女性の転職におすすめの仕事は?|年代別に考える最適な業界・業種と転職方法

「女性の転職ってどんな仕事が人気なの?」「どんな仕事ならプライベートも充実できる?」などお悩みではないですか?

女性の転職先として人気の仕事は「事務職」「接客・営業職」「技術職」「コーディネーター系職種」となっています。

しかし、人気の職業だからといって安易に転職すると、キャリアアップができなかったり、スキルが身につかなかったりと後々後悔する可能性が高いです。

この記事では、転職のプロとして多くの女性の転職をサポートしてきた私が、年代別に女性におすすめの転職先を解説し、内定までのサイト・エージェントの活用法をご紹介します。

<目次>

  1. 女性に人気の転職先4選
  2. 女性が転職先を選ぶ理由
  3. 女性が転職先を選ぶ際の注意点
  4. 【年代別】女性におすすめの転職先
  5. 人気の仕事を狙うならサイト・エージェントを利用しよう
  6. 転職エージェントをより効果的に利用する7ポイント
  7. 【図解】転職エージェント利用の流れ
  8. 【FAQ】女性におすすめの転職先に関してよくある質問と回答

この記事を全て読めば、本当に満足できる転職を実現することができます。

1. 女性に人気の転職先4選

以下の4つの職業は、女性が転職先に選ぶ人気の仕事です。

では、それぞれ詳しく説明していきます。

1-1. 事務職

女性の転職先として人気なのが事務職です。

人気の理由には以下のような点が挙げられます。

  • 基本的に座り仕事なので体力が必要ない
  • 未経験からでも転職しやすい
  • 残業や出張が少なく、ワークライフバランスが取りやすい

また、一口に事務職と言っても様々な仕事があります。

種類内容
一般事務書類作成、電話対応、データ入力、来客時対応などの諸々の事務作業を担当する。
経理事務会社のお金を管理する経理業務に特化した事務職。エクセルや表計算ソフトを使って仕事をするので、数字への抵抗がない人に向いている。
人事事務給料計算や年末調整など、社員の収入面手続きを担当する。人事採用や保険の仕事も担う場合がある。
総務事務備品の発注や契約書の作成を担当する。他にも社内のデータや書類を作る。
秘書社長や役員について事務を行う。
医療事務病院やクリニックで採用されて事務職として働く。窓口業務や「レセプト(診療報酬明細書)」と呼ばれる書類の作成等を行う。専門知識が必要。
介護事務介護施設で事務職として働く。介護サービス費用の内訳を明確にし、お金の管理を行う。専門知識が必要。

1-2. 接客・営業職

女性の転職先として、接客業や営業職も人気です。

人気の理由には、以下のような点が挙げられます。

  • コミュニケーションが得意
  • 美容・アパレル業界の接客や営業は、女性の需要が高い
  • 女性特有のセンスを活かしやすい

女性は物腰が柔らかかったり、対人コミュニケーションが得意な場合が多く、「接客や営業で人と話しながら仕事がしたい」という方もいます。

また、「美容業界」「アパレル業界」は女性向けブランドが圧倒的に多いので、女性の接客・販売職の需要は非常に高くなっています。

アパレルや美容業界ですと、女性独特のセンスを活かしてお客さんに商品をアピールすることができ、仕事を楽しめる人も多いようです。

1-3. 技術職

一口に技術職と言っても所属する業界により職種は様々で、以下のようなIT業界の仕事が女性に人気です。

  • ITエンジニア
  • webコーダー
  • 動画編集者
  • プログラマー

なぜなら、これらの仕事はIT業界の伸びと共に需要が増加しており、「未経験からでも挑戦しやすい」「将来的に手に職をつけられる」といった理由があるからです。

IT企業もプログラマーやエンジニアの教育に力を入れているので、転職後に勉強し続ける意思があれば、多少スキルや経験が無くても採用される可能性があります。

これらの仕事を目指す方は、IT業界専門、あるいはIT業界に強い転職エージェントの利用がおすすめです。

未経験転職者に強い転職エージェントもありますので、ぜひ検討してみてください。

1-4. コーディネーター系職種

以下のようなコーディネーター系職種は、女性ならではのセンスを活かすことができるため、女性に人気の転職先です。

  • フードコーディネーター
  • ブライダルコーディネーター
  • ウエディングプランナー
  • 空間デザイン系コーディネーター
  • フラワーコーディネーター

