看護師3年目の転職は慎重に!我慢すべき理由と転職成功の秘訣

「看護師3年目で転職しても大丈夫かな」「辞めたいけど転職で失敗したくない」と考えていませんか?

結論から言うと、3年目の転職活動は極力おすすめできません。

3年目でも転職先を見つけることは自体は可能ですが、3年目では経験不足と判断されることがあり、「転職活動が難航する」「今と同じような職場に転職してしまう」といった可能性があります。

3年目で、ある程度の業務を一人でできるようになり、今後のキャリアについて考え始める方が多いですが、この記事を読んで自分にベストな転職時期を見極めましょう。

  1. 看護師の3年目での転職をおすすめしない理由
  2. 3年目で転職しても良い人&しない方が良い人
  3. 3年目だから注意したい転職の4つのポイント
  4. 身近な相談相手を作ることから始めよう
  5. 3年目の転職を相談すべき転職サイト3選
  6. 【FAQ】3年目の看護師転職によくある質問5選

すべて読めば、3年目の転職の実情や、転職で失敗しないためのコツまで詳しく分かるでしょう。

1. 看護師の3年目での転職をおすすめしない理由

長期的なキャリアプランを考えたときにデメリットが多いため、看護師の3年目での転職はおすすめしません。

この章では、看護師3年目が転職に慎重になるべき理由について解説していきます。

それでは見ていきましょう。

1-1. チームリーダーやプリセプターを経験できていない

3年目では、チームリーダーや後輩にマンツーマンで指導するプリセプターなど、まだ経験できていない業務があります。

特にチームリーダーは3年目から任されることが多く、以下のような業務を経験することでマネジメント能力が身に付きます。

  • 病棟全体の情報収集・把握
  • 看護計画の立案・修正
  • 他の看護師への指示出し、サポート
  • 医師、他部署との連携

また、プリセプターとして新人看護師にマンツーマンで指導をすることで、後輩の成長を感じると共に自分の知識や技術の復習にもなるため、やりがいは大きいでしょう。

口コミ・評判

M.S さん
まだまだ未熟な私がプリセプターを引き受けても大丈夫なのだろうかと、最初は不安や緊張が大きかったです。しかし、これまで先輩たちに教わる機会の多かった自分だからこそ、プリセプティを指導していくことも大切なスキルアップになると考えました。
9ヶ月が経ち、プリセプティに教えることの大変さや難しさ、知識不足を日々痛感していますが、それは自分にとっても成長できるチャンスなのだと捉えています。

出典:練馬光が丘病院 看護部

後輩を指導する立場を経験すると、転職先で即戦力として評価されやすくなるため、転職の前に経験しておくことをおすすめします。

1-2. 20代前半・中盤で転職する看護師は3.3%と極めて少数派

20代前半・中盤で転職する看護師は、かなり少数派です。実際に、24歳以下で転職する看護師は3.3%。まだ経験の浅い段階での転職はリスクが高いと言えるでしょう。(出典:ナースセンター)

また、丸3年きっちり勤め上げたことから根気があると評価する医療機関は多いです。

反対に3年以内に転職してしまうと、「すぐに辞めてしまうのではないか」と採用側にマイナスのイメージを与えてしまうことになります。

3年目の転職は、その後の転職で苦労する確率が高いため、4年目以降の転職がおすすめです。

1-3. 経験不足で専門性の高い職場への転職が難しい

ICUや手術室など高い専門性が求められる職場では、豊富な実務経験が求められるため、経験の浅い3年目の看護師の採用率は低くなります。

ただし美容系や不妊治療のような専門分野では、それまでの経験を踏まえた業務より新たに覚えることの方が多いため、吸収の速い3年目の採用も活発です。

そのため、専門性の高い職場でキャリアアップしたいと考えている方は、転職先で必要とされているスキルを確認してから、転職時期を判断しましょう。

1-4. 奨学金の返金が必要になることがある

看護師奨学金制度を利用した方は、指定された年数より早く転職する場合に奨学金を返金しなければならないことがあります。

補足:看護師奨学金制度

看護師奨学金制度とは、月額約3万円を受け取りながら看護学校に通うことができる制度です。
東京都の場合、卒業後は指定の施設で5年間看護業務に従事することで、返金が免除となります。

