30代女性におすすめ転職サイト・エージェント18選|プロが教える成功のための全ポイント

  • 「30代女性におすすめの転職サイトはどれだろう?」
  • 「評判の良い転職エージェントを利用したい!」

と考えていませんか?

転職サイトや転職エージェントは、それぞれ得意な業界・地域が異なっているため、転職志望先をはじめとした『あなたの状況』に合わせて選ぶ必要があります。

そこで、本記事では転職のプロとして女性の転職支援をしてきた私が、30代女性におすすめの転職エージェント・サイトを厳選して紹介します。

  1. サポートが欲しい方は転職サイトよりも転職エージェントがおすすめ
  2. 30代女性におすすめ転職エージェント14選
  3. 30代女性におすすめ転職サイト4選
  4. 30代女性の転職が難しい理由と対策
  5. 30代女性が転職活動を始める際の注意点
  6. 30代女性が転職に成功するために抑えるべき3つのポイント

このページを全て読むと、自分が利用すべき転職サイトやエージェントが分かり、最高の転職への第一歩を踏み出せるでしょう。

1. サポートが欲しい方は転職サイトよりも転職エージェントがおすすめ

転職エージェントと転職サイトの大きな違いは、転職エージェントには担当者がつく一方、転職サイトには担当者がつかないことです。

転職エージェントであれば、面談をした上で応募作業、面接日程調整、最終交渉などをすべて代理でやってもらえますが、転職サイトの場合は、応募企業の選定から最終交渉まで全て自分で行う必要があります。

そのため、サポートが欲しい方や初めての転職でわからないことが多い方は転職エージェントの利用がおすすめです。

以下に、担当者の有無による転職エージェントと転職サイトの違いをまとめました。

転職エージェント転職サイト
気軽さ
専任のアドバイザーと打ち合わせをしながら進めていく。

自分の判断で、マイペースに進めることができる。
選択肢
転職サイトにはない非公開求人にも応募可能で、非公開のものを併せると求人数は10万件を超える。

多いところでは5万件以上の案件が常時掲載されており、選択肢は多い。
企業との調整
専任アドバイザーが面接日程、給与交渉、入社時期まで調整してくれる。

応募から面接日程、入社条件の交渉などは全て自分で行う。
転職成功率
面接指導や、企業へ強く推薦してくれる場合もあり、成功率は高い。

選考対策を全て一人で行う必要があり、内定に中々繋がりにくい。
転職アドバイス
自身の正確な市場価値や、理想のキャリア実現に向けたアドバイスを受けることができる。

サイト内のツールは使用できるが、機械的なアドバイスしか受けることができない。
面接対策
豊富な転職支援実績を元にした模擬面接で、それぞれの企業の対策ができる。

一人で練習することになり、客観的なアドバイスをもらえない。
情報収集
転職アドバイザーを通して、企業の独自情報を容易に入手できる。

企業の情報を収集するにあたって、複数のサイトや口コミを当たる必要があり、時間がかかる。

まとめると、転職サイトよりも転職エージェントの方が企業の内部情報・選考対策情報にも詳しく、サポートもきめ細かい、といった特徴があります。

以上の理由から、サポートが欲しい方や転職が初めてで不安があるといった方には、転職エージェントの利用がおすすめです。

ただし、転職エージェントの中には条件の悪い求人に無理やり応募させようとしてくる悪質なエージェントもあります。

そこで、次章で転職のプロである私が30代の女性におすすめできる転職エージェントをご紹介します。

2. 30代女性におすすめの転職エージェント14選

本章では、30代女性におすすめできる転職エージェントを以下の3つの観点で厳選してご紹介します。

転職エージェントを選ぶポイント

  • 求人の質・量
    …魅力的な求人を多く保有しているか
  • 提案力
    …自分のキャリアに適した提案をしてくれるか
  • サポート体制
    …添削・面接対策等のサポートは充実しているか

