看護師転職サイトは複数登録した方がいい?転職を有利にすすめる使い方とは

看護師 転職サイト 複数登録

「看護師転職サイトって複数登録した方がいいの?」
「たくさん登録しても大丈夫なの?」
と迷っていませんか?

結論として、より希望にあった職場への転職を成功させるために転職サイトは複数登録することをおすすめします。

サイトによって保有している求人は異なるので、職場探しの幅を広げることができるからです

また、1つだけでなく様々なアドバイスを受けて選考対策を行うことで他の応募者に差をつけ、選考を有利にすすめることができます。

この記事では転職のプロとして数多くのキャリアチェンジを支援してきた私が、転職サイトに複数登録するメリット・デメリットや注意点を紹介していきます。

  1. 【結論】看護師転職サイトは複数登録がおすすめ!
  2. 複数登録をおすすめする4つの理由
  3. 複数登録のデメリット3点
  4. 転職サイトを複数登録する際の注意点
  5. 複数登録に最適!看護師からの人気が高いおすすめ転職サイト
  6. 複数の転職サイトを最大限活用するための3つのテクニック

この記事を読めば、看護師転職サイトに複数登録した方がいい理由がわかり、転職活動を効率良くすすめることができるでしょう。

1. 【結論】看護師転職サイトは複数登録がおすすめ!

結論から述べると、看護師転職サイトは2社〜4社ほど併用することがおすすめです。

複数登録には応募できる求人の幅が広がる、目的に合わせて転職サイトを使い分けるなど多くのメリットがあるからです。

実際に「看護師転職サイトは複数登録する」というのは、珍しいことではありません。むしろ複数登録している人の方が多いです。

当サイトで転職を経験した看護師に登録した転職サイト数を聞いたところ、7割以上が複数登録をしていることが分かりました。

転職サイトは複数登録しましたか?

出典:看護師165人を対象に調査

転職成功者は、平均2.4つのサイトに登録!

同調査の結果では、転職に成功した人は平均2.4つのサイトを使っていることが分かりました。より多くの求人から自分の希望条件に合った職場を見つけ、転職を成功させるために最低2つ、できれば3〜4つの転職サイトに登録しておくことをおすすめします。。

転職サイトの仕組み

転職サイトは転職希望者と看護師を募集している病院を繋ぐサービスです。

転職サイト 仕組み

企業は広告掲載料を払い転職サイトに求人広告を載せてもらいます。

どのサイトにお金を払って求人募集するかは病院によって異なるので、複数サイトに登録しておくとより多くの求人募集から、自分に合った求人を探すことができます。

2. 複数登録をおすすめする4つの理由

転職サイトの複数登録をおすすめする理由は、主に以下の4つが挙げられます。

それぞれ見ていきましょう。

2-1. 応募できる求人の幅が広がる

看護師の転職活動では多くの転職サイトに登録すればするほど、求人の選択肢が広がります。

3種類の転職サイトを使い、「東京23区のクリニック」「正社員・パート」「土日休み」の条件で求人を検索してみました。

【該当求人数】

看護roo!看護のお仕事マイナビ看護師
130件120件160件

※2021年7月時点

仮に看護roo!だけを登録していた場合、130件の中から仕事を選ぶことになります。

一見、十分な数に思えますが、その他の条件で絞り込み検索していくと、その数は少なくなります。地方では数件しか該当しないことも珍しくありません。

ですが、複数のサイトを使えば、その選択肢はグッと広がります。例えば、「看護のお仕事」と「マイナビ看護師」を併用すれば、選択肢の数は130件→410件、およそ4倍近くになります。

非公開求人にアクセスできるのもポイント

また、各サイトにはそれぞれ公開せずに求人を募集する非公開求人があります。

非公開求人とは
一般的な求人サイトやハローワークでは公開されておらず、転職サイトだけが扱っている求人のこと。ネット上に公開されたら応募者が殺到してしまうような好条件のものが多い。

条件が非常に良い非公開求人もサイトによって異なることが多いので、複数登録していると紹介されやすくなります。

2-2.自分に合った担当者を見つけられる

複数の転職サイトを利用することで、親身になってサポートしてくれる担当者が見つけやすくなります。

転職サイトや担当者には相性があります。必ずしもサポートスキルが十分あるベテランや、性格が合う人が担当者となるわけではありません。

実際、担当者の対応に不満や不快感を感じたという声が見られました。

口コミ・評判

(30-34歳・-299万円・正社員)
経歴や私自身のことを軽視して、けなすような発言をされる方がいらっしゃって悲しくなりました。
伝えたことが、思う通りに伝わらず、うまく話が進められないことがありました。

