後、希望に合う求人を紹介してもらえる。
気になる職場があれば、担当のキャリアアドバイザーに伝えると、職場の内情や雰囲気などを教えてもらうことができる。

気になる職場がなければキャリアアドバイザーに伝え、再度求人を探してもらう。

Step 3:転職サイト経由で応募する

担当者が選考書類の確認や面接日程の調整を行ってくれる。
必要な書類を揃え、面接に臨む。なお、履歴書や面接が不安な方は履歴書添削や面接練習などのサポートを受けることも可能。
同時進行で、自分からは言いにくい給与や待遇に関する条件の交渉も行ってくれる。

Step 4:選考を経て内定、転職へ

内定をもらったら、退職手続きと入職手続きを行う必要があるが、ほとんどの手続きはキャリアアドバイザーが代行してくれる。
入職までのスケジュール調整や、退職時に発生したトラブルなども幅広くフォローしてもらえるので、安心して転職できる。

転職サイトは看護師の転職活動をフルサポートしてくれるため、「失敗したらどうしよう」と不安を感じている方や、「転職を成功させたい」と強い思いのある方におすすめです。

転職を成功させたいなら、まずは登録することから始めましょう。

4-7. 複数の方法を併用することもおすすめ

自分にぴったりの求人を見つけるためには、なるべく多くの情報を集めることが重要です。

「求人がなかなか見つからない」とお悩みの方は、複数の手段を活用し選択肢を増やしましょう。

おすすめの併用パターン

失業保険受給中の方:転職サイトとハローワークの併用

転職サイトから応募しつつ、ハローワークで月々の手続きを行う際に、窓口で相談。求人の応募は、失業保険受給要件である求職活動実績として認められる。

転職活動がはじめての方:転職サイトとナースセンターの併用

どちらも看護師転職に特化したアドバイスなどが受けられるので、転職成功率を高めることができる。

なるべくたくさん求人を見たい:複数の転職サイトの併用

複数のサイトを利用すれば、数百〜数千件の情報の中から、最適なものを選べる。ただ選択肢が増えすぎても判断に迷うことがあるため、転職サイトのキャリアコンサルタントと相談しながら決めるのがおすすめ。

【補足】転職活動にかかる期間はどのくらい?

転職活動にかかる期間には個人差がありますが、一般的には1〜3月程度といわれています。

実際にCareerTheory編集部が行ったアンケート調査でも、約半数が「転職活動に1〜3カ月かかった」と回答しています。

転職経験のある看護師100名を対象にした調査では、約47%が転職期間について「1~3か月かかった」と回答した。

〔出典〕Career Theory編集部による看護師対象アンケート調査,2021年4月実施.

転職活動がスムーズに進めば1カ月程度で終わることもあるようですが、最新の看護師転職市場を考慮すると、ある程度長引く可能性があると認識しておいた方が良いでしょう。

5. 理想の転職先は?転職の目的別におすすめの職場を紹介

転職先を選ぶ時は、転職したい理由や目的に合わせて転職先を選びたいですよね。

この章では、看護師さんが活躍でき、転職の目的が叶うおすすめの転職先を紹介していきます。

5-1. 年収アップしたい方におすすめの職場3選

「年収を増やしたい」「高給が狙える職場が知りたい」とお考えの方におすすめの職場は、以下の3つの職場です。

(1). 300床以上の病院

300床以上の規模が大きい病院は、平均以上の年収が期待できる職場です。

日本看護協会の調査によると、病床数が多い病院ほど看護師の平均年収が高いことがわかっています。

■病床数別に見た看護師の平均月収と目安年収

病床数月収(万円)目安年収(万円)
500~34.6494.7
400~49933.5481.5
300~39932.9474.3
200~29931.7459.9
100~19931.3455.1
~9930.8449.1

※勤続10年、31~32歳、非管理職の看護師の給与のデータをもとに作成
〔出典〕日本看護協会:2020年 病院看護実態調査,2021.

勤続10年の看護師(31〜32歳、非管理職を想定)の平均月収は31.8万円、目安年収は約460万円なので、300床以上の病院であれば平均年収を上回る形となります。

病院の規模が大きくなればなるほど、最先端医療や救急医療などの重要な役割を持っており、病院の収入源である診療報酬も高い傾向にあります。

その分、看護師に求められる知識やスキルは高度になりますが、頑張りが給料に反映されるため、やりがいを感じる方も多いでしょう。

病院(300床以上)の求人を実例で紹介

病院(300床以上)の求人には次のようなものがあります。
※タップすると開きます

東京都23区内にある320床の病院

▼施設概要

  • 東京都23区内
  • 320床
  • 一般病院・二次救急
  • 内科 精神科 消化器科 循環器科 小児科 外科 整形外科 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 リハビリテーション科 麻酔科
  • 看護師寮あり

▼業務内容

病棟での業務全般

▼給与

年収:533万円〜、月給:34.7万円〜
【給与例(経験8年)】
年収:563万円、月給:37.4万円、賞与:113.8万円

▼勤務時間

常勤(2交代制)

▼待遇

  • 昇給:年1回、賞与:年2回
  • 住宅手当、夜勤手当、病棟手当、通勤手当
  • 制服貸与、職員食堂、職員旅行、忘年会、祝慰金制度、直営保養所、委託保養所、永年勤続表彰、退職金制度
  • 厚生年金、健康保険、労災保険、雇用保険

▼休日・休暇

  • 年間休日122日
  • 4週8休制+祝日、夏期休暇5日、年末年始休暇6日
  • 有給休暇、産前産後休暇、育児介護休暇、傷病休暇、特別休暇(結婚、出産、その他)
  • 7連休取得実績あり、産休育休取得実績あり

▼求人の特徴

  • 認定看護師支援制度あり(通学中は休職扱いだが基本給は支給)
  • 先輩看護師が新人看護師にマンツーマンで指導・教育・フォロー・ケアを行ってくれるプリセプター制度あり

〔出典〕『看護roo!』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月22日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

京都府にある300床の病院

▼施設概要

  • 京都府
  • 300床
  • 一般病院、療養、二次救急
  • 内科、神経内科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、眼科、放射線科、リウマチ科、リハビリテーション科、麻酔科
  • 車通勤可能(駐車代3,000円/月)
  • 24時間託児所完備

▼業務内容

病棟での看護師業務

▼給与

年収:441万円〜、月給:30.4万円〜
【給与例(経験9年)】
年収:478万円、月給:32.6万円、賞与:85.9万円

▼勤務時間

常勤(2交代・シフト制)

▼待遇

  • 昇給:年1回、賞与:年2回/4カ月
  • 夜勤手当、家族手当、資格手当
  • 財形貯蓄、制服貸与、職員旅行、保養施設、会員制ホテル、リゾートマンション、テニスコート、年2回一流ホテルでのパーティ-、ゴルフコンペ
  • 定年60歳、退職金制度、再雇用制度
  • 健康保険、雇用保険、厚生年金、労災保険

▼休日・休暇

  • 年間休日107日
  • シフト制(1カ月に9回休み。2月のみ8回)
  • 慶弔休暇、有給休暇、産前産後休暇、育児休暇

▼求人の特徴

  • ブランク可、担当業務未経験者の入職あり
  • 先輩看護師が新人看護師にマンツーマンで指導・教育・フォロー・ケアを行ってくれるプリセプター制度あり
  • スタッフの約半分近くは子育て中。通常保育+病児・病後児保育も可能。夜勤時も託児できる

〔出典〕『看護roo!』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月22日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

神奈川県にある319床の病院

▼施設概要

  • 神奈川県
  • 319床
  • 二次救急
  • 内科、精神科、神経内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、歯科
  • 車通勤可

▼業務内容

病棟における看護業務

▼給与

年収:429万円〜、月給:30.3万円〜
【給与例(経験10年)】
年収:511万円、月給:36.3万円、賞与:3カ月

▼勤務時間

常勤(2交代制)

▼待遇

  • 昇給:年1回、賞与:年2回/3カ月
  • 住宅手当、夜勤手当、看護師手当、残業手当、通勤手当、看護師調整手当、勤務手当
  • 健康保険、労災保険、雇用保険、厚生年金
  • 共済制度、診療補助金制度、職員旅行(年1回)、サークル活動、保育補助制度、制服貸与
  • 定年60歳、退職金制度、再雇用制度

▼休日・休暇

  • 年間休日110日 ※祝日含む4週8休制
  • 夏期休暇、慶弔休暇、有給休暇、リフレッシュ休暇、育児休暇、産前産後休暇

▼求人の特徴

  • 変則2交代制度を導入していて、日勤実働7.5時間、夜勤実働12時間と全国でも非常に短い
  • グループナーシング制度で新人ナースをグループでフォロー
  • 新卒向けのローテーション研修では各病棟を体験した上で、配属先を決定するから自分に合った職場を選ぶことができる
  • 地域の保育園と提携し未就学児のお泊り保育があるから子育て中の看護師も安心

〔出典〕『看護roo!』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月22日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

病院(300床以上)の求人を転職サイトで見つけるコツ

転職サイトの求人検索システムでは、病床数による絞り込みができません
そこで、看護師の方が転職サイトで病床数の多い病院求人を見つけるためのコツを紹介します。

病床数の多い病院求人の探し方

看護師求人検索のコツ
  • 「夜勤あり」「2交代制」「3交代制」などを選択する(「日勤のみ」や「夜勤なし」は選択しない)。
  • エリア指定は「都道府県」単位までにする(市区町村や駅は指定しない)。

夜勤や当直がある病院は救急外来を置いている病院が多く、地域の基幹病院になっているようなところが少なくありません。
こうした病院には病床規模の大きなものが多く、高年収であったり高度な医療を経験でき得るような医療施設が含まれている可能性が高いのです。

また、エリア指定を行うなら、都道府県単位までに留めましょう。
規模の大きな病院は複数の地区をまたいで地域医療の中心的役割を果たしていることが多く、市町村単位までピンポイントに指定してしまうと、病床数の多い病院が検索にヒットしない可能性があるからです。

病床数の多い病院求人を見つけるのが難しい探し方

看護師求人検索のコツ
  • 「高給与」や「年収●●万円以上」を選択してしまう
  • フリーワード検索に「300床」など具体的な数字を入力してしまう

転職サイトの求人検索システムで「高給与」や「年収●●万円以上」などを選択することは、あまりおすすめできません

たしかに「高給与」な病院の中には病床数が多かったり、キャリアアップにつながる求人が含まれていることもあるため、検索効率が良さそうに思えます。
しかし、「採用時の年収は高くないが、昇給率が良かったり役職ポストの数が多かったりする求人」がヒットしない可能性があるからです。

ほかにも、フリーワード検索機能がある転職サイトで「300床」など具体的な数値で検索するのは避けましょう
「300床」で検索すると、たとえば「301床」と記載されている病院はヒットしません。300床以上の病院を逃すことになってしまいます。

なお、病床数を重要視する場合、『看護roo!』と『看護のお仕事』の登録がおすすめです。

看護roo!』では、検索結果一覧に病床数が表示されるため、一つ一つ詳細情報を確認する手間を省けます。

看護師(病院)の求人検索方法

看護のお仕事』では、検索結果一覧を病床数の多い順に並び替えることができます。上から順番に見ていくだけで良いため、やはり余計な手間を省くことができます。

看護師(病院)の求人検索方法

病院(300床以上)の求人票で注目するポイント

病床数の大きな病院の求人票を確認するときは、以下の3点に注目しましょう。

―病院求人票の注目箇所―

  • シフトが「二交代制」か「三交代制」か
  • 各種手当の種類・金額や要件
  • 配置・配属(「看護配置」や設置診療科目)

年収アップしたい場合、夜勤を視野に入れる方も少なくありません。
看護師のシフトには「二交代制(日勤・夜勤)」と「三交代制(日勤・準夜勤・深夜勤)」があり、どちらの体制を導入しているかは病院によって異なります(混合シフトの病院もあります)。
自分の働きやすさはもちろん、家族の生活リズムとの兼ね合いも含めて検討しましょう。

次に、待遇(手当)にも注目したいところです。
特に差が出やすいのは住宅手当です。額はもちろん、支給要件(世帯主か、扶養家族はあるか、など)もまちまちですので、「自分が支給される手当はどれか?」まで深掘りして確認しましょう。

そのほか、忙しさの度合いをはかる指標として、「看護配置」も参考になります。
患者に対する看護師の配置人数を表すもので、「10:1」であれば、患者10人に対して看護師1人が配置されるということになります。

また、300床以上の大規模な病院では診療科目が多岐にわたりますが、病院によって有している診療科目に多少の違いがあります。
入職時、異動(配置転換)時に必ずしも希望を考慮してもらえるわけではありませんが、志望する診療科があるかも忘れずにチェックしましょう。

(2). 訪問看護ステーション

訪問看護ステーションも、高給が見込める職場の一つです。

厚生労働省の調査によると、訪問看護師(常勤・正看護師)の平均年収は約528万円であることがわかっています厚生労働省:令和2年度介護事業経営実態調査,2021.

看護師の平均年収が約498万円といわれているので、訪問看護師は高水準の給料が期待できると思ってよいでしょう厚生労働省:令和3年賃金構造基本統計調査,2022.