以下の3つに分けてご紹介します。

まずは、気になる数社に登録して話を聞いてみましょう。

全ての女性におすすめ

まず初めに全ての女性におすすめできる転職エージェントをご紹介します。

転職エージェント公開求人数提案力サポート体制
リクルートエージェント
11万件

4.1

4.3
doda
8万件 

3.9

3.8
マイナビAGENT
2.5万件 

3.9

4.0
パソナキャリア
3.2万件

4.2

3.9
type女性の転職エージェント◯ 
8,500件

3.6

3.6

※求人数は2021年7月時点の値です。

リクルートエージェント | 求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

<リクルートが運営している関連サービス>

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビエージェント』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

doda | 求人数No.2・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

マイナビAGENT|女性コンサルタントが多くサポートが充実

女性の転職』は、マイナビエージェントが運営する女性のための無料転職サービスで、女性コンサルタントの多さや、サポートの手厚さから女性利用者の満足度が高いです。

キャリアコンサルタントは女性求職者の要望を聞きながら、一人一人に最適なアドバイスをしてくれます。

また、マイナビの豊富なリソースにより、大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多彩な求人を保有しており、その公開求人数は7,000件、非公開求人の数は2万件と、業界高水準となっています。

業界専任のキャリアアドバイザーによる、書類添削、面接対策など、しっかりと転職サポートを受けたい方は、ぜひ『女性の転職』に登録しましょう。

マイナビAGENT:
https://mynavi-agent.jp/

パソナキャリア | サポート充実で満足度No.1

『パソナキャリア』は、手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方に特におすすめです。

運営元のパソナは人材派遣領域で業界最大手の企業であり、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実しています。また、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、サービス内容も多岐にわたります。

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.2」とリクルートエージェントに次ぐ実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの1社です。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

type女性の転職エージェント | 女性特化で首都圏に強い

type女性の転職エージェント』は、転職サイト大手の株式会社キャリアデザインセンターが運営する女性専門の転職エージェントです。

2005年から、女性に特化した転職サイトの『女の転職@type』を運営しており、女性の転職支援については10年以上の歴史があり、女性が働きやすい案件を大量に保有しています。

女性のアドバイザーを中心に、職種ごとに専門チームを作り女性の転職支援をしているため、細かなアドバイスを受けたい女性におすすめです。

また実際に、『type女性の転職エージェント』を利用して転職した方の約71%が年収UPに成功しています。

特に、「販売・サービス・事務」や「バックオフィス」など、職種ごとに専門のアドバイザーがいるので、非常に頼もしい転職エージェントと言えるでしょう。

type女性の転職エージェント公式サイト:
https://type.woman-agent.jp

キャリアに自信のある方におすすめ

次にキャリアに自信のある方におすすめできる転職エージェントをご紹介します。

転職エージェント公開求人数提案力サポート体制
キャリアカーバー
6.1万件

4.0

3.5
ランスタッド
8,,000件

4.1

3.9
ビズリーチ
12万7,000件

3.7

3.4
JACリクルートメント
1.1万件 

4.2

3.9
パソナキャリア(ハイクラス)4.5万件〜
3.8

4.1

※求人数は2021年7月時点の値です。

キャリアカーバー | リクルート運営のヘッドハンティング型サイト

キャリアカーバー(by リクルート)』は国内最大手のリクルートが運営する、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです

レベルの高いコンサルタント(ヘッドハンター)を自ら選んで相談をすることもできれば、レジュメを登録して好条件のスカウトも待つこともできます。

また、全求人は約6万件以上と、高年収を狙う方であればすべての方におすすめできる転職サービスです。

気になる方は、ぜひ一度登録してみることをおすすめします。

公式サイト:
https://careercarver.jp/

ランスタッド | 年収800万円以上の外資求人

ランスタッド』は、オランダに本社を置き、世界39カ国で人材ビジネスを展開する世界最大級の外資系転職エージェントです。

保有求人全体の約半数が「年収800万円以上」の求人で、中には年収2000万円以上のハイクラスな求人も見つけることができます。S&P500企業からスタートアップまで、求人の幅が広いことも特徴的です。

またランスタッドでしか募集をしていない「独占求人」も多く、特にグローバル企業や外資系企業のハイクラスポジションの仕事を見つけられます。

公式サイト:
https://randstad.co.jp

※ランスタッドでは、IT企業の転職に特化したエージェントサービスも行っています。IT業界志望者はこちらを利用してみてください。

ビズリーチ | CMで話題のヘッドハンティング型サイト

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約4,700名のヘッドハンターが登録しており、数では約2,500名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

公式サイト:
https://bizreach.jp/

JACリクルートメント | ハイクラス転職実績No.1

JACリクルートメントは、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1で、ハイキャリア案件については間違いなくトップレベルといえるでしょう。

