薬剤師の転職

【2022年最新版】薬剤師年収ランキング!職場・薬局・病院・都道府県別に徹底比較

薬剤師年収ランキング

「同年代の薬剤師の年収はどれくらいなの?」
「他の人と比べて薬剤師としての私の年収は低いのでは…?」

と悩んでいませんか。

薬剤師の年収は、全薬剤師の平均年収にして約565万円です。

ただし、薬剤師の場合は就業先の業態や地域によって大きな差があるため、自分の年収が高いか低いか判定するには、観点別の年収ランキングなどで確認してみる必要があります。

そこで当記事では、医療職専門の転職アドバイザーとして多くの薬剤師の転職を支援してきた筆者が、厚生労働省のデータをもとに「薬剤師の平均年収」を徹底解説します。

続きを読む

薬剤師500人が選ぶ転職サイトおすすめ比較!口コミ評判&求人数ランキング

薬剤師転職サイトを探していても、

「評判が良く、人気な転職サイトって?」
「似たようなサイトがたくさんあって選べない…」

と悩まれる方が多いと思います。

薬剤師転職サイトは、それぞれ特徴や強みが違うため、自分に合ったサービスを選ぶのは難しいでしょう。

間違えたサイト選びをしてしまうと、「なるべく早く転職したいのに全然求人が見つからない」「焦って転職先を決めてしまった結果、人間関係が悪い職場で働くことになってしまった」など、後悔につながる可能性があります。

そこでこの記事では、転職のプロとして数多くの薬剤師転職をサポートしてきた私が、転職サイト利用経験のある薬剤師500人にアンケート調査を実施し、その結果をもとに本当におすすめできる転職サイトをまとめました。

続きを読む

【徹底解説】薬剤師がMRに転職するための全知識|仕事内容や年収、全メリット・デメリット

MRに興味がある薬剤師の方の中には

  • MRはどんな仕事なのだろう
  • 年収はどれくらいなのかな?

といった疑問をお持ちかと思います。

MRとは製薬会社の営業・広報担当者であり、平均年収は697万円です。

ただ、高年収である一方、薬剤師の他職種と比べて激務なため、転職するならまずは仕事内容や特徴をよく知り、「本当に自分に合った仕事かどうか」を考える必要があります。

そこでこの記事では、転職のプロとして多くの薬剤師転職をサポートしてきた私が「MRの仕事内容や年収」「薬剤師がMRとして働く上で知っておくべきこと」について紹介します。

続きを読む

【薬剤師転職のすべて】最新の転職事情からおすすめ転職サイトまで

【薬剤師転職のすべて】最新の転職事情からおすすめ転職サイトまで

「薬剤師の転職は厳しい?」
「薬剤師におすすめの転職サイトは?」
「薬剤師が転職で失敗しないコツは?」

とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

薬の専門家である薬剤師は、かつては需要が高く、転職しやすい職業のひとつでした。

しかし、新型コロナウイルス感染症によって経営悪化に追い込まれる事業所も多く、近年は薬剤師の人員整理や採用控えの傾向が目立ちます。

今後は薬剤師の供給過多が起きることで、さらに転職しにくい状況になるかもしれません。

厳しい見通しの薬剤師転職市場で転職を成功させるためには、最新データから転職市場の動向を捉え、将来を見据えた選択をすることが重要です。

そこでこの記事では、薬剤師の転職について以下の流れで解説していきます。

続きを読む

200人の評判でわかったマイナビ薬剤師の全メリット・デメリット

マイナビ薬剤師 評判

『マイナビ薬剤師』に本当に登録すべきなのか、信用できる評判を見てから決めたいと思いませんか?

