ブラック企業の見分け方13のポイント!やばい会社に転職しないために求人・面接の見極めポイント

ブラック企業 見分け方

「ブラック企業の見分け方はあるの?」「絶対にブラック企業には入りたくない」と考えていませんか。

実はブラック企業には共通する特徴があり、求人情報や面接で見分けることができます。

この記事では、転職のプロとして数多くの企業を見てきた私が、ブラック企業の特徴や見分け方についてご説明します。

  1. 求人:ブラック企業の見分け方6ポイント
  2. 面接時:ブラック企業の見分け方4ポイント
  3. 内定後:ブラック企業の見分け方3ポイント
  4. ブラック企業が多い3つの業界は要注意!
  5. ブラック企業に転職しないために意識すべきこと
  6. 働きやすい職場を見つけるなら要登録 | おすすめ転職エージェント
  7. ブラック企業の見分け方に関するよくある質問

この記事を読めば、ブラック企業を事前に見分けられるようになるでしょう。

1. 求人:ブラック企業の見分け方6ポイント

求人情報に以下のような特徴が該当する場合、ブラック企業である可能性が高いです。

見分け方1. 抽象的な言葉が多用されている

抽象的な言葉が多用されている求人には気をつけましょう。

分かりやすく例をあげると、「アットホームな職場」「やりがいのある仕事」など、漠然としていてイマイチ想像がつきにくい言葉です。

実は企業の求人広告は、求人ライターが企業の魅力をヒアリングした上で作成するのですが、どのような角度から見ても魅力ポイントがない場合、上記のような言葉を使わざるを得なくなるのです。

他にも、入社したいと思えないような実態(厳しいノルマ、残業多い、離職率も高い…など)を、「成長!」のような熱い言葉で誤魔化しているケースもあります。

逆に言うと、ホワイトな企業の求人であれば、その魅力が具体的に書かれています。例えば「残業月5時間以内」「育休取得率の高さ」「どんな社員がいるか(働きながら子育てしている人が多いなど)」です。

抽象的な言葉が多く使われていると感じたら、「裏に何かあるのでは?」と思っておきましょう。

見分け方2. 3ヶ月以上求人が出ている

3ヶ月以上同じ求人が出ている企業は、ブラック企業である可能性が高いです。

大量の離職者が出ることを前提に、大量募集・大量採用を行っていることがあるからです。

このような企業は、社員がすぐに辞めてしまうことを前提に事業をしているので、「社員を育てるつもりがない」「辞めるのが当たり前」という認識なこともしばしばです。

実は、求人掲載期間の相場は4週間と言われており、長くても2ヶ月ほど掲載していれば、たいていは採用が決まります。

逆に言うと、3ヶ月以上掲載している企業は、「大量募集・大量採用を行っており求人掲載を辞めるつもりがない」「採用要件が厳しすぎる」「採用はしたがすぐに辞めてしまった」などの理由が考えられます。

求人を出し続けているブラック企業を判断するためにも、早めに転職サイトに登録して、歩いていどの期間求人を確認してみることをおすすめします。

見分け方3. 給与が明らかに高い

給与が同業他社の相場よりも明らかに高い企業も注意が必要です。

月給に固定残業代や業績給が含まれているために、給与が高く見えている場合があるからです。

月給+業績給:23万~60万円※固定残業代含む:5万円/45時間分

こちらの求人、月給が最大で60万円と、一見高く感じますが、よく見ると「業績給込み」の金額です。つまり、成績が上がれば稼げるが、そうでない場合は最低ライン「23万円」になります

さらに、「固定残業代含む」という記載もあります。固定残業代は「あらかじめこれくらい残業をすると想定して、基本給に残業代を足しておく=45時間を超えない限り、残業代はつかない」という仕組みです。

