看護師は転職サイトを使わない方がいいって本当?使わない方がいい人・使うべき人を徹底解説

看護師転職サイトは使わない方がいい?その理由と使うべき人・使わない方がいい人の特徴とは

看護師転職サイトって使うべきなの?
看護師転職サイトは使わない方がいいって本当?
と気になりますよね。

結論から申し上げると、たいていの場合、看護師は転職サイトを使うべきです。

ただし、転職サイトを使わない方がいい看護師というのも存在すると考えられます。

たとえば、以下に該当する方は看護師転職サイトを使わない方がいいでしょう

転職サイトを使わない方がいい看護師の特徴

  • 転職したい職場が既に決まっている人
  • 自分のペースで転職を進めたい人
  • 国公立系の医療機関で働きたい人

一方、下記に該当する方は看護師転職サイトを使った方が転職成功に近付くことができます

転職サイトを使った方がいい看護師の特徴

  • 転職先が決まっていない人
  • 転職の軸が定まっていない人
  • 履歴書や面接に対する不安がある人
  • 転職活動の時間が無い人
  • 転職前に人間関係や労働環境を確認しておきたい人

この記事では、元看護師の私が、看護師転職サイトを使わない方がいいと言われる理由看護師転職サイトを使わない方がいい人・使うべき人の特徴などを、以下の流れで解説していきます。

  1. 【結論】看護師転職サイトは使うべき!ただし使わない方がいいケースもある
  2. 看護師が転職サイトを使わない方がいいと言われる2つの理由
  3. 看護師転職サイトを使わない方がいい人の3つの特徴
  4. 看護師転職サイトを使った方がいい人の5つの特徴
  5. 【看護師転職サイトを使わないなら】看護師におすすめの転職方法5選
  6. 【看護師転職サイトを使うなら】転職サイトを選ぶ時の4つのポイント
  7. サポート力に定評あり!おすすめの看護師転職サイト7選
  8. 転職サイトをより効果的に利用するための7つのポイント
  9. 【初めての方向け】転職サイト利用の流れ
  10. 看護師の転職で知っておきたい5つの注意点
  11. 看護師さんからよくある転職サイトに関する質問
  12. まとめ

記事内では、Career Theory編集部が転職サイト利用経験のある看護師を対象に行ったアンケート看護師転職サイトに関する公的調査の結果も併せてご紹介していきます。

この記事を読むことで、看護師転職サイトを利用すべきか判断できるようになり、利用する際の注意点や効果的な利用方法がわかるようになるでしょう。

それでは、看護師は転職サイトを使わない方がいいのかどうか、その全体像から詳しく見ていきましょう。

1. 【結論】看護師転職サイトは使うべき!ただし使わない方がいいケースもある

看護師さんの転職では、基本的に転職サイトを使った方がスムーズに転職活動を進めることができます

しかし、実際には看護師転職サイトを使わない方がいいケースもあります。

その理由は、転職サイト経由の採用では施設側にかかるコストが大きく、転職サイト経由で応募するよりも直接応募のほうが内定をもらいやすいケースもあるからです。

また、国公立系の病院の中には、看護師を採用するにあたって転職サイト自体利用していない病院もあり、病院の公式ホームページやハローワークを確認したほうが求人を見つけやすいでしょう。

こうした事情を踏まえた上で、以下に該当する看護師は転職サイトを使わずに転職活動を進めたほうが良いです。

転職サイトを使わない方がいい看護師の特徴

  • 転職したい職場が既に決まっている人
  • 転職に慣れており自分のペースで転職を進めたい人
  • 国公立系の医療機関で働きたい人

看護師が転職サイトを使わない方がいい理由については2章、看護師転職サイトを使わない方がいい人の特徴については3章で詳しく解説していきます。

ただ、看護師転職サイトを使うことで、看護師の転職事情を考慮したサポートをしてもらえたり、転職でありがちな様々な課題をカバーしてもらえたりと、利用するメリットはとても大きいと言えます。

たとえば、以下に該当する看護師は、看護師転職サイトを使った方が転職成功にグッと近付くことができるでしょう

転職サイトを使う方がいい看護師の特徴

  • 転職先が決まっていない人
  • 転職の軸が定まっていない人
  • 転職に対して不安がある人
  • 転職活動をする時間がない人
  • 転職前に人間関係や労働環境を確認しておきたい人

看護師転職サイトを使う方がいい人の特徴については、4章で詳しく解説しますので、ぜひご覧ください。

なお、「仕事や家庭と両立しながら転職活動するのが忙しい」「転職できるか心配。転職できてもブラックな職場だったらどうしよう」と考えている人こそ、看護師転職サイトを使うことをおすすめします。

一方で、「看護師は転職サイトを使わない方がいい」と言われる背景にはそれなりの理由があるため、特別に転職慣れしている人特定の志望先がある人は、転職サイトを使わず転職活動を進めていきましょう。

2. 看護師が転職サイトを使わない方がいいと言われる2つの理由

転職サイトでは、看護師を採用したい医療施設・事業所働き口(求人)を探している看護師がマッチングできるように様々なサービスを提供しています。

しかし、転職サイトの仕組み上、施設・企業側にかかる採用コストの負担が大きく、ミスマッチが起こる可能性も否定できません。

こうした様々な事情から「看護師は転職サイトを使わない方がいい」といった声が上がっています。

そもそも、看護師転職サイトとは?

転職サイトとは、求人紹介や選考対策などのサポートを行っている人材サービス会社が運営するサービスのことです。
転職サイトを利用する看護師さんには料金が一切発生しませんが、看護師さんが入職するごとに、病院は転職サイトに紹介手数料を支払う仕組みになっています。看護師転職サイトの仕組みは、看護師(求職者)を病院・施設に紹介することで入職決定後、転職サイトが紹介料(報酬)を得るというものである。

転職サイトを利用することで、看護師さんは希望の病院に就職することができ、病院側は優秀な看護師を採用することができます

しかし、なかには病院からの仲介手数料で収益を上げるビジネスモデルが裏目となり、「使わない方がいい」といわれるケースも存在するようです

この章では「看護師は転職サイトを使わない方がいい」と言われる2つの理由を詳しく解説していきます。

さっそく、見ていきましょう。

2-1. 看護師転職サイト経由の応募は直接応募より採用されにくい場合もあるから

看護師転職サイト経由での応募には、直接応募者よりも採用されにくいケースがあると考えられます

看護師転職サイトは様々なサポートが受けられるので、一見すると、使うだけで転職が成功するような万能のサービスにも見えますよね。

しかし、転職する職場によっては逆効果になることもあるのです。

たとえば、あふれ返るほどの応募者が集まるような人気の施設では、あえて掲載料や紹介料を払ってまで人材紹介会社を利用しなくても、自然と優秀な人材が集まることを期待できます。

特殊なスキルや経験を持つ稀少人材を探しているのでもない限り、紹介料のかかる転職サイト経由の看護師を採用するとは考えにくいでしょう。

また、施設によっては、転職サイト経由での受付と並行して自院のWebサイト上などから直接応募も受け付けていることが少なくありません。

この場合、1つの採用ポストに対して直接応募・転職サイト経由応募など複数のルートからの応募者が現れる可能性もあります。

そして、直接の応募者と転職サイト経由での応募者とでは、紹介料の有無というかたちで、採用にあたって掛かる費用(コスト)が異なります

もし採用枠の少ない求人に対し、経験やスキルが同じぐらいの看護師がそれぞれ異なる方法で応募した場合、採用コストの観点から、転職サイト経由の看護師が不利になってしまう可能性も否定できません

こうしたケースが起こる背景を、病院側の視点から分析すると、以下のような事情が見えてきます。

(1)転職サイト経由の採用は直接応募よりも施設側の採用コストが大きい

転職サイト経由で採用すると、直接応募者を採用するよりも採用コストがかかります。

採用コストとは、病院など各求人施設が看護師を採用するためにかける費用のことです。

転職サイト経由で看護師を採用した場合、病院側は採用した看護師の年収の約18%ほどの紹介手数料を支払っています厚生労働省:医師・看護師に係る職業紹介に関する アンケート調査,2019.

人材確保の観点で考えると、こうした採用コストは欠かせないものです。

しかし、厚生労働省の調査によれば、民間の職業紹介事業者(転職サイト等の運営企業)を利用したことのある事業所の9割以上が「転職サイトに支払う紹介手数料が高い」と感じていることが明らかになっています。

なかには、紹介手数料が原因で経営上の負担になっていると回答したに影響が出ている事業所もあり、施設によっては紹介手数料が大きな負担になっている状況にあります

看護師の人材紹介手数料等が医療施設・事業所の経営に影響を与える割合

〔出典〕厚生労働省:医師・看護師に係る職業紹介に関するアンケート調査,2019を基にCareer Theory編集部作成

直接応募では、こうした紹介手数料を支払う必要はありません。

病院側が採用コストを度外視するとは考えにくいため、応募方法の違いが選考に影響する可能性もあると認識しておいたほうが良いでしょう。

(2)そもそも人材紹介会社を好意的に思っていない採用担当者もいる

医療施設の採用担当者の中には転職サイト自体を好意的に思っていない人もいます。

厚生労働省の調査によると、看護師の採用方法として民間の職業紹介事業者(転職サイト等の運営企業)を利用した事業所は全体の7割以上でした。しかし利用した理由の第1位は「ハローワークやナースセンターなど他の採用経路では、人材が確保できなかったため」となっており、転職サイト等の紹介事業者を第一選択としては利用していない事業所もあることがわかっています。

民間職業紹介事業者を利用している理由

民間職業紹介事業者(転職サイト等)
を利用している理由
割合
ハローワークやナースセンターなど他の採用経路では、人材が確保できなかったため71.1%
確実に求職者を紹介してもらえるため40.0%
迅速に求職者を確保することができる(採用に至るまでのスピード)38.4%
民間職業紹介事業者からの営業活動があったため26.6%
多くの求職者からの応募が期待できる26.2%

〔出典〕厚生労働省:医師・看護師に係る職業紹介に関する アンケート調査,2019.

また、全日本病院協会らの調査によると、看護師を採用する方法として7割以上の病院が転職サイトを利用したと回答している一方で、人材紹介会社(転職サイト)のサービス内容に対して「不満」「やや不満」と回答している病院が約7割あることもわかっています

人材紹介会社のサービスに関する医療施設・事業所側の認識

〔出典〕全日本病院協会・日本医療法人協会・福祉医療機構:病院の人材紹介手数料に関するアンケート調査,2020を基にCareer Theory編集部作成

上記の調査では、転職サイト経由で採用した看護師が早期退職した場合、保証として多くの転職サイトが紹介手数料を返金していることがわかっています。

しかし、その保証期間は1~6カ月間と転職サイトによってバラつきがあります。

保証期間が過ぎてから退職されると、当然ながら紹介手数料は戻ってきません。
それどころか、目に見えないコスト(育成にかかる時間や労力、人事調整など)なども多く失われてしまうため、保証期間の有無に関わらず転職サイトを懸念する採用担当者は一定数いるようです。

こうした病院側の視点で考えると、医療施設は採用にあたり転職サイト経由で応募する看護師を厳しく審査する傾向があると考えておいた方が良いでしょう

2-2. 看護師転職サイト経由の転職でもミスマッチが起こる場合もあるから

人材紹介会社経由に限った話ではないものの、看護師転職サイト経由で転職すると、ミスマッチが起こることもあります。

人材サービス会社である転職サイトを使うことで希望通りの職場を見つけられる看護師さんは多いです。

しかし、なかにはミスマッチを感じて早期離職してしまう方もいるようです。

(1)民間職業紹介事業者経由の就業者は早期離職率が高い

転職サイト経由で転職しても、早期離職してしまう看護師は一定数います。

厚生労働省の調査によると、転職サイト等の紹介事業者を利用した看護師は、紹介業者経由以外の方法を利用した看護師よりも離職率が高いことがわかっています。

民間職業紹介事業者利用の有無による看護師の離職率の違い

利用有無3カ月以内離職率6カ月以内離職率
紹介事業者を利用11.9%23.1%
紹介事業者以外を利用6.8%12.0%

〔出典〕厚生労働省:医師・看護師に係る職業紹介に関する アンケート調査,2019.

転職サイトを使い希望通りの職場に転職できたとしても、ミスマッチを完全に回避することは難しいことがあります。

離職理由は人によって違いますが、要因の一つとして考えられるのが「条件を重視し過ぎていること」です。

転職サイトでは、求人を紹介する前に必ず希望条件の確認を行いますが、その際に求人票に記載されている条件にばかりこだわってしまうと、人間関係や労働環境、看護観、やりがいなど、仕事に満足感を与えてくれる要素が抜けてしまいます。

その結果、「転職できたけど、イメージと違った」とギャップを感じてしまい、早期離職してしまう人もいると考えられます。

(2)病院側がミスマッチを感じることもある

転職サイトなど民間職業紹介業者経由で採用した看護師に対して、病院側がミスマッチを感じることもあるようです。

厚生労働省の前掲調査によると、転職サイト等の職業紹介業者経由で採用した結果、一部の事業所ではトラブルを経験していることがわかっています。

民間職業紹介事業者を通じた採用トラブルの内容

トラブルの内容割合
トラブルは特にない53.7%
すぐに辞めてしまった29.2%
入職してから、求める能力や適性をそなえていないことがわかった(ミスマッチ)27.2%
採用後、労働条件について求人者と求職者で認識に差があり、トラブルになった6.8%
その他5.6%

〔出典〕厚生労働省:医師・看護師に係る職業紹介に関する アンケート調査,2019.

半数以上の事業所が求職者の早期離職や資質不足を感じており、事業所側もミスマッチを感じている現状があるようです。

【補足】人材紹介サービスの仕組みが不本意な転職に繋がることも

転職サイトの仕組みが、ミスマッチに繋がっている可能性は否定できないでしょう

転職サイトには、看護師が入職するごとに医療施設側が転職サイト運営企業へ紹介手数料(成功報酬)を支払うという仕組みがあります。

転職サイトは、求職者と病院側の双方が満足できる転職・採用をサポートすることで、紹介手数料という利益を得ているのです。

つまり、転職サイト(職業紹介業者)にとっては求人施設の側こそが顧客です。
サービス(転職サイト)側の立場からして、そうした顧客からの「どうしても採用したい」「早く内定承諾してほしい」などといった強い要望には、応えざるを得ないシーンも少なくないでしょう。

以上のような事情があるため、転職サイトの仕組み上紹介実績や利益を度外視することはできず、転職サイトによっては、利用者の目線から見てやや強引に転職決定を迫ることがあるかもしれません

その結果、看護師が転職してからギャップを感じたり、病院側がミスマッチを感じたりすることもあり、早期離職や様々なトラブルの原因の一つになっている可能性は否めないのです。

【point】利用者目線からのネガティブな体験談もある

転職サイトに対して、ネガティブな印象を抱いている看護師もいます。

そうした看護師たちの体験談が元となって、「看護師は転職サイトを使わない方がいい」「看護師転職サイトには闇がある」といったことが言われることもあるようです。

看護師転職サイトをめぐるネガティブな感想や、一般に紹介されるデメリットとしては、以下のようなものがあります。

  • 希望にそぐわない求人を紹介される
  • 連絡・電話がしつこい
  • 強引に転職決定(応募や内定受諾)を迫られることがある

実際に、Career Theory編集部がヒアリングを行った看護師さんのなかにも、「転職サイトの担当アドバイザーが強引だった」「思ったようなサポートが受けられなかった」など、想像とは異なる対応に戸惑いを感じた経験のある方は少なからずいるようでした。

看護師転職サイトに不満を感じた経験のある方から、以下のような体験談が複数寄せられています。

◆ 転職したクリニックはブラックな職場だった

匿名さん・20代後半
転職サイトに対する評価:★☆☆☆☆1
自分が出した条件と合っていない案件ばかり、紹介されました
ワークライフバランスが取りやすいと聞いていたクリニックは毎日残業だらけ、休憩返上とかなりブラックなクリニックでした。
また、就職先と交渉してもらったはずの内容が、いざ就職して確認するとそんなこと聞いてないと言われたりしました。連絡のレスも遅く、確認事項にもすぐ対応してもらえず、スムーズとはいえませんでした。
◆ 入職してみると話しが違うと思うことが多くあった

匿名さん・20代後半
転職サイトに対する評価:★★☆☆☆2
病院内の情報を教えてくれたが、それは事務部長からの情報であって看護師の情報とは違う部分が多くあった。
履歴書の添削や面接対策をしてくれたのはありがたかった。
入職してみると、話が違うことが多くありすぐに退職しようと相談したが、もう少し頑張って見てください、もう少し様子をみましょうと何度も説得され3ヶ月続けてみたが、試用期間が終わった途端に連絡が来なくなった
試用期間中に辞められると転職会社に成功報酬が支払われなくなるので、なんとしても試用期間中に辞めないように必死だったのだと後から知った

このように、転職サイトに対する悪い口コミがあるのが実情です。

ただ、そうしたネガティブな体験談は、利用する看護師転職サイトや担当アドバイザーに依存するところが大きいと言えます。

連絡・電話のしつこさについては、担当アドバイザーへリクエストすれば電話なしで利用できる看護師転職サイトも多くあります

また、希望に合致しない求人紹介や強引な態度の担当者がいれば、担当アドバイザーの変更依頼を出しましょう。

ほとんどの看護師転職サイトは、問い合わせフォームや担当者変更依頼フォームなどからリクエストすることで、担当アドバイザーの変更に応じてくれます

したがって、上述のようにネガティブな利用体験に基づく「看護師は転職サイトを使わない方がいい」に限って言えば、次のようにすれば回避・対処が可能であるため、転職サイトの利用を避けるべきデメリットにはならないと言って良いでしょう

看護師転職サイトで嫌な思いをしないためのポイント3つ

  • 基本的に口コミ・評判の良い転職サイトを選ぶ
  • 希望する連絡方法・頻度は初回から担当アドバイザーへ明確に指示する
  • 自分に合わない担当アドバイザーがいれば、すぐに担当者変更依頼を出す

以上をふまえた場合、看護師転職サイト自体を使うべきか否かは、前述した客観的なデータに基づく事情によって決めるべきなのです。

看護師が転職サイトを使わない方がいいと言われる理由のまとめ

看護師転職サイトを使わない方がいいと言われる理由は、以下の2つでした。

看護師が転職サイトを使わない方がいいと言われる理由

  • 看護師転職サイト経由の応募は直接応募より採用されにくい場合もあるから
  • 看護師転職サイト経由の転職ではミスマッチが起こる場合もあるから

こうした事情を踏まえ、次章では看護師転職サイトを使わない方がいい人の特徴をお伝えしていきます。

3. 看護師転職サイトを使わない方がいい人の3つの特徴

看護師転職サイトを使わない方がいい人は、以下の3つの特徴に該当する人になります。

看護師転職サイトを使わない方がいい人の特徴

  • 転職したい職場が既に決まっている人
  • 自分のペースで転職を進めたい人
  • 国公立系の医療機関で働きたい人

順番に見ていきましょう。

3-1. 転職したい職場が既に決まっている人

転職したい病院や施設が既に決まっている人は、看護師転職サイトを使わず直接応募した方がいいでしょう。

その理由は、転職サイトを使うよりも直接応募したほうが採用率を高められる可能性があるからです。

先に述べた通り、採用コストがかかる転職サイトと採用コストがかからない直接応募だと、転職サイトのほうが不利になる可能性は否定できません。

応募方法の違いが原因で、採用結果に影響が出てしまうのを避けるためにも、直接応募を選びましょう。

さらに、直接応募は自力で情報収集を行う必要があることから、その過程で病院の経営方針や理念などへの理解を深めることができます。

その結果、転職後のミスマッチを防ぐことにも繋がります。

「必ずこの職場に転職したい!」とお考えの方は、転職サイト経由ではなく、直接応募で転職活動を進めましょう。

3-2. 自分のペースで転職を進めたい人

自分のペースで転職を進めたい看護師は、転職サイトを使わず自力で転職活動を進めることをおすすめします。

その理由は、各転職サイトによって重点的なサポートを受けられる期間には目安があり、期限内に転職活動を進めなくてはならないからです。

看護師転職サイトのサポート期間とは?

