40代女性の厳しい転職の現実|失敗を回避して転職を成功させる方法

40代 女性 転職 厳しい

40代女性で転職をしようと思っても、

「40代の転職は厳しいって聞くし、踏み切れない…」
「特段のスキルや経歴がないと失敗する?」

などと疑問やお悩みをお持ちではないですか?

結論から言うと、以下理由から、40代女性の転職は非常に難しいです。

  • そもそも40代向けの求人数が少ない
  • 企業が求めるスキル・経験が高水準

しかし、条件を絞りつつ適切なアプローチで転職活動を行えば理想の転職を実現することは可能です

このページでは、転職コンサルタントとして多くの転職者の悩みを解決してきた私が、厳しいと言われる40代女性の転職を成功させる方法を以下の流れで解説します。

  1. 40代女性の転職が厳しい4つの理由
  2. 40代女性の転職の現実
  3. 40代女性で転職に成功している事例
  4. 40代女性におすすめの業界・業種
  5. 40代女性が転職を成功させる方法
  6. 40代女性におすすめの転職エージェント
  7. 転職エージェントに断られた時の全手段

この記事を読めば、女性の厳しい転職の現実・成功例を踏まえ、失敗を回避して希望のキャリアを築くための方法が分かります。

1. 40代女性の転職が厳しい4つの理由

40代女性の転職が厳しいのは、主に以下の4つの理由があるからです。

では、以下でそれぞれ解説していきます。

1-1. そもそも40代向けの求人数が少ないから

40代女性が転職に苦戦する1番大きな理由は、そもそも40代向けに中途採用の求人が少ないというものです。

年齢が上がるにつれ、転職意欲のある人が減るためポストに空きが出なかったり、企業が人件費を心配して40代に向けて求人を出さないようになったりするため、求人数そのものが減ります。

一方、「パート・派遣から正社員に転職したい」「キャリアに行き詰まりを感じる…」などと、40代で転職を望む女性は多いため転職活動は厳しい状況になるのです。

雇用形態別に女性の転職入職率を見てみると、パートで働く女性の方が転職入職率が高いと分かります。

出典:厚生労働省「令和2年上半期雇用動向調査結果の概要

また各年齢間で比べてみると、35~39歳で一度上がるものの、40~44歳以降の転職入職率は落ち込んでおり、転職する人自体が減っていると分かります。

これらのデータから、特に40代では正社員はパート・派遣よりも雇用の流動性が低いため、非正社員から正社員への転職は非常に厳しいものになると分かります。

1-2. 企業が求めるスキル・経験が高水準だから

次に大きな原因は、企業が40代女性の転職者に求めるスキル・経験が高水準であるということです。

中途採用を行う企業は、30代・40代の転職者に即戦力となる人材を求めています。

そのため、具体的には「マネジメント経験」「専門スキル」「同業種での経験」があるかどうかが非常に重要なのです。

特に正社員として転職する場合は、プロジェクトリーダーとして事業を推進できる「マネジメント経験」のある人材が求められています。

また、企業側から見ると、40代の人を雇う場合は人件費が高くつくことが多いため、慎重になってしまいます。

ですので、特段のスキル・経験がない方は非常に厳しい戦いとなるでしょう。

1-3. 年下の上司が扱いづらさを感じるから

年齢がネックになる原因には、年下の上司が扱いづらさを感じるという場合もあります。

40代にもなると、「これまでの社会経験から、給与や働き方にこだわりがあって扱いづらいのでは」という印象を抱く採用担当者もいるのです。

ですので、面接の際には以下のポイントに注意しましょう。

  • これまでのキャリアを自慢しない
  • 謙虚に勉強し続ける姿勢を見せる
  • 会社についてあらかじめ考えておいた質問をする
  • (可能な場合は)メモを取る  など