訪問看護師が高収入である理由として、オンコール手当がもらえることや、人手不足のため人材確保できるよう給与を高く設定している施設が多いことがあげられます。

年収アップを目指す方は、転職の選択肢の一つとして考えてみると良いでしょう。

ただし、訪問看護師は患者さんのニーズに合わせて専門的かつ柔軟な対応スキルが求められるため、「想像よりも仕事がキツイ」と感じ離職してしまう方もいます。

訪問看護師の実情を把握した上で、転職するかどうかを判断することをおすすめします。

訪問看護ステーションの求人を実例で紹介

訪問看護ステーションの求人には次のようなものがあります。
※タップすると開きます

東京都23区内にある訪問看護ステーション<オンコールあり>

▼施設概要

  • 東京都23区内
  • リハビリ訪問介護

▼業務内容

  • 新規開設の精神科特化の訪問看護における管理者業務
  • 在宅における訪問看護業務

▼給与

年収:540万円〜、月給:42万円〜、賞与:36万円

▼勤務時間

常勤(9:00~18:00)

▼待遇

  • 昇給:年1回
  • 賞与:年2回
  • オンコール対応手当
    • 土曜・祝日手当:訪問1回(60分)ごと
    • オンコール手当:平日夜間、土日祝(1日)
    • 夜間緊急出動手当:1回ごと
  • 訪問手当:訪問1回(60分)ごとで規定回数を超えてから支給
  • 通勤手当
  • 健康保険、労災保険、厚生年金、雇用保険
  • 結婚祝金、出産祝金、弔慰金、傷病等見舞金
  • 学会出張費支給制度、退職金制度

▼休日・休暇

  • 年間休日125日
  • 土日祝、夏季休暇、冬期休暇、産前産後休暇、有給休暇、結婚休暇、慶弔休暇

▼求人の特徴

  • 原則土曜日・日曜日・祝日休みのためプライベートとの両立がはかりやすい
  • リハビリ特化の訪問看護ステーションのため、一般的なステーションに比べると状態の安定した利用者が多い

〔出典〕『看護roo!』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月22日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

大阪府にある訪問看護ステーション<オンコールあり>

▼施設概要

  • 大阪府

▼業務内容

  • 訪問介護ステーションでの管理者業務全般

▼給与

年収:524万円~、月収:37.2万円~39.2万円、賞与:3カ月想定

▼勤務時間

変則労働時間制(8:30~17:30)

▼待遇

  • 通勤手当、資格手当、皆勤手当、職務手当、業務手当、リーダー手当、オンコール手当
  • 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険

▼休日・休暇

  • 年間休日:114日
  • 1カ月に9回休み、有給休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇

▼求人の特徴

  • 運営母体は、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、デイサービスセンター、ケアプランセンターなどを運営する社会福祉法人
  • 地域との交流も交えた活動

〔出典〕『マイナビ看護師』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月22日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

東京都23区内にある訪問看護ステーション<オンコールなし>

▼施設概要

  • 東京都23区内

▼業務内容

  • 訪問看護ステーションでの看護業務全般
  • オンコールなし
  • 訪問件数:3~4件/日

▼給与

年収:384万円~504万円、月給:32万円~42万円、賞与:2回

▼勤務時間

常勤(9:00~17:30のうち6.5時間)

▼待遇

  • 昇給:年1回
  • 賞与:年2回
  • 通勤手当

▼休日・休暇

  • 年間休日130日
  • 4週8休以上、土日祝休み
  • 夏季休暇、年末年始

▼求人の特徴

  • 訪問看護が未経験でもしっかりフォローしてもらえるため安心して働ける
  • 子育て中の人が多く、急な休みにも理解がある
  • 訪問先は自転車圏内が多く、運転免許がなくてもOK

〔出典〕『看護roo!』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月22日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

訪問看護ステーションの求人を転職サイトで見つけるコツ

看護師転職サイトの求人検索システムでは、施設形態の項目に「訪問看護」や「訪問看護ステーション」という選択肢があるため、絞り込みは比較的簡単に行えます。

ただ、注意しなければならないこともあるため、そのコツを紹介します。

訪問看護ステーション求人の探し方

看護師求人検索のコツ
  • オンコールの選択肢があれば有無を選択する(選択肢がある転職サイトを利用する)。
  • エリア指定は狭い単位から徐々に広くしていく(市町村・地区単位などから検索し始める)。

一般的に、訪問看護ステーションでは土日祝日や夜間の勤務はありませんが、「オンコール」がある場合があります。
「オンコール」とは緊急時には職場に駆け付けることができるよう自宅などで待機する業務で、「オンコール勤務」や、単に「待機」と呼ばれることもあります。

土日祝日や夜間の勤務(オンコール)ができない場合、オンコールなしの求人情報に絞って検討しましょう。
ただし、オンコールがあるから給料が高水準という側面もあり、オンコールありの職場の方が高給与の傾向があることには留意してください。

また、訪問介護ステーションはドミナントで(一定のエリア内に集中して)開設されるケースが多いため、比較的狭い範囲に点在していることがあります。
まずは狭いエリアを指定し、徐々に広げていく検索方法がおすすめです。

訪問看護ステーション求人を見つけるのが難しい探し方

看護師求人検索のコツ
  • 担当業務で「訪問看護」を選択してしまう(施設形態で「訪問看護」をするのはOK)。
  • フリーワード検索に「オンコールなし」と直接入力してしまう

求人検索システムにはいくつかの項目があり、施設形態のほかに担当業務でも絞り込むことができます。
ただ、この担当業務の中にある「訪問看護」を選択することはおすすめしません

施設形態ではなく担当業務の項目で「訪問看護」を選択してしまうと、病院や介護施設における訪問看護業務までヒットしてしまうため、訪問看護ステーションの求人を探している方はチェックを入れないようにしましょう。

また、フリーワード検索で「オンコールなし」と入力することも避けましょう
オンコール業務がないからといって「オンコールなし」と記載されているとは限らないため、オンコールがない好条件の求人を見逃してしまう可能性があるためです。
※反対に、オンコール業務があっても「オンコールあり」と記載されていない求人もあります。

なお、オンコールの有無を重要視する場合、マイナビ看護師』の登録がおすすめです。
マイナビ看護師』では、こだわり検索で「オンコールなし」を選択できるため、「この求人は条件が良いけど、オンコールがあるのか…」という手間を省けます。

看護師(訪問看護ステーション)の求人検索方法

訪問看護ステーションの求人票で注目するポイント

訪問看護ステーションの求人票を確認するときは、次の2点に注目しましょう。

―訪問看護ステーション求人票の注目箇所―

  • オンコール手当の支給要件
  • オンコール勤務の回数・駆け付け回数
  • 訪問先への移動手段

年収アップを視野に入れている場合、オンコール勤務がある職場を優先的に検討すると思いますが、オンコール勤務に対する手当は職場によって大きく異なります
オンコール勤務(待機)1回ごとに手当が支給される職場もあれば、実際に現場への駆け付けが発生した場合には追加で手当が支給される職場もあります。

また、オンコール勤務の回数にも注目したいところです。
あまり多くありませんが、月間のオンコール勤務回数や駆け付け回数の目安が記載されている場合もあります。
オンコール回数は勤務時間や給与額を左右する要因ですので、目安の記載がない場合は、転職サイトのキャリアアドバイザーを通して確認しましょう)

そのほか、勤務中の移動手段も見落とされがちです。
自動車というイメージがあるかもしれませんが 最近では電動自転車での移動も増えています
自動車の運転が得意ではないという方は、免許不要の職場を探してみるのも良いかもしれません。

(3). 美容クリニック

美容クリニックは、看護師の給料が高いことで有名な職場です。

美容クリニックでは、保険内診療以外に自由診療(保険適応外診療)も提供しており、高い収益性が望めるため、その分看護師の給料にも反映されやすくなっています。

美容クリニックの収益によって看護師の給料は変動しますが、月収相場は30〜40万円、年収換算すると400〜600万円程度の収入が見込めるとも言われており、年収アップしたい方におすすめの職場と言えるでしょう。

美容クリニックには、美容皮膚科と美容外科の2種類があるため、気になる方はまずは求人検索から始めましょう。

美容クリニックの求人を実例で紹介

美容クリニックの求人には次のようなものがあります。
※タップすると開きます

石川県にある美容クリニック

▼施設概要

  • 石川県
  • 美容外科、美容皮膚科、歯科、毛髪再生医療、不妊治療、整形外科

▼業務内容

  • 医師の診療や手術の介助、診療補助、医療レーザー照射、医療器具の管理など
  • 患者の要望や悩みのヒアリング

▼給与

年収:460万円~500万円、月収:35万円~38万円

▼勤務時間

9:00~18:00

▼待遇

  • 通勤手当
  • 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険、制服貸与、退職金制度

▼休日・休暇

  • 年間休日:110日
  • 定休日:火曜日
  • 1カ月に9~10回休み、シフト制
  • 有給休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇

▼求人の特徴

  • 全国100院以上を展開する業界トップクラスの美容クリニック
  • プリセプター制度やスキルアップ研修など教育体制が充実!最先端の美容技術が幅広く学べる
  • クリニック毎の売上を達成するとインセンティブの支給あり(ノルマなし)
  • 未経験者歓迎

〔出典〕『マイナビ看護師』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月22日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

東京都23区内にある美容外科クリニック

▼施設概要

  • 東京都23区内
  • 美容外科

▼業務内容

  • 美容外科クリニックにおける看護師業務全般
  • オペ件数:2~4件/月

▼給与

年収:465万円~、月収:38.8万円~、賞与:年2回

▼勤務時間

3交代制(8:00~20:00) ※基本は10:00~19:00

▼待遇

  • 業務手当、通勤手当、住宅手当、資格手当
  • 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険、社割

▼休日・休暇

  • 年間休日:116日
  • 1カ月に9回休み
  • 年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇

▼求人の特徴

  • 脂肪吸引や注入に関する国内唯一の指導機関(全国から美容クリニックの医師が学びに来ます)
  • 富裕層をターゲットとしたクリニックのため、接遇は特に丁寧に教わることができる
  • 「オペ室経験を生かしたい。」という方はもちろん、「オペ室経験はないけど、美容外科で働きたい!」という方も歓迎
  • 未経験者歓迎

〔出典〕『マイナビ看護師』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月22日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

埼玉県にある美容皮膚科

▼施設概要

  • 埼玉県
  • 美容皮膚科

▼業務内容

  • 看護師業務全般(脱毛などの医療レーザー照射、ドクター施術のサポート、患者への施術内容の説明)

▼給与

年収:472万円~、月収:36万円~、賞与:年2回

▼勤務時間

10:00~19:00

▼待遇

  • 通勤手当
  • 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険

▼休日・休暇

  • 年間休日:112日
  • 完全週休2日制(水曜・木曜)、有給休暇、夏季休暇、冬季休暇

▼求人の特徴

  • 首都圏を中心に、札幌・福岡・名古屋・熊本などで施設を展開する人気の美容皮膚科クリニック
  • 美容業界にありがちなノルマなし
  • 准看護師OK

〔出典〕『マイナビ看護師』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月22日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

美容クリニックの求人を転職サイトで見つけるコツ

美容クリニックは美容医療を提供する医療施設全般のことを指し診療科目としては「美容外科」と「美容皮膚科」の2つに分類できます。

一口に美容クリニックと言っても提供する医療に種類があり業務内容も変化するため、自分に合った転職先を見つけられるかどうかが重要です。
ここでは、転職サイトで美容クリニック求人を見つけるためのコツを紹介します。

美容クリニック求人の探し方

看護師求人検索のコツ
  • 「美容外科」と「美容皮膚科」の選択肢があればどちらかを選択する(選択肢がある転職サイトを利用する)。

「美容外科」と「美容皮膚科」では治療(施術)内容がまったく異なります。

「美容外科」は、二重まぶたの整形手術、豊胸手術、脂肪吸引など、形成外科の医療技術を応用した手術を行います。
一方の「美容皮膚科」は、脱毛、シミ取りやシワ改善など、メスを使わない治療を行います。

転職先としての希望がある場合には、「美容外科」または「美容皮膚科」に絞って検討しましょう。

美容クリニック求人を見つけるのが難しい探し方

看護師求人検索のコツ
  • 「土日祝日休み」や「車通勤可」などを選択してしまう
  • フリーワード検索に「美容外科」と直接入力してしまう

美容クリニックの来院者が通院しやすい土日祝日開業の施設が多く、勤務する看護師も基本的に土日祝日は出勤です。
また、施設の立地も顧客が来院しやすいように駅近くに開設されています。

そのため、「土日祝日休み」や「車通勤可」のような馴染まない条件を指定してしまうと、美容クリニックの求人はほとんど見つけられないでしょう。

ちなみに、美容クリニックでは来院する方を「患者さん」ではなく「お客様」と呼びます。
一般的な病院と比べると、サービス業としての側面や意識が強い表れであり、病院などとは違う接遇が求められます。

また、フリーワード検索で「美容外科」や「美容皮膚科」と入力することも避けましょう

診療科目が美容外科や美容皮膚科であっても、それらが求人票に記載されているとは限りません。
屋号(院名)にしても、なかには「ビューティークリニック」などを用いている場合もあり、必ずしも効率的な探し方とは言えないためです。
※エステティックサロンは医療行為を行うことができないため、別物と捉えましょう。

なお、「美容クリニック」希望の場合、マイナビ看護師』の登録がおすすめです。
マイナビ看護師』では、施設形態で「美容クリニック」を選択でき、検索効率がぐんと高まるからです。
美容クリニックのうち美容外科を希望の場合には、診療科目で「美容外科」まで絞り込むこともできます。

ただし、美容クリニック自体の求人数が多いわけではないため、『マイナビ看護師』をメインとして、他の転職サイトを併用することをおすすめします。

看護師(美容クリニック)の求人検索方法

美容クリニックの求人票で注目するポイント

―美容クリニック求人票の注目箇所―

  • 待遇(インセンティブ制やノルマの有無)
  • 開設院数(店舗数)

一部の美容クリニックでは、報奨金やノルマ達成によるインセンティブや、看護師を指名できるシステムが導入されています。
頑張った分だけ給料に反映してほしいというやりがいも求める場合には、求人票の待遇欄を確認しましょう。

また、全国展開しているような大手美容クリニックは院数(店舗数)が多く、今後も新規出店が期待できます。
管理職のポストも豊富で、キャリアアップしやすいという特徴もあるため、その点でも、やりがいを感じている看護師さんも多くいます。

5-2. 夜勤なしの職場で働きたい方におすすめの職場3選

「夜勤が辛い」「日勤のみの職場がいい」とお考えの方におすすめの職場は、下の3つです。

(1). 一般クリニック

一般診療(保険内診療)を行うクリニックのうち入院設備を併設していないクリニックでは夜勤なしの働き方ができます。

看護師の仕事内容は、医師の診療補助、問診、バイタルサイン測定、採血や点滴などの一般的な看護技術が多く、一度覚えてしまえばルーティンワークで働くことができるのも魅力です。

診療科によって繁忙期や閑散期がありますが、病院のように患者さんの生命が左右されるような緊迫した場面に遭遇することはほとんどないため、働きやすい職場と言えるでしょう。

ただし、クリニックは小規模な職場なので、看護師の人数も少数精鋭であることが多く、「看護師の数が少なく、休みが取りづらい」「性格が合わない人と毎日顔を合わせなくてはならない」といった悩みはつきもののようです。

また、クリニックによっては夜間診療を提供しているところもあるため、求人を探す場合は診療時間や残業の有無などについても忘れず確認しましょう。

一般クリニックの求人を実例で紹介

一般クリニックの求人には次のようなものがあります。
※タップすると開きます

東京都23区内にある内科・皮膚科メインのクリニック

▼施設概要

  • 東京都23区内
  • 内科、皮膚科、人工透析、ペインクリニック、理学療法

▼業務内容

  • 外来業務全般(内科・皮膚科)

▼給与

年収:400万円~530万円、月収:26.9万円~36.0万円、賞与:年2回

▼勤務時間

3交代制(9:00~19:30)