それぞれ専門知識が必要なので、専門学校やスクールで勉強してから目指す方が多いです。

他にも、通信講座を利用したり、既に働いている方のアシスタントとして経験を積んだりする方法があります。

年収はフリーランスで働くか一般企業に勤めるかで変わってくる点に注意してください。

2. 女性が転職先を選ぶ理由

女性が転職先を選ぶ場合、大きく以下の4つの理由があります。

では、以下で詳しく解説していきます。

2-1.  プライベートを充実させられる

どの年代の女性にも多いのが、「残業が少ない仕事につきたい」「土日休みの仕事が良い」など、プライベートを充実させたいという理由です。

女性はライフステージが変化するタイミングを見越して転職する方が多く、結婚・出産・育児・介護などと両立しやすい働き方を目指すようです。

特に共働きの夫婦の場合、子育てや介護などのライフステージの変化が起こった際に女性の方が仕事を調整する傾向にあることも要因の1つでしょう。

このような理由で転職を行う場合、接客・販売などの土日出勤が多い仕事はお勧めできません。

2-2. 好きなことを仕事にしたい 

仕事への充実感ややりがいを求めている女性の中には、「趣味に近い業界・業種で働きたい」「楽しんでできる仕事がしたい」といった理由で転職する方がいます。

一見好きなことを仕事にするのは難しそうですが、転職で好きなことや趣味に近い仕事を目指すことは十分に可能です。

しかし、この理由だけで安易に転職を決めることはおすすめしません。

なぜなら、好きな仕事が自分の適職とは限りませんし、その仕事でキャリアを積んでいける保証はないからです。

女性も定年まで働くことが多くなってきた現代では、長期的にキャリアを築いていけるかどうかも考えるようにしましょう。

2-3. スキルが身につく

キャリア志向の女性に多いのが、スキルを身に着けたいという理由です。

スキルが身についている状態であれば、今後ライフステージが変わった際にも柔軟にキャリア設計を行うことができます。

どんな仕事でもそれぞれのスキルは身に着けることができますが、キャリア志向の女性には手に職を付けられる専門職種が人気です。

一度手に職を付けてしまえば、自分の努力次第で転職を重ねても出世や昇給の可能性が少なくならない点が魅力でしょう。

何か手に職を付けたいという女性は、事務職や営業職よりも、目に見える資格が必要な仕事がおすすめです。

2-4. 福利厚生・給与が良い

産休や育休、各種有給休暇が充実している仕事に就くために転職をする女性もいます。

特に派遣・アルバイトなどの雇用形態で働いている場合、福利厚生を重視して正社員への転職を目指す方も多いです。

福利厚生を重視する方には、大手企業や公務員を目指すと良いでしょう。

特に公務員であれば、法律上3年間育児休暇をとることができる上、病気休暇や特別休暇などの各種有給休暇も充実しています。

3. 女性が転職先を選ぶ際の注意点

とはいえ、自分の人生において転職が最適な選択かを見極めるには、注意点がいくつか存在します。

人気や給与、待遇だけではなく、以下のポイントを押さえてよく考えてみましょう。

では、ここから詳しく解説していきます。

3-1.ライフプランに合っている?

転職先を選ぶ際には、まず第一に「将来どんな自分になっていたい?」「今の給与や生活水準は維持できる?」など、自分のライフプランにあっているかを判断してみてください

女性に人気の転職先であるからといって、あなたにとって最適とは限りません。

人によっておすすめの職業は変わってきますので、しっかりとした自己分析と必要であれば転職エージェントでプロのアドバイスを受けると良いでしょう。

3-2. 実践的なスキルが身につく?

女性の社会進出も進み、生涯働き続けることを前提に据えている女性も多くいる中、実践的なスキルが身につかない仕事にわざわざ転職するのは危険です。

女性に限らず、年齢を重ねるとともに転職は難易度があがってきますので、なるべく今後に活かせるスキルを身に着けるとよいでしょう。

手に職を付けられる専門職でなくても、実際にどんな業務に携われるのかを重点的に調べておくと良いです。

例えば、「経理のスキルを身に着けたかったが、いざ働いてみると電話対応や雑用ばかりで実践的なスキルを身に着けられなかった」という方もいます。

ですので、転職前に「本当にやりたいことができるか」「同じ職種でも、他の企業と比べてどうか」など詳しく調べておくことをお勧めします。

3-3. 目指すキャリアアップは可能?

転職先を決める際には、自分の目指すキャリアから逆算して、次の転職先が最適な職場かどうかを見極める必要があります。

具体的に言うと、「次に繋がる経歴を作れる仕事か」を見極めるということです。

転職をしても、ずっとその会社に居続けるとは限りません。

ですので、次に転職をするかもしれないという前提で最適なキャリアプランを練るようにしましょう。

3-4. 福利厚生は手厚い?