口コミ・評判

(25-29歳・400-499万円・正社員)
転職サイトを利用した際に、求人の紹介が積極的であり、担当者さんの押しに負けてしまうことがあります
転職会社さんはいかに紹介できるかが大事だと思いますが、求人の紹介の仕方がセールスのようであると転職する気がなくなってしまいます
転職したい人の希望などをアセスメントして適した求人を数件紹介してくれた方が信頼度があがると思います。

このように、担当者によっては気分を悪くするような態度で接してくる人や強引に転職を進めて報酬を得ようとする人もいます。

いくつかの転職サイトに登録して、担当者の質を比較することで、自分に合った転職活動を進めてくれる担当者が見つかりやすくなります。

2-3.目的に合わせて転職サイトを使い分けられる

複数の転職サイトを使うことで、それぞれのサイト独自のサービスを受けることができます。

例えば、『ナースではたらこ』では、自分が働いてみたい病院へ担当者がアプローチをして面接の日程設定や条件の交渉などを行なってくれるという独自の強みがあります。

このように、サイトごとに特徴は異なるのでそれぞれのサイトの強みを活かすと効率の良い転職活動が進められます

2-4. 様々な視点からアドバイスをもらえる

複数の転職サイトに登録することで、様々な担当者や看護師専門の転職コンサルタントから話を聞くことができます。

担当者やコンサルタントもそれぞれ違った経歴や、転職活動のサポート経験があるのでそれぞれの経歴や経験を踏まえた、幅広いアドバイスがもらえます。

1つの意見だけを参考にするのではなく、異なる視点からのアドバイスをもらうことで、自分の将来像や希望する就職先の条件が見つけられる可能性が高まり、より納得のいく転職が実現できるでしょう。

ここまで、複数登録をした方が良い理由やメリットを紹介してきました。

ここまでのまとめ

  • 看護師転職サイトは複数登録が基本
  • 求人数が増えるので自分に合った職場が見つけやすくなる
  • 自分に合った担当者を見つけやすくなる
  • サイトごとの強みを生かせる

しかし、複数登録にはメリットだけでなくデメリットもあります。

複数登録のデメリットについては次の章で紹介します。

3. 複数登録のデメリット3点

ここまで複数登録のメリットを紹介してきましたが、複数登録する前に確認しておきたい複数登録のデメリットをいくつか紹介していきます。

3-1. 担当者とのやりとりが煩雑になる

1つ目のデメリットとして、各サイトから連絡がくるので面倒に感じられること、が挙げられます。

転職サイトの担当者は転職が決まると病院側から紹介料がもらえて利益が出るので、早く転職してもらおうと頻繁に連絡するものです。転職サイトによっては条件に合う求人が見つかった場合、1日3回も連絡が来る、ということもあるようです。

3社に複数登録した場合、1日9件の連絡が来ることも考えられます。仕事や子育てをしながら転職活動をする場合、1日9件も連絡がきたら忙しくて電話に出れなかったり、しつこいと感じてしまったりしますよね。

このように、転職サイトに登録すればするほど、連絡のくる数も増えるのでどのサイトとも密な連絡が取れなくなることが考えられます。

3-2. 異なるアドバイスをされたときに判断できない

複数登録のメリットとして様々な視点からのアドバイスが受けられる点を挙げました。しかし、これは見方を変えると、担当者ごとに異なるアドバイスをされて自分で判断できなくなるというデメリットにもなり得ます。

例えば、ある病院が気になり各サイトの担当者に評判を聞いてみたところ、あるサイトの担当者は「人間関係も非常によく時間外労働もない」と良い評判を教えてくれたのに対し、違うサイトの担当者は「残業が多く、離職率が非常に高い職場です。」と悪い評判を教えてくれることがあります。

このように担当者によって対照的な意見が出た場合、どちらの意見を信じれば良いのか分からなくなり、決断が難しくなることがあります。

3-3. 紹介求人が多すぎて決められなくなる可能性がある

複数登録のメリットとして豊富な求人数から職場を探すことができることを挙げました。しかしこれも見方を変えると、求人が多すぎてどの職場が自分に合っているのか分からなくなり転職活動が難航するというデメリットにもなります。

