IT業界転職サイトおすすめ23選|49サイトから目的別にプロが厳選!

IT 転職サイト

IT業界の転職サイトっていろいろあるけど実際にはどれがいいの、と思っていませんか。

実際には、IT業界の転職サイトは49社以上が乱立し、サービスの質や得意分野に差があるため「とりあえず大手だから…」という理由だけで選んでしまうと、自分に合った求人を見つけることができないことが多いのです。

このページでは、現役人材コンサルタントの経験をもとに下記2点をお伝えしていきます。

  1. 目的別おすすめIT業界転職サイト23選
  2. 転職サイトを使う際に注意すべき6つのポイント

全て読めば、あなたが本当に使うべき転職サイトがわかり、効率よく転職を成功させることができるでしょう。

1. 目的別おすすめIT業界転職サイト23選

スクリーンショット 2015-09-12 19.02.49

IT業界の転職サイトは、主に上記49社です。

その中でも、求人数はもちろん、強みを活かしてしっかりと運営をしているサイトを23社に厳選し、あなたの条件や目的に合わせてご紹介いたします。

登録後コンサルタントと話すのは無料なので、すぐ転職する気はなくてもとりあえず話を聞いてみると面白い話が聞けたり、意外に良い求人と出会える可能性があるのでぜひ活用してみてください。

1-1. すべてのIT・Web業界志望者におすすめ

1-2. ゲーム業界を志望している場合

1-3. クリエイター系の仕事をしたい場合

1-4. とにかく年収を上げたい場合

1-5. フリーランス・在宅・ノマド的働き方をしたい場合

1-6. 中小企業でのんびりマイペースに働きたい場合

1-7. 第2新卒や未経験の場合

1-8. 女性ならではのキャリアを考えたい場合

1-9. 選考前に企業訪問して働くイメージをつけたい場合

1-10. とりあえず求人を見たい場合

1-11. IT業界以外の転職も考えている場合

1-1. すべてのIT・Web業界志望者におすすめ

ここでは、すべてのIT・Web業界志望者におすすめの転職サイト3社を紹介します。

『レバテックキャリア』

<LP画像>レバテックキャリア

レバテックキャリア』は、IT・Webに特化した転職エージェントで、一般的な人材紹介会社としての知名度は低いかもしませんが、IT業界の転職では大手で、評価も高いです。

実際、「200人を対象に行ったレバテックキャリアの評判に関するアンケート」の結果、担当者の対応に満足した方が非常に多かったです。

また、知識豊富なコンサルタントが、人事だけでなく現場プロマジェクトマネージャーと欲しい人材をしっかりと共有しているため、質の高い求人が多いです。

特に首都圏、関西、福岡に強いので、対象地域にお住まいの方は必ず登録しましょう。

案件例: 急成長ベンチャー・大手IT・Web企業のエンジニア・クリエイター職(首都圏、関西、福岡など)
※未経験者は除く

マイナビエージェント×IT

<LP画像>マイナビIT

マイナビエージェント×IT』は、サポート力に定評のある大手エージェントです。

元IT業界のエージェントが多く在籍し、IT業界の転職に必要な基礎知識や、面接対策、履歴書の添削など、つまづきがちなポイントについて個別にアドバイスをくれますので、初期の段階で必ず登録しておきたいエージェントです。

案件についても中小企業のものから大手企業の案件まで豊富にありますから、幅広い選択肢の中で転職活動を進めることができるため、登録することをおすすめします。

案件例: 大手企業・中小企業のIT・Webエンジニア職(首都圏、関西、福岡、静岡、愛知)
※フリーランスは除く

ワークポート

<LP画像>ワークポート

ワークポート』は、15年以上前からIT専門で転職支援をしている会社で、その蓄積したノウハウや採用担当への深いパイプなどから非常に質が高いです。

IT業界の転職を熟知した担当者が、丁寧なヒアリングの上で、良質な求人をたくさん紹介してくれると好評でした。

また、転職後のキャリアステップについて非常に丁寧なアドバイスをしてくれるとのことで評判が良いです。

IT業界未経験の方に対する転職支援も丁寧なため、未経験の方も含めて、全てのIT人材は必ず登録しましょう。

案件例: 大手企業IT職・未経験OK・第2新卒枠案件

1-2. ゲーム業界を志望している場合

ここでは、ゲーム業界を志望する方におすすめの転職サイト2社を紹介します。

Geekly



Geekly』はゲーム業界に特化している転職エージェントで、上場間近の企業からの幹部案件、大手企業の新規事業に関わる案件など、レアな案件を数多く保有しています。

リクルートが選ぶ優秀エージェント賞で1位を獲得するなど実績も十分ですので、ゲーム業界を志望している方は一度登録し、話を聞いてみると良いでしょう。

案件例:  Web・ゲーム業界全般(首都圏)

