薬局薬剤師の仕事内容は?やりがいや勤めるメリット・デメリットとともに解説

薬局薬剤師について

  • 薬局薬剤師の仕事内容は?
  • どんなメリット・デメリットがあるのだろうか?

とお考えではないでしょうか。

薬局薬剤師は、医師からの処方箋を受け取り、患者さんに薬をお渡しする「調剤業務」を中心に行っています。

また、調剤薬局に勤めることにより、薬剤師の基本的なスキルを磨けるというメリットがありますが、

「体力的が負担が大きい」「人間関係のトラブルを解消しづらい」

などのデメリットも存在します。

そこで、この記事では以下の2点について詳しく解説します。

  • 薬局薬剤師の仕事内容
  • 薬局に勤める際のメリット・デメリット

この記事を読めば、薬局薬剤師に関する知識が身につくでしょう。

  1. 薬局薬剤師の仕事内容を徹底解説
  2. 薬局薬剤師としてのやりがい・メリット
  3. 薬局薬剤師として働く際の不満・デメリット
  4. 調剤薬局に勤める際にやっておくべきこと
  5. 調剤薬局での勤務を希望する人におすすめの転職サイト5選
  6. 薬剤師に特化した転職サイトを利用するメリット

1.薬局薬剤師の仕事内容を徹底解説

薬局薬剤師の仕事は、大まかに分けて以下の6つです

それぞれ解説していきます。

1-1.薬歴管理

ご存じの通り、医薬品には体質などによる禁忌や飲み合わせによる相互作用が存在します。

これらの確認不足による調剤過誤を防ぐために、患者さんの既往歴やアレルギー、薬歴を管理することが、薬局薬剤師の大事な仕事の一つです。

また、最近では「薬剤師支援AIソリューション」により、データベースを利用したAIによる薬歴管理や服薬指導が注目されています。

1-2.調製

作成された処方箋に基づいて、適切な量の医薬品を準備する業務です。複数の医薬品の混合をしたり、粉砕、一包化などの患者さんが飲みやすくするための加工をしたりします。

この際、処方箋の必要事項に記入漏れがないか、薬歴管理から禁忌や重複投与がないかなどを確認する「処方箋監査」という業務もあります。

1-3.ピッキング及び梱包

ピッキングとは、処方箋で指定されている薬品を薬品棚から取り出し、集める業務です。

このピッキング業務は、薬剤師以外に調剤補助員も行うことが出来ますが、薬剤師はこの業務を管理・監視しなければなりません。

こうして処方箋に書かれた医薬品を集めたら、交付する医薬品に間違いがないかを確認します。

この作業を「調剤薬監査」と言います。

調剤薬監査を終えたら、処方された薬を薬袋へ梱包し、必要事項を記入して患者さんにお渡しします。

1-4.疑義照会

これらの作業の間に処方箋で不審な点が存在した場合、薬剤師は処方箋を発行した医師に処方の確認を取る義務があります。

これを「疑義照会」と言います。

疑義照会を厳密に行なっていなかった場合、重大な医療過誤が起こる可能性があることから、常に緊張感を持って仕事をすることを求められます。

1-5.服薬指導

服薬指導とは、調剤した薬をいつどのように飲むのかを患者さんに指導する仕事です。

お年寄りや子供にも丁寧に飲み方を教える必要があるため、コミュニケーション能力がもっとも求められる仕事でもあります。

1-6.在宅医療に関する業務

近年、厚生労働省が主導して「医薬分業」をスローガンに「かかりつけ薬局/かかりつけ薬剤師」の浸透が進められています。

そのため、現場の看護師やケアマネージャーと連携して、患者さんの自宅での医薬品の管理や、薬剤師が訪問して薬を届けるサービスなどの仕事もあります。

特に、かかりつけ薬剤師は24時間対応を義務付けられているため、一番やりがいがあるところではありますが、一番ハードな仕事とも言えるでしょう。

このように、薬局薬剤師は、医療用医薬品への専門知識と注意力、高齢者を主とした患者さんとのコミュニケーション能力が必要とされる仕事を行います。

次の章からは、このような仕事をする薬局薬剤師のやりがいについて紹介していきます

2.薬局薬剤師としてのやりがい・メリット

この章では薬局薬剤師として働く際のメリットややりがいについて解説していきます。

やりがいとメリットを簡単に紹介すると、以下のようになります。

では、実際の声を交えて紹介していきます。

2-1.管理薬剤師やかかりつけ薬剤師へのキャリアアップ

管理薬剤師やかかりつけ薬剤師になることによって、年収を大幅にあげることができます。

実際、管理薬剤師の平均年収は、一般的な薬剤師の年収よりも100万円近く高く、およそ600万円ほどです。

また、かかりつけ薬剤師がいると、薬局はより高い点数で調剤を行うことができるので、かかりつけ薬剤師も、一般的な薬剤師に比べて高い年収をもらえる可能性が高いです。

管理薬剤師・かかりつけ薬剤師共に、5年以上の実務経験と、1年以上の同じ店舗での勤務経験が必要で、かかりつけ薬剤師の場合、研修認定薬剤師の資格が別途必要になります。