転職サイトのサポート期間とは、看護師転職サイトに登録してから重点的なサポートが受けられる期間のことです。

各転職サイトによってサポート期間は異なりますが、一般的な転職サイトのサポート期間の目安はおよそ3カ月と言われています。

実際にCareer Theory編集部が行ったアンケートでも、多くの看護師さんが「転職活動にかかった期間は1〜3カ月」と回答しています。

〔出典〕Career Theory編集部による看護師対象アンケート調査,2021年4月実施.

転職サイトに登録後3カ月以内に転職先を決めるためには、3カ月の間に求人紹介をしてもらい、履歴書の提出や面接を経て、内定をもらわなくてはなりません。

さらに転職先の候補がいくつかある場合は、職場見学や情報収集をした上で比較・検討する時間も必要です。スピード感のある転職活動になると認識しておくべきでしょう。

なお、看護師の転職市場は基本的に人手不足であるため、仮にサポート期間が過ぎたとしても「転職ができない」と心配する必要はありません。

サポート期間内に転職先を決めることに抵抗を感じたり、ゆっくり考えながら決めたりしたい方は、転職サイトを使わない方がいいでしょう。

3-3. 国公立系の医療機関で働きたい人

国立や公立の医療機関に転職したい人は、看護師転職サイトではなくハローワークや病院のホームページで求人を探すことをおすすめします。

その理由は、国立や公立系の医療機関が看護師を募集する場合、ハローワークや病院の公式ホームページを利用することが多いからです。

また、国立・公立系の病院は人材の育成にも力を入れており、既卒の看護師よりも新卒看護師を多く採用する傾向にあるため、転職サイトを積極的に活用するとは考えにくいでしょう。

国公立系の医療機関で働きたい方は、ハローワークや病院のホームページをこまめにチェックし、直接応募するようにしましょう。

看護師転職サイトを使わない方がいい人のまとめ

看護師転職サイトを使わない方がいい人の特徴は以下の3つでした。

看護師転職サイトを使わない方がいい人の特徴

  • 転職したい職場が既に決まっている人
  • 自分のペースで転職を進めたい人
  • 国公立系の医療機関で働きたい人

上記に該当する方は、当記事の5章で紹介する看護師転職サイトを使わない方向けの転職方法を活用することで、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。

ぜひ参考になさってください。

4. 看護師転職サイトを使った方がいい人の5つの特徴

看護師転職サイトを使った方がいい人は、以下の5つの特徴に該当する人になります。

看護師転職サイトを使う方がいい人の特徴

  • 転職先が決まっていない人
  • 転職の軸が定まっていない人
  • 履歴書や面接に対する不安がある人
  • 転職活動に割くための時間がない人
  • 転職前に人間関係や労働環境を確認しておきたい人

順番に見ていきましょう。

4-1. 転職先が決まっていない人

転職したいけど具体的な転職先は決まっていない
希望の条件に合う求人が見つからない
とお悩みの方は、看護師転職サイトを使いましょう

なぜなら、転職サイトは豊富な種類の求人を数多く取り扱っており、登録するだけで選択の幅を広げることができるからです。

たとえば、経験やスキルに見合った高収入の求人、プライベートとの両立ができる求人、資格取得やキャリアアップが狙える求人など、看護師さんの希望を叶える求人が多数揃っています。

もちろん、転職サイトを使わずとも好条件の求人を見つけることは可能です。

しかし、条件の良い求人ほど競争率が高く、選考を突破するためにはいくつもの高いハードルを乗り越えなくてはなりません。

一方、看護師転職サイトでは好条件の求人を非公開求人として取り扱っていることが多いため、周囲を気にすることなく選考に臨むことができるでしょう。

なかには「こんな職場があるんだ」「こんな働き方ができるんだ」と、自力では見つけられなかった求人に出会えるかもしれません。まずは登録し、希望条件に合う求人を探してみましょう。

そもそも、非公開求人とは?

非公開求人とは、インターネット上で一般公開していない求人のことです。
病院や企業の採用担当者の要望で非公開にしている求人が多く、主に以下のような背景があります。

  • 条件が良く人気になりやすい職場なので、応募が殺到するのを防ぎたい
  • 高年収や管理職ポストを約束した求人なので、現在その病院で働く看護師のモチベーション低下を避けたい
  • 採用人数が少なく、すぐに求人が埋まってしまうのであえて公開しない
  • 急な人手不足により、なるべく早く看護師の採用を決めたい

非公開にすることで、採用側は採用にかかる時間や労力を軽減することができるので、非公開を希望する病院や企業も多いです。

たとえば、転職業界大手が運営するマイナビ看護師では、取り扱っている求人の30%前後が非公開求人です。

看護師転職サイトにおける公開求人と非公開求人の内訳:マイナビ看護師の場合、全体の3割程度が非公開求人

〔出典〕マイナビ看護師|よくある質問(2022年8月8日閲読)を基に編集部作成

転職サイトに登録しなくても公開求人を見ることはできますが、それは求人の一部にしか過ぎません。

転職サイトに登録することで、良い条件の求人を見つけやすくなるだけでなく、選択の幅を広げることができるでしょう。

譲れない条件がある方や収入にこだわりたい方は、転職サイトを利用し希望の働き方を叶えましょう

4-2. 転職の軸が定まっていない人

転職したいけど希望の条件が決められない
そもそも転職すべきか迷っている
とお悩みの方は、看護師転職サイトを利用すべきです。

その理由は、転職のプロであるキャリアアドバイザーに相談することで、転職すべきか否かの判断や、転職活動に大切な転職の軸作りができるからです。

転職の軸とは、転職先に求める希望の条件のことで、働き方・待遇・環境などが該当します。

看護師さんの場合、人間関係、業務量の多さ、夜勤やシフト勤務の過酷さなどが問題視されることも多く、勢いに任せて転職しそうになった経験のある方もいるでしょう。

しかし、「なぜ転職したいのか」「転職するならどんなところがいいのか」といった転職の軸をハッキリさせないまま転職してしまうと、「こんなはずじゃなかった…」「前の職場のほうが良かったかも……」と後悔するかもしれません。

こうした状況を避けるためには、転職サイトの担当アドバイザーに相談し、プロの視点からアドバイスをもらいながら転職活動を進めることが大切です。

看護師転職サイトでは、看護師の転職市場に詳しいキャリアアドバイザーが担当になってくれるため、転職に関する様々な相談をすることができます

客観的な立場から、ひとり一人のキャリアに合わせたアドバイスをもらえるので、納得のいく転職活動ができるでしょう。

転職の軸をハッキリさせたい方やプロの視点からアドバイスをもらいたい方は、転職サイトを利用し満足のいく転職を目指しましょう

4-3. 履歴書や面接に対する不安がある人

履歴書の書き方に自信がない
面接で落とされたらどうしよう
とお考えの方も、看護師転職サイトを使いましょう

なぜなら、転職サイトが提供する選考サポートを受けることで、転職成功の可能性をグッと高めることができるからです。

看護師の転職市場は常に人手不足であり、他職種よりも転職のハードルが高くないため、選考対策を重要視していない方もいるかもしれません。

しかし、病院の採用担当者は、看護スキル以外にも社会人としてのマナーや医療接遇などを細かくチェックしており、履歴書や面接でうまくアピールができないと不採用になってしまうこともあるのです。

選考対策が不足したせいで、ご自身の経験やスキルが評価してもらえないのは悔しいですよね。

こうした状況を避けるためには、選考対策のポイントをしっかり押さえることが重要です。

看護師転職サイトでは、履歴書添削や面接練習などの選考サポートが無料で受けることが可能です

一般的な選考対策に加え、各職場のスタッフや採用担当者が重視しているポイントを事前に教えてもらうこともできるため、採用にグッと近付くことができるでしょう。

履歴書や面接に自信が無い方やアピール方法がわからない方は、転職サイトが提供する充実した選考サポートを受けることをおすすめします

4-4. 転職活動に割くための時間がない人

仕事が忙しくて転職活動の時間がない
家庭と両立しながらの転職活動は無理かも……
とお悩みの方こそ、看護師転職サイトを使うべきです

なぜなら、転職サイトでは転職や退職に関する様々な手続きを代行してくれるため、仕事や家庭と両立しながら転職活動を進めることができるからです。

看護師転職サイトが行ってくれる主な手続きや調整内容は、以下の通りです。

看護師転職サイトがやってくれること

  • あなたにぴったりの求人紹介
  • 職場見学の調整
  • 求人の応募手続き
  • 面接の日程調整
  • 内定後の給与・待遇交渉
  • 雇用契約書の確認
  • 入職関連手続き
  • 退職する職場への伝え方に関する相談
  • 入職までのスケジュール調整

これらの手続きや調整を自力で行う場合、転職先の採用担当者が稼働している日中に合わせて連絡を取り合わなくてはならず、負担が大きいことは間違いないでしょう。

転職サイトには、転職に関する手続きを熟知したキャリアアドバイザーが多数在籍しているため、面倒な手続きや調整を代わりに行ってもらうことができます。

とくに、自分では言いにくい給料や待遇の交渉を代行してくれるのは、看護師さんにとって嬉しいポイントの一つでしょう。

転職活動の時間がない方や各手続きが面倒だと感じる看護師さんは、転職サイトを利用し必要な手続きを代行してもらいましょう。

4-5. 転職前に人間関係や労働環境を確認しておきたい人

人間関係に不安がある
ブラックな職場だったらどうしよう
とお考えの方は、転職サイトを利用すべきです。

なぜなら、転職サイトは求人票だけでは確認できない情報についてもある程度把握しており、転職する前に職場の内情をチェックすることができるからです。

医療施設には、たとえば人間関係、職場内の雰囲気、働いている看護師さんの様子、患者さんの様子、医師の性格など、求人票だけからは読み取ることが難しい情報というものがあります。

看護師転職サイトの担当アドバイザーからは、上記のような施設の実情・内部事情を詳しく教えてもらえるので、転職してから「想像と違った……」といったギャップを減らすことが期待できます。

とくに、昨今は新型コロナウイルス感染症の影響で職場見学を中止する職場も多いので、自力では確かめられない職場の雰囲気や人間関係などを事前に教えてもらえるのは、心強いですよね。

転職前に内情を確認しておきたい方や求人票に掲載されていない情報が知りたい方は、転職サイトを利用し安心して転職できるようにしましょう。

看護師転職サイトを使う方がいい人の特徴まとめ

看護師転職サイトを使った方がいい人の特徴は以下の5つでした。

看護師転職サイトを使った方がいい人の特徴

  • 転職先が決まっていない人
  • 転職の軸が定まっていない人
  • 履歴書や面接に対する不安がある人
  • 転職活動の時間がない人
  • 転職前に人間関係や労働環境を確認しておきたい人

転職サイトを使ってみようかな」「とりあえず登録だけでもしてみようかな」とお考えの方は、
本記事の6章で紹介する看護師転職サイトを選ぶポイントや、
7章でご紹介するおすすめの看護師転職サイトを参考になさってください。

5. 【看護師転職サイトを使わないなら】看護師におすすめの転職方法5選

看護師転職サイトを使わない場合、看護師ならではの選考対策を入念に行い、戦略的に転職活動に取り組むことが大切です。

求人票に掲載されている条件だけを頼りに決めるのではなく、自ら情報収集を行い、ご自身に合った職場かどうかを見極めながら転職活動を進めていきましょう。

この章では、看護師転職サイトを使わない方に向けて、おすすめの転職方法を5つご紹介します。

それでは、さっそく見ていきましょう。

5-1. 直接応募

直接応募とは、病院や施設の公式ホームページにある採用ページを通じて直接応募する方法のことです。

直接応募は、病院のホームページに掲載される求人情報をこまめにチェックする必要がある方法ですが、その過程で病院の経営方針や理念を確認することができ、結果的に転職後のミスマッチを減らすことができます。

直接応募がおすすめな人

  • 働きたい病院や施設が既に決まっている人
  • 国立や公立の医療機関で働きたい人
  • 選考対策に自信がある人

直接応募で転職する場合、以下の4つのSTEPを参考に転職活動を進めていくと良いでしょう。

直接応募で転職する場合の流れ

Step 1:Step1.応募先を探す

働きたい病院や施設の公式ホームページをチェックし、求人情報の確認をする。
各医療機関によって募集時期は異なるため、こまめにチェックすることが大切。
「希望の転職先がまだ決まっていない」という人は、ハローワークや求人広告サイトで情報収集をしながら希望の条件に合う応募先を見つけると良い。

Step 2:求人内容の詳細を確認する

応募したい病院や施設が決まったら、求人情報の確認を行います。
求人情報や選考の流れは、病院や施設のホームページに詳しく記載されているケースもあります。
しかし、就業先によっては電話や専用フォームから問い合わせるように記載されていることもあるため、各就業先に合わせた方法で求人情報を確認しましょう。

具体的に確認しておきたい求人情報は、以下の通りです。

直接応募で確認しておきたい求人情報の一例(タップで確認!)
  • 採用試験の日程
  • 採用予定人数
  • 受験資格
  • 応募に関する手続き
  • 選考方法(書類選考、面接、小論文など)
  • 病院見学の日程
  • 履歴書の規定フォーマットの有無
  • 勤務形態(夜勤の有無や、2交替か3交替などシフトに関する情報)
  • 給与(基本給、各種手当、昇給、ボーナスなど)
  • 休暇や休日に関する情報
  • 福利厚生
  • 社会保険の内容
  • ユニフォームや靴などの貸与品
  • (希望者のみ)看護師寮の有無や空き状況の確認など

病院のホームページだけでは知りたい情報が得られない場合は、施設の採用係などへ直接電話連絡をすることをおすすめします。その際、可能なら職場見学の機会を設けてもらい、職場の雰囲気をご自身の目で確かめてみると良いでしょう。

医療機関によっては、電話連絡の際に軽く志望動機を聞かれたり、見学や面談が可能な日時を聞かれたりすることもあります。
電話口で慌てることのないように、志望動機を端的にまとめたメモや、カレンダーや手帳などスケジュールを確認できるものを手元に用意してから電話するようにしましょう。

Step 3:応募(書類提出・日程調整)

応募の意志が固まったら、必要な書類を提出し、面接の日程調整を行いましょう
看護師の転職では履歴書のみを提出するパターンが多いですが、医療機関によっては看護師免許証のコピー、学業成績証明書、職務経歴書などを提出することもあるため、必要書類の内容は事前に確認しておきましょう。

面接の日程は医療機関から指定される場合もあれば、その都度調整が必要な場合もあります。
働きながら転職活動をしている方は、現職のシフトと被らないよう注意しながら日程調整を行いましょう。

Step 4:選考を経て内定、転職へ

履歴書や面接などの選考を経て内定をもらったら、転職に向けた準備を行いましょう。
転職する場合、現職の退職手続きと同時進行で、転職先の入職手続きを進めていく必要があります

具体的な手続きの例は、以下の通りです。

内定後に必要な手続きの一例(タップで確認!)
  • 現職を退職するための手続き
    • 退職の意思を伝える
    • 退職日を上司と相談する
    • 退職届を提出する
    • 受け持ち患者さんのサマリーを記載する
    • 看護研究や委員会活動などの書類を整理する
    • 必要な引継ぎを行う
    • 貸与している白衣を返却する
    • 健康保険証の返還を行う
    • お世話になった先輩や同僚に挨拶をする
    • 職場の慣例に合わせて退職時に渡す菓子折りを用意しておく
      など
  • 転職先に入職するための手続き

    • 入職日を採用担当者と相談する
    • 入職に必要な書類を提出する
    • 必要な物品を確認する
    • 社会保険の加入手続きを行う
    • 給与や待遇など交渉したいことがあれば交渉する
    • 入職までに勉強しておくことがあれば確認し事前学習を行う
      など

退職日や入職日に慌てることのないよう、限られた時間を有効利用しながら、計画的に転職の準備を進めていきましょう。

また、直接応募する場合、以下の6つのポイントに注意しながら転職活動を進めることが大切です。

直接応募するときの注意点

  • 様々な視点から情報収集を行う
    病院や施設の公式ホームページだけでなく、医療機関の口コミをまとめた口コミサイト(『ナスコミ』、『ナース専科』、『medico』など)を確認したり、知人に聞いたりすることで、転職後のミスマッチ防止に繋がる。
  • 採用担当者との電話やメールも評価の対象であることを認識する
    電話やメールの対応が悪いと、選考にも悪影響を及ぼすことも。基本的なマナーを意識し、好印象を持ってもらえるよう努める。
  • 応募条件は自分から細かく確認する
    転職サイトのように募集要項がフォーマット化されていないので、自分に必要な情報を見極め、過不足ないよう細かく確認しておくと良い。
  • 職場見学は可能な限り実施する
    人間関係や職場の雰囲気などは、実際に職場見学をしないとわからないことも多い。新型コロナウイルスの感染状況によっては厳しいかもしれないが、可能であれば機会を設けてもらったほうが良い。
  • 条件交渉は慎重に行う
    給与や役職などの条件交渉は、面接内では聞かれた時に伝える程度にしておく。内定後の条件交渉では、雇用契約書などの書面を用い、口約束にならないよう注意する。
  • スケジュールには余裕を持たせる
    求人探しから入職までの各手続きをスムーズに行うためには、計画的なスケジュールを立てておくことが大切。とくに、仕事や家庭と両立しながら転職活動を行う方は、ある程度余裕のあるスケジュール調整を行っておくのがおすすめ。