このように仕事への積極性と謙虚さをアピールし、マイナスのイメージを与えないように注意を払うことが大切です。

1-4. 自分のスキル・経験に見合わない求人に応募しているから

転職者が自分のスキル・経験に合わない企業にばかり応募している、という可能性もあります。

特に、「年収を上げたい」「待遇を良くしたい」など希望条件を高くしすぎてしまうと、自分に合った求人を見極め、応募することが難しくなります。

また、20代・30代を想定した求人に応募してしまっているという可能性もあります。

40代は転職でも中堅社員としての「マネジメント経験」や「実用的なスキル」などを求められるので、

  • 「中途入社のベテラン社員も多数活躍中!」
  • 「ブランク歓迎、資格保持者は優遇します」
  • 「年齢不問」

などの条件で今一度求人を絞り込むことをおすすめします。

2. 40代女性の転職の現実

実際に40代で転職した方の口コミを調査すると、以下のような実態が見えてきました。

では、それぞれ解説していきます。

2-1. 書類選考で落とされる

40代女性が転職活動を始めると、まず書類選考という壁に直面します。

書類選考に受からない

口コミ・評判

匿名
転職希望の会社から書類選考で落ちた連絡。 やっぱり40過ぎで子持ちの女は取ってくれないよね。。。 がっかり

出典:Twitter

沢山の企業で落とされた

口コミ・評判

匿名
転職探したけど落ちまくってる。 BBAはそれだけで嫌がられるんです。前に居た会社で派遣で来る人が40過ぎてたら「BBAかよ」 田舎ってツラい…

出典:Twitter

40超えるとある程度のスキルを持ってようが一気に求人無くなる

口コミ・評判

匿名
そこのお嬢さんたちーー!!! 転職したいって思ってるんだったら若いうち、30代までにさっさと見切りつけるんだ。40超えるとある程度のスキルを持ってようが一気に求人無くなるから!!まず書類で落とされるよ。年齢でさ…はは…

出典:Twitter

先述の通り、企業は40代に非常に高水準のスキル・経験を求めていますので、書類選考の時点でスキル・経験不足で落とされてしまう方が非常に多いです。

また、人気企業の場合、特段のスキル・経験が無ければ40代というだけで足切りされてしまう可能性もあります。

ですので、

  • まずは自分のスキル・経験と合致する企業の求人を見極めること
  • 企業が求めるスキル・経験を応募書類に明記すること

が重要です。

2-2. パート・派遣に転職する可能性もある

転職に苦戦する40代女性の中には、正社員を諦め、結局パート・派遣として転職する方もいます。

女性に限らず、正社員のポストは空きが少なく、特段のスキル・経験が無ければ採用されにくいという実情があるからです。

正社員で採用されずパートを掛け持ち

口コミ・評判

匿名

40代の母は正社員の仕事に応募したけどどこにも採用されず希望したパートでさえ断られる日々。
結局、新聞配達や宅配、短期間の夜間お菓子工場でパートを色々掛け持ちしていた。

出典:Twitter

正社員の再就職先は無い

口コミ・評判

匿名
世間がどんだけ男女平等をうたおうと実際40、50過ぎた男にはあっても女に再就職先なんて無いのよ。
パートやアルバイトならあっても正社員は無いよ。

出典:Twitter

このような厳しい状況を踏まえると、現在働いていない方の中で「どうしても仕事につきたい」という方は、派遣やパートと言った選択肢も踏まえて転職活動をすることをお勧めします。

しかし、実際に40代女性で正社員に転職できた例もあるので、絶対に転職できないというわけはありません。

次章では、40代女性で転職に成功した例をご紹介していきます。

3. 40代女性で転職に成功している事例

先述のように転職は厳しいと言われる40代女性ですが、正社員としての転職に成功している方もいます。

決して多くの成功事例があるわけではありませんが、大きく以下の3パターンがありました。

では、それぞれ見ていきましょう。

3-1. 独学で資格を取得してから転職した例

40代女性でも、独学で資格を取得してから転職活動を行い、希望のキャリアを実現した方もいます。

職業訓練校で資格を取って転職

口コミ・評判

匿名
40代主婦ですが 20年(バイトしてた頃も入れると22年) 勤めた仕事を辞めて 職業訓練校で資格を取って 無事転職しましたーーーーー!

