ストレスのない仕事ランキングTOP15| 正社員で安定&楽な職種

ストレスのない仕事
  • とにかくストレスのない仕事をしたい
  • 自分でもできる体力的・精神的に楽な仕事はないだろうか

と悩んでいませんか?

ストレスを抱えることのない体力的・精神的に楽な仕事は多数存在します。

正しい職種・仕事選びの方法を知ることで、余計なストレスを抱えることなく、仕事をすることができるようになるでしょう。

この記事では、キャリアコンサルタントとして数多くの転職をサポートしてきた私が、ストレスを抱えにくい傾向にある仕事を、厳選してランキング形式でまとめました。

  1. ストレスのない仕事ランキングTOP15
  2. 【タイプ別】ストレスのない仕事の選び方
  3. ストレスのない仕事を見つける5つのポイント
  4. ストレスのない仕事を探すなら!登録しておきたい転職エージェント
  5. 転職エージェントをより効果的に利用する7ポイント
  6. 【図解】転職エージェント利用の流れ

すべて読めば、ストレスのない仕事の具体的な職種が分かり、転職への第一歩を踏み出すことができるでしょう。

転職や退職の方法に迷うすべての方へ

転職や退職の方法に関する悩みは、それぞれの分野のプロフェッショナルに頼るのも有用です。

以下にアドバイス・ノウハウ提供に長けた転職エージェント口コミ評判の良い退職代行サービスをまとめました。

次の職場探しや転職ノウハウに悩む方は、担当者のアドバイス力(企業選びのアドバイス・提案)や選考対策サポート力(履歴書・職務経歴書の添削や面接対策・模擬面接など)の評判が良い転職エージェントがおすすめです。

実際に利用した人の口コミ・評判でアドバイス・サポート力への満足度が高い2つの転職エージェントを厳選しました。

左右にスクロールできます。

おすすめ転職サイト口コミ満足度公開求人数おすすめポイント
リクルートエージェント1位:リクルートエージェント

4.3点

約33.7万件 (+非公開求人約27.7万件)
  • 編集部が全世代・業種におすすめする転職エージェント
  • 合計約59万件の圧倒的求人数!
  • 各業界専門のアドバイザーが提供する抜群のサポート
doda ロゴ2位:dodaエージェント

4.0点

約17.9万件
  • CMでおなじみの大手転職エージェント
  • 業種・職種・地域を問わず豊富な求人数
  • 書類添削・面接対策が好評

〔求人数〕2023年1月5日時点

 

退職代行サービスを選ぶ上では、弁護士事務所運営など適法・適正に代行してくれるサービスを選ぶことが大切です。

口コミ評判の良い退職代行サービスのなかから、特に安心して退職手続きを任せられるサービスを2つ厳選しました。

左右にスクロールできます。

おすすめ退職代行口コミ満足度料金おすすめポイント
弁護士法人みやびの退職代行サービス1位:弁護士法人みやび退職代行サービス

4.9点

55,000円 (税込)
  • 安心の弁護士事務所運営サービス
  • 未払い賃金などトラブルになれば弁護士が代理してくれる
  • LINE・メールで無料相談可!
退職代行jobs2位:退職代行Jobs

4.7点

27,000円~ (税込)
  • 弁護士監修・労組連携の退職代行
  • 交渉ごとになれば労働組合が肩代わりしてくれる(団体交渉)
  • 退職できなければ全額返金

〔料金・情報〕2023年1月20日時点

1. ストレスのない仕事ランキングTOP15

この記事では、以下の3点を基準に、ストレスのない仕事をピックアップしました。

ストレスのない仕事の選定基準

  • 体力的な負担が少ない
  • 精神的な負担が少ない
  • コミュニケーションを取る機会が少ない

さらに、「正社員としても働きやすい」「業務内容が楽」という点も加味した上で、その結果をランキング形式でまとめたものが、以下になります。

1位事務職
2位工場作業
3位警備員
4位社内SE
5位ドライバー
6位ライター
7位ルート営業
8位農業
9位清掃員
10位データ入力
11位地方公務員
12位倉庫作業・ピッキング
13位図書館司書
14位ビルメンテナンス(ビル管理)
15位インストラクター(講師業)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