5-2. ハローワーク

ハローワークは求人紹介を行う公的機関であり、求職中の看護師にとっては定番の転職方法になります。

求人の紹介だけでなく、求職相談や失業手当の申請なども行うことができるため、下記に該当する方は利用してみると良いでしょう。

ハローワークがおすすめな人

  • 今の職場を辞めてからゆっくり転職活動したい人
  • 失業手当の受給を検討している人
  • 公的機関の立場から、中立的なアドバイスをもらいたい人

ハローワークを利用する場合、最寄りのハローワークの窓口を利用することになります。

厚生労働省職業安定局の特設ページでは全国のハローワークの所在地が載っていますので、利用したい方はご参考になさってください。

ただし、ハローワークに掲載されている求人のなかには、掲載後しばらくアップデートされていない求人案件などが存在することもあるため、利用する場合は他の転職方法との併用をおすすめします。

5-3. 求人広告サイト

求人広告サイトは、病院や施設の詳しい求人情報が掲載されているサイトのことで、求人サイトや求人情報サイトと呼ばれることもあります。

求人広告サイトは、転職で確認しておきたい求人情報をスマホやパソコンから簡単に検索することができるため、看護師にも人気があります。

求人広告サイト(求人サイト)がおすすめな人

  • とにかく多くの求人情報が見たい人
  • 自分のペースで転職を進めたい人
  • 細かい求人情報の確認を簡単に済ませたい人

看護師に特化した求人サイトは、看護師転職サイトのように豊富な求人数を保有しており、細かい条件で求人検索ができます

一方で、看護師転職サイトと違い担当アドバイザーがつかないという特徴があります。

したがって、アドバイザーからの催促を受けずに自分のペースで転職活動をしたい方や情報収集をメインに行いたい方におすすめです。

ただ、担当アドバイザーがつかないことでサポート体制に差があるため、ご自身の目的に合わせて利用することをおすすめします。

看護師転職サイトと求人サイトの違い

会員登録の必要性
看護師求人サイト基本的には登録しなくても求人検索が可能
(登録することでスカウト求人を紹介してもらえたり、会員限定の情報を知ることができたりと、会員登録がメリットになる求人広告サイトもある)
看護師転職サイト会員登録しなくても公開求人の検索や閲覧は可能
会員登録することで、好待遇の非公開求人を紹介してもらうことができる
利用料
看護師求人サイト無料
看護師転職サイト無料
選考サポート
看護師求人サイト担当アドバイザーはいない
看護師転職サイト専任のキャリアアドバイザーがいる
転職やキャリアに関する相談に気軽に乗ってもらえる
求人検索のしやすさ
看護師求人サイト細かい求人条件の検索ができる
看護師転職サイト細かい求人条件の検索ができる
求人紹介に関するサポート
看護師求人サイトなし
希望条件を設定しておけば、条件に合う求人をメールやLINEに届けてくれる求人広告サイトもある
看護師転職サイトあり
単に条件に合う求人を紹介してくれるだけでなく、一人ひとりのキャリアに合った求人を紹介してくれる
選考サポート
看護師求人サイトなし
履歴書や職務経歴書の作成機能がある求人広告サイトもあるが、基本的には自力で作成する
看護師転職サイトあり
希望者には履歴書添削や面接練習などの手厚いサポートが受けられる
転職に関する手続きや調整のサポート
看護師求人サイトなし
基本的にはすべて自力で行う
看護師転職サイトあり
退職や転職に関わる様々な手続き・調整を代行してくれる
どんな人におすすめ?
看護師求人サイト
  • とにかく多くの求人情報が見たい人
  • 自分のペースで転職を進めたい人
  • 履歴書や面接対策に自信がある人
  • 転職の経験があり、ある程度転職慣れしている人
看護師転職サイト
  • 転職先が決まっていない人
  • 転職の軸が定まっていない人
  • 履歴書や面接に対する不安がある人
  • 転職活動の時間が無い人
  • 転職前に職場の内情を詳しく確認しておきたい人

求人サイトだけでは不安な方手厚いサポートを受けたい方は、求人サイトと看護師転職サイトと併用して利用するのもおすすめです。

5-4. ナースセンター

ナースセンターは、日本看護協会が運営する職業紹介サービスのことです。

求人紹介以外にも、相談サービスや復職者研修などの転職支援を受けることができるのが魅力の転職方法になっています。

ナースセンターがおすすめな人

  • 看護の知識が豊富な担当アドバイザーに相談したい人
  • ブランクがあり、復職者研修や講習などのサービスを利用したい人
  • キャリアに関するセミナーや研修の情報が知りたい人

ナースセンターを利用する場合、まずは各都道府県看護協会が運営しているeナースセンターに登録し、必要なサービスを受けてみると良いでしょう。

ただ、ナースセンターは他の転職方法に比べて求人数が少なかったり、特定の分野に偏った求人しかなかったりと、デメリットがあることは否定できません。

一方、「持病がある」「育児や介護などでフルタイムは難しい」「60歳以上で転職先が限られている」など、さまざまな事情を考慮した相談支援には定評があるため、とにかく相談しながら転職活動したいという看護師さんは他の転職方法とともにナースセンターを併用すると良いでしょう。

5-5. 知人の紹介

信頼できる知人や友人から紹介してもらい、転職するという方法(リファラル採用)もあります。

求人票ではわからない内情を包み隠さず教えてもらうことができるため、ミスマッチを防ぐことが可能です。

リファラル採用がおすすめな人

  • 看働きたい医療機関に知人が勤めている人
  • 職場のリアルな内情を知った上で転職したい人
  • 企業看護師や産業保健師に転職したい人

知人の紹介を受けることで、他の転職方法よりも採用されやすいというメリットがあります。

また、企業によっては知人の紹介(リファラル採用)を積極的に行っているところもあり、企業看護師や産業看護師を目指している方にとってはチャンスといえる転職方法でしょう。

ただ、知人の紹介は、職場見学や面接を受けてイメージが違った場合に断りにくかったり、退職したいと思っても言い出しにくかったりといったデメリットがあることは認識しておいた方がいいでしょう。

各転職方法のメリットやデメリットを踏まえた上で、ご自身にピッタリの転職方法を選びましょう。

6. 【看護師転職サイトを使うなら】転職サイトを選ぶ時の4つのポイント

看護師転職サイトを使う場合、転職サイトの選び方を知っておくと良いでしょう。

看護師さん向けの転職サイトは数多くあり、サービス内容の比較をせずに登録してしまうと、自分に合ったサポートを受けることが出来ないからです。

実際に、Career Theory編集部が行ったアンケートでも、自分に合わない転職サイトを使って後悔している方もいました。

◆ あの転職サイトはもう使いたくない

匿名さん・20代後半
…〔前略〕…実際登録してみると毎日のように電話がかかってきて私の希望を無視するような求人をたくさん紹介してきました
仕事が終わって、家のことをする時間にもかかってくるので、正直うんざりしていましたが、本当にドン引きだったのが、勝手に面接を組まれていたことです。
全く行く気のないところだったので、断ると、担当からネチネチ言われました。2度とあそこは使いたくないです。

転職という新たな一歩を踏み出そうとしている時に、こうした失敗は避けたいですよね。

そこで本章では、看護師転職サイトを使う方に向け、失敗しない看護師転職サイトの選び方をご紹介します。

詳しい解説を見ていきましょう。

6-1. 看護師に特化した転職サイトを選ぶ

看護師さんが転職する場合、看護師に特化した転職サイトを選ぶことが大切です。

その理由は、看護師に特化した転職サイトのほうが、看護師さんの転職事情に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、看護師ならではの転職ノウハウを教えてもらうことができるからです。

看護師ならではの転職ノウハウの一例

  • キャリアプランの実現に必要な医療施設選びのコツ
  • 応募先に合わせた臨床経験・スキル等のアピール方法
  • 二交替/三交替などライフスタイルに合わせた求人選びのポイント
  • スキルアップにつながる臨床経験を得られそうな求人の選び方
  • 結婚や出産・育児などのライフイベントと両立できる求人の探し方

一方、大手総合転職エージェントや大手総合転職サイトでは看護師に特化したサービスを行っておらず、サービス内容やサポート体制に不安を感じてしまうこともあるでしょう。

大手総合転職エージェントと看護師特化型転職サイトの違い

看護師求人数
大手転職エージェントA社
  • 公開求人は数件のみ
  • 非公開求人数は不明
大手看護師転職サイトB社
  • 公開求人は常時5万件以上
  • 非公開求人も多数保有
サービス内容
大手転職エージェントA社
  • キャリアに関する面談
  • 求人紹介
  • 選考対策
  • 各種手続き代行など
大手看護師転職サイトB社
  • 看護師ならではの事情を踏まえたキャリアカウンセリング
  • 求人紹介
  • 選考対策
  • 各種手続き代行など
実績
大手転職エージェントA社
  • 数多くの企業への転職実績あり
  • 病院やクリニックなどの医療機関への転職実績は少ない
大手看護師転職サイトB社
  • 病院やクリニックなどの医療機関、
  • 介護・福祉施設など多様な職場への転職実績あり
求人検索のしやすさ
大手転職エージェントA社
  • エリア、年収、業界、職種、などの設定が可能
  • 細かい条件設定はできない
    看護師にとっては検索しにくいと感じることも…
大手看護師転職サイトB社
  • エリア、年収、業界、職種、などの設定が可能
  • さらに、夜勤の有無、施設形態、診療科、電子カルテの有無などの細かい条件設定が可能
    看護師に特化しているので、検索しやすい
キャリアアドバイザーのサポート力
大手転職エージェントA社 看護師の転職事情に詳しいキャリアアドバイザーが担当になるとは限らず、頼りなく感じてしまうことも。
大手看護師転職サイトB社 看護師の転職事情に詳しいキャリアアドバイザーが多数在籍しているので、安心してサポートを依頼できる。

仮に、看護師特化型の転職サイトを使わないで転職活動をする場合、看護師に特化したサービスが受けられず、「キャリアアドバイザーと条件のすり合わせができない」「転職活動がスムーズに進まない」といったことが起きるかもしれません。

こうした失敗を防ぐためにも、看護師に特化した転職サイトを利用し、サポートしてもらうようにしたほうが賢明です。

ただし、企業への転職や異業種への転職をお考えの方は、この限りではありません。

看護師特化型の転職サイト以外に、大手総合転職エージェントや大手総合転職サイトに登録し、必要なサービスを受けると良いでしょう。

6-2. 求人数の多い転職サイトを選ぶ

看護師の求人数が多い転職サイトを選ぶことも欠かせないポイントの一つです。

その理由は、求人数が多い転職サイトのほうが選択肢が増え、求人を見比べることで自分にピッタリの職場が見つけられるからです。

反対に、求人数にこだわらず転職サイトを選んでしまうと、選択の幅が狭まり、希望通りの求人を見つけることが難しくなってしまうかもしれません。

こうした失敗を防ぐためには、看護師の求人数が多い転職サイトを選び、自分の希望条件に合う職場を探したほうが良いでしょう。

ただし、転職時期によっては求人数に大きな差が出ることもあります。

転職をなるべく有利に進めたい方は、看護師の求人が市場に増えやすい冬から春先(1月〜3月)の時期に転職することをおすすめします。

年度末の退職予定の看護師に変わる人材を確保するために、各施設からの求人が増えるからです。

6-3. キャリアアドバイザーの質が高い転職サイトを選ぶ

キャリアアドバイザーのサポートが手厚い転職サイトを選ぶことも大切です。

その理由は、転職を成功させるために必要な求人選びや選考対策などのサポートを受けることで、転職の不安を取り除くことができるからです。

ただ、評判の良い転職サイトを利用しても、キャリアアドバイザーのスキルや経験によっては相性の悪さを感じてしまうことがあるかもしれません。

もし、「担当アドバイザーとの相性が合わないかも」「担当アドバイザーの対応が不満」と感じたら、早めに担当アドバイザーの変更を依頼することをおすすめします。

担当変更依頼メールの文面例

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、私が転職を考えている保健師の業務により詳しいコンサルタントの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

「担当変更をすることは失礼なのでは?」とご心配の方もいるかもしれませんが、相性の不一致を感じたまま転職活動を続けた結果、転職がうまくいかず、時間だけを浪費してしまっては元も子もありません

担当変更したとしてもその後のサポートが手薄になることはないので、相性が合わないと感じたら遠慮せずに担当を変えてもらいましょう

6-4. 看護師さんの口コミが高評価の転職サイトを選ぶ

看護師さんからの評判が良い転職サイトを選ぶことも、重要なポイントです。

言うまでもなく、提供しているサービスやキャリアアドバイザーの質が高い転職サイトには、高評価の口コミが多く集まります。

実際に転職サイトを利用したことのある看護師さんの口コミを参考にすることで、安心して転職サイトを使うことができるでしょう。

本記事内では、723人の看護師さんに行ったアンケートをもとに、口コミが高評価の転職サイトを7章で紹介しています。

登録する転職サイトがお決まりでない方は、ぜひ参考になさってください。

自分に合わないと感じたら違う転職サイトに切り替えよう

評判の良い転職サイトであっても、サービス内容の使用感や担当アドバイザーとの相性は実際に使ってみないとわからないものです。
実際に転職サイトを使って「自分に合わない」と感じた場合は、違う転職サイトに切り替えることをおすすめします。

そもそも、転職サイトによって提供しているサービスやサポート体制が異なり、口コミの良いサイトがご自身に合うとは限りません。
実際に使って使ってみて違和感を覚えたり、不満を感じたりすることがあれば、迷わず別サイトに切り替えましょう。

なお、転職サイトを既に使っていて不満を感じている方は、使用感を比較検討するために複数登録をおすすめします。

各転職サイトを実際に試し、自分が使いやすいと思う転職サイトを使うようにしましょう。

7.  サポート力に定評あり!おすすめの看護師転職サイト7選

転職サイトの選び方がわかっても、ネット上に数多く存在する転職サイトのなかから、実際に自分に合う転職サイトを選び出すのは大変ですよね。

転職サイトによって、保有している求人やサポート体制が違うので、自分に合わない転職サイトに登録した結果、時間と労力をロスしてしまうのは避けたいものです。

そこでこの章では、看護師さん723人からの口コミをもとに、利用者満足度(総合力)の平均得点が高かった看護師転職サイトをご紹介します。

看護師転職サイトの比較・選定基準

  • 判総合力
    求人×サポートの総合的な満足度
  • 求人の質・量
    紹介された求人の量やその内容は良かったか
  • サポート力
    必要な時に必要なサポートを受けられたか、親切だったか

まずは、総合評価の高かった転職サイト3社をご紹介していきます。

7-1. すべての看護師さんにおすすめ|総合評価が高い転職サイト3選

転職経験のある看護師さん723名に、転職サイト85社についてアンケートを取り、利用者満足度が高かったサイトの中から、すべての看護師さんにおすすめできる転職サイトを3社ご紹介します。

看護師転職サイトランキング 利用者満足度ベスト3
看護roo!1位.看護roo!
公式サイトを見る
詳細を見る
利用者満足度No. 1! 抜群のサポート力が魅力の迷ったらまず登録するべき定番の看護師転職サイト
公開求人数
約6万件

満足度
4.3

利用者満足度96.3%、看護師さんからの人気No1の転職サイト。細かい条件で求人が探しやすく、面接対策&サポートも手厚い。
看護のお仕事
2位.看護のお仕事
公式サイトを見る

詳細を見る
圧倒的情報量! 豊富な求人件数と取材に基づく施設の実情で、応募先選びに困らない
公開求人数
約12.9万件

満足度
4.1

総求人数トップレベル!累計40万人以上の利用者がいる転職サイト。LINEで最新の求人情報が得られるなど、気軽に転職活動ができる
マイナビ看護師
3位.マイナビ看護師公式サイトを見る
詳細を見る
人材超大手企業の安心感。地方在住の方や細かな希望条件のある方にも納得の紹介・提案力
公開求人数
約5.6万件

満足度
4.0

求職者のペースに合わせたサポートが強み。全国25箇所に相談会場があり、地方在住者も来社相談しやすい

※ 求人数は、すべて2022年3月時点のものです

まずはこの3社に登録して担当アドバイザーからの連絡を待ちましょう。

どれに登録するか迷った場合には、アンケート評価No. 1の『看護roo!』に登録してみるのがおすすめです。

1位:看護roo!|満足度96%以上、人気No. 1の転職サイト

看護roo!

総合評価

4.3

利用者満足度96.3%!当サイトの調査では全85社の中で堂々トップ

求人数・質

4.0

公開求人5万件+非公開求人も多数

サポート力

4.3

面接同行や選考対策など手厚いサポート。

◆ 『看護roo!』の特徴
  • 10年以上・数十万人の看護師を支援してきた実績を持つ、業界最大手級サービス
  • 利用者満足度は驚きの96.3%(看護roo!調べ)
  • きめ細かなサポートや提案力など、利用者から満足の声が多数!

