2年目の看護師は転職できる?後悔しない決断と成功のための全知識

「2年目なのにまだ怒られて仕事が辛い..」「1年頑張ったけど人間関係は変わらない」など2年目になると、転職について考える看護師さんが増えてきます。

よく3年は続けろという方もいますが、看護師さんには資格という武器がありますので、2年目でも転職先は見つかります。このページでじっくり考えていきましょう。

私自身、看護師として2年目でも転職を経験しましたが、その時に知っておきたいことを以下の流れで解説させて頂きます。

  1. 2年目はたくさんの看護師さんが転職を考える!
  2. 2年目の看護師さんでも転職できるの?
  3. 身近な相談相手を作ることから始めよう
  4. 2年目の転職について相談すべき転職サイト3選
  5. 2年目の転職を成功させるための6つのポイント
  6. 2年目の看護師のよくある疑問とその答え8選

このページを読めば、そもそも2年目で転職しても大丈夫かというところから、転職で失敗しないためのコツまで転職を成功させるための方法を全てご理解いただけます。

<2019年11月:看護師転職の最新情報>

11月は、転職するには狙い目のタイミングです。

なぜなら、人員増強のための求人が出されやすく、期待の大きいポジションが出やすいためです。

ライバルに越されないよう準備をして、転職活動を有利に進めましょう!

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『看護roo!』『看護のお仕事』など)に登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後、転職エージェントからの連絡に細目に対応することがポイントです。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。

1. 2年目はたくさんの看護師さんが転職を考える!

2年目になって周りと差がつけられている気がする」「1年耐えたけど状況は変わりそうにない」など2年目は1年目と違った悩みも多くなってくるタイミングです。

また、2年目になると「興味のある分野が出てきた」「交際している人と結婚するために..」など、いい意味での転職を考える方も出てきます。

実際、日本看護協会による調査によると、新卒(1年目)看護師の離職率が7.8%、全体では10%を超える人が退職しているという結果が出ており、2年目の方も例外ではありません。

実際、少しネットを見るだけでも以下のように2年目の方でも「転職したい」と考えている方は非常にたくさんいることがわかりました。

口コミ・評判

福丸 さん

病棟勤務2年目の看護師です。私は仕事覚えが悪く先輩にたくさん迷惑をかけてしまいます。
一度注意を受けたことは改善しようとメモをとり家でも見直し仕事に取り組むのですが、突発的な事に弱く、すぐにパニックになり同じようなミスをしてしまいます。
先日とうとうチームリーダーに「あなたは努力していない。改善が見られない、私はもう何も言いません。好きにしてください。」と言わせてしまいました。
こんな私が看護師になるのは間違っていたのでしょうか?毎日仕事へ行くのが辛いですが、ここで急にやめる方が迷惑なのではと思うとなかなか師長に言い出せずにいます

出典:看護師お悩み相談室

口コミ・評判

なみ さん

2年目看護師です。私は、遠回りをして看護師になったので、現在は20代後半です。

今年度で退職を考えています。私以外の同期と数年上の看護師は全員経験者であり、新卒の私は看護師の世界が全く分からず、色々な先輩に迷惑を掛けていました。これが久しぶりに新卒と関わった先輩にイライラさせたようで、後輩が入ってきた今も嫌味や叱責の的となっています。

同じことをしても私だけが怒られたり、聞こえるように文句を言ったり、私の事だけ細かい所まで見られ叱責と色々あります。他の先輩看護師に「なみさん風当り強いよね」と言われてしまいました。

なので(他にも色々あり書ききれませんが)、一から新しい所でもう一度働きたいと思うようになりました。もちろん、今より嫌な人がいるかもしれないし、今は一般病棟ではないので本当に一からになると思います。今の病院では自分の考えが甘く看護師としての自覚が付くまで1年近くかかり、それが自分の立場を悪くし、信頼もほとんどなく、自分なりに頑張ったりしていますが信頼が回復される見込みもないです。。。なので、今度こそはという気持ちもあります。

