転職エージェント徹底比較|一目であなたへのおすすめがスッキリわかる

「転職エージェントはしっかり比較してから決めたい」「結局どのエージェントを使うべきなのかわからない」などと考えていませんか?

正直転職エージェントは人によって合う合わないが180度変わってくるため、あなたの求めるものに合わせて比較をしなければ、転職活動が失敗に終わる可能性が高くなります。

あなたに合った転職エージェントを見つけられるように以下の流れで比較をしていきたいと思います。

  1. 転職エージェントを徹底比較してわかったおすすめランキング
  2. キャリアに自信あり×案件重視の方へのおすすめ3選
  3. キャリアに自信あり×サポート重視の方へのおすすめ3選
  4. キャリアに自信なし×案件重視の方へのおすすめ3選
  5. キャリアに自信なし×サポート重視の方へのおすすめ3選
  6. 転職エージェントを使う際に注意すべき6つのポイント
  7. 転職エージェントの良し悪しを決める3つの比較軸
  8. 転職エージェントによくあるQ&A4選

延べ2,000人のアンケートを元にしたこのページを読めば、あなたに合った転職エージェントが必ず見つかるはずです。

1. 転職エージェントを徹底比較してわかったおすすめランキング

私自身、転職エージェントとして多くの転職経験者の声を聞いて来ましたが、良い転職エージェントを見極めるためには、以下の3つのポイントを意識することが非常に大切だということがわかりました。

  • 求人の質・量
  • 提案力
  • サポート力

これらが大切な理由は「7. 参考:転職エージェントの良し悪しを決める3つの比較軸」で解説しますが、まずはこの3つがバランスよく高ければ良い転職を実現できるエージェントである可能性が高いです。

人によって満足できる転職エージェントは違うので要注意!

上記の3つの基準で延べ2,000人以上の転職エージェント利用者にアンケートを取りましたが、正直「良い転職エージェント」は人によって違うということがわかりました。

そこで口コミを提供してくださった方を、下記の4つの組み合わせに分類して、その中での評価を比較してランキング化しました。

  • 「キャリアへの自信がある人・ない人」
  • 「サポート重視なのか案件重視なのか」

ちなみに、女性の中で特に評価の高かったものは赤枠で囲っています。

キャリアへの自信:

転職エージェントによって、得意とする領域やターゲットとする人が若干違う。自分のキャリアに自信があるのか?を振り返ってみよう。

案件か、サポートか:

案件の多い転職エージェントは、1人のエージェントが担当する転職者の数が多いのでサポートがおろそかになりがち。どちらを重視するのか意識しよう。

以上のように人によってお勧めできるエージェントが全く違うことがわかりました。

そのため、次の章からそれぞれのタイプの方におすすめの転職エージェントを紹介していくので、あなたのタイプに合わせて転職エージェントを選びましょう。

進む道が明確であればそこに合ったエージェントも検討すべき

転職エージェントによって、強い分野・弱い分野がはっきりしているものがあります。

そして先ほどのランキングは、「全ての業界の人」にバランスよく取ったアンケートに基づいたものです。

そのため、あなたの業界や属性が以下に当てはまる方は、上記のランキング通りではなく以下のエージェントに登録するか業界別の解説サイトをチェックした方がベストな選択ができます。

 おすすめエージェント業界別解説サイト
IT・Web

レバテックキャリア

IT人材におすすめな転職エージェント目的別8選と活用法
海外ランスタッド海外就職でも困らない!目的・国別の転職エージェント20選
外資JACリクルートメント外資転職でキャリアアップ!おすすめ転職エージェント12選
アパレルクリーデンスアパレル業界の転職で使う価値あるエージェント4選と活用法
第2新卒ハタラクティブ第二新卒でキャリアアップするための転職エージェント13選
女性パソナキャリア女性の気持ちをわかってくれる転職エージェント5選と活用法
管理職エグゼクティブJACリクルートメントプロが教えるエグゼクティブが使うべき転職エージェント4選
看護師看護roo看護師さん723人が選んだ転職サイトおすすめランキング
薬剤師薬キャリ騙されるな!15サイト比較してわかった本当におすすめの薬剤師転職サイト

