dodaの年収査定で正確な適性年収は分からない!評判から信憑性を調査

dodaの年収査定に関して、

「年収査定ってどう?」
「dodaで年収査定したら低くなった…」

と思っていませんか?

計算にはdoda登録者186万人のデータを利用しており、今後の年収推移やキャリアの可能性が分かるサービスです。

しかし、たった数問に答えるだけの簡単な査定なので、手軽にザックリと年収査定したい時には有効ですが、正確な査定結果は期待できません。

この記事では、大手の転職エージェントを経て企業で中途採用を担当している私が、dodaの年収査定の仕組みや利用者の口コミから分かる評判を以下の流れで解説します。

<目次>

  1. 【サービス概要】dodaの年収査定とは
  2. dodaや他の年収査定サービスの評判
  3. 正確な年収を知るための転職エージェントという手段
  4. 転職エージェントをより効果的に利用する7ポイント
  5. 【図解】転職エージェント利用の流れ
  6. 【FAQ】dodaの年収査定に関してよくある質問と回答

このページを読めば、dodaの年収査定を賢く利用し、あなたの市場価値を正しく理解することができます。

1.【サービス概要】dodaの年収査定とは

dodaの数あるサービスの中で、自分の市場価値を知りたいときに役に立つのが年収査定です。

dodaの186万人の会員データを利用して計算しており、たった10問の質問に答えるだけで自分の適性年収をざっくりと割り出してくれます。

dodaの年収査定で分かることは以下の4つです。

では、それぞれ解説していきます。

1-1. 自分の適性年収

年収査定でまずわかることは、自分のこれまでの経歴から導き出された適性年収です。

つまり、今の年収が自分のキャリアに合っているのかを判定できるのです。

これらの結果は、doda会員186万人のビックデータを用いて、機械学習により予測結果(年収査定結果)を導き出しています。

機械学習とは、コンピューターにデータを読み込ませて、アルゴリズムに基づいて分析させる手法のことです。

これにより大量のデータから複数の仮説を導き出すことができ、より幅広いキャリアの可能性を算出することができます。

現在の自分の年収よりも適性年収が高い場合は、あなたのキャリアをもっと正当に評価してくれる企業がある可能性が考えられます。

1-2. 今後30年間の年収推移

さらに適性年収だけではなく、自分の今後30年間の年収推移も知ることができます。

現在の職種はもちろん、転職事例が多い人気の他職種との比較も可能です。

このまま今の業界・業種・会社で働き続けるか、別の仕事に挑戦するかを考えるきっかけになります。

1-3. キャリアの可能性

dodaの年収査定では、以下のように自分に近いキャリアの人の転職事例を6つまで見ることができます。

年収を重視して転職した事例だけでなく、やりたい仕事内容を重視して転職し年収が下がった事例まで、幅広い例を見ることができます。

これにより、ざっくりとどんな業界・業種に転職すると年収が上がるかを確認することが可能です。

まずはどんなキャリアを描くことができるのか、興味本位で試してみるのもおすすめです。

1-4. 適性年収に合った求人

年収査定結果が出た後、システムにより以下のようにあなたのキャリアを本当に評価してくれる企業の求人紹介を受けることができます。

「今の職種と同じ求人」「あなたに近いキャリアの方に人気の他職種」など、様々な条件で求人検索することができます。

思いがけない業界・業種の求人も紹介してもらうことがあり、自分の視野を広げるきっかけとなるでしょう。

2. dodaや他の年収査定サービスの評判

計算にはdoda登録者186万人のデータを利用しており、今後の年収推移やキャリアの可能性が分かるサービスです。

しかし、たった数問に答えるだけの簡単な査定なので、手軽にザックリと年収査定したい時には有効ですが、正確な査定結果は期待できません。

本章では、利用者の口コミを交えながら、dodaやその他年収査定サービスの評判や信憑性を調査していきます。

では、順に見ていきましょう。

2-1. doda年収査定の利用者の声

実際の利用者の意見を見てみると、現在の年収よりも大幅に高いor低い年収になることが多く、納得感のない結果が多いようです。

現実感のない査定結果でした

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
DODAで年収査定したら410万でた。現実感なさすぎてwwww

出典:Twitter

高く結果がでました

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
DODAの年収査定で340万円と診断された。それぐらい年収欲しい

