第二新卒に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ13選|失敗と成功例もとにプロが解説

第二新卒で転職・再就職を考えているけど、どの転職エージェントを使えば良い会社に内定をもらえるの?と不安に思っていませんか。

一般的に、第二新卒は新卒と比べて市場価値は低く見られることはありますが、立場を上手く利用すれば、新卒で入れないような企業に転職できる可能性も十分あるものです

実際に、私自身の経験ですが最初に入社したベンチャー企業を1年と少しで辞め、社会人2年目の転職活動で新卒の時に入社が叶わなかった企業に内定をもらうことができました。

このページでは、現役人事コンサルタントの経験と、私自身が第二新卒転職に成功した経験から、主に使うべき転職サイト・転職エージェントについてお伝えします。

  1. 第二新卒転職でキャリアアップするために必要な唯一の行動
  2. 第二新卒に強い転職サイトと転職エージェント13選
  3. 転職エージェントで上手く行かなかった時の残りの全手段
  4. 転職エージェントを使う際に注意すべき6つのポイント

全て読めば、第二新卒というバックグラウンドを最大限生かし、希望のキャリアを実現する第一歩となるでしょう!

※全部読むのが面倒な方へ

エージェントを使うコツや注意点もあわせて紹介するので、ぜひ全て読んで頂きたいのですが、「行動あるのみ!」という場合は下記ステップをおすすめします。

※とりあえず相談してみて、「いまは転職しない」と決めても全く問題ありませんので、気軽な気持ちで行動してみましょう!

1. 第二新卒転職でエージェントを使うべき理由と選び方

第二新卒は転職エージェントが使えるため、新卒の時よりむしろ有利とも言えます。実際に第二新卒で転職した方の多くが「大学生のときの就職活動よりも圧倒的に楽で、チャンスも多かった」と転職活動を振り返ります。

ここでは第二新卒が転職サイトではなくエージェントを使うべき理由と、選び方をご説明します。

第二新卒が転職エージェントを使うべき理由

第二新卒がエージェントを使うべき理由:

自力で企業にアピールしなければならなかった新卒の時と違い、自分自信では伝えきれない自分の強みを転職エージェントから企業に推薦してもらえたり、入社の交渉をしてもらうことができるから。

例えばスキルや熱意はあるけど表現が苦手で新卒の時に志望企業に落ちた方も、今回はエージェントを上手く活用しながらあなたの魅力を伝えることで内定をもらうことができるのです。

転職エージェントを活用して実際に第二新卒転職でキャリアアップを成功させた事例をご紹介します。

口コミ・評判

転職成功例: 事務職・女性・第二新卒(24歳)
とにかく仕事を早くやめて、別のところに行きたかったという逃げの転職からのスタートでした。大学も、当時の企業もたいしたネームバリューがなかったので転職は半ば諦めていたのですが、だめもとで転職エージェントに相談しました。就職活動の苦労があり面接にも恐怖感しかなかったのですが、はっきりいって第二新卒の転職活動の方が楽でした自分で動かなくてもエージェントが面接を設定・企業情報を提供してくれ、面接質問内容まで教えてくれて対策できます。「とりあえず3年勤めないと転職できない」なんて完全な嘘でした。

口コミ・評判

転職成功例: 営業職・男性・第二新卒(23歳)
新卒の時に落ちた企業の求人があったので、迷わず挑戦。しかし面接当日緊張して全くうまく話せませんでした。もうダメかと相当に落ち込みましたが、選考に見事通過。後日、面接官になぜ採用したのか聞いてみると「転職エージェントから前職での実績の話を聞き、人前で緊張するのさえ鍛えれば活躍できると思ったから」とのことでした。私の転職はエージェント無しでは成功しませんでした。

筆者の私自身も当時第二新卒(社会人2年目)で、転職エージェントをフル活用して新卒時代には諦めていたような大手企業に入社することができましたので、いまの会社に不満があれば一度挑戦してみることをおすすめします。

『とりあえず3年』という上司や企業側の都合に惑わされず、ご自身の人生をより充実したものにしましょう!