※現段階で転職を検討している方は『ストレスのない仕事を探すなら!登録しておきたい転職エージェント』を参考にしてください。

1位.事務職

事務職は、ストレスのない仕事の代表例です。

デスクワークがメインであり、体力を要することは基本的にありません。

時間内にタスクをこなさなければなりませんが、ノルマや納期に追われることもないでしょう。

とはいえ、その負担の少なさから、人気の職種の一つですので、求人によっては競争率が上がってしまうことがあります。

その場合、オフィスワークに関する資格や就業経験があると、採用確率は高くなるでしょう。

2位.工場作業

工場内で、ライン作業やピッキング作業に従事します。

一人で黙々と取り組める仕事が多く、不特定多数とのコミュニケーションも発生しません。

人間関係に気を配りながら働くことに、苦手意識を持つ方に最適です。

業務内容もシンプルで、ノルマや成果を求められることもほとんどありません。

ルーティンワークが苦にならないのであれば、適職であると言えるでしょう。

3位.警備員

施設の監視・巡回・点検などを行う仕事です。

たいていの場合、一人か少人数体制で業務にあたります。

とはいえ、快活なコミュニケーションが必要とされるシーンはほとんどないので、人間関係のストレスから解放されて働きたいという方にはぴったりと言えるでしょう。

4位.社内SE

社内SEは、ITスキルを持つ人におすすめの職種です。

自社内のシステムの開発・運用を行います。

クライアントワークはほとんどなく、納期に追われることもありません。

SE(システムエンジニア)は負担の大きいブラックな職種と言われがちですが、社内SEはむしろ、精神的に楽な職種であると言えるでしょう。

ただ、社内SEの採用枠は少ない傾向にあり、かつ経験のある技術者が求められやすいため、就業のハードルは高くなります。

5位.ドライバー

トラックやタクシーのドライバーは、基本的に一人だけの空間で働くことになります。

雑談やコミュニケーションが発生することもほとんどありません。

運転が好きな方であれば、気苦労がない職種です。

ストレス解消のために普段からドライブをすることが多いという方にとっては、ぴったりな仕事と言えるでしょう。

休憩時間を自由に取れることも、魅力的です。

6位.ライター

ライターは、一人で黙々と作業ができる仕事の代表例です。

紙媒体のライターは参入障壁がやや高いですが、WEBサイトの記事を作成する「WEBライター」は、誰でも手軽に始めやすいという特徴があります。

たいていの場合、企業が作成したマニュアルに沿って文章を書いていくため、特に難しいスキルは必要ありません。

WEBライターであれば、パソコンとインターネット環境さえあれば取り組むことが可能です。

フリーランスとして独立して在宅で仕事ができるようになれば、人と接することはほとんどありません。

WEBライターは副業として始めることもできるので、まずは今の仕事を続けながら、空いた時間に試しに取り組んでみるのも良いでしょう。

7位.ルート営業

ルート営業は、意外にもストレスが溜まりにくい仕事の一つです。

すでに決まった取引先を周り、ヒアリングをしたり、新たなサービスの提案を行ったりします。

営業職というと、ノルマに追われたり、不特定多数の顧客とのコミュニケーションを取って売り込みをしなければならなかったりといったイメージをお持ちの方も多いでしょう。

しかし、ルート営業の場合、取引先は基本的に固定されているため、「営業電話を延々とかけ続ける」「初対面の相手に売り込みをする」といったような精神的なきつさもそれほどありません。