出典:Twitter

算定根拠が見えません

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
DODAの年収査定は587万円か。これって算定根拠が見えれば、強み・弱味の分析に使えそうなのになぁ。

出典:Twitter

全く納得できません

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
DODAの年収査定したら査定結果の方が低いんだが…全く納得してない。

出典:Twitter

今の年収の半分くらいの金額を提示されました

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
dodaの年収査定を受けたら、今の年収の半分くらいの額が適正って言われたんやが喧嘩売ってのかw

出典:Twitter

150万円落ちると査定されました

口コミ・評判

匿名
評価:★★★☆☆3
dodaの年収査定、入力していったら結果相場換算っで150万落ちるのウケる

出典:Twitter

妥当な金額でした

口コミ・評判

匿名
評価:★★★★☆4
DODAの年収査定によると俺の適正年収は460万らしい。
まぁそんなもんか

出典:Twitter

具体的な実績が考慮されません

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
DODA年収査定サービスっていうのやったら、現状から30万ぐらい下がる査定でワロタ
学歴とか職種ぐらいしか入れるとこないから、具体的な実績は考慮されないのね。

出典:Twitter

計算が足りてないと思います

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
DODAの年収査定(初回)をやってみたのだけど、今どういう仕事してるとか、年齢、学歴ぐらいしか尋ねられず、持ってるスキル、職務経歴、実績、実力やプロジェクトの数とかの計算が足りてないと思い、最初にこの情報を信用したら、収入に不安持つし、その人の本質的なスキル見つけられず終わると思った

出典:Twitter

dodaの年収査定は正確な算出方法が明記されておらず、利用者からその信憑性に疑問の声が多く上がっています。

実際に、dodaの登録者のデータのみを利用して、「年齢」「業種」といったざっくりした項目のみで査定しているため、結果はそこまで信憑性がないといえます。

2-2. 他の年収査定サービスも期待はできない

doda以外にも、気軽に年収査定を行えるサービスに「ミイダス」があります。

ミイダス公式サイト:
https://miidas.jp

「ミイダス」自分の市場価値が知れる転職アプリで、年収査定・市場価値の診断以外にも求人紹介サービスも利用可能です。

しかし口コミを調査してくと、「年収査定方法がはっきり分からず、いまいちあてにならない」との意見が多くありました。

話がうますぎて信用できません

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
ミイダスって転職サイトに過去の実績を入力していったら、類似ユーザーの年収実績が今の倍額って出たけど、話がうますぎてこのサイトが信用できない

出典:Twitter

この金額は絶対に高すぎです

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2

ミイダスに登録して1ヶ月くらい経ったけど、時間と共に自分の市場価値の金額が30万以上も上がってるんだけど、、、どゆこと?

そしてこの金額は絶対に高すぎだろ笑

出典:Twitter

自己評価以上の年収で逆に胡散臭く感じます

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
ミイダスってアプリ使い始めたが、自己評価の1.5倍から4倍ぐらいの年収でて逆に胡散臭く感じてしまった…が、ちょっと勇気もらったと思うか

出典:Twitter

どこから算出しているのですか?

口コミ・評判

匿名
評価:★☆☆☆☆1
ず〜〜っと疑問なんだけどミイダスの「現在の市場価値」はどこから算出してんの
いつ見てもんなわけねえだろって額

出典:Twitter

市場価値計算適当すぎるように思われる

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
ミイダスの市場価値計算適当すぎん? どうやって算出してるんや…
28歳 営業経験のみ 記載してある情報だけ鑑みると500前後が妥当だと思うのですが…

出典:Twitter

これらを踏まえると、ミイダスでも正確な年収査定を期待することは難しいといえるでしょう。

2-3. dodaやミイダスの結果は「可能性の1つ」

本章で紹介してきた評判を踏まえると、dodaやミイダスの年収査定はあくまで「参考値の1つ」として参考程度に利用すると良いでしょう。

dodaやミイダスで年収査定すべき人

  • 自分の視野を広げてみたい人
  • ざっくりとした査定結果で満足する人
  • 転職に興味を持ち始めた段階の人

一方で、正確な査定結果を知りたい方には、転職エージェントでプロのコンサルタントに算出してもらうことをお勧めしています。

転職エージェントで年収査定してもらうべき人

  • 正確な年収査定をしてほしい人
  • 年収査定の結果をもとに転職を検討しようとしている人

次章では、なぜ転職エージェントで正確な年収査定を期待できるのかを解説していきます。

3. 正確な年収を知るための転職エージェントという手段

先述の通り、正確な年収査定結果を知りたい場合は転職エージェントの利用がおすすめです。

なぜなら、転職エージェントに登録すると担当者としてついてくれるプロのコンサルタントは、常に最新の求人票を確認しており、正確な転職市場の実態をもとに年収を査定してくれるからです。