例えば、1つのサイトから3つの希望条件に合った求人を紹介されるとします。もし3つの転職サイトに登録している場合は、9つの求人から応募する職場を選ばなければなりません。

複数の病院から内定が出ても「どの職場が1番良いのか決められない」「もっと良い求人があるのではないか」と悩んでしまい転職活動がなかなか進まなくなってしまうことも考えられます。

豊富な求人数はメリットでもありますが、なるべく早く転職活動を終わらせたい人にとっては転職活動がなかなか終わらない原因となる場合があります。

4. 転職サイトを複数登録する際の注意点

転職サイトを複数利用する場合は、以下の点に注意しておくべきです。

4-1.スケジュール管理をしっかりと行う

スケジュール管理を自分でしっかりと行い、それぞれの担当者や病院との予定をしっかりと把握しておきましょう。

複数の転職サイトを利用していると、担当者との面談の日程や複数の病院との面接予定など予定が把握しきれなくなり、場合によっては予定を忘れて無断欠席してしまうなどのトラブルにつながることもあります。

自分の予定管理不足が原因で、不採用となったり転職活動が難航することのないよう気をつけましょう。

補足:担当者への連絡は早い方がいい

転職サイトの担当者は早くレスポンスがある人ほど、積極的なサポートをしてくれることが多いです。

レスポンスが早い人は転職意欲が高いとみなされてすぐに転職してくれると考えるからです。

担当者からの連絡に気づいたら、すぐに返事をすることを心がけると条件の良い求人を優先的に紹介してくれることがあります。

4-2.自分の意見をしっかり持つ

各転職サイトの担当者の意見に流され過ぎないように、自分の意見をしっかり持つことは欠かせません。

たくさんの人からアドバイスをもらっても、確固たる意志がないと、どんどんと軸がぶれていってしまい転職活動が思うように進まなくなってしまいます。

参考にならないアドバイスをしてくる例

「美容クリニックは35歳を過ぎると採用されにくくなるのでおすすめしない」など、やや否定的なニュアンスのアドバイスをされることもあります。

ですが、それを真に受けて美容クリニックへの転職を諦めるしまってはもったいないです。

確かにこの場合、年齢が採用に影響する可能性はありますが、転職そのものを諦めるほどではありません。美容市場は拡大傾向にあり(2014→2017で14.8%+)、新規開業するクリニックも増えています。

新規開業するクリニックでは、ある程度経験・キャリアのある看護師さんほど採用ニーズが高く、ベテランの看護師さんが引き抜かれる(ヘッドハンティング)こともあります。このため、一概に年齢が高い=採用されにくい、とは言えず、むしろ、キャリアが豊富な看護師ほど採用ニーズが高いこともあります。

転職サイトの担当者の中には、このような背景を考慮せずに、表面的な情報(若いほど採用されやすいなど)だけ根拠に提案をしてくることも多々あります。

人にアドバイスを受ける際には、事前に自分の意見は何か考えてから、参考程度に相手の意見を聞いて取り入れましょう。

4-3.間違って同じ求人に応募しないよう気を付ける

病院によっては複数の転職サイトに求人を掲載している場合もあります。

多くの登録者の目に触れてもらい、なるべく早く不足している人材を確保したいからです。

条件に合った求人に闇雲に応募していると、すでに応募している求人に違うサイトから応募してしまうことがあります。

病院が、複数サイトから応募していることに気がつくと転職サイトの担当者に連絡がいき病院と担当者の両者に不信感を与え、場合によっては破談となるリスクさえあります。

常に自分がどのサイトから応募しているのかをメモで書いておき、このようなミスをしないように気をつけましょう。

4-4.悪質な転職サイトもある

悪質なサイトでは、登録者に実際とは異なる情報を伝えて無理やり転職をさせて紹介料をうけとるところもあります。

実際に、悪質な転職サイトを利用してしまい転職に失敗した方の声を紹介します。

口コミ・評判

(45-50歳・300-399万円・正社員)
転職サイトからの説明と、実際に入職しての職場環境が全く異なっていました。転職サイトからの説明では、紹介先の職場において、めったに退職者がおられず、なかなか募集枠が空かないということでした。長年勤続される人がほとんどで、それだけとても働きやすい環境であるとのことでしたが、入職してみると、十数人単位で次々とスタッフが辞めていく、入れ替わりの激しい職場で大変でした。