月45時間という労働法上の上限の数字で、毎日2時間以上の残業があることになります。そして残業代は給与に含まれているので、手取りが増えるわけでもありません。

結果として、もし成績が悪ければ、「毎月45時間残業して、給料が23万円(固定残業代を除けば月18万円相当)」と、最初の印象よりかなり低くなってしまいます。

給与が明らかに高い職場は、固定残業代や業績給が含まれていないか確認しましょう。

見分け方4. 年間休日が105日以下

年間休日が105日以下の企業は、かなりブラックな働き方と言えます。

年間休日が105日以下となると、祝日は休めません。年末年始・GWなどの長期休暇も取得不可能です。ギリギリ土日休みは確保できる、というくらいになります。

また、年間休日105日というのは、法律で定められた最低ラインの年間休日数です。会社側の考えとして、「働き手を限界ラインで酷使しようとする経営スタンス」な可能性もあります。

祝日や長期休暇を取得するとなると、目安は年間休日120日以上。125日以上あれば、ホワイト企業に分類されると言えるでしょう。

見分け方5. みなし残業や裁量労働制の記載がある

「みなし残業」や「裁量労働制」の記載がある企業は、労働時間が長くハードな職場であると予測できます。

(1) みなし残業とは

みなし残業とは、予め一定時間分の残業代が給料に含まれている制度を指します。

例えば、「月収25万円(みなし残業40時間)」と記載がある場合、月収には40時間分の残業代が含まれており、「毎日2時間くらい残業があるけど、給料は増えない」となります。

(2) 裁量労働制とは

裁量労働制とは、労働時間を実際に働いた時間ではなく、予め一定の労働時間と決めておく制度です。

はじめに給料が決まってしまうため、残業をした場合も残業代は支給されません。

労働時間で成果が測れないクリエイティブ系職種に多く、必ずしも悪い仕組みではありませんが、やはり過酷な働き方になりやすいのは事実です。

このように、みなし残業や裁量労働制の記載がある企業は、残業が毎日あることが前提となっている、残業代が支給されないことがあるので注意が必要です。

見分け方6. 業務内容が具体的にイメージできない

「カスタマーサポート」「プロフェッショナルアドバイザー」など、業務内容が想像しにくい求人もブラック企業である可能性が高いです。

クレーム対応やノルマの厳しい営業職などの、避けられやすい業務内容をごまかして表現している場合があるからです。

入社してから想定と違う業務内容に戸惑うことのないよう、業務内容は詳しく調べてから応募しましょう。

2. 面接時:ブラック企業の見分け方4ポイント

面接時にも、ブラック企業には共通する特徴があります。

見分け方1. 面接官が横柄な態度を取る

面接官の態度が悪い会社は、会社自体の雰囲気が悪い可能性があります。

面接というのは、双方のマッチングの場であり、立場に上下はありません。ですが、横柄・威圧的な態度の面接官がいる会社は、そういった認識はないのだと考えられます。

このような会社は、上司という立場を利用したハラスメントなどが常態化していることも多く、注意が必要です。面接で「なんとなく嫌だな…」と感じたら、選考は辞退することをおすすめします。最初の印象・直観はたいてい当たるものです。

見分け方2. 面接回数が少ない・短すぎる

面接が1回しかない、面接時間が短すぎるなど採用プロセスが簡素な企業も注意が必要です。

中途採用では、複数回(2~3回程度かそれ以上)の面接が基本です。Webテストや筆記試験などじっくりと選考を行う企業もあります。

一方で、1回で採用が決まる、面接時間が明らかに短い場合は、「誰でもいいから雇いたい」と考えている可能性があります。

そのような企業は、離職者が多く人材不足に陥っていることが考えられるので、長く働き続けられないような労働環境の可能性があります。

見分け方3. こちらからの質問に曖昧な回答しかない

勤務形態や業務内容など、あなたの知りたい情報に対して、曖昧な回答しかない会社はブラック企業である可能性が高いです。

実際は残業が法律ラインを越えているなど、会社が入社まで情報を隠しておきたいために、曖昧な回答しかしてくれないことが考えられるからです。

例えば、「年末年始の休みはどのような勤務になっていますか?」という質問をしたときに、「人や年度による」など曖昧な回答しかされない場合は、年末年始の休みは少ない、もしくはないと考えられます。