ノルマはありますが、固定顧客を相手にするため、一般営業ほどは厳しくないところがほとんどです。

8位.農業

対人関係のストレスを抱えることなく、仕事がしたいという方には、農業がおすすめです。

黙々と目の前の作業に没頭できます。

特に「屋内でじっとしているのが苦手」「デスクワークは性格的に不向き」という方におすすめです。

ただ、非常に体力を要する仕事であるという点は理解しておきましょう。

9位.清掃員

清掃員は、黙々と作業に打ち込める仕事の一つです。

作業は基本的に一人で行い、社内外の人と会話をすることもほとんどありません。

雇用形態問わず就業のハードルが低い傾向にあるため、「とにかく今すぐ人と関わらずに済む仕事に就きたい」という方にとっては、最適と言えるでしょう。

またこちらも、適度に体を動かす仕事であるため、デスクワークや工場作業のような仕事が苦手という方におすすめです。

10位.データ入力

パソコンや専用端末に、データを入力する仕事です。

デスクワークであり、かつ一人で黙々と作業をする仕事のため、体力的・精神的な負担はほとんどありません。

コツコツと作業をするのが好きな人に向いていると言えるでしょう。

また、スキルや経験がなくても、文字入力が可能であれば問題なく業務に取り組めるという点も、魅力の一つです。

11位.地方公務員

都道府県・市町村の役所で働く地方公務員は、比較的ストレスが少ない傾向にあります。

基本的にはデスクワークがメインであり、ノルマもありません。

また雇用面で安定しているという点も大きな魅力です。

とはいえ、公務員の労働環境は、役所や部署によって異なります。

一概にストレスがないとは言い切れないので、注意が必要です。

12位.倉庫作業・ピッキング

倉庫内で、荷下ろしやピッキング、仕分けを行う仕事です。

担当する作業内容は、職場によって異なりますが、いずれも基本的に一人で黙々と作業を行うことになります。

「接客やデスクワークが苦手」「人と会話すること自体にストレスを感じる」という方にとっては、メリットの大きい仕事と言えるでしょう。

ただし、正社員として働く場合は、現場スタッフを統括する役割を担うこともあります。

13位.図書館司書

図書館司書も、ストレスがない仕事の代表例です。

本の貸し出しや返却手続き、配架、書架の整理などを行います。

図書館によっては、整理する本が膨大であったり、利用者とのコミュニケーションが発生したりすることもありますが、基本的に室内の静かな環境で働くことができ、作業に追われるようなこともないので、体力的・精神的には負担の少ない仕事と言えます。

14位.ビルメンテナンス(ビル管理)

建物に異常がないか点検・保守を行う仕事です。

一人で作業を行うことが多く、対人コミュニケーションもほとんど発生しません。

必須資格はありませんが、以下の資格を持っておくと、採用されやすくなるでしょう。

・第二種電気工事士
・第三種冷凍機械責任者
・危険物取扱者乙種第4類
・二級ボイラー技士

15位.インストラクター(講師業)