▼待遇

  • 通勤手当、住宅手当、資格手当、休日勤務手当、通し手当、食事手当、引越し手当
  • 雇用保険、労災保険、厚生年金保険、退職金制度、育児休暇、介護休職

▼休日・休暇

  • 年間休日:112日
  • 完全週休2日制(固定休:日曜、他1日)
  • 年末年始休暇、夏季休暇、有給休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇

▼求人の特徴

  • 最新の医療機器や専門外来を設置していて、スキルアップが見込める
  • 日勤のみ
  • 准看護師もOK

〔出典〕『マイナビ看護師』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月22日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

埼玉県にある小児クリニック

▼施設概要

  • 埼玉県
  • 小児科、アレルギー科、内科

▼業務内容

  • 看護師業務全般
  • 診療介助・処置・予防接種の準備、検査結果など

▼給与

年収:390万円~430万円、月収:30万円~、賞与:年2回

▼勤務時間

2シフト制(8:45~19:15)

▼待遇

  • 通勤手当
  • 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険、住居支度金支援
  • 駐車場あり

▼休日・休暇

  • 年間休日:125日
  • 完全週休2日制 ※日曜、祝日、木曜午後は固定休み
  • 年末年始休暇、夏季休暇、有給休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇

▼求人の特徴

  • 8~9割は小児患者だが小児科未経験でもOK
  • 准看護師もOK。採血・点滴経験者は優遇
  • 日勤のみ、完全週休2日制のため、ワークライフバランスを取りやすい

〔出典〕『マイナビ看護師』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月22日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

広島県にあるスポーツクリニック

▼施設概要

  • 「できるだけメスを入れない治療」という方針のクリニック
  • スポーツ整形外科、一般整形外科、リハビリテーション、レーザー脱毛、FOI足底板、肥満外来栄養指導

▼業務内容

  • 看護師業務全般

▼給与

年収:316万円~424万円、月収:20.3万円~27.0万円、賞与:年2回

▼勤務時間

3シフト制(8:00~18:30)

▼待遇

  • 通勤手当、住宅手当、資格手当、皆勤手当
  • 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険、退職金制度
  • マイカー通勤可(要相談)

▼休日・休暇

  • 日曜日、祝日
  • 土曜日と月~金半休1回あり
  • 有給休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇

▼求人の特徴

  • スポーツ選手だけではなく、地域の高齢者の方々のリハビリにも貢献できる
  • 整形外科未経験も歓迎
  • 当直勤務などはなく、家庭との両立がしやすい

〔出典〕『マイナビ看護師』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月22日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

一般クリニックの求人を転職サイトで見つけるコツ

転職サイトの求人検索システムでは、施設形態の項目に「診療所」「クリニック」という選択肢があるため、絞り込みは比較的簡単に行えます。

一般クリニック求人の探し方

看護師求人検索のコツ
  • 施設形態で「診療所」「クリニック」を選択する(選択肢がある転職サイトを利用する)。
  • 診療科目の選択肢があれば選択する(選択肢がある転職サイトを利用する)。
  • 夜勤を避けたければ「日勤のみ」「日勤常勤」などを選択する

看護師転職サイトのほとんどは、施設形態ないしは業種によって求人情報を絞り込み検索できる機能が備わっています。

「診療所」または「クリニック」という選択肢はほとんど必ずと言っていいほど存在しますので、前提として、クリニックへの転職を志望する場合には必ずこれを選択しましょう。

次に、可能であれば何か他の項目を追加で選び、より求人情報を絞り込みましょう
クリニックを指定するだけでは検索ヒットする求人の数が多すぎ、検討に時間がかかりすぎてしまう可能性があるからです。

クリニック(診療所)の数は、全国で病院の約12.8倍あり、全医療施設の約58%を占めています厚生労働省:医療施設動態調査――令和4年4月末概数,2022.全医療施設数には歯科診療所を含む)
看護師転職サイトでも保有求人のうち、医療施設の大部分をクリニックが占めていて、そのすべてに目を通すのは困難でしょう。

追加で絞り込む際のおすすめ項目は、診療科目です。

一般クリニックはひとつの診療科目に特化していることも多いです。
担当する診療科目を限定できれば、スキル・専門性アップを見込めたり、医療知識のアップデートに掛かる労力を抑えられたりと、キャリア・就労面におけるメリットも得られるでしょう。

志望する診療科目が定まっている人は、診療科目に絞り込んで比較検討を進めましょう。
一方で、単一の診療科目専業の医療施設に勤めるということは、裏を返せば、複数の診療科目を有している病院とは異なり、入職から退職まで診療科目が変わることはありません(変えることはできません)
本当にその診療科目に従事すると決めて良いのかどうか、よく考えてから転職しましょう。

最後に、夜間診療や入院患者対応など、夜勤を避けたい場合には必ずそれにつながる項目を選択しましょう。
夜勤のない医療施設を選ぶための選択肢は「日勤のみ」「日勤常勤」などといったもので、勤務形態関連の項目にあります。

一般に「クリニック」と呼ばれる医療施設「診療所」は、その定義として病床20床未満の医療施設のことを指します。
つまり、クリニック(診療所)のなかには、入院設備を持っている施設が存在するのです。
数としては多くないものの、有床の診療所は全一般診療所のうち約6%程度存在します厚生労働省:医療施設動態調査――令和4年4月末概数,2022.)
有床診療所が多い分野としては、産科や整形外科などの術後安静が必要なものが転職サイトでも見つかりやすいでしょう。

加えて夜間診療を実施しているクリニックもあるため、夜勤を避けたい場合は「日勤のみ」、反対に夜勤も担当したい場合は「常勤(夜勤あり)」などを選択することで、希望の働き方に沿った施設の求人を探すことが可能です。

一般クリニック求人を見つけるのが難しい探し方

看護師求人検索のコツ
  • フリーワード検索に「クリニック」と直接入力してしまう
  • 「担当業務」「配属先」系の項目を選択して検索してしまう

フリーワード検索で「クリニック」と入力することは避けましょう

医療法では、20人以上の患者を入院させるための施設を有するものを「病院」といい、19人以下の患者を入院させるための施設を有するもの(入院施設を有さないものを含む)を「診療所」と定義しています。医療法上の医療施設は、この2種類しかありません。

つまり、「クリニック」や「●●医院」「●●内科」は診療所の通称でしかなく、屋号(事業所名)に「クリニック」を含まない施設も多数存在します。

「クリニック」の語を含む求人に限定してしまうと、他の診療所求人を見逃してしまう可能性が高いです。

さらにこの場合、「クリニック」を名称に含むことが多い美容クリニックが多数ヒットすることも想定されます。

転職先として一般クリニックを想定する場合、必要な求人をキャッチできず、さらに関心のない求人を呼び込むことにもつながるため、フリーワードで「クリニック」と指定することは避けるべきなのです。

次に、「担当業務」欄や「配属先」欄も空欄(指定なし)のまま検索するようにしましょう。

多くの看護師転職サイトでは検索項目として「担当業務」ないしは「配属先」を選べる仕様になっています。
これらの欄についても、一般クリニックを志望する場合は無選択にするようにしましょう。

「担当業務」「配属先」としてよく置かれている選択肢は「病棟」「オペ室」「ICU」など、病院看護師の担当を念頭に置いたものが中心です。

実際に「施設形態:クリニック」を選択した上で担当業務などを選択すると、たちまちヒットする求人数が減少します。

病院に比べて少人数体制であることが多いクリニックでは、勤務する看護師は、医療施設で看護師が担当し得る業務全般を担当することが中心です。

クリニック志望の場合は担当業務・配属先による絞り込みが有用ではないので、検索の精度を高めるためにも空欄にしておきましょう。

なお、「一般クリニック」希望の場合、『マイナビ看護師』の登録がおすすめです。

マイナビ看護師』では、施設形態で「一般クリニック」と「美容クリニック」を別々に選択できます。

さらに、診療科目別に絞り込むことができるため、とても効率的に求人情報を比較することができます。

看護師(一般クリニック)の求人検索方法

一般クリニックの求人票で注目するポイント

―一般クリニック求人票の注目箇所―

  • 教育・研修制度の有無・充実度
  • 在籍看護師の人数
  • 子育て世代の活躍に関する記述

少人数体制で診療科・部課などが分かれていないことも多い一般クリニックでは、体系立った組織構造を持つ病院と比べて、新規入職者への教育・研修制度が整っていないことがあります

加えて、中途採用の看護師ともなると病院ですらもOJT(職場内研修)のみであることが多く、クリニックでは中途採用プリセプター制度のようなものを導入している施設のほうが珍しいでしょう。

したがって、入職直後の受入れ・フォローアップもそこそこに後は現場で勘を掴まねばならない展開となる可能性があります。

またキャリアアップという観点では、各種認定看護師資格の取得や医学知識のアップデート・手技向上など、入職以降の教育・研修も重視したいところです。

大規模な病院でよく開催される勉強会のようなものがない可能性も高いので、看護師としてのキャリアを高めたい場合には、求人票でどのような教育・研修制度があるのかよく注目すると良いでしょう。

最近では地域医療活性化などの動きと相まって、地域内の主要な病院や地域包括ケアシステムの関連団体が音頭を取って、近隣の医療施設・介護福祉施設などと共同した勉強会が開かれている例もあります。
スタッフの技術向上・能力開発についての取組みを強調している求人があれば、積極的に応募・面談依頼をしてみましょう

次に、就労面の不安を解消するという意味では、在籍看護師の人数子育て世代の活躍状況などを見ると、働きやすさに関する示唆を得られます。

スタッフ数が少ない一般クリニックには、急な休みを取りづらいという特徴があります。
特に、小さなお子さんがいる場合、突発的に休まざるを得ないこともありますよね。

求人票にスタッフ数が記載されていることは稀ですが、PR欄などに「子育て中のママさんが多い」「子育てと両立している方多数」などのコメントがあるかもチェックしましょう。

「育休からの復帰実績あり」や「ブランク明け歓迎」としているところは、復職者や再就職者に対するフォローアップ体制・再研修カリキュラムに注力しているところも多く、応募先選びの指標となります。

また近年は「託児所あり」の医療施設も増えてきましたが、なかでも「24時間保育可」「病児保育・病後児保育可」の求人があれば仕事との両立にとっての力強い味方となりますので、有力候補です。

また、入院施設を有している一般クリニックでは、夜勤が発生する場合もあります。
産科や整形外科に比較的多く見られるため、整形外科希望の方は夜勤の有無にも注目しましょう(最初から「夜勤なし」などを選択して検索してもOKです)。

(2). 健診センター

健康診断・人間ドッグ・特定健診などを行う健診センターも、夜勤なしで働くことができる職場の一つです。

看護師の仕事内容は、主に採血やバイタルサイン測定などの業務ですが、施設によっては検診車で遠方に巡回することもあります。

病院やクリニックと異なり、健康な人を対象に業務を行うため、精神的な負担が少ない働き方と言えるでしょう。

基本的にルーティンワークなので、突発的な業務は少ないですが、状況判断能力やアセスメント力などのスキルは身につきにくい職場なので、転職する場合はご自身のキャリアを考慮した上で選択することをおすすめします。

健診センターの求人を実例で紹介

健診センターの求人には次のようなものがあります。
※タップすると開きます

宮城県にある健診センター

▼施設概要

  • 宮城県
  • 健診

▼業務内容

  • 巡回バスでの看護師業務
  • 遠方の場合など、前泊するケースもある

▼給与

年収:303万円〜、月給:20万円〜、賞与:63万円~98万円

▼勤務時間

6:30~16:30 ※健診時間に合わせて実働8時間になるよう調整

▼待遇

  • 昇給:年1回
  • 住宅手当、出張手当、技術手当、通勤手当
  • 車通勤可(駐車場あり)
  • 確定拠出年金、楽天の年間シート、定期健康診断、海外研修、宿泊費全額法人負担
  • 定年60歳、退職金制度、再雇用制度

▼休日・休暇

  • 年間休日109日、日曜祝日
  • 1カ月に8~10回休み
  • 夏季休暇、年末年始休暇

▼求人の特徴

  • 完全日勤の巡回バスによる健診や人間ドックなどの実施や結果処理
  • 東北6県の企業を対象にしており、出張を要する場合もある

〔出典〕『看護roo!』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月22日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

東京都23区内にある女性特有の疾患に注力した健診クリニック

▼施設概要

  • 東京都23区内
  • 健診、内科、婦人科、乳腺科

▼業務内容

  • 健診・人間ドックにおける看護業務
  • 保険診療における看護業務
  • 婦人科、内科、上下部内視鏡介助、乳腺科を業務ローテーションで担当

▼給与

年収:364万円~448万円、月給:26万円~32万円、賞与:52万円~64万円

▼勤務時間

8:00~18:00(土曜は13:00まで) ※40時間/週のシフト制

▼待遇

  • 昇給:年1回
  • 通勤手当、時間外手当(1分単位)
  • 雇用保険、厚生年金、健康保険、労災保険、退職金制度
  • 会員制福利厚生サービス、化粧品・サプリメントの社員割引

▼休日・休暇

  • 日曜・祝日
  • 1カ月に1~2回程度土曜休み(土曜日出勤した週は、他の平日1日で午後休み)
  • 夏季休暇、年末年始休暇
  • 有給休暇、産前産後休暇、育児休暇、慶弔休暇

▼求人の特徴

  • 女性のスタッフによる、女性特有の疾患に注力した健診クリニック
  • 業務前後の時間外手当を1分単位で支給
  • 運営母体は、東京都や神奈川県を中心にクリニックや在宅医療を展開している安定企業

〔出典〕『看護roo!』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月22日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

健診センターの求人を転職サイトで見つけるコツ

看護師転職サイトの求人検索システムでは、施設形態の項目に「健診センター」という選択肢があることが多く、絞り込みは比較的簡単に行えます。

ただ、それだけでは不十分であるため、求人検索のコツを紹介します。

健診センター求人の探し方

看護師求人検索のコツ
  • 施設形態ではなく担当業務欄の「検診」や「健診」の選択肢を選択する(選択肢がある転職サイトを利用する)。
  • エリア指定は広い単位から徐々に狭くしていく(都道府県単位から検索し始める)。

大前提として、健診センターの求人は非常に人気が高く、狭き門です。
そのため、求人をひとつも無駄にする(見逃す)わけにはいきません。

求人検索システムにはいくつかの項目があり、施設形態や担当業務でも絞り込むことができます。
ただ、この施設形態の中にある「健診センター」を選択することはおすすめしません

施設形態の項目で「健診センター」を選択すると、当然、健診センターしかヒットしません。
一方、担当業務の項目で「検診」や「健診」を選択すれば、病院やクリニックの健診求人までチェックすることができます。

