【もう迷わない】薬剤師転職サイトの選び方の全知識|転職成功のポイントと注意点も解説

薬剤師の転職サイトを探していて、

  • 「何を基準に選べば良いの?」
  • 「たくさんありすぎて分からない!」

と悩んでいませんか?

薬剤師の転職では、転職サイトごとに強みや特徴が異なります

そのため、自分の目的にあった最適な転職サイトを選び、利用することが転職成功のカギです。

そこでこのページでは、転職コンサルタントとして数多くの薬剤師転職をアドバイスしてきた私が、以下の流れでお話していきます。

  1. 【重要】薬剤師転職サイトの選び方
  2. 自分に合った転職サイトを見つけるための3ステップ
  3. 薬剤師におすすめの大手転職サイトランキング
  4. 【目的別】おすすめの薬剤師転職サイト
  5. 薬剤師転職を成功させる2ポイント
  6. 【注意】登録すべきでない薬剤師転職サイトの特徴

この記事をすべて読めば、「薬剤師転職サイトの選び方」が分かり、転職活動の成功に近づくことができるでしょう。

1.【重要】薬剤師転職サイトの選び方

薬剤師転職サイトを選ぶ際に見るべきポイントは、以下の通りです。

それぞれを詳しく紹介していきます。

1-1.大手企業が運営しているか

まずは、大手企業が運営しているかどうかを確認しましょう。

大手企業が運営している転職サイトは、転職支援実績が豊富であるため、多くのメリットがあります。

  • 優秀なコンサルタントが多く在籍している
  • 独自の転職ノウハウがある
  • 転職支援実績が豊富で信頼できる
  • 求人数が豊富である(サイト独自の非公開求人も多い)

反対に大手以外の転職サイトであると、「コンサルタントの数が少なく、満足いくサポートが受けられない」「求人数が少ない」といったデメリットがあります。

そのため、薬剤師の転職サイト選びで迷ったら、大手企業が運営している転職サイトへ登録すると間違いないでしょう。

大手企業が運営する転職サイトの例

  • 薬キャリ
    …運営元のエムスリーキャリアは、医師・薬剤師の領域に特化して転職支援を行う東証一部上場企業
  • マイナビ薬剤師
    …運営元のマイナビは、新卒就活・転職で有名な人材業界大手企業
  • ファルマスタッフ
    …運営元のメディカルリソースは、国内大手調剤薬局「日本調剤」のグループ企業

1-2.求人の数が多いか

自身の希望に合った勤務先を見つけるには、求人を多く取り扱っているかは非常に重要です。

求人数が多いほど、細かい条件で求人を探すことができるので、理想の転職先を見つけやすくなります。

以下のように、転職サイトのトップページを開くと求人数が記載している所が多いので、確認してから登録するのがおすすめです。

出典:薬キャリ

転職サイトを利用すれば、非公開求人にも応募できる

非公開求人とは、それぞれの転職サイトが独自に保有している求人のことです。

一般的な求人サイトに載せると応募が殺到するような好条件求人であることが多く、情報は転職サイト利用者にしか開示されません。

1-3.希望する勤務先の求人数が多いか

病院や薬局、ドラックストアなど希望する勤務先の求人数を確認しておくことは転職を成功させるうえで大切です。

転職サイトによって、職場別の求人数は様々となります。

【就業先別求人数】

転職サイト調剤薬局ドラッグストア病院企業
薬キャリ2.8万件3,500件2,700件250件
マイナビ薬剤師3.7万件1.3万件3,000件300件
ファルマスタッフ4.9万件8,000件3,000件200件
ファーマキャリア2.2万件3,000件3,500件30件
リクナビ薬剤師3.7万件1.3万件2,900件300件

このように、転職サイトによって薬局の求人が多かったり、ドラックストアの求人が少なかったりと、得意とするものが違います。

そのため、事前に求人数がどれくらいあるのかを確認し、自分の希望する転職先にあわせて選ぶことが大事です。

1-5.利用者の口コミがいいか

利用者の口コミがいいかどうかは、利用前に必ず確認しておきたいところです。

SNSやインターネットを使って「転職サイト名」を検索してみることをおすすめします。

特に上記のポイントに注力して口コミを探しましょう。

  • フォローやサポートの充実度はどうか
  • 担当者の対応がいいかどうか
  • 求人の質は悪いかどうか

また、主要な薬剤師転職サイトの口コミをまとめた記事を下記にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