専門知識や技術を教える仕事です。

「自分の好きなこと・得意なことを仕事にできる」という点で、ストレスがない仕事の一つと言えるでしょう。

インストラクターの例

  • ヨガ、エアロビ
  • 英会話
  • プログラミング
  • パソコン

社会人を対象にした教室の場合、やや高い専門性を求められることがあります。

その一方、子供向けの教室であれば、難易度の高い技能を求められることは少ないでしょう。

2. 【タイプ別】ストレスのない仕事の選び方

ストレスのない仕事の選び方をタイプ別にまとめました。

  1. 体力的な負担をストレスに感じやすい人
  2. 精神的な負担をストレスに感じやすい人
  3. 仕事自体の優先度が低い人

どのような基準で仕事を選ぶべきか分からないという方は、確認しておきましょう。

【重要】自分がどんなことをストレスに感じるのかを把握する

仕事を選ぶ際は、まず「自分がどんなことをストレスに感じるのか」を把握しましょう。

その結果次第で、仕事を選ぶ基準は異なります。

これまで自分がどのような局面でストレスを感じることが多かったのか、一度これまでの職務経歴を振り返ってみてください。

2-1. 体力的な負担をストレスに感じやすい人

体力的な負担をストレスに感じやすい人は、以下の基準で仕事を選びましょう。

  1. デスクワークの仕事を選ぶ
  2. 人手不足でない職場を選ぶ

(1). デスクワークの仕事を選ぶ

体力に自信のない方は、デスクワークの仕事を選ぶことをおすすめします。

たいていの場合は、パソコンを用いた仕事がメインとなるでしょう。

パソコンの基本的な操作が可能なのであれば、コールセンターやデータ入力、事務など、体力的な負担の少ない仕事を選ぶことができます

専門的な技能があればIT・WEB系の職種に就くことも可能です。

(2). 人手不足でない職場を選ぶ

仕事選びは職種だけに注目するのではなく、人手不足でない職場かどうか、という視点も重要です。

どれほど業務内容が楽な仕事でも、人手が足りない環境で働く場合、「残業が増える」「一人当たりの負担が大きくなる」など、ストレスが溜まりやすくなるためです。

ギリギリの人数でなんとか成立しているような職場は、なるべく選ばないようにしましょう。

2-2. 精神的な負担をストレスに感じやすい人

精神的な負担をストレスに感じやすい人は、以下の基準で仕事を選びましょう。

  1. 接客がない仕事を選ぶ
  2. ノルマ・納期がない仕事を選ぶ
  3. 社内コミュニケーションが少ない職場を選ぶ
  4. 職場の人間関係が良好な職場を選ぶ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1). 接客がない仕事を選ぶ

精神的な負担の多くは、仕事上のコミュニケーションが原因となって発生します。

特に不特定多数の顧客との接客が必要な仕事は、気苦労が多く、メンタルへのダメージも大きくなります。

クレーム対応など、他者からのネガティブな感情を一身に浴びるような職種は避けた方が良いでしょう。

(2).ノルマ・納期がない仕事を選ぶ

ノルマや納期に追われる仕事は、常にプレッシャーとの戦いです。

成果が好調の場合は問題ないかもしれませんが、ひとたびノルマに達成できないとなると、過度な精神的ストレスを抱えてしまうことになります。

周囲の社員もノルマに追われるようになれば、社内全体の空気が悪くなり、常に張りつめた空気が漂うことになるでしょう。

プレッシャーを感じやすい方は、なるべくノルマや納期のない仕事を選びましょう。

(3).社内コミュニケーションが少ない職場を選ぶ

コミュニケーションから生じるストレスは、社内の同僚や上司とのやり取りも原因の一つとなり得ます。

例えば「常に上司の顔色をうかがわなければならない」「職場での付き合いやイベントが多すぎる」などは、人間関係の悩みに直結しやすいでしょう。

なるべく目の前の業務に黙々と取り組みたいという方は、できるだけ社内コミュニケーションが少ない会社を選びましょう。

(4). 職場の人間関係が良好な職場を選ぶ

職場の人間関係は、メンタル面の安定に大きく影響します。

人間関係が良好で、快活な職場であれば、柔軟なコミュニケーションが取れ、ストレスなく業務を遂行できるでしょう。

しかしながら、

  • ハラスメントが横行している
  • 常に誰かの怒号が飛び交っている
  • 面倒な派閥争いが勃発している
  • 常に誰かの悪口を言い合っている

など雰囲気の悪い職場の場合、いくら職種が自分に合っていても、余計なストレスを溜め込んでしまうことになります。

入社・就業前の段階で、社内の雰囲気を見ておくことをおすすめします。

2-3. 仕事自体の優先度が低い人

「仕事はあくまで生活費を稼ぐための手段」「キャリア・スキルアップなどはそれほど重要視していない」という方は、以下の基準で仕事を選びましょう。

  1. 年間休日が多い・完全週休二日制の仕事を選ぶ
  2. 残業が少なく定時で帰りやすい職場を選ぶ

(1). 年間休日が多い・完全週休二日制の仕事を選ぶ

仕事よりもその他のことを優先したいという方は、まず「年間休日が多い仕事」を選ぶことが大切です。

そのためにも、完全週休二日制の仕事に絞って仕事を探してみましょう。

土日祝日が休みの場合、年間休日はおよそ120日になります。

独自の休日を設けている会社であれば、さらに休みは多くなります。

仕事そのものの優先度が低い方は、年間休日120日を目安に考えておきましょう。

(2). 残業が少なく定時で帰りやすい職場を選ぶ

残業が少なく定時で帰りやすいかどうか、も重要な指標の一つです。

多少仕事内容はきつくても、定時ちょうどに帰宅できるのであれば、精神的にも楽になります。

仕事帰りに充実したプライベートの時間を過ごすことができれば、ストレス発散にもなるでしょう。

一方、どれほど楽な仕事をしていたとしても、慢性的に残業が続くようであれば、決してストレスが少ない仕事とは言えません。

入社前の段階で、平均の残業時間なども、できれば聞いておくべきでしょう。

3.ストレスのない仕事を見つける5つのポイント

ストレスのない仕事を見つけるためには、以下の5点を意識しておきましょう。

  1. 希望条件・優先順位を決める
  2. 求人情報・会社のホームページを細部までチェックする
  3. ネット上の口コミや評判をできるだけ集めておく
  4. 離職率をチェックする
  5. 気になることは事前に全て質問しておく