第二新卒のための転職エージェントの選び方

それでは、次はどの転職エージェントに登録すれば良いかですが、どこの転職エージェントを使うのかよりも、どれだけ腕の良いキャリアアドバイザーに担当してもらえるかが重要です。

これは運と登録するタイミングなので、出来る限り多くのエージェントに登録することをおすすめします。

転職は人生がかかっていますから、1社目の面談で「なんとなく良い!」と感じても、そのエージェントで決めずに複数のエージェントを比べて、慎重に選びましょう。

そのため面倒かもしれませんが、この段階で数社に一気に登録してしまい、どんどんキャリア面談をいれ、熱心に案件を紹介してくれて企業側にプッシュしてくれそうなコンサルタントを選びましょう。

その際は100社以上ある転職エージェントの中でも、第二新卒転職でおすすめの13社を次章にまとめましたので、参考にしてください。

※この段階でどの転職エージェントにも「紹介できる案件がない」と言われてしまった場合、第4章『転職エージェントで上手く行かなかった時の残りの全手段』に進みましょう。

2. 第二新卒転職に強いエージェント13選

ネット上には、転職エージェントは100社以上存在しており、選びきれない人も多いと思います。

そこで、その中から下記3つの軸で13社を厳選しました。

  • 第二新卒が応募できる案件を大量に保有している
  • 第二新卒の転職ノウハウに精通している
  • コンサルタントの質が高い

目安として、下記3項目に分けてご紹介しますので、どこに登録するか迷った場合、「全ての人におすすめ」から3社選んだあと、ご自身の経歴に合わせて数社登録してみてください。

このページで紹介しているすべてのエージェントはすべて完全無料なので、迷ったら登録して相談だけでもしてみることをおすすめします。

2-1. 全ての人におすすめ

ここでは、第二新卒の転職で実績のある大手総合転職エージェント上位7社を並べました。まずはこの中から、良い担当者と出会えるように初回で3~4社は登録しましょう。

※3~4社選ぶのに迷った場合、第二新卒の転職で評判の良い順番に紹介しておりますので、順番に登録を試みてください。とにかく一歩踏み出すことが重要です!

登録すると翌営業日には電話が来ますので、「○○という状況なのですが、転職するべきでしょうか・・・?」といった話から気軽に相談してみましょう。

パソナキャリア

手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方には特におすすめです。

人材派遣領域で業界最大手の『パソナ』が運営しており、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実。例えば、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.1」という実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの一社です。

パソナキャリア公式サイト:
https://pasonacareer.jp

Point:転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは3社以上登録すると転職成功率がグッと上がるので、少しだけ面倒かもしれませんが、いくつか併用して自分に合うところを見つけましょう。

例えば、業界大手で好条件求人が多い『doda』や、20代に強い『マイナビエージェント』など、転職エージェントによって特徴が分かれるので、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

マイナビエージェント

マイナビエージェント 評判マイナビエージェント』は、新卒No.1メディアの「マイナビ」を運営する総合転職エージェントです。

担当者の質にばらつきがあるとは言われますが、20代であれば間違いなく一度は相談してみるべきエージェントです

ほぼすべての人気企業が新卒採用で「マイナビ」を使う背景から、第二新卒や20代の転職に関しても実績を急拡大しています。

「マイナビエージェント」でしか第二新卒の募集を出していない最大手人気企業も多数存在しますから、再挑戦したい方は必ず相談しておきましょう。

また、IT・Webエンジニア特化型のマイナビエージェント×ITもありますので、対象の方はそちらに登録してみてください。

マイナビエージェント公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェント×IT公式サイト(エンジニア特化型):
https://mynavi-itagent.jp/

『doda』

doda』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方転職や、狭い業界での転職、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられました。

そのため、これから転職を始める全ての人におすすめできます。

doda公式サイト:
http://doda.jp/

※初回の登録に少し手間がかかりますが、一度登録してしまえば、質の高いサポートと好条件な求人を紹介してもらえるので、転職の成功がグッと近づきます。

『リクルートエージェント』

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、『リクナビNEXT』の運営元であるリクルートが運用している、案件総数・内定決定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルなので、キャリアに自信がなくても問題なく求人を探すことができます。

Uターン転職や、第2新卒、狭い業界での転職、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合も、リクルートエージェントであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられました

ただ首都圏では、サポート体制や求人の質を踏まえると、『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』のほうが優れているので、こちらと組み合わせて使うことをおすすめします。

リクルートエージェント公式サイト:
https://r-agent.com/

『ワークポート』

ワークポート』は、設立13年の総合転職エージェントです。

キャリアコンサルタント(コンシェルジュと呼んでいる)の対応は非常に丁寧と評判で、エージェントが初めての方にもおすすめです。

手厚いサポートを行うために拠点を『東京・大阪・福岡』に限定し、対面でのサポートを前提に、じっくりと時間をかけて親身に転職支援をしてくれるのが特徴です。

専任キャリアアドバイザーによる対面でのサポートを重視するエージェントなので、登録したら実際に面談に足を運びましょう。

登録時の入力も全エージェントで一番簡単で、特に職務経歴書をアップロードする必要もなく、氏名・生年月日・連絡先と、経験業務をプルダウンで選ぶだけで面談をしてもらえますので、転職の準備ができてない方も気軽な気持ちで利用できます。

登録後に来る電話は事務的ですが、実際に会うキャリアアドイバイザーは非常に熱心な方が多いので安心して面談にいきましょう。

ワークポート公式サイト:
https://workport.co.jp

※拠点|東京: 大崎駅 大阪: 淀屋橋駅(本町駅) 福岡: 博多駅

2-2. 自分の経歴に自信のない場合

これから5社紹介しますが、迷ったら『ハタラクティブ』をおすすめします。第二新卒専門エージェントとしては一番歴史が長く、コンサルタントの質が安定していると評判なので、そもそも転職するべきかどうか、今より良い会社に転職できるのかどうかを相談してみましょう。

『ハタラクティブ』

ハタラクティブ』は、第二新卒や既卒など若年層をターゲットにした特化型転職エージェントで、第二新卒特化型としては最大手です。

1000件以上の案件に加え、キャリア相談、職務経歴書や面接対策について徹底したサポートで、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%という非常に優れた実績です。

いまの経歴に自信のない方でも、違う職種で新たに挑戦したい、これから正社員に挑戦してみたいとお考えの方には非常におすすめできるエージェントです。

公式サイトから登録する:
https://hataractive.jp/

『マイナビジョブ20’s』

マイナビジョブ20’s』は、全求人が20代対象の、第二新卒・既卒に特化した転職エージェントです。

書類添削、面接対策の他にも、自己分析に役立つ適性診断を受検することができるため、非常にサポート体制が充実しています。

職種・業種が未経験でもOKな求人が50%以上あるため、新たな職種・業界に挑戦したい方にもおすすめな一社です。

まずは登録して、相談だけでもしてみてください。

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp

『リクらく』

リクらく公式サイト

リクらく』は、未経験業界への転職支援実績の多い、20代専用の就職・転職エージェントです。

2015年創業のベンチャー企業である、株式会社リクルートネットが運営するサービスであり、他サービスに比べて知名度は高くありません。

その分、10年以上のキャリアを持つベテラン転職エージェントが、転職希望者1人1人に対して念入りなカウンセリングを行っています。

そのため、未経験業界への転職を希望する場合も、ミスマッチが起きづらく安心して転職活動を進められることができます。

これまで働いた経験が無い方、短期離職後の方にとって、おすすめできる転職エージェントです。

リクらく公式サイト:
https://rikuraku.net

『ウズキャリ』

スクリーンショット 2016-04-07 22.31.35

ウズキャリ』は、第二新卒にターゲットを絞った特化型転職エージェントです。

徹底サポートで1人当たり内定まで平均20時間のサポートを行います。

2時間の個別カウンセリングの後、求人票の紹介、仕事の選び方、履歴書、職務経歴書作成のアドバイス、面接練習、全て面倒を見てくれるので驚きです。

儲かっているのかどうか不安なほどサポートは素晴らしいですが、応募者にとってサービスは完全無料ですのでぜひ利用してください。

公式サイトを見る:
http://daini2.co.jp

『就職Shop』

就職Shop』は、リクルートが運営する「未経験から正社員」に特化した転職エージェントです。

書類選考なしで面接ができる企業が多く、職種の豊富さも就職shopの特徴です。

自分の経歴に自信のない場合、あるいは書類選考で毎回落とされて自信をなくしている方向けです。

就職shop公式サイト:
https://ss-shop.jp

2-3. 自分の経歴にある程度の自信がある場合

『JAC Recruitment』

スクリーンショット 2015-10-11 20.58.42

JACリクルートメント』は、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1で、ハイキャリア案件については間違いなくトップレベルといえるでしょう。

