40代女性の転職を成功に導く全知識|おすすめ転職サイト7選

40代で転職活動を始めようとして、「40代でも転職できるのだろうか」「女性の転職って難しいのでは?」などといった不安が頭をよぎっていませんか?

特に、女性で40代となると、色々な理由で転職をお考えかと思います。

このページでは、現役人材コンサルタントの経験から、女性の転職について以下の流れで、押さえておきたいポイントをご紹介します。

  1. 40代の転職市場
  2. 40代女性の転職成功の4ポイント
  3. 40代におすすめの転職エージェント7選
  4. 転職エージェントを使う際に注意すべき4ポイント
  5. 40代の転職で良くあるQ&A 5選

このページを読めば、40代での転職を成功させるために、知っておくべきポイントを、全てご理解いただけます。

1.40代の転職市場

40代での転職は、世間でも言われている通り、20代・30代と比較すると厳しいです。

ただし、40代は経験やスキルが充実している場合が多く、転職が成功しやすい人と慎重になるべき人が、はっきりと別れてくる年齢でもあります。

1-1.40代の転職は厳しいと言われる2つの理由

一般的に40代女性の転職は、以下の理由で厳しいと言われています。

  • 40代への求人が少ない
  • しっかりとしたスキルや経験が求められる

理由1.40代への求人が少ない

企業から見て、40代の方を採用するのは、その管理能力マネジメント力を期待して、ということが大半です。

しかし、多くの会社はピラミッド型の組織構造であるため、管理職などのポジションというのは非常に少ないのが現状です。

したがって、求人数も少なくなってしまい、転職が厳しいのが現状です。

理由2.しっかりとしたスキルや経験が求められる

20代であれば、ポテンシャルを期待して採用されることもありますが、40代の場合はそこに期待はしてもらえません。

そのため、専門的な業務の経験があったり、しっかりとしたスキルを求められるのが40代転職の現状です。

ちなみに、エン・ジャパンが実施した、中途で35歳~55歳の「ミドル世層」を採用している企業へのアンケートでも、以下のように「専門性」や「経験」などが、求められていることがわかります。

出典:エン・ジャパン

つまり、業界への専門性や、能力を持っている方は現場第一線での活躍を期待され、転職に成功する確率も高いといえるでしょう。

1-2.40代女性の転職事情

40代女性の労働状況は、正社員よりもアルバイト、契約社員のような非正規社員が多いのが現状です。

総務省の『労働力調査』だと、以下のように、派遣社員やアルバイトなどの非正規の雇用者数は、正規社員を上回っていることがわかります。

したがって、40代の転職活動は、正社員として転職を考えると厳しいです。

ただ、契約社員やパートタイムも視野に入れることで、転職がしやすくなるのでおすすめです

キャリアに自信があれば、転職成功率はぐっと上がる

以下dodaの『40歳女性の転職事情』のデータを見るに、40代の女性は、スキルや経験があるとスムーズな転職が行えます。

とくに、40歳の女性が転職後に選んでいる職種は、「企画・管理系」が多く、40歳前後の女性では時短で働くワーキングマザーの転職事例も増えています。

また同業種からの転職だと『事務・アシスタント系』が多く、「貿易事務」や「金融事務」といった専門性が求められる仕事は、年齢に応じた経験やスキルがポイントとなってきます。

このように、自分の得意領域を把握し、これまでの専門スキルや経験が活かせる方は、積極的に転職活動をしてみることをおすすめします。

また経験やスキルに自信がなくても、転職することは可能です。

次の章では、転職したい全ての40代の方に紹介したい、40代での転職を成功率を劇的に向上させるためのポイントを紹介していきます。

2.40代女性の転職成功の4ポイント

40代の転職はチャンスはあるものの難しいことはお分かりいただけましたでしょうか。

そこで、この章では40代女性で転職しようと決心した方が、転職を大成功させるための4つのポイントを紹介していきます。

  • 自己分析をしっかりする
  • 同業種でキャリアアップを目指す
  • 雇用形態にこだわらない
  • 相談相手を作る

以下で詳しく解説していきます。

2-1.自己分析をしっかりする

40代女性の転職を成功させるために必要なのは、「やりたいこと」はもちろんですが、「自分は何ができるか」をはっきりさせることです。

自己分析という形で、これまでのキャリアの棚卸しをすることによって、今までの経験を振り返り、「なにがやりたいのか」「なにができるのか」「何が求められているのか」をはっきりさせるといいでしょう。