これらに当てはまらない方だけ以下の流れで紹介するタイプ別のおすすめエージェントにできるだけ多く登録し、ぴったりなエージェントを探しましょう。

2. キャリアに自信あり×案件重視の方へのおすすめ3選

キャリアに自信があって「案件の量や質にとことんこだわっていきたい」という方が転職エージェントの選び方に失敗すると以下のようなリスクがあります。

  • エージェント自体に求人のストックがないので全然紹介してもらえない
  • ハイキャリアの案件が少なくあなたのキャリアに見合う案件が見つからない

上記のようなリスクがある中で、「キャリアに自信あり×案件重視」の方から特に評価が高かったのは以下の3つの転職エージェントでした。

順位キャリアに自信あり×案件重視の方からの評価
総合評価求人の質・量提案力サポート力女性からの評価
1位:JACリクルートメント4.0
★★★★☆
4.2
★★★★☆
4.2
★★★★☆
4.1
★★★★☆
3.6
★★★★☆
2位:ビズリーチ3.8
★★★★☆
4.1
★★★★☆
3.6
★★★★☆
4.0
★★★★☆
3.5
★★★★☆
3位:キャリアカーバー3.7
★★★★☆
3.7
★★★★☆
3.9
★★★★☆
3.7
★★★★☆
3.3
★★★★☆

この3つの中から、できるだけ多く登録をして担当者との相性を見ながら絞っていくことがベストなエージェントを見極める方法です。

では1つ1つのエージェントの評価が高かった理由やそのエージェントの特徴を解説していきます。

2-1. JAC Recruitment|ハイクラス転職実績No.1

スクリーンショット 2015-10-11 20.58.42

JACリクルートメント』は、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1で、ハイキャリア案件については間違いなくトップレベルといえるでしょう。

キャリアや経験にある程度の自信がある方は、そのキャリアを活かすためにも必ず登録すべき1社です。

※年収600万円以上ない方だと、紹介してもらえない可能性があるので、その場合は『パソナキャリア』など、他の転職エージェントに相談しましょう。

JACリクルートメント公式サイト:
http://jac-recruitment.jp/

2-2. ビズリーチ|高年収求人数No.1

ビズリーチ評判

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約1700名のヘッドハンターが登録しており、数では約600名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

ビズリーチ公式サイト:
https://bizreach.jp/

2-3.  キャリアカーバー(by リクルート)|高年収求人豊富

スクリーンショット 2015-11-15 15.20.21

キャリアカーバー(by リクルート)』は転職業界最大手のリクルートが運営する転職支援サービスです。

求人数やヘッドハンターの数では、CMで有名な『ビズリーチ』ほどではありませんが、リクルートが提供するハイクラス版求人サイトなだけあって、全般的に質が高いので、いずれも登録して併用することをおすすめします。

公式サイトから登録する:
https://careercarver.jp/

3. キャリアに自信あり×サポート重視の方へのおすすめ3選

キャリアに自信があって「担当者からのサポートを重視したい」という方が転職エージェントの選び方に失敗すると以下のようなリスクがあります。

  • ハイキャリアの案件が少なく自分にあった求人に出会えない
  • ドライな対応をされて、思ったサポートが受けられない

上記のようなリスクがある中で、「キャリアに自信あり×サポート重視」の方から特に評価が高かったのは以下の3つの転職エージェントでした。

順位キャリアに自信あり×サポート重視の方からの評価
総合評価求人の質・量提案力サポート力女性からの評価
1位:JACリクルートメント4.0
★★★★☆
4.2
★★★★☆
4.2
★★★★☆
4.1
★★★★☆
3.6
★★★★☆
2位:ランスタッド3.9
★★★★☆
3.9
★★★★☆
3.9
★★★★☆
3.6
★★★☆☆
3.5
★★★★☆
3位:パソナキャリア3.8
★★★★☆
3.7
★★★★☆
3.9
★★★★☆
3.7
★★★★☆
3.9
★★★★☆