看護roo!』は、転職経験のある看護師さんから最も選ばれている、人気No. 1の転職サイトです。

公開求人数は5万件以上、さらに登録者のみが閲覧・応募できる非公開求人も多数保有しています。

希望の施設形態や、担当業務など、細かい条件を組み合わせて仕事探しができるので、希望にぴったりの求人を見つけることができるでしょう。

30年以上にわたる転職支援実績を有し、特に医療職のキャリア支援に強みを持つ株式会社クイック(東証プライム上場企業)が運営するサービスであるため、信頼と実績も十分で、面接時に希望者には専任の女性スタッフが同行してくれるなど、きめ細かいサポートも魅力的です。

『看護roo!』はこんな看護師さんにおすすめ

みんなが使っていて実績豊富な人気のサイトを利用したい
給与や条件、人間関係などが良い職場情報を知りたい
はじめての転職で不安なのでプロに相談したい

『看護roo!』サービス概要

対応している求人の要件(求人検索で絞り込める項目)
対応職種
正看護師・准看護師・保健師・助産師
対応施設
一般病院、大学病院、一般+療養、療養型病院、精神病院、クリニック、訪問看護、介護施設、健診センター、保育園・学校、その他
対応雇用形態
常勤、パート(非常勤)、契約社員
対応診療科
検索項目なし(キーワード検索で絞り込んで探すことが可能)
担当業務/配属先
病棟、外来、オペ室(手術室)、救急外来、ICU系、透析、訪問看護、介護・福祉系、検診・健診、保育園・学校、訪問診療、内視鏡、その他
対応地域
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県
愛知県・岐阜県・静岡県・三重県
大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県
広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県
徳島県・香川県・愛媛県・高知県
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
掲載求人数(公開)
職種別
正看護師約55,000件
准看護師約35,000件
保健師約1,200件
助産師約600件
雇用・勤務形態別
常勤約44,000件
非常勤約23,000件
派遣-(項目なし)約1,200件
2交代制約11,000件
3交代制約2,000件
日勤のみ約49,000件
夜勤のみ約4,300件
施設別
一般病院約8,400件
クリニック約11,000件
介護施設約59,000件
訪問看護約59,000件
保育施設約59,000件(保育園・学校)
担当業務/配属先別
病棟約5,800件
外来約13,000件
訪問約8,000件
手術室(オペ室)約1,000件
透析約59,000件(保育園・学校)
内視鏡約100件
こだわり条件別
4週8休以上約28,000件
土日休み約5,900件
駅徒歩5分以内約9,400件
車通勤可(駐車場有)約42,000件
寮あり約7,800件
託児所あり約10,000件
未経験・ブランク可37,000件 
電子カルテあり約5,000件 

〔出典〕『看護roo!』求人検索システムによるCareer Theory調べ
※ 対応要件および求人数は、すべて2022年1月19日時点のものです。

『看護roo!』を利用した看護師の声

看護roo!』を利用した看護師のほとんどはサービス内容に対して高い満足感を示しており、特に求人紹介や担当キャリアアドバイザー(エージェント)のサポート力を高く評価する声が中心でした。特に、次の3点について満足だったとする声が目立ちます。

  • 希望条件にマッチした/応募したくなる求人をすぐ紹介してもらえた
  • 求人票だけではわからない内部事情・詳しい状況を教えてくれた
  • 担当者の対応が丁寧/多忙な自分に合わせた連絡方法をとってもらえた

それぞれ実際の口コミとともに分析してみましょう。

『看護roo!』を利用した看護師からの口コミ&分析

【読み飛ばし】口コミ評判のまとめを見る

◆希望条件にマッチした/応募したくなる求人をすぐ紹介してもらえた◆求人票だけではわからない内部事情・詳しい状況を教えてくれた◆担当者の対応が丁寧/多忙な自分に合わせた連絡方法をとってもらえた
約5万件の公開求人数に加えて多数の非公開求人(求人サイト等でオープンに募集されていない求人)を抱える『看護roo!』では、やはり利用者からも「希望条件に合った求人を紹介してもらえた」という声が多く寄せられました。

口コミ・評判

20代後半・『看護roo!』を利用
評価:★★★★☆4
紹介される案件が豊富で、他のサイトでは見つからなかった条件での案件がすぐに見つかり、紹介してもらえた
他のサイトだと紹介されても給料が希望より低いなど条件が合わないことがあったが、それもなかった。専門分野ごとに分けて担当しているのか、紹介してほしい分野の仕事にも詳しかった

口コミ・評判

20代後半・『看護roo!』を利用
評価:★★★★☆4
提案される求人が比較的多かったので、自分の条件に合う求人に巡り合うことができました
担当者の方は、求人ごとに様々な情報を教えてくれたので、求人ごとに比較がしやすかったです。
面接対策もしてくれたので、とても心強かったです。

口コミ・評判

20代後半・『看護roo!』を利用
評価:★★★★☆4
最初の転職の時に履歴書の書き方をメールで添付してくださりとてもわかりやすくて履歴書が書きやすかったです。
求人数は自分が言った条件に沿って3つ出してくださいました。私はそのとき看護師1年目だったので3つ出してくださってとても多い印象を受けました。
また面接のときに他府県からの病院に面接しにいったので面接当日転職サイトの方が出向いてくださりいろいろアドバイスを下さいました。すごく心強かったです。

保有求人数の多さに加え、担当キャリアアドバイザーのサポート・提案力がうかがえる声が目立ちます。

ただし、「希望の求人を見つけられた」という看護師のなかには、「登録されている病院があまりに多いので、選ぶのに時間がかかりました」という声も。
転職に不慣れで応募先選定にひと苦労しそうだという方にとっては、豊富な掲載求人数を誇るサイトの場合、かえって選びにくさを感じてしまう可能性もあります。

そのようなときにはやはり、キャリアアドバイザー(エージェント)機能に優れた転職サイトを選ぶようにしたいものです。
候補施設の絞り込みを担当アドバイザーに任せることで、求人票に目を通しきれない・どう選べばいいかわからないといった悩みを解消でき、時短にもつながります

担当アドバイザーのサポート力が好評を博している『看護roo!』ですが、とくに応募先の雰囲気や実際に働いている人の状況など、求人票を見るだけでは読み取ることができない内情を教えてくれて良かったという声が多く寄せられました。

口コミ・評判

30代前半・『看護roo!』を利用
評価:★★★★☆4
担当スタッフが親身に希望を聞いて、条件に合う求人を提案してくれた。
何度か条件を変更して探してもらったりましたが、丁寧に対応してもらえました。
自分が気になる求人はどうなのか質問しても、おすすめな理由とあまりおすすめできない理由(最近、そこに勤めている看護師に話を聞いたが、人手が不足していて残業がかなり多いなど)をハッキリと教えてくれて、わかりやすかった

口コミ・評判

30代前半・『看護roo!』を利用
評価:★★★☆☆3
転職サイトには掲載されていないが、個人的にリサーチし気になっている求人を伝えたら、コンタクトをとってくれた
また、転職サイト目線で良い求人か、あまりオススメできない求人か教えてくれた職場のホームページには掲載されていない、情報(職場の雰囲気、評判)を教えてくれた

口コミ・評判

30代後半・『看護roo!』を利用
評価:★★★★☆4
ある程度、私が提示した条件の職場を見つけていただけなので、満足しています。
転職サイトですと、条件から外れた職場を提案され、妥協が必要、みたいな事を言われたりしたことがあるのですがそういうことがなかったので、安心して転職活動出来ました。
提示してくださったクリニック、病院の特徴も把握されていて比較もしやすかったです。

転職サイト・転職エージェントサービスでは、医療施設の採用担当者とやり取りする営業担当と、求職者(看護師)とやり取りして転職支援を提供するキャリアアドバイザーが別々に置かれていることが大半です。

内部事情など各医療施設側の事情に精通しているのは営業担当者のほうで、その情報をうまく求職者側へのアドバイスとして提供するためには、営業担当とキャリアアドバイザー間の連携が不可欠。
サービスによってはこの連携が甘く求人票以上の情報を引き出せないこともあるのですが、『看護roo!』の場合は、組織内での担当者連携がうまくとられていると考えられます
高いサポート力の背景には、こうした運営企業側の体制面も大きな要因として存在しているのではないでしょうか。

看護roo!』を利用した看護師からは、担当キャリアアドバイザー(エージェント)とのコミュニケーション面(連絡方法、フォローアップの仕方)についてもたいへん満足だったという声が多く寄せられています。

口コミ・評判

40代後半・『看護roo!』を利用
評価:★★★★★5
担当さんには、こちらの希望を丁寧に聞いてもらえました。
勤務しながらの転職活動だったので、連絡を頂いても電話で話すことができないことが多々ありましたが、ショートメールも使って担当さんとやり取りできました。しつこく連絡してくることもなく、前職場に気づかれずに活動でき助かりました
〔自分が求める条件は〕非現実的な要望が多かったので、件数は少なかったですが希望通りの求人を探してもらえました。自分では不可能なことだったので心から感謝しています。次も使いたいと思える担当さんでした。

口コミ・評判

20代後半・『看護roo!』を利用
評価:★★★★★5
対応も細やかで 担当は明るく話しやすい方だった。わからない点もLINEでやりとりをしてすぐ回答をもらえ不安も少なかった
一般求人で募集していない内容の転職情報を持っており案内してもらえたのは魅力的であった。
面接の日取りや採寸の日取りなどもこちらを優先させて病院側と調整してもらえ動きやすかった点と履歴書の確認も事前におこなってもらえ修正も貰えたのは有難いところだった。

口コミ・評判

20代後半・『看護roo!』を利用
評価:★★★★★5
看護roo!を選んだのは、転職を決意した際にインターネットで転職サイトを検索したことがきっかけでした。転職経験者の口コミも良かったためです。
登録後は担当者からの連絡があり、私の希望を電話にて聞き取りをしてくださいました。電話でのやり取りの為、より私の希望が伝わりやすく、条件により近い転職先の提案をしていただきました。
面接当日もスタッフが付き添ってくださる為、事前に面接内容や職場の雰囲気など情報が得られる等、安心して面接に挑むことができました。
就職後も仕事内容や職場の雰囲気等の情報確認の電話があり、転職活動を振り返り感じたこと等の質問を受けました。
転職活動をサポートする会社としてよりよいサポートをしていきたいという思いを感じ取ることができ、今回の転職活動について、私自身は大変満足しています。

電話を通してじっくり話を聞いてもらえるのはもちろんのこと、変則的な勤務時間・多忙な業務などを考慮して、ショートメールやメッセンジャーアプリを利用したやり取りに切り替えてくれたなど、求職者のニーズに合わせた対応を取ってもらえてありがたかったという声が目立ちました。

一方で、アンケートにご回答いただいた看護師からは、担当アドバイザーからの連絡が頻回でわずらわしさを感じたという声も少数寄せられています。
これは全転職サイトについても言えることなのですが、担当者との相性や担当アドバイザーと円滑にコミュニケーションをとるためのノウハウなど、場合によっては利用者側がうまく立ち回らねばならないシーンも存在します。

Career Theoryの下記の記事ではその点についても詳しく解説しているので、実際に転職サイトを利用する前に、ぜひ目を通しておきましょう。

アンケートからわかった! 『看護roo!』の特長まとめ

Career Theoryによる看護師対象満足度調査で堂々の1位となった『看護roo!』。
アンケートからわかったサービスの特長は、次のような点にあると言えます。

『看護roo!』の評判まとめ

豊富な求人数と担当アドバイザーからの適切な紹介・提案
求人票だけではわからない内部情報を詳しく教えてくれる
連絡方法・頻度を利用者に合わせてもらいやすい

サポート力に高評価が集中していることから、初めて転職する人や転職活動に不慣れな人がまず利用するべき転職サイトだと言えるでしょう。

また勤務時間等の問題で日中の電話によるやり取りが困難となりがちな看護師にとっては、連絡の頻度や方法を調節できるかどうかがきわめて重要です。

現職の勤務を続けながらの転職活動を進めていく上でも、有力な候補となることは間違いないでしょう。

 

『看護roo!』のもっと詳しい解説・口コミ

2位:看護のお仕事|求人数はトップレベル、気軽に相談できる

総合評価

4.1

累計利用者数40万人以上、友だちに勧めたい転職サイトランキングNo.1

求人数・質

4.3

求人数は12万件以上。「電子カルテあり」「人員配置基準7:1の施設」など細かい条件で探しやすい

サポート力

4.2

丁寧なヒアリングをもとにした提案が魅力。面接同行サポートもあり

◆ 『看護のお仕事』の特徴
  • 累計利用者数40万人を超える(2019年度実績)、最大手級転職サイト
  • 掲載求人数は公開求人だけでも13万件以上の圧倒的豊富さ
  • 年間4,000回以上実施の職場訪問によるリアルな内部事情をストック

看護のお仕事』は、公開求人13万件以上と、求人数がトップレベルの転職サイトです。

その特長はなんといっても、求人施設に関する情報の詳細さ。
看護のお仕事』では年間4,000回以上もの施設訪問を行っており、直接取材に基づく現場のリアルな情報を把握しています。

求職者にとって嬉しい点が、そうした取材結果の一部が公開されており、各施設の求人票から確認することができるというものです(求人検索画面で「職場インタビューあり」の求人票だけ探すことも可能!)

その施設で働く魅力、実際に勤務されている看護師へのインタビューなど、写真つきで詳細な解説を読むことができます
応募前・選考中の段階から入職後の具体的なイメージを描くことができ、担当アドバイザーや採用担当者に対する質問事項の精度を上げることにも有用です。

そのため、「人間関係や施設の雰囲気はどうか」「子育て中の看護師が働きやすい環境か」などの情報を踏まえて、最適な提案をしてもらうことが可能です。

『看護のお仕事』はこんな看護師さんにおすすめ

できるだけたくさんの求人を見たい
職場の雰囲気や内部事情を知りたい
気軽の求人探しをしたい

『看護のお仕事』サービス概要

対応している求人の要件(求人検索で絞り込める項目)
対応職種
正看護師・准看護師・保健師・助産師
対応施設
総合病院、一般病院 クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
対応雇用形態
常勤、パート(非常勤)、契約社員
対応診療科
検索項目なし(キーワード検索で絞り込んで探すことが可能)
担当業務/配属先
病棟、外来、施設、訪問、手術室(オペ室)、透析、内視鏡
対応地域
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県
愛知県・岐阜県・静岡県・三重県
大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県
広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県
徳島県・香川県・愛媛県・高知県
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県県
掲載求人数(公開)
職種別
正看護師約42,000件
准看護師約28,000件
保健師約800件
助産師約700件
雇用・勤務形態別
常勤約43,000件
非常勤約19,000件
派遣-(項目なし)約5,700件
2交代制約7,000件
3交代制約1,000件
日勤のみ約31,000件(日勤常勤)
夜勤のみ約300件(夜勤専従常勤)
施設別
一般病院約5,500件
クリニック約13,000件
介護施設約11,000件
訪問看護約5,800件
保育施設約1,000件(保育園・学校)
担当業務/配属先別
病棟約7,900件
外来約13,000件
訪問約8,000件
手術室(オペ室)約1,200件
透析約1,400件
内視鏡約200件
こだわり条件別
4週8休以上約13,000件
土日休み約2,700件
駅徒歩5分以内約17,000件
車通勤可(駐車場有)約16,000件
寮あり約7,800件
託児所あり約10,000件
未経験・ブランク可約37,000件 (合計)
電子カルテあり約35,000件 

〔出典〕『看護のお仕事』求人検索システムによるCareer Theory調べ
※ 対応要件および求人数は、すべて2022年1月19日時点のものです。

『看護のお仕事』を利用した看護師の声

看護師転職サイトのなかでも圧倒的な掲載求人数を誇る『看護のお仕事』ですが、利用した看護師の声からは、求人の量だけでなく、情報提供のクオリティが高いことを評価する声が多く寄せられました。
特に、次の2点について満足だったとする声が目立ちます。

  • 求人票には現れない施設の実状・内部情報を教えてくれる
  • キャリアアドバイザーがとても丁寧に自分の話を聞いてくれる

それぞれ実際の口コミとともに分析してみましょう。

『看護のお仕事』を利用した看護師からの口コミ&分析

【読み飛ばし】口コミ評判のまとめを見る

◆求人票には書かれていない応募先施設の内部事情に精通している◆担当者の対応が丁寧/多忙な自分に合わせた連絡方法をとってもらえた

頻回な取材に基づく圧倒的な密度の情報量が売りの『看護のお仕事』。
利用者からも、やはり応募先施設の実情・内部事情を教えてもらえたことに対する喜びの声が多く寄せられました。

口コミ・評判

20代前半・『看護のお仕事』を利用
評価:★★★★★5
初めての転職で不安が大きかったですが、担当アドバイザーの方々丁寧に対応してくださいました。
実際の転職の段取りだけでなく、おすすめの就職先の情報提供や、自力では知り得ない病院の内部事情についても教えて下さったので、非常に参考になりました。
面接対策では、聞かれるであろう質問やその場の雰囲気について、過去の情報を参考にレクチャーして下さったので、不安を軽減させられました。

口コミ・評判

40代前半・『看護のお仕事』を利用
評価:★★★★☆4
転職を考えていた時に、他の病院の詳細な情報が得られず困っていました。
そのようなときに看護のお仕事を利用しました。
給与や福利厚生、離職率や病院の雰囲気など他の求人サイトでは知ることができない情報を教えてもらうことができました
また、求人件数も豊富でよい転職先を選ぶことができました
担当者もまめに連絡をくれたり、親身に相談に乗ってくれました。

口コミ・評判

30代前半・『看護のお仕事』を利用
評価:★★★★☆4
まず、求人数に関しては豊富だったので安心することができました。
また、コンサルタントの質についても良かったのでとても嬉しかったです。
そして、施設の内部事情をしっかりと教えてもらえるところが最大のメリットだと思いました。

看護のお仕事』は求人施設への取材に注力しているサービスだけあって、やはり「求人票以上の情報提供を受けられる」点が好評を博しています。

自分自身で求人検索をかけるときにインタビュー情報を探せるのはもちろんのこと、担当アドバイザーとのコミュニケーションのなかで、より詳細な職場の雰囲気や選考におけるアピールの勘どころ(書類・面接における自己PRや想定質問等)など、求職者にとって有益な情報を引き出すことが可能です。

求人票に対して「質で納得できるものが多い」という感想も寄せられており、求職者が納得感を持って応募先・入職先を選ぶことに大きく貢献する特長だと言えるでしょう。

アンケートへ寄せられた回答のなかでも『看護のお仕事』利用者からの声で有意に目立っていたものが、担当アドバイザーの傾聴姿勢。
自分の話に対して耳を傾けてもらえて良かった」という評価が多くあげられています。

口コミ・評判

40代前半・『看護のお仕事』を利用
評価:★★★★★5
こちらの会社の担当者が一番よく話を聞いてくださった
条件的にやや無茶なことを言ってるなという自覚はあったが、その無茶な希望にも親身になって話を聞いてくださった
他にも利用した2社は無茶な要望だと感じとって相手にもしてくれなかった。
提案された求人は、さほど多く感じなかったが、寄り添ってくれたため、満足度が高いです。

口コミ・評判

40代後半・『看護のお仕事』を利用
評価:★★★☆☆3
担当者の方のマナーがとてもよく、関わりを持った最初から最後まで、根気強くわたしの話に耳をかたむけてくださったことがなにより嬉しかったです。
他社の転職サイトの担当者はやや押し付けがましい物言いだったり、連絡がなかなか来なかったりと多少不満が募りましたが、こちらの会社だけは特に不満はありませんでした

口コミ・評判

30代前半・『看護のお仕事』を利用
評価:★★★★☆4
担当者の方がとても親身に対応してくださいました
女性の方だったのもありとても話しやすかったです、
希望の条件に合った職場をピックアップしてくださり、イマイチと思ったらまた追加の条件を聞いて一から探してくださいました
他の転職サイトは夜遅くに連絡してきたりなどありましたが、こちらのサイトは事前に時間の確認をしてくださり、良識のある対応でした。

「担当アドバイザーは要望通りの対応をしてくれた」という結果面での高評価は他の転職サイトにも共通して見られるものですが、結果面に留まらず、意見・希望をヒアリングする過程自体も評価が高い点に、『看護のお仕事特長があります。

Webサイト上で公開されている『看護のお仕事』キャリアアドバイザーのプロフィール一覧に目を通してみると、話しやすい雰囲気づくりや傾聴姿勢に注力するなど、在籍しているアドバイザーの多くが「話して良かった」と思ってもらえることを目標にしているようです。

求人施設側に対する頻回なヒアリングとも相まって、傾聴力(聞き出す)に格別のこだわりを持った転職支援サービスであることがうかがえます。

転職サイト・エージェントを利用した経験がある人は、担当アドバイザーのヒアリングが手短・淡白で「寄り添ってもらえている感が薄かった」という不満を持つ人も少なくありません。
看護のお仕事』であれば、そうした不満を持つことなく親身なサポートを受けられることに期待できるでしょう。

アンケートからわかった! 『看護のお仕事』の特長まとめ

看護師転職サイトのなかでもトップクラスの掲載求人数を誇る看護のお仕事
実際に寄せられた看護師の感想からは、求人数以外の面でも高い評価を得ていることがわかりました。