出典:Twitter

先述の通り、転職では年齢が上がるにつれ、資格やスキルの有無よりも実務経験が重視される傾向にあります。

可能性は決して高くありませんが、人手が足りない業界・業種・会社と巡り合うことができれば転職は不可能ではありません。

どうしても挑戦してみたい業種・職種がある場合は、現在の仕事と両立できる範囲で取得を目指しても良いでしょう。

ただし、実際にその資格を生かして転職できるかどうかは、転職市場の動向にも左右されます。

転職に役立つ資格について詳しく知りたい方へ

3-2. 派遣社員として転職後、正社員になった例

最初から正社員になったのではなく、派遣社員として転職後に正社員登用を目指した方もいます。

バイトから正社員に昇格

口コミ・評判

匿名
うちの母は20代で妊娠を期に退職し、それから40後半まで専業主婦。三人目の私が中学にあがると、福祉のバイトを始めた。バリバリ働き50代で正社員に昇格

出典:Twitter

派遣社員から正社員になるには、以下の2つの方法があります。

派遣社員から正社員になる2つの方法

  • 紹介予定派遣で働く
    →一定期間後、企業との直接契約に切り替える前提で働く形態の派遣社員。正社員になれる割合は3割程度。
  • 派遣社員として経験を積む
    →正社員として登用する制度を設けている企業に入社する方法。可能性は非常に低い。

派遣社員として経験を積んでいく中で、業務への姿勢やこれまでの成績が評価されて正社員になる方もいます。

しかし、派遣社員から正社員になるのは未だに非常にハードルが高いといえます。

3-3. これまでの経歴・スキルを活かせる求人を見つけた例

自分のこれまでの経歴・スキルを活かせる業界・業種を見つけることができ、結果的により良い職場へと転職できた方もいます。

外国語スキルで好条件で正社員に

口コミ・評判

匿名
英語とスペイン語ができる友人も女性で48歳という年齢にも関わらず好条件で正社員になりました。
日本では英語も強力な強みですよね。

出典:Twitter

40代でも、女性でも、転職できるよ

口コミ・評判

匿名
現在退職手続き中。
SIer辞めて、完全にITから足洗う。
40代でも、女性でも、転職できるよ!客先常駐なんて嫌だよ。通勤も片道2時間はかかるし、いくら子供が大きくなってるとはいえ、義務教育の子供を持つ母としては、この通勤時間は耐えられない。
今の会社に迷惑はかけたとは思うけど、無理。

SEから監査法人に転職

口コミ・評判

匿名
技術に自信がある女性SEは監査法人に転職という生きる術があるよ
IT監査は今どこも力入れてて人手不足
40代で上場企業部長クラスの給料も珍しくないしかもベンダー下請けに比べれば圧倒的に勤務時間が短いし出産後時短もできる

50代で大手子会社に転職

口コミ・評判

匿名
50代です。元々は大手メーカーの子会社に22歳からいましたが40代の時に倒産。ブラック企業3年、介護施設6年で9年間煮え湯を飲まされましたがコロナ前に大手子会社に転職で来ました。。