そして、自分が求めている企業と自分のキャリアが、活かせるかどうかを明確にすることができれば、内定率がぐっと上がります

また、これまでのキャリアを振り返ることで、求人を見たときに、自分のキャリアが活かせるかどうかの判断がしやすくなるので、転職先の選択肢も広がります。

詳しい自己分析の方法を知りたい方は、『プロ直伝!転職を成功に導く自己分析4ステップ【シート付】』も参考にしてみてください。

2-2.同業種でキャリアアップする

同業種であれば、スキルや経験も活かせる可能性が高く、転職の成功にもつながりやすいのでおすすめです。

40代の場合、企業が転職者に求めるものは、「即戦力」だからです。

ただ、異業界・異業種での転職も難しいものの不可能ではなく、その場合はどの職種でも使える共通の知識や経験、スキルをアピールすることがポイントとなります。

2-3.雇用形態にこだわらない

ここまで紹介したように、40代女性は転職するのは、難易度が高いと言えます。

ただ、これらはあくまで正社員での話であって、これまでに管理職やマネジメント経験がない方、専門的スキルなどを持ち合わせていない方は、契約社員から正規雇用などの働き方も一度考えてみることをおすすめします。

2-4.相談相手を作る

転職を成功させるためにも、転職について詳しくかつ女性の転職に詳しい相談相手を作ることをおすすめします。

しかし、そうはいっても身近にこんな人はいない、という方も多いと思うので、そういった方向けの無料で使えるサービスを紹介します。

転職エージェントというサービス

転職エージェントとは、登録をすると完全無料で転職相談に乗ってくれて、企業の求人紹介から面接のセッティング、給与交渉など転職に必要なサポートをしてくれるサービスのことを指します

総合転職エージェント

転職エージェントがおすすめな理由として、40代の女性が正社員として転職するのは狭き門だからです。

そのため、多くの転職成功者をサポートしてきた経験から得たノウハウを持っている、転職エージェントを使用することで、40代女性でも転職の成功率がぐっと上がるでしょう。

また、なぜ無料かというと、転職エージェントはあなたが入社すると企業から謝礼(紹介料)として年収の30%前後に当たる額を受けとっているからです。

以下が、主に転職エージェントがしてくれること6点です。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給与交渉

転職活動で面倒なことは、全て自分の代わりにやってくれて、本番面接以外で企業と直接やりとりすることはほぼありません。

逆に、個人で転職活動を進める場合は上記をすべて自身でこなさなければなりませんので、転職する場合はできる限り活用するのが得策です。

次に、40代女性におすすめな転職エージェントをご紹介します。

3.40代におすすめの転職エージェント7選

40代女性の転職エージェントの選び方は、自身のキャリアに自信が「ある」か「ない」かで大きく変わります。

この章では、具体的におすすめな転職エージェントを紹介していきます。

目的おすすめ転職エージェント求人数サポート提案力
①すべての40代女性におすすめ doda
69,000件以上

対面

3.6
 リクルートエージェント
100,000件以上

対面

3.6
②ハイクラスの方(年収600万~)ビズリーチ
110,000件以上

対面

3.7
JAC Recruitment
3,300件以上

対面

4.2
③中堅クラスの方(年収400~600万)

パソナキャリア
38,000件以上

対面

4.1
リブズキャリア
1,500件以上

対面

3.5
④キャリアに自信がない方(年収400万以下)リクナビNEXT
(転職サイト)

26,000件以上
×
なし
×
なし

3-1.すべての40代女性におすすめ

転職を考えている、すべての40代女性におすすめな転職エージェントをご紹介します。

求人数はもちろん、女性の気持ちや、それぞれの事情を理解してくれる転職エージェントを探している方は、以下のエージェントを参考にしてみてください

『doda』

doda
doda』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する、大手総合転職エージェントです。

当たり外れの少ない万能なエージェントなので、「もっとたくさんのアドバイザーからの意見を聞いて、慎重に転職したい!」という方、時間に余裕があれば全ての方におすすめです。

女性のキャリアを専門にしているキャリアアドバイザーが居たり、面接や職務経歴書の対策に対してきめ細やかなサポートをしてくれたりと、女性のサポートには定評があります。

また、サポートの一環として女性向けのイベントも頻繁に開催しており、女性の転職で必要な観点や、面接手法などのノウハウを知ることができる「女性のための転職フェア」や、実際のキャリア形成例を学べる「Woman’s Career Meeting」が有名です。