キャリアや経験にある程度の自信がある方は、そのキャリアを活かすためにも必ず登録すべき1社です。

※年収600万円以上ない方だと、紹介してもらえない可能性があるので、その場合は『パソナキャリア』など、他の転職エージェントに相談しましょう。

JACリクルートメント公式サイト:
http://jac-recruitment.jp/

『ビズリーチ』

ビズリーチ評判

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約1700名のヘッドハンターが登録しており、数では約600名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

ビズリーチ公式サイト:
https://bizreach.jp/

『パソナキャリア』

パソナキャリア』は、大手の中でも特にキャリアコンサルタントが親身だと評判の良いエージェントです。

年収帯を問わず、充実したサポートを行っており、当サイトが実施したアンケートでも利用者満足度No.1の結果でした。

また、首都圏(東京、名古屋、大阪)を中心に求人数も豊富で、年収600万円以上のハイクラスを目指す全ての方におすすめできます。

パソナキャリア公式サイト:
https://pasonacareer.jp

3. 転職エージェントで上手く行かなかった時の残りの全手段

まだまだ手段は残されていますので、諦めずに挑みましょう。

  • 求人掲載サイトから応募する
  • 公的支援サービス
  • 出身校のキャリアセンター

3-1. 求人掲載サイトからから応募する

転職エージェントでどうしても紹介を断られてしまった場合、次のステップは転職サイトからの自力応募となります。

その場合どこを使うべきかというと、業界最大手の『リクナビNEXT』だけ使えば問題ありません。

他にも転職サイトは複数ありますが、ほとんどすべての案件を『リクナビNEXT』でカバーすることができるため、転職エージェントとは違って併用する必要はないので安心してください。

『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

リクナビNEXT』は、転職業界最大手のリクルートが運営する求人型サイトです。

求人件数も首位で(具体的な数値は非公開)、会員数については約600万人、2番手が300万〜350万前後と言われていますから、国内での優位性は圧倒的No.1です。

年収500万円を超えるようなハイクラス人材であれば、『ビズリーチ』がおすすめですが、年収500万円に満たない方であれば、すべての人におすすめできる転職サイトです。

公式サイトから登録する:
https://next.rikunabi.com/

※『リクナビNEXT』で書類選考にどうしても通らない場合

第二新卒向けの案件に特化した転職サイトの『Re就活』を使いましょう。

人気大手企業の案件数は『リクナビNEXT』に比べ劣りますが、案件の98%が第二新卒向けなので、「第二新卒だから」という理由だけで落ちる可能性は少なくなります。

Re就活公式ページ: https://re-katsu.jp/career/

まずは『リクナビNEXT』で挑戦、上手くいかなければ『Re就活』で第二新卒向け案件に応募、どちらを使ってもあなたに合う企業が見つからなければ下記3-2に進みましょう!

3-2. 公的支援サービス

公的支援サービスで代表的なのは具体的には、『ハローワーク』『ヤングハローワーク』『ジョブカフェ』『サポステ』です。

『ハローワーク』

スクリーンショット 2015-10-18 23.24.20

ハローワーク』は厚生労働省が運営する、就職支援・雇用促進のためのサイトです。いまやハローワークを使っても就職難、と言われますが、第二新卒なら確実に応募できる案件があることでしょう。

