騙されるな!利用前に絶対知るべき「リクナビNEXT」の注意点

「リクナビNEXTってどんなサービス?」「評判はどうなの?」など、リクナビNEXT(リクナビネクスト)はどうなのか気になりませんか?

リクナビNEXTは大手企業の安心できるサービスですが、登録前に知っておくべき注意点も存在します。

このページでは、実際に過去にリクナビNEXTを使って転職活動を経験した筆者が、下記の流れでリクナビNEXTについて徹底的に解説していきます。

  1. リクナビNEXTの利用前に絶対知っておくべきこと
  2. 転職サイトではリクナビNEXTがおすすめな理由
  3. その前に登録すべきおすすめ転職エージェント5選

正直、リクナビNEXTよりも優先して使うべき転職サービスがあります。このページを読めば、何を使って転職活動を始めればいいかわかり、転職の成功率がぐっと高まるでしょう。

リクナビNEXT 公式ページ:https://next.rikunabi.com/

1. リクナビNEXTの利用前に絶対知っておくべきこと

リクナビNEXTは人材業界最大手のリクルート社の転職サービスで、会員は700万人以上、転職者の約8割が使っているとされるサービスです。

圧倒的な知名度がありますが、利用前に絶対に知っておくべきことがあります。

それは、転職サービスには下記の2つのタイプがあり、「リクナビNEXT」は右側の自分で情報を集めて頑張るタイプ(以下、「転職サイト」)だということです。

担当者がサポートしてくれるタイプ(以下、「転職エージェント」)としてリクルート社には「リクルートエージェント」がありますが、この2つは180度違うサービスなので間違えないようにしましょう。

1-1. リクナビNEXTでは受けられない6つのサービス

リクルートエージェントをはじめとする「転職エージェント」で受けられて、リクナビNEXTでは受けられないサービスとしては下記の6つが存在します。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給与交渉

キャリア相談

転職エージェントでは登録すると、担当から連絡があり、面談になるケースが多いです。

そこでは、どんな業界を目指すか、何をアピールするかなど、転職の作戦を一緒に考えます。

リクナビNEXTではこれを自分で考えて転職活動をしなければいけないので、「これでいいのか」不安になることも多いです。

求人紹介

転職エージェントではキャリア面談の結果、あなたのスキルや経験にフィットしそうな求人を担当者が選んで紹介してくれます。

だからこそ、ネットに公開されていない「非公開求人」を社内のデータベースから引っ張って来て紹介してくれます。

非公開求人は、公にしたら、応募者が殺到してしまう案件や、極秘プロジェクトに関する案件など応募者にとっていい求人が多いです。

一方で、リクナビNEXTでは基本的にネット上に公開された求人をあなたが求人を検索しないといけません。

スカウトサービスがあるって聞いたけど…

リクナビNEXTにはスカウトサービス呼ばれる、企業や転職エージェントからスカウトが来るサービスがあります。

ただし、一回会ったあなたの担当者があなたのために探した求人とは違い、「条件の合う人みんなに送ってるんだろうな」という求人が多いので、よりあなたにフィットした求人を受け取れるのは転職エージェントです。

求人の数も全然違う。

リクナビNEXTの求人数は1万ちょっとですが、リクルートエージェントには非公開求人だけで、10万件以上求人があります。

引用:リクルートエージェント

大手転職エージェントであれば、このように大量の非公開求人を保有しているので、よりあなたにフィットした求人を見つけやすいです。

履歴書や職務経歴書の添削

転職の際は、履歴書や職務経歴書を提出することになりますが、転職エージェントでは添削などの支援をしてくれます。

しかし、リクナビNEXTではそういったサポートを受けられません。

引用:リクナビNEXT

リクナビNEXTには、上記のようにどうやって書けばいいのか?がまとまったページがありますが、やはりプロに添削してもらった方が、企業ウケする職務経歴書は書きやすいです。