補足:面談方法と拠点の位置も重要

面談方法と拠点の位置を確認しましょう。

面談方法には、電話面談や直接コンサルタントからアドバイスが貰える対面面談があります。

対面でのサポートを受けたいという人は、住んでいる場所の近くに拠点があるかどうかを見ておきましょう。

参考に、下記の表に「面談方法」「拠点の位置」をまとめました。

拠点面談
方法
薬キャリ東京電話
マイナビ薬剤師東京 埼玉 千葉 横浜
札幌 仙台 名古屋 石川
大阪 京都 神戸 岡山
広島 福岡 鹿児島
対面
or
電話
ファルマスタッフ札幌 仙台 大阪 横浜
名古屋 広島 九州 大宮
町田 北千住 立川 新宿
船橋 京都 神戸
対面
or
電話

転職サイトによって拠点の数や面談方法は様々です。

ですので、登録前に「どういったサポートが受けられるか」はよく確認しておきましょう。

スピード感のある転職をしたい方はWeb面談

スピード感のある転職をしたい人は特に、Web面談がおすすめです。

好条件求人ほど、早い者勝ちですぐに決まってしまうため、すぐに行動できることは転職成功においてカギとなります。

例えば、『薬キャリ』では、転職のスピード感を重視して、登録後すぐに電話・メール面談を実施しているため、転職活動開始2~3週間で採用が決まる方も珍しくないようです。

薬剤師転職サイトの選び方について紹介しました。

次章では、自分に合った転職サイトを見つけるための3ステップを紹介していきます。

2.自分に合った転職サイトを見つけるための3ステップ

自分に合った転職サイトを選ぶための3ステップは以下の手順です。

それぞれを詳しく紹介していきます。

Step1. 「満足度の高い大手サイト」と「希望勤務先に強いサイト」2社以上に登録する

最初のステップとして「満足度の高い大手サイト」と「希望勤務先に強いサイト」2社以上に登録しましょう。

 利用するメリット
満足度の高い
大手サイト
  • 薬剤師業界を横断して大量の案件を保有
  • コンサルタントの対応が良い
  • 万全な面接対策をしてくれる
希望勤務先に
強いサイト
  • 希望の勤務先が見つかりやすい

薬剤師であれば、満足度の高い大手サイトとして『薬キャリ』が挙げられます。

薬キャリのコンサルタントに実施したインタビューでも「求職者のキャリアにとってプラスでない提案は行わない」「スピード採用を実現するためのチーム体制を整えている」といった回答が得られました。

したがって、「どのサイトに登録しようかな」と迷っているのであれば、まずは『薬キャリ』を活用してみることをおすすめします。

そのうえで、希望就業先の求人が多い転職サイトを併用してみると、さらに転職成功率を高められるでしょう。

【就業先別求人数】

転職サイト調剤薬局ドラッグストア病院企業
薬キャリ2.8万件3,500件2,700件250件
マイナビ薬剤師3.7万件1.3万件3,000件300件
ファルマスタッフ4.9万件8,000件3,000件200件
ファーマキャリア2.2万件3,000件3,500件30件
リクナビ薬剤師3.7万件1.3万件2,900件300件

Step2. 無料キャリアカウンセリングを受けてみる

転職サイトへの登録を終えたら、次のステップとして「無料キャリアカウンセリング」を受けてみましょう。

無料カウンセリングを受けるメリットは以下の通りです。

  • 気軽に受けられる
  • 希望する企業への転職成功率が上がる
  • 業界のプロへキャリア相談ができる
  • 自分の業界内でのレベルがわかる

このようにカウンセリングは「転職してみたいな、けど実際の所どうなんだろう…」という方でも気軽に受けられ、自身の今後のキャリアについて相談できます。

Step3. 自分と合う担当コンサルタントがいるサービスに絞る

複数のキャリアカウンセリングを受けたら、最後のステップとして「自分と合う担当コンサルタントがいるサービス」に絞りましょう。

転職が成功するかどうかは、コンサルタントとの相性で決まるといっても過言ではありません。

コンサルタントは人柄で選ぶべし

口コミ・評判

匿名さん
転職エージェント」相性もあると思います。
コンサルタントによって人柄もサポート内容も考え方や生き方も全てが違うから。
だから人で選んだら良い。比較もしても良いと思います。