管理薬剤師になるために特別な試験を受ける必要はないため、20代のうちに管理薬剤師になり、大幅な年収UPの実現も可能です。

2-2.職場に不満があるときに転職を検討しやすい

薬剤師は、取得難度が高い資格を必要とする専門職であるために、慢性的な人手不足に陥っています。

実際に、令和2年4月の有効求人倍率が3.8倍と、全職種平均の1.3倍より3倍近い数値になっています。(参考:厚生労働省

このような売り手市場かつ、もっともメジャーな就業先が薬局であるため、調剤薬局で働いていた薬剤師は職に困ることがほとんどありません。

待遇や職場の雰囲気などに不満を抱いた場合、転職を検討しやすいのは大きなメリットと言えるでしょう。

2-3.医療用医薬品の専門知識や調剤技術が磨ける

調剤薬局では、薬剤師が勤めるほぼ全ての職場で必要とされる「調剤技術」を磨くことができる上に、医療用医薬品の様々な実用例を集めることができます。

特に、大きな病院の門前薬局などでは、様々な症例を取り扱ったり、オーファンドラッグを使用したりすることができるので、病院薬剤師でなくても、各種専門認定薬剤師の資格の取得が可能です。

このような医薬品に関する知識はMR・MSへの転職なども視野に入れられるので、将来のキャリア形成に置いて調剤薬局に勤めることは大きなメリットとなります。

2-4.人助けを実感できる

薬剤師は、患者さんとのコミュニケーションを大切にしながら、患者さんの症状を改善させるお手伝いをする仕事です。

そのため「人の命を救う仕事」であると実感できた時に、大きなやりがいを感じる薬剤師さんは多いようです。

口コミ・評判

Cさん
薬剤師やってて楽しいなーやりがいあるなーって事は、
患者さんからご指名を受けた時と、処方ミスを薬局で防いで患者さんの命が守れた時。
我ながら天職だと思っている。

出典:Twitter

2-5.患者さんとのコミュニケーションが学びにつながる

調剤薬局では、定期的に薬を処方してもらう患者さんも多くいます。

そのため、患者さんと密にコミュニケーションをとり、日々の細かい体調の変化に気づく必要があります。

結果として、患者さんとの信頼関係を築き上げることができた時に、やりがいを感じる薬剤師さんも多くいます。

また、患者さんとのコミュニケーションにより、幅広い知識や意見に触れることができるため、学びに繋がると言っている薬剤師さんもいます。

口コミ・評判

Rさん

「老人の死とは図書館の焼失」というアフリカの言葉があると最近知りました。薬局には数多くの高齢者が訪れ、時折私達に話をしてくれます。

その多くは歴史や、政治の流れ、文化の話。その全てが本人の原体験であり、感情であり、知恵であり、財産です。

この時間があるから薬剤師を辞められません。

出典:Twitter

このようにメリットややりがいもある仕事であるのは事実ですが、もちろん不満点も存在します。

次章からは、調剤薬局で働く薬剤師が抱えやすい不満について解説していきます。

3.薬局薬剤師として働く際の不満・デメリット

薬局薬剤師が抱えやすい不満・デメリットは以下の3つです。

では、それぞれ解説していきます。

3-1.職場の人間関係

調剤薬局では、少人数が同じ室内で働く上に、一つのミスも許されない緊迫した状況下で勤務するため、人間関係のトラブルが非常に起こりやすいです。

実際に、ネットではこのような声が上がっていました。

口コミ・評判

匿名
職場の人間関係で悩んでいます。
調剤薬局に転職してから7か月になります。
薬局長と合わなくて仕事がやりずらいです。
私の電話対応で相手側と話がかみ合ってないのを聞くと、後ろの調剤室の方で他の薬剤師や事務の先輩に
「○○ってことを相手は伝えたかったんじゃないの?(笑)」みたいな感じで、私の事を馬鹿にしたように言ってるように感じてとても気分が悪かったです。