面接対策

引用:リクナビNEXT

これも書類作成と同様で、リクナビNEXTはサイト内に上記のような役立つ情報が豊富にありますが、転職エージェントであれば模擬面接など、面接に通るためのサポートをしてくれます。

面接のセッティング/給与交渉

転職エージェントは下記のように面接日程の調整や内定後の条件交渉などを企業と行ってくれます。

普段の業務とこれらを並行して行うのは意外に大変ですが、リクナビNEXT経由での応募の場合、自分でしなければならないことを理解しておきましょう。

1-2. そのため転職サービスは、こうやって選んでいこう

以上を踏まえ、転職エージェントの方が転職がうまくいきやすく、また手間も少なくなるので、まずは転職エージェントの利用がおすすめです。

ちなみに、リクルート社も下記のように、転職エージェントを使ったほうが効率的と明記しています。

ただし、担当者によっても当たり外れはあるので、2~3社を使い、「担当者が悪い」「全くサポート・紹介をしてもらえない」など満足できなさそうなら転職サイトであるリクナビに登録しましょう。

後ほど解説して行きますが、「自分で情報を集めて頑張るタイプ」であればリクナビNEXTは最もおすすめのサービスです。

また、後ほど転職エージェントについてもおすすめを紹介していきますが、下記の5社が上から順におすすめです。

  1. doda: http://doda.jp/
  2. パソナキャリア: http://www.pasonacareer.jp/
  3. マイナビエージェント:  https://mynavi-agent.jp/
  4. JACリクルートメント: http://www.jac-recruitment.jp/
  5. リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/

リクルート社のリクルートエージェントもいいサービスの1つですが、「転職エージェントおすすめランキング|500人の評判比較!」でアンケートをとった結果、5番目という結果です。

2. 転職サイトではリクナビNEXTがおすすめな理由

自分で情報を集めて頑張るタイプ」の転職サイトであればリクナビNEXTはもっともおすすめで、リクナビNEXTさえ登録すれば、他の転職サイトは必要ないケースも多いです。

おすすめな理由としては、下記の3つです。

  • 求人数が多い
  • グッドポイント診断で強みが診断できる
  • サイトやアプリの使い勝手もいい

2-1. 求人数が多い

リクナビネクストには現在10,000件以上の求人があり、85%がリクナビ限定求人で、圧倒的に求人の数は多いです。

大手転職サイトの4社と地域別に求人数を比べてみると、下記のような傾向になっていて、リクナビNEXTはどのエリアでも求人数が1位or2位でした。

マイナビ転職も良さそうだけど…

マイナビ転職も確かに求人数が多く、リクナビネクストを上回る地域もあります。

しかしながら、「新着求人」というところで着目すると、下記のようにリクナビNEXTが圧倒的に多く、リクナビNEXTには常に鮮度の高い求人が豊富にあると言えます。

実際、下記のように、求人に満足できたという人はたくさんいます。

「求人数が多い」という口コミ

口コミ・評判

営業・20代後半・年収400万台
『リクナビNEXT』利用者の口コミ
なんとなく「エン転職」を使ってみてたのですが、自分にあう求人がないなと…
そこで、就活時代お世話になった「リクナビネクスト」ものぞいてみたら、全然求人数多いじゃんってなりました笑
なんとなくのイメージで転職サイトを決めてはダメなんですね…

2-2. グッドポイント診断で強みが診断できる

口コミ・評判

企画・20代後半・年収400万台
『リクナビNEXT』利用者の口コミ
転職活動を始めたときに、何からやればいいかわからず、友達に薦められてグッドポイント診断してみました。
就職活動のときにやったSPIみたいな感じで、30分くらいで自分の強みが驚くほどわかりました!
職務経歴書や履歴書の自己PRなどは、そのままコメントを使って書けてすごく楽でした!