出典:Twitter

コンサルタントによって性格やサポート内容が違うため、様々なコンサルタントと面談を行い、自身に合った担当者を見つけることが肝要です。

もし「この人とあまり合わないなぁ」と感じたら、無理せず担当を変えてもらうよう連絡しましょう。

ここまで、自分に合った転職サイトを選ぶための3ステップを紹介しました。

ここまでの内容をもとに、次の章では薬剤師の転職におすすめの転職サイトをランキング形式で紹介します。

3.薬剤師におすすめの大手転職サイトランキング

ここで紹介していく転職エージェントは、下記3つの基準で選んでいます。

選ぶ基準

  • 求人の数が十分である
    …薬剤師の求人も十分にあり、優良案件が多いかどうか
  • 大手企業が運営している
    …信頼と実績のある企業が提供するサービスかどうか
  • 利用者の口コミ
    …利用者からの高評価口コミが多く、満足度が高いかどうか

上記の内容を踏まえた、薬剤師の転職におすすめの転職サイトは以下の通りです。

転職サイト公開求人数 | 利用満足度
1位.
薬キャリ
3.6万件 | ★★★★☆4.2
薬剤師の総合満足度No.1!スピーディーで丁寧なサポート
2位.
マイナビ薬剤師
6.2万件 | ★★★★☆4.0
総求人数No1!選択肢を増やしたいなら登録必須
3位
ファルマスタッフ
6.1万件 | ★★★★☆4.0
数ある転職サイトの中で、調剤薬局の求人は最も多い
4位
ファーマキャリア
3.9万件 | ★★★★☆3.9
あなたの希望に合わせたオーダーメイド求人を提案してくれる
5位
リクナビ薬剤師
5.4万件 | ★★★★☆3.7
ドラッグストア転職に強い!

※求人数は2021年1月現在

それぞれ詳しく紹介していきます。

1位.薬キャリ|スピーディーで丁寧な転職サポート

『薬キャリ』は、総合満足度No1の薬剤師転職サイトです。

運営会社のエムスリーキャリアは、15年以上前から医療業界に特化したビジネスを行っていることもあり、サポート力や薬剤師転職ノウハウには信頼があります。

また、病院や医療施設などに強いコネクションを築いており、人気の高い転職先である調剤薬局や病院の求人数は業界1位、調剤薬局では業界3位と、他サービスを圧倒する求人数・質を誇ります。

業種・年齢・地域問わず、転職を考えるすべての薬剤師におすすめです。

公式サイト:
https://agent.m3career.com/

当サイトでは薬キャリのコンサルタントにインタビューを行いました!

薬キャリの強みコロナ禍における薬剤師の転職事情をお話いただいたので、転職を検討している方はぜひご覧ください。

こちらをタップ ▼
薬剤師の人生を照らす転職を――薬剤師満足度No1『薬キャリ』のコンサルタントによる「求職者ファースト」の転職支援とは

2位.マイナビ薬剤師|総求人数No1

マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』は、転職業界大手のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職サイトです。

マイナビグループの知名度と営業力を活かして全国の求人情報を網羅しており、6万3,000件以上の求人を掲載しています。

また、転職サポート力に定評があり、応募者との「面談」に力を入れているという点も特徴的です。

親身にアドバイスをしてくれるため、はじめての方でも安心して転職活動を進められるでしょう。

全国の主要都市に支店を持っており、地方在住の薬剤師の方にもおすすめです。

公式サイト:
https://pharma.mynavi.jp/

3位.ファルマスタッフ|調剤薬局の転職なら登録必須!

ファルマスタッフ』は、大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営する薬剤師転職支援サービスです。

調剤薬局の求人は、数・量ともに業界トップクラスであるため、薬局への転職を検討している方は、登録必須の転職サイトと言えるでしょう。

また、派遣求人の数を業界で最も多く保有している点も特徴です。

さらに、20年以上にわたる転職支援実績があり、蓄積されたノウハウを得られる点も大きな魅力であると言えます。

薬剤師転職では、どういった点をアピールすればよいのか、調剤薬局への転職を成功させるにはどのように準備しておけば良いのか、など具体的な方法を知ることができるでしょう。

