薬剤師が転職するなら必ず知るべき状況別アドバイス7選

薬剤師 転職 アドバイス

薬剤師として働いているなかで、「もう薬剤師辞めたい…」「思い切って転職したけど失敗した…」と悩んでいませんか?

最近はドラッグストアの求人が一年中出るようになったので、転職自体は時期を問わず可能になりましたが、「今の職場はつらいけど、すぐ辞めていいのだろうか…」「思い切って転職したけど、ブラックな職場で失敗した…」と悩んでいる人はとても多いのです。

このページでは、転職コンサルタントとして数多くの薬剤師転職をアドバイスしてきた知見と経験をもとに、「本当に辞めていいの?」「失敗しない転職するには何に気を付ければいいの?」の2点について本質的な考え方をご紹介します。

  1. 「薬剤師を辞めたい!」体験談
  2. 薬剤師を辞めたいと感じる場面は7つ
  3. 「今すぐ辞めるべきか?」が分かる3つのアドバイス
  4. 「転職して失敗した!」体験談
  5. 薬剤師転職で失敗したと感じる場面は4つ
  6. 薬剤師転職で失敗しないための4つのアドバイス
  7. 失敗しない転職を実現する転職サイト5選

このページを全て読むと「失敗しない薬剤師の転職ノウハウと本質的なアドバイス」への理解が深まり、転職活動を円滑に進めることができます。

<2019年11月:薬剤師転職の最新情報>

11月は、転職するには狙い目のタイミングです。

なぜなら、人員増強のための求人が出されやすく、期待の大きいポジションが出やすいためです。

ライバルに越されないよう準備をして、転職活動を有利に進めましょう!

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『薬キャリ』『マイナビ薬剤師』など)に登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後、転職エージェントからの連絡に細目に対応することがポイントです。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。

1. 「薬剤師を辞めたい!」体験談

口コミ・評判

名前 M.Kさん(30歳)
毎日辛くて、仕事に行くのが嫌でたまりません…。薬剤師を辞めようかと考えています…。

一般的に、薬剤師は就職しやすい仕事と言われますが、「仕事や職場がつらくて辞めたい…」と感じ、多くの方が転職相談に来られます

人生で大きな決断となる退職を決断する時には、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?

まずは、実際の体験談から「薬剤師がつらくて辞めたい」と感じるタイミングや、退職に至った際の苦しい状況をご紹介します。

1-1. 仕事がうまくいかない…

口コミ・評判

Y.M.さん(20代前半)
調剤薬局勤務
ある中小調剤薬局に勤めて1年半になります。毎日私なりに頑張っているつもりですが、なかなか仕事ができるようになりません。
私の勤めている調剤薬局は、1日一人辺りの処方箋が40枚程度と多く、総合科目なので種類も豊富です。採用薬を覚えるだけでも大変ですが、土曜・月曜午前などのピーク時はスピードも求められるので、すぐに混乱しミスしてしまいます。
また、先輩の女性薬剤師が厳しい人で、「1年働いているのに、こんな事も覚えていないの」と嫌味を言われる日々です。薬剤師の人数も多くない薬局なので、毎日が辛く仕事に行きたくありません…。

「仕事がうまくいかない…」と悩んでいる方のケース

このような悩みは「新卒で働き始めて3年目まで」の方に良くあるケースです。

大学で薬学を専攻し、いよいよ実際の仕事がスタートすると意気込んでいたのに、なかなか仕事ができるようにならないと苦労されている方は多くいらっしゃるようです。

さらに、上記のMさんのように「仕事ができないレッテル」を貼られてしまうと、ちょっとした事でも嫌味を言われたり怒られたりと、辛い日々が続いてしまいます。

特に調剤薬局といった小さい職場環境だと、こういったレッテルを剥がすのは大変で、辛い環境が続いてしまうかもしれません。

1-2. 人間関係や職場環境が合わない…

口コミ・評判

N.S.(20代前半)
ドラッグストア勤務
和気あいあいとした雰囲気で、幅広くキャリアを積みたいと考えてドラッグストアに就職しました。勤務先は家から遠く、初めての一人暮らしにもワクワクしていたのですが、働き始めるとすぐに「失敗した」と感じるようになりました。
辛いことはたくさんあるのですが、何よりも嫌なのは職場の人間関係なんです。入社しようと思った時は「明るくて元気な職場だよ!」と聞いていましたが、現場の店舗ではギクシャクした人間関係ばかりで、少しでもミスをすると「またSさんがミスしたそうよ」と陰口を聞こえるように言われます。
休憩時間も、「あの人は仕事ができないね」「仕事がしんどい」「早く辞めたい」と愚痴や不満ばかり。本当につらく、入社した時のワクワクしていた気持ちがすっかり消えてしまいました…。