薬剤師転職の評判を紹介するWebサイトも多数ありますが、投稿する回答者の数によって大きく左右されるため、あてにならないものも多く含まれます。

具体的には「回答数が少なすぎて、評判が偏りすぎている」「自分の転職経歴の話ばかりで、全く参考にならない」という声をよく聞きます。

このページでは『マイナビ薬剤師』の評判について、幅広い転職者からアンケート調査し、信用できる評判・口コミを集めました。

続きを読む

病院薬剤師の年収はどれくらい?年収をアップさせる方法も紹介

病院 薬剤師 年収

「病院薬剤師の年収はどれくらい?」と考えていませんか。

結論から言うと、病院薬剤師の平均年収は558万円です。

実は病院薬剤師の年収は、調剤薬局やドラッグストアなどと比べるとやや低い傾向にあります。

キャリアアップなどを目的に病院に転職する方も多いですが、給与がその際は給与がガクンと下がってしまわないか、しっかり確認しておく必要があります。

この記事では、転職コンサルタントとして数多くの薬剤師転職をアドバイスしてきた私が、病院薬剤師の年収について公的機関の調査データなどを用いながら解説していきます。
続きを読む

薬剤師向け就活サイトおすすめ7選!薬学生・既卒向けサービスと選び方を解説

薬剤師 就活サイト

「薬学生向けの就活サイトを知りたい」と考えてませんか。

薬学生の就活は、就活サイトを活用することによってより多くの情報を得られますが、サイトによってそれぞれ情報の種類や利用方法が異なるので、まずは就活サイトの選び方を正しく理解したうえで、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

そこでこの記事では、薬剤師のキャリア支援経験のある私が、「就活サイトの選び方」と「おすすめの就活サイト」について、どこよりも分かりやすく解説します。

  1. 薬剤師就活サイトは「情報サイト型」「エージェント型」で選ぶ
  2. 薬学生におすすめの就活サイト7選
  3. 就活サイトに関するよくある質問

すべて読めば、どのサイトに登録すべきか分かるでしょう。

1.薬剤師就活サイトは「情報サイト型」「エージェント型」で選ぶ

薬学生向けの就活サイトは(1)情報サイト型、(2)エージェント型の2種類あり、目的に応じて選ぶ必要があります。

情報サイト型は、薬剤師を募集している法人や次年度採用の求人情報、インターン・就職説明会の情報が掲載されている就活支援サービスです。

就活サイトと言うと一般的にはこちらを指し、たとえばマイナビやリクナビがこれに該当します。

対してエージェント型は、キャリアコンサルタントと呼ばれる専任の担当者から支援を受けながら、就職先を探す就活支援サービスです。

ほとんどの薬学生は情報サイト型で十分だが、一部の学生・既卒の方はエージェント型がおすすめ

基本的には(1)情報サイト型を選べば問題ありません。就活課の情報と併せれば、十分な求人情報を得られるでしょう。

ただし、「国試合格済み・合格見込み」で未就業の方は、(2)エージェント型の利用をおすすめします。

なぜなら、エージェント型は薬剤師就職のプロと二人三脚で就活を進めるため、短期間で就活を終えられる可能性が高いからです。

たとえば、エージェント型を使えばあなたの希望に合った職場を提案してくれるため、自ら求人を探す必要がありません。またエントリーシートの添削なども行ってくれるので、卒業済みで既卒扱いの方でも、選考で苦戦することが少なくなります。

エージェント型が適している人

  • 国試合格見込みだが、内定先が決まっていない(卒業見込み)
  • 既に国試に合格したものの、内定先が決まっていない(既卒)

では次章から薬学生・既卒者におすすめの就活サイトを、比較表でまとめて紹介します。

2.薬学生におすすめの就活サイト7選

薬学生向けの就活サイトはそれほど多くありませんが、その中でも(1)大手企業が運営しており信頼性が高い、あるいは(2)幅広い職場の求人を扱っているという観点で、以下に厳選しました。