公式サイト:
https://www.38-8931.com/

4位.ファーマキャリア|希望に沿った好条件求人を提案

『ファーマキャリア』は、オーダーメイド求人が魅力の転職サイトです。あなたの希望に合わせた好条件求人を、キャリアコンサルタントが厳選して提案してくれます。

求人の数よりも質を重視したい方におすすめです。

また、優秀なキャリアコンサルタントが担当してくれる点も特徴的です。

一人ひとりがより満足のいく転職を実現するために、非常に親身なサポートを実施しています。

公式サイト:
https://pharmacareer.jp

5位.リクナビ薬剤師|ドラッグストア転職に強い

リクナビ薬剤師

『リクナビ薬剤師』は、人材紹介最大手のリクルートが運営する薬剤師を専門に扱ったサイトです。

サービスの規模も大きく、数多くの転職実績があります。

ドラッグストアの求人や、高収入の求人が多い点も特徴です。

また「日本一の人材紹介会社」としてのノウハウが豊富であり、特に優秀なコンサルタントがいるという点も大きな強みです。

公式サイト:
https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

ここまで、薬剤師におすすめの転職サイト5選を紹介しました。

4.【目的別】おすすめの薬剤師転職サイト

ここからは、目的別におすすめの薬剤師転職サイトをまとめて紹介します。

  1. 転職活動が不安
  2. 調剤薬局への転職を希望している
  3. ドラッグストアへの転職を希望している
  4. 病院への転職を希望している
  5. 企業への転職を希望している
  6. 派遣薬剤師への転職を希望している

気になる項目があった方は、ぜひこちらでご紹介している転職サイトも登録してみてください。

4-1. 転職活動が不安な方:おすすめは『薬キャリ』

「転職活動がうまくいくか不安」という方におすすめの転職サイトは『薬キャリ』です。

薬剤師業界を熟知したコンサルタントが多数在籍しており、コロナ禍の転職事情を教えてくれたり、転職成功のためのアドバイスをしてくれたりと徹底したサポートをしてくれます。

『薬キャリ』は、総合満足度No1の薬剤師転職サイトです。

運営会社のエムスリーキャリアは、15年以上前から医療業界に特化したビジネスを行っていることもあり、サポート力や薬剤師転職ノウハウには信頼があります。

また、病院や医療施設などに強いコネクションを築いており、人気の高い転職先である調剤薬局や病院の求人数は業界1位、調剤薬局では業界3位と、他サービスを圧倒する求人数・質を誇ります。

業種・年齢・地域問わず、転職を考えるすべての薬剤師におすすめです。

公式サイト:
https://agent.m3career.com/

当サイトでは薬キャリのコンサルタントにインタビューを行いました!

薬キャリの強みコロナ禍における薬剤師の転職事情をお話いただいたので、転職を検討している方はぜひご覧ください。

こちらをタップ ▼
薬剤師の人生を照らす転職を――薬剤師満足度No1『薬キャリ』のコンサルタントによる「求職者ファースト」の転職支援とは

転職活動自体に不安を抱えている方は、『薬剤師の転職で失敗しない!体験談と転職ノウハウの全て』を参考にしてください。

4-2. 調剤薬局への転職:おすすめはファルマスタッフ

調剤薬局の求人を最も多く保有している転職サイトは、『ファルマスタッフ』です。

ファルマスタッフ』は、大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営する薬剤師転職支援サービスです。

調剤薬局の求人は、数・量ともに業界トップクラスであるため、薬局への転職を検討している方は、登録必須の転職サイトと言えるでしょう。

また、派遣求人の数を業界で最も多く保有している点も特徴です。

さらに、20年以上にわたる転職支援実績があり、蓄積されたノウハウを得られる点も大きな魅力であると言えます。

薬剤師転職では、どういった点をアピールすればよいのか、調剤薬局への転職を成功させるにはどのように準備しておけば良いのか、など具体的な方法を知ることができるでしょう。

公式サイト:
https://www.38-8931.com/

4-3. ドラッグストアへの転職:おすすめはリクナビ薬剤師

ドラッグストア転職に強い転職サイトは、『リクナビ薬剤師』です。

リクナビ薬剤師

『リクナビ薬剤師』は、人材紹介最大手のリクルートが運営する薬剤師を専門に扱ったサイトです。

サービスの規模も大きく、数多くの転職実績があります。

ドラッグストアの求人や、高収入の求人が多い点も特徴です。

また「日本一の人材紹介会社」としてのノウハウが豊富であり、特に優秀なコンサルタントがいるという点も大きな強みです。

公式サイト:
https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

4-4. 病院への転職:おすすめは『ファーマキャリア』

病院の求人を最も多く保有している転職サイトは、『ファーマキャリア』です。

『ファーマキャリア』は、オーダーメイド求人が魅力の転職サイトです。あなたの希望に合わせた好条件求人を、キャリアコンサルタントが厳選して提案してくれます。

求人の数よりも質を重視したい方におすすめです。

また、優秀なキャリアコンサルタントが担当してくれる点も特徴的です。

一人ひとりがより満足のいく転職を実現するために、非常に親身なサポートを実施しています。

公式サイト:
https://pharmacareer.jp

4-5. 企業への転職:おすすめはマイナビ薬剤師

求人数が少ない企業転職を成功させるためには、総求人数No1の『マイナビ薬剤師』がおすすめです。

マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』は、転職業界大手のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職サイトです。