また、dodaやミイダスで利用される「年齢」「業界」などのざっくりした指標だけではなく、

「これまでどんな経験をしてきたか」
「どんなスキルを活かせそうか」

などの具体的な項目も鑑みた算出が期待できます。

転職エージェントは無料で登録することができ、結果的に転職を行わなくても利用することができます。

ですので、少しでも転職に興味がある方は登録しておいて損はありません。

今回は、「【2020年7月最新版】転職エージェントおすすめランキング|500人の評判比較」のアンケートをもとに、転職を検討する全ての方におすすめの5社を紹介します。

では、それぞれ解説していきます。

マイナビエージェント|初めての転職に強く20代実績No.1

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54

転職を検討する20~30代であれば、まず登録したい転職エージェントです

新卒領域で有名な『マイナビ』が運営しており、ベンチャーから大手まで求人数が豊富。例えば、エンジニア転職に特化した『ITエンジニア専用サービス』や、銀行・証券会社に強い『金融業界向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています。

そしてなにより、面接対策から職務経歴書の添削をはじめとしたサポート体制が充実しているので、その結果として「20代満足度No.1」という実績を誇っています。

そのため、慣れない転職に不安がある20~30代であれば、まず登録すべき1社です。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

Point:転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは3社以上登録すると転職成功率がグッと上がるので、少しだけ面倒かもしれませんが、いくつか併用して自分に合うところを見つけましょう。

例えば、サポート充実で満足度の高い『doda』や、業界最大手で好条件求人が多い『リクルートエージェント』など、転職エージェントによって特徴が分かれるので、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

パソナキャリア|サポート充実で満足度No.1

手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方には特におすすめです。

人材派遣領域で業界最大手の『パソナ』が運営しており、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実。例えば、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.2」とマイナビエージェントに次ぐ実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの1社です。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、『案件総数・内定決定数ともにNo.1』の実績を持つ国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルで、『他の転職エージェントで求人数がほぼない職種でも、リクルートならある』との口コミが見受けられるくらいなので、地方での転職や、40代以上の転職であってもおすすめすることができます。

また、年収750万円以上での転職を検討されているハイクラス層な方向けに『キャリアカーバー(by リクルート)』も運営しており、そこも合わせて幅広い層からの指示が集まっていました。

まずは登録してみて、自身の希望する求人があるかどうか確認してみると良いでしょう。

リクルートエージェント公式サイト:
https://r-agent.com/

キャリアカーバー|リクルート運営のヘッドハンティング型サイト

スクリーンショット 2015-11-15 15.20.21

キャリアカーバー(by リクルート)』は国内最大手のリクルートが運営する、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです

レベルの高いコンサルタント(ヘッドハンター)を自ら選んで相談をすることもできれば、レジュメを登録して好条件のスカウトも待つこともできます。

また、年収800万円以上の求人は約28,000件(2020年5月時点)と、高年収を狙う方であればすべての方におすすめできる転職サービスです。

気になる方は、ぜひ一度登録してみることをおすすめします。

公式サイト:
https://careercarver.jp/

JACリクルートメント|ハイクラス転職実績No.1

スクリーンショット 2015-10-11 20.58.42

JACリクルートメント』は、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1で、ハイキャリア案件については間違いなくトップレベルといえるでしょう。

キャリアや経験にある程度の自信がある方は、そのキャリアを活かすためにも必ず登録すべき1社です。

※年収600万円以上ない方だと、紹介してもらえない可能性があるので、その場合は『パソナキャリア』など、他の転職エージェントに相談しましょう。

JACリクルートメント公式サイト:
http://jac-recruitment.jp/

4. 転職エージェントをより効果的に利用する7ポイント

この章では、転職エージェントをより効果的に利用するためのポイントを7つお伝えします。

  1. スカウトを利用した場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく
  2. 転職時期は最短可能日程で答える
  3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる
  4. 経歴やスキルに嘘をつかない
  5. 推薦文は必ず確認する
  6. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない
  7. 紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