「人間関係や職場環境が合わない…」と悩んでいる方のケース

このような悩みは「ドラッグストアに限らず、薬剤師の多くの方が悩んでいる」ようです。

特に薬剤師は女性が多い職場なので、女性特有の人間関係に疲れてしまったという転職希望者は大変多くいらっしゃいます。

人間関係の悩みは、本当につらいですよね。

自分だけで解決する事も難しく、特に薬剤師は同じ人間関係のまま仕事が続いていくので、なかなか悩みが解決しないケースが大半のようです。

1-3. 給与が低い…

口コミ・評判

S.M.さん(20代後半)
病院勤務
新卒から地元の病院で働いています。幼い時に病気を患った事があり、働き始めた当初はやりがいを感じていました。しかし、最近あまりにも給与が低い事に気づいてしまいました。
大学の友達と会うと、ときどき給与の話になるのですが、明らかに私の年収が一番低いのです。仕事は夜勤もあり、つらい場面もたくさんあります。それなのに、ドラッグストアに勤めている友人にはもちろん、定時で毎日帰る友人よりも給与が低い事がわかった時には、正直ショックでした。
どうやら、他の病院に比べても給与が低い職場のようです。もちろん、お金が全てで無いと分かっています。仕事にはやりがいも感じています。しかし、このまま仕事を続けていくのか、疑問を日々感じています…。

「給与が低い…」と悩んでいる方のケース

このような悩みは「病院・調剤薬局勤務」の方に良くあるケースです。

病院薬剤師は初任給が低い事で有名ですし、調剤薬局も初任給は悪くないのですが、その後の昇給が見込めない職場がほとんどです。

「お金が全てではない」と分かっていても、働いた見返りの給与が低いとつらいですよね。

給与が問題で転職相談に来られる薬剤師の多くが、「悪くない職場だが、このままの給与で働き続けるのは正直つらい」とお話されます。

2. 薬剤師を辞めたいと感じる場面は7つ

1章の体験談は、どのケースも大変つらい思いをされて、私に相談に来られた方々です。

皆さんとしっかりお話させて頂き、色々悩まれた上で「今の職場に残って、条件を改善された」人もいれば、「今の職場には未来が無いと判断し、転職を決意された」人もいました。

では「薬剤師を辞めたい」と感じる場面は、他にどんなシーンがあるのでしょうか?

「薬剤師を辞めたい」と感じるシーン

  • 仕事がうまくいかない…
  • 大きなミスをしてしまった…
  • 同僚との人間関係が合わない…
  • 上司との人間関係が合わない…
  • 仕事のフォロー・教育体制がない…
  • 給与が低い…
  • 長時間労働が続く…

「薬剤師を辞めたい…」と悩んでいる皆さんは、上記のシーンのどれか、または複数当てはまるのでは無いでしょうか?

3. 「今すぐ辞めるべきか?」が分かる3つのアドバイス

上記7つのシーンは、つらい思いをされている転職希望者のご状況なのですが、全員が転職されたわけではなく、中には「今の職場に残って、条件を改善された」方もいらっしゃいます。

では、どんな状況の薬剤師は「今の職場に残るべき」で、どんな薬剤師は「今すぐ辞めるべき」なのでしょうか?転職コンサルタントとして、数多くの転職相談する中で見えてきた判断軸をご紹介します。

3-1. 「今の職場に残る」ことを検討しても良い

  • 仕事がうまくいかない…
  • 大きなミスをしてしまった…

上記2つのシーンで悩んでいる薬剤師の皆さんには、「今の職場に残ることを検討して頂いても良いのでは」とアドバイスしています。

「仕事がうまくいかない…」と悩んでいる方

薬剤師として働き始めて3年以内で「仕事がうまくいかない…」と悩んでいる皆さんには、今の職場に残ることを検討するようにアドバイスしています。一般的に「1万時間の法則=3年程度働く」と、誰でもある程度仕事ができるようになり、1万時間働いていないと、どんな人でもプロフェッショナルにはなれないと言われております。

働き始めて3年以内の方は、もう少し頑張ってみても良いのでは無いでしょうか?

