看護師転職の時期は「3か月前から始める」のがベストな理由|転職活動はいつから始めるべきかのタイミングを図解

看護師 転職 時期

「看護師の転職におすすめな時期はいつ?」「転職活動はいつから始めればいい?」とお考えですね。

結論から言うと、看護師の転職活動は「次の職場で働き始めたい時期の3か月前」からスタートするのがベストです。

例えば、4月から新しい病院で働きたいなら、遅くとも1月から、余裕を持って仕事を探すなら12月から仕事探しを始めましょう。

この記事では、看護師転職のプロとして数多くのキャリアチェンジを支援してきた私が、「看護師が転職活動を始めるのにベストな時期」を図解をまじえながら分かりやすく解説します。

  1. 転職活動を始める時期は「入職希望の3か月前」がベスト
  2. 看護師転職に有利な時期は「冬から春先」
  3. 「年度始まりから初夏」の時期に転職するのは避けた方が無難
  4. 看護師の転職におすすめな時期まとめ【年間スケジュール】
  5. 看護師が転職するベストな時期は看護師歴何年目?
  6. 看護師の転職時期についてよくある質問
  7. まずは相談からOK!看護師におすすめの転職サイト

すべて読めば、いつどのタイミングで転職活動を始めれば良いか理解できるでしょう。

1.転職活動を始める時期は「入職希望の3か月前」がベスト

転職活動を始めるタイミングは、「次の職場で働き始めたい時期」から逆算して、早めに行動を始めることをおすすめします。

結論から言うと、「入職希望の3か月くらいの時期から、少しずつ転職活動の準備を始めておく」のがベストです。

転職活動の時期を考える上でポイントになるのは、

  • 転職活動にかかる期間
  • 辞めると職場に伝える時期

です。この2つの期間を考慮して、スケジュールを立てていきます。

1-1.働きながらの転職活動にかかる期間は「2か月前後」を目安に!

今の病院に勤めながら転職活動をするなら、期間は2か月前後かかると考えておきましょう。

流れとしては

  • 転職準備・求人探し:2週間~1か月
  • 応募・面接:1か月程度

が目安です。

一度退職して転職活動をする場合、時間に融通が効くのでスムーズに進みますが、働きながら仕事を探す場合、やや長期化する傾向にあります。

「このくらいの時期から働きたい」と大まかに考えておき、そこから逆算して2か月前から、以下のような準備を始めておきましょう。

転職活動の準備

  • 次はどんな仕事をするか(どんな病院で働くか)条件を考えておく
  • 条件に合う求人があるかどうか転職サイトに相談してみる
  • 別の仕事に転職するなら、業界や職種の情報を収集しておく

補足:なるべく早く転職先を決めたいなら転職サイトに相談!

転職サイト(人材紹介会社)を活用すれば、求人提案から面接の日程調整まで、転職活動をトータルでサポートしてくれるので、大幅な期間短縮が見込めます。

当サイトが転職サイト経験のある看護師100人を対象に実施した調査では、およそ半数が「1か月程度で決まった」と回答していました。

看護師転職活動期間

転職サイト利用者の約半分が「1か月程度」に転職先を決めています。中には2週間で決まったという方もいました。

そのため、なるべく早い時期に転職を決めたい方は『看護師723人が選ぶ転職サイトおすすめランキング』で紹介しているサイトを活用して、効率的に転職活動を進めてみてください。

1-2.退職は「辞める1か月前まで」には必ず伝える

内定が決まったら、すぐに今の職場に「辞めます」と伝えましょう。

目安としては遅くても辞める1か月前まで、理想は2~3か月前に言っておくことです。

伝える時期が早いほど、病院は余裕を持って人員募集を行えるため、円満に辞めやすくなります。

具体的なタイミング

  • 就業規則に明記された時期
    …「○か月前に伝えること」と明記されているなら、それに従う
  • 休み希望の提出期限の前
    …シフトが確定する前には必ず伝える(※)
  • 最悪でも1か月前には伝える
    …これを超えてギリギリになると、円満退職が難しい