せっかく良い転職サービスを選んでも、上手に活用できなければもったいないので必ずチェックしましょう。

Point-1. スカウトを利用した場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく

転職サイトは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最終接触日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。

スクリーンショット 2015-10-18 20.29.18

例えば、上記は「年齢30歳以下、転職回数1回以下、勤続年数2年以上、TOEIC780以上」で検索した結果ですが、実務的な処理としては、更新日が新しい順番に20人ずつメールを送って反応をみて、応募者がいなければ次の20人へ、といったように送信していきます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

Point-2. 転職時期は最短可能日程で答える

キャリアコンサルタントも売上目標があり日々追われています。

コンサルタントとのファーストコンタクトで必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれるので、この時には「いいところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

※もちろん現職での退職手続きや引継ぎがあるはずなので、その点は伝えておきましょう。

Point-3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる

担当コンサルタントに情をうつしてはいけません。

担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、他のコンサルタントの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

Point-4. 経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

コンサルタントでよく話題にあがるのが、「去年の登録情報と今回とで登録情報が違うよ・・・」という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

Point-5. 推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当コンサルタントはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではないコンサルタントの場合は経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

Point-6. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない

数社の転職サービスを使っている場合、同じ案件には複数の転職サービス経由で応募しないようにしましょう。

企業から「他の転職サイトからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

企業・担当コンサルタント両者に不信感を与え、場合によっては破談となるリスクさえあります。

Point-7. 紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

転職エージェントも売上がかかっていますから、なんとかしてあなたに転職を決めてもらいたいものです。

優良なコンサルタントであれば都合の悪いことを隠したりすることは少ないでしょうが、自衛のために口コミサイトの『OpenWorkを利用して裏をとるようにしましょう。

以下のような口コミが大量に集まっているので、その情報をもとに、社風や雰囲気をあらかじめ予想することができます。

上場企業であればほぼ全ての企業についての口コミが集まっていますので、ぜひ利用してください。

5. 【図解】転職エージェント利用の流れ

ここまで、転職が有利に進む転職サービスと、その活用ポイントをお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

転職エージェントに登録したあとは、特に準備は必要とせず、気軽に身をゆだねれば良いのですが、初めて使う方は不安も多いかと思いますので、登録後何が起こるのかをざっくり把握しておきましょう

スクリーンショット 2016-08-21 17.30.24

Step 1. まずは公式ページから登録する

それぞれの公式ページから登録を行います。

登録する際は、『転職サービス』なのか『派遣サービス』なのかを確認するようにしてください

例えば、「パソナ」と検索するとパソナの派遣登録サイトが出てくるように、紛らわしいサービスが複数あるため、登録前にしっかりと確認しましょう。

正社員転職を目指していたのに、知らずのうちに派遣社員の面接を受けていた…ということがないように、十分に注意しましょう。

Step 2. 担当コンサルタントから連絡が来る

登録すると、担当から数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

事前に準備などをする必要は全くありませんが、ざっくり下記のようなことを聞かれます。

  • 転職希望時期は?
  • 希望する職種や業界は?
  • 希望年収は?

10分ほどの最低限のヒアリングを受けた後、キャリアカウンセリングのアポイント調整を行います。

※最初からアポイント調整に入る場合もあります。

Step 3. キャリアカウンセリング

あなたが転職エージェントのオフィスに訪問することもあれば、担当コンサルタントが近くまで来てくれることもあります。(日程・場所の都合が合わなければ電話面談になります。)

初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • あなたのキャリアの棚卸
  • PRポイントの整理
  • 転職するべきかどうか
  • 転職するとしたらどのような企業に内定をもらえそうか
  • どのように職務経歴書を書いたら通過しやすくなるか
  • 転職についての要望の深堀