健診求人(業務)であれば、「夜勤なしの職場」という条件をクリアできるため、貴重な求人を無駄にしないためにもぜひ広い視野で検索をしてください。

また、同様の観点から、エリア指定を行うなら、まずは都道府県単位までに留めましょう。
市町村単位までピンポイントに指定してしまうと、やはり、貴重な求人を見逃してしまう可能性があるためです。

健診センター求人を見つけるのが難しい探し方

看護師求人検索のコツ
  • 「高給与」や「年収●●万円以上」を選択してしまう
  • 「正社員」や「常勤」を選択してしまう

「高給与」や「年収●●万円以上」などを選択することは、あまりおすすめできません

検診・健診業務は、収入の高さではなく、ワークライフバランスの保ちやすさから人気のある業務です。
決して高収入ではないため、給与額の指定は選択肢を減らすことにつながるため得策とは言えません。

同様の理由で、最初から「正社員」「常勤」の求人のみに絞り込むのも避けたほうが良いでしょう。

法人向けの健診は複数社でタイミングが重なることも多く、健診業務の繁忙期には季節性があります。

健診センターや健診を提供する医療機関もそれに合わせて人員配置を調整するため、雇用形態としてパートタイムや契約職員・派遣看護師といったようなかたちで募集していることも多いのです。

各看護師転職サイトでも健診関連の求人は常勤・非常勤で半々程度というケースも多いので、まずは雇用形態・勤務形態を指定せずに検索してみましょう。

健診センターの求人票で注目するポイント

―健診センター求人票の注目箇所―

  • 宿泊を伴う出張の有無や頻度
  • 求人施設の設置主体(運営母体)
  • 扱う健診の内容

検診・健診業務には、宿泊を伴う出張が含まれる場合があります。
夜勤なしの職場で働きたい方は、宿泊を伴う出張にも対応できない方も多いため、求人票の業務内容欄などを十分に確認しましょう。

また、就業施設「健診センター」や担当業務「検診」「健診」は、ほかの就業施設などに比べてパートやアルバイトの求人率が高い傾向があります。
正社員や常勤にこだわらない方は、「勤務形態」の項目で何も選択しない(またはすべて選択する)と思わぬ求人に出会えるかもしれません。

検診・健診業務は高給与ではありませんが、それでも運営母体や扱う検診の内容などによって給与にばらつきがあります。
求人検索システムでの絞り込みはおすすめできませんが、目視での比較検討はしっかり行うようにしましょう。

なお、「検診」や「健診」業務を探す場合、『看護roo!』の登録がおすすめです。

看護roo!』では、施設形態で「健診センター」を選択できます。
さらに、選択肢を増やしたい場合には、(施設形態の選択を解除してから)担当業務で「検診・健診」を選択することで効率的な検索をすることができます。

看護師(健診センター)の求人検索方法

(3). 保育園

保育園も、夜勤のない働き方ができる職場です。

看護師の仕事内容は、園児の体調管理やケガの応急処置、感染症対策、保護者への保健指導などですが、基本的には保育士さんの補助として業務を行うことが多いです。

小児科経験や育児の経験がある方が優遇されやすい傾向にありますが、最近では病児保育施設を併設する保育園も増えているため、看護師の需要は今後高まっていくことが予想されます。

こどもたちと接することができ、人気の高い職場ではありますが、ほとんどの施設では看護師が1人しかおらず、自分1人で業務をこなすことが大変と感じる方もいるようです。

とくに、突発的な発熱や病気、ケガなどは臨機応変に対応しなくてはならないので、ある程度看護師として経験を積んでから転職したほうが良いでしょう。

保育園の求人を実例で紹介

保育園の求人には次のようなものがあります。
※タップすると開きます

東京都23区内にある保育園

▼施設概要

  • 東京都23区内の月極め保育施設
  • 保育時間:7:00~18:00(月曜日~金曜日)
  • 保育対象:57日~2歳

▼業務内容

  • 幼児の体調管理・救急時の対応業務

▼給与

年収:353万円~405万円、月給:25.9万円~29.1万円、賞与:41.8万円~42.7万円

▼勤務時間

常勤(9:00~18:00)

▼待遇

  • 昇給:年1回
  • 健康指導手当(看護師手当)、処遇改善手当、施設手当、職位手当、資格手当、調整手当、通勤手当
  • 雇用保険、厚生年金、労災保険、健康保険
  • 定年60歳、退職金制度、引越し代補助

▼休日・休暇

  • 年間休日113日、土日祝
  • 夏季休暇、年末年始休暇

▼求人の特徴

  • ブランク可、担当業務未経験者の入職あり
  • 定時は18時までで、残業もほとんどなし。勤務後の予定も立てやすくプライベートを充実させることができる
  • 看護師の求人だが、業務の大半は保育業務。「保育士を目指すことも考えていた」「自分の子育て経験を活かしたい」などの方におすすめ

〔出典〕『看護roo』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月23日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

大阪府にある保育園

▼施設概要

  • 東証一部上場企業傘下の保育園
  • エリアナースが在籍して定期的な巡回や電話相談に対応

▼業務内容

  • 保育園での看護業務全般(看護の目線を活かした保育や健康支援)
  • 保育業務
  • 園の衛生管理、保健だよりの発行など

▼給与

年収:318万円、月給:24.5万円~

▼勤務時間

8:00~18:00(40時間/週のシフト制)

▼待遇

  • 昇給:年1回、賞与
  • 資格手当、地域手当、通勤手当 ※車通勤不可
  • 雇用保険、厚生年金、健康保険、労災保険
  • リゾートホテルやフィットネスクラブの優待制度、職員給食制度

▼休日・休暇

  • 年間休日126日、土日祝
  • 夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、子の看護休暇、介護休暇、有給休暇

▼求人の特徴

  • ブランク可、担当業務未経験者の入職あり
  • 東証一部上場企業グループ傘下の保育園で福利厚生充実
  • 産育休の取得率・復帰率ともに9割!長期的に勤務可能な環境
  • エリア巡回や電話相談に対応してくれる「エリアナース」が在籍し、保育士のみの職場環境に孤独を感じないサポートを受けられる

〔出典〕『看護roo』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月23日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

神奈川県にある看護専門学校の教員

※保育園ではなく看護専門学校(教員)の求人ですが、参考として紹介します。

▼施設概要

  • 神奈川県の看護専門学校

▼業務内容

  • 看護専任教員(基礎・成人・老年・母性・小児看護学・在宅看護論・精神)
    ※経験に応じて担当科目を決定。

▼勤務時間

8:30~17:15

▼応募資格

  • 看護師免許保有
  • 下記3つはあると尚良し
    • 看護教員養成講習会受講修了(修了見込み)
    • 大学卒業以上で看護師資格取得後、臨床経験3年以上(大学卒業以外の方は5年以上)
    • 看護教員経験あり

▼給与

年収:483万円~、月給:33.2万円~

▼待遇

  • 昇給:年1回、賞与:年2回
  • 住宅手当、学士手当、教務手当、白衣手当、職務手当、資格手当、調整手当、通勤手当
  • 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
  • 定期健康診断、人間ドック希望者職員割引制度、医療費減免、健康保険組合保養施設、レクリエーション活動
  • 教員免許取得制度あり
  • 定年60歳、退職金制度、再雇用制度

▼休日・休暇

  • 土日祝、指定休日
  • 年末年始休暇
  • 年3回、土曜半日出勤あり

▼求人の特徴

  • 運営母体は全国に病院や介護施設を展開する企業
  • 60歳の定年後も65歳まで再雇用があるため長く勤務できる

〔出典〕『看護roo』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月23日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

保育園の求人を転職サイトで見つけるコツ

求人検索の際に、「保育園」で絞り込める転職サイトは多くありません
そこで、看護師の方が転職サイトで保育園求人を見つけるためのコツを紹介します。

保育園求人の探し方

看護師求人検索のコツ
  • 「保育園」を選択する(選択肢がある転職サイトを利用する)。
  • 選択肢に「保育園」がなければ、「その他」「企業」を選択する

保育園や学校の求人自体が多くありません。
たとえば「クリニック」と比較すると、その数は10分の1ほどになります。
そのため、「保育園」での絞り込みを用意している転職サイトは限られてしまいます。

しかし、絞り込みをせずに保育園求人を探すことは時間を浪費するだけでなく、ストレスを抱えてしまうことになるため、「保育園」で絞り込める転職サイトを活用しましょう。
※「保育園」で絞り込める転職サイトは『看護roo!』です(詳しくは後述)。

既に看護師転職サイトを利用中で、かつそのサイトの求人検索システムに「保育園」の選択肢がない場合は、施設形態で「その他」「企業」を選択してみましょう。
他の医療関連企業(医療機器メーカーなど)や分類外の医療施設(ケアミックス病院など)も多くヒットしてしまいますが、企業運営の保育施設などがヒットする可能性があります。

保育園求人を見つけるのが難しい探し方

看護師求人検索のコツ
  • 「土日祝日休み」や「車通勤可」などを選択してしまう

保育園や学校での勤務は土日祝日休みのイメージがあるかもしれませんが、実際には、園行事などの都合で年に数回程度の土曜出勤があります。
そのため、求人票上は「土日祝日休み」ではなく「日祝日休み」と記載しているものが主です。

なかには土日祝日休みの求人もありますが全体の2割程度です。
保育園の求人自体が多くないため、貴重な求人を見逃さないためにも、「土日祝日休み」は選択しないようにしましょう。

同様に、車通勤可としている求人も全体の2割程度です。
広くない敷地で工夫して運営している園が多いため、職員駐車場の用意があるケースは少ないことにも留意してください。

なお、「保育園」の求人を探す場合、『看護roo!』の登録がおすすめです。

看護roo!』では、施設形態「保育園・学校」で絞り込むことができるためです。

たとえば、『マイナビ看護師』では「保育施設」で絞り込むことができますが、病院内の保育施設などもヒットしてしまうため、検索効率は下がってしまいます。
言い換えると、施設形態「保育園」にこだわらず、保育業務を希望している方は、『看護roo!』と『マイナビ看護師』を併用すると良いでしょう。

看護師(保育園)の求人検索方法

保育園の求人票で注目するポイント

―保育園求人票の注目箇所―

  • 看護師との関わり/サポートに関連する記述
    (看護師の配置人数、エリアナース制度の有無、関連施設在籍看護師との交流機会など)

保育園は、小さな子どもが好きな方に人気の高い職場ですが、人員配置は「保育士多数、看護師1人」になるケースがほとんどです。
そのため、「責任というプレッシャーがかかる」「休みづらい」「孤独を感じる」などの声もあります。

複数の園を運営している場合は、相談役となるエリアナースが配置されていたり、各園の看護師が集まるミーティングが行われるなど、孤独を感じさせない施策も取られています。
看護師1人という状況に不安を感じる方は、個人運営の保育園ではなく、企業運営などグループ内での連携体制が取られている保育園も検討するようにしましょう。

5-3. 病院以外の職場で働きたい方におすすめの職場3選

「病院以外の職場が気になる」「企業で働いてみたい」とお考えの方におすすめの職場は、以下の3つの職場です。

(1). 企業

病院以外で働きたい方に人気の職場が、企業です。

看護師資格を活かし、医療機関とは異なる働き方ができるのが魅力です。

基本的にはデスクワークが多く、看護業務を行うことはほとんどありません。

企業で働く看護師の例は、以下の通りです。

企業で活躍する看護職の例

  • 医療機器メーカー(フィールドナース)
    医療機器メーカーに勤務し、自社製品のプロモーションを行う営業の仕事である。
  • 医療系コールセンター
    企業が提供するサービスについて、利用者からの相談や問い合わせに応じるコールセンターの仕事である。
  • 治験コーディネーター(CRC)
    治験がスムーズに行われるよう、医師や製薬会社と連携しサポートしていく仕事で、医療機関や治験関連機関で働く。
  • 臨床開発モニター(CRA)
    治験がスムーズに行われるようサポートする仕事で、製薬会社で働く。
  • 心理カウンセラー
    企業で働く従業員のメンタルヘルスケアを行う仕事である。看護師資格のみでは需要が少ないが、臨床心理士や産業カウンセラーの資格があると転職が有利になる。
  • 産業看護師
    企業に所属し、従業員の健康管理を行う仕事である。

業績の良い企業では、給料や福利厚生が手厚く安定して働くことが可能です。

ただし、一般職の方々と働くことになるため、医療機関の雰囲気や体制とは違うことが多く、慣れるまで時間が必要になるかもしれません。

また、働き方によっては残業や社外勤務などが多いこともあるため、転職をお考えの方は入念に情報収集を行いましょう。

企業の求人を実例で紹介

看護職資格を活かして働くことができる企業の求人には次のようなものがあります。
※タップすると開きます

東京都23区内にある企業での保健師

▼企業概要

  • 東京都23区内

▼業務内容

  • 産業保健師
  • リーダー職として、下記業務とその他マネジメント業務
    • 健康保険加入者に対する重症化予防事業
    • データ入力・事務作業

▼給与

年収:350万円~、月収:29.1万円~

▼待遇

  • 通勤手当
  • 定年61歳
  • 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険

▼勤務時間

9:00~17:45

▼休日・休暇

  • 年間休日:120日
  • 完全週休2日制(土・日)、祝日
  • 年末年始休暇、有給休暇、育児休暇

▼求人の特徴

  • 土日祝日休み、有給消化率も高くプライベートな時間もしっかり確保しながら働くことができる
  • 産休育休実績あり。子育て中の方も働きやすい環境

〔出典〕『マイナビ看護師』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月23日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

大阪府にある大手製薬メーカーのコールセンター

▼企業概要

  • 大阪府の製薬メーカー
  • コールセンター(ドラッグインフォメーションセンター)

▼業務内容

  • 患者や医療従事者からの電話問合せ対応
  • 在宅治療をされている患者へ電話での手技指導、不安解消や主体的な生活へのサポート

▼給与

年収:350万円~500万円、月収:23万円~29万円、賞与:あり

▼勤務時間

9:00~17:30

▼待遇

  • 通勤手当、休日勤務手当、その他手当
  • 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険、永年勤続制度

▼休日・休暇

  • 年間休日:120日
  • 日曜日、祝日、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇
  • 【特別休暇】結婚、配偶者出産、公務、裁判員、転勤、永年勤続、服喪、生理休暇(1回の取得につき1日のみ有給)
  • 【無給休暇】産前・産後休暇、生理休暇(1回の取得につき2日目以降)子の看護休暇、介護休暇

▼求人の特徴

  • 電話とPCを活用して業務を行う内勤業務。医療行為はないため体に負担なく働ける
  • 病院や臨床現場での経験を活かして、新たな仕事にチャレンジしたい方におすすめ

〔出典〕『マイナビ看護師』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月23日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

大阪府にあるSMO企業の治験コーディネーター(CRC)