※時期は病院によって異なります。筆者が以前勤めていた病院は、休暇希望を1か月半~2か月前に申請しなくてはならず、休暇希望の締め切り後に退職の意志を伝えた後輩が師長から嫌味を言われてました。師長がシフト作成をしていたので、退職者が出るとやり直しをしなくてはならなくなったようです。

1-3.本章のまとめ

本章の内容をまとめると、以下の通りです。

  • 転職活動の想定期間:2か月
  • 退職までの期間:1か月

→3か月前から転職活動を始める

ただし職場によっては、就業規則で「2か月前までに伝える」と明記されていたり、「シフト申請が2か月前までと決まっている」こともあるでしょう。

その場合は、「転職活動期間2か月+退職までの期間2か月=4か月前からスタート」になります。このあたりは、職場の事情を元に調整しましょう。

転職活動のスケジュール例

一例として、「4月から心機一転、新しい職場で働きたい!!」という方は、12月頃から求人探しを始めておくのが良いでしょう。以下のようなスケジュールで進めていくのが望ましいです。

看護師転職活動スケジュール

上記のスケジュールでは、少々余裕を持って「3か月半前」から転職活動をスタートさせています。

  • 12月上旬~中旬から転職活動を開始
  • 2月中旬に転職先が決まり、退職の意思を告げる
  • 3月末で退職し、4月頭から新しい職場で仕事スタート

このようなスケジュールであれば、病院側もある程度余裕を持って人員補充を行えるので、職場に迷惑が掛かりにくくなり、円満退職に近づきます。

補足:入職のタイミングは「4月(新年度)から」がおすすめ

入職のタイミングは「4月から」がおすすめです。早めに転職が決まったとしても、3月中の入職は極力おすすめしません。

3月は有給消化を行う看護師も多く、入職したとしてもかなり人手が足りてない状況からスタートしなければならないからです。

また看護師長なども年度末に異動があるので、チーム体制が整っていない可能性もあります。

4月まで待てば新入職員が入るタイミングなので、同じ時期に入職すると、新入職員と仲良くなりやすいというメリットもあります。

2.看護師転職に有利な時期は「冬から春先」

転職をなるべく有利に進めたいなら、「冬から春先(1月~3月)」の時期がおすすめです。

理由1.求人の選択肢が豊富になり、希望にぴったりの職場が見つけやすいから

看護師の求人は、冬から春先にかけて増えます。そのため、転職先の選択肢が豊富になり、希望にぴったりの職場が見つけやすくなります。

事実、ハローワークで募集される看護師求人は、1月から増え始めて3月がピークです。

看護師求人数の年間推移

求人が増えることで、選択肢が豊富になる

年度末に退職予定の看護師に代わる人材を確保するため、この時期は求人が増加します。

効率よく転職活動を行い、働きやすい職場を見つけるためには、「どれだけ多くの求人情報を手に入れ、比較検討するか」が何より重要なので、なるべく色んな求人を検討したい方は、この時期に仕事探しをしてみるのがおすすめです。

理由2.冬のボーナスを受け取った後に退職できるから

金銭的なことを考えると、極力ボーナスを受け取った後に退職するのが望ましいです。

一般的な病院の冬ボーナス支給時期は、12月頃なので、この時期まではしっかりと在籍しておき、支給後(1月~3月)に転職するという流れが理想的なスケジュールになります。

ボーナス支給後に転職

「ボーナスをもらって辞める」でOK

注意点として、ボーナス支給には病院ごとに条件があり、賞与額決定の前に退職の意思表示をしてしまうと、ボーナスを減額されたり受け取れなくなったりする可能性があります。