シリコンスタジオエージェント

スクリーンショット 2016-07-31 21.46.39

シリコンスタジオエージェント』は、ゲーム・映像業界業界を中心としたクリエイティブワークに特化している人材紹介会社です。

国内のゲーム関連企業の9割以上と取引があることに加え、秘匿性の高いプロジェクトや急募のスピード採用など、事業に直結していて公開できない非公開求人も多数です。

また、社内に元ゲーム業界のエンジニアやデザイナーが多く在籍しているため、あなたがゲーム業界でどのようなキャリアを歩んでくべきかなど、実践的なアドバイスをもらえることでしょう。

案件例: ゲーム業界全般

1-3. クリエイター系の仕事をしたい場合

ここでは、クリエイター職を志望する方におすすめの転職サイト2社を紹介します。

どちらも、ポートフォリオへのフィードバックが丁寧と評判ですので、ためしに登録することをおすすめします。

『レバテックキャリア』

<LP画像>レバテックキャリア

レバテックキャリア』は、ITエンジニアの転職エージェントとして有名ですが、クリエイター転職にも強いです。

実際、社内にデザイナーやクリエイティブディレクターが多く在籍しており、クリエイターのポートフォリオ添削がとても充実していると評判です。

特に首都圏、関西、福岡に強いので、対象地域にお住まいの方は必ず登録しましょう。

案件例: 大手企業・急成長ベンチャーのWebクリエイター職

『シンアド転職』

<画像>シンアド転職

シンアド転職』は、広告・IT/Web業界におけるクリエイター専門の転職エージェントです。

シンアドには、デザイナー出身のコンサルタントが多く在籍しており、クリエイターの仕事の良しあし、その方の強みや今後必要とされるスキルなどがリアルに分かるのでキャリア相談ができます

また、利用者からの評判が特に高かったのがポートフォリオへのフィードバックで、業界出身者から企業側の視点でアドバイスをもらえます。

案件例: 広告・IT/Web業界のクリエイター職

1-4. とにかく年収を上げたい場合

ここでは、IT業界で年収を上げたい方におすすめの転職サイト3社をご紹介します。

 『JACリクルートメント

<LP画像>JACリクルートメント

『JACリクルートメント』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、ハイキャリア人材の転職支援では国内実績No.1です。

また、大手転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

特定のスキルでずば抜けたスキルや実績があるハイキャリア人材は、必ず登録しておきましょう。

案件例: 外資系IT企業の開発マネージャー、大手SierのPM職
※キャリアに自信があること前提

ビズリーチ

<LP画像>ビズリーチ

ビズリーチ』は管理職・専門職などの方を対象にしたヘッドハンティング型のハイクラス転職サイトです。

特徴としては、求人件数はJACに比べたら少ないですが、高収入で良質な案件が多いです。

実際、掲載求人の3分の1以上が年収1,000万円以上で、企業の中核を担う極秘案件も多く扱っています。

また、ハイキャリア人材なら優秀なヘッドハンターから声がかかる可能性も高いので、ためしに一度登録することをおすすめします。

案件例: Web系ベンチャー企業のCTO候補、Webマーケティング責任者
※キャリアに自信があること前提

TechClips

<LP画像>TechClips

TechClips』は首都圏のITエンジニアを専門としたハイクラス転職エージェントで、高年収&高待遇の案件に特化しています。

特徴としては、全ての案件が年収500万以上で、案件内容もVR、AI、機械学習、データサイエンティスト分野など、ITエンジニアが好条件で活躍できる求人を多数保有しています。

また、大手転職会社にはない現役エンジニアによる手厚いサポートも好評です。

高年収を狙いつつ手厚いサポートを受けたいITエンジニアの方は、必ず登録をしましょう。

案件例: 広告代理店の DMPサービス開発責任者(Javascript,GitHub)
※首都圏限定で年収500万以上の方

1-5. フリーランス・在宅・ノマド的働き方をしたい場合

フリーランス・在宅・ノマド的な働き方をしたい方には、フリーランス専門の転職サイト2社がオススメです。

レバテックフリーランス

<LP画像>レバテックフリーランス

レバテックフリーランス』は、IT・Web系の常駐型フリーランスエンジニア(個人事業主)専門のエージェントです。

IT業界で有名な「レバテックキャリア」と同じ会社が運営しており、フリーランスの利用者からの評判は非常に良いです。

また、転職後の平均年収862万円と高年収案件も多数保有しているため、フリーランス転職を考える方は必ず登録しましょう。

案件例: アプリ開発(Android,Swiift) 月収85万円(業務委託契約)