出典:発言小町

口コミ・評判

ID非公開 さん

看護師2年目です。職場の人間関係、転職について悩んでいます。

1年目のときから、結構あたりがきつくわたし以外の同期も挨拶をしても不機嫌そうに返されたり自分なりに学習してきたり看護を提案しても全否定で返されたりしてきました。
そういった人間関係に耐えられず1年目の3月には2/3人、病棟の同期は退職し私だけが残りました。

2年目になってきてから少しは変わるのかな、1年目だったからなのかなと期待と不安を背負って残りましたが、全否定は変わらずで上の人が患者さんみていて物が紛失したりしたときも、わたしのせいにされたりします。勉強もやっているつもりで10出し切っているのに相手には伝わらず、さらに上を求められてしまうので自分のペースを崩されてしまいます。

自分に合ってない環境なのかなと思ったりして退職も考えますが、甘いのかなとも思って迷ってしまいます

出典:Yahoo知恵袋

上記のように、少し探すだけでもたくさんの方が転職を考えています。また、他にも下記のような理由で転職を考える2年目の方が多いです。

みんなこんな理由で転職を考えている

  • 後輩が入ってきたことによるプレッシャー
  • 自分だけプリセプター(教育担当)がついている
  • 1年看護師として働いたことで、他に興味があることが出てきた
  • 上司・同僚との人間関係がきつい
  • 職場が遠くて通勤するのに限界を感じてきた
  • 給料が上がらず、これからも上がる見込みが少ない など

以上は一例ですが、2年目の方だからこそ抱える悩みが原因で転職を考える方が多いです。

実際、世の中的には3年は働くのが良しとされていますが、2年目だからと無理して我慢しなくても転職は十分可能です。

このページを読みながら、きちんと転職について考えていきましょう。

2. 2年目の看護師さんでも転職できるの?

2年目の方で、職場を変えたいと考えた時に一番不安なのは、「2年目は転職してもいいタイミングなのか?」ということかと思います。

結論から言うと、結論から言うと十分可能なので、前向きに検討しましょう。

2-1. 看護師なら2年目でも転職先は見つかる!

一般的な社会人は「とりあえず3年は我慢しよう」とよく言われています。

しかし、看護師さんなら2年目でも転職先に困ることはないです。

実際、下記のように2年目でも転職に大成功したという方はたくさんいます。

口コミ・評判

NaNa さん

最初、転職に新卒で入った病院はプリセプターや先輩との相性が悪く、悪口を言われていましたが仲のいい同期くらいにしか相談できずにいました。
給料も安く、なんでこんなことをしているんだと毎日悩みながら働いてきました。

そんな中で1年我慢して、2年目に入っても状況は変わらず、夏頃に限界を感じました。

同期などに相談し、退職を決意。転職先は大丈夫かなと不安でしたが、あっさり内定をいただけました。びっくりしたのがお給料も少し上がったということ。人間関係に関しても、前よりはましで楽しく働けています。

上記のように経験が少なくてもサクッと転職が可能なのはシンプルに資格があるからです。

看護師は多くの病院も不足しがちで、たとえ経験が少ない看護師さんでも採用されるケースが非常に多いです。

ちなみに、2年目の方には下記のような強みがありますので、2年目だから..と弱気になりすぎないようにしましょう。

  • 1年目の人と比較すると経験がある
  • 3年目以上の人と比べるとまだまだ吸収できることが多い

2-2. ただし難易度は上がるかも…

上記のように転職先に困ることはないですが、選択肢は減り、総じて難易度が上がる可能性が高いです。

3年目以降の転職と比べると、受けられる求人も、内定の出やすさも変わってきます。

理由は下記2つがあります。

  • 職場によっては高いスキルがないと受け入れてくれない
  • そもそも1年目で辞めたことを気にされる

職場によっては高いスキルがないと受け入れてくれない

2年目とはいえ、看護師としての経験値はまだまだな方が多いはずです。

美容クリニックなど、少人数で仕事をしているところは新人を育てる余裕がなかったり、経験豊富な方しか採用しないケースがあります。

また、訪問看護など、看護師として個人個人に高いスキルと経験が必須な仕事への転職も難しいと考えておきましょう。

そもそも2年目で辞めたことを気にされる

2年目で転職をするとやはり印象自体は良くありません。面接などではほぼ必ず理由を聞かれますし、「うちで採用してもまたすぐに辞めそう」などと考えられてしまうケースが多いです。

