dodaエージェントの面談(キャリアカウンセリング)の流れを解説!予約必須?服装は?

dodaの面談に関して、

「dodaの面談場所や予約方法は?」
「dodaの面談ってどんな服装で行けばいいの?

などとお悩みではありませんか?

dodaの面談(キャリアカウンセリング)は、会員登録後に各求職者の希望に合わせて、転職の方向性を決める為に行われる面談です。

しかし拠点や求職者によっては、面談を断られる場合や面談が無い場合、電話面談で対応される場合もあります。

このページでは、大手の転職エージェントを経て企業で中途採用を担当しているが、dodaの面談に関して以下の流れで解説していきます。

<目次>

  1. 【概要】doda面談の流れ
  2. 面談前に準備すること
  3. 実際の口コミ・評判
  4. デメリットを補うために、他の転職エージェントも登録しよう
  5. dodaの面談を受ける際の3つの注意点
  6. 【FAQ】dodaの面談に関してよくある質問と回答

このページを全て読めば、dodaの面談(キャリアカウンセリング)に関する疑問や不安を解決することができます。

コロナウイルスによる現在の対応

2020年11月時点では、面談(キャリアカウンセリング)は原則電話での対応となっています。

「企業に直接応募する」サービスは、求人企業各社の状況により、選考結果の通知が送れる場合や面接が中止・延期する場合があります。

dodaへのお問い合わせはこちらから行えます。

1. 【概要】doda面談の流れ

dodaの面談とは、エージェントと求職者の希望条件をすり合わせて、転職のプロに意見を貰いながらキャリアや人生設計を行う場です。

面談の前後を含む、大きな流れは以下の通りです。

まず、web登録後に面談の日程調整が行われます。

その後、面談結果を踏まえてdodaから各求職者に合わせて求人が紹介される仕組みです。

しかし、拠点や求職者によっては面談を断られたり、面談なしで求人紹介をされる場合もあります。

料金無料
所要時間1時間程度
(電話面談の場合、30分程度)
面談場所全国にあるdodaのオフィス
予約方法web会員登録登録後
対応日時
  • 平日:9:00~20:00
  • 土曜日:10:00~18:00