求人数69,000件以上
拠点あり(東京本社)
提案力4.0
★★★★★
公式ページhttps://doda.jp/

『リクルートエージェント』

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、転職エージェントの中でも、日本トップの求人数を保有しています。

サポートが手厚く、特に面接対策が充実しているので、安心して面接に臨めるでしょう。

また、対企業への交渉力が高く、内定率が高いのもリクルートエージェントの魅力の一つです。

社内に通称「LEO」と呼ばれる、女性向け事務職種に特化した部署もあり、紹介手数料が通常よりも低めに設定されているので、より多くの企業が事務職の求人を依頼しています。

事務職を希望している女性は、リクルートエージェントを利用することをおすすめします。

求人数100,000件以上
拠点あり(東京本社)
提案力3.6
★★★★
公式ページhttps://www.r-agent.com/

3-2.ハイクラス(年収600万~)の方向けの転職エージェント

高収入や、キャリアアップを目的とした転職活動を行いたい方向けの転職エージェントをご紹介します。

今の時代、性別に関係なくスキルや経験があれば、出世高収入を得ることは可能です。

キャリアやスキルに自信があるという方は、以下の転職エージェントを参考にしてみてください。

『ビズリーチ』


ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

場合によっては、2,000万越え案件もあり、特に外資系案件に強いです。

約1,700名のヘッドハンターが登録しており、数では約600名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位といえます。

一度登録し、連絡があったヘッドハンターとあってみると、あなたのキャリア観を変えるような発見があるかもしれません。

東京の求人数110,000件以上
拠点あり(東京本社)
提案力3.7
★★★★
公式ページhttps://www.bizreach.jp

『JAC Recruitment』

JACリクルートメント

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

『マイナビエージェント』や『パソナキャリア』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

全国の求人数3,300件以上
拠点

東京(本社)
茨城・栃木・群馬・埼玉・横浜・山梨・長野・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島

提案力4.2
★★★★
公式ページhttp://www.jac-recruitment.jp/

3-3.中堅クラス(年収400~600万)の方向けの転職エージェント

ワークライフバランスを重視している方向けの、転職エージェントをご紹介します。

プライベートも仕事も両立させたい、未経験の業界や正社員を目指しているという方は、以下の転職エージェントを参考にしてみてください。

パソナキャリア

パソナキャリア』は、大手の中でもキャリアコンサルタントが親身で、女性からの評判が非常に高い総合転職エージェントです。

特に国内のネットワークはリクルートに勝るともいわれており、案件の数や企業とのつながりについては、文句なしで信頼できる実績を持っています。

『自社の利益よりも正しい転職』をモットーに運営しているため、キャリアアドバイザーは一人ひとりによりそって、どのような些細な悩みにも対応してくれます。

また、パソナグループは、『女性が社会で活躍すること』を打ち出しており、女性が活躍する会社として多数の実績があるのです。

全国の求人数38,000件以上
拠点あり(東京本社)
提案力4.1
★★★★★
公式ページhttps://www.pasonacareer.jp/

リブズキャリア

リブズキャリア

リブズキャリア』は年収400万円以上の案件に限定しており、高収入案件が多い転職サイトです。

「女性がワークライフバランスを大切にしながら活躍できる案件」にこだわっているので、長く働き続けることや、数年でキャリアを積むための転職をすることもできます。

また、「Woman Bright Action」という女性の社会進出、女性の社会活躍を応援するためのプロジェクトを推進しているので、女性活躍プロジェクトに賛同する200社以上の一流の企業の非公開案件に出会えるかもしれません。

東京の求人数1,500件以上
拠点あり(東京本社)
提案力3.5
★★★★
公式ページhttps://libinc.jp/

3-2.キャリアに自信がない(年収400万以下)方向けの転職エージェント

40代の転職では、キャリアに自信のある人でないと転職は厳しいです。

そのため、キャリアに自信がない方はとにかく求人数を集めて、数多く応募していくことが、40代が転職で成功するためのコツです。

キャリアに自信はないけれど、転職活動をしたいと思っている方は、以下の転職サイトを参考にしてみてください。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXT』はリクルートが運営する最大手の転職サイトです。

転職エージェントではないですが、求人件数も転職サイトの中では首位で(具体的な数値は非公開)、会員数については約600万人、2番手が300万〜350万前後と言われていますから、国内での優位性は圧倒的No.1です。