形態特徴運営会社
薬キャリAGENT 就職支援サービスエージェント型医療業界に特化した人材企業による就職支援
(対象:国試合格・合格見込みの方)
エムスリー株式会社
(医療業界大手)
ファーネットキャリアエージェント型相談会・サポートが豊富
(対象:既卒者)
株式会社ユニヴ
リクナビ薬学情報サイト型企業就職なら登録必須のサイト
(対象:薬学生)
株式会社リクルートキャリア
(人材業界大手)
マイナビ薬学ナビ情報サイト型就活ノウハウなどのコンテンツが魅力
(対象:薬学生)
株式会社マイナビ
(人材業界大手)
薬キャリ1st情報サイト型説明会・インターン情報が豊富
(対象:薬学生)
エムスリー株式会社
(医療業界大手)
めでぃしーんねっと情報サイト型就活ノウハウの電子書籍など独自要素が豊富
(対象:薬学生)
株式会社ジェイ・ブロード
Agonistスカウト型プロフ登録するだけで企業からスカウトが届く
(対象:薬学生)
株式会社ToolPox

それぞれ詳しく紹介します。

薬キャリAGENT 就職支援サービス|薬学生に人気のエージェント型就活サイト

薬キャリエージェント

薬キャリAGENT 就職支援サービス』は、国試合格・合格見込みの方向け就活支援サービスです。

求人の紹介から応募書類の添削まで、就活のプロが一貫してサポートしてくれるので、「国試対策に時間を取られて、就活対策をしてこなかった」という方に特におすすめです。

「国試に合格したので、すぐに職場を見つけたい」「内定が決まらないまま卒業したので、既卒扱いになってしまい不安」という方は、ぜひ登録しておきましょう。

ファーネットキャリア|個別相談会を随時開催中

ファーネットキャリア

ファーネットキャリア』は、医療業界で20年以上の就職サポート実績のある株式会社ユニヴの就活支援サービスです。

もともとは転職希望者向けのサービスですが、新卒・既卒者向けのサポートも手厚く実施しています。

特に「内定が決まらないまま卒業した薬学生」「国試に失敗して内定が取り消しになった薬学生」を対象に行っている個別相談会は、他のサービスにはない強みです。

すぐに働ける職場を見つけたいという方や、今後の就職活動に不安がある方は、一度相談会に参加してみることをおすすめします。

リクナビ薬学|企業に就職するなら登録必須の就活サイト

リクナビ薬学

リクナビ薬学』は、就活の定番である「リクナビ」内に特設された、薬学生向けサイトです。

最大の強みは企業求人が豊富な点で、医薬品・医療機器メーカーや商社の求人が述べ1,000社以上掲載されています。

大手ドラッグストアや薬局チェーン、企業の研究・開発職に就職を考えているなら、登録必須のサイトと言えます。

マイナビ薬学ナビ|就活ノウハウなどのコンテンツが魅力

マイナビ 薬学生ナビ

マイナビ薬学ナビ』は、人材業界大手マイナビが運営するサイトに特設された、薬剤師向けサイトです。

最大の特徴は、就活ノウハウについてのコンテンツが豊富な点です。

「内定を獲得したエントリーシート」の例文や添削ポイント、WEB選考の対策術、模擬面接シミュレーターなど、内定につなげるためのノウハウを学ぶことができます。

求人は、大手ドラッグストアや薬局チェーン、企業の研究・開発職など400社掲載されているので、大手企業への就職を目指している方は、リクナビと併せての活用をおすすめします。

薬キャリ1st | エムスリーキャリアが運営する求人サイト

薬キャリ1st

薬キャリ1st』は、エムスリー株式会社が運営する就活情報サイトです。

エムスリー株式会社は医療業界に特化した人材紹介を行う企業で、他の人材会社よりも企業と深いコネクションがあるため、より質の高い情報が掲載されています。

たとえば、企業説明会の情報は2021年7月時点で600件以上掲載されており、またサイト内で企業の説明動画も閲覧できます。

全国のインターンシップ情報も検索できるので、早いうちからインターンを通して就活を始めたいという方におすすめです。

めでぃしーんねっと | 就活ノウハウが学べる

めでぃしーんねっと

めでぃしーんねっと』は、新卒向けエントリー情報が豊富な就活サイトです。

求人数は他のサイトと比べて少ないものの、就活ノウハウに関するコンテンツがいくつか用意されています。

たとえばサイト内で閲覧可能な電子書籍「就活バイブルめでぃマガ」では、「薬局の人事への取材」や「ワークライフバランスを重視している企業やおすすめ企業」「エントリーシートの書き方」など、就活生が気になる情報がひとまとめに網羅されています。