出典:Yahoo!知恵袋

このように口コミを見てみると、意外にも人手不足な業界・業種は存在していると分かります。

人手不足の業界・業種は未経験者OKの求人も多く、40代女性でも転職しやすいため狙い目です。

ですので、特段のスキル・経験がない方やそれらに自信のない方は、人手不足の業界・業種にも目を向けると転職の可能性を広げることをおすすめします。

これらを踏まえ、4章では「40代女性におすすめの業界・業種」を、5章では「40代女性が転職を成功させる方法」を解説していきます。

4. 40代女性におすすめの業界・業種

転職に成功した40代女性が選んだ業界・業種に多かったのは、以下の3つです。

では、それぞれ見ていきます。

4-1. 事務職

正社員を目指す40代女性に最も人気な仕事の1つが事務職です。

事務職経験者であれば、過去の経験にプラスして資格などの付加価値を付けると効果的でしょう。

特段のスキルや経験は必要なさそうな事務職ですが、人気職種なだけあって非常に狭き門となっています。

厚生労働省の「一般職業紹介状況」を見ると、比較的転職しやすいと言われる介護職を含むサービス業の有効求人倍率が3.02倍なのに対し、事務職は0.4倍でした。

ですので、事務職未経験者であれば、他の業種にも目を向けつつ転職活動を行うことをおすすめします。

4-2. 介護職員

40代女性が未経験でも正社員として転職しやすい業界が、介護業界です。

介護業界は人手が非常に不足しており、常に中途採用を募集している企業もあります。

利用者の体に実際に触れる介護業務は資格がないとできませんが、未経験OKの求人が多い「介護助手」には無資格でも応募することが可能です。

介護助手は、掃除洗濯、食事のサポート、レクリエーションの企画・運営などを行います。

また介護業界では、経験・資格の有無やその難易度、夜勤の有無により給与に手当が加算されるのが一般的です。

ですので、実務経験に加えて資格などの評価要素を積み重ねていくことで、未経験からの挑戦でも着実にキャリアも給与アップさせていくことができます。

4-3.販売・接客

3つ目に40代の女性が未経験からでも転職しやすい業種は、販売・接客といったサービス業です。

特にセレモニースタッフなどの冠婚葬祭に関わる仕事であれば、40代女性だからこその落ち着いた立ち振る舞いを活かすことができます。

他にも、以下のような職場は40代女性が歓迎されやすいです。

  • 結婚相談所
  • 住宅メーカー
  • 保険代理店のカウンター業務
  • コールセンター

また、実際にお客さんと向き合う仕事はやりがいも大きく、コミュニケーションが得意な女性は特に需要が高まっています。

5. 40代女性が転職を成功させる方法

本章では、全般的に厳しい状況の40代女性の転職を、より希望に近い形で実現する方法を紹介します。

これらを意識して転職活動を行えば、希望のキャリアを実現できる可能性がグッと高まります。

では、それぞれ解説していきます。

5-1. 転職先が決まるまで仕事は辞めない

退職してからゆっくり転職活動をしようと考えている方もいるかもしれません。しかし可能な限り、転職先が決まるまでは、会社を辞めないようにしてください。

退職後の就職活動は、収入が一定期間途絶えるため、貯金を切り詰めての生活を強いられるケースが想定されます。

金銭的余裕がなくなると生活が苦しくなり、精神的に余裕がなくなってくることもあるでしょう。

その結果、「どこでもいいから早く就職先を決めなければ」という焦りが生まれ、転職に失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

5-2. 希望する勤務条件を絞り込む

正直、40代の転職は受けられる求人自体もそれほど多くないため、理想を持ちすぎるとなかなか求人が見つからないという事態になりかねません。

希望の条件を具体的に考えたあとは、それぞれに優先順位をつけることを意識してみてください。

優先順位の例

  1. 雇用形態は絶対に正社員で
  2. 通勤時間は1時間30分以内
  3. 年収は多少下がっても構わない(前職比-10%まで)

このように順位を付けた希望条件に少しでも当てはまれば応募してみる、という積極的な姿勢が内定に近づく第一歩です。

5-3. 転職エージェントを積極的に利用する

以下の理由から、40代女性こそ転職エージェントというプロの力を借りることをおすすめします。

  • 40代女性でも転職できる求人をプロの目で厳選して紹介してくれるから
  • 企業とのやり取りを行う心理的プレッシャーがない

一人で転職活動を行う場合、自分の判断だけで実際に応募する企業を絞り込むことになります。

ただでさえ40代女性が応募できる求人は少ない中、自分にあった求人を見極めるのは非常に難しいです。

ですので、数多くの40代女性の転職をサポートしてきた転職エージェントのコンサルタントにアドバイスを貰うことをおすすめします。

また、転職エージェントを利用すると、企業との年収・入社日の交渉を代行してもらうことが可能です。

候補者という立場上言いにくい希望条件もエージェントを介して伝えることができるので、後悔のない転職を実現しやすくなります。

次章では、40代女性が利用すべきおすすめの転職エージェントをご紹介します。

6. 40代女性におすすめの転職エージェント

本章では、40代女性のおすすめの転職エージェントを以下の2つの状況別にご紹介します。

なお、各社の選定基準は以下の通りです。

転職エージェント選定基準

  • 「求人数」:業界・業種を問わず豊富な求人を保有しているか
  • 提案力」:豊富な求人の中から自分にあった求人を紹介してくれるか
  • 「サポート体制」:職務経歴書・面接対策、キャリア相談、推薦状、メールの返信などのサポートができているか