東京の求人数26,000件以上
拠点あり(東京本社)
提案力なし
公式ページhttps://next.rikunabi.com/


また、より詳しく女性に特化したエージェントが知りたい方は、『
【女性向け】おすすめ転職サイト11選|目的別にプロが解説!』も参考にしてみてください。

4.転職エージェントを使う際に注意すべき4ポイント

以下の4つのポイントに注意をして、転職エージェントを使うことをおすすめします。

  • エージェントに登録後は、2週間に1回は連絡を入れておく
  • 担当のコンサルタントが会わなければ変更する
  • 推薦文は必ず確認する
  • 同じ案件に複数のコンサルタントから応募しない

4-1.エージェントに登録後は、2週間に1回は連絡を入れておく

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り、応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最後にコンタクトをとった日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介のメールが来なくなってしまいます。

スクリーンショット 2015-10-18 20.29.18

更新日が古い、いくら条件がよくても機械的に後回しになってしまう場合があるので、連絡はこまめにとるようにしましょう

4-2.担当のコンサルタントが合わなければ変更する

担当のコンサルタントに情を移してはいけません。

担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わない、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

また、担当変更がどうしてもしづらい場合は他社をあたることをおすすめします。

4-3.推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当のコンサルタントはあなたを200字~1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴をそのまま移すだけなどひどいケースもあります。

そこで、「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけて内容の確認をしましょう。

4-4.同じ案件に複数のエージェントから応募しない

数社の転職サイトを使っている場合、同じ案件に複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

企業・エージェント両社に不信感を与え、場合によっては破談となり、再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるので、複数のエージェントから応募はしないようにしましょう。

5.40代の転職で良くあるQ&A 5選

40代の方の転職支援をしていてよくあった質問が以下の5つです。

  • 40代女性転職ので有利な資格は?
  • だいたいどのくらい受ければ内定が出るの?
  • 40代は早めに転職しないと状況が悪くなるの?
  • 転職にかかる期間はどれくらいを覚悟すべき?
  • 面接時の服装は何を着ればいい?

この章ではそれぞれに関して、解説をしていきます。

5-1.40代女性の転職で有利な資格は?

40代ではとにかく書類選考が難しくなることから、手軽に取れる「資格」などを取り自分のスキルをPRして、確実に書類審査を通過していきましょう。

ここで、英検や簿記などは、多くの方が持っていたり業務に活かしにくいです。

そこで、「持っている人が少ない」「業務に直結する資格」など、転職活動に少しでもプラスに働く資格の方がおすすめです

  • 医療事務
  • 介護職員初任者研修
  • アロマセラピスト
  • CAD利用者技術者試験
  • インテリアコーディネーター
  • 通訳案内士

以上のような資格を持っていれば、その資格を活かせる転職で非常に有利になります。

持っている方はもちろん、無資格でキャリアにも自信がない方は取得に向けてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

また、資格についてより詳しく知りたい方は『40代女性におすすめ!未経験でも転職できる6つの資格』や『女性のための転職・復職に有利になる業界別資格12選』も合わせて参考にしてみてください。

5-2.だいたいどのくらい受ければ内定が出るの?

40代の転職成功率は1~2割です。

近年女性の中途採用をする企業は増えてきているものの、年齢と比較して圧倒的に枠が少ないため、簡単に転職することは難しいです。

そのため、深い専門性や高いスキルがない限り、100社~200社応募することを覚悟しておきましょう。

また、転職がしづらい40代だからこそあまり雇用形態にこだわり過ぎないことも、転職を成功させるためには大切なことです。

なかなか決まらない時こそ、あなたの譲れないもの、求めるものを理解して、正社員以外の道を考えてみるというのも一つの手段でしょう。

5-3.40代は早めに転職しないと状況が悪くなるの?

結論から言うと、状況はどんどん難しくなっていくことが予測されます。

それは、企業が同じスキルを持った「40歳」と「49歳」であれば長く働ける前者を選ぶからです。

ちなみに、「年収をアップさせて転職を成功させた方の割合」は、以下のように40歳からどんどん落ちることから、40歳からは歳を取るごとにますます難しくなる年齢であることがお分りいただけるのではないでしょう。

そのため、転職する意思が強い方は早めに動いた方が、転職に失敗する可能は低くなります。

5-4.転職にかかる期間はどれくらいを覚悟すべき?