参考:東京都福祉保健局

返金額によりますが、今すぐお金を返してでも今の職場を辞めたいのかどうか考えてみましょう。

1-5. 3年目で転職すると給与に差が出る

3年目での転職と丸3年働いてからの転職では、転職後の給与に差が出ます。

というのも、チームリーダーを経験したことや、3年間勤務したことから1人前と見なされることが多いため、丸3年働いた後転職すると、次の転職先での給与水準が高くなりやすいからです。

実際に、看護師を採用する際、経験年数を賃金処遇に考慮すると答えた医療機関は全体の90%以上となりました。

出典:日本看護協会

経験年数が浅いキャリアでの転職では、年収アップはかなり難しいでしょう。

また、退職金は勤続年数が丸3年ないと支給されない医療機関が多く、3年目の転職では数ヶ月の差で損をしてしまうことになります。

出典:マイナビ看護師

給与が低いために転職を考えている方は、転職先で給与アップしやすい条件を考えて転職時期を慎重に考えましょう。

2. 3年目で転職しても良い人&しない方が良い人

2章でお話した理由から、3年目で転職しても良い人としない方が良い人の特徴を以下の表にまとめました。

3年目で転職しない方が良い人の特徴3年目で転職しても良い人の特徴
  • チームリーダープリセプターの経験がない
  • キャリアアップ・年収アップしたい
  • 転職の目的が曖昧
  • 奨学金を返金する必要がない
  • 結婚や出産の予定がある
  • 人間関係の悪化や体調不良などで働き続けることが難しい

キャリアアップをして今より好条件で働きたい方は、丸3年働くことを検討してみましょう。

一方で、3年目で転職しても良い人の特徴に当てはまる方は、次章でお話する転職のポイントを参考にしてみてください。

3. 3年目だから注意したい転職の4つのポイント

3年目の転職だからこそ注意したいポイントがあるため、ここで確認しておきましょう。

順にお話していきます。

3-1. 退職理由をしっかりと用意しておく

採用担当者は、3年目で転職する方に対して「採用してもまたすぐに辞めないか」ということを最も心配しています。

3年目で辞めたい理由が仕事のきつさや人間関係などネガティブなものである場合は、ポジティブな言葉に変換して伝えましょう。

転職理由の回答例

患者さん一人一人に寄り添った看護をしたいと思っていましたが、それが難しいと感じたからです。
前の病院では、人手不足のため残業時間が毎日3時間以上は当たり前、時には5時間以上になるときもありました。疲労が溜まっていき、日々の業務に十分に取り組めない状態が続いてしまっていました。患者さん一人一人にじっくり向き合い、丁寧な看護をしたいと思い、貴院で働きたいと考えました。