このように、担当者の話を鵜呑みにした結果、想像とは全然違う職場へ転職してしまうこともあります。

転職サイトに大量に登録するのではなく、口コミや評判を調べて信頼できると感じたサイトに登録するようにしましょう。

補足:複数登録は隠さなくてOK

転職サイトの複数登録は当たり前のことであるので、担当者は複数登録していることを伝えると他社の案件を考慮してスケジュールを調整してくれます。

また、他の転職サイトで転職されてしまうと紹介料がもらえなくなってしまうので、ライバルの転職サイトがいると分かれば、よりスピーディーに納得のいく対応をしてくれると考えられます。

他社とのスケジュールが被ってしまったり、同じ案件に応募しないためにも初めから転職サイトに複数登録していることは伝えておきましょう。

5. 複数登録に最適!看護師からの人気が高いおすすめ転職サイト

「複数登録をして転職を有利にすすめたい」という方に看護師さんからの評価が高い、おすすめ転職サイトを3つ紹介します。

数ある転職サイトの中から、以下を基準に、「利用者からの満足度の高い看護師向け転職サイト」をピックアップしました。

転職サイト選定基準
  1. 求人の数 …総求人数が多いほど、理想にぴったりの求人を見つけやすい
  2. 利用者満足度(提案&サポート力) …利用者の口コミをもとにサービスの質を評価。優秀なキャリアアドバイザーに担当してもらえれば、理想の職場を提案&手厚いサポートが期待できる

利用者の総合評価順にランキング形式でまとめると、おすすめの転職サイトは、以下の通りとなりました。

転職サイト求人数|総合満足度
1位
看護roo!
54,000件|◎4.3
利用者満足度96.3%、看護師さんからの人気No1の転職サイト。細かい条件で求人が探しやすく、面接対策&サポートも手厚い。
2位
看護のお仕事
115,000件|○3.8
総求人数トップレベル!累計40万人以上の利用者がいる転職サイト。LINEで最新の求人情報が得られるなど、気軽に転職活動ができる
3位
マイナビ看護師
49,000件|◎4.1
求職者のペースに合わせたサポートが強み。全国22箇所に相談会場があり、地方在住者も来社相談しやすい

※この記事では3サイトに厳選しています。より詳しく知りたい方は、『看護師723人が選ぶ転職サイトおすすめランキング』を参考にしてください。

1位.看護roo! | 看護師さん利用者満足度No.1

看護roo!の特徴

  • 利用者満足度96.3%
  • 公開求人5万6,000件+非公開求人も多数
  • 面接同行や選考対策など手厚いサポート

看護roo!』は、転職経験のある看護師さんから最も選ばれている、人気No1の転職サイトです。

登録者のみが閲覧・応募できる非公開求人も多数保有しており、細かい条件を組み合わせて仕事探しができるので、希望にぴったりの求人を見つけることができるでしょう。

30年以上に渡る転職支援実績のある株式会社クイック(東証一部上場企業)が運営するサービスであるため、信頼と実績も十分で、面接時に希望者には専任の女性スタッフが同行してくれるなど、きめ細かいサポートも魅力的です。

こんな看護師さんにおすすめ

  • みんなが使っていて、実績豊富な人気のサイトを利用したい
  • 給与や条件、人間関係などが良い職場情報を知りたい
  • はじめての転職で不安なのでプロに相談したい

公式サイト
https://kango-roo.com

2位.看護のお仕事 | 求人多数で選択肢の幅が広い!