それぞれ詳しく見ていきましょう。

3-1. 希望条件・優先順位を決める

まずはじめに、希望条件を明確にすることが大切です。

「なんとなく楽そうな仕事がしたい」のような漠然とした条件では、職場・仕事選びに失敗する可能性があります。

これまで自分がどのような局面でストレスを感じることが多かったのか、一度これまでの職務経歴を振り返ってみましょう。

「自分は人間関係で悩まされやすい」「プライベートの時間を取れなかったことがストレスにつながった」などの、傾向が見えてきます。

希望条件も、より具体的なものになってくるでしょう。

希望条件が複数あるならば、その中で優先順位を付けておきましょう。

3-2. 求人情報・会社のホームページを細部までチェックする

気になる求人があったならば、求人情報の内容すべてに目を通すことはもちろん、できれば会社のホームページまでチェックしておきましょう。

企業によっては、自社サイトに採用ページを設けていることもあります。

社内の雰囲気や、より具体的な仕事内容、社風や理念、考え方などを把握することができるでしょう。

3-3. ネット上の口コミや評判をできるだけ集めておく

求人にエントリーする前の段階で、ネット上の口コミや評判をできるだけ集めておくのもおすすめです。

もちろん、匿名で書き込まれるネット上の口コミは信憑性にかけるものもあるため、すべてを鵜吞みにすることは危険です。

しかしながら、職場環境に何かしらの根本的な問題がある場合などは、同様の口コミが多数寄せられていることも多いため、評判を調べておくだけで、事前にストレスがかかりそうな職場を避けることもできます。

あくまで参考程度と考えた上で、『転職会議』『OpenWork』、各種SNSなどを利用し、実際に働いたことがある人の声を集めてみましょう。

3-4. 離職率をチェックする

可能であれば、職場の離職率をチェックしておくことも推奨します。

労働環境や人間関係に問題のある会社は、人材が長く定着しないため、離職率が高くなる傾向にあります。こちらもストレスのある職場を見極める際の参考になるでしょう。

離職率は、『就職四季報(採用実績や有休取得状況、採用実績校や業績といった会社の実情についての情報をまとめたもの)』を通して確認することができます。

また企業の採用担当者に直接聞くという方法もあります。

ただ、採用担当者からの印象が悪くなってしまう可能性も否定できませんので、内定獲得後に質問してみることをおすすめします。

3-5.気になることは事前に全て質問しておく

ストレスのない仕事・職場で働くならば、気になることは事前に全て質問し、疑問を解消しておくべきでしょう。

特に「体力的な負担はどうか」「平均の残業時間はどのくらいか」といった情報は、求人から読み取ることができないため、確認し損ねた場合、入社後に「こんなはずではなかった」と後悔してしまいやすくなります。

気になることを解消しないまま入社してしまうと、ストレスを抱えながら働くリスクは高くなります。

とはいえ、残業の有無などを直接質問するというのは、現実的に考えて難しい場合も多いでしょう。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを利用して転職活動を行うことです。