就業規則を確認の上、ボーナス支給前に転職してしまわないようにしましょう。

補足:次におすすめな時期は10月頃

「冬から春先」の次におすすめな時期は、10月頃です。

理由

  • 年度末ほどではないが、求人数が比較的多い時期だから
  • 夏のボーナスを受け取った後に退職できるから

「求人数(選択肢)が多い」と「ボーナスを受け取れる」という2つの理由から、10月も転職に最適な時期と言えます。

そこから3月まで、求人数は堅調に増加し続けるので、「できるだけ多くの求人が出回っている時に転職したい」という方は、この間に転職活動を行ってください。

3.「年度始まりから初夏」の時期に転職するのは避けた方が無難

一方で、「年度の始まりから初夏(4月~6月)」の時期に転職活動するのは避けた方が無難です。

理由1.求人数がグッと少なくなるから

看護師求人は、年度末にかけて増加を続けますが、4月になった途端に歯止めがかかり、一気に減少します。

病院側の採用ニーズも低くなるため、「なかなか良い求人が見つからない」という状態が続く可能性が高いです。

そのため、遅くとも「3月中に内定を決める」というスケジュール感で、早めに行動に移しておくことをおすすめします。

タイミングを逃してしまった方は、「夏のボーナスを受け取り、秋にかけて求人が増え始める時期まで待つ」のが良いでしょう。

理由2.ライバルが一気に増えるから

4月~6月にかけては、仕事を探す看護師の数も一気に増加します。

3月末という区切りで退職をする看護師が多いからです。

退職できる月が暗黙の了解で決まっていることも多い

筆者が勤務していた大学病院では、退職ができる月「3月、9月、1月」と決まっていました(就業規定ではなく、暗黙の了解レベル)

なぜなら、翌月に人員補給のタイミングがやってくるからです。

  • 3月
    翌月に新卒&既卒が大量に入職(院内異動は数人程度)
  • 9月
    翌月が院内異動の時期
  • 1月
    翌月が院内異動の時期。新人が入ってくる前に異動し業務に慣れてもらう

もちろん、上記以外の月に辞めても問題はありませんでしたが、人手不足で、即戦力がすぐには入ってこないので、人員補充の時期までは「スタッフが一人少ない状態」状態で働き続けなくてはならなくなります。残った人たちに迷惑がかかってしまうということもあり、上記の時期に退職するのが暗黙の了解になっていました。

なお上記の中で一番多かった退職時期は3月でした。キリの良い年度末まで勤めあげる人がほどんどです。

3月に退職して仕事を探す人が増えるので、4月・5月あたりは競争率がやや高めになります。

この時期に転職活動を行う場合は、想定よりも長い時間がかかってしまう可能性があることを考慮しておきましょう。

ただし、大手総合病院・大学病院などの採用試験を受ける場合、翌年の4月入職の採用試験は年度の前半にかけて行われるのが一般的なので、この時期から転職活動を始める必要があります。