出典:Yahoo!知恵袋

また、後述する「激務」も合わさって、薬局薬剤師を続けるのが難しくなるというケースもあります。

3-2.職場によっては体力的な負担が大きい

近年の日本では薬剤師不足が深刻で、薬剤師一人当たりの負担が大きくなっています。

そのため、特に薬剤師が足りていない地方だと、薬事法基準の2倍以上の枚数である、一日に90枚以上の処方箋を薬剤師一人が受付するような薬局もあります。

特に、薬剤師不足で激務になりがちな地方の中小調剤薬局に勤める場合には、基準を超えた違法な労働に気を付ける必要があるでしょう。

3-3.業務が単調でやりがいを見いだせない

薬局薬剤師の業務は調剤が中心となるので、どうしても単調になりがちです。

特に、小さい病院の門前薬局などでは患者さんが固定されがちなため、同じような処方箋を延々と処理し続けることも多いです。

2章で述べた「患者さんとのコミュニケーション」をやりがいと感じることができない人は、調剤薬局に勤め続けることは難しいでしょう。

また、店舗によっては薬局長が保守的で、業務の改善などが難しい場合もあります。

実際に、ネットには以下のような声が上げられていました。

口コミ・評判

匿名
前々からがん治療や緩和ケアにおいて、薬局としてまだまだ出来ることがあると思い、その思いを企画書?意見書として作成していました。
しかし、うちの薬局の管理はめんどいことはしない、自分が大変なことはしない主義の人です。
今までも在宅関係やさまざまな点数の取り方など、薬局のためにと私も意見を言ってきましたが、そこまでしなくていいと言われてきました。
新卒で入社して5年目の私が、どこまで口出しをしていいのかわからなくなっています。

出典:Yahoo!知恵袋

このように、調剤薬局での勤務には不満点もあります。

ただ、就業先を選ぶことによって、これらのストレスを軽減することができるため、次章からはこれらの不満点を避けるために必要なことについて解説していきます。

4.調剤薬局に勤める際にやっておくべきこと

調剤薬局に勤める際に気を付けるべきポイントは、以下の2つです。

では、それぞれ解説していきます。

4-1.自分の勤務に関する希望をはっきりさせる

一口に調剤薬局といっても、勤務の条件や待遇は、企業規模などで大きく変わります。

そのため、自分がどのような条件で働きたいかを明確にし、それに合った職場を選ばなければなりません。

大手調剤薬局と中小調剤薬局に勤めるメリット・デメリットは以下の表のとおりです。

大手調剤薬局

メリットデメリット
  • 研修制度や調剤機器が充実している
  • 企業収益が安定している
  • 人間関係のトラブルを異動で解消しやすい
  • 給与形態が明確で、福利厚生が充実している
  • 中小規模調剤薬局より給料が少ない傾向にある
  • 異動や店舗間ヘルプがある
  • 社内規定が多く、働き方の自由度が低い

中小調剤薬局

メリットデメリット
  • 異動が少ないため、地域に密着した勤務ができる
  • 給与条件が大手調剤薬局より高い場合が多い
  • 一人に与えられる役割が大きくなり、よりやりがいを感じながら仕事ができる
  • 教育や機材面において、大手調剤薬局より遅れている
  • 個々に与えられる業務量・責任が多くなる
  • 保守的な薬局が多く、独自のルールがある場合がある

このようなメリット・デメリットに、自分の希望を照らし合わせて、最適な職場を選ぶことが重要です。

4-2.希望している就業先に関する情報収集

自分の勤務に関する希望を明確にしたら、次は希望の就業先についての情報収集をしなければなりません。

なぜなら、求人票には書かれていないが、勤務において非常に重要である要素が多く存在しているからです。

特に、勤務している薬剤師の具体的な人数や、3年以内離職率、月平均残業時間は、勤務において非常に重要にもかかわらず、書かれていないことが多いです。

求人票と勤務の実態のギャップを少しでも埋めるべく、実際にそこで働いている薬剤師の話を聞いたり、企業のサイトを実際に調べて情報収集したりすることが重要です。

転職サイトを利用するのがおすすめ

これらを効率よく行うために、転職サイトを利用することをお勧めします。

なぜなら、転職サイトには専属のエージェントがおり、希望の勤務条件に併せて非公開の求人を紹介してくれたり、登録者の性格と職場の実態を比較して、最適な職場を提案したりしてくれるからです。