転職エージェントを活用すれば、ストレスのない仕事・職場を見極めることができる

ストレスのない仕事を探すなら、「転職エージェント」に相談するのも、効果的な方法です。

転職エージェントとは

一般的な求人サイトと異なり、求職者一人に対してキャリアコンサルタントが担当し、転職活動をサポートしてくれるサービスです。

求人の紹介から、面接対策まで、転職活動を総合的に支援してくれます。

転職エージェントは、「職場の雰囲気」や「人間関係」「労働環境」など、一般的に公開されていないような内部の情報を熟知しています。

そのため「実際のところ、どんな雰囲気なのか」「不特定多数とのコミュニケーションは発生しないか」といった点を、事前に知ることが可能となるのです。

また、転職エージェントは、あなたの悩みをもとに最適な提案をしてくれる、いわば転職のプロです。

「自分でもできるストレスのない仕事はあるのだろうか」という相談から丁寧に対応してくれます。

「今すぐ転職するつもりはない」方は相談サービスを活用するのもおすすめ

転職エージェントは直近での転職を考えている方向けですが、そうでない方は、全く別のキャリア相談サービスを活用してみるのもおすすめです。

たとえば以下は、キャリアの専門家に無料で話を聞いてもらえるサービスで、「ひとまず話を聞いてほしい」といったニーズに応えてくれます。

kakedas | キャリア・職場の悩み相談ができるサービス

kaedas

kakedas』は、職場の人間関係からキャリアプランまで、仕事に関する悩みをコンサルタント(ビジネスキャリアの専門家)に無料で相談できるサービスです。

相談内容は「ストレスが溜まってしんどいが、どうすればいいか分からない」など漠然としたものでも構いません。

転職を前提としたエージェントサービスと異なり、kakedasは転職するつもりがなくても気軽に利用できます。

「気軽に相談できる人が身近に居ない」「将来についてキャリアのプロに相談したい」という方におすすめです。

※本格的に転職を検討している方は、次章で紹介する転職エージェントを活用してみてください。

4.ストレスのない仕事を探すなら!登録しておきたい転職エージェント

「ストレスを抱えることなくできる仕事を見つけたい」という方に向けて、以下の点を基準におすすめの転職エージェントを厳選しました。

転職エージェントの選定基準

  1. 求人数:求人の数は豊富かどうか
  2. 提案力:求職者にぴったりの提案をしてくれるかどうか
  3. サポート体制:コンサルタントからの手厚いサポートを受けられるかどうか

その結果、おすすめの転職エージェントは以下の通りとなりました。

転職エージェント求人数提案力サポート体制
1位.マイナビエージェント
約5万8,000件

4.1

4.3
2位.dodaエージェント
約13万 件

3.9

3.8
3位.リクルートエージェント
約31万件

3.6

3.5
4位.パソナキャリア
約36,000件

3.8

3.9
5位.type転職エージェント

約2万2,000

3.6

3.6

それぞれ詳しく説明します。

マイナビエージェント | 初めての転職に強く20代実績No.1

マイナビ IT AGENT』は、丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

求人数だけではリクルートやdodaといった大手ほどではありませんが、首都圏の20代に焦点を当てれば1番の満足度(4.2/5.0点)を誇ります。

そのため、求人数が豊富な大手(例えば、『リクルートエージェント』や『dodaエージェント』など)と併用することをおすすめします。

 

dodaエージェント | 求人の質・転職サポートが評判

doda

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

 

リクルートエージェント | 求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、求人数No.1の総合転職エージェントです

公開求人は246,844件、登録者のみ閲覧できる「非公開求人」を合わせると531,368件の求人を扱っています。

業界最大の転職支援実績があり(厚労省「人材サービス総合サイト」より2019年実績)、サポートも充実しているので、転職を検討しているなら必ず登録すべき1社です。

転職成功率を上げるには、求人数No.2の『dodaエージェント』や、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』を併用すると良いでしょう。

◆補足:リクルートが運営している関連サービス

 

パソナキャリア | サポート充実で満足度No.1

パソナキャリア

パソナキャリア』は、手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方に特におすすめです

運営元のパソナ社は大手人材派遣会社として数多くの企業との取引実績を有しており、業種・規模を問わず多くの企業とのパートナーシップが実現する求人数の充実ぶりには目を見張るものがあります。

Career Theory編集部が転職エージェント利用経験者を対象に行ったアンケート調査では、求人の量や質だけでなく、その手厚いサポートを高く評価する声が多く寄せらました。

親身・丁寧な対応やアドバイスを受けられるのはもちろんのこと、たとえば若年層のキャリアプラン女性のライフプランに関連した悩みのように、転職の枠を超えて、求職者がそれぞれ抱えるキャリア全般の悩みにも深く寄り添ってもらえたと好評です。

パソナキャリア』はどの求職者層にもおすすめできる大手総合系転職エージェントの1つですが、特に年収500万円以上の人であれば豊富な選択肢有用な提案を受けることができるでしょう。