グッドポイント診断」とは、「リクナビNext」内にある会員限定の自己分析ツールです。選択形式の質問に答えていくと、自分では気づかない特徴や言語化できない強みを見つけてくれます。

自己分析・職務経歴書といった転職活動を進める中で、「自分の強みや自己PRってなんだろう?」と悩むと思います。

その際に、グッドポイント診断は、深層心理に潜む「あなたらしい強み」を発見することができるツールであり、『リクナビNext』に登録すると誰でも無料で受検することが可能です。

詳しい使い方は、下記のリンクを参考にしてみてください。

2-3. サイトやアプリの使い勝手もいい

口コミ・評判

事務・30代前半・年収300万台
『リクナビNEXT』利用者の口コミ
リクナビNEXTのいいところは、サイトがシンプルで使いやすいところだと思います。
いくつか転職サイトを使ってみて、サイトによっては画面がごちゃごちゃしててすごく使いづらい!
あと、自分にあった求人をメールで伝えてくれる機能も、帰り道とかでわかるし便利かな。

「サイトの操作性」「求人情報の見やすさ」「スカウト機能」の3つが優れているため、転職サイトとして非常に使いやすいです。

「サイトの操作性」に関しては、さすがITに強い企業のリクルートだけあり、シンプルでストレスなく直感的に操作が可能です。

「求人情報の見やすさ」に関しては、どの企業にするか検討する際に必要な情報の量・質が高いということです。例えば、実際に社員にインタビューした情報なども見ることができます。

リクナビNEXT 取材

最後に「スカウト機能」に関してですが、事前にあなたの職務経歴書や経歴などを登録することによって、その情報をみた企業やエージェントから直接オファーが届きます。

この機能には下記の2つのような優れた点があるので、面倒くさがりな人には嬉しいですね。

  • オファーを受けた企業からは書類選考がないことがある
  • リクナビNEXT内に掲載のない非公開の案件のオファーを受けることができる

いまの勤務先や取引先などにバレるのを防止する「企業ブロック機能」もあるので安心です。

以前まではオファーの形に合わせて、下記の3つの種類のオファーに分けられていました。

  • オープンオファー
  • プライベートオファー
  • 興味通知オファー

しかし、いまは統一されて「オファー」1つだけです。

ただ、送り主が企業なのか、転職エージェントなのかわかりにくいことがありますので、送り主はしっかり確認しましょう。

アプリも使い勝手抜群!

リクナビNEXTにはアプリも出ていて、使い勝手は抜群です。

アプリを使えば、通勤時間などの隙間時間で転職活動ができます。

3. その前に登録すべきおすすめ転職エージェント5選

リクナビNEXTに登録すべき前に転職エージェントに2~3社登録するようにしましょう。

転職エージェントは山ほどありますが、選ぶときに注意すべきポイントは下記の3つです。

  • 求人の質・量|いい求人を保有しているか
  • 提案力|あなたの人生を豊かにする提案をしてくれるか
  • サポート|面接・書類対策などを手厚く行ってくれるか

この3つの軸を使い、「転職エージェントおすすめランキング|500人の評判比較!」の記事で500人の評判を元にランキング化しましたが、おすすめ順に並べると、下記の通りになります。

全て無料で、カウンセリングから内定後の手続きまで行ってくれるので、2~3社登録し比べてみましょう。

3-1. doda|業界最大級のエージェントで、求人の質・量ともに申し分ない

スクリーンショット 2016-07-31 23.55.58

doda』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

手厚いカウンセリングを始め、職務経歴書・面接対策といった実践的なサポートが素晴らしいと評判ですので転職を考える全ての方におすすめです。

doda公式サイト:http://doda.jp/

※dodaは派遣もサービスとして扱っており、正社員転職を目指していたのに、知らずのうちに派遣社員の面接を受けていた…という事例も時々ありますから、登録先には十分に注意しましょう。