一方で、下記にお伝えするように「仕事のフォロー・教育体制がない」職場は、すぐに辞めることをおすすめしています。調剤薬局なら他の調剤薬局に、といったように別の職場で1万時間働くことは問題ありません。

「大きなミスをしてしまった…」と悩んでいる方

どんなにベテランの方でも、ミスはつきものです。大きなミスをしてしまった…と悩んでいる皆さんには、「他の薬剤師の方も同じように悩んでいるので、信頼できる同僚に相談してみては?」とアドバイスしています。悩み相談をきっかけに、同僚と仲良くなれたという方もいらっしゃるようですよ。

しかし、もしあなたが一つのミスをきっかけに「いつもミスする薬剤師だ」「仕事ができない人だ」とレッテルを貼られてしまっているなら、状況は変わります。残念ながら、マイナス評価のレッテルを剥がすことはとても大変です。職場異動か、転職を検討した方が良いでしょう。

3-2. 「職場異動を相談」して、受け入れられなければ「転職」を検討すべき

  • 同僚との人間関係が合わない…
  • 上司との人間関係が合わない…

上記2つのシーンで悩んでいる薬剤師の皆さんには、「職場異動を相談して、受け入れられなければ転職しましょう」とアドバイスしています。人の問題は、場所が変われば改善される事が大半です。

「同僚との人間関係が合わない…」と悩んでいる方

仕事でトラブルがあった人や、仕事をさぼる人、陰湿で陰口ばかり言う人など、合わない人と狭い職場内で一緒に働くのは本当につらいですよね。勇気を出して上司などに相談される方もいらっしゃいますが、残念ながら、こういった問題が改善されるケースはほとんどありません。

よく「人事(ひとごと)の問題は、人事異動でしか解決しない」と言います。耐えるよりも「職場異動」を相談してみて、受け入れられなければ「転職」を検討された方が良いと思いますよ。

「上司との人間関係が合わない…」と悩んでいる方

上司との人間関係が合わないケースは、同僚以上に厄介でつらいものですよね。エリアマネジャーなど、上司の上司に相談する事も可能ではありますが、私は「余計に人間関係がこじれる場合がほとんどですよ」とアドバイスしています。

このケースも、我慢していても改善される事はほとんどありません。病院や中小病院といった「職場異動」ができないような方だと、「転職」を検討されても良いと思います。

3-3. 「今すぐ辞めて転職」を検討すべき

  • 仕事のフォロー・教育体制がない…
  • 給与が低い…
  • 長時間労働が続く…

上記3つのシーンで悩んでいる薬剤師の皆さんには、「今すぐ辞めて転職を検討しても良いと思いますよ」とアドバイスしています。

会社の問題は、どこかに相談したり我慢したりしても、改善されない事が大半なのです。

「仕事のフォロー・教育体制がない…」と悩んでいる方

新卒・未経験転職された方や、少ない薬剤師数で頑張っている方は、仕事のフォローや教育体制が無い職場だと大変ですよね。

まずは本社や人事に相談してみるのも一手ですが、私の経験則上だと、これは職場の問題でなく会社の問題です。

大きな声で言えないですが「仕事フォローが無いんです…」と相談される薬剤師の場合、同じ調剤薬局・ドラッグストアなど出身の薬剤師の方からも、同様の相談を受けているケースが多いのです。

店舗異動しても問題が解決される事はなく、「今すぐ転職を検討してはどうでしょうか?」とアドバイスしています。

「給与が低い…」と悩んでいる方

病院や調剤薬局に勤めている場合、「ドラッグストアや企業に就職した友人と比べると給与が低い…」と悩む方は多いようです。

仕事をしている限り給与は大事な問題ですが、病院や調剤薬局だと給与が上がるポジションは多くありません。

職場環境にも寄りますが、給与を上げるために転職は一つの選択肢だと思います。どうしても給与が低い事がつらいのであれば、ぜひ転職を検討される事をおすすめします。

「長時間労働が続く…」と悩んでいる方

ドラッグストア・病院に勤めている皆さんだと、「長時間労働が続いてつらい」「休みの日も寝てばかり」と悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