『看護のお仕事』の評判まとめ

綿密な取材に基づく圧倒的な情報量
職場の雰囲気・就労環境のリアルを教えてくれる
どこまでも寄り添ってくれるヒアリング力

看護のお仕事の魅力はなんといっても、継続的な現地取材を通して集積された、各求人施設の具体的な情報にあるでしょう。

雰囲気や働いている人の感覚などは実際に職場を訪れなければ感じ取れない側面が強く、求人票から読み取れないことがしばしばあります。

特に、今日では新型コロナウイルスの感染拡大に伴う措置により、各施設は必要以上の入棟を制限しており、選考中の職場訪問を受け入れにくい施設も存在すると考えられます

採用面接も一部/全部がリモートに置き換わることが多い今日の転職市場において、「現地へ赴かねば感じ取れない事情」を教えてもらえる看護のお仕事がもたらす価値はたいへん大きいものです。

同様に、キャリアアドバイザーへの転職相談も非対面で行われることが主流となったいま、短時間・効率化にとらわれずにじっくりと求職者の話を聞いてもらえることは、安心感をもたらし、希望条件をめぐる認識の齟齬を回避する上でとても大切なことです。

自分に寄り添ったサポートをしてもらえるかどうかなど、綿密なヒアリング・情報提供を最重視するならば、看護のお仕事を選ぶといいでしょう。

 

3位:マイナビ看護師|大手人材企業による定番の看護師転職サイト

マイナビ看護師

総合評価

4.0

看護師認知度4年連続No1、定番の転職サイト。

求人数・質

3.9

求人数は5万件以上、大手マイナビならではの情報ネットワークも強み

サポート力

4.1

求職者のペースに合わせた転職支援が魅力

◆ 『マイナビ看護師』の特徴
  • 人材系大手企業マイナビ社が運営する看護師専門転職サイト
  • 求人検索システムから細かな条件で求人情報を絞り込める
  • 地方在住や企業への転職を目指す看護師など、多様なニーズに強み

人材・職業紹介の最大手級企業マイナビが運営する『マイナビ看護師』は、豊富なキャリア支援実績に裏打ちされた万全のサポート体制が魅力のサービスです。

数週間で内定を目指す「スピード転職」や、数ヶ月に渡ってゆっくりと職場を探す「じっくり転職」など、求職者の都合に合わせたスピード感でのサポートをしてくれます。

全国21箇所に相談会場があり、地方在住の方でも来社相談がしやすいという点も、大手企業が運営するサービスならではの強みです。

また『マイナビ看護師』が持つ特色の1つとして、求人検索におけるこだわり条件が細かい・多様なニーズにまで対応しているという点が挙げられます。

復職・ブランク可」「4週8休以上」といった一般的な軸はもちろんのこと、他にも以下のように多様な条件から求人票を絞り込むことが可能です。

  • 1月入職可(ほかに4月入職可、夏~秋入職可なども)
  • オンコールなし
  • 都市圏/沖縄・離島/北海道トラベルナース

上記は一例にすぎません。このほか「託児所あり」「産休・育休実績あり」といった項目で絞り込むことが可能で、看護師市場だけでなく、転職市場を網羅的に手掛ける大手人材企業ならではの、労働者ニーズに寄り添った検索システムを利用することができます。

マイナビは総合転職市場では女性向けの転職支援にも注力しているため、女性のライフステージ等を考慮したサポートに定評があります。

さらに看護師分野では男性向け特集を組んで多くのキャリアアップ実績を有しており、性差に関係なくライフステージ/キャリアビジョンに合ったサポートを提供するノウハウを持つ企業です。

『マイナビ看護師』はこんな看護師さんにおすすめ

なるべく早く次の仕事を見つけたい
数ヶ月かけて余裕を持って転職活動したい
地方在住で、対面のサポートを受けたい

『マイナビ看護師』サービス概要

対応している求人の要件(求人検索で絞り込める項目)
対応職種
正看護師・准看護師・保健師・助産師
対応施設
病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、看護師資格・経験を活かせる一般企業、治験関連企業(CRA、CRC等)、保育施設、その他
対応雇用形態
常勤、パート・アルバイト、契約社員、業務委託その他
対応診療科
美容外科、小児科、産科、婦人科(レディースクリニック)、整形外科、循環器内科、心療内科、消化器外科、心臓血管外科、スポーツ整形外科、脳神経外科、眼科、形成外科、消化器内科、歯科、精神科、血液内科、外科、内科、神経内科
担当業務/配属先
病棟、外来、訪問、手術室(オペ室)、透析、内視鏡、ICU、救急外来、管理職
対応地域
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県
愛知県・岐阜県・静岡県・三重県
大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県
広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県
徳島県・香川県・愛媛県・高知県
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
※ 全国主要都市に相談会場も設置
掲載求人数(公開)
職種別
正看護師約52,000件
准看護師約33,000件
保健師約13,00件
助産師約700件
雇用・勤務形態別
常勤約10,000件
非常勤約19,000件
派遣–(項目なし)
2交代制約8,300件
3交代制約1,600件
日勤のみ約24,000件
夜勤のみ約300件
施設別
一般病院約10,000件
クリニック約11,000件
介護施設約20,000件
訪問看護約10,000件
保育施設約2,200件
担当業務/配属先別
病棟約8,200件件
外来約2,400件
訪問約8,600件
手術室(オペ室)約1,300件
透析約1,400件
内視鏡約200件
こだわり条件別
4週8休以上約14,000件
土日休み約4,000件
駅徒歩5分以内約24,000件
車通勤可(駐車場有)約37,000件
寮あり約4,300件
託児所あり約7,000件
未経験可約15,000件 
復職・ブランク可約14,000件 

〔出典〕『マイナビ看護師』求人検索システムによるCareer Theory調べ
※ 対応要件および求人数は、すべて2022年1月19日時点のものです。

『マイナビ看護師』を利用した看護師の声

さまざまな状況・属性の求職者に対しても支援実績を重ねてきた『マイナビ看護師』。

実際に『マイナビ看護師』を利用した看護師からは、サービスを通して得られる情報の質やわかりやすさを高く評価する声が多く上がりました。

特に、次の2点について満足だったとする声が目立ちます。

  • とにかく求人検索システムが使いやすい!わかりやすい!
  • キャリアアドバイザーの提案に満足、選択肢を拡げてもらえた

それぞれ実際の口コミとともに分析してみましょう。

『マイナビ看護師』を利用した看護師からの口コミ&分析

【読み飛ばし】口コミ評判のまとめを見る

◆とにかくサイト・求人検索が使いやすい/わかりやすい◆提案力に満足/提示してもらえる選択肢の幅が広い

アンケートへ寄せられた回答のなかでも『マイナビ看護師』利用者からの声で有意に目立っていたものが、求人検索システムの使い勝手に関する口コミです。
検索システムが使いやすかった・わかりやすかった」という評価が多くあげられています。

口コミ・評判

40代後半・『マイナビ看護師』を利用
評価:★★★★★5
内容が見やすく理解しやすかったです。
場所や勤務時間帯、給料など転職に必要な項目が見やすく、すぐ理解できました
応募方法も簡単で応募しやすかったです。
中には、訪問看護の場合、時給で記載されていたので、一日八時間勤務かと思ったのですが問い合わせたら、一日朝一時間、夕方一時間などの勤務だったので、具体的にどんな感じの勤務になる可能性があるのか記載してくれた方がよかったです。

口コミ・評判

20代後半・『マイナビ看護師』を利用
評価:★★★☆☆3
私は田舎暮らしなので、このような転職サイトに求人情報は載っているのかと少し心配していましたが、普通に選べるくらいの掲載数で安心しました。
給料体制や福利厚生の情報が事細かく表示されていてサイトとして見やすかったのはとても良い点だと思います。
他の求人サイトは使用しておらず、比べられないので悪い点はあまり分からないのですが、掲載されていた給与情報と実際就職した際の給与が少し違ったのが不満でした。ただ、それほど大きな差異はないので気にするほどのことではありません。
担当者サポートなどは受けず、サイトから直接企業に連絡させて頂きました。連絡もすぐついたので良かったです。

口コミ・評判

30代後半・『マイナビ看護師』を利用
評価:★★★★☆4
マイナビというだけあって、転職サイトとしての規模が大きいところが最大のメリットだと思います。
地域エリアや求人数が多く、働きたい場所や時間、人間関係などより細かい条件のもとで希望する転職への支援が充実していると思います。
また、求人検索等の手順が分かりやすく誘導されるので、サイトの利用のしやすさもメリットの一つだと感じました。

掲載求人の質やキャリアアドバイザーのサポート力はもちろん大切なことですが、求職者が見落としがちな指標に、「転職サイトの見た目・機能がどれほど使いやすいか」というものがあります。

どんなに魅力的な施設を紹介してくれるにしても、その求人票を精査するのは求職者自身。

転職活動中は日常的に求人情報や応募先・アドバイザーからのメッセージ通知などをチェックする必要があるため、転職サイトのちょっとした使いにくさが大きなストレスになることもしばしばあります。

マイナビ看護師』のデザイン・機能は使い勝手が良いと評判な上、専用のスマートフォンアプリからも求人検索をしたりお役立ち情報を読んだりすることが可能。

自分に合わせてストレスなく利用することができるのです。

マイナビ看護師』を利用した看護師の感想には、キャリアアドバイザーが行ってくれる求人紹介/応募先の提案について満足感があるとするものが多く見られました。

口コミ・評判

20代後半・『マイナビ看護師』を利用
評価:★★★★☆4
提案数については少なめであるが、提案されたものについては問題ない求人が多かった
希望とまったく違う求人については提案されないものの、ここの部分を妥協するとこういった求人もあるという形で選択肢を増やして貰えた
申し込みから内定まで、電話がしつこいということもなく、自分のペースで転職活動を進めることができたのが良かった。

口コミ・評判

30代前半・『マイナビ看護師』を利用
評価:★★★★☆4
看護師以外の仕事も考えていたこともあって、大手と思って登録した。
提案される求人の数は多くて、他にも考えていた職種と合わせて、色々な求人を見ることで、自分の希望する条件を考え直したりすることができたので、情報が多い所に登録することのメリットを受けられたと思う。
大手なので、良くも悪くも、担当の方は手慣れているという感じを受けた。

口コミ・評判

30代後半・『マイナビ看護師』を利用
評価:★★★★☆4
看護師の求人サイトは3社登録しましたが、マイナビ看護師がもっともサポート体制がしっかりしていると感じました
初めての転職活動だったのですが、担当が履歴書や経歴書の書き方や面接対応など細かくチェックしてくれたり、こちらの希望などもできるだけ取り入れた求人案件の提案などしてくれ効率的かつスムーズに新しい職場を見つけることができました

求職者の希望に合わせた求人情報を紹介してくれるのはもちろんのこと、より現実的・成功見込みが高いと考えられる条件の提案を行い、看護師の転職成功を強くアシストしてくれます。

また2番目の口コミにも見られる通り、医療施設勤務の看護師のみならず、看護職の資格・知見を活かすことができる多様な仕事の求人情報までをも広くカバーしている点も、『マイナビ看護師』の特長です。

運営会社のマイナビは職業紹介事業の最大手級企業で、製薬・医療機器メーカーをはじめ多くの一般企業に対して採用支援を提供しています。

そのため治験や臨床開発に関わる仕事やMR(医療情報担当者;製薬企業等の営業系職種)など、医療従事者としての経験・知識や資格を持つ人材を求める企業とのコネクションも潤沢に保有しているのです。

求人検索システムでも「治験関連企業」などの求人を絞り込むことが可能で、看護師の知見を活かして新しいステージに挑戦してみたいという方は必見の転職サイトと言えるでしょう。

アンケートからわかった! 『マイナビ看護師』の特長まとめ

人材/職業紹介市場における最大手企業が運営する『マイナビ看護師』。

実際に利用した看護師の口コミからは、看護師市場に留まらないビジネス実績によって培われた転職支援のノウハウが、看護師転職サイトにおいても力強く発揮されている様子がうかがえます。

『マイナビ看護師』の評判まとめ

とにかく使いやすいWebサイト
医療施設・企業を問わず幅広い選択肢を提供

マイナビ看護師』については、もちろん求人の質・量などトータル品質を評価する声も多かったのですが、目を引く傾向として、Webサイト自体の使いやすさ・見やすさに満足感を持ったという声が目立っていました。

回答によれば使い勝手のよさを指摘した看護師さんはいずれも複数の転職サイトを利用していたことから、実感として『マイナビ看護師』のデザイン・機能性には特筆すべきものを感じたのだと考えられます。

実際に求人検索を使ってみると、絞り込みのしやすさや求人票の読みやすさがよくわかります。

担当アドバイザーから提案してもらえる求人情報・キャリア選択の指針についても、その人のステータスや志向性に合わせた提案をしてもらえたと好評です。

上に取り上げた求人以外にも、たとえば「地方在住のためじっくり比べられるほどの求人数があるのか心配していたが、豊富な選択肢を提示してもらえた。満足のいく求人紹介を受けられた」という声も複数寄せられています。

全国に多数の拠点・人材を配置している大手企業ならではの網羅性・ラインナップが光っていると言えるでしょう。

 

7-2.目的別|満足できなければ登録したい転職サイト3選

転職経験のある看護師さん723人のなかには、ご自身の目的に合わせて転職サイトを利用している方も多数いました。

先にご紹介した3社に満足できなかった方は、ご自身の目的に合わせて、ここでご紹介する4社を利用すると良いでしょう。

目的別 おすすめの看護師転職サイト4選
ナースではたらこ
ナースではたらこ
公式サイトを見る
詳細を見る
なかなか採用募集をしない医療施設へ行きたい方におすすめ
公開求人数
約1.2万件

満足度
3.9

気になる病院を指名して求人募集状況を確認してもらえる「逆指名求人」が魅力の転職サイト
美容外科求人ガイド美容外科求人ガイド公式サイトを見る
詳細を見る
美容クリニックに転職をしたい方におすすめ
公開求人数
約1,000件

満足度
3.9

希少な美容クリニック求人を豊富に持ち、領域特化サービスならではの実践的な選考対策アドバイスが好評
看護のお仕事
看護のお仕事 派遣公式サイトを見る
詳細を見る
時間に融通の利く派遣で働きたい方におすすめ
公開求人数
約1.1万件

満足度
4.3

看護師派遣の求人数No. 1!転職サイト版同様、施設や派遣経験者への取材に基づくリアルな情報を教えてもらえる
医療・福祉の転職なら大手求人サイト「ジョブメドレー」ジョブメドレー
公式サイトを見る
詳細を見る
自分のペースで転職活動を進めたい方におすすめ
公開求人数
約5.6万件

満足度
4.0

全掲載求人が施設からの直接募集。アドバイザー等の介在なしで完全マイペースの転職活動が可能

※ 求人数は、すべて2022年3月時点のものです

順番に見ていきましょう。

【求人掲載していない施設に転職したい方向け】ナースではたらこ|逆指名求人が強み

ナースではたらこ

総合評価

3.9

行きたい病院を直接指名できると好評

求人の量・質

3.8

求人数は1万件以上とやや少なめ

サポート力

4.0

問い合わせのフリーダイヤルは24時間受付しているなど、時間が不規則な方でも便利

◆ 『ナースではたらこ』の特徴
  • 求人掲載のない施設にも募集交渉を行ってくれる「逆指名求人」
  • スピーディかつ質の高い提案を行ってもらえる
  • 24時間受付の電話など、看護師の働き方に合わせた心配りも嬉しい

ナースではたらこ』は、医療機関への「逆指名求人」が特徴的な転職サイトです。

逆指名求人とは、求職者が気になる病院を指名すれば、求人募集が行われていない場合でも、その都度キャリアアドバイザーが求人の状況や条件を確認してくれるという仕組みです。

『ナースではたらこ』には、求人票が掲載されていない医療施設に対してもキャリアアドバイザーが募集交渉を行ってくれる「逆指名求人」システムがある。

求職者側から病院を指名できるため「以前から気になっている病院で働きたい」という方にとっては、チャンスを掴む近道になるかもしれないサービスです。

また『ナースではたらこ』はオリコンの顧客満足度ランキングでは看護師転職サイト総合1位に輝いており、なかでも「利用のしやすさ」「紹介案件」「交渉力」では1位の得点を獲得しています。
利用者から高い満足を得られる紹介力・交渉力が、逆指名を実現するカギになっているのでしょう。

なお『ナースではたらこ』では、お問い合わせ用フリーダイヤルとして24時間の電話受付を実施しています。
変則的な勤務シフトであったり夜勤中心の生活であったりといったことで、日中には電話などしにくいことが多い看護師にとっては、とても嬉しい特色の1つですね。

『ナースではたらこ』はこんな看護師さんにおすすめ

「この病院で働きたい」という希望がある
勤務シフトの都合上、なかなか転職活動をする時間がない
『ナースではたらこ』サービス概要
対応している求人の要件(求人検索で絞り込める項目)
対応職種
正看護師・准看護師・保健師・助産師
対応施設
病院、診療所・クリニック、介護施設、デイサービス・デイケア、訪問入浴、老健、老人ホーム、グループホーム、産業・企業、保育園・幼稚園
対応雇用形態
正職員・正社員、契約社員、パート・アルバイト
対応診療科
内科、外科、整形外科、美容外科、皮膚科、美容皮膚科、心療内科、精神科、小児科、産科、婦人科、産婦人科、脳外科、眼科、歯科、循環器内科、血液内科、消化器外科、泌尿器科、放射線科
担当業務/配属先
病棟、外来、救急外来、手術室、ICU、NICU、透析室、内視鏡室、訪問診療、訪問看護、医務室
対応地域
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県
愛知県・岐阜県・静岡県・三重県
大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県
広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県
徳島県・香川県・愛媛県・高知県
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
掲載求人数(公開)
職種別
正看護師約10,000件
准看護師約5,100件
保健師約100件
助産師約200件
雇用・勤務形態別
常勤約9,700件
非常勤約2,800件
派遣–(項目なし)
2交代制–(項目なし)
3交代制–(項目なし)
日勤のみ約6,300件
夜勤のみ約100件
施設別
一般病院約6,500件
クリニック約80,000件
介護施設約2,300件
訪問看護約1,000件
保育施設約1,500件
担当業務/配属先別
病棟約5,500件
外来約2,600件
訪問約2,600件
手術室(オペ室)約400件
透析約400件
内視鏡約20件
こだわり条件別
4週8休以上約3,000件
土日休み約400件
駅徒歩5分以内約600件
車通勤可(駐車場有)約37,000件
寮あり約2,300件
託児所あり約2,400件
未経験・ブランク可約1,800件 
ブランクOK約2,000件 

〔出典〕『ナースではたらこ』求人検索システムによるCareer Theory調べ
※ 対応要件および求人数は、すべて2022年1月19日時点のものです。

『ナースではたらこ』を利用した看護師の声

「逆指名求人」などユニークなサポートや力強い交渉力が特色の『ナースではたらこ』。

実際に『ナースではたらこ』を利用した看護師に満足した点を聞いてみると、やはりキャリアアドバイザーのサポート品質を高く評価する声が目立ちました。

特にレスポンス・対応の速さを喜ぶ声が多く寄せられています。

実際の口コミとともに、詳しく見ていきましょう。

『ナースではたらこ』を利用した看護師からの口コミ&分析

【読み飛ばし】口コミ評判のまとめを見る

◆担当アドバイザーの対応がとてもスピーディ

ナースではたらこ』を利用した看護師からは、キャリアアドバイザーからのレスポンスの速さを高く評価する声が多く寄せられました。

口コミ・評判

30代前半・『ナースではたらこ』を利用
評価:★★★★★5
友人からの紹介の担当者さんでした。
とても仕事のできる方で、2回の転職でお世話になりましたが、どちらの時期も、1ヶ月程度で2〜3ヶ所の採用いただきました。
仕事が早く、こちらの希望に沿って、スピーディーに複数の職場を紹介して下さり、こちらの希望だけではなく、それを越えた、自分で調べられなかったけれどとても条件に合う所も提案して下さいました。
転職サイトのページからではわからない、病院の傾向や内情、裏話も事前に教えてもらえました。
また、打ち合わせの際に、こちらの最寄り駅まで来て下さるのが、とてもありがたかったです!