この3つの中から、できるだけ多く登録をして担当者との相性を見ながら絞っていくことおすすめです。

では1つ1つのエージェントの評価が高かった理由やそのエージェントの特徴を解説していきます。

3-1. JAC Recruitment|ハイクラス転職実績No.1

スクリーンショット 2015-10-11 20.58.42

JACリクルートメント』は、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1で、ハイキャリア案件については間違いなくトップレベルといえるでしょう。

キャリアや経験にある程度の自信がある方は、そのキャリアを活かすためにも必ず登録すべき1社です。

※年収600万円以上ない方だと、紹介してもらえない可能性があるので、その場合は『パソナキャリア』など、他の転職エージェントに相談しましょう。

JACリクルートメント公式サイト:
http://jac-recruitment.jp/

3-2. ランスタッド|年収800万円以上の外資転職

ランスタッド』は、人材派遣をメインに、世界39カ国で人材ビジネスを展開する世界最大級の外資系転職エージェントです。

特に、海外転職や外資系転職には強みがあり、独自案件も保有しているので、いずれ年収800万円以上を目指す方にはおすすめです。

ランスタッド公式サイト:
https://randstad.co.jp

3-3. パソナキャリア|年収500万円から上を目指すなら

パソナキャリア』は、大手の中でも特にキャリアコンサルタントが親身だと評判の良いエージェントです。

年収帯を問わず、充実したサポートを行っており、当サイトが実施したアンケートでも利用者満足度No.1の結果でした。

また、首都圏(東京、名古屋、大阪)を中心に求人数も豊富で、年収600万円以上のハイクラスを目指す全ての方におすすめできます。

パソナキャリア公式サイト:
https://pasonacareer.jp

4. キャリアに自信なし×案件重視の方へのおすすめ3選

キャリアに自信はないけど、「キャリアアップを目指して案件にはこだわりたい」という方が転職エージェントの選び方に失敗すると以下のようなリスクがあります。

  • ハイキャリアの案件ばかりでキャリアに自信がない方には案件が来ない
  • そもそもの求人数が少ないので選択肢が少ない

上記のような恐れがある中で、「キャリアに自信なし×案件重視」の方から特に評価が高かったのは以下の3つの転職エージェントでした。

順位キャリアに自信なし×サポート重視の方からの評価
総合評価求人の質・量提案力サポート力女性からの評価
1位:doda4.1
★★★★☆
4.2
★★★★☆
3.7
★★★★☆
3.7
★★★★☆
3.7
★★★★☆
2位:パソナキャリア4.0
★★★★☆
4.0
★★★★☆
3.6
★★★★☆
3.6
★★★★☆
4.0
★★★★☆
3位:リクルートエージェント3.7
★★★★☆
4.1
★★★★☆
3.6
★★★☆☆
3.4
★★★★☆
3.6
★★★★☆

この3つの中から、できるだけ多く登録をして担当者との相性を見ながら絞っていくことおすすめです。

では1つ1つのエージェントの評価が高かった理由やそのエージェントの特徴を解説していきます。

4-1. doda|業界最大級で大手求人豊富

doda』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方転職や、狭い業界での転職、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられましたので、これから転職を始める全ての人におすすめできます。

doda公式サイト:
http://doda.jp/

※初回の登録に少し手間がかかりますが、一度登録してしまえば、質の高いサポートと好条件な求人を紹介してもらえるので、転職の成功がグッと近づきます。

4-2. パソナキャリア|首都圏の求人が豊富

手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方には特におすすめです。

人材派遣領域で業界最大手の『パソナ』が運営しており、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実。例えば、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.1」という実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの一社です。