長時間労働に見合うやりがいや対価があれば頑張れますが、体調不良やウツ状況になってしまっては元も子もありませんね。

このケースも、職場や上司に相談しても「考慮するよ」と言われる程度で、状況が大きく変わる事はほぼありません。

あなたの人生の優先順位をしっかり考え直して、転職を検討される事をおすすめします。

4. 「転職して失敗した!」体験談

一般的に、薬剤師は転職しやすい仕事と言われていますが、一方で「いい仕事だと思って転職したのに失敗した…」と後悔する人も多くいるのも事実です。

人生で大きな決断となる転職で失敗しないためには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?

実際の体験談から「転職に失敗してしまったケース」をご紹介します。

4-1. 待遇は良かったが人間関係が悪くてつらい…

口コミ・評判

A.H.さん(20代後半)
調剤薬局(中小) → 調剤薬局(大手)
ある中小調剤薬局に勤めていましたが、周りの同僚が何人も転職する姿を見て、自分も転職して今まで以上にいい環境を手に入れようと考えてしまいました。最寄駅で今よりも待遇のいい大手調剤薬局を目にしたので、深く考えずに面接を受けにいくと採用担当も親身に話を聞いてくれ、その場で転職を決断しました。
驚くほど人間関係がギスギスしている事を知ったのは、転職初日。管理薬剤師は事務員さんに横柄な態度を取り、同僚は仕事の愚痴や他人の悪口ばかり・・・。家からは近い職場でしたが、サービス残業が想像以上に多く、帰宅時間は以前より遅いくらいです。転職して3ヶ月ですが、次の転職を検討しています。

A.H.さんが失敗したポイント:「職場の雰囲気を事前に確認しなかった」

この失敗は「同じ職種での転職」をされる方に良くあるケースです。

仕事には慣れており、今までよりも「家が近い」「給与がいい」といったプラスの面を重視し、「採用担当者の人柄がいいから」と転職を決断してしまう失敗例です。

あなたの職場環境よりも「雰囲気の良くない職場」はどこにでもあるものです。

必ず、実際の店舗や職場を自分の目で見て、「この人だったら一緒に働けるかな」と判断した後の転職をおすすめします。

4-2. 未経験の仕事に慣れる事ができなかった…

口コミ・評判

Y.N.さん(20代後半)
病院→調剤薬局(中小)
大学卒業後、将来的なキャリアを重視して、急性期病院での薬剤師として働いていました。仕事は大変でしたが、患者さんの笑顔を見ると疲れは吹き飛び、日々やりがいを感じていました。20代後半で子供ができ、出産と共に円満退職。1年間の育児期間を取った後に、「長く働ける職場を」と思い、家から近い小さな調剤薬局に転職しました。
病院で働いていたので、調剤薬局での働き方をイメージできると思っていたのですが、中小の調剤薬局なので研修は特になく、保険制度なども独学。1人調剤の時間も多く、しばしばミスする事も。特に先輩のフォロー制度といったものもなく、とても辛い半年でした。子供がもう少し大きくなるまで休職しようかと思っています。

Y.N.さんが失敗したポイント:「未経験転職で、フォローや研修の少ない中小を選んでしまった」

この失敗は上記例に留まらず「20代後半の転職者」に良くあるケースです。

キャリアチェンジしようと未経験転職を検討する際に「フォローや研修の少ない中小」を選んでしまい、なかなか仕事に慣れる事ができない失敗例です。

大手 /中小どちらも良さがありますが、未経験で転職する際には「大手」を選びましょう。

転職面接で「研修・フォロー」がどの程度充実しているか聞いてみる事も大切ですよ。

5. 薬剤師転職で失敗したと感じる場面は4つ

4章の体験談は転職先で大変つらい思いをされて、私に相談に来られた方々です。

せっかく転職したのに「転職で失敗した」と感じる場面は、他にどんなシーンがあるのでしょうか?