次に、実際の面談の流れ通りに各ステップを詳しく解説していきます。

では、見ていきましょう。

1-1. webで会員登録

面談を利用するには、dodaに登録しなくてはなりません。

dodaに登録するには、ホームページで氏名、住所、年収などの基本項目を記入する必要があります。

また、dodaのエージェントサービスとスカウトサービスを利用するかどうかを選ぶことができます。

dodaの面談(キャリアカウンセリング)を利用したい場合、エージェントサービスの利用登録が必要です。

スカウトサービスやエージェントサービスを希望しない場合は、dodaのサイトに掲載されている求人に自分で応募する求人サイトのサービスのみの利用となります。

1-2. 面談日程の調整

登録が完了すると、「登録完了しました」というメールが届きます。

次に、dodaからメールか電話で面談(キャリアカウンセリング)の日程調整について連絡がきます。

dodaの面談は、平日の9:00~20:00、土曜日の10:00~18:00の間で日程調整が可能です。

ただし登録情報によっては、現在dodaから紹介できる求人が無いと判断され、求人が出るまで日程調整の連絡を待つことになります。

また、面談場所は全国各地にあるdodaのオフィスになります。

1-3. 面談当日

面談当日は、以下の流れに沿って進みます。

では、それぞれ見ていきましょう。

1. 自己紹介、サービスの紹介

まずは挨拶と簡単な自己紹介から始まります。

次に、学歴や経歴、転職活動の状況を確認されます。

それに、キャリアアドバイザーから、dodaの転職エージェントサービスの内容を聞きます。

2. 転職目的・希望条件の確認

キャリアの確認やサービスの説明が終わった後は、転職の動機や転職して実現したいことなどを尋ねられます。

そして、役職や年収など、待遇面などを具体的に決めていきます。

後悔しないように、どういう転職をしたいか、前もってよく考えておきましょう。

3. 求人紹介・職務経歴書の添削

最後に、キャリアアドバイザーからの求人紹介と職務経歴書の書き方についてアドバイスをもらうことができます。

転職で不安な点がある場合は、このタイミングで解決しておくのがおすすめです。

また、上記の3ステップを限られた時間で行うので、以下の項目は事前に考えておくようにしましょう。

  • これまでのキャリア
  • 自己PR
  • 転職理由
  • 転職希望条件
  • 転職希望時期
  • 悩みや不安

あまりに希望条件が多すぎたり、現実的ではない希望条件ばかりを提示したりすると、求人を紹介してもらえない可能性があります。

ですので、現在の年収やキャリアを踏まえて、転職に求める条件に優先順位を付けておきましょう。

1-4. 求人紹介

求人紹介は、面談(キャリアカウンセリング)での内容を踏まえ、電話やメール、会員専用ページで後日行われます。

人によっては、面談中に求人を紹介してもらえる場合もあります。

紹介された求人に応募するかどうかは自由です。

何度か求人を紹介されたものの希望に合わない場合は、再度面談を申し込むこともできます。

また、求人を紹介されたからと言って、内定が確約ではありません。

応募後のdodaの対策セミナーや転職イベントに参加して、内定を目指して自分で努力する必要があります。

1-5. 書類添削・面接対策

dodaの利用者は、実際に転職活動を進めていきながら、dodaの転職セミナーなどのイベントに参加することができます。

現在はオンラインでの開催を行っており、自宅から書類添削サポートや面接トレーニングを行うことが可能です。

これらのサービスを利用し、応募企業への内定を目指します。

dodaの面談場所一覧

dodaのオフィスは以下のように全国各地にあります。

自宅から最も近いオフィスを選ぶことが可能ですので、参考にしてみて下さい。

場所住所最寄駅
北海道第二オフィス北海道札幌市中央区北一条西4丁目2-2 札幌ノースプラザ9F 大通駅より徒歩1分
 東北オフィス宮城県仙台市青葉区花京院2丁目1-65
花京院プラザ4F
仙台駅より徒歩7分
 丸の内本社東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F・28F東京駅より直結
 横浜オフィス神奈川県横浜市神奈川区金港町1‐4
横浜イーストスクエア5F
横浜駅より徒歩5分
静岡オフィス静岡市駿河区南町18-1サウスポット静岡16F静岡駅より徒歩1分
中部オフィス愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28-12 大名古屋ビルヂング14F

名古屋駅より直結

 関西オフィス(GFO)大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB 17F大阪駅より徒歩7分
京都オフィス京都府京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町20四条烏丸FTスクエア 4F烏丸駅地下直結
神戸オフィス兵庫県神戸市中央区小野柄通7-1-1日本生命三宮駅前ビル11F 神戸三宮駅より徒歩1分
岡山オフィス岡山市北区下石井2-1-3岡山第一生命ビルディング14F岡山駅より徒歩9分
 広島オフィス広島県広島市中区基町11-10 合人社広島紙屋町ビル4階 紙屋町駅より徒歩1分
九州オフィス福岡県福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡13F 天神駅より徒歩2分

