内定には無関係?!dodaの「マッチング成立」とは何か

dodaを利用していると、

「マッチング成立したけど、転職に有利になるの?」
「マッチングが全然成立しないんだけど…」

などと悩んでしまいませんか?

結論から言うと、マッチング成立した求人から応募しても転職が有利になることはありません

しかし、dodaの他のサービスについても理解を深め、正しく利用すれば転職を有利に進めることは可能です。

このページでは、大手の転職エージェントを経て企業で中途採用を担当している私が、dodaの「マッチング成立」の仕組みや評判を以下の流れで解説します。

<目次>

  1. 「マッチング成立=内定」ではない
  2. dodaのスカウトサービスは2種類ある
  3. dodaのマッチングサービス利用者の声

このページを読めば、dodaのサービスを賢く利用し転職を有利に進めることができます。

1. 「マッチング成立=内定」ではない

dodaの「マッチング成立」とは、求職者の登録情報と企業の歓迎条件が一致した状態を指します。

「マッチング成立」と言われると、「選考に有利になるのでは」と期待してしまいますが、実際に内定を貰えるかどうかとは全く関係ないのです。

本章では、以下の流れでこのマッチング制度について解説していきます。

では、詳しく解説していきます。

1-1. 応募歓迎とマッチング成立の仕組み

dodaで求人を「気になるリスト」に保存した際、その企業が設定した歓迎条件に求職者の登録情報が合致すると、「応募歓迎」という連絡が送られてくる機能があります。

条件さえ合致すればAIが自動で送信される仕組みで、この状態が「マッチング成立」なのです。

ですので、「応募歓迎」すなわち「マッチング成立」した求人に応募したからといって、選考が有利になることはありません。

なぜなら、企業の採用基準と歓迎条件がすべて合致しているとは限らないからです。

dodaの公式サイトにも、「マッチング成立」が選考通過や面接確約を保証するものではないと明記されています。

出典:doda公式サイト

つまり、「マッチング成立」で紹介された求人であっても、内定をもらうには努力し続ける必要があるのです。

1-2. 向いている求人の傾向が知れるだけ

このように考えると、「マッチング成立」や「応募歓迎」は、あなたに向いている求人の傾向が知れるだけだと思っておきましょう。

しかし、「マッチング成立」は企業が求める人物像と一致しているということです。

ですので、自分のスキルや経験はどんな会社で活かせるのかを分析する為に利用すると効果的でしょう。

少なくとも、「応募歓迎」を送ってこない企業よりもあなたに合っている会社であると分かります。

2. dodaのスカウトサービスは2種類ある

実は、dodaには2つのスカウトサービスがあり、内定に有利になるスカウトサービスも存在します。

本章では、以下の2種類のスカウトサービスを解説していきます。

では、見ていきましょう。

2-1. 面接確約オファーは選考に有利

「面接確約オファー」は、その名の通り企業がどうしても求人者に会いたい場合に送る特別なオファーです。

企業の採用担当者やdodaの企業担当(RA)が求職者の登録情報を見極めた上で、オファーしています。

このオファーを受けて応募すると、書類選考無しですぐに面接に進むことが可能です。

出典:doda公式サイト

ただし、面接は通常と変わらない選考基準で行われるため、内定確約ではない点に注意しましょう。

また、書類選考はスキップできますが、「職務経歴書」と「履歴書」の提出は必要です。

この2つの応募書類を見ながら面接が進んでいきますので、内定を貰えるようにしっかり作りこんでおきましょう。

2-2. 求人オファーは有利にならない

求人オファーとは、doda登録者は誰でも受け取ることができる企業からのオファーです。

求職者の登録情報をもとにオファーを送ってきますが、自分で直接企業に応募した場合と選考ルートも選考難易度も変わりません。

ですので、面接確約オファーとは違い、書類選考後に面接に進むながれとなっています。

そうは言っても、求人オファーが全く意味がないとは限りません。

あなたの登録情報が企業の求める人物像と近いということですので、あなたに合った企業を分析するのに役立つでしょう。

つまり「応募歓迎」同様、求人オファーは全く意味がないものではありませんが、選考に有利に働くことはないのです。

3. dodaのマッチングサービス利用者の声

本章では、実際に上記で紹介したサービスを利用した方々の口コミをもとに、マッチングサービスの特徴を捉えていきます。

3-1. dodaのマッチングサービス評判まとめ

口コミを調査すると、マッチングサービスには以下のメリット・デメリットがあると分かりました。

メリットデメリット
  • 東京や大阪など都市圏の求人が多い
  • とにかく豊富な求人に触れられる
  • マッチング精度が低い
  • 希望の求人がマッチングする訳ではない
  • メールが多い