パソナキャリア公式サイト:
https://pasonacareer.jp

Point:転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは3社以上登録すると転職成功率がグッと上がるので、少しだけ面倒かもしれませんが、いくつか併用して自分に合うところを見つけましょう。

例えば、業界大手で好条件求人が多い『doda』や、20代に強い『マイナビエージェント』など、転職エージェントによって特徴が分かれるので、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

4-3. リクルートエージェント|求人数No.1

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、案件総数・内定決定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルなので、キャリアに自信がなくても問題なく求人を探すことができます。

Uターン転職や、第2新卒、狭い業界での転職、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合も、リクルートエージェントであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられました

ただ首都圏では、サポート体制や求人の質を踏まえると、『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』のほうが優れているので、こちらと組み合わせて使うことをおすすめします。

リクルートエージェント公式サイト:
https://r-agent.com/

5. キャリアに自信なし×サポート重視の方へのおすすめ3選

キャリアに自信がなくて「きちんとサポートを受けて転職を成功させたい」という方は転職エージェントの選び方に失敗すると以下のようなリスクがあります。

  • ドライなエージェントに「転職市場価値が低い」とみなされ全く相手にしてもらえない
  • 案件の紹介だけは来るが、具体的な対策は全く受けられない

上記のような恐れがある中で、「キャリアに自信なし×サポート重視」の方から特に評価が高かったのは以下の5つの転職エージェントでした。

順位キャリアに自信なし×サポート重視の方からの評価
総合評価求人の質・量提案力サポート力女性からの評価
1位:ハタラクティブ4.1
★★★★☆
3.5
★★★★☆
4.1
★★★★☆
3.9
★★★★☆
3.7
★★★★☆
2位:パソナキャリア4.0
★★★★☆
4.2
★★★★☆
3.7
★★★★☆
4.1
★★★★☆
3.7
★★★★☆
3位:doda3.8
★★★★☆
4.1
★★★★☆
3.7
★★★☆☆
3.4
★★★★☆
3.5
★★★★☆

この3つの中から、できるだけ多く登録をして担当者との相性を見ながら絞っていくことおすすめです。

では1つ1つのエージェントの評価が高かった理由やそのエージェントの特徴を解説していきます。

5-1. ハタラクティブ|職務経歴書添削から面接練習まで

ハタラクティブ』は、第二新卒や既卒など若年層をターゲットにした特化型転職エージェントで、第二新卒特化型としては最大手です。

1000件以上の案件に加え、キャリア相談、職務経歴書や面接対策について徹底したサポートで、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%という非常に優れた実績です。

いまの経歴に自信のない方でも、違う職種で新たに挑戦したい、これから正社員に挑戦してみたいとお考えの方には非常におすすめできるエージェントです。

公式サイトから登録する:
https://hataractive.jp/

5-2. パソナキャリア|サポート充実で満足度No.1

手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方には特におすすめです。

人材派遣領域で業界最大手の『パソナ』が運営しており、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実。例えば、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.1」という実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの一社です。

パソナキャリア公式サイト:
https://pasonacareer.jp

Point:転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは3社以上登録すると転職成功率がグッと上がるので、少しだけ面倒かもしれませんが、いくつか併用して自分に合うところを見つけましょう。

例えば、業界大手で好条件求人が多い『doda』や、20代に強い『マイナビエージェント』など、転職エージェントによって特徴が分かれるので、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

5-3. doda|実績をもとにした丁寧にアドバイス

doda』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方転職や、狭い業界での転職、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられましたので、これから転職を始める全ての人におすすめできます。

doda公式サイト:
http://doda.jp/

※初回の登録に少し手間がかかりますが、一度登録してしまえば、質の高いサポートと好条件な求人を紹介してもらえるので、転職の成功がグッと近づきます。

6. 転職エージェントを使う際に注意すべき6つのポイント

いい転職エージェントに登録しても、使い方を間違えると「案件を全く紹介してもらえない」などの事態になり登録した意味がなくなる可能性があります。

そこでこの章では、知らないと損する絶対に注意すべき6つのポイントを解説します。

6-1. スカウトメールをお願いした場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく

転職エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最終接触日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります

スクリーンショット 2015-10-18 20.29.18

例えば、上記は「年齢30歳以下、転職回数1回以下、勤続年数2年以上、TOEIC780以上の営業」で検索した結果ですが、実務的な処理としては、更新日が新しい順番に20人ずつメールを送って反応をみて、応募者がいなければ次の20人へ、といったように送信していきます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

6-2. とりあえず「良いところがあればすぐにでも」と言っておく

キャリアコンサルタントも売上目標があり日々追われています。コンサルタントとのファーストコンタクトで必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に「良いところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

6-3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる

担当コンサルタントに情をうつしてはいけません。担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。

現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、現在志望しております○○業界に詳しいコンサルタントの方と

一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

6-4. 経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。コンサルタントでよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ・・・という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

6-5. 推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当コンサルタントはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではないコンサルタントの場合は経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

6-6. 同じ案件に複数のコンサルタントから応募しない

数社の転職サイトを使っている場合、同じ案件には複数のコンサルタントから応募しないようにしましょう。企業から「他の転職サイトからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

企業・担当コンサルタント両者に不信感を与え、場合によっては破談となります。

7. 転職エージェントの良し悪しを決める3つの比較軸

ここのページでは一貫して延べ2,000人のユーザーに対して実施した以下の3つの指標に関するアンケートの結果で転職エージェントを比較しました。

  • 求人の質・量
  • 提案力
  • サポート

これらの平均と、女性の評価の平均をそれぞれ「総合評価」「女性からの評価」として算出をしています。

この章では、なぜこの3つの評価軸が大切なのかを紹介していきます。

7-1. 「求人の質・量」が大切な理由

求人の質と量はエージェントによって大きく差があります。

「質」に関しては、ハイクラスに特化した案件に強いところ、バランスよく全ての層にいい求人が揃っているエージェントがある一方で、「釣り案件(実際にはないが掲載している案件)」がメインになっているエージェントもあるので要注意です。

「量」に関しても、最大手のリクルートエージェントには10万を超える案件がある一方で、1000件ちょっとしかないエージェントもあります。

これらが劣るエージェントを選んでしまうと「思った求人が全然ない」という事態になってしまうので、求人の質と量は徹底してこだわりましょう。

7-2. 「提案力」が大切な理由

転職エージェントに登録をすると、担当者との面談をしながら、転職活動全体の方向性や、各社選考への対策をすることになります。

ここで、担当者がどれだけ役に立つかは、正直「担当者がどれだけ優秀か」によります。

一概に「どこの担当者が優秀」などとは言えませんが、口コミで「担当者が優秀だった」という声の多かったものを選べば、担当者がハズレであるリスクは間違いなく低くなります。

7-3. 「サポート」が大切な理由

転職活動の選考の中で、書類や面接など一人では対策のできないことはたくさんあります。そういったものも転職エージェントはサポートをしてくれますが、その温度感は全く違います。

親身に丁寧に一つ一つの対策をサポートしてくれるエージェントもあれば、ドライな対応をしてくるエージェントまで様々です。

特に初めての転職活動時などは、手厚いサポートを受けられるエージェントでないと、正しい対策ができない恐れもあります。

これは社風やエージェントの方針もあるので、しっかりと利用者からの評価を見ておきたいところです。

8. 転職エージェントによくあるQ&A4選

ここでは、転職エージェントに関するよくある質問とその答えを紹介して行きます。

  1. 転職サイトとはどう違うの?
  2. 特化型転職エージェントって?
  3. なんで無料で使えるの?
  4. 登録してからどんな流れで使えばいいの?