2. 面談前に準備すること

dodaの面談が決まってからしておくことや、当日の服装や持ち物についてまとめておきます。

面談は企業面接ほど力を入れる必要はありませんが、実りあるものとするために準備等はしっかり行いましょう。

2-1. 面談までにしておくこと

面談までにしておくべきことは、 履歴書と職務経歴書を提出しておくことです。

職務経歴書を持っていない方や新しく作りたい方は、dodaのレジュメビルダーを元に作りましょう。

レジュメビルダー』は流れに沿って入力していくだけでOKで、作ったものはWordやPDFでダウンロードできます。

dodaではさらに職種別・業種別に職務経歴書のサンプルを紹介しているので、職務経歴書をブラッシュアップさせたい方は参考にしてください。

参照:doda

別のテンプレートを使いたい方は、こちらのページ「転職成功にベストな職務経歴書フォーマット・テンプレート」 を参考にしてみてください。

2-2. 面談の服装

面談は私服でOKですが、サンダルや穴の空いたジーパン、ボサボサの頭や無精髭など、不潔さを感じるかもしれない格好は控えましょう。

もちろん、ビシッとスーツを着込んで行く必要もありませんが、清潔な格好を心がけるべきです。

悩むならオフィスカジュアルで行くのがおすすめです。

女性も同様に、オフィスカジュアルを意識すればOKです。

キャリアアドバイザーに悪印象を持たれてしまうような格好・言動は控えるようにしましょう。

面談の格好について詳しく知りたい方は、こちらのページ「これで失敗しない!転職エージェントの面談で着るべき服装の全知識」をご覧ください。

2-3. 面談に行く時の持ち物

当日に持っていくべき持ち物は次の4つです。

  • カバン
  • 職務経歴書と履歴書
  • 筆記用具
  • メモ帳

当日は求人票をもらうことになるはずなので、A4紙がおさまるカバンを持っていきましょう。

それと、職務経歴書と履歴書はウェブ上で提出していますが、書き方についてアドバイスをもらった時にメモができるので、別に持っていくのがおすすめです。

あとは、メモ帳を入れておけば十分です。

もし、他に持ち物の指定があるなら、忘れずに持っていきましょう。

2-4. 面談場所に行く時間

dodaの面談は、dodaの本社・支社で行われます。

面談のキャリアアドバイザーは多忙なはずなので、大体5〜10分前に行くようにしましょう。(あまり早すぎても迷惑になります)

面談の時間は基本的に30~90分ほどになります。

3. 実際の口コミ・評判

実際に上記のような面談を受けた方の口コミから、以下のような評判に分かれると分かりました。。

良い評判悪い評判
  • 面談時間を長く確保してくれる
  • 10~20社を厳選して紹介してくれる
  • キャリアアドバイザーが熱心・親身になってくれる
  • 面接対策などもしっかりある
  • キャリアアドバイザーに当たりはずれがある
  • 面談をしてくれない
  • 電話やメールの返信が雑

全体的に良い評判の数が多く、特に求職者に合った求人を厳選して紹介してくれる点は、他社よりも優れているという意見が多かったです。

これらを踏まえると、転職者にとっては使いやすいエージェントであると分かります。

しかし、中には面談日程調整の段階で不愉快な対応をされるなど、対応の悪いキャリアアドバイザーに当たってしまう場合もありました。

実際、どの転職エージェントにもキャリアアドバイザーの当たりはずれはあるので、アドバイザーを変更してもらうと良いでしょう。

次章ではこれらの評判を踏まえ、dodaの面談を成功させるための注意点を紹介していきます。

→5章「dodaの面談を受ける際の3つの注意点」にスキップ

3-1. 良い評判一覧

dodaの面談が良かった、という利用者の声を以下にまとめました。

面接対策とかと手厚かった

口コミ・評判

匿名
評価:★★★★★5
dodaは転職用の履歴書も作ってくれるし、数社ずつアプリで紹介してくれるし、面接対策とかと手厚かったよ〜!私は本当に転職して良かった

出典:Twitter

面談に時間をかけてくれる

口コミ・評判

匿名
評価:★★★★★5
・最初の面談に時間をかけてくれる(2時間)
・職務経歴書等もしっかり見てくれる

出典:Twitter

dodaはなかなか良かった

口コミ・評判

匿名
評価:★★★★☆4
dodaはなかなか良かったよ。
どこもそうだとは思うけど、今のスキルと希望からマッチする会社の提案、エントリーと面談までのサポートと仲介、不採用ならその理由も教えてくれる

出典:Twitter

電話対応が良かった

口コミ・評判

匿名
評価:★★★★☆4
今度の休みはdodaのエージェントと面談してきます!
電話対応が良かったので

出典:Twitter

とても丁寧に面談してくれた

口コミ・評判

匿名
評価:★★★★★5
dodaはアドバイザーさんにもよるのかもしれませんが、とても丁寧に面談してくださって個人的にはとても良いなと思ってます!

