dodaの採用プロジェクト担当とは|応募は?キャリアアドバイザーとは何が違う?メールの停止方法は?

dodaのエージェントサービスを利用していると、

「採用プロジェクト担当って何をしてくれる人なのだろう」
「キャリアアドバイザーとはどう違うのだろうか」

などと疑問を持つことがありませんか?

dodaのエージェントサービスでは、面談による丁寧な求人紹介を行う「キャリアアドバイザー」との2名体制でサポートを行う仕組みとなっています。

そのうち「採用プロジェクト担当」は、キャリアアドバイザーよりも企業側の情報を熟知した担当者です。

このページでは、転職コンサルタントとして多くの転職者の悩みを解決してきた私が、dodaの採用プロジェクト担当について、以下の流れで解説していきます。

<目次>

  1. 採用プロジェクト担当は「企業情報に詳しいサポートスタッフ」
  2. キャリアアドバイザーとの比較
  3. 利用者の声から分かる採用プロジェクト担当の注意点
  4. dodaと他のエージェントを併用して転職を成功に導く
  5. 【FAQ】dodaの採用プロジェクト担当に関してよくある質問

このページを読めば、採用プロジェクト担当についての理解が深まり、dodaを使った効率的な転職方法が分かります。

1. 採用プロジェクト担当は「企業情報に詳しいサポートスタッフ」

dodaのエージェントサービスは「採用プロジェクト担当」と「キャリアアドバイザー」の2名体制で、求人紹介から面接対策までサポートしてくれます。

 

そのうちの採用プロジェクト担当は、企業側の情報に詳しい担当者として転職者をサポートしてくれる存在です。

具体的には、以下の4つの業務を行っています。

  1. 企業の求人案件を獲得する営業業務
  2. 求人情報の紹介(登録情報を元に求人紹介メール送信)
  3. dodaの公開求人からの応募の際の仲介
  4. 書類添削・面接対策・選考日程調整

では、4つの業務をそれぞれ詳しく解説していきます。

1-1. 企業の求人案件を獲得する営業業務

採用プロジェクト担当は企業とやり取りをしてdodaに掲載する求人を獲得する営業の仕事を行います。

それ故、企業側の希望する人物像や採用計画、そのた要望を詳しく知っているのです。

この情報をキャリアアドバイザーや利用者本人に直接提供することで、転職活動のサポートを行います。

1-2. 求人情報の紹介(登録情報を元に求人紹介メール送信)

dodaのエージェントサービスの1つである「求人紹介メール」は、採用プロジェクト担当が送っています。

dodaへの登録情報をもとに企業の条件と利用者の条件がマッチしそうな求人を厳選しているのです。

採用プロジェクト担当は企業側の人と同様に、doda利用者のごく一部の情報のみを参考にメールを送っています。

それ故、求人紹介のマッチング率はやや低い可能性があるでしょう。

スカウトサービスに公開される情報は自分で編集することができるため、非公開でも見られたくない情報がある場合はあらかじめ設定しておくようにしましょう。

1-3. dodaの公開求人からの応募の際の仲介

dodaの「公開求人に応募する」をクリックして応募する場合、その企業と利用者の仲介は採用プロジェクト担当が行います。

公開求人とはdodaのサイトで直接検索・閲覧・応募できる求人のことで、エージェントサービスを介さなくても応募できます。

また、公開求人は求人ごとに担当者が変わる点も特徴です。

自分の応募した求人に担当者が誰であるかは、会員専用ページの「応募・選考状況」から確認できます。

採用プロジェクト担当が担当者としてついている求人は、上記のようなヘッドホンを模したマークが目印です。

1-4. 書類添削・面接対策・選考日程調整

採用プロジェクト担当は、利用者の書類添削・面接対策・選好日程調整などのサポート業務も行っています。

企業の内部情報に熟知した採用プロジェクト担当だからこその、アドバイスを受けられる点が魅力的です。

しかし、採用プロジェクト担当は電話かメールのみの対応となっており、問い合わせはこちらから行えます。

また、企業から送られてきた選考結果を利用者に伝える業務も行っています。

2. キャリアアドバイザーとの比較

前章の内容を踏まえると、キャリアアドバイザーの業務と重なる部分が多く感じますが、以下の3点に違いがあります。

採用プロジェクト担当キャリアアドバイザー
対応方法電話・メールのみ電話・メール・対面
求人紹介公開求人+非公開求人非公開求人のみ
カウンセリング・アドバイス企業からの情報を元に、採用担当側の意見を反映キャリアプランの設計など個人の希望に沿った提案重視