そもそも、転職エージェントは2・3社合わせて登録した後、徐々に自分に合ったエージェントの利用に絞っていくのが一般的かつ効率的です。

気になるエージェントがあれば、2・3社あらかじめ登録してしまうことをお勧めします。

転職エージェントの利用に関してさらに詳しく知りたい方へ

6-1. 全ての40代女性向け転職エージェントおすすめ4選

全ての40代女性におすすめの転職エージェントは以下の4社です。

その結果、下の表の通りになりました。

転職エージェント求人数提案力サポート体制
リクルートエージェント
4.2

3.9

3.7
doda
3.8

3.9

4.0
マイナビAGENT
3.9

4.1

4.3
パソナキャリア
4.1

3.7

3.8

順番に見ていきましょう。

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、求人数No.1の総合転職エージェントです。

公開求人は246,844件、登録者のみ閲覧できる「非公開求人」を合わせると531,368件の求人を扱っています。

業界最大の転職支援実績があり(厚労省「人材サービス総合サイト」より2019年実績)、サポートも充実しているので、転職を検討しているなら必ず登録すべき1社です。

ただ、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は求人数No.2の『dodaエージェント』や、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』を併用すると良いでしょう。

公式サイト: https://r-agent.com/

◆補足:リクルートが運営している関連サービス

doda|求人数No.2・転職サポートが評判

doda

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

マイナビAGENT|女性のコンサルタントが多くサポートが充実

マイナビAGENT

女性の転職』は、マイナビエージェントが運営する女性のための無料転職サービスで、女性コンサルタントの多さや、サポートの手厚さから女性利用者の満足度が高いです。

キャリアコンサルタントは女性求職者の要望を聞きながら、一人一人に最適なアドバイスをしてくれます。

また、マイナビの豊富なリソースにより、大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多彩な求人を保有しており、その公開求人数は7,000件、非公開求人の数は2万件と、業界高水準となっています。

業界専任のキャリアアドバイザーによる、書類添削、面接対策など、しっかりと転職サポートを受けたい方は、ぜひ『女性の転職』に登録しましょう。

マイナビAGENT:
https://mynavi-agent.jp/

パソナキャリア|サポート充実で満足度No.1

パソナキャリア
パソナキャリア』は、手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方に特におすすめです。

運営元のパソナ社は大手人材派遣会社として数多くの企業との取引実績を有しており、業種・規模を問わず多くの企業とのパートナーシップが実現する求人数の充実ぶりには目を見張るものがあります。

Career Theory編集部が転職エージェント利用経験者を対象に行ったアンケート調査では、求人の量や質だけでなく、その手厚いサポートを高く評価する声が多く寄せらました。

親身・丁寧な対応やアドバイスを受けられるのはもちろんのこと、たとえば若年層のキャリアプラン女性のライフプランに関連した悩みのように、転職の枠を超えて、求職者がそれぞれ抱えるキャリア全般の悩みにも深く寄り添ってもらえたと好評です。

パソナキャリア』はどの求職者層にもおすすめできる大手総合系転職エージェントの1つですが、特に年収500万円以上の人であれば豊富な選択肢有用な提案を受けることができるでしょう。

さらに、東名阪(東京・名古屋・大阪)エリアでは特に求人数が充実しているため、同エリアでの転職を志望する人にはより一層おすすめの転職エージェントです。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