面接は「とにかく気になったことは全て質問する」という姿勢で臨みましょう。

見分け方4. すぐに内定が出る

面接の場で内定を言い渡されるなど、すぐに内定が出る企業も注意しましょう。

「面接回数が少ない・短すぎる」でもお伝えしましたが、採用が適当な企業は、「とにかく誰でもいいから雇いたい」というくらい人材不足に陥っている可能性が高いです。

すぐに内定が出た場合は、選考プロセスが簡略化すぎなかったか、自分の経歴やスキルを評価されて内定をもらったのか振り返ってみましょう。

何が評価されたのか分からないまますぐに内定が出た場合は、注意が必要です。

3. 内定後:ブラック企業の見分け方3ポイント

内定後は以下の3点を確認して、最終判断をしましょう。

見分け方1. 内定承諾までの期間を確認する

内定後は、本当にその会社がブラック企業でないか最終確認してから受諾しましょう。

内定後に、検討する期間を与えずにすぐに受諾させようとする企業もブラック企業である可能性が高いので注意が必要です。

人材不足に陥っているため、何としても社員を確保しようとしてじっくり考える時間を与えないようにしているからです。

内定後に検討する時間を与えてくれない場合や、内定辞退させないというプレッシャーが強いと感じた場合は、ブラック企業ではないか求人や面接の様子を再確認してみることをおすすめします。

見分け方2. 会社の口コミを確認する

口コミサイトやGoogle Mapで、会社の口コミも確認して、働きやすい環境であるか判断しましょう。

「常に誰かが怒鳴られている」「連日、夜中まで残業している」などの口コミがあったら注意が必要です。

ただし、ネットの口コミは本当に社員が書いたのか分からない信憑性の低い情報なので、簡単に鵜呑みにはせず参考程度に確認しましょう。

見分け方3. 雇用契約書を隅々まで確認する

雇用契約書を入念に確認することも大切です。

雇用契約書では以下の5項目が記載されているか必ず確認して下さい。

労働契約の期間に関する事項

多くの場合は終身雇用を原則としているので、定年退職するまでの期間が書いてあります。

就業場所や業務内容に関する事項

就業する場所が「本社」か「○○支社」、業務内容についてはその会社であなたが何をするのかが具体的に書かれているはずです。

労働時間・残業の有無・休日に関する事項

1週間に40時間、1日8時間の労働時間で、1週間に1日以上の休日が定められているか、有給休暇が付与されているかを確認しましょう。

給与に関する事項

モデル例などではなく実際の賃金か、残業代の計算方法などが明記されているかを確認しましょう。

退職に関する事項

上記のいずれかの項目が記載されていない場合は、署名せずに理由を企業側に問い合わせましょう。問い合わせても明確にならない場合は、内定を辞退するということも可能ですので、慎重に検討してください。

4. ブラック企業が多い3つの業界は要注意!