ここからは両者の3つの違いを解説していきます。

2-1. 対応方法

キャリアアドバイザーとの大きな違いの1つは、その対応方法です。

採用プロジェクト担当は、面接対策や日程調整なども全て電話・メールのみの対応となっています。

これは、キャリアアドバイザーのようなコンサルティング業務を中心に行う立場であるのに対して、採用プロジェクト担当は求人情報提供者としての側面が強いためです。

これに対し、キャリアアドバイザーの対応は、利用者のキャリアカウンセリングがメインとなるため、基本的に対面での面談で行われます。

それゆえ、サポートという点ではキャリアアドバイザーの方が、対面で詳しくヒアリングしてくれるため利便性が高いと言えそうです。

2-2. 求人紹介

採用プロジェクト担当から電話・メールで紹介される求人は「公開求人」も「非公開求人」(サイト上で閲覧できない)も存在します。

一方でキャリアアドバイザーから紹介される求人は、基本的に「非公開求人」のみとなっています。

また先述の通り、利用者の匿名情報が企業の条件と合致すれば紹介メールを送るシステムとなっているため、必ずしも自分が希望する業界・業種の求人ばかりを紹介してくれるわけではありません。

2-3. カウンセリング・アドバイス

最後に、採用プロジェクト担当とキャリアアドバイザーの大きな違いは、「企業への理解度」です。

採用プロジェクト担当は、企業の営業担当として働いているため、企業の内情まで詳しく情報を保有しています。

ですので、採用プロジェクト担当からのアドバイスは「企業がどう思っているか」「どんな人材を求めているのか」という企業側の目線に立ったものとなります。

一方キャリアアドバイザーとの面談では、利用者のキャリアプランの設計や希望条件などが相談内容の中心です。

dodaの面談(キャリアカウンセリング)について詳しく知りたい方へ

3. 利用者の声から分かる採用プロジェクト担当の注意点

実際に採用プロジェクト担当のサービスを利用した方の口コミを見てみると、以下の2つの注意点が分かりました。

  1. マッチングの精度が低い
  2. メールが多い

では、実際の口コミを交えながらそれぞれ解説していきます。

3-1. マッチングの精度が低い

採用プロジェクト担当が紹介してくる求人が希望条件に当てはまっていない場合や、自分に合っていると納得できない場合が非常に多いようです。

的外れなものばかり

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
doda利用してて、求人紹介してくれるけど的外れなものばかりで微妙ご機嫌斜め
添削もしてくれるって言いながら、全然やしなぁ

出典:Twitter

私の経験に当てはまりそうなの1/4もありませんでした

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
朝、パソコンのメールをチェックしていましたらDODAの方から求人紹介のメールが来ていて、たくさん送ってきてくれましたが、私の経験に当てはまりそうなの1/4もありませんでした。よう分からない施工管理ばかりでした。誰かと勘違いしているのかしら?担当の当たり外れってあるんですね。

出典:Twitter

希望関係なしに無理やり繋げたいんだろうなぁ

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
転職活動中。
DODAは訳わからん業種から採用担当者から連絡来るw採用担当が数名いるけどみんな転職活動してる人間の希望関係なしに無理やり繋げたいんだろうなぁ。toCならちゃんと顧客の希望考慮して仕事しろよ

出典:Twitter

エリア外の企業を紹介してくる

口コミ・評判

匿名
評価:★☆☆☆☆1
DODAに登録していて、募集が北海道と東北が一括りにされている現状で東北の企業をよく採用プロジェクト担当者がしてくれるのだけど、私自身の登録している住所が北海道なのをわかってて紹介してくるのって意地悪なのなんなの?

出典:Twitter

先述の通り、採用プロジェクト担当は企業同様、利用者の匿名の応募情報をもと求人を紹介しています。

それゆえ、直接ヒアリングして希望条件をもとにした求人紹介を行ってくれるキャリアアドバイザーとは違い、そのマッチング精度は低くなってしまう傾向があります。

あくまで「年齢」「年収」「業界・業種」などのザックリとした条件が合致しただけなので、「こんな求人もあるのか」と求人検索の際の補足程度に思っておくと良いでしょう。

3-2. メールが多い

次に多い意見が、採用プロジェクト担当から送られてくる求人紹介メールが多いというものです。

メール頻度多すぎ

口コミ・評判

匿名
評価:★☆☆☆☆1
dodaの求人紹介メール頻度多すぎてめんどくさい

出典:Twitter

メールがほぼ毎日来ている

口コミ・評判

匿名
評価:★★★☆☆3
最近dodaから求人紹介のメールがほぼ毎日来ていて、コロナ禍なのかどうか知らないけど、余程企業は人手が足りないのかな?