年収600万円以上のハイクラス層には『パソナキャリア』のハイクラス向けサポートがおすすめ

パソナキャリア』には高い年収を得ているハイクラス・ハイキャリア層の転職支援に特化した『パソナキャリア(ハイクラス)』があります。

取扱い求人約1.5万件(2022年8月時点)の約半数は年収800万円以上のハイクラス求人で、ハイクラス層の転職に特化した専任のコンサルタントがキャリアアップを力強くサポートしてくれます。
パソナキャリア(ハイクラス)』が抱えるエージェントは腕利き揃いで、同じくハイキャリア向けのスカウト型転職サイト『リクルートダイレクト』のエージェント・ヘッドハンターランキングでは決定人数部門で1位(2020年)と、高い実績を有しています。

既に600万円程度の年収を得ている人がさらなるキャリアアップを目指すなら、あなたのニーズにより深く寄り添ってくれる『パソナキャリア(ハイクラス)』を利用しましょう。

6-2. 年収・キャリアに自信がある女性向け転職エージェントおすすめ2選

年収・キャリアに自信がある40代女性におすすめの転職エージェントは以下の2社です。

その結果、下の表の通りになりました。

転職エージェント求人数提案力サポート体制
リクルートダイレクトスカウト
4.0

3.9

3.8
ビズリーチ
4.2

3.5

3.6

順番に見ていきましょう。

リクルートダイレクトスカウト|リクルート運営のヘッドハンティング型サイト

リクルートダイレクトスカウト トップ画面
リクルートダイレクトスカウト』は国内最大手のリクルートが運営する、ハイクラス向けのヘッドハンティング型転職サイトです

ハイクラス求人の検索はもちろん、レベルの高いコンサルタント(ヘッドハンター)を選んで相談をすることもできます。レジュメを登録しておけば、それを見たヘッドハンターから好条件のスカウトをもらうことも可能です。

また、総求人は118,653件と選択肢も多いので、高年収を狙う方であればすべての方におすすめできる転職サービスです。

レジュメ登録後はスカウトを待つだけで良いので、「時間をかけて高年収の仕事を見つけたい」という方におすすめです。

公式サイト:
https://directscout.recruit.co.jp/

ビズリーチ|CMで話題のヘッドハンティング型サイト

ビズリーチ

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティング型転職サイトです。

企業の求人掲載、求職者の登録の双方に事前審査が行われることにより、質の高いマッチングを実現しているのが特徴です。

基本的な検索サービスなどは無料で利用できますが、求人応募やプラチナスカウトの受信などの機能は有料会員への登録が必要となります。

  • タレント会員
    年収750万円未満の方対象 / 月額3,278円(税込)
  • ハイクラス会員
    年収750万円以上の方対象 / 月額5,478円(税込)

月額課金制の転職サイトは業界でも珍しく、利用をためらってしまう人もいるかもしれませんが、その分質の高い求人が揃っているので、「本気で転職したい」と考える方に特におすすめです。