▼企業概要

  • 大阪府のSMO(治験施設支援機関)企業

▼業務内容

  • 治験コーディネーター(CRC)
    • 提携施設で治験準備(院内調整)
    • 院内の候補患者調査、同意説明
    • 候補患者の来院対応と管理
    • 製薬会社開発部員の問い合わせ対応
    • 厚労省が求める治験事務局書類の作成
    • 治験各書類の作成及びファイリング

▼給与

年収:350万円~600万円、月収:25万円~40万円

▼勤務時間

9:00~18:00

▼待遇

  • 通勤手当、住宅手当、休日出勤手当
  • 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険、退職金制度

▼休日・休暇

  • 年間休日:123日
  • 完全週休2日制(土・日)、祝日 ※勤務施設によって土曜出勤あり
  • 年末年始休暇、夏季休暇、有給休暇、慶弔休暇、その他休暇

▼求人の特徴

  • 臨床経験が活かして未経験で治験業界にチャレンジできる
  • 土日祝日休みだからワークライフバランスを保ちやすい

〔出典〕『マイナビ看護師』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月23日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

企業の求人を転職サイトで見つけるコツ

企業看護師の求人倍率は0.28倍(2020年度実績で、看護師の転職先としては1位2位を争う難関と言えます。
人気が高いだけでなく求人数が少ないことも、求人倍率を引き下げている要因と言えます。

そこで、看護師の方が転職サイトで企業求人を効率良く見つけるためのコツを紹介します。

企業求人の探し方

看護師求人検索のコツ
  • 「企業」を選択する(選択肢がある転職サイトを利用する)。
  • 志望する職種を選択する(選択肢がある転職サイトを利用する)。

求人検索の際に、「企業」で絞り込める転職サイトは多くありません
また、一口に企業看護師と言っても、コールセンタースタッフ、産業保健師、治験コーディネーター(CRC)など職種はさまざまです。

仕事探しの効率化を図るためにも、あらかじめ志望する職種までは決めておき、その職種に対応する/強みを持つ転職サイトを利用したいものです。

検索効率を上げるためにも、「企業」を選択でき、できれば、職種による絞り込みができる転職サイトを活用しましょう。
※職種で絞り込める転職サイトは『マイナビ看護師』です(詳しくは後述)。

企業求人を見つけるのが難しい探し方

看護師求人検索のコツ
  • 「土日祝日休み」を選択してしまう
  • 「未経験者歓迎」を選択してしまう

企業求人には、コールセンター、医療研修施設や農園など実にさまざまな職場があります。
このような職場では、土日出勤も含めたシフト勤務となることが少なくないため、「土日祝日休み」を選択してしまうと貴重な求人を見逃してしまうことになりかねません。

また、自分の経験を軽視して、「未経験だから……」と謙遜される方もいますが、「未経験者歓迎」の選択はしない方が良いでしょう。

仮に「未経験者歓迎」という求人があっても、たとえば「看護師」から「治験コーディネーター(CRC)」への転職のようなケースでは、CRCとしての職種未経験者を指していることがほとんどです。
この場合の看護師には相応の臨床経験が求められます。

筆者の経験則上、「未経験者歓迎」を選択してもしなくても応募条件に大差はありません

ヒットする求人数を減らすだけですので、検索当初は「未経験者歓迎」は選択しないようにしましょう。

なお、「企業」の求人を探す場合、『マイナビ看護師の登録がおすすめです。

マイナビ看護師』では、企業求人を選択できるだけでなく、「一般企業」と「治験関連企業」を分別して絞り込めるため、より効率的に求人を検索することができるためです。

医療機器メーカー(フィールドナース)医療系コールセンター心理カウンセラー産業看護師などを希望の方は「看護師資格・経験を活かせる一般企業」を選択しましょう。
治験コーディネーター(CRC)臨床開発モニター(CRA)などを希望の方は「治験関連企業(CRA、CRCなど)」を選択しましょう。

看護師(企業)の求人検索方法

企業の求人票で注目するポイント

―企業求人票の注目箇所―

  • 求人票各項目の情報量
    (手当の種類や要件など、看護職・医療施設と民間企業・一般職の間でギャップがないかどうかどうかなど)

企業の求人票は、病院やクリニックなどに比べ情報が少なめです。

業務の内容、賞与や手当の額(計算方法)、福利厚生の内容など、「もっと詳しく記載してくれないと比較できない」と歯がゆさを感じることもあります。

この理由のひとつは、採用担当者の経歴や業務内容です。
病院やクリニックの採用担当者は看護師としての経験を持っていたり、看護師が求める情報を理解していますが、一般企業の採用担当者ではそうはいきません。
一般企業の採用担当者の主業務は一般職の採用ですから、応募看護師との間に情報量や質のギャップが生じるのは当然です。

そのため、自ら情報を収集するアクションが特に必要となります。

とはいえ募集企業に電話をして確認するようなことはできませんので、転職サイト(キャリアアドバイザー)経由で確認をしましょう。

求人票のページには、「この求人へのお問い合わせ」のようなフォームが設けられています。

数回のクリックと、数カ所の入力だけで問い合わせをすることができますので、歯がゆさを感じるようなことがあれば遠慮せずに問い合わせるようにしましょう。

(2). 介護施設

介護施設は、病院以外で看護師が働ける職場の一つです。

求人数は病院に次いで多く、多くの施設で看護師が求められているため、転職がしやすい職場と言えるでしょう。

看護師が活躍できる介護施設には、以下のような施設があります。

看護師が活躍する介護・福祉施設の例

  • 介護老人保健施設(老健)
    在宅復帰を目指す高齢者に対して、医療ケアやリハビリを提供する入居型施設
  • 介護老人福祉施設(特養)
    自宅で生活することが困難な高齢者に対して、介護ケアや機能訓練などを提供する入居型施設
  • 有料老人ホーム
    高齢者が過ごしやすいよう食事や介護、家事援助、健康管理を行う入居型施設
  • 介護医療院
    要介護認定を受けた高齢者に、医療的ケアと介護ケアを行う入院施設
  • ケアハウス
    自宅での生活が困難な高齢者に対して介護ケアを行う入居施設で、利用者の負担額が少ない
  • グループホーム
    要介護2以上の認知症の高齢者に対して身の回り全般の世話やケアを行う入居型施設
  • サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)
    自立または介護度の低い高齢者に対して生活相談や状態確認(安否確認)を行う賃貸施設

主な仕事内容は、入居者の体調管理や投薬管理など、健康管理がメインですが、容態の急変時は看護処置を行います。

看護師の視点で、入居者をサポートする役割と言えます。病棟で行うような身体介助は介護スタッフの役割です。

ただし、施設によって入居者の特性が異なるため、看護師の業務内容や勤務形態にも違いがあります。介護施設が気になる方は、まずは求人検索を行い、どんな働き方ができるかチェックしてみると良いでしょう。

介護施設の求人を実例で紹介

介護施設の求人には次のようなものがあります。
※タップすると開きます

東京都にある介護老人保健施設

▼施設概要

  • 東京都
  • 介護老人保健施設

▼業務内容

  • 介護老人保健施設における看護業務
  • オンコールなし

▼給与

月収:25.1万円〜40.7万円、賞与:年2回

▼勤務時間

7:30~18:30

▼待遇

  • 資格手当、扶養手当、職務手当
  • 車通勤可(駐車場は自分で確保)
  • 雇用保険、 労災保険、健康保険、厚生年金保険

▼休日・休暇

  • 年間休日:108日
  • 4週9休以上
  • 育児休暇、慶弔休暇、有給休暇

▼求人の特徴

  • 介護老人保健施設のほか、デイケアや訪問看護サービスなどを提供し、多様化する介護ニーズに対応
  • 日勤のみ・完全週休2日制で、プライベートとの両立もしやすい勤務体制
  • 育児中の看護師も多数活躍しており、急な休みにもフォローがある環境

〔出典〕『看護のお仕事』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月23日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

大阪府にある特別養護老人ホーム

▼施設概要

  • 大阪府
  • 特別養護老人ホーム

▼業務内容

  • 特別養護老人ホームでの看護業務
  • オンコールなし

▼給与

月収:27.5万円~32.5万円、賞与:年2回

▼勤務時間

3交代制(8:00~19:00)

▼待遇

  • 資格手当、通勤手当
  • 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険
  • 定年60歳
  • 車通勤可

▼休日・休暇

  • 年間休日:110日
  • 4週8休制
  • 産前産後休暇

▼求人の特徴

  • 全室個室の100床を有し、入居・ショートステイ・デイサービスなど、利用者のニーズに応じたさまざまなサービスを提供
  • 夜勤の対応がないため、夜はゆっくりとリラックスタイムにあてることができる

〔出典〕『看護のお仕事』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月23日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

埼玉県にあるサービス付き有料老人ホーム

▼施設概要

  • 埼玉県のサービス付き有料老人ホーム
  • 仕事前後や休憩中に買い物などもしやすい立地

▼業務内容

  • サービス付き有料老人ホームにて看護業務全般
  • オンコールなし

▼給与

月収:30万円〜、賞与:年2回

▼勤務時間

4交代制(7:00~22:30)
※4交代制は介護施設に多いシフト制度で、早番・日勤・遅番・夜勤の4つに分かれて勤務する仕組みのこと。

▼待遇

  • 賞与、昇給
  • 夜勤手当、年末年始手当、通勤手当、資格手当
  • 定年65歳
  • 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険

▼休日・休暇

  • 年間休日:116日
  • 4週8休制

▼求人の特徴

  • ブランク可・未経験可
  • 医療依存度の高い方も入所しているため看護師としてのスキルを活かせる
  • 介護スタッフと連携して看護を行う機会が多いため、介護のスキルも身につく
  • 夜勤に入って高い収入を得たい方におすすめ

〔出典〕『看護のお仕事』求人検索システムによる編集部調べ,2022年7月23日閲読.
※当該求人は応募・採用状況などにより掲載が終了している場合があります。

介護施設の求人を転職サイトで見つけるコツ

介護施設には「介護老人保健施設」「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」「有料老人ホーム」「サービス付き高齢者住宅」などの種類がありますが、転職サイトの求人検索システムでは「介護施設」とひとくくりにされ、種類別に検索することができません

また、介護施設の種類によっては、夜勤やオンコール業務が発生する場合もあります。

そこで、施設の種類別や、夜勤やオンコールの有無別に介護施設求人を見つけるためのコツを紹介します。

介護施設求人の探し方

看護師求人検索のコツ
  • 「介護施設」を選択する(選択肢がある転職サイトを利用する)。
  • フリーワード検索に施設種類を直接入力する(入力して機能する転職サイトを利用する)。
  • オンコールの選択肢があれば有無を選択する(選択肢がある転職サイトを利用する)。

求人検索の際に、「介護施設」を選択できる転職サイトはあっても、「介護老人保健施設」や「有料老人ホーム」などの種類まで絞り込めるものは多くありません

検索効率を上げるためにも、介護施設の種類まで絞り込める転職サイトを活用しましょう。
※職種で絞り込める転職サイトは『看護のお仕事』です(詳しくは後述)。

もし施設形態の詳細まで絞り込めない場合には、フリーワード検索で「特別養護老人ホーム」などと入力して検索する必要があります。
この際、「特老」など略称のみでヒットする求人も一定程度存在するので、正式名称・略称の両方で検索をかけるよう注意しましょう。

また、「介護老人保健施設」では夜勤が、「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」と「有料老人ホーム」ではオンコールが、それぞれ発生する場合があります。
「オンコール」とは緊急時には職場に駆け付けることができるよう自宅などで待機する業務で、「オンコール勤務」や、単に「待機」と呼ばれることもあります。

夜勤やオンコールに対応できない場合、夜勤なし、オンコールなしの求人情報に絞って検討しましょう。

介護施設求人を見つけるのが難しい探し方

看護師求人検索のコツ
  • フリーワード検索に「オンコールなし」と直接入力してしまう

フリーワード検索で「オンコールなし」と入力することは避けましょう
オンコール業務がないからといって「オンコールなし」と記載されているとは限らないため、オンコールがない好条件の求人を見逃してしまう可能性があるためです。
※反対に、オンコール業務があっても「オンコールあり」と記載されていない求人もあります。

オンコールの有無を重要視する場合、マイナビ看護師』の登録がおすすめです。
マイナビ看護師』では、こだわり検索で「オンコールなし」を選択できるため、「給与条件が良いと思ったら、オンコールがあるのか…」という時間の浪費を避けることができます。

看護師(訪問看護ステーション)の求人検索方法

なお、「介護老人保健施設」や「有料老人ホーム」など施設別に求人を探したい場合、看護のお仕事』の登録がおすすめです。

看護のお仕事』では、フリーワード検索で、求人票内に記載されているワードを検索できるため、「介護老人保健施設」や「有料老人ホーム」と入力することで、施設別に求人を比較することができます。

他の転職サイトでは、施設名、地域名や駅名のみが検索対象になっているため、たとえば施設名が「介護老人保健施設●●」などのようになっていない限りヒットしないため、看護のお仕事』のフリーワード検索は重宝できます。
ただし、
求人票内にたまたま施設種類が記載されているだけなどの余計な求人がヒットしてしまう場合もあるため、多少の手間がかかることは含んでください。

看護師(介護施設)の求人検索方法

介護施設の求人票で注目するポイント

―介護施設求人票の注目箇所―

  • 施設形態(看護福祉施設のうちどれに相当するか)
  • オンコールの有無およびオンコール手当の支給要件
  • 在籍職員の構成比(看護師の在籍人数など)

ここまでお話ししたとおり、介護施設にはいくつかの種類があります。
施設によって業務内容や介護相手(入居者・患者など)が異なるため、閲覧している求人の種類は常に意識するようにしましょう。

看護師が活躍する介護・福祉施設の例(再掲)

  • 介護老人保健施設(老健)
    在宅復帰を目指す高齢者に対して、医療ケアやリハビリを提供する入居型施設
  • 介護老人福祉施設(特養)
    自宅で生活することが困難な高齢者に対して、介護ケアや機能訓練などを提供する入居型施設
  • 有料老人ホーム
    高齢者が過ごしやすいよう食事や介護、家事援助、健康管理を行う入居型施設
  • 介護医療院
    要介護認定を受けた高齢者に、医療的ケアと介護ケアを行う入院施設
  • ケアハウス
    自宅での生活が困難な高齢者に対して介護ケアを行う入居施設で、利用者の負担額が少ない
  • グループホーム
    要介護2以上の認知症の高齢者に対して身の回り全般の世話やケアを行う入居型施設
  • サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)
    自立または介護度の低い高齢者に対して生活相談や状態確認(安否確認)を行う賃貸施設