就活に不安を抱えている方や、志望企業が決まらない方は参考にしてみてください。

Agonist | オファー(スカウト)が届く就活サイト

Agonist

Agonist』は、プロフィールを登録するだけで企業からのオファー(スカウト)が届く就活サイトです。

他の就活サイトと異なり、自ら求人を探す必要はありません。登録したプロフィールを見た企業の方からオファーが届き、その中で気になる求人があれば、企業と直接やり取りできます。

実務実習や卒論などで就活をする時間がないという方に、特におすすめです。

また専門のアドバイザーに相談もできるので、就職先に迷っている方も活用してみると良いでしょう。

3.就活サイトに関するよくある質問

さいごに就活サイトに関するよくある質問をまとめました。

疑問点があれば解消しておきましょう。

Q1.就活サイトはどうやって使えば良いですか?

トップページから会員登録をすれば、すべてのサービスが利用できるようになります。

会員登録に必要な情報

  • 基本情報(氏名、性別、生年月日)
  • 住所、メールアドレス
  • 所属大学名

なおエージェント型サイトの場合、 登録後に担当者から連絡があり、就活の状況や希望条件などのヒアリングが行われます。

Q2.就活サイトの利用にお金はかかりますか?

お金は一切かかりません。情報型就活サイトは、求人広告の掲載費で運営されているからです。薬学生にお金がかかることはありません。

エージェント型のサイトの場合も同様で、求職者の内定が決まった際に、仲介料が企業からサイト側に支払われることになります。

Q3.就活サイト以外に求人を探す手段はありますか?

就活サイト以外の求人探しの手段は以下の通りです。

就活サイト以外の求人探し手段

  • 大学の就活課
  • 職場に直接応募
  • ハローワーク(既卒者)
  • 人材紹介会社(既卒者)

就活サイトに求人を載せているのは大手企業が多いので、中小規模の薬局や病院で働きたいと考えている場合は、就活サイトを使わず、大学の就活課に掲載される求人に応募、あるいは薬局・病院に直接応募することをおすすめします。

Q4.エージェント型のサポートは電話でも受けられますか?

サービス次第ですが、たとえば当記事で紹介した『薬キャリAGENT 就職支援サービス』は、すべてのやり取りが電話で行われます。

お電話にて個人面談を行います。会社に関することや悩み等、何でもご相談ください。(公式ページより)

Q5.就活サイトは複数登録した方が良いのですか?

複数登録をおすすめします。なぜなら「特定の就活サイトにしか掲載されていない求人」が存在するからです。複数の就活サイトを使えば、選択肢がグッと広がります。

さいごに

薬学生向けの就活サイトを紹介しました。

就活サイトにはそれぞれ求人の種類やコンテンツ、強みが異なるので、気になったものをいくつか使ってみることをおすすめします。

自分の理想の就職先を見つけるためにも、積極的に活用していきましょう。

あなたの就職活動が上手くいくことを陰ながら祈っております。

======

 

薬剤師として化粧品会社に転職するための全知識|年収から仕事内容まで徹底解説

薬剤師 化粧品

化粧品会社への転職を考えつつも

  • 薬剤師の募集って少ないのかな?
  • 化粧品会社への転職の難易度は高い?

と気になっている薬剤師の方も多いでしょう。

結論、化粧品会社には薬剤師の募集がありますが、求人数は非常に少なく、募集が限られているため、高い競争率の中から狭き門を潜り抜ける必要があります。

そのため、転職を成功させるためには、化粧品会社勤務の薬剤師の基本情報を知ったうえで、念入りな選考対策を行うことが必要となってきます。

そこでこの記事では、薬剤師転職をサポートしてきた私が「化粧品業界の薬剤師の働き方」や「化粧品業界への転職のコツ」を解説します。

続きを読む

200人の評判でわかった薬キャリの全メリット・デメリット

薬キャリ 評判

『薬キャリ(エムスリーキャリア)』に本当に登録すべきなのか、信用できる評判を見てから決めたいと思いませんか?