出典:Twitter

転職活動のベースを教えてくれる

口コミ・評判

E さん(20代後半)
はじめての転職活動でdodaに登録しましたが、正解でした。
転職活動の流れを説明してくれ、さらに、面談を乗り切る方法や、職務経歴書の書き方など、転職活動のベースを整えてくれました。
結局、別のサイトの求人を申し込んでしまいましたが、とても感謝しています。

キャリアアドバイザーが熱心

口コミ・評判

T さん(20代前半)
dodaのキャリアアドバイザーの方が気さくな方で、前の会社のことや転職したい理由を気兼ねなく話すことができました。
私はまだ転職するか迷っている段階でしたが、それでも熱心に話しを聞いてくれたのでとても嬉しかったです。

3-2. 悪い評判一覧

次に、dodaの面談を受けて悪い印象を持った利用者の声を紹介します。

だいぶ鬱陶しい

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
doda毎日何通も何通もめちゃくちゃメール送ってくるしエージェント面談の勧誘鬼電くるしだいぶ鬱陶しい

出典:Twitter

個別面談のお返事返してくれない

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
dodaさん全然個別面談のお返事返してくれないし希望条件じゃないオファー投げてくる なぜ

出典:Twitter

面談してくれない

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
dodaエージェント登録したけど紹介求人がないって面談してくれない

出典:Twitter

電話面談1回の電話でキャンセル

口コミ・評判

匿名
評価:★☆☆☆☆1
えっごめんdoda何様なん?無理やりエージェントサービス使わせようとしてきたくせに電話面談1回の電話でキャンセルとか。電話切って3分後にキャンセルのメール送ってくるとか、しかも掛け直したら再調整するとか、こっちだって暇じゃないからね?二度とdoda使わないわ

出典:Twitter

マニュアル通りな感じ

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
dodaとの面談終了
若い方でいろいろ理解不足な気がした
新卒からやってるのだろう
マニュアル通りな感じ
求人は要望を伝えていたのでハズレはなかったし、やりたいことは理解してもらえたと思う
ただ50・60社は多過ぎるかな
用意してたのを全渡しだった

出典:Twitter

4. デメリットを補うために、他の転職エージェントも登録しよう

前章で紹介したようにdodaには悪い評判もありますが、転職活動は豊富な求人に触れることが大切ですので、求人数が多いdodaには登録しておくことをおすすめします。

その上で、対応の良いコンサルタントがいる他のエージェントを併用してくことが効率的です。

そこで本章では、dodaと併用して利用すべきおすすめの転職エージェントをご紹介します。

まず、転職エージェントは、大きく2つに分かれます。

それぞれ紹介していきますので、自分に合っていそうな所を2~3社チェックしてみてください。

4-1. おすすめの総合転職エージェント

doda以外におすすめするのは以下の4社です。

  1. マイナビエージェント|1番おすすめな転職エージェント
  2. パソナキャリア|面倒見の良さに評判がある転職エージェント
  3. JACリクルートメント|キャリアに自信がある方に向けな転職エージェント
  4. リクルートエージェント|求人数が一番多い転職エージェント

この3社は、私が500人の口コミをチェックした最もおすすめの転職エージェントです。

それぞれ紹介しますが、特におすすめなのがパソナで、迷うならdodaと合わせてここに登録することがおすすめです。

マイナビエージェント

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

ただ、コロナによって若年層向けの求人数が大きく減ってしまったことから、口コミ評判もネガティブな内容が増えてきています(2020年10月現在)

そのため、いま利用するならば、求人数が豊富な大手、例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなどを優先したほうが賢い選択かもしれません。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

パソナキャリア

『パソナキャリア』は、手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方に特におすすめです。

運営元のパソナは人材派遣領域で業界最大手の企業であり、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実しています。また、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、サービス内容も多岐にわたります。

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.2」とリクルートエージェントに次ぐ実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの1社です。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1で、ハイキャリア案件については間違いなくトップレベルといえるでしょう。

キャリアや経験にある程度の自信がある方は、そのキャリアを活かすためにも必ず登録すべき1社です。

※年収600万円以上ない方だと、紹介してもらえない可能性があるので、その場合は『パソナキャリア』など、他の転職エージェントに相談しましょう。

JACリクルートメント公式サイト:
http://jac-recruitment.jp/

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビエージェント』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