最低でも3か月は覚悟をすべきです。

以下のデータは、130名の転職コンサルタントにエン・ジャパンが実施した、「年齢別にどれくらいの期間がかかる人が多いか」というアンケートの結果です。

以上のように、多くの40代の方が3~6ヶ月で転職を決めていることが、お分かりいただけるかと思います。

ただし、3~6ヶ月で決まる方は企業が欲しがるキャリアを持っているか、膨大な数の応募をした方のどちらかである可能性が高いです。

そのため、この期間で決めるためにも努力することが求められます。

5-5.面接時の服装は何を着ればいい?

女性の多くが、面接などでどんな服装で行くべきか、悩まれるかと思います。

面接はあくまでもビジネスシーンであること、また面接官に不快な思いをさせないように、清潔感を意識した服装にしましょう。

以下に、面接時に気をつけるべきポイントをまとめたので参考にしてみてください。

 服装 チェックポイント
 スーツ
  • 黒や紺、グレー系などの濃い色をおすすめします。シンプルで清潔感あるデザインのものを。
  • ベージュ等の薄い色を選ぶと女性らしい柔らかい雰囲気になりますが、一般的には濃い色の方が顔映りがよくなります。
  • しわや汚れが無いように、しっかりクリーニングに出してスーツを着ましょう。
 ボトム
  • 極端なスリットが入ったものや、カジュアル過ぎるものは避けましょう。
  • パンツ丈は、ヒールの付け根よりも数ミリ下程度が綺麗に見えます。
  • スカートの場合は膝丈がベストです。
 インナーシャツ
  • シャツでもカットソーでもOK。フリルやレースが付いたカジュアルなものは避けましょう。
  • 色は、清潔感のあるがベスト。淡い色合いであれば問題ありませんが、濃い色や柄物はNGです。
  • 下着が透けないように、肌色に近いキャミソール等の着用をおすすめします。
 ベルト
  • 必ずしもベルトをつける必要はありません。インナーシャツをウエストインする際に活用下さい。
  • カジュアルなものを避け、シンプルなデザインのベルトを選びましょう。
 ストッキング
  • スーツの色を問わず、自然な肌色に近い無地のベージュを。自分の肌より少し濃い物を選ぶと、足が綺麗に見えます。
  • 柄や装飾入りのものはNG。黒のストッキングは喪服のイメージがあるので避ける方がベターです。
 靴
  • 黒のシンプルなパンプスで、ヒールは5cm程度で太めなものを。安定感があり綺麗に見えます。
  • ピンヒールや、オープントゥ、ミュールやサンダル、ブーツなどは避けましょう。カツカツ響く靴もNG
  • 汚れや傷はマイナス印象ですので、きちんと磨き、補修に出すことをお薦めします。
 時計
  • 携帯電話を時計代わりにする人もいますが、ビジネスシーンで腕時計の着用は常識のマナー
  • シンプルなデザインで、スーツに合うものを選びましょう。トイウォッチは避けた方が無難です。
 カバン
  • 面接前後にパンフレットなどの資料をもらう事があるので、A4書類が入るビジネスバッグを。
  • 面接中に足元に立てておくため、手を離しても自立するタイプをお薦めします。
  • トートバッグやリュックなどカジュアルなものや、高級ブランドのカバンは避けましょう。

ちなみに、スカートなのか、パンツがいいのかも聞かれることが多いですが、採用担当者に確認をしたところ、特に面接評価は変わらないようです。

比較的、パンツスーツは「バリバリ働くキャリアウーマン」という印象が強くなるので営業職応募の場面で、スカートは「優しくしなやかな女性」という印象が強くなるのでコーポレート職や事務職応募の場面がオススメです。

さいごに

転職を始めようとしている40代の女性に、向けて私なりのアドバイスを紹介してきましたがいかがでしたか?

転職するしないに限らず、まずは一歩踏み出してみることをおすすめします。

第一歩として「女性の転職に詳しい人に相談する」のがいいと思いますが、身近にいない方は以下のようなエージェントに登録して、転職のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

以下が、女性におすすめなキャリアへの自信別の転職エージェントです。

すべての女性におすすめな転職エージェント

ハイクラスの方(年収600万~)

中堅クラスの方(年収400~600万)

キャリアに自信がない方(年収400万以下)

このエージェントの中から、あなたに合いそうなものをいくつか登録してみて、まずは担当者に相談してみることが最高の第一歩になるはずです。

あなたのキャリアが素晴らしいものになることを心から祈っています。