dodaは求人数が多く、東京や大阪を中心に豊富な求人をメールで紹介してくれるのはメリットでしょう。

エージェントに紹介してもらうだけでなく、どんな求人があるのかを隙間時間に確認することができます。

一方でAIによるマッチング精度が低く、以前勤めていた企業のスカウトが届いた、という意見もありました。

また、うんざりして退会するほど、非常に多くのメールが送られてくる場合もあります。

これらを踏まえたうえで、dodaのサービスでは満足できない場合は、次章で紹介する転職エージェントも併用しましょう。

→4章『別の転職エージェントも併用するべき』にスキップ

3-2. doda利用者の声

では、実際にdodaのマッチングサービスを利用した方々の声を見てみましょう。

企業からマッチングスカウトが届いたのはわずか4社

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2

転職サイトdodaに掲載されている、私が気になったIT・Web系企業から70社以上の企業に気になるボタンを押したけど、企業からマッチングスカウトが届いたのはわずか4社だけだった…

応募する企業の数を増やせば良い訳ではない。

出典:Twitter

100とか200のメール

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
んー、なんとなしにDODAに登録したけどカウンセリングもなくAI自動マッチングで100とか200のメールが流れてきて重要なメールが流れる。
これはないな…案件もひどいもんだし。こっちの要望ガン無視。
登録解除しよ…。

出典:Twitter

全く希望とマッチングしない

口コミ・評判

匿名
評価:★☆☆☆☆1
dodaからくるスカウト、クソみたいなのばかりで全く希望とマッチングしない。クソ中途転職サイトすぎる。

出典:Twitter

締切煽ってくる

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
DODAは経歴書作成、面談日、マッチングした企業を受けるかどうかもめっちゃ締切煽ってくるんで尻叩きがないと動けない自分にはピッタリでしたw→

出典:Twitter

助かるっちゃ助かる

口コミ・評判

匿名
評価:★★★☆☆3
DODAの転職サイト登録してるとキャリアカウンセラーが企業の応募資格とかとこっちの情報と希望を照らし合わせて紹介してくれるから自分から探しにかからなくても勝手にマッチングしてくれるので助かるっちゃ助かるけど唐突な電話はビビる

出典:Twitter

希望求人がマッチングしない

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
DODAからスカウトメールが届いてたので覗いたところ、「不動産マッチングコンサルタント=投資用不動産の営業」のメールでした。消去っと。

出典:Twitter

毎日案件がバンバン飛んでくる

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
DODAでスカウト/オファーを有効にした次の日から毎日案件がバンバン飛んでくる件について。

出典:Twitter

マッチング精度が低い

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
元勤めていた会社からdodaを通じてひたすらスカウトメールが来ます。出戻り可能なんですか?笑

出典:Twitter

えげつない量のメール

口コミ・評判

匿名
評価:★★★☆☆3
dodaからのスカウトメールがえげつない

出典:Twitter

紹介すればいいってわけじゃない

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
転職エージェントさんさー
スカウトガンガン送ってくるのは良いんだけど、未経験で幹部候補とかはどうなの?あと、日常英会話必須で海外勤務とか。紹介すればいいってわけじゃないよ?

出典:Twitter

全然良い求人ない

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
DODAはガンガンスカウトメール届くけど全然良い求人ない

出典:Twitter

ことごとく東京か大阪

口コミ・評判

匿名
評価:★★★☆☆3
DODAとか登録してるけど、届くスカウトメールがことごとく東京か大阪なんだよね。転勤不可にしてるのに

出典:Twitter

4. 別の転職エージェントも併用するべき

前章で紹介したように、dodaのスカウトサービスにはデメリットも存在します。

それらを補いつつ、転職活動を有利に進めるためには、他のエージェントも併用することが効果的です。

本章では、以下の観点からおすすめの転職エージェントを厳選しました。

併用するエージェントの選び方

  • スカウトサービスの評判は高いか
  • 求人数が豊富かどうか
  • サポート体制が充実しているか
  • コンサルタントの提案力は高いか

興味があるエージェントは2.3社合わせて登録しておくと、失敗が少なく効率的です。

おすすめ総合転職エージェント4選

では、見ていきましょう。

マイナビエージェント|20代におすすめ

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54

転職を検討する20~30代であれば、まず登録したい転職エージェントです

新卒領域で有名な『マイナビ』が運営しており、ベンチャーから大手まで求人数が豊富。例えば、エンジニア転職に特化した『ITエンジニア専用サービス』や、銀行・証券会社に強い『金融業界向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています。

そしてなにより、面接対策から職務経歴書の添削をはじめとしたサポート体制が充実しているので、その結果として「20代満足度No.1」という実績を誇っています。

そのため、慣れない転職に不安がある20~30代であれば、まず登録すべき1社です。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

Point:転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは3社以上登録すると転職成功率がグッと上がるので、少しだけ面倒かもしれませんが、いくつか併用して自分に合うところを見つけましょう。