薬剤師転職の評判を紹介するWebサイトも多数ありますが、投稿する回答者の数によって大きく左右されるため、あてにならないものも多く含まれます。

具体的には「回答数が少なすぎて、評判が偏りすぎている」「自分の転職経歴の話ばかりで、全く参考にならない」という声をよく聞きます。

このページでは『薬キャリ』の評判について、幅広い転職者からアンケート調査し、信用できる評判・口コミを集めました。
続きを読む

ドラッグストア薬剤師の仕事内容や年収は?転職方法や薬局との違いも解説!

ドラッグストアでの薬剤師の仕事に関心を持っている人の中には、

  • 「仕事内容を詳しく知りたい」
  • 「年収は高いの?」

という疑問があるでしょう。

結論として、ドラッグストア薬剤師の仕事内容は調剤以外にも特有の業務があり、平均年収は600万円程度と高い水準にあります。

この記事では、転職のプロとして多くの転職者をサポートしてきた私が、ドラッグストア薬剤師の仕事内容や、年収・福利厚生、その転職方法について紹介します。

続きを読む

薬事申請とは?必要なスキルや業務内容・手続きの流れをまとめてご紹介

薬事申請という仕事が気になっている方の中には、

  • 「そもそも薬事申請とはどのような仕事なのだろう」
  • 「業務の具体的なイメージが掴みづらい」

という方も多いでしょう。

薬事申請とは、企業が開発した薬事申請とは医薬品・医療機器の承認申請を行う仕事です。

新たな商品を世に送り出す重要な役割を担います。

この記事では、薬剤師転職のプロとして業界に携わってきた私が、「薬事申請の具体的な仕事内容」「必要なスキル」について解説していきます。

続きを読む

【福岡県】人気の薬剤師転職サイト5選!県内の転職市場の最新動向&求人探し全手段

薬剤師 転職 福岡

福岡県内での薬剤師転職をお考えですね。

薬剤師転職は、自分の希望条件に合う求人をどれだけ多く得られるかがカギとなります。

求人情報にうまくアクセスできないと、「早く転職したいのに全然求人が見つからない」「少ない選択肢から妥協して転職先を決めた結果、人間関係が悪い職場だった」といった事態になりかねません。

そこでこの記事では、福岡県内での転職をお考えの薬剤師の方に向けて、県内の薬剤師求人探しにおすすめの転職サイトや転職事情、転職活動の流れを徹底的に解説します。

続きを読む

30代薬剤師は転職できる?キャリアアップ成功に必須の7つのポイント

30代の薬剤師の中には

  • 30代で転職しても良いの?
  • コロナの影響で転職は難しくなってる?

と考えている人も多いのではないでしょうか。

結論として、コロナ禍でも若手薬剤師の需要は高いため、それほど長期に渡る転職活動をしなくても、次の職場は見つかるでしょう。

ただ、無計画に行動するのではなく、転職市場の情報や転職を成功させるコツを事前に押さえておく必要があります。

そこで本記事では転職のプロとして多くの薬剤師転職をサポートしてきた私が「30代薬剤師が転職する上で押さえるべきポイント」を解説します。

続きを読む

50代薬剤師は転職できる?求人の正しい探し方&おすすめ転職先を徹底解説

50代で転職を考えていても

「50代だと転職は難しいのだろうか」
「そもそも50代になって転職できるのだろうか」

という不安があると思います。

結論から申し上げると、50代であっても転職することは可能ですが、30~40代と比べて不利となりやすいです。

このため、ポイントを押さえ、適切な方法で転職活動を行う必要があります。

続きを読む

なぜ?薬剤師転職サイトは選ぶなと言われる理由&本当に選ぶべき転職サイトとは

薬剤師 転職サイト 選ぶな

「なぜ薬剤師は転職サイトを選ぶなと言われるの?」「選んじゃいけない転職サイトはあるの?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