出典:Twitter

メール多すぎてキレそう

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
dodaのメール多すぎてキレそう

出典:Twitter

ひっきりなしに紹介メールがくる

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
採用プロジェクト担当とか言う人達からひっきりなしに興味のない紹介メール来て困る…お問い合わせ欄にてこのメール止めたい旨伝えても無視された…違う問い合わせは即レスだったのに

出典:Twitter

メールボックスの容量圧迫してきてブチ切れそう

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
doda採用プロジェクト担当から来るメールが本当にウザすぎる
1日10件くらい来てんじゃないかこれめちゃくちゃメールボックスの容量圧迫してきてブチ切れそう

出典:Twitter

dodaは保有する案件数が豊富なので、その分利用者の条件がマッチングする企業の数も多いです。

それ故、条件さえ合えばメールを送る求人紹介メールのシステムでは、非常に多くのメールが届く結果になっています。

「メールが多すぎてうっとうしい」「重要なメールだけを見たい」という方は、公式HPからメール配信の停止を設定しましょう。

ですので、辞退せずにメールを放置するしかなく煩わしく感じる方が多いようです。

dodaのメール配信停止方法

上記のような場合は、dodaの「登録情報設定画面」から、以下のステップでメールの停止(解除)を行うことをおすすめします。

  1. 会員専用ページへログインし、「登録情報設定」ページにアクセスする。
  2. 「メール配信設定」の「採用プロジェクト担当」で「利用停止」ボタンをクリックする

配信解除手続き後2~3日間は、メールが配信されることもある点にご注意ください。

また、求人紹介メール以外にも、停止してほしい連絡は「メール配信停止設定」から適宜停止することができます。

4. dodaと他のエージェントを併用して転職を成功に導く

そもそも転職活動を行う場合には、転職エージェントを複数利用することが望ましいです。

また、「dodaの求人紹介メールのマッチング精度が低い」と感じている方は特に、別のエージェントでも求人紹介を受けると良いでしょう。

複数のエージェントに登録して各社のメールや面談を通して求人紹介を受けた後、自分に一番合っていると思うエージェントに絞ると効率的だからです。

本章では、dodaと併用すべきおすすめの転職エージェントを「【2020年7月最新版】転職エージェントおすすめランキング|500人の評判比較」のアンケート結果をもとに厳選してご紹介します。

では、それぞれ詳しく説明していきます。

マイナビエージェント|初めての転職に強く20代実績No.1

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54

転職を検討する20~30代であれば、まず登録したい転職エージェントです

新卒領域で有名な『マイナビ』が運営しており、ベンチャーから大手まで求人数が豊富。例えば、エンジニア転職に特化した『ITエンジニア専用サービス』や、銀行・証券会社に強い『金融業界向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています。

そしてなにより、面接対策から職務経歴書の添削をはじめとしたサポート体制が充実しているので、その結果として「20代満足度No.1」という実績を誇っています。

そのため、慣れない転職に不安がある20~30代であれば、まず登録すべき1社です。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

Point:転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは3社以上登録すると転職成功率がグッと上がるので、少しだけ面倒かもしれませんが、いくつか併用して自分に合うところを見つけましょう。

例えば、サポート充実で満足度の高い『doda』や、業界最大手で好条件求人が多い『リクルートエージェント』など、転職エージェントによって特徴が分かれるので、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、『案件総数・内定決定数ともにNo.1』の実績を持つ国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルで、『他の転職エージェントで求人数がほぼない職種でも、リクルートならある』との口コミが見受けられるくらいなので、地方での転職や、40代以上の転職であってもおすすめすることができます。

また、年収750万円以上での転職を検討されているハイクラス層な方向けに『キャリアカーバー(by リクルート)』も運営しており、そこも合わせて幅広い層からの指示が集まっていました。

まずは登録してみて、自身の希望する求人があるかどうか確認してみると良いでしょう。

リクルートエージェント公式サイト:
https://r-agent.com/

パソナキャリア|サポート充実で満足度No.1

手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方には特におすすめです。

人材派遣領域で業界最大手の『パソナ』が運営しており、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実。例えば、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.2」とマイナビエージェントに次ぐ実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの1社です。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

キャリアカーバー|リクルート運営のヘッドハンティング型サイト

スクリーンショット 2015-11-15 15.20.21

キャリアカーバー(by リクルート)』は国内最大手のリクルートが運営する、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです

レベルの高いコンサルタント(ヘッドハンター)を自ら選んで相談をすることもできれば、レジュメを登録して好条件のスカウトも待つこともできます。

また、年収800万円以上の求人は約28,000件(2020年5月時点)と、高年収を狙う方であればすべての方におすすめできる転職サービスです。

気になる方は、ぜひ一度登録してみることをおすすめします。

公式サイト:
https://careercarver.jp/

ハタラクティブ|既卒・フリーターの転職実績No.1

ハタラクティブ』は、第二新卒や既卒など若年層をターゲットにした特化型転職エージェントで、第二新卒特化型としては最大手です。

2000件以上の案件に加え、キャリア相談、職務経歴書や面接対策について徹底したサポートで、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%という非常に優れた実績です。

いまの経歴に自信のない方でも、違う職種で新たに挑戦したい、これから正社員に挑戦してみたいとお考えの方には非常におすすめできるエージェントです。

公式サイト:
https://hataractive.jp/

Point:転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは3社以上登録すると転職成功率がグッと上がるので、少しだけ面倒かもしれませんが、いくつか併用して自分に合うところを見つけましょう。

例えば、大手マイナビが運営する『マイナビジョブ20's』や、TVCMで話題の『DYM就職』など、転職エージェントによって特徴が分かれるので、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

5. 【FAQ】dodaの採用プロジェクト担当に関してよくある質問

本章では、dodaの採用プロジェクト担当に関してよくある以下の質問に回答していきます。

ではそれぞれ見ていきましょう。

Q1.採用プロジェクト担当への問い合わせ先を知りたいです

こちらのフォームから採用プロジェクト担当へ問い合わせることができます。

こちらのカスタマーサービスの営業時間は平日・土・祝日ともに10:00~18:00です。

お問い合わせ内容の確認や適切な案内をする為に、内容が記録または録音されている点に注意しましょう。

また、現在新型コロナウイルスの影響で、サポート体制が通常と変更されていますので、返信に時間がかかる可能性があります。(2020年7月現在)

Q2. 採用プロジェクト担当の求人へエントリーした後の応募情報変更方法を教えてください。

web履歴書の登録情報を変更修正後、dodaカスタマーセンターに問い合わせる必要があります。

その後、採用プロジェクト担当から利用者に確認の連絡が届く仕組みです。

問い合わせ時には、以下の情報の記載が必須となります。

  • 名前
  • 会員ID
  • 問い合わせ内容

また、会員専用ページの「日程調整/選考状況」の欄から、登録情報を変更・修正したい求人の「企業名」「応募日時」の2点も記入しましょう。

Q3. 採用プロジェクト担当の求人へエントリーした後、選考結果の連絡がありません。

公式HPには、選考結果の連絡には2週間程度時間がかかると記載されています。

また、エントリーした企業の状況によっては2週間以上時間がかかる可能性もありあります。

3週間以上たっても連絡が来ない場合は、こちらのフォームからdodaカスタマーセンターに問い合わせるようにしましょう。

Q4. 採用プロジェクト担当がつく求人は内定率が高いのですか?

誰が担当についても内定する確率は変わりません。

なぜなら、採用プロジェクト担当はあくまで企業の内情や企業側の詳しい要望を知っているというだけで、選考を有利に進めるような力はないからです。

同様に、企業と直接やり取りする求人であっても、キャリアアドバイザーが担当につく求人であっても、自分自身で入念な選考対策を行うことが何よりも内定に近づく第一歩でしょう。

6. 関連記事

本章では、dodaに関連する記事をご紹介します。

気になる記事があれば、チェックしてみてください。

dodaの特徴・サービスについて
dodaの評判について
転職エージェントについて

7. 終わりに

ここまでdodaの採用プロジェクト担当について詳しくお話してきまいたが、いかがでしたか?

企業の営業担当として働く採用プロジェクト担当は、キャリアアドバイザー同様、求人紹介から面接対策、選考日程調整まで幅広くサポートしてくれる存在です。

特に、企業の内情などに詳しいため、よりリアルな情報をもとにしたアドバイスを貰える点が魅力でしょう。

しかし、キャリアアドバイザーに比べてマッチング精度が劣る求人紹介メールがデメリットといえるので、他のエージェントも併用しつつ、最も利用しやすいと思えるエージェントに徐々に絞り込んでいくことをおすすめします

最後に、この記事で紹介したおすすめ転職エージェントを再掲します。

気になるエージェントがあれば、以下のリンクから登録しておきましょう。

あなたの転職活動が上手く行くことを心から願っています。

あなたの転職エージェントの感想を教えてください

当サイトでは、皆さんの転職エージェントの評価・感想を募集しております。

下記のリンク先のページから、感想をご入力いただければ幸いです。ご協力お願いいたします。

評判を投稿する