転職サイトへの登録は無料のため、調剤薬局で勤務したいとお考えの方は、一度登録して相談することをおすすめします。

そこで、次章では調剤薬局での勤務を希望する人におすすめの転職サイトを紹介します。

5.調剤薬局での勤務を希望する人におすすめの転職サイト5選

調剤薬局での勤務を希望する人におすすめの転職サイトは以下の5つです。

薬キャリ|実績豊富で満足度95%

薬キャリ

『薬キャリ』は、SONYグループが分社してできた薬剤師転職支援サイトです。

15年以上前から医療業界に特化したビジネスを行っていたこともあり、病院や医療施設などにおいて圧倒的な知名度を誇ります。

その特徴は何と言ってもオールマイティさです。

また、転職人気の高い病院薬剤師(業界1位)や、調剤薬局(業界3位)以外にも、企業薬剤師求人数も業界1位と様々な職種に強い転職サイトです。

病院とのコネクションが強く、業界や転職の裏事情にも強いと評判です。

さらに、『200人の口コミ比較でわかった薬剤師転職おすすめランキング』によると、転職サポートが抜群にスピーディな事が分かりました。

転職できるまでのフォローが丁寧という口コミも多く、希望店舗の内情をしっかりヒアリングしてみることをおすすめします。

口コミ・評判
T. K. さん(20代後半)
調剤薬局→ドラッグストア
初めての転職で薬剤師転職に強いと評判のサイトに登録したが、電話やメールが遅くて不安になり、ネットの評判が良かった薬キャリに登録しました。
登録後、すぐに電話と求人を頂け、その後の対応も大変スピーディでした。転職しようと考えていた求人をいくつか伝えると、「◯◯は職場環境が厳しいのでおすすめしない」と内情も教えて頂けました。
なにより担当の方が親身に対応してくれたのでスムーズに転職することができました。

公式サイトを見る
https://pcareer.m3.com/

マイナビ薬剤師|親身なサポート体制に高評価

マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』は、リクルートと並ぶ転職業界最大手のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職支援サービスです。

マイナビグループの知名度と営業力を活かして全国の求人情報を網羅し、豊富な求人数を抱えているのも特徴です。

マイナビ薬剤師は応募者との「面談」に力を入れており、親身にアドバイスをしてくれる事で有名です。

全国の主要都市に支店を持っており、地方在住の薬剤師の方でもおすすめできます。

公式サイトを見る
https://pharma.mynavi.jp/

ファルマスタッフ|調剤薬局と派遣の求人が豊富

ファルマスタッフ』は大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営する薬剤師転職支援サービスです。

もともと、出身母体である調剤薬局を中心に扱っていたサイトですが、そのネームバリューゆえに、求人の質・量は業界No.1という強みがあります。

そして、その豊富な求人数からか、正社員&派遣いずれでも全体的に評価が高い傾向にあり、特に、20代薬剤師の正社員転職においては群を抜いていました。

面接が不安な方は、登録しておいて損は無い転職サイトだと言えるでしょう。

公式サイト:
https://www.38-8931.com/

ファーマキャリア|好条件求人をオーダーメイドで提案

『ファーマキャリア』は、薬剤師専門の転職エージェントで、希望に合わせた好条件求人をオーダーメイドで提案してくれることが特徴です。

求人数は全部で約25,000件ほどあり、電話対応可なのでいつでも気軽に相談できます。

ファーマキャリアには、優秀なコンサルタントが揃っており、一人ひとりがより満足のいく転職を実現するために、非常に親身なサポートを実施しているので、ぜひ登録しておきましょう。

公式サイトを見る:
https://pharmacareer.jp

リクナビ薬剤師|優秀なアドバイザーが全面サポート

リクナビ薬剤師

『リクナビ薬剤師』は、人材紹介最大手のリクルートが運営する薬剤師を専門に扱ったサイトで、高い評判と多くの転職実績があります。

ドラッグストア求人・高収入求人で業界1位と、大手とのコネクションが強いリクナビ薬剤師ですが、強みは何と言っても「日本一の人材紹介会社」としてのノウハウが豊富で優秀なコンサルタント

求人紹介だけでなく、希望の求人店舗から欠員補充採用があった際に、いち早く連絡をもらう事ができます。

特に初めて転職する方は、『リクナビ薬剤師』の転職エージェントに相談して損はないでしょう。

ネット上での登録の後、必ず対面での面談を申し込む事をおすすめします。

公式サイトを見る
https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

6.薬剤師に特化した転職サイトを利用するメリット

薬剤師専用転職サイトを利用するメリットは以下の3点です。

6-1.エージェントが、豊富な求人から希望者にマッチしたものを選んでくれる

転職サイトは、非公開でエージェントの紹介のみを受け付けている「非公開求人」を多く持っています。

転職エージェント達はそれらの中から、登録者の希望や性格、キャリアプランに合わせて最適なものを選び、紹介してくれます。

実際に、当サイトが独自に行ったアンケートの結果によると、以下のような声も寄せられていました。

口コミ・評判

匿名
評価:★★★★★5
給料アップが目的の転職なのか、やりがい目的での転職なのかを担当の方にお伝えするだけで、自分が希望する転職先の案件をしっかりいただけるので、安心して利用できたと思います。
複数の案件の中で、自分が自由に転職先選べるという魅力もいいです。