口コミ・評判

40代後半・『ナースではたらこ』を利用
評価:★★★★☆4
担当者が非公開案件をいち早く紹介してくれることが多かった。
そして私の希望に合わせて求人を探してくれたので、条件に合う転職をすることが出来た
子育てをしながらの転職活動だったので不安が多かったが、担当者がメールでやり取りをしながら不安の解消に努めてくれました。そのため、私は一つ一つ考えながら転職先を絞り込むことが出来たと思います。
地方に住んでいたので、どうしても基本給が安い転職先しかなかったのが少し不満だったかな。しかし担当者が基本給の交渉などをしてくれたので、安いことにあきらめがつきました。

口コミ・評判

30代前半・『ナースではたらこ』を利用
評価:★★★★☆4
担当制で最初の面談から面接まで手厚いサポートを受けることができますし、転職が決まった後のアフターサポートもあります。
面談では現在はコロナということもあり、基本は電話とメール、LINEなどで細かく連絡を取ることができます
初回の面談で希望条件などを確認すると1週間以内に求人を5つくらいに絞ってくれます
面接に役立つ冊子や履歴書サポートもしっかりしていてよかったです。

ナースではたらこ』を利用した看護師さんからの回答は、担当キャリアアドバイザーの質が高いと評価するものが中心でした。

とりわけ対応の迅速ぶりが好評で、初回ヒアリングから最初の応募先候補紹介までのスピード感や、連絡・要望を出したときのレスポンス速度を挙げる看護師さんが多くいました。

レスポンス速度はただ速ければいいというものではないものの、アドバイザーからの反応が鈍ければ、求職者にとっては不安や焦りのタネになってしまうものです。

転職活動はキャリアアドバイザーとの二人三脚。安心して転職活動を進めたいという観点では、心地よいスピード感で対応してくれるアドバイザーが多いサービスを選びたいものです。

ナースではたらこ』の場合には、ただ対応が速いだけではなく、その質の高さについても、上記の回答者が3名揃って言及しています。
希望に合った応募先候補をスピーディに取りまとめてくれるなど、速度・質ともに満足のいくサポート体制が魅力のサービスと言えるでしょう。

アンケートからわかった! 『ナースではたらこ』の特長まとめ

逆指名求人がユニークな転職サイト『ナースではたらこ』。
実際に利用した看護師の口コミからは、とにかく対応がスピーディで、かつ紹介してくれる求人の内容など、サポートの質が高い点に評価が集中していることがわかりました。

ナースではたらこ』は総掲載求人数こそ他の大手サービスと比べて少なめであるものの、逆指名求人によって掲載されている以外の施設にまでアプローチすることが可能なほか、実際の求人紹介にあたっても、細かなヒアリングに基づき納得度の高いキャリア選択を後押ししてくれます。

口コミ・評判

30代前半・『ナースではたらこ』を利用
評価:★★★★★5
自分の希望を細かくヒアリングしてくれ、希望に沿った求人を施設・クリニック・美容系など納得いくまで根気よくたくさん紹介してくれました
最終的に病院から施設への転職の方向になったので、入職したら医療行為が少なくなるため医療行為の技術が落ちる等のデメリットもきちんと説明してくれました。
また担当者の方はとても親切で、引越しを控えていることを伝えたらとても素敵な不動産会社の営業の方の紹介までしていただきました。

掲載求人数の多さは転職サイトの利用価値を測る上で重要な指標ではあるものの、現実的には、1回の転職活動中に掲載求人全てに目を通すことは不可能でしょう。

重要なのは、そうした豊富な選択肢のなかから、それぞれの求職者にマッチした求人情報を提示してくれるか否かです。

利用者の意向をうまく汲み取りながら、納得感・満足感のあるキャリア選択につながるアドバイスや提案をしてくれるサービスを選ぶことが重要です。

こうした観点で言えば、『ナースではたらこ』はサポート力において高い水準にあると言え、総求人数が他の大手より少なかったとしても大きなデメリットにはならないと考えられるでしょう。

 

『ナースではたらこ』のもっと詳しい解説・口コミ

【美容クリニックに転職したい方向け】美容外科求人ガイド|美容クリニックに特化

美容外科求人ガイド

総合評価

3.8

美容クリニックに特化した転職サポートは、美容看護師希望の方から評判

提案力

3.7

各美容クリニックの内情を熟知!一人ひとりに合わせた求人紹介は定評あり

サポート力

3.6

美容クリニックの採用担当者とのつながりが深く、面接が成功するよう手厚くサポートしてもらえる

◆ 『美容外科求人ガイド』の特徴
  • 美容クリニックの公開求人数No1!見つけにくい美容クリニックの求人を次々と紹介してもらえる
  • 面接が成功するよう手厚いサポートが高評価
  • 美容クリニックに特化しており、採用担当者とのつながりも深い

美容クリニックへの転職をしたいとお考えの方にもっともおすすめなのが『美容外科求人ガイド』です。

美容外科求人ガイド』の求人数は 公開求人だけで1,000件以上あり、 非公開求人を含めると国内トップレベルの求人数を保有しています。

一般的に、美容クリニックは施設数が少ないため求人も見つけにくい傾向にあります。しかし、美容外科求人ガイド』には豊富な美容クリニック求人が取り揃っているため、選択肢を増やすことが可能です。

『美容外科求人ガイド』はこんな看護師さんにおすすめ

志望は美容クリニックんのみ
美容特化の選考サポートが欲しい
稀少求人を見逃したくない
『美容外科求人ガイド』サービス概要
対応している求人の要件(求人検索で絞り込める項目)
対応職種
正看護師・准看護師
対応雇用形態
常勤・非常勤
対応診療科
美容外科、美容皮膚科、保険診療
対応地域
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県
愛知県・岐阜県・静岡県・三重県
大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県
広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県
徳島県・香川県・愛媛県・高知県
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
掲載求人数(公開)
職種別
正看護師約720件
准看護師約480件
診療科別
美容外科約800件
美容皮膚科約1,200件
保険診療約40件
こだわり条件別
残業少なめ約500件
給与高め約1,900件
休日多め約400件
日曜休み約50件
産休・育休制度あり約700件
ブランク・未経験可約900件
退職金制度あり約730件
インセンティブ制度あり約800件
プリセプター制度あり
約530件

〔出典〕『美容外科求人ガイド』求人検索システムによるCareer Theory調べ
※ 対応要件および求人数は、すべて2022年1月19日時点のものです。

『美容外科求人ガイド』を利用した看護師の声

実際に『美容外科求人ガイド』を利用した方からは、 「美容クリニックの求人をたくさん紹介してもらえた」「美容クリニックに特化した選考対策指導を受けられた」といった声が寄せられています。
実際の口コミとともに分析してみましょう。

『美容外科求人ガイド』を利用した看護師からの口コミ&分析

【読み飛ばし】口コミ評判のまとめを見る

◆美容クリニックの求人を紹介してくれ、後押ししてくれた◆美容クリニックに特化した選考対策を教えてくれる

美容外科求人ガイド』を利用した看護師の多くが、満足のいく求人紹介を受けられたと喜びの声を寄せています。
また、利用者のなかには未経験から美容クリニックを目指していた方も少なくはなく、そうした方々もキャリアアドバイザーから頼もしいサポートを受けられ転職を成功できたとの回答が集まっています。

口コミ・評判

20代後半・『美容外科求人ガイド』を利用
評価:★★★★★5
以前は普通の看護師の転職サイトに登録していました。
その時から美容クリニックに興味があったのですが担当者からは「あなたの今までの経験が生きるように一般病院がいい」と言われ、無理やり面接を組まれたこともあります。
そこを逃げるように退会し、見つけたのがこの美容外科求人ガイド。美容クリニックに入るために一緒に頑張ってくれる感じがしてありがたかったです。
前みたいに、美容以外の求人を押し付けてくることもないし、美容クリニックの求人だけをたくさん教えてくれました
転職自体も無事美容クリニックに決まりました!感謝です。

美容クリニックへの転職をお考えの方の中には、「私でも美容クリニックで働けるかな」「憧れはあるけど転職は難しそう」とマイナスな考え方をしてしまう方もいますよね。
美容クリニックへの憧れがあっても、自信が無かったり、周囲から後押ししてもらえなかったりすると、モチベーションが上がらず、転職活動を続けることが苦しくなってしまうかもしれません。
美容外科求人ガイド』は美容クリニックに特化した転職サイトであるため、美容クリニックに挑戦したい方をサポートする体制が整っています
転職活動に自信が持てない利用者にも、寄り添いながら求人紹介をしてくれるため、美容クリニックへの転職をお考えでしたら登録しておいて損はないでしょう。

ほかにも、『美容外科求人ガイド』を利用した方からは、 美容クリニックに受かるための選考対策を評価する声が複数寄せられています。

口コミ・評判

20代後半・『美容外科求人ガイド』を利用
評価:★★★★★5
総合病院で勤務していましたが、夜勤が多く、美容クリニックに行きたいと思うようになりました。
ただ、美容クリニックに関する知識や情報が全くない中で、何をどうすればいいか全くわかりませんでした
そんな中で、ネットで見かけた美容外科求人ガイド。試しに登録をすると、容外科の仕事内容から、面接で何を話すべきかまで、あらゆるアドバイスをくれました
結果は2つ受けてそのうちの1つから内定をいただきました。

口コミ・評判

30代後半・『美容外科求人ガイド』を利用
評価:★★★★★5
美容クリニックに行くためにここに登録。
たくさん求人を見たかったので、他にも転職サイトに2つ登録していましたが、ここが一番良かったですね。
いただいた求人の数もそうですが、美容外科の面接で何を聞かれるかや、書類の書き方を丁寧に教えてくれました
あとは面接にもついてきていただいたので非常に心強かったです。
おかげさまで第一希望の美容皮膚科に進むことができます

美容クリニックへの転職では重点的に選考対策を行う必要があります
他の医療機関とは異なるスキルが求められる美容クリニックだからこそ、美容クリニックの転職事情に精通したアドバイザーのサポートは欠かせないでしょう。
こうした点をカバーできるのも、美容クリニックに特化した『美容外科求人ガイド』ならではのサービスになっています。

アンケートからわかった! 『美容外科求人ガイド』の特長まとめ

数少ない美容クリニック専門の転職サイトである美容外科求人ガイド』。

実際に利用した看護師のアンケート回答からは、次のような評価が明らかとなりました。

  • なかなか出会えない希少な美容クリニックの求人情報を多数保有している
  • 領域特化サービスならではの、対クリニック用選考アドバイスが有用

希少な求人情報を多数カバーしているだけでなく、美容クリニックに特化した転職支援実績に裏打ちされた選考アドバイスなど、きわめて実践的なサポートが得られるのが最大の特長です。
美容クリニックを志望する看護師ならば、まずこのサイトに登録し、キャリア相談を受けるべきでしょう。

 

『美容外科求人ガイド』のもっと詳しい解説・口コミ

【派遣で働きたい方向け】看護のお仕事派遣|看護師派遣求人数トップクラス

看護師の派遣会社を探すなら「看護のお仕事派遣」

総合評価

4.3

大手看護師転職サイト『看護のお仕事』と連携しており、安心感のあるサービスが高評価

求人の量・質

4.0

派遣看護師の求人数は1万件以上と豊富

サポート力

4.3

医療業界に精通した担当者からのサポートが心強いと話題!

◆ 『看護のお仕事派遣』の特徴
  • 看護師の派遣求人数No. 1。豊富な選択肢を提示してもらえる
  • 医療業界の精通したキャリアアドバイザーが自分にピッタリの働き方・派遣先を提案してくれる
  • 派遣先施設や派遣経験のある看護師へ徹底取材。就業先のリアルな情報を教えてくれる

看護のお仕事派遣』は国内トップクラスの求人数を保有しており、派遣の公開求人は常時1万件以上が公開されています。

豊富な求人数を保有している派遣会社を選ぶことで、選択肢が広がり、ご自身のライフスタイルに合った求人を見つけることができるでしょう。

また、『看護のお仕事派遣』にはサポート力の高いキャリアアドバイザーが多数在籍しています。
医療業界に精通したキャリアアドバイザーが、派遣で働きたいと考える看護師さんにピッタリの働き方を提案してくれるので、まずは登録し相談してみるとよいでしょう。

『看護のお仕事派遣』はこんな看護師さんにおすすめ

豊富な派遣選択肢が欲しい
自分にぴったりの派遣先を紹介してほしい
就業先の雰囲気を事前に知っておきたい
『看護のお仕事派遣』サービス概要
対応している求人の要件(求人検索で絞り込める項目)
対応職種
正看護師・准看護師・保健師・助産師
対応施設
病院、クリニック、介護施設、訪問看護、検診センター
対応雇用形態
正職員・正社員、契約社員、パート・アルバイト
担当業務/配属先
病棟、集中治療室、外来、救急外来、施設、訪問、手術室、透析室、内視鏡室
対応地域
北海道、宮城県
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県 、和歌山県
岡山県、福岡県
掲載求人数(公開)
職種別
正看護師約7,100件
准看護師約4,000件
保健師約10件
助産師約10件
施設別
一般病院約1,600件
クリニック約800件
介護施設約6,300件
訪問看護約1,000件
担当業務/配属先別
病棟約1,500件
外来約700件
訪問約800件
手術室(オペ室)約70件
透析約50件
内視鏡約10件
こだわり条件別
4週8休以上約50件
土日休み約70件
駅徒歩5分以内約4,300件
車通勤可(駐車場有)約5,500件
寮あり約1,300件
託児所あり約1,500件
未経験可約600件 
ブランクOK約700件 

〔出典〕『看護のお仕事派遣』求人検索システムによるCareer Theory調べ
※ 対応要件および求人数は、すべて2022年1月19日時点のものです。

『看護のお仕事派遣』を利用した看護師の声

国内トップクラスの派遣求人を保有している『看護のお仕事派遣』には、豊富な求人数だけでなく、看護師さんの希望に合わせた提案力や、熱心な対応力を評価する声が多く寄せられています。

実際の口コミとともに、詳しく見ていきましょう。

『看護のお仕事派遣』を利用した看護師からの口コミ&分析

【読み飛ばし】口コミ評判のまとめを見る

◆キャリアアドバイザーの熱心な対応で、理想の働き方が叶った◆豊富な求人のなかから、自分に合う働き方が見つかる

看護のお仕事派遣』を利用した方の多くが、キャリアアドバイザーの対応力を高く評価していました。
たとえば、話しを聞いた上で希望に沿った求人を紹介してくれたり、働き方の悩みの解決策を一緒に考えてくれたりと、親身な対応や熱心な姿勢を評価する声が複数寄せられています。

口コミ・評判

30代前半・『看護のお仕事派遣』を利用
評価:★★★★★5
他の転職サイトや派遣サイトを利用した時には、登録をするために会社に伺うことが必須でしたが、看護のお仕事の場合、会社に伺うことなく簡単に登録することができて、とても助かりました。
登録後は、アドバイザーが担当してくださり、電話やメールでのやり取りで、色々な求人を紹介してもらえました。
アドバイザーの方はとても熱心な方で、私の話しをしっかり聞いてくれて、今までのスキルや希望する条件に合致する求人を見つけては、すぐに電話やメールで紹介してくれました。
電話でのやり取りをしていく中で、とても信頼できる方だと感じ、些細な疑問でも遠慮することなく、質問することができました
おかげで、予想していたよりも早く職場が見つかり、給与の交渉まで代行してもらえ、何から何までお世話になりました

口コミ・評判

30代後半・『看護のお仕事派遣』を利用
評価:★★★★☆4
看護師として働きたいけど、夜勤や残業が多く、プライベートも充実させたかったのでアドバイザーに相談したところ、派遣看護師として働くことにしました
派遣看護師は非常勤の看護師よりも給料が高いうえに、仕事量も正看護師よりも軽いので、自分の時間を自由に使いたい人にはオススメです!

派遣で働きたい看護師さんの中には、「プライベートを大切にしたい」「人間関係のしがらみに縛られたくない」とお考えの方もいますよね。

看護師の仕事には、患者さんを優先にした自己犠牲的な働き方を要求される場面も多く、同じ職場で働き続けた結果、限界を感じている方もいるでしょう。
看護のお仕事派遣』のキャリアアドバイザーは、こうした看護師さんの悩みに寄り添いながら、一人ひとりの希望が叶うような働き方を提案してくれます

看護師ならではの事情を理解したうえで提案をしてくれるので、まずは登録し相談をすることから始めてみると良いでしょう。

ほかにも、『看護のお仕事派遣』を利用した方からは、求人が豊富であることを評価する声が寄せられています。

口コミ・評判

30代前半・『看護のお仕事派遣』を利用
評価:★★★★☆4
雇用形態を派遣社員で探している私にはピッタリのサイトでした。
自分に合った働き方ができる求人が多く、ライフスタイルを優先する事ができました。週3-4で働けるところを探していたのでぴったりな求人が見つかりました。また派遣だと、期間を決めて働けるのでモチベーション的にもいい働き方ができています。派遣で色んな病院にいってスキルアップを目指してます。

口コミ・評判

30代後半・『看護のお仕事派遣』を利用
評価:★★★★☆4
看護師として働きたいけど、夜勤や残業が多く、プライベートも充実させたかったのでアドバイザーに相談したところ、派遣看護師として働くことにしました
派遣看護師は非常勤の看護師よりも給料が高いうえに、仕事量も正看護師よりも軽いので、自分の時間を自由に使いたい人にはオススメです!