8-1. 転職サイトとはどう違うの?

転職サイトは、自分で求人を探す仕組みの媒体です。

転職エージェントのように担当者がつかない分自由な転職活動ができますが、サポートは転職エージェントほどではありません。

そのため、転職に成功するために間違いなく転職エージェントをメインに使うべきです。

違いを以下のようにまとめました。

スクリーンショット 2015-12-27 15.29.57

まずは転職エージェントに登録し、エージェントにサポートを断られてしまったり、どうしてもエージェントを活用できない場合に初めて転職サイトを使いましょう。

その場合はエージェントと違って特に選び方や注意点はなく、業界最大手の『リクナビNEXT』さえ登録すれば案件の多くを網羅できるので無理せず1社で十分です。

リクナビNEXT|求人数が圧倒的No.1

リクナビNEXT

リクナビNEXT』は、転職業界最大手のリクルートが運営する求人型サイトです。

求人件数も首位で(具体的な数値は非公開)、会員数については約600万人、2番手が300万〜350万前後と言われていますから、国内での優位性は圧倒的No.1です。

年収500万円を超えるようなハイクラス人材であれば、『ビズリーチ』がおすすめですが、年収500万円に満たない方であれば、すべての人におすすめできる転職サイトです。

公式サイトから登録する:
https://next.rikunabi.com/

8-2. 特化型転職エージェントって?

このページで紹介してきたのはどんな業界・職種であっても十分な求人・サポートを受けられる「総合転職エージェント」と呼ばれるものです。

それに対して、特定の業界や職種に特化した「特化型転職エージェント」と呼ばれるものもあります。

「総合転職エージェント」と比較すると、以下のような特徴があります。

特化型転職エージェントの特徴

  • ◯ 業界出身のが多く、知識が豊富
  • ◯ 業界特有の面接対策を提供してくれる
  • × 特化型エージェントは中小企業が多く、案件数は少ない
  • × 案件が少ないため、手持ちの案件を押し付けられてしまう場合がある
  • × 結局、総合転職エージェントのほうが専門分野でも負けてる場合が多い

以上のような特徴がありますが、以下のような他の業界と毛色が違う業種・業界以外の方はこのページで紹介した「総合転職エージェント」に登録しておけば間違いないです。

  • 外資系企業(特に面接が特殊なコンサルティングファーム)
  • アパレル(業界が特殊、店舗見学などに対応)
  • エグゼクティブ(ヘッドハンターベースのやり取りがある場合)

この業界に当てはまる方は以下のページを参考に特化型エージェントを探しましょう。

 業界別解説サイト
外資外資転職でキャリアアップ!おすすめ転職エージェント12選
アパレルアパレル業界の転職で使う価値あるエージェント4選と活用法
エグゼクティブプロが教えるエグゼクティブが使うべき転職エージェント4選

8-3. なんで無料で使えるの?

なぜ転職エージェントは無料で手厚いサポートが受けられるかというと、転職エージェントはあなたが入社すると企業から謝礼(紹介料)として年収の30%前後に当たる額を受けとっているからです。

反対に、あなたを転職させなければ利益にならないので、無理な提案をしてくるエージェントもなくはありません。

そのため、このページで紹介するような「いい口コミの多いエージェント」を選ぶようにしましょう。

8-4. 登録してからどんな流れで使えばいいの?

転職エージェントに登録してからは以下のような流れになります。

スクリーンショット 2016-08-21 17.30.24

Step 1. 登録する

それぞれの公式ページから登録を行います。

登録する際は、転職エージェントサービスなのかどうかを確認するようにしてください

例えば、「doda」と検索するとdodaの派遣登録サイトが出てくるように、転職エージェントと紛らわしいサービスが複数あるため、登録前にしっかりと確認しましょう。

不安な方は、このページで紹介した転職エージェントサービスの各公式ページはそれぞれ下記の通りですので登録前にご参考ください。

正社員転職を目指していたのに、知らずのうちに派遣社員の面接を受けていた…という事例も時々ありますから、十分に注意しましょう。

Step 2. 電話がかかってくる

登録すると、転職エージェントから数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

準備などをする必要は全くありませんが、ざっくり下記のようなことを聞かれます。

  • 転職希望時期は?
  • 希望する職種や業界は?
  • 希望年収は?