やはり「とりあえず3年」と考える方も多く、2年目で辞めることはマイナスの評価を与えやすいです。

1年目で転職をする時よりも状況はましにはなるとはいえ、やはり3年我慢した人と比べると不利になるでしょう。

逆に3年続けた後であれば「スキル」「忍耐力」を評価してもらえるので、倍率の高い人気な病院などに転職することも可能です。

2-3. 将来へのマイナスも..

やはり一般的な考えとしては「とりあえず3年」は継続すべきということ。

今回転職して、次から長期的に働ければいいのですが、問題は次の職場もすぐに辞めたくなった場合です。

なぜなら、短期間で職を変えていると、「この人は続かない人だ」と評価されやすくなるからです。

看護師さんは転職回数が多くても働き口には困りませんが、本当に行きたい病院ができた時にそのせいでダメになる..ということもあることだけ覚えておきましょう。

2-4. 辞める前によく考えよう!

やはり、2年目での転職は安易には、おすすめできません。

以上のように、転職先は見つかるものの、難易度は高く、将来不利になるかもというのが2年目の看護師の転職です。

無理して体や心を壊すまで耐える必要はありませんが、もう少し頑張ったほうがプラスにはなります。

特に、2年目だからこそ考えて欲しいのが「将来看護師としてどうありたいか」です。

看護師として1年以上経験を積んできたからこそ見えてきた将来像があるかと思います。

目先の辛さから逃げるだけではなく、将来どんな看護師になりたいのかをきちんと意識できるといいでしょう。

参考. 看護師自体を辞めたい方は慎重に!

看護師自体をやめたいと考えている方は看護師の仕事の中で今の悩みを解決できる職場を探しましょう。

看護師以外の仕事にも悩みはつきものであること、待遇などは資格を活かせない分、落ちることが多いです。

そのため、まずは看護師の資格を活かして転職することを考えましょう

人間関係は職場が変われば変わりますし、プレッシャーや忙しさも施設などによってガラリと変わります。

せっかく何年もかけて取った看護師の資格を大切に、まずは次で紹介するような相談相手に今の思いをぶつけてみましょう。

3. 身近な相談相手を作ることから始めよう

以上のように、2年目でも転職は十分可能、でもできれば3年続けた方が選考に有利で、将来的にもプラスという話をしてきました。

そんな中で、結局転職をしていいのか決めることができない方も多いかと思います。

3-1. 詳しく頼りになる相談相手を作ろう!

看護師として経験が浅い方は、一人で「転職していいのか」、また「転職するにしても、どこに転職すれば悩みを解消できるか」わからないかと思います。

そのため、看護師の仕事や転職について詳しい人に相談することをおすすめします。ただし、職場の人への相談は避けましょう。

注意点:職場の人への転職の相談はNG!!

職場の同僚や上司などへの転職の相談は絶対にしないように注意しましょう。理由は下記のようにたくさんあります。

  • 転職をやめたとしても、一度転職をチラつかせたことで職場で腫れ物扱いされる
  • 引き止められてしまい、正しい判断ができなくなる
  • 仲のいい同期であっても、他の人に漏らしてしまう可能性がある