4.看護師の転職におすすめな時期まとめ【年間スケジュール】

看護師転職スケジュール

4月~6月:「待ち」の時期

年度末にかけて転職活動には追い風の市況感が続きますが、4月になると一点、転職活動には不向きとなります。

これまで採用活動を行っていた病院では、たいていの場合人材が充足した状態になりますし、3月に退職した看護師が仕事を探し始めるからです。

転職活動は難航する可能性が高いでしょう。

特に5月は、年間を通して最も転職活動に向いていない時期です。

求人数の減少は続いているにも関わらず、仕事を探す人の数が1年のうち最も多くなるからで、実際に、有効求人倍率は5月が最も低くなります。

補足:有効求人倍率とは

「求職者1人あたりどのくらいの求人があるか」を示す値です。求人倍率が高いほど、転職市場に良い条件の求人が出回っている(=好条件の病院が見つかりやすい)状況です。

反対に求人倍率が低い時期は、なかなか良い求人が見つからないということも多々あります。

7月~8月:秋の転職活動はこの時期からスタート

求人倍率は回復し始める時期で、夏のボーナスが出た後あたりから、退職・仕事探しをする人が徐々に増え始めます。

年内に転職したい方は、この時期から求人探しや、転職サイトへの登録などを少しずつ始めてみることをおすすめします。

9月~11月:秋の転職活動はこのあたりの時期で内定を決める

9月・10月になると、求人数が増加し始めます。

そのため、より多くの選択肢を得られるようになるため、条件の良い職場も見つかりやすくなるでしょう。

病院が「看護師を採用したい」と考え始めるタイミングで、求人倍率も高くなりはじめますが、仕事を探す看護師は少ない状況なので、非常にチャンスの時期と言えます。

夏の終わりころから少しずつ転職活動の準備をしておけば、スムーズに内定を獲得しやすいです。

12月~1月:冬の転職活動はこの時期からスタート

求人倍率は一年のうち最も高く、ライバルの数は最も少ないという絶好の機会です。

一年を通して最も転職活動におすすめな時期と言えます。

1月も採用ニーズが高い時期であり、「年末で退職した」方にとって、再就職に向けた活動をするには良い時期です。

この辺りから情報収集を入念に行っておくと良いでしょう。

2月~3月:冬の転職活動はこのあたりの時期で内定を決める

年間を通して最も求人が多い時期です。まだライバルの数もそれほど多くないので、2月のうちに内定を決められるようなスケジュールで転職活動をするのが理想的です。

求人倍率も高い水準ですが、4月・5月に向けて下落します。またこの辺りから徐々に仕事を探す人も増えてくるので、3月中に内定を決め、4月から働き始めるというスケジュールが望ましいです。

5.看護師が転職するベストな時期は看護師歴何年目?

結論から言うと、5年目以降の転職が最もおすすめです。

看護師業界の転職では、「即戦力であるか。十分な看護技術は身につけているか」が一番の評価対象となるからです。

5年間という臨床経験を経た看護師は、いわば「中堅看護師」であり、採用ニーズは1~4年目の新人看護師よりも非常に高くなります。

当記事を作成するにあたり、実際に採用現場も経験した看護師さんに話を伺ったところ、実際に以下のような回答が得られました。

口コミ・評判

匿名

病院の裏側をお話しすると、5年目の転職というと、まさに引く手あまたです。それまでの経験を積んできた診療科によりますが、転職成功率はかなり高くなります。そもそも5年目になると、辞める時は相当引き留めにあうはずです。技術レベルとしては若手よりも一段階上くらいで、ほぼ何でもできる状態になっており、ベテラン看護師からすると相当頼りやすい存在だからです。

5年目の看護師が身につけている看護技術や知識、マネジメント経験は、即戦力採用がメインの看護業界において高く評価されるでしょう。

6.看護師の転職時期についてよくある質問

転職を検討中の看護師さんによくある質問に対して、まとめて回答していきます。

Q1.大手総合病院・大学病院はどんな採用スケジュールですか?

大手総合病院など規模の大きな組織の場合、翌年4月入職の採用を前年度から行っていることがあります。

大規模病院の場合のスケジュール

そのため、毎年一定数以上を定期採用しているような大規模な医療機関に転職したい場合は、前年度の4月から少しずつ準備を始めることをおすすめします。

大手病院の4月入職に向けた転職スケジュール

  • 4月~
    情報収集&採用試験
  • 4月~8月
    選考&採用試験
  • 9月
    遅くともこの時期までに内定が決まる

内定後は、「現在の職場で3月まで働く」「早めに退職してアルバイトなどを行う」など様々です。

早期に退職してブランクが空くことを懸念される方も多いですが、内定決定後のブランクはキャリアに支障が生じるわけではないので問題ありません。

Q2.大手総合病院の面接時期はいつ頃が多いですか?

4月入職の病院の場合、前年の夏ごろまでに面接が行われることが多いです。

不定期採用の病院では、特に傾向に違いはありません。

面接の回数は、いずれの場合でも1回であることがほとんどです。

Q3.看護師として働いていますが「病院を変えるべきタイミングかどうか」で悩んでいます

結論、以下に該当するようであれば、病院を変えるのも検討してみると良いでしょう。

病院を変えるべきタイミングかどうかの判断基準

  • 体調やメンタルに異変が生じている
  • 職場環境が客観的に見て著しく悪い
    例:夜勤の回数が月に10回以上 / 残業が毎日2~3時間ある
  • パワハラが横行している
  • 転職すべきか悩んでいる状態が6カ月以上続いている

「今悩みを抱えていて、その悩みが環境(病院)を変えない限り解決しないもの」であれば、転職も推奨できます。

ただし、転職活動は極力「働きながら」行う方が良いので、勢いで辞めてしまわないようにしましょう。

Q4.転職の面接で「いつから働けるか」と聞かれたらなんと答えればいいですか?