介護施設の規模によっては、在籍職員のなかで看護師が1人というケースがあり、責任というプレッシャーや、孤独を感じる方もいます。

また、オンコール勤務に対する手当は職場によって大きく異なります
オンコール勤務1回ごとに手当が支給されるだけ職場もあれば、実際に現場への駆け付けが発生した場合には追加で手当が支給される職場もあります。

求人票に、在籍職員の比率や、オンコール手当の詳細、回数の目安が記載されていない場合、転職サイトのキャリアアドバイザーを通して確認しましょう。
労働環境や給与詳細(オンコール手当の詳細)を確認するのは当たり前のことですので、遠慮せずに問い合わせましょう。

(3). イベントナース、ツアーナース

看護師資格を活かして、単発~短期で働くことができるイベントナース・ツアーナースも、看護師に人気のある働き方です。

イベントナースとは、ライブやコンサートなど、イベント会場の救護室に待機をして、急病人や傷病者が発生した際に、応急処置や適切な看護処置を行う仕事です。

ツアーナースは、旅行会社のツアーに同行し、旅行客が急病・ケガをした際に対応する仕事です。

どちらの仕事も派遣やアルバイトという形で働くことになりますが、2020年以降、新型コロナウイルスの影響によって求人が減少傾向にあるので、安定収入を得るのが厳しい働き方でもあります。

「今すぐ求人が無くても大丈夫」「副業やバイト感覚で働きたい」という方は、まずは派遣会社に登録することから始めてみると良いでしょう。

派遣看護師として働きたい方には、看護の派遣求人数No.1の看護のお仕事派遣』がおすすめです。私も妊娠・出産を機に派遣看護師に転向したときにお世話になりました
看護師ライター 上戸
看護師ライター 上戸

6.すべての看護師さんにおすすめ!総合評価が高い転職サイト3選

看護師さんが転職する場合、転職サイトを使うことで転職の成功率をグッと高めることができます。

とはいえ、ネット上には、看護師向けの転職サイトは数多く存在しており、選びきれない人も多いでしょう。

看護師向けの転職サイトは、それぞれサポート体制や保有求人が全く違うため、選び方を間違えると、せっかく登録しても役に立ちません。

そこで、この章では実際に転職サイトを利用したことのある723人の看護師に行ったアンケートをもとに、看護師さんにおすすめの転職サイトを3つご紹介します。

利用者からの評価が高い看護師転職サイトおすすめ3選
看護roo!看護roo!
公式サイトを見る
詳細を見る
利用者満足度No. 1! 抜群のサポート力が魅力の迷ったらまず登録するべき定番の看護師転職サイト
公開求人数
約6万件

総合評価
4.3

利用者満足度96.3%、看護師さんからの人気No1の転職サイト。細かい条件で求人が探しやすく、面接対策&サポートも手厚い。
看護のお仕事
看護のお仕事
公式サイトを見る
詳細を見る
圧倒的情報量! 豊富な求人件数と取材に基づく施設の実情で、応募先選びに困らない
公開求人数
約12.9万件

総合評価
4.1

総求人数トップレベル!累計40万人以上の利用者がいる転職サイト。LINEで最新の求人情報が得られるなど、気軽に転職活動ができる
マイナビ看護師
マイナビ看護師公式サイトを見る
詳細を見る
人材超大手企業の安心感。地方在住の方や細かな希望条件のある方にも納得の紹介・提案力
公開求人数
約5.6万件

総合評価
4.0

求職者のペースに合わせたサポートが強み。全国25箇所に相談会場があり、地方在住者も来社相談しやすい

※ 求人数は、すべて2022年3月時点のものです

看護師転職サイトの比較・選定基準

  • 総合評価
    利用者の口コミをもとにしたサービスの総合評価。
  • 求人の数・質
    2022年も看護師求人は例年より少なめ。良質な求人をたくさん確保することが重要。
  • サポート力
    優秀なキャリアコンサルタントに担当してもらえれば、理想的な求人の提案&手厚いサポートが期待できる。

看護roo!:看護師の総合評価No.1

看護roo!

総合評価

4.3

利用者満足度96.3%!当サイトの調査では全85社の中で堂々トップ

求人数・質

4.0

公開求人5万件+非公開求人も多数

サポート力

4.3

面接同行や選考対策など手厚いサポート。

『看護roo!』の特徴

  • 10年以上・数十万人の看護師を支援してきた実績を持つ、業界最大手級サービス
  •  利用者満足度は驚きの96.3%(看護roo!調べ)
  • きめ細かなサポートや提案力など、利用者から満足の声が多数!

看護roo!』は、転職経験のある看護師さんから最も選ばれている、人気No. 1の転職サイトです。

公開求人数は5万件以上、さらに登録者のみが閲覧・応募できる非公開求人も多数保有しています。

希望の施設形態や、担当業務など、細かい条件を組み合わせて仕事探しができるので、希望にぴったりの求人を見つけることができるでしょう。

30年以上にわたる転職支援実績のある株式会社クイック(東証一部上場企業)が運営するサービスであるため、信頼と実績も十分で、面接時に希望者には専任の女性スタッフが同行してくれるなど、きめ細かいサポートも魅力的です。

『看護roo!』はこんな看護師さんにおすすめ

  • みんなが使っていて、実績豊富な人気のサイトを利用したい
  • 給与や条件、人間関係などが良い職場情報を知りたい
  • はじめての転職で不安なのでプロに相談したい

『看護roo!』サービス概要

対応している求人の要件(求人検索で絞り込める項目)
対応職種
正看護師・准看護師・保健師・助産師
対応施設
一般病院、大学病院、一般+療養、療養型病院、精神病院、クリニック、訪問看護、介護施設、健診センター、保育園・学校、その他
対応雇用形態
常勤、パート(非常勤)、契約社員
対応診療科
検索項目なし(キーワード検索で絞り込んで探すことが可能)
担当業務/配属先
病棟、外来、オペ室(手術室)、救急外来、ICU系、透析、訪問看護、介護・福祉系、検診・健診、保育園・学校、訪問診療、内視鏡、その他
対応地域
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県
愛知県・岐阜県・静岡県・三重県
大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県
広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県
徳島県・香川県・愛媛県・高知県
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
掲載求人数(公開)
職種別
正看護師約55,000件
准看護師約35,000件
保健師約1,200件
助産師約600件
雇用・勤務形態別
常勤約44,000件
非常勤約23,000件
派遣-(項目なし)約1,200件
2交代制約11,000件
3交代制約2,000件
日勤のみ約49,000件
夜勤のみ約4,300件
施設別
一般病院約8,400件
クリニック約11,000件
介護施設約59,000件
訪問看護約59,000件
保育施設約59,000件(保育園・学校)
担当業務/配属先別
病棟約5,800件
外来約13,000件
訪問約8,000件
手術室(オペ室)約1,000件
透析約59,000件(保育園・学校)
内視鏡約100件
こだわり条件別
4週8休以上約28,000件
土日休み約5,900件
駅徒歩5分以内約9,400件
車通勤可(駐車場有)約42,000件
寮あり約7,800件
託児所あり約10,000件
未経験・ブランク可37,000件 
電子カルテあり約5,000件 

〔出典〕『看護roo!』求人検索システムによるCareer Theory調べ
※ 対応要件および求人数は、すべて2022年1月19日時点のものです。

『看護roo!』を利用した看護師の声

看護roo!』を利用した看護師のほとんどはサービス内容に対して高い満足感を示しており、特に求人紹介や担当キャリアアドバイザー(エージェント)のサポート力を高く評価する声が中心でした。特に、次の3点について満足だったとする声が目立ちます。

  • 希望条件にマッチした/応募したくなる求人をすぐ紹介してもらえた
  • 求人票だけではわからない内部事情・詳しい状況を教えてくれた
  • 担当者の対応が丁寧/多忙な自分に合わせた連絡方法をとってもらえた

それぞれ実際の口コミとともに分析してみましょう。

『看護roo!』を利用した看護師からの口コミ&分析

【読み飛ばし】口コミ評判のまとめを見る

◆希望条件にマッチした/応募したくなる求人をすぐ紹介してもらえた◆求人票だけではわからない内部事情・詳しい状況を教えてくれた◆担当者の対応が丁寧/多忙な自分に合わせた連絡方法をとってもらえた
約5万件の公開求人数に加えて多数の非公開求人(求人サイト等でオープンに募集されていない求人)を抱える『看護roo!』では、やはり利用者からも「希望条件に合った求人を紹介してもらえた」という声が多く寄せられました。

口コミ・評判

20代後半・『看護roo!』を利用
評価:★★★★☆4
紹介される案件が豊富で、他のサイトでは見つからなかった条件での案件がすぐに見つかり、紹介してもらえた
他のサイトだと紹介されても給料が希望より低いなど条件が合わないことがあったが、それもなかった。専門分野ごとに分けて担当しているのか、紹介してほしい分野の仕事にも詳しかった

口コミ・評判

20代後半・『看護roo!』を利用
評価:★★★★☆4
提案される求人が比較的多かったので、自分の条件に合う求人に巡り合うことができました
担当者の方は、求人ごとに様々な情報を教えてくれたので、求人ごとに比較がしやすかったです。
面接対策もしてくれたので、とても心強かったです。

口コミ・評判

20代後半・『看護roo!』を利用
評価:★★★★☆4
最初の転職の時に履歴書の書き方をメールで添付してくださりとてもわかりやすくて履歴書が書きやすかったです。
求人数は自分が言った条件に沿って3つ出してくださいました。私はそのとき看護師1年目だったので3つ出してくださってとても多い印象を受けました。
また面接のときに他府県からの病院に面接しにいったので面接当日転職サイトの方が出向いてくださりいろいろアドバイスを下さいました。すごく心強かったです。

保有求人数の多さに加え、担当キャリアアドバイザーのサポート・提案力がうかがえる声が目立ちます。

ただし、「希望の求人を見つけられた」という看護師のなかには、「登録されている病院があまりに多いので、選ぶのに時間がかかりました」という声も。
転職に不慣れで応募先選定にひと苦労しそうだという方にとっては、豊富な掲載求人数を誇るサイトの場合、かえって選びにくさを感じてしまう可能性もあります。

そのようなときにはやはり、キャリアアドバイザー(エージェント)機能に優れた転職サイトを選ぶようにしたいものです。
候補施設の絞り込みを担当アドバイザーに任せることで、求人票に目を通しきれない・どう選べばいいかわからないといった悩みを解消でき、時短にもつながります

担当アドバイザーのサポート力が好評を博している『看護roo!』ですが、とくに応募先の雰囲気や実際に働いている人の状況など、求人票を見るだけでは読み取ることができない内情を教えてくれて良かったという声が多く寄せられました。

口コミ・評判

30代前半・『看護roo!』を利用
評価:★★★★☆4
担当スタッフが親身に希望を聞いて、条件に合う求人を提案してくれた。
何度か条件を変更して探してもらったりましたが、丁寧に対応してもらえました。
自分が気になる求人はどうなのか質問しても、おすすめな理由とあまりおすすめできない理由(最近、そこに勤めている看護師に話を聞いたが、人手が不足していて残業がかなり多いなど)をハッキリと教えてくれて、わかりやすかった

口コミ・評判

30代前半・『看護roo!』を利用
評価:★★★☆☆3
転職サイトには掲載されていないが、個人的にリサーチし気になっている求人を伝えたら、コンタクトをとってくれた
また、転職サイト目線で良い求人か、あまりオススメできない求人か教えてくれた職場のホームページには掲載されていない、情報(職場の雰囲気、評判)を教えてくれた

口コミ・評判

30代後半・『看護roo!』を利用
評価:★★★★☆4
ある程度、私が提示した条件の職場を見つけていただけなので、満足しています。
転職サイトですと、条件から外れた職場を提案され、妥協が必要、みたいな事を言われたりしたことがあるのですがそういうことがなかったので、安心して転職活動出来ました。
提示してくださったクリニック、病院の特徴も把握されていて比較もしやすかったです。

転職サイト・転職エージェントサービスでは、医療施設の採用担当者とやり取りする営業担当と、求職者(看護師)とやり取りして転職支援を提供するキャリアアドバイザーが別々に置かれていることが大半です。

内部事情など各医療施設側の事情に精通しているのは営業担当者のほうで、その情報をうまく求職者側へのアドバイスとして提供するためには、営業担当とキャリアアドバイザー間の連携が不可欠。
サービスによってはこの連携が甘く求人票以上の情報を引き出せないこともあるのですが、『看護roo!』の場合は、組織内での担当者連携がうまくとられていると考えられます
高いサポート力の背景には、こうした運営企業側の体制面も大きな要因として存在しているのではないでしょうか。

看護roo!』を利用した看護師からは、担当キャリアアドバイザー(エージェント)とのコミュニケーション面(連絡方法、フォローアップの仕方)についてもたいへん満足だったという声が多く寄せられています。

口コミ・評判

40代後半・『看護roo!』を利用
評価:★★★★★5
担当さんには、こちらの希望を丁寧に聞いてもらえました。
勤務しながらの転職活動だったので、連絡を頂いても電話で話すことができないことが多々ありましたが、ショートメールも使って担当さんとやり取りできました。しつこく連絡してくることもなく、前職場に気づかれずに活動でき助かりました
〔自分が求める条件は〕非現実的な要望が多かったので、件数は少なかったですが希望通りの求人を探してもらえました。自分では不可能なことだったので心から感謝しています。次も使いたいと思える担当さんでした。

口コミ・評判

20代後半・『看護roo!』を利用
評価:★★★★★5
対応も細やかで 担当は明るく話しやすい方だった。わからない点もLINEでやりとりをしてすぐ回答をもらえ不安も少なかった
一般求人で募集していない内容の転職情報を持っており案内してもらえたのは魅力的であった。
面接の日取りや採寸の日取りなどもこちらを優先させて病院側と調整してもらえ動きやすかった点と履歴書の確認も事前におこなってもらえ修正も貰えたのは有難いところだった。

口コミ・評判

20代後半・『看護roo!』を利用
評価:★★★★★5
看護roo!を選んだのは、転職を決意した際にインターネットで転職サイトを検索したことがきっかけでした。転職経験者の口コミも良かったためです。
登録後は担当者からの連絡があり、私の希望を電話にて聞き取りをしてくださいました。電話でのやり取りの為、より私の希望が伝わりやすく、条件により近い転職先の提案をしていただきました。
面接当日もスタッフが付き添ってくださる為、事前に面接内容や職場の雰囲気など情報が得られる等、安心して面接に挑むことができました。
就職後も仕事内容や職場の雰囲気等の情報確認の電話があり、転職活動を振り返り感じたこと等の質問を受けました。
転職活動をサポートする会社としてよりよいサポートをしていきたいという思いを感じ取ることができ、今回の転職活動について、私自身は大変満足しています。