業界によっては、業界自体が長時間労働や低賃金などブラックであることがあります。

ブラック企業が多い3つの業界は要注意!の特徴は以下の通りです。

4-1. 利益率が低い業界

利益率が低い業界は、労働時間が長い割に賃金が少なくブラックと言われています。

飲食業界やアパレル業界、旅行代理店業界が当てはまります。

長時間労働や立ち仕事が多く、体力的に負担を感じたり給料の安さに不満を感じ安い業界です。

景気や社会情勢にも影響を受けやすく、不安定な業界と言えます。

4-2. 個人向けのビジネス

個人向けのビジネスは、休日出勤や残業が多く、またクレームなど顧客からのプレッシャーも感じやすいです。

介護業界や不動産業界、教育業界が当てはまります。

顧客が休みの日にビジネスを行うため、夜遅い時間や休日に働くことが多く生活リズムは不規則になります。

また、顧客と接する機会が多く、顧客の要望に応えなければならない、クレームを受けるなどストレスを感じやすい業界です。

4-3. 営業ノルマが厳しい

営業ノルマが厳しい業界は、精神的ストレスが多く、結果を出すために長時間労働を強いられることが多いです。

生命保険業界や証券業界が当てはまります。

結果次第で高年収が狙えますが、結果がなかなか出ないと精神的な負担が大きくなる、労働時間に見合った給料がもらえない業界です。

5. ブラック企業に転職しないために意識すべきこと

ブラック企業に就職しないためには以下の3つのポイントを抑えましょう。

5-1. 売上や利益だけで判断しない

売上や利益が高い、上がっているからといって働きやすい企業であるとは言えません。

従業員が長時間労働を強いられている、安月給で働かされているが故に利益が高い企業もあるからです。

そのような企業は、会社としては安定しているかもしれませんが就職後に、労働時間の長さや給料面の低さに不満を持ち長く働き続けられない可能性があります。

売上や利益が上がっている場合、社員の給料にもしっかりと反映されているのか、利益が高い会社は労働時間が長すぎないのかなど会社の売上や利益が自分に還元される企業であるか確かめましょう。

5-2. 複数の求人と比較して検討する

興味を持った1つの求人に応募するのではなく、同業他社や他に気になる求人などと比較して本当に働きやすい企業なのか検討しましょう。

複数の求人と比較することで、その業界の離職率や残業時間、給料の目安を知ることができます。

自分が気になっている企業は、離職率や給料が相場と比較してどれくらいなのかを知っておくことで入社後に、「想像と違った」と後悔するリスクが減らせます。

5-3. 余裕を持って会社を選ぶ

会社を選ぶ際は、時間や金銭面に余裕を持った状態で選びましょう。

特に転職活動は、前の会社を辞める前に行った方が金銭面の負担が少なく、焦らずゆっくりと会社を選ぶことができます。

焦って会社を惰性で選んでしまい転職後に後悔することのないよう、ご紹介した様々なポイントを確認しながらじっくりと会社選びを行いましょう。

補足:転職エージェントを利用するのもおすすめ

会社の内情を知ることのできる転職エージェントを利用するのもおすすめです。

転職エージェントでは、定期的な職場訪問により職場の雰囲気や内情を知っており、また多くの転職希望者をサポートしてきた経験からブラック企業を見分けることを得意としています。

上司の人柄や職場の人間関係を知ってから応募できるので、転職後に抱いていたイメージとのギャップに後悔するリスクを減らすことができます。

6. 働きやすい職場を見つけるなら要登録 | おすすめ転職エージェント

こちらでは、ブラック企業に就職しないために利用したい転職エージェントをご紹介します。

数ある転職エージェントの中から、以下を基準に、「利用者からの満足度の高い転職エージェント」をピックアップしました。

転職サイト選定基準
  1. 求人の数 …総求人数が多いほど、理想にぴったりの求人を見つけやすい
  2. 利用者満足度(提案&サポート力) …利用者の口コミをもとにサービスの質を評価。優秀なキャリアコンサルタントに担当してもらえれば、理想の職場を提案&手厚いサポートが期待できる

利用者の総合評価順にランキング形式でまとめると、おすすめの転職エージェントは、以下の通りとなりました。

転職エージェント求人数|総合満足度
1位
リクルートエージェント
11万件(非公開15万件)| 4.1
業界最大手エージェント。選択肢を増やしたいなら登録必須
2位
dodaエージェント
8万件(非公開3万件)|3.9
求人数No.2の転職エージェント。求人の質も高く、地方での転職に最適
3位
マイナビエージェント
2.5万件|4.3
サポートが充実しており、はじめての転職に強い。

※この記事では3つに厳選しています。より詳しく知りたい方は、『転職エージェントおすすめランキング|500人の評判比較!』を参考にしてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントです。