3-2. パソナキャリア|特に親身に相談に乗ってくれる1社

パソナキャリア

パソナキャリア』は、手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。

実際に、我々が500人を対象にした転職エージェントの評判に関するアンケートでも、サポート体制の評価はNo.1と親身な転職者サポートを実現しているようです。

具体的には、下記のような口コミが多数見受けられ、転職しようか悩んでいる方から、転職が不安な方まで多くの方におすすめのサービスです。

  • 親身に転職相談にのってくれる
  • 誰に対しても履歴書・職務経歴書添削・面接対策などのサポート体制が丁寧

パソナキャリア公式サイト:http://www.pasonacareer.jp/

※パソナは派遣もサービスとして扱っており、正社員転職を目指していたのに、知らずのうちに派遣社員の面接を受けていた…という事例も時々ありますから、登録先には十分に注意しましょう。

3-3. マイナビエージェント|20代の方におすすめの1社

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54
マイナビエージェント』は、中小企業の案件にも強い大手エージェントです。

それぞれの業界の基礎知識や、面接対策、履歴書の添削など、つまづきがちなポイントについて個別にアドバイスをくれますので、転職を考え始めた段階で必ず登録しておきたいエージェントです。

特に20代向けの案件が多いので、20代の方は必ず登録したい一社です。

マイナビエージェント公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

※マイナビも派遣などもサービスとして扱っており、正社員転職を目指していたのに、知らあずのうちに派遣社員の面接を受けていた…という事例も時々ありますから、登録先には十分に注意しましょう。

3-4. JACリクルートメント|キャリアに自信があれば使うべき1社

スクリーンショット 2015-10-11 20.58.42

JACリクルートメント』は、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1で、ハイキャリア案件については間違いなくトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの役職や技術系のスペシャリスト求人に関して強みを発揮します。

キャリアや経験にある程度の自信がある方は、そのキャリアを活かすためにも必ず登録すべき1社です。

JACリクルートメント公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/

3-5. リクルートエージェント|業界大手、担当に差があるのが懸念

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、リクナビNEXTと同じリクルートキャリアの運営する転職サイトです。

担当者によってサービスの質に差があったり、やや安定感に欠けます。

取り扱い案件が多いため、案件の取りこぼしを防ぐために登録は必須ですが、『リクルートエージェント』一社での転職活動はおすすめしません。

必ず『doda』『パソナキャリア』『マイナビ』『JAC』など他の転職エージェントとの組み合わせて使うようにしましょう。

リクルートエージェント公式サイト:https://www.r-agent.com/

※リクルートも派遣などもサービスとして扱っており、正社員転職を目指していたのに、知らあずのうちに派遣社員の面接を受けていた…という事例も時々ありますから、登録先には十分に注意しましょう。

リクナビNEXT基本データ

運営会社株式会社リクルートキャリア
会員数約786万人
公開求人数約1万件
新規会員登録数約3万人以上/週
利用料金無料

そのほかにリクルートにはどんな転職サービスがあるの?

リクナビNEXT、リクルートエージェント以外に様々な転職支援サービスがリクルートには存在します。

  • 就職Shop:20代向けの就職、転職支援サービス
  • CAREER CARVER(キャリア カーバー):ハイキャリア向けヘッドハンティングサービス
  • リクナビ薬剤師:薬剤師向け大手転職サイト
  • ナースフル:看護師向け大手転職サイト
  • リクナビ派遣:派遣の求人情報サイト

大手のサービスで、使って後悔する可能性は低いです。あなたの希望に合わせて、使っていきましょう。

4. まとめ

リクナビNEXTについて紹介してきましたがいかがでしたか?

リクナビネクストは、求人数も多く、間違いなくおすすめできるサービスですが、転職エージェントのようにサポートをしてもらえないことが致命的です。

そのため、まずは下記のように転職エージェントに2~3社登録し、頼れるところを探すところから始めましょう。

転職エージェントでおすすめなのは下記の5社で、上からおすすめ順に並んでいます。

これらを2~3社試した上で、「思うようなサポートを受けられない」という方は「リクナビNEXT」に登録するようにしましょう。

このページを参考にあなたがベストなサービスを選べることを心から祈っています。