4-2. おすすめの特化型転職エージェント

特化型の紹介を以下の表にまとめましたので、気になる業界・業種のエージェントはチェックしておきましょう。

※名前をクリックすると公式ページにリンクします。詳しく知りたい方は、解説サイトをご覧ください。

 おすすめエージェント業界別解説サイト
IT・Webエンジニア

レバテックキャリア

IT転職サイト・エージェントおすすめ11選
外資CAREERCARVER外資転職に強い転職エージェント15選
管理職エグゼクティブCAREERCARVERエグゼクティブ管理職に強い転職エージェント9選
海外ビズリーチ海外就職でも困らない!目的・国別の転職エージェント20選
第2新卒/フリーターリクルートエージェント第二新卒に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ13選
女性パソナキャリア女性向け転職エージェント9選|年代別にプロがおすすめ
アパレルクリーデンスアパレル業界の転職で使う価値あるエージェント14選と活用法
看護師看護roo看護師さん723人が選んだ転職サイトおすすめランキング
薬剤師薬キャリ薬剤師の転職サイト目的別おすすめ8選|15社を口コミ比較
介護きらケア介護転職に強い転職サイト・エージェントおすすめ14選
保育士保育ひろば保育士転職サイトおすすめ14選|目的別にプロが厳選!

5. dodaの面談を受ける際の3つの注意点

dodaは多くの転職希望者が利用しており、適当に受けたり、マナー違反をしたりすると、質の良い求人が紹介されないことが心配されます。

dodaの面談を有意義にするためのポイントを3つにまとめました。

  1. 転職活動への意欲を示す
  2. 就労継続に疑問を抱かれる情報は出さない
  3. お礼メールを送る

それぞれ紹介します。

5-1. 転職活動への意欲を示す

dodaはスタッフ一人一人が対応している人数が多く、50人以上を対応しています。

「とりあえず面談に来てみました」というような冷めた態度でいると「この人は熱心ではないんだな」と思われてしまい、求人紹介が適当にされてしまうことがあります。

「1ヶ月以内に決めたい」というように、明確な目標をしっかり伝えると、より仕事を紹介してもらいやすくなるはずです。

また、メモを取ったり積極的に質問するなどの真剣かつ誠実な姿勢を見せると、より好印象でしょう。

逆に、年下のキャリアアドバイザーに横柄な態度をとったり、真摯な態度を見せなかったりする方がいます。

これは社会人としてNGですし、キャリアアドバイザーに「この人の為に頑張ろう」と時間を割いてもらえなくなるので注意して下さい。

5-2. 就労継続に疑問を抱かれる情報は出さない

「実はウツ気味でして就職に迷っています」というように、あまりにネガティブな話しをしては仕事を紹介されづらくなってしまいます。

紹介した人がすぐに辞めてしまうと、転職エージェントは紹介料を返金することにもなるので、転職エージェント側にもリスクがあります。

嘘を言うのはダメですが、マイナスな情報をしゃべりすぎるのは決して良い結果にはならないので注意が必要です。

5-3. お礼メールを送る

面談をしてくれたキャリアアドバイザーにお礼のメールを送ると、相手に好印象を与え、それだけ仕事を紹介してもらいやすくなります。

このメールで、「○ヶ月以内に就職を目指すこと」「次の職場では1年以上続ける意思があること」など、転職への熱意を繰り返し強調するのもアリでしょう。

お礼メールは必須ではありませんが、転職活動に有効に活用できると思ったら、ぜひ送ってみてください。

6. 【FAQ】dodaの面談に関してよくある質問と回答

本章ででは、dodaの面談に関してよくある以下の質問に回答していきます。

では、詳しく見ていきましょう。

Q1. 面談は面接を兼ねているのでしょうか?

dodaの面談(キャリアカウンセリング)は、面接を兼ねるようなことは一切ありません。

出典:doda公式HP

あくまでも求職者にマッチする求人を紹介し、キャリアアドバイスを行う場です。

ただし、面談でdodaから紹介できる求人はないと判断された場合、利用を断られる可能性はあります。

Q2. サポート期間は決まっていますか?

dodaのサポート期間は3ヶ月です。

これは転職活動の期間が平均3ヶ月だからだそうです。

面接が進行中など延長可能な場合もありますが、できない場合は再登録という形になります。

Q3. 面談のキャンセルはできますか?