上記では「残業が多すぎる」というネガティブな理由を、「患者さん一人一人に寄り添った看護」という理想の看護像を阻害するものとして伝えています。

このように、理想の看護を行っていくための前向きな転職活動であることをアピールしてみるのも良いでしょう。

3-2. 退職した理由や転職先に求めるものをはっきりさせておく

退職した理由や転職先に求めるものをはっきりさせておきましょう。

看護師の実際の現場を知った3年目では、新卒で病院選びをした時とはまた違った価値観が生まれていると思います。

以下を参考に、今の職場の問題を解決できる条件を明確にしておきましょう。

希望条件の例

  • 休みが取れない→高い有給消化率・夜勤なし
  • 残業が多い→残業時間が月20時間以内
  • 人間関係が悪い→アットホームな職場

とはいえ、希望条件を厳格に設定しすぎると、理想の求人がなかなか見つからないこともあるかもしれません。

そこで「決して譲れない条件」「ある程度妥協できる条件」のように、優先順位をつけておくことをおすすめします。

3-3. 3年目までの経験を考えて職場を選ぶ

3年目になると、1.2年目の転職と比べ仕事の選択肢が広がり、多様な職場から内定を得られるようになります。

特に希望の職場がないという方は、「今までの経験を活かせるか」という観点で転職先を選んでみましょう。

経験のある業務はもちろん、下記のように少し違った職場でも自分のやってきたことが評価・優遇されるケースがあります。

口コミ・評判

サチ さん(一般病院勤務)

前職は脳外科病棟で働いていました。命に関わる方の対応がすごく重圧で、また人間関係の悩みもあり、転職を考えていました。しかし、3年目ということで、少し転職するのが怖かったです。とりあえず話だけでもと、転職サイトに相談し、紹介してもらったのが回復リハビリテーション病棟。
脳外科の患者さんがいることからその経験を活かして欲しいと言っていただけました。
実際、転職して悩みを解決できたのと、あと2年目までの経験が生きてるなと毎日実感しています。

出典:アンケート

3-4. 転職先が決まるまで絶対にやめない

以下のようなリスクがあるため、転職先が決まるまで今の職場を絶対にやめないでください。

  • 看護師の転職活動は平均3ヶ月かかる
  • 若年層の転職は3ヶ月以上かかることが予想される
  • 生活費を賄うのが大変
  • ブランクが空く
  • 失業保険の受給は、自己都合退職の場合最初の3ヶ月は支給されない

このように、3年目は貯金ができている方も少なく、その中で退職をしてしまうと金銭的に苦しくなり、焦って妥協した転職となってしまうからです。

また特に寮に住んでいる方は、退職すると退去しなければならないため、生活面での苦労が大きくなります。

そのため、必ず転職先を見つけてから退職をするようにしましょう。

4. 身近な相談相手を作ることから始めよう

3年目の転職で大切なポイントについてお話してきましたが、実際に転職活動を始める際は、まずは身近な相談相手を作ることから始めましょう。

詳しくお話していきます。

4-1. 転職に詳しく頼りになる相談相手を作る

看護師3年目の方は「どのタイミングで転職していいのか」、「転職するにしても、どこに転職すれば良いのか」などわからないことが多いでしょう。

そのため、看護師の仕事や転職について詳しい人に相談することをおすすめします。

ただ、相談相手は誰でもいいわけではなく、以下のような2つの条件を満たすような人であると良いです。

  • 条件①:転職そのものに詳しい
  • 条件②:看護師の転職事情に詳しい

そもそも転職の相談であるため、人事の方や人材会社に所属しているような転職に詳しい人でないとあまり役に立ちません。

また、転職に関してだけではなく、看護師の転職自体に詳しくなければ、良いアドバイスはもらえないでしょう。

そのため、まずはこの条件を満たす方に2~3人相談してみることをおすすめします。

とはいっても「身近にこんな人いない!」という方向けに、無料で使えるサービスをご紹介します。

4-2. 看護師向け転職サイトというサービス

看護師向けの「転職サイト」という完全無料で使えるサービスがあり、多くの方がこのサービスを使って転職のプロに相談をしています。

転職サイトに登録すると担当者がつき、転職して良いのか、どこに転職すれば良いのかといった相談に乗ってくれます。

転職サイトは、あなたの悩みを親身に聞きアドバイスをくれることから、多くの看護師が転職を検討する時に使っています。

また、あなたが転職を決めた場合は、あなたの悩みを解消するような転職先を紹介し、全力でサポートしてくれます。

悩みにフィットした転職先を紹介してくれるため、悩んでいる今のあなたにぴったりなサービスです。

4-3. 転職サイトは相談相手以上の価値がある

転職サイトでは担当者が身近な相談相手になってくれるだけでなく、もし転職を決意したときは以下のようなサポートをしてくれます。

  • 求人票ではわからない病院の内部情報を教えてくれる
  • 各種手続きや病院との最終調整を行なってくれる

また、以下のような転職活動で面倒なことは全て自分の代わりに無料でやってくれるため、面接以外で病院と直接やりとりすることはほぼありません。

  • 履歴書・職務経歴書の作成(添削)
  • 求人探し
  • 求人の応募手続き
  • 面接の日程調整
  • 配属先の交渉
  • 給与・ポジションの交渉
  • 雇用契約書の確認
  • 入社関連手続き