キャリアや経験にある程度の自信がある方は、そのキャリアを活かすためにも必ず登録すべき1社です。

※年収600万円以上ない方だと、紹介してもらえない可能性があるので、その場合は『パソナキャリア』など、他の転職エージェントに相談しましょう。

JACリクルートメント公式サイト:
http://jac-recruitment.jp/

パソナキャリア(ハイクラス) | 年収500万円から高年収を目指すなら

パソナキャリア』は、大手の中でも特にキャリアコンサルタントが親身だと評判の良いエージェントです。

年収帯を問わず、充実したサポートを行っており、当サイトが実施したアンケートでも利用者満足度No.1の結果でした。

また、首都圏(東京、名古屋、大阪)を中心に求人数も豊富で、年収600万円以上のハイクラスを目指す全ての方におすすめできます。

パソナキャリア公式サイト:
https://pasonacareer.jp

キャリアに自信のない方におすすめ

次にキャリアに自信のない方におすすめできる転職エージェントをご紹介します。

転職エージェント公開求人数提案力サポート体制
リクルートエージェント
11万件

4.1

4.3
doda
8万件 

3.9

3.8
ハタラクティブ非公開
3.6

4.1
就職shop非公開
3.6

4.1

※求人数は2021年7月時点の値です。

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

<リクルートが運営している関連サービス>

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビエージェント』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

doda|求人数No.1・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

ハタラクティブ|第二新卒の転職実績No.1

ハタラクティブ』は、第二新卒や既卒など若年層をターゲットにした特化型転職エージェントで、第二新卒特化型としては最大手です。

2,300件以上の案件に加え、キャリア相談、職務経歴書や面接対策について徹底したサポートで、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%という非常に優れた実績です。

いまの経歴に自信のない方でも、違う職種で新たに挑戦したい、これから正社員に挑戦してみたいとお考えの方には非常におすすめできるエージェントです。

公式サイト:
https://hataractive.jp/

また、求人数を多く見たい場合は、『リクルートエージェント(約30万件)』を併せて利用することをおすすめします。

就職shop|未経験20代におすすめ

就職Shop』は、大手人材会社リクルートが運営する「未経験から正社員」に特化した転職エージェントです。

書類選考なしで面接ができる企業が多く、未経験向けの職種の豊富さが就職shopの特徴となっています

このことから、「書類選考の時点で落ちてしまう方」や「自身のキャリアに自信がない方」に是非利用してほしいサービスです。

就職shop公式サイト:
https://ss-shop.jp

3. 30代女性におすすめ転職サイト4選

この章では、女性におすすめの転職サイトをご紹介します。

ランキングは以下の通りになりました。

基本的に転職エージェントの利用で十分ですが、エージェントが自分に合わないと感じる方は、以下の中から登録してみてください。

転職サイト総合評価コメント
リクナビNEXT ◎
4.6
求人数はNo.1の転職サイト。dodaとの併用がおすすめ。
doda
4.4
求人数が非常に多く、選択肢の幅が広い。
パセリスタッフ
4.0
未経験歓迎の求人が豊富で、女性コーディネーターが最後までサポートしてくれる。
とらばーゆ
3.5
検索機能が充実しており、詳細な条件で求人を絞り込める。美容室やアパレル店員などのサービス業の求人比率が高い。

順に紹介していきます。

リクナビNEXT | 転職決定数No.1

リクナビNEXT』は、転職業界最大手のリクルートが運営する求人型サイトです。

求人件数も首位で(具体的な数値は非公開)、会員数については約1,200万人、2番手が800万前後と言われていますから、国内での優位性は圧倒的No.1です。

年収500万円を超えるようなハイクラス人材であれば、『キャリアカーバー』がおすすめですが、年収500万円に満たない方であれば、すべての人におすすめできる転職サイトです。

公式サイトから登録する:
https://next.rikunabi.com/

doda | 転職者満足度No.1

doda

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する総案件数No.2の総合転職サイトです。

案件の数ではリクナビNEXTに劣りますが、求人の幅広さや、面接対策・職務経歴書の実践的なアドバイスの評判は非常に高く、20~30代から非常に高い評価を受けています。