そのため、転職・退職を決めるその日までは仲の良い同期にもバレないようにしましょう。

とはいえ、職場の人以外そんなこと相談できる人がいない..と言う方がほとんどかと思います。そんな時は「転職サイト」というサービスを活用しましょう。

3-2. 看護師向け転職サイトというサービス

看護師さん向けに転職サイトというサービスがあり、それに登録すると、下図のように担当者がつき、転職して良いのか、どこに転職すれば良いのかの相談に乗ってくれます。

また、あなたが転職を決めた場合は、あなたの悩みを解消するような転職先を教えてくれ全力でサポートしてくれます。

転職に悩んだ時の相談相手としては最もおすすめです。

※非公開求人とは、ネットに出ていない各転職サイトのとっておきの求人です。ネットに公開したら応募が殺到してしまうような求人が多いです。

3-3. 相談相手以上の価値がある

私自身、転職サイトは相談相手としては最高ですが、相談相手以上の価値があると考えています。

それは、転職を決めた後のタイミングで下記のような、他を探してもないようなサポートをしてくれるからです。

  • 求人票ではわからない病院の内部情報を教えてくれる
  • 各種手続きや病院との最終調整を行なってくれる

求人票ではわからない病院の内部情報を教えてくれる

転職サイトは過去に転職を決めた方や、病院の担当者など、各病院に強いパイプを持っています。

そのため、各病院の雰囲気や労働環境など、「求人票には出ない情報」を教えてくれます。

今の職場がうまくいかなかったのもこういった情報が事前になかったことが大きいかと思います。

事前に教えてくれる転職サイトを使わない手はありません。

各種手続きや病院との最終調整を行なってくれる

転職は面接を受けて、採用されて終わり…というわけではありません。

それぞれお給料も違うので最終的な条件の交渉や、転職時に提出する書類の準備などもあります。

そういった、初めての転職では少し大変なことも転職サイトは代理で実施してくれます。

以上のように、転職サイトに登録すると、相談相手という以上に転職全般をサポートしてくれる存在になります。今の職場にはバレませんし、完全無料なので、気軽に使ってみましょう。

参考. 看護師転職サイトがしてくれる4つのこと」に具体的にしてくれることをまとめましたので参考にしてみてください。

4. 2年目の転職について相談すべき転職サイト3選

転職サイトもいろいろありますが、どの転職サイトがいいのでしょうか?

50を超える看護師さん向けの転職サイトがありますが、ここでは転職サイトを徹底的に比較して、下記3つをおすすめしたいと思います。

これらは、『看護師の転職サイト目的別おすすめ8選|17社を口コミ比較』で、看護師さん700人以上に「求人の質・量」「サポート力」を軸に評価してもらい上位だったものです。

これらがおすすめな理由を実際に使った方の口コミを交えながら紹介していきたいと思います。

2年目の方からも好評だったので2年目の転職を相談するならこの3社で決まりです。

転職サイトを上手に使いこなすための最も大切なポイント

転職サイトをうまく使いこなすためには「複数の転職サイトに同時に登録し比べる」ことを意識しましょう。

以下のように複数使うことに関してはいいことがたくさんあります。

  • 優秀であなたにあった担当者を選び、頼ることができる
  • 各社が持つ求人の中からあなたの条件に合った求人を見つけやすい

仮に「話を聞いて利用をやめた」となっても問題ないので、少なくとも3社の転職サイトに登録して比べながら使っていきましょう。

4-1. 看護roo!:看護師さんからの総合評価No.1

看護roo!』は東証一部上場企業の株式会社クイックによって運営される看護師向けの転職サイトで、特に求人の評価が高いです。

丁寧に相談に乗ってくれるので、2年目の転職するかしないかあまりわからない状態でも頼りになる存在です。

転職を決めた場合は、莫大な量の求人からあなたにあったものを選んでくれるので、希望の転職先が見つからない..という口コミはありませんでした

求人だけでなく面接に同席までしてくれるサポートの手厚さを評価していた方も多く、面接が苦手な方にもおすすめです。

看護roo!の基本データ
運営会社株式会社クイック
対象地域主要都市圏
オフィス全国4箇所(東京・大阪・名古屋・横浜)
公開求人数約3.7万
公式ページhttps://www.kango-roo.com/

4-2. 看護のお仕事:非公開の求人数◎

看護のお仕事』は日本最大級の看護師向け転職サイトで、求人・サポート共にユーザーからの評価が非常に高いです。

また、面接~退職の手続きまで徹底的にサポートしてくれるだけでなく、入職後もフォローしてくれるので、登録すれば心強い味方になるはずです。

上位2社と合わせて登録すれば、希望の条件での転職に近づきます。

ちなみに派遣の求人に関しても『看護のお仕事(派遣版)』という特設ページがあるくらい力を入れていて、派遣の求人を探す方にもおすすめです。

看護のお仕事の基本データ
運営会社レバレジーズ株式会社
対象地域全国
オフィス全国12箇所
公開求人数約5.3万
公式ページhttps://kango-oshigoto.jp