出典:アンケート

自分で希望に近い待遇を探し、職場見学の連絡を入れるよりもずっと効率よく転職活動を行うことが出来るでしょう。

6-2.キャリアの棚卸やこれからのキャリアプランを一緒に考えてくれる

転職サイトのエージェントの仕事は求人紹介だけではありません。

転職希望の薬剤師が今まで何をしてきて、これからどのように仕事をしたいのかを聞きながら、希望者に合わせた求人をコーディネートしてくれます。

口コミ・評判

匿名
評価:★★★★★5
キャリアコンサルタントとの面談の時も、私の家族構成や子供のことを考慮してもらえ、勤務時間や希望の条件などを詳しくヒアリングしてもらえました。また、全く転職を急かすこともなく、私の希望する条件に一致する求人を根気よくメールで送ってもらえ、おかげで理想的な薬局を探せました。
転職先の薬局は、自宅からかなり近くて、子供の保育園の送り迎えにも余裕ができて良かったです。

出典:アンケート

口コミ・評判

匿名
評価:★★★★★5
転職が決まった後でも、しっかりとフォローしてくださり、また利用したいと思います。電話の対応も非常によく、私の希望を聞いてくれるだけでなく、私の性格からこういう職場が良いのではないかと提案もして下さりました。

出典:アンケート

転職に関する専門家に見てもらうことによって、転職後のトラブルなどを未然に防ぐことが可能になります。

6-3.徹底した選考対策を行ってくれる

転職サイトのエージェントは、サイト登録者の転職のために、全力で面接や書類選考の対策を行ってくれると好評です(以下参照)

口コミ・評判

匿名
評価:★★★★★5
面接後のエージェントの方からの連絡では、今回の面接を受けた企業に対しての、面接後の自分の評価の確認できました。
また、どこが悪かったのかなど、細かな詳細を確認しフィードバックする環境が整っていたため、2次面接への対策などが安心して取れ、無事内定をもらうことができました。

出典:アンケート

「採用担当からの評価」という情報は、転職サイトに登録しないで得ることは基本的に不可能な重要情報です。

面接対策の面からも転職サイトを利用することには大きなメリットがあるでしょう。

7.【FAQ】薬局薬剤師の気になる疑問3選

この章では、薬局薬剤師になるにあたって気になる以下の3つの疑問について答えていきます。

では、それぞれ解説していきます。

Q1.薬局薬剤師の初任給はどれぐらいですか?

薬局薬剤師の初任給は約30万円で、初年収はおよそ400万円ほどです。

各大手薬局の初任給は以下の通りです。

さくら薬局25~35万円
マツモトキヨシファーマシーズ30万円(※年俸制)
スギ薬局29万円

また、調剤薬局の年収に関しては以下の記事が詳しく取り扱っているので、そちらをご覧ください。

Q2.薬局薬剤師の仕事はどのように変化しますか?

今までの調剤中心の業務から、対人・コミュニケーションを重視する業務へと変化していくと思われます。

実際に、調剤に関しては「薬剤師支援AIソリューション」の開発や、調剤事務員の調剤業務の補助拡大など、薬剤師自身の負担を減らす方向に変化しています。

厚生労働省が在宅医療と「かかりつけ薬局」の浸透を推進しているのもあり、より患者さんとのコミュニケーションを図り、信頼関係を構築することを重視した業務が必要になるでしょう。

Q3.病院薬剤師との違いはどこにありますか?

病院薬剤師は、調剤業務に加えて「治験業務」や「救急救命業務」や「チーム医療業務」などを行います。

多くの症例に触れることができるため、専門認定薬剤師の資格の取得がしやすい反面、調剤薬局やドラッグストアなどに比べて収入が低い傾向にあります。

7.終わりに

薬局薬剤師は、薬剤師の基本である調剤業務を学ぶのに最も適した職種のため、一度薬局で働いてみることをおすすめします。

自分の希望に沿った職場を探すためにも、いかに上げた転職サイトに登録してみましょう。

あなたの職場探しを陰ながら応援しております。