10分ほどの最低限のヒアリングを受けた後、キャリアカウンセリングのアポイント調整を行います。

Step 3. キャリアカウンセリング

あなたがエージェントのオフィスに訪問することもあれば、エージェントが近くまで来てくれることもあります。(都合が合わなければ電話の場合もあります。)

初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • あなたのキャリアの棚卸
  • PRポイントの整理
  • 転職するべきかどうか
  • 転職するとしたらどのような企業に内定をもらえそうか
  • どのように職務経歴書を書いたら通過しやすくなるか
  • 転職についての要望の深堀

キャリアカウンセリングで気づくことも多く、なるべく多くのエージェントに意見をもらえば、考えがまとまっていき後悔ない転職をすることができるでしょう。

Step 4. 求人紹介を受ける

あなたの希望に合いそうな求人を5件〜50件ほど紹介してもらいます。

思ってもないような大手もあれば、今まで知ることのなかった魅力的な中小企業もあるでしょう。

それぞれのエージェントしか扱っていない独占求人もありますので、複数社のエージェントから求人紹介を受けることを推奨します

Step 5. 職務経歴書の添削

応募する企業を決めたら、職務経歴書や履歴書といった選考書類を添削してもらいます。

場合によってはこのためだけに面談を設定してくれたり、何度も書き直しを行います。

最高の職務経歴書をエージェントと一緒に作り上げましょう。

Step 6. 応募する

選考書類が完成したら、エージェントが最後に推薦文を添えて企業に応募します。

自分ではなかなか伝えられないあなたの魅力を、エージェントが企業に営業してくれます。

転職サイトを使って自力で応募すると、推薦文はもちろん誰も書いてくれませんし、企業への手続きも全部自分でしなければならないため、それに比べるとエージェント経由は圧倒的に有利です。

Step 7. 面接対策を受ける

応募している企業の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか、今持っているスキルのなかで何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスを貰います。

あなたが希望すれば模擬面接を実施してもらえるケースも多いです。

Step 8. 企業との面接を行う

面接の日時設定はエージェントが全て行ってくれます。

対策してもらったことをフル活用して、力を出し切りましょう。

面接に落ちてしまった場合には、多くの場合、エージェントが人事担当者からフィードバックを受けているため、次の面接に生かすことができます。

Step 9. 内定と退職サポート

内定が出た後は、エージェントが給料交渉や入社日の調整を責任を持って行ってくれます。

また、退職手続きについて不安な場合も、上司にどのように報告するかなど大手エージェントであればノウハウを必ず持っていますので、頼ってしまいましょう!

9. まとめ

転職エージェントを比較してまとめてきましたが、いかがでしたか。

選ぶべき転職エージェントはキャリアへの自信と、案件とサポートのどちらを重視するかで変わってきます。

そのため、以下のように考えて転職エージェントを選べば失敗する可能性はグッと減ります。

以上のようになるため、あなたの状況に応じて、以下のエージェントを選びましょう。

キャリアに自信あり×案件重視

キャリアに自信あり×サポート重視

キャリアに自信なし×案件重視

キャリアに自信なし×サポート重視

以上の転職エージェントを上手に使って、あなたの転職がうまくいくことを心から祈っています。

あなたの転職エージェントの感想を教えてください

当サイトでは、皆さんの転職エージェントの評価・感想を募集しております。

下記のリンク先のページから、感想をご入力いただければ幸いです。ご協力お願いいたします。

評判を投稿する