ギークスジョブ

<LP画像>ギークスジョブ

ギークスジョブ』は、独立した後の確定申告の仕方や取引先との関係性の作り方なども丁寧に無料で教えてくれて、駆け出しのフリーランスエンジニア・Web職には非常にありがたいサイトです。

担当コンサルタントも優秀なので一度会って話を聞いてみると勉強になります。

下記のような情報も無料で提供しており質が高いためいつか独立と考えているのならオススメです。

スクリーンショット 2015-09-23 15.26.22

案件例: システム開発(JAVA,PHP) 月収60〜80万円(業務委託契約)出勤義務なし

1-6. 中小企業でのんびりマイペースに働きたい場合

ここでは、IT業界でのんびり働きたい方におすすめの転職サイト1社をご紹介します。

マイナビエージェント×IT

<LP画像>マイナビIT
マイナビエージェント×IT』は、サポート力に定評があり、大手企業だけでなく、中小企業の案件も数多く保有しています。

なぜなら、「求人数」でリクルートを追い越すために、小さな企業にもしっかりと能動的に訪問・営業しているからです。

また、厳選された企業しか扱わないため、求人の質も高いです。

これらのことから、自分に合った働き方ができる中小企業に出会える可能性が非常に高いため、登録をおすすめします

案件例: 優良中小企業のIT・Webエンジニア(首都圏、関西、福岡、静岡、愛知)
※フリーランスは除く

1-7. 第2新卒や未経験の場合

ここでは、第2新卒やIT業界未経験の方におすすめの転職サイト2社をご紹介します。

ワークポート

<LP画像>ワークポート

ワークポート』は、「転職コンシェルジュ」とうたっているように、転職者一人一人へのサポートがとてもきめ細かく丁寧です。

また、『みんスク』という無料エンジニアスクールを運営しているなど、IT業界未経験の方に対する転職支援体制も充実しています。

未経験の方も含めて、全てのIT人材は必ず登録しましょう。

案件例: 大手企業IT職・未経験OK・第2新卒枠案件

DMM WEBCAMP

<LP画像>DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP』は、未経験や初心者の方でも3ヶ月という短期間で、高いエンジニアスキルを身に付けることができる転職・就職保証型プログラミングスクールです。

実務を意識した実践的なカリキュラムや、講師の方にいつでも質問できる体制があることにくわえ、3,000名のエンジニアを輩出してきた専属アドバイザーによる手厚いサポートも受けられます。

受講完了後、3ヶ月以内に転職できない場合は全額返金しているなど、受講後のキャリアにも徹底的に寄り添うサポート体制も魅力です。

案件例: 未経験OK・第2新卒枠案件

1-8. 女性ならではのキャリアを考えたい場合

女性ならではのキャリアを考えたい場合、女性からの評判が高い転職サイト2社に登録されることをおすすめします。

パソナキャリア

<LP画像>パソナキャリア

パソナキャリア』は、大手の中でもキャリアコンサルタントが親身で、女性からの評判が非常に高い総合転職エージェントです。

パソナグループは、『女性が社会で活躍すること』を打ち出しており、女性が活躍する会社として多数の実績があります。

また、『自社の利益よりも正しい転職』をモットーに運営しているため、キャリアアドバイザーは一人ひとりによりそって、どのような些細な悩みにも対応してくれると評判です。

女性ならではの視点から手厚い転職支援を受けたい方におすすめです。

案件例: 多くの女性が活躍する大手企業など

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント』は、転職サイト大手の株式会社キャリアデザインセンターが運営する女性専門の転職エージェントです。

2005年から、女性に特化した転職サイトの「女の転職@type」を運営しており、女性の転職支援については10年以上の歴史があり、女性が働きやすい案件を大量に保有しています。

女性のアドバイザーを中心に、職種ごとに専門チームを作り女性の転職支援をしています

これらのことから、全ての女性におすすめできるエージェントです。

案件例: 多くの女性が活躍する大手企業・ベンチャー企業など

1-9. 選考前に企業訪問して働くイメージをつけたい場合

ここでは、選考前に企業訪問してイメージがつけられる転職サイト2社をご紹介します。

サンカク

サンカク』は、現職を辞めずに社外の経営や事業に触れることができるディスカッション参加サービスです。

給与はもらえませんがその代わり副業規定に反せずに社外で腕試ができ、その過程で在職社員と接する機会があるので、会社をしっかり理解した上で自然に転職ができるのでオススメです。