例えば、サポート充実で満足度の高い『doda』や、業界最大手で好条件求人が多い『リクルートエージェント』など、転職エージェントによって特徴が分かれるので、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

リクルートエージェント|求人数が豊富

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、『案件総数・内定決定数ともにNo.1』の実績を持つ国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルで、『他の転職エージェントで求人数がほぼない職種でも、リクルートならある』との口コミが見受けられるくらいなので、地方での転職や、40代以上の転職であってもおすすめすることができます。

また、年収750万円以上での転職を検討されているハイクラス層な方向けに『キャリアカーバー(by リクルート)』も運営しており、そこも合わせて幅広い層からの指示が集まっていました。

まずは登録してみて、自身の希望する求人があるかどうか確認してみると良いでしょう。

リクルートエージェント公式サイト:
https://r-agent.com/

JACリクルートメント|年収600万円以上向け

スクリーンショット 2015-10-11 20.58.42

JACリクルートメント』は、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1で、ハイキャリア案件については間違いなくトップレベルといえるでしょう。

キャリアや経験にある程度の自信がある方は、そのキャリアを活かすためにも必ず登録すべき1社です。

※年収600万円以上ない方だと、紹介してもらえない可能性があるので、その場合は『パソナキャリア』など、他の転職エージェントに相談しましょう。

JACリクルートメント公式サイト:
http://jac-recruitment.jp/

パソナキャリア|サポートに定評あり

手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方には特におすすめです。

人材派遣領域で業界最大手の『パソナ』が運営しており、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実。例えば、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.2」とマイナビエージェントに次ぐ実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの1社です。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

5. 【FAQ】dodaのマッチング成立に関してよくある質問と回答

本章では、dodaのマッチング成立に関してよくある以下の質問に回答していきます。

では、それぞれ見ていきましょう。

Q1. マッチング成立はどこで確認できますか?

マッチング成立は以下で確認することができます。

  • 気になるリスト
  • 希望条件にマッチした求人一覧
  • 求人情報の検索結果一覧
  • マッチング成立お知らせメール

マッチング成立は「気になるリスト」に保存した求人の中から厳選されていますので、基本的には「気になるリスト」から確認すると良いでしょう。

また、「気になるリスト」は以下の2種類があります。

2つの「気になるリスト」

  1. 気になるリスト 求人情報/スカウトサービス
    →掲載求人やスカウトサービスで「気になる」を押した場合
  2. 気になるリスト エージェントサービス
    →キャリアアドバイザーや採用プロジェクト担当者から紹介された求人に「気になる」を押した場合

確認の際は、これらの違いに注意して下さい。

Q2. オファーを辞退する場合、連絡・返信をした方がいいですか?

辞退連絡をする必要はありません。

また、オファーした企業とオファーされたdoda利用者間で連絡を取る手段もありません。

Q3. マッチング成立のメールが多くて困っています

dodaの「登録情報設定画面」から、メールの停止(解除)を行うことができます。

出典:doda公式HP

まず、「登録情報設定画面」から「メール配信設定」の部分をクリックします。

次に、「気になるリストのマッチング成立お知らせメール」の「配信を停止する(停止中)」を選択してください。

変更内容に間違いがないか確認したら、「入力内容の送信(完了)」を押して終了です。

Q4. マッチング成立しないのですが、どうしたら良いですか?

オファーの数はその時々のdodaが保有する求人数によって変わります。

ですので、まずは登録情報を更新し、充実させておきましょう。

できるだけ多くの項目を登録しておくと、企業の歓迎条件と合致しやすくなるからです。

さらに詳しく知りたい方は、doda公式HPの『スカウトサービスの上手な使い方』を参考にしてみてください。

6. 関連記事

本章では、dodaに関連する以下の記事をご紹介します。

dodaの特徴・サービスについて
dodaの評判について
転職エージェントについて

7. まとめ

ここまで、dodaの「マッチング成立」の仕組みを中心にスカウトサービス全般を解説してきましたが、いかがでしかたか?

「マッチング成立」自体は、選考を有利にするものではないので、さほど気にする必要はありません。

ただし、「マッチング成立」や「応募歓迎」が送られてきた企業を分析し、自分がどんな企業に向いているのかを分析していくと、転職活動が効率的に進みます。

ですので、小まめに登録情報を更新しつつ、他のエージェントも併用して様々な企業を見ておきましょう。

最後に、この記事で紹介したdoda以外におすすめの転職エージェントを紹介しておきます。

興味がある方は、以下から2・3社併せて登録しておきましょう。

あなたの転職活動が上手く行くことを心から願っています。

あなたの転職エージェントの感想を教えてください

当サイトでは、皆さんの転職エージェントの評価・感想を募集しております。

下記のリンク先のページから、感想をご入力いただければ幸いです。ご協力お願いいたします。

評判を投稿する