派遣で働きたい看護師さんの中には、「プライベートを大切にしたい」「人間関係のしがらみに縛られたくない」とお考えの方もいますよね。

看護師の仕事には、患者さんを優先にした自己犠牲的な働き方を要求される場面も多く、同じ職場で働き続けた結果、限界を感じている方もいるでしょう。
看護のお仕事派遣』のキャリアアドバイザーは、こうした看護師さんの悩みに寄り添いながら、一人ひとりの希望が叶うような働き方を提案してくれます

看護師ならではの事情を理解したうえで提案をしてくれるので、まずは登録し相談をすることから始めてみると良いでしょう。

アンケートからわかった! 『看護のお仕事派遣』の特長まとめ

豊富な求人数とサポート力が魅力の『看護のお仕事派遣』。
実際に利用した看護師のアンケート回答からは、次のような評価が明らかになりました。

  • 看護師の派遣求人は国内トップクラスであり、選択の幅が広がる
  • キャリアアドバイザーの対応力や提案力が高く、理想の働き方が叶えられる

ご自身のライフスタイルに合う働き方や、ワークライフバランスを重視した働き方を叶えるためには、派遣看護師として働くのも一つの手になります。

派遣看護師で働くことはキャリアに影響しそう」と不安な方もいるかもしれませんが、派遣で働くことで一つの職場だけでは経験できない多様な業務に携わることが可能です。

派遣という働き方が不安な方も、『看護のお仕事派遣』に登録することで、相談しながらサポートしてもらえるので、安心して働くことができるでしょう。

派遣看護師として働こうとお考えのかたは、まずは登録し相談するところから始めてみましょう。

 

『看護のお仕事派遣』のもっと詳しい解説・口コミ

【マイペースに転職活動したい方向け】ジョブメドレー|施設と直接やり取りが可能!情報収集目的で利用もok

看護師・看護職に特化した求人サイト「ジョブメドレー」

総合評価

3.9

求人数が非常に多く、医療機関や介護・福祉施設への転職では登録をおすすめ

求人の量・質

4.5

求人広告サイトの中でも、圧倒的に求人が多い

サポート力

3.6

担当アドバイザーはつかないが、スカウト機能などが充実しており、1人でも難なく求人探しが可能

◆ 『ジョブメドレー』の特徴
  • 全求人が施設との直接やり取りのみで応募可能。アドバイザー等を挟まず、自分だけのペースで転職活動ができる
  • 無料登録で施設からのスカウトを受けられる。スカウト経由は内定率1.7倍
  • 履歴書・職務経歴書作成機能や職場環境情報の閲覧など、転職活動に役立つ会員限定機能が盛りだくさん

看護師転職サイトは、担当アドバイザーから手厚いサポートが受けられて魅力的ですが、なかには「マイペースに転職活動したい」「施設とは直接やり取りしたい」とお考えの方もいるでしょう。

そうしたお考えの方におすすめなのが、大手求人広告サイトの『ジョブメドレー』です。

ジョブメドレー』では、求人広告サイトの中でも圧倒的な求人数を誇っており、医療機関や介護・福祉施設の求人が充実しています。
なにより、1人でも転職活動ができるような機能が充実しているため、看護師さんからも定評があります。

転職サイトと求人サイトの違いとは?

求人広告サイト(求人サイト)とは、看護師さんの転職方法の一つで、求人情報をインターネット上で無料で見られるサービスです。
転職サイトとの大きな違いは、担当アドバイザーがつかず自分で転職活動を行うところです。求人サイトは、看護師が自分自身で求人情報を検索して応募する仕組みのサービス公開されている求人の中から働きたい職場を探し、自力で選考対策や入職関連の手続きを行わなくてはならないため、転職の流れをある程度理解している方やゆっくり転職活動を進めたい方に適したサービスといえるでしょう。

ジョブメドレー』に掲載してある求人はすべて、『ジョブメドレー』を運営するメドレー社と直接取引している事業所から寄せられてた求人です。

キャリアアドバイザーを介さず直接やり取りできるため、スピーディーに転職活動を進めていけます。

ジョブメドレー』は会員登録をしなくても利用できますが、登録することで事業所からスカウトが届いたり、各事業所の職場環境などの情報チェックができたりと、会員限定の機能を使うことができます

登録は無料なので、気になる方は登録して損をしません。

『ジョブメドレー』はこんな看護師さんにおすすめ

アドバイザーの仲介なしで転職したい
完全電話なしの転職サイトを探している
自分のペースで転職活動を進めたい
『ジョブメドレー』サービス概要
対応している求人の要件(求人検索で絞り込める項目)
対応職種
正看護師・准看護師・保健師・助産師
※ 保健師・助産師についてはページが分かれており、それぞれ『ジョブメドレー』のトップページからアクセス可能
対応施設
一般病院、診療所・クリニック、急性期病棟、回復期病棟、慢性期・療養型病院、介護施設、訪問看護ステーション、訪問入浴、精神科特化型訪問看護ステーション、機能強化型訪問看護ステーション、保育所(保育園)
対応雇用形態
正職員、契約職員、パート・アルバイト、業務委託
対応診療科
美容外科・美容皮膚科、一般内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、
腎臓内科、血液内科、神経内科、代謝・内分泌内科、一般外科、消化器外科、
心臓血管外科、呼吸器外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、精神科・心療内科、
眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、放射線科、小児科、産婦人科、麻酔科、
リウマチ科、緩和ケア科、アレルギー科、総合診療科
担当業務/配属先
病棟、外来、救急外来、オペ室勤務、人工透析、健診・検診・人間ドック、集中治療室(ICU勤務)、内視鏡室、師長・管理職
対応地域
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県
愛知県・岐阜県・静岡県・三重県
大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県
広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県
徳島県・香川県・愛媛県・高知県
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
掲載求人数(公開)
施設別
一般病院約1,400件
クリニック約2,900件
介護施設約9,4000件
訪問看護約4,700件
担当業務/配属先別
病棟約1,500件
外来約50件
手術室(オペ室)約220件
透析約270件
内視鏡約150件
こだわり条件別
4週8休以上約8,800件
週休2日からOK約2,200件
駅徒歩5分以内約5,500件
車通勤可約12,300件
寮・家賃補助あり約1,100件
託児所あり約2,500件
未経験可約10,300件 
ブランクOK約9,600件 

〔出典〕『ジョブメドレー』求人検索システムによるCareer Theory調べ
※ 対応要件および求人数は、すべて2022年1月19日時点のものです。

『ジョブメドレー』を利用した看護師の声

大手求人広告サイトである『ジョブメドレー』には、豊富な求人数だけでなく、求人検索のしやすさや、充実した機能を評価する声が多数寄せられています。

実際の口コミとともに、詳しく見ていきましょう。

『ジョブメドレー』を利用した看護師からの口コミ&分析

【読み飛ばし】口コミ評判のまとめを見る

◆自分のペースで転職活動ができ、ストレスなく利用できた◆求人数が豊富!選択の幅が広がった

ジョブメドレー』を利用した方の多くが、自分のペースで転職活動を進められるシステムを高く評価していました。
担当アドバイザーを介してやり取りする必要がないため、自分のペースでじっくり求人探しが出来ることが気楽だと感じる声が寄せられていました。

口コミ・評判

40代後半・『ジョブメドレー』を利用
評価:★★★★☆4
他の転職サイトは登録するとしつこく電話があり、嫌気がさす。自分に合った案件があまりなく、パートは数が少ないから、正社員を薦めてくる。
ジョブメドレーはしつこい電話がなく、検索して自分でじっくりと探せるし、病院からスカウトメールがきたりするので嬉しい
いっぱい案件を持っているから満足。悪い点は、給料交渉が自分でしないといけないこと。

口コミ・評判

30代後半・『ジョブメドレー』を利用
評価:★★★★☆4
ラインでやりとりができたり、スカウトが来るので仕事をしながらの転職活動がしやすいと感じました。
他のサイトのように電話で希望詳細を聞かれたり、やり取りしたりはなかったです。
自分で希望を入力しておけばスカウトが来るので気になったら応募するといった形で手軽にできるのはいいと思いました。
ただこと細かなやりとりは直接電話しての方が早いかと思います。

転職活動の流れがある程度わかっている場合、キャリアアドバイザーを介さずに直接やり取りしたほうがスピーディーに転職活動を進められます。
直接採用担当者とやり取りしたほうが、採用担当者の反応をダイレクトに感じることができるので、求人広告サイトを好んで使っている方もいるでしょう。

ジョブメドレー』は、看護師さんが1人でスムーズに転職活動を進められるように、求人検索機能やスカウト機能などが充実しており、看護師さんからも評判です。
ただ、利用した方の中には「給料交渉を自分でしなくてはならない」「細かなやり取りは直接電話した方が早い」といったデメリットを挙げる方もいました。

転職にある程度慣れている方でも、担当アドバイザーのサポートがないことで大変だと感じる場面もあるようです。
ジョブメドレー』を使ってみて、「やっぱりサポートしてほしい」と感じる場合は、転職サイトと併用したほうが賢明かもしれません

ジョブメドレー』の求人数の多さを評価する口コミも寄せられています。

口コミ・評判

匿名さん・『ジョブメドレー』を利用
評価:★★★★☆4
求人数もそこそこ応募バロメーターでわかりやすいところも良い
サポート体制はこんな時どうするか? などの回答などが送られてきてよかった。
すぐに連絡が取りやすい雰囲気で利用しやすかった。

転職を成功させるためには少しでも多くの求人情報を見比べ、自分に合う職場を探すことが大切です。

ジョブメドレー』はインターネット上で簡単に求人検索ができ、豊富な求人の中から自分に合った職場を見つけることができるので、転職の選択肢を増やすことができます。

アンケートからわかった! 『ジョブメドレー』の特長まとめ

1人でも転職活動ができるシステムが整っており、求人数の多さも魅力的な『ジョブメドレー』。

実際に利用した看護師のアンケート回答からは、次のような評価が明らかになりました。

  • スカウト機能や求人検索機能が充実しており、自分1人でも転職活動が進められる
  • 求人数が多く、スマホから簡単に求人検索できて魅力的

転職したいけど、まずは情報収集から始めたい」「採用担当者と直接やり取りがしたい」とお考えのかたは、『ジョブメドレー』を利用することをおすすめします。

 

『ジョブメドレー』のもっと詳しい解説・口コミ

8. 看護師転職サイトをより効果的に利用するための7つのポイント

満足のいく転職サイトを選んだからといって、提供されるサービスに対して受け身の姿勢のままでいるのはもったないことです。

看護師転職サイトの効果的な利用方法を押さえて、満足できる転職活動に繋げていきましょう。

8-1. 登録前に担当者との連絡方法を確認する

転職サイトに登録する前に、担当者(キャリアアドバイザー)との連絡方法を確認しておきましょう。

仕事やプライベートなどと両立しながら転職活動を進めるためには、ご自身が連絡を取りやすい方法を採用しているかを確認しておくと、煩わしさを感じずに済みます。

主な連絡方法は、メール・電話・LINE・ビデオ通話などのツールが用いられます。

転職サイトの利用経験がある看護師さんからは、メールやLINEなどテキストでのやり取りを好む方が多くいました。「電話で話をするのが苦手」「休みの日に連絡してほしくない」という方は、メールやLINEでのやり取りが可能なサイトを選びましょう

ただし、転職サイトによっては「最初の面談はなるべく対面で」と指定されるサイトもあれば、「とりあえずLINEで希望条件に合う求人情報を送ります」と事務的な対応をされるサイトもあるため、ご自身が受けたいサービスに合わせて連絡方法を選ぶと良いでしょう。

8-2. 希望条件をしっかりと伝える

登録後は、担当者との面談(キャリアカウンセリング)で希望条件をしっかりと伝えましょう。

希望の働き方や条件を具体的に伝えるのはもちろん、転職に至った経緯や将来的なキャリアプランなどもしっかりと伝えることができれば、担当者もより具体的なサポートがしやすくなります。

希望条件を伝える時は、担当者への伝え方を工夫することで、本当に知りたかった情報を教えてくれたり、キャリアの可能性を広げるような提案をしてくれます。

以下に伝え方のコツや例を掲載しますので、ぜひ参考になさってください。

キャリアアドバイザーに希望を伝えるコツ

転職に至った経緯をありのまま伝える
転職を考えた理由を伝えることで、次の転職先を選ぶ指標がわかるため。体調不良や人間関係のトラブルなど、言いにくいと思うことも隠さず伝えることが大切である。おすすめの転職先やアドバイスをもらうことで、思ってもみない働き方が叶うかもしれない。

希望条件は細かく伝える
今なるべく細かく伝えることができれば、自分に合った転職先が見つかりやすいため。

よくある希望条件と伝え方の一例(タップして確認!)
  • 子育てと両立できる働き方がしたい
    • 夜勤や残業がなく、日勤のみの仕事
    • 土日祝日休みで、保育園のお迎え時間に間に合うように17時退勤を希望
  • スキルアップしたい
    • 〇〇分野の専門病院や〇〇科がある病院で、勉強会や研修などが盛んに行われているところがいい
    • 資格取得に対して補助金や休暇制度のあるところがあれば優先的に紹介してほしい
  • ワークライフバランスを重視して働きたい
    • 日勤のみで残業のない仕事
    • ある程度の忙しさがあり、メリハリのある働き方ができるところ
    • 職場内に公私混同しないような雰囲気があるといい

転職に対する思いや将来的なキャリアプランを伝える
転職の背景を伝えることで、担当者との認識をすり合わせられるため。

「楽な職場に行きたい」「人間関係の良いところがいい」などの短期的な希望だけでなく、転職後の生活で大切にしたいことが何か、取得したいスキル・経験・資格はあるか、5年後~10年後にどういったキャリアを目指したいのかを伝えると良い。

なお、希望条件が多すぎると転職先の選択肢が減ってしまうこともあります。

希望する条件が2つ以上ある場合は、あらかじめ優先度をつけておくと良いでしょう。

8-3. 転職時期は最短で可能な日程を伝える

転職する時期は最短で可能な日程を伝えるようにしましょう。

転職サイトでは、転職時期が早い人や転職意欲の高い人に優先して求人紹介をする傾向があり、直近で転職を考えている看護師ほど、積極的にサポートしてもらえるからです。

「転職時期はいつ頃をお考えですか?」といった質問をされた場合、特に決まった時期がなければ、「できるだけすぐに転職したい」と伝えておくことをおすすめします。

ただし、優先的に求人紹介をしてもらおうとあまり、非現実的な日程を伝えてしまうと、トラブルのもとになりかねません。

現職場との調整や引継ぎ、家庭の事情などですぐに転職が難しい方は、可能な範囲で最短の日程を伝えるようにしましょう。

8-4. 経歴やスキルは正確に伝える

担当アドバイザーに経歴やスキルを聞かれたら、正確に伝えるようにしましょう。

ご自身にピッタリの求人を紹介してもらえるだけでなく、キャリアアドバイザー視点でアピールすべきスキルや強みを見出してもらえることもあるからです。

たとえば、経験年数が3年未満の看護師の場合、経験の浅さがネックになると考えがちですよね。

しかし、病院によっては経験者特有のクセがなく、新しい知識を素直に吸収できると歓迎されることもあるのです。

ほかにも、欠点と思いがちな経歴やスキルが、転職先によっては優遇される条件になることもあります

以下は、その具体例になります。

一見不利と考えがちな経歴やスキルのアピール例(タップして確認!)
  • 転職回数が多い
    色々な診療科の経験があり、幅広い知識や経験をもとに即戦力として働くことができる
  • ブランクが長い
    子育てや介護がひと段落しており、仕事に集中して取り組む環境が整っている
  • 医療機関よりも介護施設での経験が長い
    介護分野に精通しており、高齢者看護の知識や経験が豊富である
  • 手術室の経験しかない
    観察力や状況判断力に長けており、緊急事態にも冷静に対応ができる
  • 小児科の経験しかない
    小児看護の専門スキルが身についており、年齢に合わせた対応ができる
  • コミュニケーションが苦手/採血や点滴などの処置を黙々とやりたい
    基本的な看護技術が身についており、スピーディに処置を行うことができる
  • 看護技術全般が苦手/患者さんと話すことは好き
    コミュニケーション能力や傾聴力に自信がある

こうしたアピールの仕方は、担当のキャリアアドバイザーと相談しながら決めていくと良いでしょう。

また、一見ネガティブに思える経験だけでなく、看護師さんが自分自身では「いつもやっているから特筆すべきことではない」と思いがちなスキル・経験も、他の施設から見れば大きな強みに見られることが多々あります

たとえば下記の例にあるような経験が挙げられます。

アピールすべき!看護師が見落としがちな経歴・スキルの一例(タップして確認!)
  • 採血や点滴が得意
    基本的看護技術が身についていると評価され、健康診断業務や一般クリニック、採血室勤務など多くの職場で重宝される。
  • 心電図波形を読み取れる
    循環器系の知識や経験が評価され、循環器系の病院やクリニックで即戦力アピールが可能。
  • 呼吸器装着患者のケアをしたことがある
    専門的スキルがあると評価され、呼吸器内科や呼吸器外科はもちろん、医療依存度の高い患者がいる介護系施設、介護療養院など幅広い分野で活躍も可能。
  • 看護学生の指導やプリセプターの経験がある
    基本的な看護スキルに加え、指導力や看護管理能力が評価される。管理職求人や、看護学校の先生など、好待遇の求人に応募できることも。
  • 病棟で勤務した経験がある
    病棟勤務により、対応力、状況判断力、タイムマネジメント能力など多くのスキルが身についていると判断される。とくに、4〜5年以上の経験があれば、医療機関や施設系への転職は難なく可能。

アピールポイントを明確にし、適切な求人を紹介してもらうためにも、経歴やスキルは正確に伝えることが大切です。

8-5. 推薦文は必ず確認する

応募前に、担当のキャリアアドバイザーに声をかけ、推薦文の内容を確認するようにしましょう。

推薦文とは、あなたの経歴やアピールポイントを担当のキャリアアドバイザー視点でまとめた文書のことです。
履歴書とともに採用担当者に渡されるので、選考を左右する大切な書類となります。

ほとんどの場合、担当のキャリアアドバイザーは200〜1,000字で推薦文を書き採用担当者に提出していますが、なかには経歴をそのまま写すだけで具体的なアピールポイントを記載していないケースもあり、注意が必要です。

そうした事態を防ぐためにも、応募する前に「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけると良いでしょう。

また、推薦文の内容で疑問点や懸念点があれば担当のキャリアアドバイザーに伝えるようにしましょう。

8-6. 紹介された職場の口コミをチェックする

転職後に後悔しないためにも、紹介された病院の口コミはご自身でチェックすることをおすすめします。

転職サイトは職場のリアルな内情を把握しているので、良い面も悪い面も含めた情報を教えてくれます。

しかし、職場によっては経営方針の変更による労働環境の変化があったり、入・退職者が出たことで人間関係に影響があったりして、転職サイトが最新の情報を正しく把握していないケースもあるのです。

そのため、気になる職場があればご自身でも情報収集しておいたほうが賢明といえるでしょう。

おすすめの情報収集方法

  • 病院やクリニックのホームページをチェックする
  • 可能であれば、転職サイト経由で職場見学を依頼する(病院によってはWeb見学会を行っているところもある)
  • 気になる職場に知人が友人がいれば、話しを聞いてみる
  • 実際に働いた経験のある看護師の口コミが集まる、口コミサイトを確認する

