3分でわかる!失敗しない退職届・退職願の用紙選びの全知識

退職届 用紙

「退職届の用紙ってどんなのを使うべきなんだろう」「適当な用紙はどこで買えるのか」など、退職届・退職願に適切な用紙選びって意外に大変ですよね。

ここでは、過去2社に退職届と退職願を提出した経験を持つ筆者が、自身の経験を元に下記の流れで退職届の用紙選びに関して、必要な全ての知識をご紹介します。

  1. 退職届・退職願の用紙のサイズ
  2. コピー用紙か白紙便箋が定番!罫線入りでもOK!
  3.  退職届・退職願の用紙は、実はどこでも手に入る

このページを参考に用紙選びをしていただく事で、用紙選びで失敗し、常識がないやつだなと思われる事態を避けることができます。

注:退職届・退職願で用紙選びは全く同じ

退職届と退職願で用紙選びに関する知識は変わりません。特にそれぞれで独自に注意しないといけないこともないので安心して下さい。

続きを読む

最大月収6ヶ月得する!楽々わかる自己都合での退職の全知識

自己都合 退職

「私は自己都合ではなく、会社都合退職ではないのか」や「会社都合の方が得なのか」など、退職時は悩む事も多いかと思います。

中でも失業手当は、会社都合なのか自己都合なのかで貰える期間も額も変わります。しかし、きちんと制度を把握した上で手続きを踏む事で、あなたは最大の失業手当をもらう事ができます。逆に、本ページのポイントを知らずに退職してしまうと数十万円損してしまう可能性もあります。

本ページでは、筆者自身が会社を辞める際、きっちりと制度を調べ上げ最も経済的な退職を実践した経験を活かして、自己都合での退職時、知っておくべき3つのポイントを下記の流れでご紹介します。

  1. 自己都合退職とは
  2. 自己都合退職と会社都合退職の4つの違い
  3. 退職理由を会社都合にできる9つのケース
  4. 自己都合のときの保険の手続き10ステップ

このページを読む事で、自己都合の退職にあたって押さえていただいたいポイントを全て理解でき、また『自己都合退職でも失業保険を最大まで受け取るための全知識』と合わせて読んで頂く事で、倍近くの失業手当を貰える可能性があります。

続きを読む

図解と事例でわかるビジネス問題解決フレームワーク20選

ビジネスフレームワーク

「研修や本でビジネスフレームワークを学んでみましたが、ぶっちゃけビジネスフレームワークって何かよく分かりません!」

これは私が上司としてマネジメントする中で、よく部下から受ける相談です。

正直、中堅の社員でもビジネスフレームワークを使いこなして仕事ができているビジネスマンはそう多くはありません。

ただ、私の長いマネジメント経験から、ビジネスフレームワークを使いこなせるようになった方が良いと考えます。使いこなせるようになることで、下記3点のメリットがあります。

  • 仕事が5倍速くなる
  • 上司にもクライアントにも”わかりやすい資料”が作れる
  • 自分の頭を整理できる

このページでは「今日から使える」をテーマに、ビジネスフレームワークの本質的な使い方具体的なフレームワークを20個を下記の流れでご紹介します。

  1. あなたが身につけるべきビジネスフレームワークとは
  2. 状況を分析するフレームワーク8選
  3. 戦略を構築するためのフレームワーク2選
  4. 実行計画へ落としこむフレームワーク3選
  5. 提案・企画開発するためのフレームワーク5選
  6. 計画を実行するためのフレームワーク2選
  7. さらにフレームワークを深めるために

全て読めば、今日から仕事で大活躍できるでしょう。

続きを読む

履歴書に必要な添え状の書き方【完璧なテンプレート付】

履歴書 添え状

転職活動を始めようとして、「添え状・送付状」の書き方に悩んでいませんか?