マイナビグループの知名度と営業力を活かして全国の求人情報を網羅しており、6万3,000件以上の求人を掲載しています。

また、転職サポート力に定評があり、応募者との「面談」に力を入れているという点も特徴的です。

親身にアドバイスをしてくれるため、はじめての方でも安心して転職活動を進められるでしょう。

全国の主要都市に支店を持っており、地方在住の薬剤師の方にもおすすめです。

公式サイト:
https://pharma.mynavi.jp/

また、製薬業界への転職に特化した転職サイト『アンサーズ』も併用すると、さらに転職成功率が高まるでしょう。

アンサーズ

スクリーンショット 2016-03-06 15.06.51

『アンサーズ』は「製薬業界」の転職に特化している珍しい転職サイトです。

製薬業界の求人は1,500件以上と、業界最大級であり、CRA・MR・品質管理など、製薬業界の職種をほぼすべて網羅しています。

運営企業の株式会社クイックは、医療業界をはじめとする多様な業界で人材サービスを展開する大手企業です。

他の転職サイトにはない求人も掲載されているので、企業薬剤師への転職を希望する人におすすめです。

口コミ・評判

30代前半・男性・年収500万円台・調剤薬局→企業
評価:★★★★★5
調剤薬局にずっと勤めていましたが、調剤業務ばかりの日々に飽きてしまい、転職を考え始めるようになった。
薬剤師の資格や、今までの経験を活かした上で、全く違う職場への転職を、、、と考えていたところ、アンサーズの存在を知り、早速登録。今は薬事業務やDIなど、全く違った仕事にチャレンジできて、毎日楽しく働けています。

公式サイトを見る
https://answers.ten-navi.com/

4-6. 派遣薬剤師への転職:おすすめはファルマスタッフ

派遣転職におすすめは、派遣求人数がもっとも多い『ファルマスタッフ』がおすすめです。(約4,000件 / 2020年12月)

ファルマスタッフ』は、大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営する薬剤師転職支援サービスです。

調剤薬局の求人は、数・量ともに業界トップクラスであるため、薬局への転職を検討している方は、登録必須の転職サイトと言えるでしょう。

また、派遣求人の数を業界で最も多く保有している点も特徴です。

さらに、20年以上にわたる転職支援実績があり、蓄積されたノウハウを得られる点も大きな魅力であると言えます。

薬剤師転職では、どういった点をアピールすればよいのか、調剤薬局への転職を成功させるにはどのように準備しておけば良いのか、など具体的な方法を知ることができるでしょう。

公式サイト:
https://www.38-8931.com/

また、高時給の派遣求人を探したいという方は、『ファル・メイト』の併用もおすすめです。

ファル・メイト

スクリーンショット 2016-03-13 12.52.05

『ファル・メイト』は関東・関西圏に絞った派遣求人を行っており、「高時給」に特化している珍しい転職サイトです。

関東エリアでは2,800円以上、関西エリアでは2,700円以上を最低保証しているため、派遣求人数自体は少ないのですが、「高時給で働きたい!」という派遣薬剤師の方には打ってつけと言えるでしょう。

大都市での高時給派遣は数が少ないので、関東・関西エリアの薬剤師はぜひ『ファルメイト』への登録をおすすめします。

口コミ・評判

20代後半・女性・時給3000円・調剤薬局→調剤薬局への転職
評価:★★★★☆4
ネットでファルメイトが派遣に強いという口コミを見たので、ファルメイトに登録して転職先を探すことにしました。
口コミどおり、ファルメイトから自宅近くの派遣薬剤師の求人を10件以上も提示してもらい、その中の1つに無事に転職することができました。
転職後は時給もアップし、かつ昇給もあるのでそれをモチベーションに毎日頑張って仕事をしています。