さらに、東名阪(東京・名古屋・大阪)エリアでは特に求人数が充実しているため、同エリアでの転職を志望する人にはより一層おすすめの転職エージェントです。

年収600万円以上のハイクラス層には『パソナキャリア』のハイクラス向けサポートがおすすめ パソナキャリア』には高い年収を得ているハイクラス・ハイキャリア層の転職支援に特化した『パソナキャリア(ハイクラス)』があります。 取扱い求人約1.5万件(2022年8月時点)の約半数は年収800万円以上のハイクラス求人で、ハイクラス層の転職に特化した専任のコンサルタントがキャリアアップを力強くサポートしてくれます。 パソナキャリア(ハイクラス)』が抱えるエージェントは腕利き揃いで、同じくハイキャリア向けのスカウト型転職サイト『リクルートダイレクト』のエージェント・ヘッドハンターランキングでは決定人数部門で1位(2020年)と、高い実績を有しています。 既に600万円程度の年収を得ている人がさらなるキャリアアップを目指すなら、あなたのニーズにより深く寄り添ってくれる『パソナキャリア(ハイクラス)』を利用しましょう。

 

type転職エージェント | 首都圏とIT職種に強い

type転職エージェントtype転職エージェント』は、20代後半~30代前半を中心に実績が豊富な総合転職エージェントです。 サポート範囲は、一都三県のみですが、未経験OKの案件を多く保有しているため、職歴に自信がない方も気軽に相談してみましょう。 また、女性の求職者に特化した『type女性の転職エージェント』を運営しており、20代30代を中心に高い満足度評価を得ているので、女性にもおすすめです。 公式サイト: https://type.career-agent.jp

5. 転職エージェントをより効果的に利用する7ポイント

この章では、転職エージェントをより効果的に利用するためのポイントを7つお伝えします。

  1. スカウトを利用した場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく
  2. 転職時期は最短可能日程で答える
  3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる
  4. 経歴やスキルに嘘をつかない
  5. 推薦文は必ず確認する
  6. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない
  7. 紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

せっかく良い転職サービスを選んでも、上手に活用できなければもったいないので必ずチェックしましょう。

Point-1. スカウトを利用した場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく

転職サイトは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最終接触日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。

更新日

例えば、上記は「年齢30歳以下、転職回数1回以下、勤続年数2年以上、TOEIC780以上」で検索した結果ですが、実務的な処理としては、更新日が新しい順番に20人ずつメールを送って反応をみて、応募者がいなければ次の20人へ、といったように送信していきます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

Point-2. 転職時期は最短可能日程で答える

キャリアコンサルタントも売上目標があり、日々追われています。

コンサルタントとのファーストコンタクトで必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれるので、この時には「いいところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

※もちろん現職での退職手続きや引継ぎがあるはずなので、その点は伝えておきましょう。

Point-3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる

担当コンサルタントに情をうつしてはいけません。

担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば遠慮なく変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、他のコンサルタントの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

Point-4. 経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては、申し出をしない限りは情報が残ります。

コンサルタントでよく話題にあがるのが、「去年の登録情報と今回とで登録情報が違うよ・・・」という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として、紹介する案件を絞るなどの判断がくだされます。

Point-5. 推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当コンサルタントはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではないコンサルタントの場合は経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

Point-6. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない

数社の転職サービスを使っている場合、同じ案件には複数の転職サービス経由で応募しないようにしましょう。

企業から「他の転職サイトからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

企業・担当コンサルタント両者に不信感を与え、場合によっては破談となるリスクさえあります。

Point-7. 紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

転職エージェントも売上がかかっていますから、なんとかしてあなたに転職を決めてもらいたいと考えています。

優良なコンサルタントであれば都合の悪いことを隠したりすることは少ないでしょうが、自衛のために口コミサイトの『OpenWorkを利用して裏をとるようにしましょう。

以下のような口コミが大量に集まっているので、その情報をもとに、社風や雰囲気をあらかじめ予想することができます。

openworkの口コミ

上場企業であればほぼ全ての企業についての口コミが集まっていますので、ぜひ利用してください。

6. 【図解】転職エージェント利用の流れ

ここまで、転職が有利に進む転職サービスと、その活用ポイントをお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