4-3. ナースではたらこ:抜群のサポートが好評

ナースではたらこ』はアルバイトの求人媒体「バイトル」なども手掛ける、大手人材会社のディップ株式会社が運営する看護師向け転職サイトです。

24時間の電話対応、ナース・キャリア・ステーションでの対面支援など、サポートが手厚く、サポートへの満足度はNo.1でした。楽天リサーチの調査でも看護師さんの満足度1位を獲得しています。

求人に関しても行きたい病院を指名できる、「逆指名」を行なっていますので、下記のように気になる病院があれば求人を探してくれます。

そのため、行きたい病院がなんとなくでもある方は登録しておくべき1社です。

ナースではたらこの基本データ
運営会社ディップ株式会社
対象地域全国
オフィスナース・キャリア・ステーション全国5箇所
公開求人数約0.8万
公式ページhttps://iryo-de-hatarako.net

5. 2年目の転職を成功させるための6つのポイント

2年目でも看護師さんは十分転職先を見つけることは可能ですが、2年目だからこそ注意したいポイントもあるので、ここで確認しておきましょう。

  • 退職理由をしっかりと用意しておくこと
  • 退職した理由や転職先に求めるものをはっきりさせておくこと
  • 看護師として先のことも考えておくこと
  • 自分のスキル以上の転職先には注意すること
  • 教育制度が完備されている職場を探すこと
  • 転職先が決まるまで絶対にやめないこと

ちなみに上記は転職サイトに登録すれば失敗しないようにフォローしてくれますが、成功確率を上げるためにもきちんと理解しておきましょう。

5-1. 退職理由をしっかりと用意しておくこと

採用担当者から見て、2年目で転職してくる方に対しては「どうして2年目で..」というところが気になります。採用してもまたすぐに辞めないかを最も心配します。

2年目で辞めたい理由が仕事のきつさや人間関係であっても、それを出してしまうと一気に採用されにくくなります。

そのため下記のように前向きな退職理由を用意しておきましょう。

1年間仕事をして、〇〇の分野に興味を持ちました。〇〇に強い職場で経験を積みたいと思い転職を決意しました。

上記のように前向きな退職理由が好ましいです。転職サイトの担当者に相談すれば上記のような退職理由を一緒に考えてくれますので気軽に頼りましょう。

5-2. 退職した理由や転職先に求めるものをはっきりさせておくこと

2年目になると、看護師自体の仕事がどういうものかわかってきたのではないでしょうか?

新卒の病院選びをした時とはまた違った価値観が生まれていると思いますので、それをはっきりさせておきましょう。

ここで、いまの職場から逃げるために「なんとなく」転職先を決めてしまうと、同じような悩みを抱えてしまうケースが多いです。

そのため下記ポイントは必ず振り返り、転職先選びに活かしましょう。

  • 今の病院から転職したくなったのはなぜか
  • 上記以外に働く中で嫌だと思っていたことは何か
  • どのくらいなら我慢して働けるか
  • どんなクリニックなら長く働けそうか