看護のお仕事の特徴

  • 累計利用者数40万人以上
  • 友だちに勧めたい転職サイトランキングNo.1
  • 総求人数は12万件以上

看護のお仕事』は、求人数がトップレベルの転職サイトです。

キャリアアドバイザーが、病院や施設を訪問して直接取材を行っており現場のリアルな情報を詳細まで把握しているため、「人間関係や施設の雰囲気はどうか」「子育て中の看護師が働きやすい環境か」などの情報を踏まえて、最適な提案をしてもらえます。

また、LINEで「新着求人情報が届く」「担当のキャリアコンサルタントに相談できる」など、気軽に転職活動ができる点も魅力的です。

こんな看護師さんにおすすめ

  • できるだけたくさん求人が見たい
  • 職場の雰囲気や内部情報を知りたい
  • 気軽に求人探しがしたい

公式サイト
https://kango-oshigoto.jp

3位.マイナビ看護師|ペースに合わせて転職できる

マイナビ看護師の特徴

  • 看護師認知度4年連続No1の定番転職サイト
  • 求人数は5万件以上
  • 大手マイナビならではの情報ネットワークも強み

マイナビ看護師』は、大手人材企業マイナビが運営する定番の転職サイトです。

数週間で内定を目指す「スピード転職」や、数ヶ月に渡ってゆっくりと職場を探す「じっくり転職」など、求職者の都合に合わせたスピード感でのサポートをしてくれます。

そのため、「ゆっくりと考えたいのに連絡が煩わしい」「早く転職したいのにサポートが遅い」といったミスマッチもなく、自分のペースで転職活動を進められるでしょう。(面接の日程調整なども、キャリアアドバイザーが代行してくれます)

こんな看護師さんにおすすめ

  • なるべく早く次の仕事を見つけたい
  • 数ヶ月かけて余裕を持って転職活動したい

公式サイト
https://kango.mynavi.jp/

6. 複数の転職サイトを最大限活用するための3つのテクニック

さいごに、転職サイトを複数登録するメリットを最大限活用するためのテクニックを紹介します。

6-1. 2週間に1回は連絡をいれる

転職サイトは、依頼を受けた企業の条件に合った登録者を探す際に「更新日」(=最後にコンタクトを取った日)や「最終ログイン日」の順番で連絡を入れます。

何週間も連絡をとっていない人より直近で連絡をとっている人の方が、転職意欲が高くすぐに転職をしてくれるとみなされるからです。

したがって、長い間連絡をとっていない人やサイトを見ていない人は「転職活動を終えた人」と判断され案件紹介の連絡をしなくなります。

最新の求人を紹介してもらうためにも、最低でも2週間に1回は担当者に連絡を入れる、サイトにログインするようにしましょう。

6-2. 今すぐ転職するつもりだと伝える

先ほどご説明した通り、転職サイトは転職が成功した際に病院から紹介料をもらうことで利益をあげています。

担当者には売り上げ目標が課せられているため、転職意欲が高くすぐに転職をしてくれそうな人を優先的に考えます

初めに担当者と面談する際に、必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれるので「できるだけ早く転職したい」と伝えて優先的に求人を紹介してもらえるようにしましょう。

ただし、連絡の頻度も多くなるので半年以上かけてゆっくり転職したい場合は正直に伝えましょう。

6-3. 担当者は合わなければ変える

転職サイトでは担当者が合わないと感じた場合はいつでも担当者を変更することができます。

転職サイトの担当者は残業が多い、厳しいノルマを課せられるという理由から非常に離職率が高い仕事となっています。

人の入れ替わりが激しい仕事なので、担当者に経験の少ない新人があたる場合も多いです。

このように担当者が慣れていない場合このようなトラブルが起きることがあります。

口コミ・評判

(40-44歳・300-399万円・正社員)

伝えていた労働条件が先方に一切伝わっておらず、面談開始とともに、「夜勤のできない人はいらないって言ったよね?」と面接者が担当者に一喝。
こちらは休日をつかい、数千円の交通費もかけて面接に赴いたのに全くの無駄となりました。
後日本社に連絡すると、すみませんという謝罪のメールはありましたが、交通費の返却などなく、本当に無駄足でした。

仕事を続けながら転職活動を進める場合、時間がない中このようなトラブルが起きたり連絡がしつこいと大きなストレスとなります。

担当者と性格が合わない、良い条件をなかなか紹介してくれない場合、転職活動が希望通りに進まなくなってしまうので我慢せずに、変えてもらいましょう。

7. まとめ

看護師転職サイトの複数登録について説明していきましたが、いかがでしたか。

もう一度、結論を述べると看護師の転職活動では転職サイトを複数利用するのが基本で、それぞれのサイトの強みを生かすことで転職活動を有利に進められるようになります。

複数登録する際は、事前に利用者の評価が高い安全なサイトかをチェックしましょう。

あなたの転職活動が成功することを祈っています。