案件例: スタートアップ・急成長ベンチャーの外部アドバイザー

Wantedly

スクリーンショット 2015-09-21 23.56.03

Wantedly』は、Facebookを活用した「ソーシャルリクルーティングサイト」で、いきなり選考ではなく、気軽に話を聞きに行く形で企業訪問することができます。

実際、Wantedlyを通じて自分に合う企業と出会った方も多くいますので、一度登録することをおすすめします。

案件例: 初期段階のスタートアップのコアメンバー

1-10. とりあえず求人を見たい場合

とりあえず求人を見たい場合、幅広い業界でとにかく多い求人を持っている大手転職サイト2社がオススメです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT』は、人材業界最大手のリクルート社の転職サイトで、会員は700万人以上、転職者の約8割が使っています。

また、会員限定の自己分析ツール「グッドポイント診断」があり、選択形式の質問に答えていくと、自分では気づかない特徴や言語化できない強みを見つけてくれます。

とりあえず求人だけ見たい方や、自己分析を客観的に行いたい方は登録をおすすめします。

案件例: 全ての業種・職種。大手総合商社・リクルート・大手メーカーのIT専門職・PM

Green


Green』は、キャッチーな広告と、「完全成功報酬型」で着実にシェアを拡大している転職サイトで、求人数はIT業界トップと言えます。

とにかく案件が多いのでお試しに覗いてみるには非常にオススメです。

案件例: 成長性の高いベンチャー企業から優良企業までとにかく幅広く

1-11. IT業界以外の転職も考えている場合

もしIT業界以外の転職も考えている場合は、大手総合転職サイト2社に登録されることをおすすめします。

doda

doda

doda』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内規模No.2の転職エージェントで、エンジニア案件に関しても案件数・決定数共に業界最大手の『リクルートエージェント』に匹敵する優良エージェントです。

特にサポートが丁寧と多くの方から好評で、転職すべきなのかの相談から親身に乗ってくれます。

案件例: 全ての業種・職種。大手企業・ベンチャー企業のIT専門職・PMなど

リクルートエージェント

<LP画像>リクルートエージェント

『リクルートエージェント』は、「求人件数・決定人数業界No.1」の最大手転職エージェントで、ITエンジニアの求人数も他の転職エージェントを圧倒しています。

また、ほぼ全ての職種で他の転職エージェントを圧倒する求人数を保有しているため、ITエンジニア以外の求人を見てみたいという方にもおすすめです。

絶対に外せない転職エージェントですので、必ず登録しておきましょう。

案件例: 全ての業種・職種。大手企業・ベンチャー企業のIT専門職・PMなど

これで、IT業界におけるおすすめ転職サイトのご紹介は以上となります。

次に転職サイト利用時の注意点を解説します。

2. 転職サイトを使う際に注意すべき6つのポイント

この章では、知らないと損する絶対に注意すべき6つのポイントを解説します。

2-1. とりあえず「良いところがあればすぐにでも」と言っておく

キャリアコンサルタントも売上目標があり日々追われています。コンサルタントとのファーストコンタクトで必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に「良いところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

2-2. 担当コンサルタントをシビアな目でみる

担当コンサルタントに情をうつしてはいけません。担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

2-3. 経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。コンサルタントでよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ・・・という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

2-4. 推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当コンサルタントはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではないコンサルタントの場合は経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

2-5. 同じ案件に複数のコンサルタントから応募しない

数社の転職サイトを使っている場合、同じ案件には複数のコンサルタントから応募しないようにしましょう。企業から「他の転職サイトからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

企業・担当コンサルタント両者に不信感を与え、場合によっては破談となります。

2-6. 丁寧ながらも、厳しく馴れ合わないように接する

大抵のコンサルタントは多くの応募者を抱えているためハードワークです。馴れ合ってしまい、こいつは大丈夫だと下に見られるとどんどん後回しになります。適度に厳しくいきましょう!

3. まとめ

いかがでしたでしょうか。

IT業界の転職サイトは、大手でもサービスの質や得意分野に差があるため、自分の目的に合わせてサイトを探すことが重要です。

ぜひ、今回ご紹介した中から、あなたの目的にあわせて、1〜2社程度からまずは話を聞いてみてください。

・すべてのIT・Web業界志望者におすすめ

・ゲーム業界を志望している場合

・クリエイター系の仕事をしたい場合

・とにかく年収を上げたい場合

・フリーランス・在宅・ノマド的働き方をしたい場合

・中小企業でのんびりマイペースに働きたい場合

・第2新卒や未経験の場合

・女性ならではのキャリアを考えたい場合

・選考前に企業訪問して働くイメージをつけたい場合

・とりあえず求人を見たい場合

・IT業界以外の転職も考えている場合

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。