「1カ月後を目安に勤務開始できると思います。具体的な日時については、退職日と調整させてください」と答えましょう。

というのも、転職が決まれば今の病院に「辞めます」と伝えなければなりませんが、これは「遅くても1カ月前まで」に言っておく方が望ましいからです。

そのため、面接で「■月■日から働けます」と言い切ってしまうと、退職日との調整がうまくいかないときにトラブルになりやすいです。

入職日は、ある程度期間を取って回答するのがポイントです。

Q5.求人探しは具体的にどう進めればいいですか?

求人探しの手段は以下の方法がありますが、最もおすすめなのは、転職のプロによるサポートが受けられる「転職サイト」です。

看護師求人探し手段

転職サイト利用のメリット

  • 自分に合った転職先を提案してくれる
  • 転職のプロにキャリア相談ができる
  • 応募書類の添削を受けられる
  • 面接対策ができ、選考通過率がアップする
  • 病院とのやり取りを代行してくれる
  • あなたのことを病院の採用担当者にアピールしてくれる
  • 内定決定後もサポートしてくれる

サービスの質は担当者次第で左右されますが、担当者は変更可能なので、それほど懸念点ではありません。

全手段の中で転職サイトがおすすめな人

  • 転職するのがはじめてで不安
  • 給与や条件、人間関係などが良い職場情報を知りたい
  • なるべく早く次の仕事を見つけたい
  • 実績豊富な看護転職のプロにまずは相談したい

ただ担当者と二人三脚で転職活動を進めていく転職サイトは、「マイペースに仕事探しをしたい」という方にとっては不向きなので、その場合はハローワークやナースセンターを活用すると良いでしょう。

補足:転職サイトとは?

転職サイトは、看護師転職のプロからサポートを受けられる、人材紹介サービスです。

求人広告サイトと異なり、登録するとキャリアコンサルタントが担当者となり、あなたの転職活動をトータルで支援します。

転職サイトを利用することで、以下のような転職支援を受けられます。

  1. キャリア相談
  2. 求人紹介・提案
  3. 履歴書や職務経歴書の添削
  4. 面接対策
  5. 面接のセッティング
  6. 給与交渉

特に、あなたに最適の求人を提案してくれる点は、非常に魅力的です。

「自宅から20分以内」「200床以下の病院」「給与は今より5万円以上」など条件が複数ある場合、ハローワークや求人広告サイトでは探しづらいことも多々あります。

また、自分がどのような職場に転職したいか、目的や条件がうまく明確になっていない方も多いでしょう。

ですが、転職サイトを利用すれば、キャリアコンサルタントに希望を伝えるだけで、あなたのニーズにマッチした求人を提案してくれます。

加えて、履歴書の書き方や面接の練習などの選考サポートも受けられます。

特にはじめて転職活動を行う方や、絶対に失敗したくないという方におすすめです。

7.まずは相談からOK!看護師におすすめの転職サイト

数ある転職サイトの中から、以下を基準に、「利用者からの満足度の高い看護師向け転職サイト」をピックアップしました。

転職サイト選定基準
  1. 求人数 …総求人数が多いほど、理想にぴったりの求人を見つけやすい
  2. 利用者満足度(提案&サポート力) …利用者の口コミをもとにサービスの質を評価。優秀なキャリアアドバイザーに担当してもらえれば、理想の職場を提案&手厚いサポートが期待できる

利用者の総合評価順にランキング形式でまとめると、おすすめの転職サイトは、以下の通りとなりました。

転職サイト求人数|総合満足度
1位
看護roo!
54,227件|◎4.3
利用者満足度96.3%、看護師さんからの人気No1の転職サイト。細かい条件で求人が探しやすく、面接対策&サポートも手厚い。
2位
看護のお仕事
129,236件|○3.8
総求人数トップレベル!累計40万人以上の利用者がいる転職サイト。LINEで最新の求人情報が得られるなど、気軽に転職活動ができる
3位
マイナビ看護師
56,344件|◎4.1
求職者のペースに合わせたサポートが強み。全国22箇所に相談会場があり、地方在住者も来社相談しやすい