公式サイト:
https://bizreach.jp/

7. 転職エージェントに断られた時の全手段

もし、転職エージェントに利用を断られたり、思うように求人を紹介してもらえなかったりする場合は、以下の方法を利用してみましょう。

7-1. 転職サイト

エージェント型の転職サービスではなく、まずは転職求人サイトに登録し、転職市場の動向を見極めるという方法もあります。

数ある転職求人サイトの中でも、特に掲載求人数が多いものは以下の通りです。

1.doda | 転職者満足度No.1の転職求人サイト

doda

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する総合転職サイトです。

担当者のサポートをもとに転職活動を行うのではなく、自分のペースでゆっくりと応募先企業を探していくことができます。

「転職サービスを使いたいけれども、担当者とのやり取りが面倒」という方は、ぜひdodaの転職求人サイト版を利用してみてください。

公式サイトから登録する:
https://doda.jp

2.リクナビNEXT | 転職決定数No.1!業界最大手の転職求人サイト

リクナビNEXT

リクナビNEXT』は、転職業界最大手のリクルートが運営する求人型サイトです。

業界最大規模の求人件数が魅力であり、4万件以上の求人が掲載されています。

キャリアが浅い方でも、応募可能な好条件の求人が多く掲載されているので、積極的に応募してみましょう。

公式サイトから登録する:
https://next.rikunabi.com/

7-2. ハローワーク

ハローワーク

ハローワーク』は厚生労働省が運営する、就職支援・雇用促進のためのサイトです。

求人の検索や応募などに加え、面接対策など若年層に向けて具体的な支援を行っています。

とはいえ、サポートの内容や求人の質は、転職エージェントや転職サイトと比べると落ちてしまうことは否定できません

なぜなら、ハローワークへの求人掲載は基本的に無料で行えるため、人が集まらないような悪条件の求人も多く集まっているからです。

ですので、基本的に転職エージェントか転職求人サイトを利用し、ハローワークはあくまで補助的な役割で活用することをおすすめします。

7-3. 派遣会社

思うように就業先が見つからないという方は、派遣という働き方も選択肢の一つとなります。

ここではおすすめの派遣会社を、

  • 保有する総求人数
  • サポートの満足度

という観点で厳選しました。

ランキング派遣会社総求人数サポート満足度
1位スタッフサービス140,000件以上
4.3
2位テンプスタッフ35,000件以上
4.0
3位マンパワー36,000件以上
3.9

1位. スタッフサービス

スタッフサービス

スタッフサービスは、派遣業界No.1の求人数を保有する大手派遣会社です。

実際、職種・業種ともにほぼ全ての派遣領域をカバーしており、2万件ほど保有しています。

相談できる事業所があり、登録利用者からは「仕事紹介のスピードが早い」「他の派遣会社に比べて圧倒的な求人で選択肢が広い」など、高く評価されています。

担当者の質に関しては評判は分かれるものの、求人数は業界No.1であり選択肢を増やすために、ぜひ一度登録することをおすすめします。

<スタッフサービスの派遣サイト>

2位. テンプスタッフ

テンプスタッフテンプスタッフ』は、人材業界大手の「パーソルグループ」が運営する派遣会社です。 紹介可能求人の数は、常時5万件以上と、派遣会社の中でもトップレベルです。 また、会社としての教育体制も整っており、利用者から「担当者の対応がよかった」と高評価の声もあがっています。 業界最大手で利用満足度の高いスタッフサービスと併せて利用すれば、希望にぴったりの求人をスムーズに見つけられるでしょう。 公式サイト: https://www.tempstaff.co.jp ※スキルに不安な方向けに「テンプオープンカレッジ」といったスキルアップ支援制度もあります。

3位. マンパワー

JOBNET

『マンパワー』は、マンパワーグループ株式会社が運営している、日本最初の大手人材派遣サービスです。

昭和41年に設立され、50年以上の実績がある派遣会社として知られています。

また、人材ビジネス実施の第32回派遣スタッフ満足度調査では、『また働きたい派遣会社第1位』に選ばれるほど、高い評価を得ています。

非公開の案件や大手案件を多数取り揃えており、登録すれば、希望や適性に合った求人を紹介してくれるでしょう。

公式サイト:
https://www.manpowerjobnet.com/

8. 関連記事

本章では、40代女性の転職に関連する記事を紹介します。

女性の転職ノウハウについて
女性におすすめの転職エージェント・サイトについて

9. 終わりに

ここまで、40代女性の転職の厳しさと転職を成功させる方法についてお話してきましたがいかがでしたか?

40代女性は

  • そもそも40代向けの求人数が少ないから
  • 企業が求めるスキル・経験が高水準だから
  • 年下の上司が扱いづらさを感じるから
  • 自分のスキル・経験に見合わない求人に応募しているから

といった理由から、転職するのが厳しい状況です。

しかし、これまでの経験を活かしつつ転職エージェントを頼ることで、より希望にかなう転職を実現することはできます。

最後に、この記事で紹介したおすすめ転職エージェントを再掲します。

気になるエージェントがあれば、2・3社合わせて登録しておきましょう。

全ての40代女性におすすめ4選

年収・キャリアに自信がある女性におすすめ2選

あなたの転職活動が上手く行くことを心から願っています。