面談のキャンセルは当日でも可能ですが早めに連絡しましょう。

無断キャンセルは絶対にやめるべきです。

キャリアアドバイザーはあなたの就活のパートナーとなるわけで、パートナーを大事にしないなら、相手側もそれだけ対応は冷淡になってしまうはずです。

Q4. 応募をせかされた場合はどうすれば良いですか?

dodaはスタッフが多く、中には転職を急かしてくる人もいるようです。

その場合は、「この求人のここがイヤです」と理由をしっかり話して断るようにしましょう。

それでもし、求人を紹介されなくなるようなら、見限って他の転職エージェントに切り替えるようにするのがベストです。

転職は人生でも重要なイベントですから、後悔しないようによく考えて応募するようにしましょう。

Q5. 地方在住ですが、電話面談は可能ですか?

dodaでは、電話面談も受け付けています。

dodaの面談拠点は全国各地にありますが、それでもアクセスが難しい場合は電話面談を利用しましょう。

電話面談はあらかじめ決められた日時で行われます。

通常の対面での面談よりも時間が短い場合が多いので、あらかじめ何を質問・相談したいかをメモしておくと良いでしょう。

Q6. 面談を断られたのですが、どうしたら良いですか?

dodaの面談(キャリアカウンセリング)を断られる理由には、以下の4つが挙げられます。

  • 転職回数が多い
  • 年齢と経歴があっていない
  • 経歴が特殊である

dodaは対象とする年齢層も広く、取り扱っている求人の種類も豊富です。

しかし、あまりに年齢が高かったり、転職活動で売り込める強みが無い人には求人を紹介することはできません。

面談を一度断られても再挑戦することは可能ですが、登録情報にあまり変化がない場合結果は変わらないでしょう。

ですので、dodaの面談を断られた方には以下の対処法をおすすめしています。

  1. 専門エージェントなど、あなたに合った転職エージェントを利用する
  2. 転職サイトを利用する
  3. 最終手段:ハローワーク

dodaは扱う求人の幅が広い総合エージェントですが、「未経験転職に強い」「シニア世代の転職に強い」など、専門性を持つ転職エージェントは存在します。

特にキャリアが特殊な方や、キャリアに自信がない方は別の転職エージェントの利用を検討してみてください。

また、エージェントに利用をことわられた場合は、転職サイトから自力で企業に応募することも選択肢の1つでしょう。

doda以外のエージェントをお探しの方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Q7. 面談が無い場合もあるんですか?

対面の面談をしないで電話面談で対応される場合や面談が無い場合、dodaが「あなたに紹介できる求人が無い」と判断したということです

基本的に求職者には丁寧なヒアリングを行って求人紹介をするエージェントですので、面談をしてもらえない場合は別のエージェントを利用しましょう。

しかし、現在はコロナウイルスの影響で対面での面談をすべて電話面談にしています。(2020年11月時点)

ですので、電話面談であっても丁寧に対応してくれる場合はなにも問題はありません。

7. 関連記事

本章では、dodaに関連する記事をご紹介します。

dodaの特徴・サービスについて
dodaの評判について
転職エージェントについて

8. 終わりに

ここまで、dodaの面談について詳しくお話してきましたが、いかがでしたか

キャリアアドバイザーとの面談はこれからの就職活動の進み方を左右するものなので、嘘偽りなく自分の気持をはっきり伝え、今までの経験とこれからの展望を伝えてください。

そして、キャリアアドバイザーから求人をどんどん紹介してもらいたいなら、それだけの熱意を伝えるようにしましょう。

また、他社と併用することで円滑に転職を進めることができるため、以下から2~3社ほど登録するようにしましょう。

このページが、あなたの転職にお役に立てることをお祈りします。

あなたの転職エージェントの感想を教えてください

当サイトでは、皆さんの転職エージェントの評価・感想を募集しております。

下記のリンク先のページから、感想をご入力いただければ幸いです。ご協力お願いいたします。

評判を投稿する