「薬剤師転職で失敗した」と感じるシーン

  • 待遇は良かったが、人間関係が悪くてつらい…
  • 残業が多く、体を壊してしまった…
  • 未経験の仕事に慣れる事ができなかった…
  • 肩書き(漢方薬局など)だけで決めてしまった…

「薬剤師転職で失敗した…」と悩んでいる皆さんは、上記のシーンのどれか、または複数当てはまるのでは無いでしょうか?

6. 薬剤師転職で失敗しないための4つのアドバイス

口コミ・評判

名前 M.Kさん(30歳)
では、転職で失敗しないためのアドバイスを教えて下さい。

6章では、転職で失敗して後悔しないための転職アドバイスをお伝えします。

転職で失敗しないための4つのアドバイス

  • 転職面接前後で働く職場を必ず見に行き、可能であれば直接話す
  • 待遇だけでなく、自分の合った仕事の条件を考える
  • 未経験転職で迷った時は、大手を選ぶ
  • 転職エージェントには、正直に希望を全て伝える

この中で、特にお伝えしたい2点を詳しくご説明します。

6-1. 未経験転職で迷った時は、大手を選ぶ

よく転職希望者から「未経験転職は怖いので、楽に業務ができそうな中小企業の方が良いと思うのですが…」と相談される事がありますが、これは大きな間違いです。

大手企業は、どこも業績拡大で店舗を増やすために未経験採用を増やしているので「未経験転職者の扱いに慣れて」います。

転職後スムーズな立ち上がりが難しい方でも、しっかりとしたフォロー体制が組まれており、特に導入研修は大変充実しています。

まずは「入社後のフォロー」が手厚い大手を選ぶ事をおすすめします。

6-2. 転職コンサルタントには、正直に希望を全て伝える

特に初めての転職の際には、「転職自体も大変」ですが「転職した後も大変」なチャレンジです。

少しでも転職を成功させるために、自分に合った風土の職場・入社後のフォローが丁寧な職場をしっかりと教えもらう事をおすすめします。

また、転職面接対策や入社後の条件交渉など、なかなか一人ではできないものも多くあります。

転職コンサルタントとの相談は基本的に無料ですので、利用しない手は無いと言えます。

7. 失敗しない転職を実現する転職サイト5選

6章でお伝えした通り、転職成功を実現するためには、転職コンサルタントに相談する事をおすすめします。

転職サイトへ登録する際は【転職サポートが十分か?】という観点で探し、職場の状況について教えてもらうようにしましょう。

【求人をしっかり提案してくれるか?】という観点も併せて、おすすめの転職サイトを5つピックアップしました。

 求人数サポート提案力特徴
薬キャリ◎4.1◎ 4.3◎4.1 抜群にスピーディで丁寧な転職サポートが強み。
マイナビ薬剤師◯3.6◎ 4.4◯3.5全国主要都市で面談を実施。面接が不安な人におすすめ。
ファーマキャリア◯3.9〇3.9◎4.2希望に沿った好条件求人を提案。コンサルタントが優秀
ファルマスタッフ◎4.5◯3.8◯3.6総求人数は業界トップクラス。調剤薬局求人に強み。

リクナビ薬剤師

〇4.0△3.4◎4.3大手故に求人やコンサルタントの質が安定している

転職エージェントは、担当するキャリアアドバイザーの相性や質が重要ですから、数社登録して面談をしてみて、一番良いと思ったところを活用することをおすすめします

どこに登録すればいいかわからない方は 、口コミ評判が高い『薬キャリ』と、転職エージェントのサポート力に評判が集まっている『マイナビ薬剤師』を同時に登録して、2社とも試しに面談を受けてみるとスムーズに転職活動が進むでしょう。

面談を受けて、最終的に転職をしないことに決めても全く問題ないので、まずは気軽な気持ちで一歩を踏み出してみて下さいね。登録自体は3分程度です。もちろん完全無料で費用等は一切かかりません。