※求人数2022年2月更新

この記事では3サイトに厳選しています。より詳しく知りたい方は、『看護師723人が選ぶ転職サイトおすすめランキング』を参考にしてください。

1位.看護roo! | 看護師さん利用者満足度No.1

看護roo

看護roo!の特徴

  • 利用者満足度96.3%
  • 公開求人59,521件+非公開求人も多数
  • 面接同行や選考対策など手厚いサポート

看護roo!』は、転職経験のある看護師さんから最も選ばれている、人気No1の転職サイトです。

登録者のみが閲覧・応募できる非公開求人も多数保有しており、細かい条件を組み合わせて仕事探しができるので、希望にぴったりの求人を見つけることができるでしょう。

30年以上に渡る転職支援実績のある株式会社クイック(東証一部上場企業)が運営するサービスであるため、信頼と実績も十分で、面接時に希望者には専任の女性スタッフが同行してくれるなど、きめ細かいサポートも魅力的です。

こんな看護師さんにおすすめ

  • みんなが使っていて、実績豊富な人気のサイトを利用したい
  • 給与や条件、人間関係などが良い職場情報を知りたい
  • はじめての転職で不安なのでプロに相談したい

公式サイト
https://kango-roo.com

2位.看護のお仕事 | 求人多数で選択肢の幅が広い!

看護のお仕事

看護のお仕事の特徴

  • 累計利用者数40万人以上
  • 友だちに勧めたい転職サイトランキングNo.1
  • 総求人数は129,236件と転職サイトトップレベル

看護のお仕事』は、求人数がトップレベルの転職サイトです。

キャリアアドバイザーが、病院や施設を訪問して直接取材を行っており現場のリアルな情報を詳細まで把握しているため、「人間関係や施設の雰囲気はどうか」「子育て中の看護師が働きやすい環境か」などの情報を踏まえて、最適な提案をしてもらえます。

また、LINEで「新着求人情報が届く」「担当のキャリアコンサルタントに相談できる」など、気軽に転職活動ができる点も魅力的です。

こんな看護師さんにおすすめ

  • できるだけたくさん求人が見たい
  • 職場の雰囲気や内部情報を知りたい
  • 気軽に求人探しがしたい

公式サイト
https://kango-oshigoto.jp

3位.マイナビ看護師|ペースに合わせて転職できる

マイナビ看護師の特徴

  • 看護師認知度4年連続No1の定番転職サイト
  • 求人数は5万件以上
  • 大手マイナビならではの情報ネットワークも強み

マイナビ看護師』は、大手人材企業マイナビが運営する定番の転職サイトです。

数週間で内定を目指す「スピード転職」や、数ヶ月に渡ってゆっくりと職場を探す「じっくり転職」など、求職者の都合に合わせたスピード感でのサポートをしてくれます。

そのため、「ゆっくりと考えたいのに連絡が煩わしい」「早く転職したいのにサポートが遅い」といったミスマッチもなく、自分のペースで転職活動を進められるでしょう。(面接の日程調整なども、キャリアアドバイザーが代行してくれます)

こんな看護師さんにおすすめ

  • なるべく早く次の仕事を見つけたい
  • 数ヶ月かけて余裕を持って転職活動したい

公式サイト
https://kango.mynavi.jp/

さいごに

看護師の転職にベストな時期について解説しました。

結論を再度述べると、希望入職時期の3か月前から余裕を持って行動を開始するのが最適でした。

少しでも有利に進めるなら、12月頃から求人探しを少しずつ始めておき、遅くとも3月までに内定を決める、というスケジュールが理想です。

転職活動は2~3か月程度かかると想定し、早めの準備・対策をしておきましょう。転職の方法や仕事探しについては、『看護師転職の方法・手順と求人を自分で探すやり方』で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

あなたの今後の人生がより明るいものとなることを祈っています。