キャリアカウンセリングで気づくことも多く、なるべく多くのコンサルタントに意見をもらえば、考えがまとまっていき、後悔ない転職をすることができるでしょう。

担当コンサルタントとは長い付き合いとなるため、できれば拠点に足を運ぶようにしましょう。

Step 4. 求人紹介を受ける

あなたの希望に合いそうな求人を5件~20件ほど紹介してもらえます。

思ってもないような大手もあれば、今まで知ることのなかった魅力的な中小企業もあるでしょう。

それぞれのエージェントしか扱っていない独占求人もありますので、複数社のエージェントから求人紹介を受けることを推奨します

Step 5. 履歴書・職務経歴書の添削

応募する企業を決めたら、職務経歴書や履歴書といった選考書類を添削してもらいます。

場合によってはこのためだけに面談を設定してくれたり、何度も書き直しを行ったりしてくれます。

最高の職務経歴書をエージェントと一緒に作り上げていきましょう。

Step 6. 紹介された求人に応募する

選考書類が完成したら、担当コンサルタントが最後に推薦文を添えて企業に応募します。

自分ではなかなか伝えられないあなたの魅力を、担当コンサルタントが企業に伝えてくれます。

求人サイトを使って自力で応募すると、推薦文はもちろん誰も書いてくれませんし、企業への手続きも全部自分でしなければならないため、それに比べると転職エージェント経由は圧倒的に有利です。

Step 7. 面接対策を受ける

応募している企業の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか、今持っているスキルのなかで何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスを貰います。

あなたが希望すれば模擬面接を実施してもらえるケースも多いです。

Step 8. 企業との面接を行う

面接の日時設定は担当コンサルタントが全て行ってくれます。

対策してもらったことをフル活用して、力を出し切りましょう。

面接に落ちてしまった場合には、多くの場合、担当コンサルタントが人事担当者からフィードバックを受けているため、次の面接に生かすことができます。

Step 9. 内定と退職サポート

内定が出た後は、担当コンサルタントが給料交渉や入社日の調整を責任を持って行ってくれます。

また、退職手続きについて不安な場合も、上司にどのように報告するかなど転職エージェントであればノウハウを必ず持っていますので、頼ってしまいましょう!

6. 【FAQ】dodaの年収査定に関してよくある質問と回答

本章では、dodaの年収査定に関してよくある以下の質問に回答していきます

では、それぞれ回答していきます。

Q1. 年収査定を利用するために登録は必要ですか?

dodaの会員登録が必要です。

会員登録は無料で、以下のような基本的な項目を記入するだけで登録・利用ができます。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 都道府県
  • 学歴
  • 勤務状況
  • 勤務先会社名
  • 業種・職種
  • 年収

すでに会員登録をしている方でも、年収査定を行うためには改めて上記のような基本プロフィールを入力する必要があります。

年収査定は何度も行うことができますが、その都度プロフィールを入力しなくてはなりません。

doda年収査定はこちらから
https://assess.doda.jp/

Q2. doda以外にも無料で利用できる年収査定サービスはありますか?

無料で利用できる年収査定サービスには、パソナキャリアの「年収診断・年収査定シュミレーション」があります。

転職希望条件のアンケートに答えた後、以下のように「最終学歴」「転職回数」「経験職種」などの基本情報を入力するだけで適性年収を割り出すことが可能です。

このサービスは無料かつ会員登録なしで簡単に利用できるのが特徴です。

しかし、dodaやミイダス同様、ざっくりとした診断結果になりますので、より確実な査定結果を求めるなら転職エージェントに頼るようにしましょう。

また、年収査定の他には、以下のような自分の市場価値を測ることができる無料サービスもあります。

気になる診断があれば、ぜひ試してみてください。

7. 関連記事

本章では、dodaに関連する記事をご紹介します。

気になる記事があれば、チェックしてみてください。

dodaの特徴・サービスについて
dodaの評判について
転職エージェントについて

8. 終わりに

ここまで、dodaの年収査定について解説してきましたがいかがでしたか?

dodaの年収査定は、たった10問の質問に答えるだけで気軽に行える反面、その結果はあまり正確ではありません。

ですので、

「正確な年収査定の結果を知りたい」
「転職を決めるきっかけとして年収を知りたい」

といった方は、転職エージェントでプロのコンサルタントにより正確な年収査定をしてもらうことをお勧めします。

最後に、この記事で紹介した転職エージェントを再掲します。

気になるエージェントがあれば、dodaと併用して2・3社登録してみると良いでしょう。

あなたの転職が上手く行くことを心から願っております。

あなたの転職エージェントの感想を教えてください

当サイトでは、皆さんの転職エージェントの評価・感想を募集しております。

下記のリンク先のページから、感想をご入力いただければ幸いです。ご協力お願いいたします。

評判を投稿する