以下で、筆者がおススメするエージェントを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

7-1. 薬キャリ|スピーディで丁寧な転職サポート

薬キャリ

『薬キャリ』は、SONYグループが分社してできた薬剤師転職支援サイトです。

15年以上前から医療業界に特化したビジネスを行っていたこともあり、病院や医療施設などにおいて圧倒的な知名度を誇ります。

その特徴は何と言ってもオールマイティさです。

また、転職人気の高い病院薬剤師(業界1位)や、調剤薬局(業界3位)以外にも、企業薬剤師求人数も業界1位と様々な職種に強い転職サイトです。

病院とのコネクションが強く、業界や転職の裏事情にも強いと評判です。

さらに、200人の口コミ比較でわかった薬剤師転職おすすめランキングによると、転職サポートが抜群にスピーディな事が分かりました。

転職できるまでのフォローが丁寧という口コミも多く、希望店舗の内情をしっかりヒアリングしてみることをおすすめします。

口コミ・評判
T. K. さん(20代後半)
調剤薬局→ドラッグストア
初めての転職で薬剤師転職に強いと評判のサイトに登録したが、電話やメールが遅くて不安になり、ネットの評判が良かった薬キャリに登録しました。
登録後、すぐに電話と求人を頂け、その後の対応も大変スピーディでした。転職しようと考えていた求人をいくつか伝えると、「◯◯は職場環境が厳しいのでおすすめしない」と内情も教えて頂けました。
なにより担当の方が親身に対応してくれたのでスムーズに転職することができました。

公式サイトを見る
https://pcareer.m3.com/

7-2. マイナビ薬剤師|サポートが厚い

マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』は、リクルートと並ぶ転職業界最大手のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職支援サービスです。

マイナビグループの知名度と営業力を活かして全国の求人情報を網羅し、豊富な求人数を抱えているのも特徴です。

マイナビ薬剤師は応募者との「面談」に力を入れており、親身にアドバイスをしてくれる事で有名です。

全国の主要都市に支店を持っており、地方在住の薬剤師の方でもおすすめできます。

公式サイトを見る
https://pharma.mynavi.jp/

7-3. ファーマキャリア|希望に沿った好条件求人を提案

『ファーマキャリア』は、薬剤師専門の転職エージェントで、希望に合わせた好条件求人をオーダーメイドで提案してくれることが特徴です。

求人数は全部で約25,000件ほどあり、電話対応可なのでいつでも気軽に相談できます。

ファーマキャリアには、優秀なコンサルタントが揃っており、一人ひとりがより満足のいく転職を実現するために、非常に親身なサポートを実施しているので、ぜひ登録しておきましょう。

公式サイトを見る
https://pharmacareer.jp

7-4. ファルマスタッフ|日本調剤グループ・調剤薬局求人数で業界最大級

『ファルマスタッフ』は大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営する薬剤師転職支援サービスです。

もともと、出身母体である調剤薬局を中心に扱っていた転職サイトですが、そのネームバリューで病院・ドラッグストアなどでも求人を多く掲載しており、「求人の質・量」は業界トップクラスという評価です。

また口コミ評判によると、面接が不安な転職者向けの面接同行サービスも高い評価を受けています。

面接が不安な方は、登録しておいて損は無い転職サイトだと言えるでしょう。

公式サイトを見る
https://www.38-8931.com/

7-5. リクナビ薬剤師|優秀なコンサルタントが多い

リクナビ薬剤師

『リクナビ薬剤師』は、人材紹介最大手のリクルートが運営する薬剤師を専門に扱ったサイトで、高い評判と多くの転職実績があります。

ドラッグストア求人・高収入求人で業界1位と、大手とのコネクションが強いリクナビ薬剤師ですが、強みは何と言っても「日本一の人材紹介会社」としてのノウハウが豊富で優秀なコンサルタント

求人紹介だけでなく、希望の求人店舗から欠員補充採用があった際に、いち早く連絡をもらう事ができます。

特に初めて転職する方は、『リクナビ薬剤師』の転職エージェントに相談して損はないでしょう。

ネット上での登録の後、必ず対面での面談を申し込む事をおすすめします。

公式サイトを見る
https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

さいごに

「薬剤師転職」について、少しでもヒントになればとアドバイスをお伝えしましたが、いかがでしたか?

「薬剤師を辞めたい」「薬剤師転職で失敗した」とつらい思いをされている方はたくさんいます。

私がお伝えできるアドバイスは「今の職場を辞めるべきか判断する」点と「失敗しない転職のコツを守る」という2点です。

今の仕事がつらくて苦しい時に、少しでもお力添えできれば嬉しく思います。

失敗しない転職を実現する転職サイト5選

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。