そのため、手間を少しでも減らすためにも転職サイトはおすすめです。

5. 3年目の転職を相談すべき転職サイト3選

数ある転職サイトの中から、以下を基準に、「利用者からの満足度の高い看護師向け転職サイト」をピックアップしました。

転職サイト選定基準
  1. 求人の数 …総求人数が多いほど、理想にぴったりの求人を見つけやすい
  2. 利用者満足度(提案&サポート力) …利用者の口コミをもとにサービスの質を評価。優秀なキャリアコンサルタントに担当してもらえれば、理想の職場を提案&手厚いサポートが期待できる

利用者の総合評価順にランキング形式でまとめると、おすすめの転職サイトは、以下の通りとなりました。

転職サイト求人数|総合満足度
1位
看護roo!
54,000件|◎4.3
利用者満足度96.3%、看護師さんからの人気No1の転職サイト。細かい条件で求人が探しやすく、面接対策&サポートも手厚い。
2位
看護のお仕事
115,000件|○3.8
総求人数トップレベル!累計40万人以上の利用者がいる転職サイト。LINEで最新の求人情報が得られるなど、気軽に転職活動ができる
3位
マイナビ看護師
49,000件|◎4.1
求職者のペースに合わせたサポートが強み。全国25箇所に相談会場があり、地方在住者も来社相談しやすい

※この記事では3サイトに厳選しています。より詳しく知りたい方は、『看護師723人が選ぶ転職サイトおすすめランキング』を参考にしてください。

1位.看護roo! | 看護師さん利用者満足度No.1

看護roo!』は、看護師の利用満足度96%を誇る人気の転職サイトです。

病院の種類や、施設の種類など細かい条件で求人検索が可能で、常に5万件以上の求人を掲載しています。

運営元の株式会社クイック(東証一部上場企業)は、医療業界を中心に30年以上に渡るサポートを続けてきた実績があり、十分な信頼が置ける企業です。

また、面接に同席までしてくれるサポートの手厚さも特徴的で、面接が不安な方にもおすすめです。

公式サイトを見る
https://kango-roo.com/

運営会社株式会社クイック
対象地域主要都市圏
公開求人数約5.2万
公式ページhttps://kango-roo.com/

2位.看護のお仕事 | 求人多数で選択肢の幅が広い!

看護のお仕事』は日本最大級の看護師向け転職サービスです。

医療業界に詳しい担当者が今の職場の悩みや、「辞めていいのか」ということについても親身に相談に乗ってくれるとのことで、求人・サポート共に看護師さんからの評価が非常に高くなっていました。

また、求人票に書いてない内部情報を教えてくれたり、入職まで手厚くサポートしてくれるなど非常に心強い存在です。

ちなみに、派遣の求人に関しても『看護のお仕事(派遣版)』という特設ページがあるくらい力を入れていて、派遣の求人を探す方にもおすすめです。

運営会社レバレジーズ株式会社
対象地域全国
公開求人数約5.3万
公式ページhttps://kango-oshigoto.jp

3位.マイナビ看護師|ペースに合わせて転職できる

マイナビ看護師』は合計4.1万件の求人数を保有し、4年連続認知度No.1を誇る人材大手マイナビグループが運営する看護師専門転職エージェントです。

看護師向けコンテンツが充実しているため、はじめて転職をする方も使いやすいでしょう。

また、全国に拠点があるため、地方在住の方も安心して利用できます。

運営会社株式会社 マイナビ
対象地域全国
オフィス全国22箇所
公開求人数約4.1万
公式ページhttps://kango.mynavi.jp/

6.【FAQ】3年目の看護師転職によくある質問5選

この章では、3年目の看護師によくある質問5つに答えていきます。

それぞれ見ていきましょう。

Q1. 3年目の看護師の平均年収はいくら?