公式サイトを見る
https://www.pharmate.jp/

ここまでは、目的別のおすすめ転職サイトを紹介しました。

次章では、薬剤師転職を成功させる2ポイントを紹介していきます。

5.薬剤師転職を成功させる2ポイント

薬剤師転職を成功させるポイントは以下2つです。

それぞれを詳しく紹介していきます。

5-1.希望条件に「優先順位」をつける

転職活動を始める際にやっておきたいのが、「希望条件の優先順位付け」です。

希望条件が曖昧であったり、少なすぎると、求人を探すうえで非効率です。

とはいえ、あまりにも高望みしすぎると、条件に合致する求人は探しづらくなります。

そこで、まずは希望条件をできるだけピックアップしていき、それを優先度の高い順に並べてみることをおすすめしています。

優先順位の例

  • 現職よりも給与が10%以上高い
  • できれば残業時間は月20時間以内
  • 通勤時間は短いほうが良い(が、それほど優先度は高くない)
  • 職場の規模にはこだわらない

今の職場で感じている不満や悩みを軸に考えてみると、自分が転職活動で何を重視しているのかが、徐々にはっきりとしてくるでしょう。

優先順位が決まれば、求人を検索する条件や判断する軸が明確になるので、転職活動がスムーズに進むようになります。

「優先順位をつける段階で迷いが生じてしまう」「どれを重視するべきなのか分からない」という方は、転職のプロであるエージェントに相談してみるのもおすすめです。

5-2.積極性・学習意欲を示す

転職時には、積極性・学習意欲を示しましょう。

スキルや経験が足りないからといって、転職をあきらめてしまったり、条件を緩めてしまったりするのは早計です。

もちろん採用の場において、これまでの経験が重視されることは間違いありませんが、それと同じくらい「将来性」も見極められています。

未経験の分野にチャレンジする心構えや、新しいことを日々学び続ける姿勢を示すことで、これまでのキャリアに不安がある方であっても、高評価を得ることができるでしょう。

ここまで薬剤師転職を成功させるポイントについて紹介しました。

次章では、登録すべきでない薬剤師転職サイトの特徴を紹介していきます。

6.【注意】登録すべきでない薬剤師転職サイトの特徴

登録すべきでない薬剤師転職サイトの特徴は以下3つです。

それぞれを詳しく紹介していきます。

6-1.薬剤師分野に特化していないサイト

以下の理由から、薬剤師分野に特化していないサイトは使わない方が賢明です。

  • 求人の選択肢が限られるから
  • 担当者が業界に詳しくないケースがあるから

大手総合転職サイトは、あらゆる分野・業界の求人をバランスよく扱っているため、「薬剤師の求人が多い」というわけではありません。

また、薬剤師転職に特化していないサイトは、担当者が薬剤師の業界に詳しくないというケースがほとんどです。

薬剤師業界に詳しくない担当者からでは、適切なアドバイスは期待できず、条件に合わない求人を紹介されかねません。

そのため、『薬キャリ』『マイナビ薬剤師』などの薬剤師転職に特化した転職サイトの利用がおすすめです。

6-2.「担当コンサルタントの対応が悪い」といった口コミが多い

「担当コンサルタントの対応が悪い」といった口コミが多い転職サイトは登録すべきではありません。

悪い口コミが多い転職サイトの特徴は以下の通りです。

  • 電話やメール対応が雑である
  • 電話がしつこい
  • 希望に合わない求人を紹介してくる

特に上記のような口コミが見られる転職サイトには登録しないようにしましょう。

ただ、どの転職サイトにも対応が悪いコンサルタントは必ずいるので、その際は連絡して担当者を変えてもらいましょう。

6-3.公開求人数が少ない

公開求人数が少ない転職サイトは、選択肢の幅を狭めてしまう可能性があります。

転職成功のカギは多くの求人を比較して、より自分に合った条件を見つけることです。

そのため、まずは求人数が比較的多い大手転職サイトへの登録がおすすめです。

どうしても求人が少ない場合は複数登録がおすすめ

大手転職サイトに登録しても、希望条件に合った求人を見つけることは簡単ではありません。

ですので、転職サイトに2~3社ほど登録し、選択肢の幅を広げましょう。

さいごに

今回は「薬剤師転職サイトの選び方」を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

転職サイトごとに強みや特徴が異なるため、希望する業界や会社に対して深い知識を持った転職サイトを選んで利用しましょう。

ただ、どうしても一人では答えが出せないという方は、一度登録して無料カウンセリングを受けてみるのもおすすめです。

上位3サイト(『薬キャリ』、『マイナビ薬剤師』、『ファルマスタッフ』)は薬剤師向けのサポートが特に手厚いという評価を受けているため、すべて登録しておくと、転職成功に大きく近づくでしょう。

なお、それぞれのサイトの利用者からの評判を知りたい方は、以下を参考にしてください。

あなたの人生が豊かになることを願っています。