転職になかなか踏み切れず迷っている方にとっても、ペースを合わせて親身に対応してくれたという声も多く、転職を無理強いすることはないので安心してください。

登録後に連絡が来るので、『転職するかどうか迷っているので、アドバイスを頂けないでしょうか』と伝えて、気軽に一歩を踏み出してみましょう。

doda公式サイトを見る:
https://doda.jp

パセリスタッフ|女性コーディネーターが最後までサポートしてくれる

「パセリスタッフ」は、専任の女性コーディネーターによるサポートが魅力の転職サイトです。

あなたのキャリアアップや働き方、叶えたいライフスタイル等のニーズをヒアリングし、様々な業種・職種の求人を案内してくれます。

紹介案件は、女性のコーディネーターが実際の勤務環境を確認した求人が厳選されています。優良求人が多く、未経験からの転職でも安心して任せられるでしょう。

公式サイト
https://paselistaff.jp/

とらばーゆ|未経験求人多数の女性特化型転職サイト

とらばーゆ』は、女性の仕事探しに特化した、求人サイトです。

幅広い職種を網羅して掲載しており、未経験歓迎の求人も多い点が魅力なので、職歴の浅い方でも自分に合った仕事を見つけやすいという強みがあります。

また女性向けのライフスタイル・マネー記事や、働く女性へのインタビューなど、独自のコンテンツも大きな魅力です。

とらばーゆ公式サイト:
https://toranet.jp/

4. 30代女性の転職が難しい理由と対策

30代の女性は20代と比べると、以下の3つの理由から転職が難しいとされています。

それぞれ詳しく説明していきます。

4-1. 結婚・出産による退職を懸念されるから

企業側は「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」「すぐに子どもができたら、休みがちになるのではないか」などと懸念して、採用を渋る傾向があります。

30代の女性は結婚・出産をする人が多く、ライフステージの変化が大きい世代であるため、特に結婚したばかりの方や、近々結婚の予定がある人は、転職面接の際に不利になることもあるようです。

面接で質問された際には、結婚しても家庭と両立しながら働き続ける意思を強調するといいでしょう。

30歳女性の転職は不利

口コミ・評判

匿名
30歳って転職市場での男女の評価が最も割れる歳だよな。男性は、一通り経験積んでて若くて即戦力の評価なのに、女性は経験を無視され、結婚の予定はあるのかとか産休の予定はあるのかとかそういったリスク面から評価がスタートする。

出典:Twitter

4-2. スキルや経験を重視されるから

30代での転職はスキルや経験を重視される為、特段のスキルや経験がない人は転職が難しくなる可能性が高いです。

20代まではポテンシャルで採用されることが多いですが、求職者の年齢が上がるにつれて「管理職を経験していたか」「業務に活かせる専門スキルがあるか」など、企業が採用候補者に求める条件が多くなります。

そのため、スキルや経験に自信がない方の30代の転職はより難しくなってしまいます。

4-3. 年齢が上がるにつれ求人数そのものが減少するから

年齢が上がるにつれて募集求人が少なくなるのも、30代転職が難しい理由の1つです。

特に長期勤続によるキャリア形成を目的とした求人の場合、「35歳以下」という条件が設けられていることがあります。

「35歳未満の方を募集(職務経験不問)」(例外事由3号イ:長期キャリア形成を図るため)

出典:厚生労働省

そのため、30代で転職しようか迷っている方は、できるだけ早く行動に移すことをおすすめします。

5. 30代女性が転職活動を始める際の注意点

本章では、30代女性が転職活動を始める前に考えるべきことをまとめました。

以下の3点です。

順に説明していきます。

5-1. 正社員以外の選択肢も考える

「働くなら絶対に正社員が良い!」と考える方もいますが、その人の状況やキャリアプランによっては派遣社員や契約社員の方が適していることもあります。

特に結婚や出産を機に退職しようと考えている方や、家庭と仕事を両立させたいと考えている方には、融通が利きやすい派遣社員はおすすめです。

また、残業が少なく定時で帰りやすい、未経験業種にもチャレンジしやすいといったメリットもあります。

派遣なら夕方に帰れる

口コミ・評判

匿名
結婚して派遣は割とありだよ!前の会社の妻たちは派遣で働いてて夕方には帰ってるから!