3年目の看護師の正確な平均年収はわかりませんが、「看護roo!」では下記のようなデータが出ています。

  • 20歳~24歳の平均年収:389.3万円
  • 25歳~29歳の平均年収:464.7万円

参考までに、看護師の年収の口コミサイト「ナースな私のお給料」に投稿された3年目の方の給料の一例を、以下の表で紹介します。

3年目の看護師の年収事情
都道府県年齢(歳)仕事内容月給(万円)年収(万円)
埼玉24病棟24294
神奈川23病棟35500
東京24病棟36530
大阪23病棟31469
埼玉23病棟28416
石川24病棟27384

上記のように同じ3年目でも開きがあるため、年収が低いことで悩んでいる方は転職を検討してみると良いでしょう。

Q2. 給料を上げるのであればどうやって求人を選ぶべき?

以下の3つの要素に注目し、給料の高い求人を探しましょう。

  • 基本給
  • 夜勤手当
  • 賞与

ただし、夜勤手当や賞与の金額は転職先に聞きづらく、なかなか情報を得ることができません。

その際は転職サイトを活用し、求人票には乗っていない情報を集めましょう。

Q3. ハローワークは使える?

看護師も利用できますが、ハローワーク1本での転職はおすすめしません。

なぜなら、ハローワークには質の低い求人が紛れ込んでいることがあり、ブラックな職場に転職してしまう危険があるからです。

ハローワークの利用には以下のようなメリット・デメリットがあるため、自分に向いているかどうか考えてみましょう。

メリット

  • 地元就職に強い
  • 求人数が多い

デメリット

  • 募集要項と実際の求人内容に差異があることが多い
  • 相談員によって対応がまちまち
  • 自分で行動を起こさないと求人が見つからない
  • 画像情報が少ない

関連記事:看護師の転職でハローワークは使うべき?利用の流れやメリット・デメリットを徹底解説

Q4. 退職の切り出しがうまくできるか心配

退職の切り出しがうまくできるか心配な方は、下記のポイントを押さえましょう。

  • 転職を決める時まで職場には一切言わない
  • 最初は上司にあたる人と2人になったタイミングで伝える
  • 引き留めにあっても絶対に意思を曲げない

引き留めに合った場合も、自分の意志を強く持ち丁寧に伝えましょう。

転職サイト経由で転職をしていた場合、退職の切り出し方から交渉まであなたに合ったアドバイスをくれるので安心です。

Q5. 自分がやめて病院に迷惑がかかるのが嫌だ

自分が辞めることで、周囲に迷惑がかかってしまうのではないかと感じている方もいるかと思います。

確かに、あなたが退職することで、周囲に負担がかかってしまうことはあるかもしれませんが、それはあくまで一時的なものです。

看護師の退職によって業務に問題が発生しそうならば、病院はただちに採用活動を行ったり、人員配置を工夫したりするなどの行動に移るでしょう。

職場はいつの間にか、滞りなく回るようになるものです。

職場への負担をかけたくないと思うのであれば、「なるべく早めに退職の意向を伝える」「引継ぎ資料を入念に作成する」など、退職の影響をなるべく抑える方向性で考えてみると良いでしょう。

さいごに

看護師の3年目での転職について話してきましたが、いかがでしたか?

看護師の転職にベストなタイミングは入職後4~5年目以降であり、3年目でも転職先を見つけることは十分可能ですが、キャリアプランによっては早すぎる場合があります。

そのため、今転職すべきかどうか、自分の転職理由と共にもう一度考えてみて判断してください。