上記のようなポイントをしっかりと棚卸しすることが2年目の転職では必須です。

5-3. 看護師として先のことも考えておくこと

余裕がある方は、将来看護師としてどうなりたいのかをしっかりと考えるようにしましょう。

1年以上看護師を経験してきて、興味のあることやなりたい将来像がはっきりしてきた方もいるかと思います。

そこに行き着くために、2年目の今どんな職場で経験を積むのがベストなのかを考えてみましょう。

また、結婚や出産などプライベートなことを考えた時に、どんな職場がいいのかも考えておくと失敗しにくいです。

こういったことは自分で考えることが難しいかと思いますので、転職サイトの担当者などに率直な思いをぶつけ、アドバイスをもらいましょう。

5-4. 自分のスキル以上の転職先には注意すること

2年目になると1年目での転職よりも若干選択肢が広がります。

しかし、看護師として高いスキルが求められたり、積極的に育成を行わない施設に入ってしまうとできないあなたが一番辛くなります。

特に「夜勤の少なさ」「給料の高さ」などから急性期病棟以外の下記のような施設が人気ですが、スキルに自信がない方以外は注意しましょう。

転職先注意すべき理由
訪問看護/介護施設1人で状況判断しなければならない状況が多く、スキル・経験的に苦労する可能性がある
クリニック看護師の人数が少ないため、じっくり指導してもらえないし、高いスキルが必要

上記のような施設は、キャリアの浅い看護師さんをあまり採用しませんが、2年目であれば採用されるケースもなくはありません。

ただし、スキルがない状態で上記のような転職先を選んでしまうと入ってから苦労します。

上記のような施設が全てスキルのない人に向いていないわけではありません。興味がある場合はその中でもしっかりと教育体制がある施設を選びたいところです。

入ってからスキルがない..と悩まないように、転職サイトの担当にしっかりと相談しておきたいところです。

5-5. 教育制度が完備されている職場を探すこと

2年目という少し中途半端な時期の転職の場合、新たな職場においても教育を受けないと戦力にならずまた辛くなります。

そのため、新たな職場においても教育制度がきちんと整っている職場を探すことが重要になります。

転職サイトの担当者に教育制度が整っている職場を前提に選定してもらうか、学生時代の友人など内情を知っている方に話を聞くようにしましょう。

5-6. 転職先が決まるまで絶対にやめないこと

たまにいらっしゃるのが、退職を決め周りに伝えた後や、退職した後に転職活動をスタートするという方です。

2年目は貯金ができている方も少なく、その中で退職をしてしまうと金銭的に苦労し、妥協した転職になってしまうケースがあります。

特に寮に住んでいる方は、退職すると出ていかないといけないため、そこでも金銭的に大変です。

そのため、必ず転職先を見つけてから退職をするようにしましょう。

寮を出なければ..とお金の心配がある方は、『看護のお仕事』など転職お祝い金をもらえる転職サイトを使いましょう。

2年目の方でもらえる額はわずかであるケースが多いですが、足しにはなるはずです。

6. 2年目の看護師のよくある疑問とその答え8選

ここで2年目の転職したい看護師さんからよくある質問へ回答していきたいと思います。

  1. 美容皮膚科に転職したいのですが…
  2. 自分がやめたら病院に迷惑がかかるんじゃ…?
  3. やっぱり3年働いた方が有利なのですか?
  4. 転職サイトのデメリットはありませんか?
  5. ハローワークは使えますか?
  6. 第二新卒ってなんですか?
  7. 円満退職がうまくできるか心配です
  8. 転職時期はいつが一番おすすめですか?

6-1. 美容皮膚科に転職したいのですが…

夜勤のない職場を求めて、美容皮膚科への転職を希望する方も多いです。

美容皮膚科も少数精鋭なのでスキルを求められますが、可能性はあります。

若いことがプラスになりやすいので2年目の方でも採用されるケースが多いです。

ただし、病棟看護師の仕事より接客の仕事に近くギャップを感じる方が多いです。夜勤がなく給料も高めな分、売り上げや患者さんとの関係に悩む方も多数います。

それでも興味がある方は『美容外科求人ガイド』などの美容外科に強い転職サイトに登録し相談してみましょう。

6-2. 自分がやめたら病院に迷惑がかかるんじゃ…?

2年目になると、ある程度の仕事を任されたり、人間関係もできてくることから「やめたら迷惑をかけるんじゃ..」と不安な方も多いかと思います。

実際、迷惑はかかりますが、なんとかなります。2年目の看護師さん1人が抜けただけで回らなくなるようならそれはあなたのせいじゃなく、そんな体制にしてきた病院側のミスです。

そのため、やめた後のことよりも自分のことを1番に考えましょう。病院のためを思うなら転職が決まったら、少しでも早めに伝えるようにしましょう。

ちなみに、こういったことを感じられるのであれば、人間関係などものすごく恵まれた環境にいたかもしれません。

人間関係のいい職場はなかなかないので、本当に転職していいのかもう一度考えてみましょう。

6-3. やっぱり3年働いた方が有利なのですか?