出典:Twitter

5-2. これまでのキャリアを活かせる転職先を選ぶ

これまでの経験やスキルを活かせる転職先を選ぶことをおすすめします。

というのも、30代の未経験転職は応募できる求人が非常に少なく難しいからです。

実際に、大手転職サイトdodaの公開求人のうち未経験を歓迎している求人は全体のわずか6%となっています。(2020年11月時点)

また、仮に転職できたとしても、年収が下がってしまうケースや、働き始めてから自分に合っていないと気づくケースもあります。

以上の理由から、相当強い希望がない限り、これまでの経験やスキルが活かせる転職先を選ぶことをおすすめします。

5-3. 会社を辞めずに転職活動を行う

現職に対する不満や、結婚や出産を理由にとりあえず退職してしまう30代女性の方がいますが、おすすめしません。

というのも、男女ともに離職期間が長いほど企業から良い印象を持たれなくなり、転職が難しくなるからです

そのため、今すぐに辞めないと身体や精神に異常をきたしてしまう、家庭に手が回らないといった極端なケースを除いて、辞めずに転職活動を続けることをおすすめします。

6. 30代女性が転職に成功するために抑えるべき3つのポイント

30代女性が転職成功率を上げるために押さえるべきポイントは、以下の3つです

  1. 転職の全体像を理解してスケジュールを立てる
  2. 転職の目的となりたい将来像を考える
  3. 自己分析・キャリアの振り返りを行う

では、これら3つの対策について、それぞれ理由とともに詳しく説明していきます。

6-1.転職の全体像を理解してスケジュールを立てる

転職活動において、まずはじめにやるべきことは、転職の全体像を理解してスケジュールを立てることです。

以下にて重要な理由と、具体的な方法について、ご説明します。

《重要な理由》

転職の全体像を理解してスケジュールを立てることで、効率的な転職活動を行うことができるためです。

具体的には、以下3点のメリットがあります、

  • 転職活動のモチベーションが上がる
  • 先のことを見据えた行動ができる
  • 転職活動が長期化することを防げる

実際、転職の全体像が分からないことで大きな不安を抱える方や、スケジュールを立てないことで非効率な転職活動をされる方が多くいらっしゃいます。

その結果、身が思ったような転職活動ができず、大きなストレスを抱えてしまい、転職活動自体を断念される方もいらっしゃいます。

転職活動を成功させるためにも、まずは転職の全体像を理解してスケジュールを立てるようにしましょう。

《具体的な方法》

転職を完了させたい時期(例えば、今年の◯月中などおよその時期)から、逆算方式で立てていきます。

希望通りのタイミングで転職をするためにも、転職の全体像とスケジュール感を把握した上で、転職活動を行っていきましょう。

6-2. 転職の目的となりたい将来像を考える

転職活動のスケジュールを立てたら、転職の目的となりたい将来像を考えます。

以下にて重要な理由と、具体的な方法をご説明します。

《重要な理由》

「転職の目的」と「なりたい将来像」は、いずれも転職活動の軸となるためです。

また、目的と将来像を設定することは、今転職することが本当に賢明なのかを判断する鍵にもなります。

転職の理由は人によってさまざまです。

例えば、一時の感情や日々のストレスなどで、急に思い立って転職したいと思うこともあるでしょう。

そんな時、上記を深掘りすることで、転職すべき時期は今なのか、そもそも本当に転職すべきなのかを、冷静に判断することができます。

《具体的な方法》

以下ポイントを具体化しておきましょう。

  • 転職の目的・理由(なぜ転職したいのか)
  • 転職後の将来像(仮に転職に成功したとして、5年後、10年後にどんな自分になっていたいか)
  • 転職の必要性(今の就業先では実現できないことなのか、必ず転職しなければいけないのか)
  • 転職に求める条件(仕事内容・社風・年収など)

そして、転職に求める条件については、必ず優先順位をつけておきましょう。

6-3. 自己分析・キャリアの振り返りを行う

転職の目的となりたい姿を考えたら、次は自己分析・キャリアの振り返りを行いましょう。

《重要な理由》

これまでどんな仕事をしてきたのかを整理して、自分にはどんな仕事が合っているのかを知ることで、より自分自身にマッチした転職先を探すことができます

また、志望先に自分の強みをうまくアピールし、弱みをうまくカバーするためにも必要な作業です。

転職先に対して夢ばかりが膨らんでしまうと、いざ就職した時に思ったほどうまくいかなかったり、「実際に就職してみたら、自分には合っていなかった…」と後悔してしまうことがあります。