履歴書や職務経歴書を送る時に必要な添え状・送付状には、書き方のマナーとコツがあります。これを守れずに「無駄な労力をかけてしまった…」「採用担当者の印象が下がってしまった…と後悔する人は意外にも多いのです。

このページでは、転職コンサルタントとして、数多くの履歴書や職務経歴書を添削し、転職者を成功に導いてきた知見と経験をもとに、「本質的かつ必要十分な」添え状・送付状の書き方をご紹介します。

  1. 「添え状」とは|合否への影響を理解しよう
  2. 転職コンサルタントがおすすめする添え状テンプレート
  3. 添え状に自己PRを書かない3つの理由
  4. より良い添え状を書くポイント3選

このページを読んで実践していただければ、細かい部分にも気が利き、マナーがある人だという好印象を与えることができるでしょう。

※履歴書の添削をエージェントに相談しようとしている方へ

転職エージェントは無料で使えますが、あなたが転職すると企業側から多額の報酬(提示年収の30%前後)を受け取っていますので、言葉巧みに転職へ誘導してきますので、意見に流されないように慎重に動きましょう

まだ転職に悩んでいる段階であれば、「転職すべきかどうか」のレベルから親身に相談にのってくれる、中堅エージェントがおすすめです。履歴書の書き方についても丁寧に指導してくれるでしょう。 (例:『Spring転職エージェント(アデコ)』や『マイナビエージェント』など)

続きを読む

全額免除もできる!誰でも使える退職時の年金の全知識

退職 年金

「退職後の年金ってどうすれば良いのか」「退職後無職だから年金を払う余裕が無い」など、退職が決まっても年金に関する悩みって尽きませんよね。

本ページでは、仕事にブランクがあり当該期間年金の納付を免除された経験を持つ筆者が、自身の経験を元に退職後の年金の概要・手続きから免除の方法までを下記の流れでご紹介いたします。

  1. 退職後の年金:3つのパターン
  2. 年金の手続き:3つのパターン
  3. 年金の手続きでの注意すべき2つの事例と解決策
  4. 退職(失業)特例免除の活用方法

このページを読んで頂ければ、退職後の年金に関して必要な知識を全て習得して頂けます。

また、制度を最大限活用頂く事で、自己都合退職であっても全額免除を受けることも可能です。

続きを読む

退職願・退職届の折り方|丁寧な図解付きで誰でもできる!

「退職願・退職届ってどうやって折れば良いんだろう・・・。」

いざ退職願・退職届を書いた後にもそんな疑問って残りますよね。本ページでは、転職を重ね、過去2社に対して退職願と退職届を提出してきた筆者が好感を与える折り方を解説します。

本ページでは下記の流れで、退職願、退職届の折り方のみにフォーカスしてご紹介していきます。

  1. 退職願/退職届は3回もしくは4回折るべき
  2. 3つ折のときの折り方
  3. 4つ折のときの折り方

折り方の解説には全てイラストを付けました。そのため、本ページを読んで頂くと誰でも間違いの無い退職願/退職届の折り方を実践できます。

きちんと配慮をする事で、会社に良い印象を与え、円満退社に近づけましょう。

続きを読む

退職前の有給消化|確実に取得して有意義に使うための全知識

退職 有給消化

「退職するのに会社が有給を取らせてくれない」「退職前の有休消化って何してればいいんだろう」など、いざ退職が決まっても有休消化に関する疑問がつきまといますよね。

本ページでは、退職者の有給取得を認めない、少しブラックな企業から有給を勝ち取った経験を持つ筆者が、退職前の有給取得で大切と感じた事を中心に下記の流れで有給取得の全てのポイントをご紹介いたします。

また、せっかく取得した有休をどう使うのが有意義なのかもご紹介いたします。

  1. 確実に退職前の有給休暇を取るための5つのステップ
  2. 会社からよくある妨害への4つの対処法と最終手段
  3. 退職前に消化する有給 3つの豆知識
  4. 有給を有効活用するための過ごし方

あなたにはぜひこの記事を読んで、私のようにしっかりと有給を取った上で有意義な有給ライフを過ごしていただければと思います。

続きを読む

例文に頼りすぎはNG!職務経歴書の志望動機の正しい書き方

職務経歴書 志望動機 例文

転職活動を始めるため職務経歴書を書こうとして、「志望動機」の書き方に悩んで「例文」を探していませんか?