やはり、経験をアピールできる分、長く働けば働くほど転職の幅は広がります。

求人によっては「臨床経験(現場経験)3年以上」の方しか応募できないなど応募すらできない求人もあるので長く働くに越したことはありません。

ちなみに、3年目になるにつれて病院が戦力としてより強く認識するので、引き留めも強くなる傾向にあります。

6-4. 転職サイトのデメリットはありませんか?

看護師サイトには先ほどのようなメリットはたくさんありますが、デメリットはほとんどありません。

ただ、強いて言うなら「営業トークにのせられて、誤った決断をしてしまう可能性がある」ということです。

紹介会社が無料で手厚いサポートをしてくれるのは、あなたが転職/就職をすることで、紹介先の病院から紹介料をもらうからです。

そのため、紹介会社は一生懸命あなたをサポートしますが、中にはノルマに追われてどうにか入職させようとしてくる担当者もいます。

先ほど紹介した3社に関してはそういった声がほとんどありませんでしたが、もしも営業っぽさを感じたら利用をやめ、別のところをメインで使いましょう。

6-5. ハローワークは使えますか?

仕事を探す有名な方法であるハローワークは実は看護師さんも使えます。

地方の求人には強いという噂もありますが、ハローワークはよほど求人に困ったとき以外は使わない方がいいでしょう。理由はシンプルで、求人の質が良くないと言われているからです。

実際に下記のように年間9千件の苦情が殺到しているとニュースもありました。

出典:産経ニュース

そのほかに、利用者からは下記のような声も出ており、登録に行く時間すらも私はもったいないと考えています。

  • いい条件の求人があまり見当たらない
  • 入職してみたら待遇が全然違かった
  • 入職してみたらブラックな職場だった

どうしても求人が気になるという方のみ、「こちらの検索ページ」からハローワークの看護師求人を検索できるのでのぞいてみましょう。

6-6. 第二新卒ってなんですか?

厳密な定義はありませんが、学校を卒業してから3年目までのナースのことを指すことが多いです。

新卒よりも最低限の経験はあり、まだまだ若く新卒のように色々吸収してくれる存在と考えられることが多いです。

6-7. 円満退職がうまくできるか心配です

転職サイト経由で転職をしていた場合、退職の切り出しから交渉まであなたにあったアドバイスをくれるので安心です。

しかし、使わないという方は下記のポイントを守れば失敗しにくいです。

  • 転職を決める時まで周囲には一切言わない
  • 最初は師長などあなたの上司にあたる人に2人切りにあったタイミングで伝える
  • 引き留めにあっても絶対に意思を曲げないこと

特に3つ目のポイントが大切で、人によっては引き留められて心変わりしてしまうケースもあります。

でも1回辞めたいと言った方はそのあと腫れ物扱いされたり、今後本当に転職したいときにいいにくくなります。

絶対に転職すると決めた時以外は退職を口にしてはいけません。

6-8. 転職時期はいつが一番おすすめですか?

迷った場合やいつでもいい場合は、1月もしくは7月をおすすめします。

理由はボーナスの後だからです。あなたがボーナスをもらって転職できるだけでなく、多くの方がそう考えて辞めてしまうので、1月・7月入職を歓迎する病院が多いです。

ただし、「心と体が持たない」という方が多いと思います。そういった方は無理せずすぐにでも転職先を探し、いい求人があればボーナスに関係なく応募していきましょう。

参考. 看護師転職サイトがしてくれる4つのこと

このページで紹介した転職サイトは転職すべきの相談から、転職後までとにかく手厚いサポートを無料で行ってくれます。

具体的に、大きく分けて以下のようなサポートをしてくれます。

仮に転職を決めた際は、転職サイトを使わずに転職をすると各ステップで非常に苦労するので、そこも合わせて説明していきます。

STEP1. 面談(希望条件などのすり合わせ)