自己分析やキャリアの振り返りは、こうした転職の失敗を防ぐために、今自分が持っているキャリアや特性に、正直に向き合うための作業です。

虚勢を張らずに、今の自分が持っているものや過去の経験を書き出すことで、本当に自分にマッチした転職先がどこなのかが見えるようになります。

《具体的な方法》

本章の「転職の目的となりたい将来像を考える」でご紹介したポイントを、紙に書き出してみましょう。

文字にすることで、自分の現在の状況や今後求められる行動などが明らかになり、書類作成や情報収集が行いやすくなります。

当サイトでは「プロ直伝!転職成功に導く自己分析4ステップ【シート付】」コラム内で、自己分析の方法をシート付きでご紹介しています。

このシートを使ってぜひ自己分析を行ってみてください。

まとめ:転職サイト・エージェントを利用する

これらを効率よく行うためには、30代女性におすすめ転職エージェント14選で紹介した転職サイト・エージェントを利用することが効果的です。

転職サイト・エージェントに登録すると以下のようなことをやってくれます。

  • ご自身にあった適切な求人を紹介してくれる
  • 経歴の棚卸、これからのキャリアプランを一緒に考えてくれる
  • 履歴書や職務経歴書の添削といった選考対策をしてくれる

それだけではなく、転職サイト・エージェントは一般に公開されていない非公開求人も広く取り扱っているため、転職先の選択肢を広げるためにも、一度登録してみることをおすすめします。

【FAQ】30代女性の転職に関する疑問を解決

本章では、30代女性の転職に関してよくある以下の質問に回答していきます。

Q1. 1年の中で転職にベストな時期はありますか?

求人数が増加する2~3月、8~9月がおすすめです。

この時期は、企業が次の事業年度に備えて、社内体制を整えようとするため、転職市場全体が活発化します。

しかし、ライバルも増えて倍率が高まるというデメリットもあるので注意が必要です。

次におすすめなのが穴場時期とされる4~5月で、選考がスムーズに進みやすい傾向にあります。

4・5月は求人数自体は減ってしまうものの、企業の事業年度とは関係なく、プロジェクトの関係などで緊急に人を欲している場合が多いです。

そのため、適性よりもタイミングがあった人を優先的に採用することもあります。

Q2. 結婚・出産が転職に不利になるのは本当ですか?

近年は女性の社会進出に対して理解ある会社が増えていますが、不利になるケースもあります。

というのも、結婚したばかりの女性に対して、「すぐに産休・育休をとるのではないか?」「長く勤務してくれないのではないか」という懸念を抱かれるからです。

また、出産後は時間的な制約により企業との日程調整が難しいといった理由で不利になることもあります。

そのため、どうしても就きたい仕事がある方やスムーズに転職を進めたい方は、結婚前に転職することをおすすめします。

Q3. 独身の方が転職に有利ですか?

一般的には独身の方が転職には有利と言われています。

なぜなら、既婚者の方とは異なり「出産する予定があるのではないか」「すぐに育休を取られたら困る」といった心配をされないからです。

ただし、独身の方でもこれまでの経歴やスキルを上手く活かしてアピールできないと採用はされません。

独身であっても、キャリアの棚卸しや自己分析といった成功のためのポイントは抑えておきましょう。

Q4. 転職面接の服装を教えてください

スーツがベストですが、無ければオフィスカジュアルで面接に向かいましょう。

仮に「私服OK」や「服装自由」となっている場合でも、スーツで行く方が印象は良いです。

スーツであればスカートでもパンツでも構いません。

ただし、アパレル業界や美容業界であれば、ファッションセンスや個性を見られていることもあるため、面接を受ける企業やブランドの雰囲気に合った服装を心掛けましょう。

Q5. 転職に活かせる経験やスキルにはどんなものがありますか?

30代の転職で重視されるのは、「即戦力性」と「マネジメント経験」です。

これまで何らかの組織をマネジメントした経験がある方は、その経験をしっかりアピールすべきです。

一方、即戦力性は企業によって求められるものが異なります。

基本的には同業界・同業種で働いてきた経験があれば、ある程度の即戦力が期待できるでしょう。

なお、転職の際に活かそうと資格取得を目指す方も多いですが、必須の場合でなければさほど重視されません。

さいごに

ここまで30代女性の転職に関してお話してきましたが、いかがでしょうか。

30代女性は、主に「ライフステージの変化が大きい」「求められる経験・スキルが高くなってくる」の2点から転職が厳しくなります。

しかし、しっかりとキャリアの棚卸しをして臨めば、希望の転職を叶えることができるでしょう。

転職エージェントは、結果的に転職しなくても問題はありませんし、全て無料で利用できるため、気軽に登録することをおすすめします。

全ての30代女性におすすめの転職エージェント

キャリアに自信のある30代女性向け転職エージェント

キャリアに自信のない30代女性向け転職エージェント

30代女性におすすめの転職サイト

あなたの転職活動が上手く行くことを心から願っています。