おすすめの病院口コミサイト3社を以下に紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

病院・転職口コミサイトのおすすめ3選

  • ナスコミ
    登録口コミ数が40万件以上あり、気になる病院の情報が見つかりやすい
  • ナース専科
    看護師だけでなく、インターンや実習を行った看護学生からの口コミも豊富
  • medico
    独自の病院ランキングを掲載し、看護師が働きやすい職場を提案してくれる

いずれの口コミサイトも、無料会員登録が必要だったり、投稿して閲覧ポイントを獲得する必要があったりしますが、リアルな現状を確認するにはもってこいの方法といえます。

転職後に後悔することのないよう、事前の情報収集は念入りに行いましょう

8-7. 同じ求人に複数の転職サイトから応募しない

複数の看護師転職サイトを使って転職活動を行う場合、同じ求人に重複して応募しないようにしましょう

なぜなら、複数の転職サイト経由で応募してしまうと、施設や企業の採用担当者が「求人情報をきちんと確認しないまま応募しているのでは?」と不信感や疑念を抱くこととなり、採用に悪影響を与えてしまうかもしれないからです。

重複応募した場合、病院や施設の採用担当者からキャリアアドバイザーに連絡が入るので、キャリアアドバイザー側も不信感を抱き、その後の転職活動に支障をきたす可能性もあるので、注意しなくてはなりません。

複数の転職サイトを利用する場合は、条件だけでなく、施設や企業の名称もしっかりチェックしておくようにしましょう。

9. 【初めての方向け】看護師転職サイト利用の流れ

転職サイトを使ってみたい」と思っても、どんな流れで転職活動を進めていくのかわからないと、不安になったり、登録を躊躇してしまったりすることもありますよね。

この章では、実際に看護師転職サイトに登録してからどのように転職活動を進めていくかを解説していきます。

転職サイトの利用が初めての方や利用の流れを確認しておきたい方は、ぜひご参考になさってください。

転職サイトを利用する場合の流れ

Step 1:Step1.面談
各転職サイトの公式ページから登録すると、転職サイトの担当者から電話かメールで連絡がもらえます。

初回の連絡では具体的な面談の日程調整を行い、看護師さんの予定に合わせて面談が行われます。
面談では、転職やキャリアに関するヒアリングが行われます。
「転職するなら〇〇がいい」といった具体的な要望はもちろんのこと、「そもそも転職しようか迷っている」「今後のキャリアについて相談しながら決めたい」といった相談を行うことも可能です。

転職サイトの担当アドバイザーから聞かれやすい質問例(タップして確認!)
  • (1)転職の希望条件に関する質問
    • 転職を考えた経緯
    • 転職を希望する時期
    • 希望の勤務エリア(立地、交通の便、自宅からの通勤時間なども含めて相談)
    • 転職先の具体的な希望(病院、クリニック、介護系施設など)
    • 希望の年収やボーナス、福利厚生など
    • 希望の働き方(夜勤の有無、残業の有無、土日祝日の休み希望の有無、常勤またはパートの希望など)
    • 譲れない条件、こだわりたい条件(管理職ポストの有無、託児所、資格取得支援など)
  •  (2)キャリアに関する質問
    •  保有資格、経験年数
    • 経験したことのある診療科
    • 得意なスキル、苦手なスキル
    • アピールしたいポイントの確認
    • 転職への迷いや今後のキャリアに対する考え
    • 将来的に取得したいスキルや資格、経験しておきたい分野
    • 転職後の将来像(仕事だけでなく、プライベートを含めた長期的な将来像)

面談は、対面または電話で行われるのが一般的ですが、昨今の感染症流行に伴い、Web面談を取り入れている転職サイトもあります。
面談を通して自分の思いを口に出すことで、考えを整理できたり、転職のプロ目線から的確なアドバイスがもらえたりできます。
転職への不安や迷いがある方こそ、キャリアアドバイザーに相談してみましょう

Step 2:求人の紹介
面談の後、あなたの要望に合わせた求人を紹介してもらえます。
紹介された求人の中に気になる職場があれば、担当のキャリアアドバイザーに伝えましょう。
転職サイトだからこそ知っている内情や雰囲気などを教えてもらうことができます。
もし、気になる職場がなければキャリアアドバイザーに伝え、再度求人を探してもらうことも可能です。
担当のキャリアアドバイザーに遠慮して、妥協して紹介された求人の中から無理やりに選ぶ必要はありませんので、希望する職場がなければ遠慮せず伝えましょう。

Step 3:転職サイト経由で応募する
働きたい職場が見つかったら、選考のサポートが始まります。

担当のキャリアアドバイザーが行ってくれるサポート内容は、主に3つです。

看護師転職サイトが行ってくれる3つの選考サポート(タップして確認!)
  • 履歴書の書き方アドバイス・添削
    履歴書の基本的な書き方作法に加え、好印象に映りやすい志望動機や自己PRの書き方のコツをアドバイスしてもらえます。実際に書いた後、希望者には添削も行ってくれます。
    企業や異業種に転職する看護師さんには、履歴書だけでなく職務経歴書の書き方も教えてもらえます。
  • 面接対策
    押さえておくべき基本的な面接マナー・服装のアドバイスに加え、転職先に合わせた想定質問内容、面接官の性格や人数などを事前に教えてもらうことができます。
    希望者には模擬面接を行い、入念な面接対策を行ってくれます。
  • 給与や待遇などの条件交渉
    給与や福利厚生、役職などの条件が少しでも優遇されるように、職場側との条件交渉を代行してくれます。とくに、給与や福利厚生など、直接は聞きにくい条件の交渉も行ってくれるため、心強い存在といえるでしょう。

転職が初めての方や、不慣れな方にとっては、こうした手厚いサポートが受けられるのは頼もしいですよね。

Step 4:選考を経て内定、転職へ
転職先から内定をもらえた後も、手厚いアフターフォローを受けることができます。

内定後は、入職や退職に向けた手続きや引継ぎなどがあり、どうしても多忙になりがちなので、担当のキャリアアドバイザーにフォローしてもらいながら手続きを進めていきましょう。

内定後に受けられる主なフォロー(タップして確認!)
  • 離入職条件の再確認や再交渉
  • 入職時期の調整、入職手続きの代行
  • 入職までのスケジュール調整・確認
  • 退職の伝え方のアドバイス
  • 業務の引き継ぎやトラブル発生時の相談役

転職サイトによっては、入職後でも相談できる専用の電話相談室が開設されていたり、担当者が定期的に連絡をくれたりなどのフォロー体制が整えられています。

このように、登録から入職後まで長期間に渡るフルサポートが受けられるのは、看護師転職サイトならではの強みでしょう。

10. 看護師の転職で知っておきたい5つの注意点

転職サイトを使う・使わないに関わらず、看護師の転職で注意するポイントがあれば事前に知っておきたいですよね。

そこで、この章では、看護師が転職を考えた時に押さえておきたい5つの注意点をご紹介します。

順を追って、見ていきましょう。

10-1.転職したい理由をハッキリさせる

転職を考えた時にまず行っていただきたいのが、転職したい理由をハッキリさせることです。

転職を考えた時点でこの作業を行っておくと、転職の必要性や転職先を選ぶ基準を明確にすることができます。

以下の手順を参考に、転職したい理由を明確にしていきましょう。

転職したい理由を明確にする方法

転職を考えたきっかけを紙に書く

箇条書き・なぐり書きで問題ない。辞めたいと思ったきっかけや出来事を書くという作業を通して、現状を客観視することができる。

紙に書いた内容から、不満を感じるポイントを抜き出してみる

今の職場のどこに不満を感じるのか、具体的なポイントを抜き出すことで転職先を選ぶ基準がわかる。

「転職のきっかけ」から抽出できる「現状への不満」の例(タップして確認!)
  • 「いつも先輩に怒られて怖いし、ちゃんと勉強しなきゃって思うけど、夜勤も残業も多いから時間が足りない」
    先輩との人間関係、夜勤や残業の多さ
  • 「失敗ばかりで仕事中でも泣きそうになる」
    失敗ばかりする自分

抜き出したポイントを改善するために転職が必要かどうかを評価する

転職という方向性が本当にベストなのかどうかを考えることで、後悔のない選択ができる。

抽出したポイントから転職の要否を考える際の例(タップして確認!)
  • 先輩との人間関係
    理不尽に怒られることも多く、体調に支障が出るくらい辛い。誰も助けてくれない環境で働き続けるのは無理かも……。
    転職活動を始めてみる
  • 夜勤や残業の多さ
    これから退職する予定の人もいて、人手不足の解消は見込めなさそう。体力の限界も感じており、辛い……。
    転職活動を始めてみる
  • 失敗ばかりする自分
    経験も浅く、勉強不足が原因かも。隙間時間でもいいから、少しずつ勉強して自信が持てるようになりたい。
    現職で頑張ってみる

転職を考えた時は、まずは転職の理由を明確にすることを意識しましょう。

10-2. 転職の条件に優先順位をつける

転職の理由を明確にしたら、転職先に求める条件に優先順位をつけましょう。

「これだけは譲れない」「ここは妥協してもいいかも」という条件の優劣をつけておくことで、実際の求人を見た時に判断しやすくなります。

Career Theory編集部が看護師さんに行ったアンケートでも、希望条件に優先順位をつけたことで転職を成功させている方が複数いました。

◆ 譲れない条件:残業がなく自分のペースで仕事ができること

匿名さん
20代後半・病棟勤務
残業がないこと休みがしっかり取れることを第一条件に選びました。
療養病院だと緊急の入院がないので業務が一定のペースで進められると思い、そちらも重視しました。
また、3交代勤務で不規則な生活が辛かったので、2交代勤務も条件にしました。
◆ 譲れない条件:休みの多さ/妥協した条件:給料

匿名さん
40代後半・病院勤務
第一条件は休みが多いことでした。
あとは通勤時間が一時間かからないことと、そんなに忙しくないことですね。
以前に勤めていたが体調悪くなり退職しただけなのでもどることにした。
給料はあまり満足していないが許容範囲とした

もちろん、希望条件がすべて叶う職場が見つかれば、理想通りの働き方が出来るようになるでしょう。

しかし、転職する時期によっては看護師の求人数が少ないこともあるため、あらかじめ優先順位をつけておくと、求人が見つかりやすくなります

10-3. 病院以外の職場にも目を向ける

転職先を病院に限定するのではなく、クリニックや介護福祉施設、一般企業(医療関連産業)など病院以外の職場にも目を向けてみましょう

実は、病院以外にも看護師が働きやすい職場は数多くあり、視野を広げることで好待遇の職場を見つけやすくなるかもしれないからです。

ただ、病院以外の職場はどんなところなのか、どんな仕事をするのか、イメージが湧かない方もいますよね。

厚生労働省の調査によると、看護師さんの7割以上が病院勤務であるという結果が出ているため、病院以外で働くことに抵抗を感じる方もいるかもしれません厚生労働省:令和2年衛生行政報告例(就業医療関係者),2022.

しかし、裏を返せば、病院以外で働くことは、今までとは異なる経験やスキル取得のチャンスとも言えます

今の職場にマンネリを感じている方や、看護師の資格を活かして色々な体験をしたい方は、ぜひ病院以外の職場を検討してみると良いでしょう。

下記に、病院以外で看護師が働ける職場の一例をまとめました。気になる職場があればぜひ調べてみましょう。

看護師が活躍できる病院以外の職場の例

  • 一般クリニック
  • 美容クリニック
  • 訪問看護ステーション
  • 老健や特養などの介護系施設
  • 健診センター(労働衛生機関)
  • 保育園
  • 児童養護施設
  • 大学の保健室
  • 治験医療機関
  • 企業(産業看護師、企業内保健室勤務、治験コーディネーターなど)
  • テーマパークなどの救護室
  • イベント会場
  • 旅行先(ツアーナース・リゾートナース)
  • 看護学校(教員や実習指導教員など)
  • 献血ルーム・献血バス・血液センター(献血看護師)
  • 刑務所(一般刑務所または医療刑務所で勤務)

キャリアアップやスキルアップがしたい方は病院への転職がおすすめですが、「看護師資格を活かして今とは違う働き方がしたい」「新しい分野に挑戦したい」とお考えであれば、病院以外の職場も選択肢の一つに入れることをおすすめします。

10-4. 今の職場でやり残したことは無いか確認する

今の職場でやり残したことが無いかを確認しておくことも大切です

なぜなら、勢いのまま転職してしまうと「前の職場のほうがやりがいがあったかも…」「転職しなきゃよかった」と後悔してしまう恐れがあるからです。

たとえば、「いつも先輩に怒られて辛いから辞めたい」とお考えの新人看護師さんの場合、先輩はあなたに成長してほしいからこそ厳しい指導をしているのかもしれません。

一通りの経験を積んでから転職したほうが、キャリアの幅を広げることができるので、転職によるメリット・デメリットを天秤にかけて判断すべきでしょう。

とはいえ、転職すべきかどうか判断に迷っている方も多くいると思います。

以下に、転職をおすすめする看護師の特徴をまとめましたので、ぜひ参考になさってみてください。

転職した方がいい看護師の3つの特徴

  • 職場の労働環境が悪い
    夜勤の回数が月に9回以上ある、勤務間インターバルが十分ではない、時間外労働が当たり前になっている、人手不足で経験に見合わない業務を任される など
  • 人間関係に改善の見込みがない
    理不尽なイジメ・ハラスメントが横行している、困った時に助けてくれる上司がいない など
  • 心や体の体調不良を感じている
    夜眠れない、食欲がない、過食気味である、仕事のことを考えると辛くなる など

自分で判断できない方は、信頼できる先輩、友人、家族、キャリアアドバイザーなどに相談し、客観的な意見をもらうと良いでしょう。

10-5. 体調に異変を感じている場合は転職よりも休養を

現時点で体調に異変を感じている方は、転職よりも休養を優先しましょう

環境を変えるために転職活動を行うことは大切ですが、疲れ切った状態で転職活動をしても、正常な判断ができるとは言い難いからです。

勢いのまま転職した結果、悩みが改善されず後悔する結果に終わることのないよう、まずは十分に休息をとり、冷静な判断ができる状態になるまで整えることが大切です。

睡眠時間を確保したり、リラックス効果のあるマッサージを試したりして、意識的に疲れを取るようにしましょう。

休職を検討するのも一つの手

「毎日職場に行くことが辛い」「仕事のことを考えるだけで憂鬱」という方は、上司に相談し、休職することも一つの手です。

そもそも、ご自身の健康を犠牲にするような働き方は、長くは続きません

実際に、職場の人手不足を理由に限界を感じたまま働いた結果、うつ病や適応障害を発症し働けなくなってしまう看護師さんも多くいます。

休職は迷惑行為ではなく、自分を取り戻すために必要な時間です。

看護師の仕事を長く続けるためにも、限界を感じる前に休職の相談を行いましょう

11. 看護師さんからよくある転職サイトに関する質問

この章では、看護師転職サイトに対してよくある質問と回答を紹介していきます。

Q1. 看護師転職サイトを使いたいのですが、個人情報の流出が心配です。

転職サイトに登録した個人情報は厳重に管理されるため、基本的には流出を心配する必要はありません。もし個人情報流出が心配でしたら、プライバシーマーク職業紹介優良事業者などの認定を受けている看護師転職サイトを選ぶと良いでしょう。

転職サイトの信頼性がわかる外部認定評価の例

  • プライバシーマーク
    個人情報の取扱いが適切であるかを評価し、基準に適合した事業者が取得できる
  • 職業紹介優良事業者認定
    協議会が定める「行動指針」を遵守し、適正な業務運営と経営改善努力を行い、一定の基準をみたした事業者が優良認定される

上記の外部認定を受けている看護師転職サイトは、高品質なサービスを提供しており、個人情報の取り扱いにも配慮していると考えてよいでしょう。

Q2. 看護師転職サイトに登録したら必ず転職しなきゃいけないんですか?

転職サイトに登録したからといって、無理に転職する必要はありません。転職サイトは転職のサポートを行うだけでなく、転職するかどうかの相談や薬剤師に役立つ様々なコンテンツの提供を行なっています。

転職を焦って決める必要はなく、情報収集目的で利用しても問題ありません。

安心して利用しましょう。

12. まとめ

看護師さんは転職サイトを使わない方がいいと言われる背景には、転職サイト経由の応募は採用されにくいケースがあったり、転職後にミスマッチを感じるケースが多いということをご紹介しました。

そのため、以下に該当する看護師さんは転職サイトを使わない方がいいでしょう。

転職サイトを使わない方がいい看護師の特徴

  • 転職したい職場が既に決まっている人
  • 自分のペースで転職を進めたい人
  • 国公立系の医療機関で働きたい人

一方、下記に該当する方は看護師転職サイトを使った方が転職成功に近付くことができます

転職サイトを使った方がいい看護師の特徴

  • 転職先が決まっていない人
  • 転職の軸が定まっていない人
  • 履歴書や面接に対する不安がある人
  • 転職活動の時間が無い人
  • 転職前に人間関係や労働環境を確認しておきたい人

その上で、もし看護師転職サイトを使う場合には、実際に利用した看護師からの評価が高い以下のサイトを選ぶのが良いでしょう。

看護師転職サイトランキング 利用者満足度ベスト3
看護roo!1位.看護roo!
公式サイトを見る
詳細を見る
利用者満足度No. 1! 抜群のサポート力が魅力の迷ったらまず登録するべき定番の看護師転職サイト
公開求人数
約6万件

満足度
4.3

利用者満足度96.3%、看護師さんからの人気No1の転職サイト。細かい条件で求人が探しやすく、面接対策&サポートも手厚い。
看護のお仕事
2位.看護のお仕事
公式サイトを見る

詳細を見る
圧倒的情報量! 豊富な求人件数と取材に基づく施設の実情で、応募先選びに困らない
公開求人数
約12.9万件

満足度
4.1

総求人数トップレベル!累計40万人以上の利用者がいる転職サイト。LINEで最新の求人情報が得られるなど、気軽に転職活動ができる
マイナビ看護師
3位.マイナビ看護師公式サイトを見る
詳細を見る
人材超大手企業の安心感。地方在住の方や細かな希望条件のある方にも納得の紹介・提案力
公開求人数
約5.6万件

満足度
4.0

求職者のペースに合わせたサポートが強み。全国25箇所に相談会場があり、地方在住者も来社相談しやすい

※ 求人数は、すべて2022年3月時点のものです

もしどれを使うべきか迷った場合には、アンケート回答者からの満足度が最も高かった『看護roo!』を選びましょう
求人の数・質やサポート力ともに評判で、1つ目に選ぶ看護師転職サイトとしておすすめです。

 

転職サイトを使わない場合のおすすめの転職方法や、転職サイトを使う場合の選び方のポイント、注意点なども併せて解説しましたので、転職活動の参考になさってください。

また、転職サイトを使う・使わないに関わらず、転職を考えた際には転職したい理由を明確にし、自分が納得できる方法で転職活動を進めていきましょう

あなたの人生が実り多きものであることを祈っています。