転職エージェントに登録したあとは、特に準備は必要とせず、気軽に身をゆだねれば良いのですが、初めて使う方は不安も多いかと思いますので、登録後何が起こるのかをざっくり把握しておきましょう

スクリーンショット 2016-08-21 17.30.24

Step 1. まずは公式ページから登録する

それぞれの公式ページから登録を行います。

登録する際は、『転職サービス』なのか『派遣サービス』なのかを確認するようにしてください

例えば、「パソナ」と検索するとパソナの派遣登録サイトが出てくるように、紛らわしいサービスが複数あるため、登録前にしっかりと確認しましょう。

正社員転職を目指していたのに、知らずのうちに派遣社員の面接を受けていた…ということがないように、十分に注意しましょう。

Step 2. 担当コンサルタントから連絡が来る

登録すると、担当から数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

事前に準備などをする必要は全くありませんが、ざっくり下記のようなことを聞かれます。

  • 転職希望時期は?
  • 希望する職種や業界は?
  • 希望年収は?

10分ほどの最低限のヒアリングを受けた後、キャリアカウンセリングのアポイント調整を行います。

※最初からアポイント調整に入る場合もあります。

Step 3. キャリアカウンセリング

あなたが転職エージェントのオフィスに訪問することもあれば、担当コンサルタントが近くまで来てくれることもあります。(近年はコロナの影響により、オンライン面談も積極的に取り入れられています。)

初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • あなたのキャリアの棚卸
  • PRポイントの整理
  • 転職するべきかどうか
  • 転職するとしたらどのような企業に内定をもらえそうか
  • どのように職務経歴書を書いたら通過しやすくなるか
  • 転職についての要望の深堀

キャリアカウンセリングで気づくことも多く、なるべく多くのコンサルタントに意見をもらえば、考えがまとまっていき、後悔ない転職をすることができるでしょう。

担当コンサルタントとは長い付き合いとなるため、できれば拠点に足を運ぶようにしましょう。

Step 4. 求人紹介を受ける

あなたの希望に合いそうな求人を5件~20件ほど紹介してもらえます。

思ってもないような大手もあれば、今まで知ることのなかった魅力的な中小企業もあるでしょう。

それぞれのエージェントしか扱っていない独占求人もありますので、複数社のエージェントから求人紹介を受けることを推奨します

Step 5. 履歴書・職務経歴書の添削

応募する企業を決めたら、職務経歴書や履歴書といった選考書類を添削してもらいます。

場合によってはこのためだけに面談を設定してくれたり、何度も書き直しを行ったりしてくれます。

最高の職務経歴書をエージェントと一緒に作り上げていきましょう。

Step 6. 紹介された求人に応募する

選考書類が完成したら、担当コンサルタントが最後に推薦文を添えて企業に応募します。

自分ではなかなか伝えられないあなたの魅力を、担当コンサルタントが企業に伝えてくれます。

求人サイトを使って自力で応募すると、推薦文はもちろん誰も書いてくれませんし、企業への手続きも全部自分でしなければならないため、それに比べると転職エージェント経由は圧倒的に有利です。

Step 7. 面接対策を受ける

応募している企業の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか、今持っているスキルのなかで何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスを貰います。

あなたが希望すれば模擬面接を実施してもらえるケースも多いです。

Step 8. 企業との面接を行う

面接の日時設定は担当コンサルタントが全て行ってくれます。

対策してもらったことをフル活用して、力を出し切りましょう。

面接に落ちてしまった場合には、多くの場合、担当コンサルタントが人事担当者からフィードバックを受けているため、次の面接に生かすことができます。

Step 9. 内定と退職サポート

内定が出た後は、担当コンサルタントが給料交渉や入社日の調整を責任を持って行ってくれます。

また、退職手続きについて不安な場合も、上司にどのように報告するかなど転職エージェントであればノウハウを必ず持っていますので、頼ってしまいましょう!

7.さいごに

ストレスのない仕事について解説しました。

ストレスのない仕事を選ぶためには、自身の性格を正しく理解し、無理のない範囲で、興味のある仕事を選ぶことが大切です。

「興味はあるが、転職してよいものなのか判断できない」という方は、転職のプロであるエージェントへの相談も検討してみましょう。

あなたの人生がよりよいものになることを願っています。