しかし、転職エージェント経由をする場合に比べて求人の質は落ちてしまいます。
公式サイトを見る

『ヤングハローワーク』

スクリーンショット 2015-10-18 23.25.59

ヤングハローワーク』は正社員雇用を希望する若者を対象に、職業相談・職業紹介のほか、各種セミナーを行っています。 都内に3所(渋谷、新宿、日暮里)あります。

ハローワークの、若年層に特化したものだとお考えください。適職診断や、各種面接、模擬面接会など様々なサポートを提供しています。

ハローワークとどちらに行こうか迷った場合、近くにあればこちらを選びましょう。
公式サイトを見る

『ジョブカフェ』

スクリーンショット 2015-10-18 23.27.03

ジョブカフェ』は、経済産業省が運営する、若者の能力向上と就業促進を目的とした就職支援サポートセンターで、全国に拠点があります。

サポート内容としては、(1)仕事に関する情報提供、(2)適職・適性診断、(3)キャリアカウンセリング、(4)各種セミナー、(5)職場体験(インターンシップ)、(6)職業紹介などのサービスを中心として、就職活動の開始から就業に至るまで全てです。

求人案件は中心企業が中心で、その背景として中小企業の人材確保課題の解決を図るため、中小企業の魅力発信や中小企業と若者とのネットワークを構築するということがあります。
公式サイトを見る

『ニートサポートネット』

スクリーンショット 2015-10-18 23.28.16

ニートサポートネット』は、厚生労働省に委託されている若者自立支援中央センターが運営する、若者の就労支援サポートセンターです。

働くことに不安のある若者や保護者の方のご相談にお応えし、各種支援プログラムにより、自立までトータルにサポートしています。

パソコン講座、ジョブトレーニング、ストレスマネジメント講習、自分の強みを見つける講座など、社会人基礎力として重要な項目について無料セミナー・ワークがが開催されています。
公式サイトを見る

3-2. 出身校のキャリアセンター

最後に、意外と見落としがちなのが出身校のキャリアセンターです。多くの場合に、卒業生も利用することが可能ですので、こちらもチェックしましょう。

「出身校名 キャリアセンター」と検索すれば、ほとんどの場合でてくることでしょう。

4. 転職エージェントを使う際に注意すべき6つのポイント

この章では、知らないと損する絶対に注意すべき6つのポイントを解説します。

4-1. スカウトメールをお願いした場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最終接触日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

スクリーンショット 2015-10-18 20.29.18

例えば、上記は「年齢30歳以下、転職回数1回以下、勤続年数2年以上、TOEIC780以上の営業」で検索した結果ですが、実務的な処理としては、更新日が新しい順番に20人ずつメールを送って反応をみて、応募者がいなければ次の20人へ、といったように送信していきます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

4-2. とりあえず「良いところがあればすぐにでも」と言っておく

キャリアコンサルタントも売上目標があり日々追われています。コンサルタントとのファーストコンタクトで必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に「良いところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

4-3. 担当コンサルタントは合わなければ変更する

担当コンサルタントに情をうつしてはいけません。担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。

現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいコンサルタントの方と

一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

4-4. 経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。コンサルタントでよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ・・・という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

4-5. 推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当コンサルタントはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではないコンサルタントの場合は経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

今までみた中でもっともひどかった推薦文(参考)

「業務内容を把握している現場の方の目でご判断頂くことが一番です。スキル面については掘り下げてお聞き下さい。」

言ってることは間違いではないですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。しっかりプッシュしてもらいましょう。

4-6. 同じ案件に複数のコンサルタントから応募しない

数社の転職サイトを使っている場合、同じ案件には複数のコンサルタントから応募しないようにしましょう。企業から「他の転職サイトからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

企業・担当コンサルタント両者に不信感を与え、場合によっては破談となります。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。

第二新卒の転職は実は大きなチャンスで、あなたのキャリアを大きく変えるきっかけに成りうるものです。

『とりあえず3年』という企業側の都合に惑わされず、ご自身の人生をより充実したものにしましょう!

転職するかを迷っている場合でも、まずは第一歩として、この中から数社登録して、気軽な気持ちで話を聞いてみてくださいね。

全ての人におすすめ

自分の経歴に自信のない場合

自分の経歴にある程度の自信がある場合

【転職エージェントで上手く行かなかった時の残りの全手段】

求人掲載サイト

公的支援サービス

キャリアセンター:「あなたの出身校+キャリアセンター」と検索

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。

あなたの転職エージェントの感想を教えてください

当サイトでは、皆さんの転職エージェントの評価・感想を募集しております。

下記のリンク先のページから、感想をご入力いただければ幸いです。ご協力お願いいたします。

評判を投稿する