転職サイトに登録をすると、転職サイトの担当者が連絡をしてくれます。そして、その後時間を合わせて、対面もしくは電話で面談を行います。

「転職しようか迷っている」レベルの相談から「こんな職場に転職したい」などのヒアリングまでを行ってくれます。

もし、転職を決めた場合は希望に応じてその後求人をガンガン紹介してくれるようになるので、以下のような譲れない条件があればここでぶつけておきましょう。

  • 希望の給料やボーナスの水準
  • 夜勤なし、休みやすいなどの働き方の要望
  • 希望の勤務場所(立地や交通の便)
  • 「大学病院がいい」などの転職先の希望

転職サイトを使わないとここが大変!

転職サイトを使わずに一人でやろうとすると、自分の今の不満や、スキル、今後のキャリアなどを客観的に棚卸ししにくく、転職活動を間違った方向に進めてしまう恐れがあります。

STEP2. 求人の紹介

面談の後は、あなたの要望に合わせて求人を紹介してくれます。

要望に合った求人の中から、興味があるものがあれば、転職サイトが応募手続きを代行して行ってくれます。

この時、転職サイトだから知っている病院の実情なども踏まえながら提案をしてもらえます。

また、転職サイトの場合、ネット上などに公開されている公開求人の他に、ネット上には公開されない「非公開求人」も存在します。

非公開求人は何がいいの?

転職サイトを使っている方にとって、非公開求人は「好条件の求人が多い」というメリットがあります。

実際にネット上に公開されたら応募者が殺到してしまう、今働いている方よりいい条件になってしまうなど、非公開求人は「非公開にすべき理由」のあるいい求人が非常に多いです。

転職サイトを使わないとここが大変!

転職サイトを使わずに一人でやろうとすると、以下のようなポイントで苦労します。

  • 好条件な求人をなかなか見つけられにくい
  • 膨大な量の求人から自分の要望に合ったものを探さなければならない
  • 求人票以上の情報を知らないまま応募しなければならない
  • 応募書類を一人で作成し、自分で応募しなければならない

STEP3. 選考のサポート

履歴書や面接対策などの「受かるためのサポート」も転職サイトは必死に行ってくれます。

転職サイトはあなたが転職に成功し、入職して初めて「紹介料」をもらえます。

そのため、紹介して終わりではなく、受かるためのサポートも徹底的に行ってくれます。

また、あなた自身ではなかなかしづらい、条件面の交渉も担当者が行ってくれますので希望の条件をしっかりと伝えておきましょう。

転職サイトを使わないとここが大変!

転職サイトを使わずに一人でやろうとすると、以下のようなポイントで苦労します。

  • 面接や履歴書の対策を全て一人で行わなければならない
  • 給与や勤務体系などの条件交渉を自分で行わなければならない

STEP4. 内定後のサポート

内定した後もサポートは以下の面で手厚く実施してくれます。

  • 病院側との条件などの調整
  • 入職手続きの代行
  • 現職の退職交渉のアドバイス

以上のように、内定が決まった後も入職するまでサポートしてくれ、面倒な手続きなどもほとんど代行してくれます。

また、転職サイトの中には入職後も困ったことがあれば気軽に連絡できるような仕組みを整えているところも存在します。

転職サイトを使わないとここが大変!

転職サイトを使わずに一人で転職すると、以下のようなポイントで苦労します。

  • 入職手続きなどの面倒なことを一人でやらなければならない
  • 病院の内情を事前に転職サイトから聞けない分、ミスマッチが起こりやすい

7. まとめ

2年目の看護師さんは転職していいの?というポイントについて解説してきましたがいかがでしたか?

看護師さんは資格という大きな武器があるので2年目でも転職は十分に可能です。

ただし、転職先の候補が減ってしまったり、面接でもいい印象を与えないなどのデメリットもあるので、まずは気軽に転職のプロに相談してみましょう。

723人の口コミを元に、私がおすすめしたいのは下記の転職サイトです。

以上を参考に長い看護師生活、後悔しない決断をしていただければと思います。