公開求人は12万件以上、リクルートエージェントからしか応募できない非公開求人を合わせると20万以上の求人を扱っています。

業界最大の転職支援実績があり(厚労省「人材サービス総合サイト」より2019年実績)、コロナ禍で転職が難しくなっている今、必ず登録すべき1社と言えます。

ただ、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は求人数No.2の『dodaエージェント』や、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

<リクルートが運営している関連サービス>

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビエージェント』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

2位.dodaエージェント

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

3位.マイナビエージェント

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

求人数だけではリクルートやdodaといった大手ほどではありませんが、首都圏の20代に焦点を当てれば1番の満足度(4.2/5.0点)を誇ります。

そのため、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)と併用することをおすすめします。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

7. ブラック企業の見分け方に関するよくある質問

最後に、ブラック企業の見分け方に関するよくある質問に答えていきます。

Q1. ネットの評判が悪い会社は危険ですか?

ネットの評判ではなく、求人や面接などで自分で感じた印象で判断しましょう。

例えば「一日中社員が怒鳴られている」「連日、夜中まで働いている」などネットの評判が悪い会社でも、匿名なため大袈裟に書いている、無関係の人間が会社の評判を落とすために書いている場合もあります。

ネットの評判が悪い企業でも、誰が書いたのか分からない信憑性の低い情報を鵜呑みにするのではなく、本当に正しい情報なのか精査する必要があります。

転職エージェントの担当者やその職場で働いている知り合いに話を聞いてみるのもおすすめです。

Q2. 口コミが一切ない会社は怪しくないですか?

中小企業や設立されたばかりの会社では口コミがない企業も多く、怪しいとは言えません。

また、口コミは誰が書いたのか分からない信憑性の低いものなので基本的には、ホームページや面接で会社の雰囲気や業務内容を知りましょう。

Q3. ホワイト企業の特徴は何ですか?

ホワイト企業の特徴は以下の5点が挙げられます。

  • 残業が月25時間以内で有給取得率が90%以上
  • 住宅手当や育児支援など法定外福利厚生が充実している
  • 残業代が満額支払われる
  • 3年後離職率が20%未満
  • 年間休日数が120日以上

求人やホームページから上記のポイントを確認してみましょう。

有給取得率や離職率が載っていない企業でも、転職エージェントに聞くと教えてくれる場合があります。

Q4. ホームページからブラック企業を見分ける方法はなんですか?

ホームページからブラック企業を見分ける場合は、ホームページの質と一貫性を確認しましょう。

ホームページで誤字脱字が多い、リンク切れしている場合は人手不足、余裕がない企業である可能性が高いです。

また、社長挨拶と企業理念が矛盾しているなど、一貫性のない企業も上層部の質が低い可能性があります。

Q5. 新卒就活ではどうすればブラック企業を見分けられますか?

新卒就活では、就職四季報や会社説明会の雰囲気から見分けることができます。

就職四季報は、「東洋経済新報社」がどの企業からも掲載料は一切もらわずに発行しているものです。

完全に中立な立場・第三者からの情報になるので、ブラック企業を見分けるのにかなり役に立つ情報が掲載されています。

以下の点に当てはまる企業は注意が必要です。

  • 3年後離職率が3割を超えている企業
  • 初任給は高いのに「25・30・35歳賃金」と比較すると昇給率が低い企業

また、会社規模の割に説明会の会場が豪華な場合は注意が必要です。

ブラック企業は、労働環境の悪さの露呈を防ぐために、説明会では会社の外の会場を使用する場合があります。

会場が豪華だからと好印象を持たず、その後の説明も少し注意して聞いてみましょう。

8. まとめ

ブラック企業の見分け方についてご説明しました。

ブラック企業には共通する特徴があるため、特徴を抑えると求人・面接・採用後に見分けることができます。

後悔のない職場選びをするためにも、時間や金銭面に余裕のある状態で臨みましょう。

あなたの未来が明るくなることを祈っております。