多くのWebサイトに例文が掲載されていますが、例文に頼りすぎる事は逆効果です。例文を転用したり、正しい書き方を守らなかったりして、「採用担当者が例文転用を見破って、書類選考で落ちてしまった…」「志望動機を面接で掘り下げて聞かれ、しっかり考えていない事が露呈してしまった…」と失敗した人はとても多いのです。

しかし、職務経歴書における志望動機の書き方には、「順を追って考えると、必ずいい志望動機が書けるステップ」があります。このページでは、転職コンサルタントとして多くの転職者を成功に導いてきた知見と経験をもとに、本質的な「合格する」志望動機の書き方をご紹介します。

  1. 例文は探すな!志望動機を例文に頼る事がNGな3つの理由
  2. 志望動機の正しい書き方3ステップ
  3. 「経歴別」志望動機例文6選
  4. 「職務別」志望動機例文5選

このページを読めば、あなたの職務履歴書はグッと良くなり、転職成功への道が開けるでしょう。

※職務経歴書に関してエージェントに相談しようとしている方へ

転職エージェントは無料で使えますが、あなたが転職すると企業側から多額の報酬(提示年収の30%前後)を受け取っていますので、言葉巧みに転職へ誘導してきますので、意見に流されないように慎重に動きましょう

まだ転職に悩んでいる段階であれば、「転職すべきかどうか」のレベルから親身に相談にのってくれる、中堅エージェントがおすすめです。職務経歴書の書き方についても丁寧に指導してくれることでしょう。(例:『Spring転職エージェント(アデコ)』や『マイナビエージェント』など)

続きを読む

職務経歴書で最適な枚数とは?正しい理由と4つのポイント

職務経歴書 枚数

転職活動を始めるため職務経歴書を書こうとして、「何枚書けばいいの?」と枚数で悩んでいませんか?

「どの程度の分量が適切なのか」と質問される応募者を見かけますが、誤った分量の職務経歴書を出してしまった事で、「採用担当者に読んでもらえず、書類選考で落ちてしまった…」と失敗される人をたびたび見かけます。

私が多くの採用担当者と会話する中で、職務経歴書は「2枚」が最適である事が分かりました。このページでは、転職コンサルタントとして多くの転職者を成功に導いてきた知見と経験をもとに、以下の2つのことをご紹介します。

  1. 職務経歴書を必ず「2枚」で書くべき3つの理由
  2. 2枚で書くために押さえるべき4つのポイント

このページを読めば、あなたの職務履歴書はグッと良くなり、転職成功への道が開けるでしょう。

続きを読む

職務経歴書は手書きかPCか?正しい判断基準と書き方のコツ

職務経歴書 手書き

転職活動を始めるため職務経歴書を書こうとして、「手書き」か「PCで書く」か悩んでいませんか?

「手書きなのかPCなのか」と質問される応募者を見かけますが、間違えて職務経歴書を出してしまった事で、「採用担当者に読んでもらえず、書類選考で落ちてしまった…」と失敗される人をたびたび見かけます。

私が多くの採用担当者と会話する中で、「手書きかPCか」1つとっても、職務経歴書には「コツ」がある事がわかりました。このページでは、転職コンサルタントとして多くの転職者を成功に導いてきた知見と経験をもとに、以下をわかりやすくご紹介します。

  1. 手書きかPCか、人事はどちらを評価する?
  2. 職務経歴書をPCで書く3つの理由
  3. 職務経歴書を手書きで書くだけで落とされる2つのケース

このページを読めば、あなたはどんな場合でも、「手書き」か「PC」どちらを選択すべきか自信をもって判断できるようになります。

続きを読む