電話を通してじっくり話を聞いてもらえるのはもちろんのこと、変則的な勤務時間・多忙な業務などを考慮して、ショートメールやメッセンジャーアプリを利用したやり取りに切り替えてくれたなど、求職者のニーズに合わせた対応を取ってもらえてありがたかったという声が目立ちました。

一方で、アンケートにご回答いただいた看護師からは、担当アドバイザーからの連絡が頻回でわずらわしさを感じたという声も少数寄せられています。
これは全転職サイトについても言えることなのですが、担当者との相性や担当アドバイザーと円滑にコミュニケーションをとるためのノウハウなど、場合によっては利用者側がうまく立ち回らねばならないシーンも存在します。

Career Theoryの下記の記事ではその点についても詳しく解説しているので、実際に転職サイトを利用する前に、ぜひ目を通しておきましょう。

 

アンケートからわかった! 『看護roo!』の特長まとめ

Career Theoryによる看護師対象満足度調査で堂々の1位となった『看護roo!』。
アンケートからわかったサービスの特長は、次のような点にあると言えます。

  • 豊富な求人数と担当アドバイザーからの適切な紹介・提案
  • 求人票には書かれていない内部情報を積極的に提供してくれる
  • 連絡・コミュニケーションは利用者(看護師)に合わせてもらいやすい

サポート力に高評価が集中していることから、初めて転職する人や転職活動に不慣れな人がまず利用するべき転職サイトだと言えるでしょう。

また勤務時間などの問題で日中の電話によるやり取りが困難となりがちな看護師にとっては、連絡の頻度や方法を調節できるかどうかがきわめて重要です。

現職の勤務を続けながらの転職活動を進めていく上でも、有力な候補となることは間違いないでしょう。

◆『看護roo!』のもっと詳しい解説・口コミ
看護ルー(看護roo!)の評判は?723人の口コミを徹底分析

看護のお仕事:非公開求人の量が豊富、面接対策◎

看護のお仕事

総合評価

4.1

累計利用者数40万人以上、友だちに勧めたい転職サイトランキングNo.1

求人数・質

4.3

求人数は12万件以上。「電子カルテあり」「人員配置基準7:1の施設」など細かい条件で探しやすい

サポート力

4.2

丁寧なヒアリングをもとにした提案が魅力。面接同行サポートもあり

看護のお仕事』の特徴

  • 累計利用者数40万人を超える(2019年度実績)、最大手級転職サイト
  • 掲載求人数は公開求人だけでも13万件以上の圧倒的豊富さ
  • 年間4,000回以上実施の職場訪問によるリアルな内部事情をストック

看護のお仕事』は、公開求人13万件以上と、求人数がトップレベルの転職サイトです。

その特長はなんといっても、求人施設に関する情報の詳細さ。
看護のお仕事』では年間4,000回以上もの施設訪問を行っており、直接取材に基づく現場のリアルな情報を把握しています。

求職者にとって嬉しい点が、そうした取材結果の一部が公開されており、各施設の求人票から確認することができるというものです(求人検索画面で「職場インタビューあり」の求人票だけ探すことも可能!)

その施設で働く魅力、実際に勤務されている看護師へのインタビューなど、写真つきで詳細な解説を読むことができます
応募前・選考中の段階から入職後の具体的なイメージを描くことができ、担当アドバイザーや採用担当者に対する質問事項の精度を上げることにも有用です。

そのため、「人間関係や施設の雰囲気はどうか」「子育て中の看護師が働きやすい環境か」などの情報を踏まえて、最適な提案をしてもらうことが可能です。

『看護のお仕事』はこんな看護師さんにおすすめ

  • できるだけたくさん求人が見たい
  • 職場の雰囲気や内部情報を知りたい
  • 気軽に求人探しがしたい

『看護のお仕事』サービス概要

対応している求人の要件(求人検索で絞り込める項目)
対応職種
正看護師・准看護師・保健師・助産師
対応施設
総合病院、一般病院 クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
対応雇用形態
常勤、パート(非常勤)、契約社員
対応診療科
検索項目なし(キーワード検索で絞り込んで探すことが可能)
担当業務/配属先
病棟、外来、施設、訪問、手術室(オペ室)、透析、内視鏡
対応地域
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県
愛知県・岐阜県・静岡県・三重県
大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県
広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県
徳島県・香川県・愛媛県・高知県
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県県
掲載求人数(公開)
職種別
正看護師約42,000件
准看護師約28,000件
保健師約800件
助産師約700件
雇用・勤務形態別
常勤約43,000件
非常勤約19,000件
派遣-(項目なし)約5,700件
2交代制約7,000件
3交代制約1,000件
日勤のみ約31,000件(日勤常勤)
夜勤のみ約300件(夜勤専従常勤)
施設別
一般病院約5,500件
クリニック約13,000件
介護施設約11,000件
訪問看護約5,800件
保育施設約1,000件(保育園・学校)
担当業務/配属先別
病棟約7,900件
外来約13,000件
訪問約8,000件
手術室(オペ室)約1,200件
透析約1,400件
内視鏡約200件
こだわり条件別
4週8休以上約13,000件
土日休み約2,700件
駅徒歩5分以内約17,000件
車通勤可(駐車場有)約16,000件
寮あり約7,800件
託児所あり約10,000件
未経験・ブランク可約37,000件 (合計)
電子カルテあり約35,000件 

〔出典〕『看護のお仕事』求人検索システムによるCareer Theory調べ
※ 対応要件および求人数は、すべて2022年1月19日時点のものです。

『看護のお仕事』を利用した看護師の声

看護師転職サイトのなかでも圧倒的な掲載求人数を誇る『看護のお仕事』ですが、利用した看護師の声からは、求人の量だけでなく、情報提供のクオリティが高いことを評価する声が多く寄せられました。
特に、次の2点について満足だったとする声が目立ちます。

  • 求人票には現れない施設の実状・内部情報を教えてくれる
  • キャリアアドバイザーがとても丁寧に自分の話を聞いてくれる

それぞれ実際の口コミとともに分析してみましょう。

『看護のお仕事』を利用した看護師からの口コミ&分析

【読み飛ばし】口コミ評判のまとめを見る

◆求人票には書かれていない応募先施設の内部事情に精通している◆担当者の対応が丁寧/多忙な自分に合わせた連絡方法をとってもらえた

頻回な取材に基づく圧倒的な密度の情報量が売りの『看護のお仕事』。
利用者からも、やはり応募先施設の実情・内部事情を教えてもらえたことに対する喜びの声が多く寄せられました。

口コミ・評判

20代前半・『看護のお仕事』を利用
評価:★★★★★5
初めての転職で不安が大きかったですが、担当アドバイザーの方々丁寧に対応してくださいました。
実際の転職の段取りだけでなく、おすすめの就職先の情報提供や、自力では知り得ない病院の内部事情についても教えて下さったので、非常に参考になりました。
面接対策では、聞かれるであろう質問やその場の雰囲気について、過去の情報を参考にレクチャーして下さったので、不安を軽減させられました。

口コミ・評判

40代前半・『看護のお仕事』を利用
評価:★★★★☆4
転職を考えていた時に、他の病院の詳細な情報が得られず困っていました。
そのようなときに看護のお仕事を利用しました。
給与や福利厚生、離職率や病院の雰囲気など他の求人サイトでは知ることができない情報を教えてもらうことができました
また、求人件数も豊富でよい転職先を選ぶことができました
担当者もまめに連絡をくれたり、親身に相談に乗ってくれました。

口コミ・評判

30代前半・『看護のお仕事』を利用
評価:★★★★☆4
まず、求人数に関しては豊富だったので安心することができました。
また、コンサルタントの質についても良かったのでとても嬉しかったです。
そして、施設の内部事情をしっかりと教えてもらえるところが最大のメリットだと思いました。

看護のお仕事』は求人施設への取材に注力しているサービスだけあって、やはり「求人票以上の情報提供を受けられる」点が好評を博しています。

自分自身で求人検索をかけるときにインタビュー情報を探せるのはもちろんのこと、担当アドバイザーとのコミュニケーションのなかで、より詳細な職場の雰囲気や選考におけるアピールの勘どころ(書類・面接における自己PRや想定質問など)など、求職者にとって有益な情報を引き出すことが可能です。

求人票に対して「質で納得できるものが多い」という感想も寄せられており、求職者が納得感を持って応募先・入職先を選ぶことに大きく貢献する特長だと言えるでしょう。

アンケートへ寄せられた回答のなかでも『看護のお仕事』利用者からの声で有意に目立っていたものが、担当アドバイザーの傾聴姿勢。
自分の話に対して耳を傾けてもらえて良かった」という評価が多くあげられています。

口コミ・評判

40代前半・『看護のお仕事』を利用
評価:★★★★★5
こちらの会社の担当者が一番よく話を聞いてくださった
条件的にやや無茶なことを言ってるなという自覚はあったが、その無茶な希望にも親身になって話を聞いてくださった
他にも利用した2社は無茶な要望だと感じとって相手にもしてくれなかった。
提案された求人は、さほど多く感じなかったが、寄り添ってくれたため、満足度が高いです。

口コミ・評判

40代後半・『看護のお仕事』を利用
評価:★★★☆☆3
担当者の方のマナーがとてもよく、関わりを持った最初から最後まで、根気強くわたしの話に耳をかたむけてくださったことがなにより嬉しかったです。
他社の転職サイトの担当者はやや押し付けがましい物言いだったり、連絡がなかなか来なかったりと多少不満が募りましたが、こちらの会社だけは特に不満はありませんでした

口コミ・評判

30代前半・『看護のお仕事』を利用
評価:★★★★☆4
担当者の方がとても親身に対応してくださいました
女性の方だったのもありとても話しやすかったです、
希望の条件に合った職場をピックアップしてくださり、イマイチと思ったらまた追加の条件を聞いて一から探してくださいました
他の転職サイトは夜遅くに連絡してきたりなどありましたが、こちらのサイトは事前に時間の確認をしてくださり、良識のある対応でした。

「担当アドバイザーは要望通りの対応をしてくれた」という結果面での高評価は他の転職サイトにも共通して見られるものですが、結果面に留まらず、意見・希望をヒアリングする過程自体も評価が高い点に、看護のお仕事特長があります。

Webサイト上で公開されている看護のお仕事キャリアアドバイザーのプロフィール一覧に目を通してみると、話しやすい雰囲気づくりや傾聴姿勢に注力するなど、在籍しているアドバイザーの多くが「話して良かった」と思ってもらえることを目標にしているようです。

求人施設側に対する頻回なヒアリングとも相まって、傾聴力(聞き出す)に格別のこだわりを持った転職支援サービスであることがうかがえます。

転職サイト・エージェントを利用した経験がある人は、担当アドバイザーのヒアリングが手短・淡白で「寄り添ってもらえている感が薄かった」という不満を持つ人も少なくありません。
看護のお仕事であれば、そうした不満を持つことなく親身なサポートを受けられることに期待できるでしょう。

アンケートからわかった! 『看護のお仕事』の特長まとめ

看護師転職サイトのなかでもトップクラスの掲載求人数を誇る看護のお仕事
実際に寄せられた看護師の感想からは、求人数以外の面でも高い評価を得ていることがわかりました。

  • 綿密な取材によって集められた、求人施設の内部事情・就労環境に関する圧倒的な情報量
  • 求職者にどこまでも寄り添ってくれるキャリアアドバイザーの傾聴力

看護のお仕事の魅力はなんといっても、継続的な現地取材を通して集積された、各求人施設の具体的な情報にあるでしょう。

雰囲気や働いている人の感覚などは実際に職場を訪れなければ感じ取れない側面が強く、求人票から読み取れないことがしばしばあります。

特に、今日では新型コロナウイルスの感染拡大に伴う措置により、各施設は必要以上の入棟を制限しており、選考中の職場訪問を受け入れにくい施設も存在すると考えられます

採用面接も一部/全部がリモートに置き換わることが多い今日の転職市場において、「現地へ赴かねば感じ取れない事情」を教えてもらえる看護のお仕事がもたらす価値はたいへん大きいものです。

同様に、キャリアアドバイザーへの転職相談も非対面で行われることが主流となったいま、短時間・効率化にとらわれずにじっくりと求職者の話を聞いてもらえることは、安心感をもたらし、希望条件をめぐる認識の齟齬を回避する上でとても大切なことです。

自分に寄り添ったサポートをしてもらえるかどうかなど、綿密なヒアリング・情報提供を最重視するならば、看護のお仕事を選ぶと良いでしょう。

マイナビ看護師 :大手人材企業による定番の看護師転職サイト

マイナビ看護師

総合評価

4.0

看護師認知度4年連続No1、定番の転職サイト。

求人数・質

3.9

求人数は5万件以上、大手マイナビならではの情報ネットワークも強み

サポート力

4.1

求職者のペースに合わせた転職支援が魅力

『マイナビ看護師』の特徴

  • 人材系大手企業マイナビ社が運営する看護師専門転職サイト
  • 求人検索システムから細かな条件で求人情報を絞り込める
  • 地方在住や企業への転職を目指す看護師など、多様なニーズに強み

人材・職業紹介の最大手級企業マイナビが運営する『マイナビ看護師』は、豊富なキャリア支援実績に裏打ちされた万全のサポート体制が魅力のサービスです。

数週間で内定を目指す「スピード転職」や、数カ月に渡ってゆっくりと職場を探す「じっくり転職」など、求職者の都合に合わせたスピード感でのサポートをしてくれます。

全国21箇所に相談会場があり、地方在住の方でも来社相談がしやすいという点も、大手企業が運営するサービスならではの強みです。

また『マイナビ看護師』が持つ特色の1つとして、求人検索におけるこだわり条件が細かい・多様なニーズにまで対応しているという点が挙げられます。

復職・ブランク可」「4週8休以上」といった一般的な軸はもちろんのこと、他にも以下のように多様な条件から求人票を絞り込むことが可能です。

  • 1月入職可(ほかに4月入職可、夏~秋入職可なども)
  • オンコールなし
  • 都市圏/沖縄・離島/北海道トラベルナース

上記は一例にすぎません。このほか「託児所あり」「産休・育休実績あり」といった項目で絞り込むことが可能で、看護師市場だけでなく、転職市場を網羅的に手掛ける大手人材企業ならではの、労働者ニーズに寄り添った検索システムを利用することができます。

マイナビは総合転職市場では女性向けの転職支援にも注力しているため、女性のライフステージなどを考慮したサポートに定評があります。

さらに看護師分野では男性向け特集を組んで多くのキャリアアップ実績を有しており、性差に関係なくライフステージ/キャリアビジョンに合ったサポートを提供するノウハウを持つ企業です。