薬剤師向けの転職サイトは数多く存在しており、中には薬剤師さんの転職に不向きなサイトもあります。

事実、自分に合わない転職サイトを使ってしまい、「転職サイトは使わない方がいい」「薬剤師は転職サイトを選ぶな」と感じている方もいます。

しかし、新型コロナウイルス感染症の流行により、薬剤師の転職市場は厳しい状況が続いています。

転職を成功させるためには、転職サイトを使うべきかをしっかり見極め、自分に合った転職サイトを利用することが大切です。

そこでこの記事では、医療業界の転職事情に詳しい私が、薬剤師転職サイトについて以下の流れで解説していきます。

続きを読む

漢方薬剤師になるには?その方法や必要なスキル経験、メリットデメリットまで紹介

漢方薬剤師になるには

「漢方薬剤師になるには、どうしたらよい?」
「どうすればなれるのだろう…?」

と考えていませんか。

漢方薬剤師になるために、必須の資格はありません。

ただ、漢方薬剤師として仕事をする上では、漢方薬に関する深い知識が求められるため、漢方薬・生薬認定薬剤師や漢方アドバイザーの資格を取得する、漢方に関する勉強会に参加することがおすすめです。

そこでこの記事では、元薬剤師で転職コンサルタントの私が、漢方薬剤師になるための方法や、必要なスキルについてお伝えします。

続きを読む

【島根県】人気の薬剤師転職サイト5選!県内の転職市場の最新動向&求人探し全手段

薬剤師 転職 島根

島根県内での薬剤師転職をお考えですね。

薬剤師転職は、自分の希望条件に合う求人をどれだけ多く得られるかがカギとなります。

求人情報にうまくアクセスできないと、「早く転職したいのに全然求人が見つからない」「少ない選択肢から妥協して転職先を決めた結果、人間関係が悪い職場だった」といった事態になりかねません。

そこでこの記事では、島根県内での転職をお考えの薬剤師の方に向けて、県内の薬剤師求人探しにおすすめの転職サイトや転職事情、転職活動の流れを徹底的に解説します。

続きを読む

派遣薬剤師の年収と高年収求人を探すための全知識

薬剤師 派遣 年収

「派遣薬剤師として働くと、年収はどの程度なんだろう?」と考えていませんか?

多くの転職サイトで「高年収の派遣薬剤師」との求人が出ている一方で、「高年収すぎる派遣薬剤師は、何か裏があるのでは…」と不安に思う人も多いのではないでしょうか。

結論から申し上げますと、派遣薬剤師の年収が高い事は間違いありませんが、高年収すぎる求人には問題もあるケースが多いと言えます。

このページでは、転職コンサルタントとして数多くの薬剤師転職をアドバイスしてきた知見と経験をもとに、薬剤師派遣についてご紹介します。

続きを読む

【2022最新】薬剤師の年収はどれくらい?年収アップを叶えるコツとは

薬剤師の年収はどれくらい?年収アップを叶えるコツとは

「薬剤師の年収はどれくらい?」
「自分の職場は相場より低いのかな」
と考えていませんか。

薬剤師の平均年収は565万円と年収が高めの職業です。

薬剤師の年収は職場選びで決まりますドラッグストアや製薬企業など、給与水準の高い職場へ転職すれば年収アップが叶うことも多いです。
またスキルを身につけて管理薬剤師や在宅医療薬剤師などの役職として転職すると、市場価値が高まり、長期的に高年収が得られるでしょう。

ただし、給料面だけで職場を選ぶと、昇給率の低さや労働時間の長さに不満を抱えることもあります。転職時の注意点も併せて紹介します。

この記事では、薬剤師専門の転職エージェントとして多くの薬剤師を支援してきた私が、最新のデータと薬剤師72人に行ったアンケートをもとに、薬剤師の年収相場を徹底分析し、年収が低いとも高いとも言われる理由や、年収アップを叶える方法を説明します。

続きを読む