『マイナビ看護師』はこんな看護師さんにおすすめ

  • なるべく早く次の仕事を見つけたい
  • 数カ月かけて余裕を持って転職活動したい
  • 地方在住で、対面のサポートを受けたい

『マイナビ看護師』サービス概要

対応している求人の要件(求人検索で絞り込める項目)
対応職種
正看護師・准看護師・保健師・助産師
対応施設
病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、看護師資格・経験を活かせる一般企業、治験関連企業(CRA、CRCなど)、保育施設、その他
対応雇用形態
常勤、パート・アルバイト、契約社員、業務委託その他
対応診療科
美容外科、小児科、産科、婦人科(レディースクリニック)、整形外科、循環器内科、心療内科、消化器外科、心臓血管外科、スポーツ整形外科、脳神経外科、眼科、形成外科、消化器内科、歯科、精神科、血液内科、外科、内科、神経内科
担当業務/配属先
病棟、外来、訪問、手術室(オペ室)、透析、内視鏡、ICU、救急外来、管理職
対応地域
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県
愛知県・岐阜県・静岡県・三重県
大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県
広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県
徳島県・香川県・愛媛県・高知県
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
※ 全国主要都市に相談会場も設置
掲載求人数(公開)
職種別
正看護師約52,000件
准看護師約33,000件
保健師約13,00件
助産師約700件
雇用・勤務形態別
常勤約10,000件
非常勤約19,000件
派遣–(項目なし)
2交代制約8,300件
3交代制約1,600件
日勤のみ約24,000件
夜勤のみ約300件
施設別
一般病院約10,000件
クリニック約11,000件
介護施設約20,000件
訪問看護約10,000件
保育施設約2,200件
担当業務/配属先別
病棟約8,200件件
外来約2,400件
訪問約8,600件
手術室(オペ室)約1,300件
透析約1,400件
内視鏡約200件
こだわり条件別
4週8休以上約14,000件
土日休み約4,000件
駅徒歩5分以内約24,000件
車通勤可(駐車場有)約37,000件
寮あり約4,300件
託児所あり約7,000件
未経験可約15,000件 
復職・ブランク可約14,000件 

〔出典〕『マイナビ看護師』求人検索システムによるCareer Theory調べ
※ 対応要件および求人数は、すべて2022年1月19日時点のものです。

『マイナビ看護師』を利用した看護師の声

さまざまな状況・属性の求職者に対しても支援実績を重ねてきた『マイナビ看護師』。

実際に『マイナビ看護師』を利用した看護師からは、サービスを通して得られる情報の質やわかりやすさを高く評価する声が多く上がりました。

特に、次の2点について満足だったとする声が目立ちます。

  • とにかく求人検索システムが使いやすい!わかりやすい!
  • キャリアアドバイザーの提案に満足、選択肢を拡げてもらえた

それぞれ実際の口コミとともに分析してみましょう。

『マイナビ看護師』を利用した看護師からの口コミ&分析

【読み飛ばし】口コミ評判のまとめを見る

◆とにかくサイト・求人検索が使いやすい/わかりやすい◆提案力に満足/提示してもらえる選択肢の幅が広い

アンケートへ寄せられた回答のなかでも『マイナビ看護師』利用者からの声で有意に目立っていたものが、求人検索システムの使い勝手に関する口コミです。
検索システムが使いやすかった・わかりやすかった」という評価が多くあげられています。

口コミ・評判

40代後半・『マイナビ看護師』を利用
評価:★★★★★5
内容が見やすく理解しやすかったです。
場所や勤務時間帯、給料など転職に必要な項目が見やすく、すぐ理解できました
応募方法も簡単で応募しやすかったです。
中には、訪問看護の場合、時給で記載されていたので、一日八時間勤務かと思ったのですが問い合わせたら、一日朝一時間、夕方一時間などの勤務だったので、具体的にどんな感じの勤務になる可能性があるのか記載してくれた方がよかったです。

口コミ・評判

20代後半・『マイナビ看護師』を利用
評価:★★★☆☆3
私は田舎暮らしなので、このような転職サイトに求人情報は載っているのかと少し心配していましたが、普通に選べるくらいの掲載数で安心しました。
給料体制や福利厚生の情報が事細かく表示されていてサイトとして見やすかったのはとても良い点だと思います。
他の求人サイトは使用しておらず、比べられないので悪い点はあまり分からないのですが、掲載されていた給与情報と実際就職した際の給与が少し違ったのが不満でした。ただ、それほど大きな差異はないので気にするほどのことではありません。
担当者サポートなどは受けず、サイトから直接企業に連絡させて頂きました。連絡もすぐついたので良かったです。

口コミ・評判

30代後半・『マイナビ看護師』を利用
評価:★★★★☆4
マイナビというだけあって、転職サイトとしての規模が大きいところが最大のメリットだと思います。
地域エリアや求人数が多く、働きたい場所や時間、人間関係などより細かい条件のもとで希望する転職への支援が充実していると思います。
また、求人検索等の手順が分かりやすく誘導されるので、サイトの利用のしやすさもメリットの一つだと感じました。

掲載求人の質やキャリアアドバイザーのサポート力はもちろん大切なことですが、求職者が見落としがちな指標に、「転職サイトの見た目・機能がどれほど使いやすいか」というものがあります。

どんなに魅力的な施設を紹介してくれるにしても、その求人票を精査するのは求職者自身。

転職活動中は日常的に求人情報や応募先・アドバイザーからのメッセージ通知などをチェックする必要があるため、転職サイトのちょっとした使いにくさが大きなストレスになることもしばしばあります。

マイナビ看護師』のデザイン・機能は使い勝手が良いと評判な上、専用のスマートフォンアプリからも求人検索をしたりお役立ち情報を読んだりすることが可能。

自分に合わせてストレスなく利用することができるのです。

マイナビ看護師』を利用した看護師の感想には、キャリアアドバイザーが行ってくれる求人紹介/応募先の提案について満足感があるとするものが多く見られました。

口コミ・評判

20代後半・『マイナビ看護師』を利用
評価:★★★★☆4
提案数については少なめであるが、提案されたものについては問題ない求人が多かった
希望とまったく違う求人については提案されないものの、ここの部分を妥協するとこういった求人もあるという形で選択肢を増やして貰えた
申し込みから内定まで、電話がしつこいということもなく、自分のペースで転職活動を進めることができたのが良かった。

口コミ・評判

30代前半・『マイナビ看護師』を利用
評価:★★★★☆4
看護師以外の仕事も考えていたこともあって、大手と思って登録した。
提案される求人の数は多くて、他にも考えていた職種と合わせて、色々な求人を見ることで、自分の希望する条件を考え直したりすることができたので、情報が多い所に登録することのメリットを受けられたと思う。
大手なので、良くも悪くも、担当の方は手慣れているという感じを受けた。

口コミ・評判

30代後半・『マイナビ看護師』を利用
評価:★★★★☆4
看護師の求人サイトは3社登録しましたが、マイナビ看護師がもっともサポート体制がしっかりしていると感じました
初めての転職活動だったのですが、担当が履歴書や経歴書の書き方や面接対応など細かくチェックしてくれたり、こちらの希望などもできるだけ取り入れた求人案件の提案などしてくれ効率的かつスムーズに新しい職場を見つけることができました

求職者の希望に合わせた求人情報を紹介してくれるのはもちろんのこと、より現実的・成功見込みが高いと考えられる条件の提案を行い、看護師の転職成功を強くアシストしてくれます。

また2番目の口コミにも見られる通り、医療施設勤務の看護師のみならず、看護職の資格・知見を活かすことができる多様な仕事の求人情報までをも広くカバーしている点も、『マイナビ看護師』の特長です。

運営会社のマイナビは職業紹介事業の最大手級企業で、製薬・医療機器メーカーをはじめ多くの一般企業に対して採用支援を提供しています。

そのため治験や臨床開発に関わる仕事やMR(医療情報担当者;製薬企業などの営業系職種)など、医療従事者としての経験・知識や資格を持つ人材を求める企業とのコネクションも潤沢に保有しているのです。

求人検索システムでも「治験関連企業」などの求人を絞り込むことが可能で、看護師の知見を活かして新しいステージに挑戦してみたいという方は必見の転職サイトと言えるでしょう。

◆医療・介護施設以外での活躍を目指すなら、Career Theoryのこの記事も必読!
看護師からの転職におすすめ他職種19選!看護師以外の別の仕事をしたい方必見の転職先

アンケートからわかった! 『マイナビ看護師』の特長まとめ

人材/職業紹介市場における最大手企業が運営する『マイナビ看護師』。

実際に利用した看護師の口コミからは、看護師市場に留まらないビジネス実績によって培われた転職支援のノウハウが、看護師転職サイトにおいても力強く発揮されている様子がうかがえます。

  • 探しやすい!見やすい!わかりやすい! の3拍子が揃った使いやすいWebサイト
  • 医療施設/企業を問わず幅広い選択肢を提示してくれる

マイナビ看護師』については、もちろん求人の質・量などトータル品質を評価する声も多かったのですが、目を引く傾向として、Webサイト自体の使いやすさ・見やすさに満足感を持ったという声が目立っていました。

回答によれば使い勝手のよさを指摘した看護師さんはいずれも複数の転職サイトを利用していたことから、実感として『マイナビ看護師』のデザイン・機能性には特筆すべきものを感じたのだと考えられます。

実際に求人検索を使ってみると、絞り込みのしやすさや求人票の読みやすさがよくわかります。

担当アドバイザーから提案してもらえる求人情報・キャリア選択の指針についても、その人のステータスや志向性に合わせた提案をしてもらえたと好評です。

上に取り上げた求人以外にも、たとえば「地方在住のためじっくり比べられるほどの求人数があるのか心配していたが、豊富な選択肢を提示してもらえた。満足のいく求人紹介を受けられた」という声も複数寄せられています。

全国に多数の拠点・人材を配置している大手企業ならではの網羅性・ラインナップが光っていると言えるでしょう。

7. 転職を考える看護師によくある質問

転職をお考えの看護師さんによくある質問をまとめました。

Q1. 看護師の経験年数が浅くても転職できますか?

A1. 転職自体はできますが、ハードルは高いと認識しておくべきでしょう。有資格者である看護師は、人手不足の職場ほどニーズが高いため、経験年数が浅くても転職自体は可能です。

しかし、採用担当者に「すぐに仕事を辞めるのではないか?」と懸念されたり、正しいキャリアを選べるだけの経験が不足しており、さまざまな場面で経験の浅さがネックになることが認識しておいたほうが良いでしょう。

Career Theoryでは、看護師1〜3年目の看護師さんの転職事情や転職のコツを下記の記事で紹介しています。

看護師1〜3年目で転職をお考えの方は、ぜひ上記の記事を参考になさってください。

Q2. 転職回数が多く、転職できるか不安です。どうしたらいいですか?

A2. 転職回数が多い方向けの転職のコツを押さえることが大切です。転職回数が多い場合、転職先の採用担当者に「すぐに仕事を辞めるのではないか?」といった懸念を抱かれやすいです。

ただ、2020年以降、新型コロナウイルス感染症の影響で人手不足に悩んでいる職場もあるため、悲観しすぎる必要はありません。

転職回数の多さを隠したり、無理に正当化しようとせず、誠実な姿勢をアピールすることに努めましょう。

Q3. 40歳を超えています。今さら転職するのは無謀でしょうか?

A3. 無謀ではありません。むしろ、経験年数の長さが評価されることもあります。看護師は有資格者であるため、40代だからといって転職が極端に難しくなることはありません。

むしろ、経験年数の長さが評価されることもあります。また、40代看護師のなかでも後輩指導や看護管理といった経験のある方は特に重宝されるでしょう。

40代看護師の転職を成功させるコツについては、下記記事をご覧ください。

Q4. 転職しても人間関係が悪かったらどうしよう…と不安です。

A4. 可能なら病院見学を行いましょう。また、さまざまな方法で情報収集をすることが大切です。人間関係や職場の雰囲気は、求人票でわかるものではありません。

可能であれば、職場見学を行い、ご自身の目で確かめることをおすすめします。

また、本記事内でご紹介した看護師の口コミサイト(ナスコミナース専科medico)を利用し、入念に情報収集を行いましょう。

ただし、看護の現場は過酷であるため、どうしてもキツイ性格の看護師がいる可能性は否定できません。

人間関係でお悩みの方は、CareerTheory編集部おすすめの下記記事を読むことで、解決の糸口が見つかるかもしれません。

ぜひ、参考になさってください。

Q5. ブランクがあり、復職できるか不安です。どうしたらいいですか?

A5. 都道府県ナースセンターの復職者研修を受けることをおすすめします。ブランクが長いほど、復職が不安に感じますよね。

その場合は、各都道府県ナースセンターが開催している復職者研修に参加し、最新医療の知識の履修や、看護技術の確認を行うことをおすすめします。

また、復職する職場は「ブランク歓迎」「教育体制が充実」といった条件で求人検索し、自分に合った職場を探すと良いでしょう。

まとめ

看護師の転職に関する情報を余すことなくお伝えしました。

看護師さんが転職を考える理由は人それぞれですが、転職を成功させるためにはコツを踏まえて転職活動を行うことが大切です。

数ある転職方法の中で、すべての看護師さんにおすすめできるのが看護師転職サイトを使った方法になります。

おすすめの看護師転職サイトは以下の3社ですので、まずは登録から始めてみると良いでしょう。

利用者からの評価が高い看護師転職サイトおすすめ3選
看護roo!看護roo!
公式サイトを見る
詳細を見る
利用者満足度No. 1! 抜群のサポート力が魅力の迷ったらまず登録するべき定番の看護師転職サイト
公開求人数
約6万件

総合評価
4.3

利用者満足度96.3%、看護師さんからの人気No1の転職サイト。細かい条件で求人が探しやすく、面接対策&サポートも手厚い。
看護のお仕事
看護のお仕事
公式サイトを見る
詳細を見る
圧倒的情報量! 豊富な求人件数と取材に基づく施設の実情で、応募先選びに困らない
公開求人数
約12.9万件

総合評価
4.1

総求人数トップレベル!累計40万人以上の利用者がいる転職サイト。LINEで最新の求人情報が得られるなど、気軽に転職活動ができる
マイナビ看護師
マイナビ看護師公式サイトを見る
詳細を見る
人材超大手企業の安心感。地方在住の方や細かな希望条件のある方にも納得の紹介・提案力
公開求人数
約5.6万件

総合評価
4.0

求職者のペースに合わせたサポートが強み。全国25箇所に相談会場があり、地方在住者も来社相談しやすい

※ 求人数は、すべて2022年3月時点のものです

あなたの人生が実り多きものであることを、陰ながら願っております。