最後に、職場の福利厚生をしっかり確認するようにしましょう。

以外と見落としがちですが、女性の転職では特に以下の2点を重点的にチェックしてください。

  • 育児・介護支援制度関連
  • 各種休暇関連

育児休暇といっても、休暇中にどれくらい給与保証がでるかは会社によって異なります。

また、育児や介護の制度が充実している会社であれば、ベビーシッターや保育園の費用を援助してくれたり、法律で定められている以外の育児関連休暇を独自に設けたりしています

4. 【年代別】女性におすすめの転職先

女性の転職について理解が深まってきたところで、以下の流れで年代別におすすめの転職先を紹介します。

あくまで一例ですが、各年代の転職事情と共に解説していきますので、参考までに見てみてください。

20代女性におすすめの転職先3選

20代女性は全年代の中で最も転職しやすく、未経験分野への挑戦も比較的容易でしょう。

30代以降の転職活動では「これまでの経歴」「専門的・実践的スキル」が重視されるのに対して、特に20代前半であればポテンシャルで採用される傾向があります。

そんな20代女性におすすめの転職先は、先述の事務・経理に加え、以下のような職種です。

webデザイナー

webデザイナーは以下の理由から、将来性も高くおすすめの転職先といえます。

  • 手に職を付けることができる
  • 在宅・テレワークに対応できる
  • 業界として需要の高いIT企業で働ける
  • 将来的にフリーランスを目指せるなど、独立・キャリアアップも可能

業界的に需要のあるIT業界は、長期的にキャリアを築く上でおすすめの業界の1つです。

中でもwebデザイナーは、女性ならではセンスを活かしつつ、手に職を付けられる専門職なので、やりがいもキャリアも手に入れることができます。

手に職を付けた状態であれば、産休・育休後の復帰もしやすいです。

また、フリーランスになることができれば、よりワークライフバランスの取れた働き方も実現できます。

エンジニア

エンジニアもwebデザイナー同様、手に職を付けられるので女性がキャリアとプライベートを充実させる上でおすすめの仕事です。

さらに、エンジニアを含むIT人材は近年需要が高まっており、未経験からでも転職しやすい傾向にあります。

参考:doda『職種別:転職求人倍率

「未経験分野に挑戦してみたい」「将来的に手に職を付けて働きたい」という女性は、一度検討してみると良いでしょう。

また、一般的な事務職より高い給与が望める点も魅力の1つです。

人事・労務

人事・労務は今後注目される分野と言われているため、キャリア構築しやすいという点でおすすめです。

現在、どの企業も優秀な人材の確保を課題の1つとしており、人事・労務の仕事は大変重要な位置づけとなっています。

これまでは大企業が多く力を入れてきた分野ではありますが、まだまだ未整備の領域です。

ですので、人事領域に積極的なベンチャー企業や中小企業に狙いを定めることで、のちのち転職をする際に市場価値の高い人材となれる可能性があります。

また、正社員採用のみならず、アルバイト・派遣・外国籍の方の採用など仕事の幅が広がっている分野であるため、やりがいのある仕事といえるでしょう。

30代女性におすすめの転職先5選

30代になってくると、転職の際には「これまでの経験」「専門的・実践的スキル」が求められるようになってきます。

ですので、未経験分野への転職はやや厳しいものになってきます。

30代前半であれば未経験分野に挑戦するラストチャンスだと思って転職活動に臨むようにしてください。

また、30代後半であればこれまでの経歴を生かした転職先を探すことで、年収や待遇アップを実現できるでしょう。

以下に紹介するのは、これまでの経歴を活かすことができ、30代女性が転職しやすい職業です。

一つずつ見ていきます。

販売職

どの業界でも、販売・接客などの個人のお客様と直接コミュニケーションを取る仕事は女性におすすめです。

女性は物腰が柔らかく見られる傾向があり、お客様とのコミュニケーションに向いていると思われるからです。

また、女性はコミュニケーションが好きな方が多いので、接客・販売の仕事にやりがいを感じられるでしょう。

営業

営業職は採用枠が多く、特段のスキルが必要ない場合が多いので、転職しやすい傾向にあります。

営業職として女性が多く転職するのは、「保険業界」と「美容業界」です。

保険業界の営業は基本的に法人営業ではなく、個人の家に出向いて商品を売り込むスタイルですので、物腰の柔らかい女性の方がお客さんに警戒心を持たれにくい傾向にあります

ですので、営業職で働いてくれる女性を求めている企業は多いのです。

また、美容業界はそもそも女性向けブランドが多いので、商品理解のある女性の営業職は非常に需要が高くなっています。

マーケティング・企画職

企画職は、商品・サービスの開発と開発過程の管理が仕事です。

消費者の手元に届くまでの一連の流れを考えるマーケティングと非常に似ていますが、企画職は商品を考える作業にに加えて工場の手配や、取引先との連携・連絡も含まれます。

自分の考えを企業の商品やサービスに直接反映させることができるため、非常にやりがいを感じられるでしょう。

基本的にオフィスワークで、体力的に厳しくない点もおすすめです。

「人と接することが好き」「数字に強く分析業務が行える」「流行に敏感」といった方に向いている仕事ですので、転職の際にはこれらの特性をアピールできるエピソードを用意しておくと良いでしょう。

コンサルタント

コンサルタントは企業の経営上の課題を見つけ、解決のためにアドバイスする仕事です。

経営コンサルタントや人事コンサルタント、ITコンサルタントなど、クライアントのどの部門にコンサルティング業務を行うかで職種が変わってきます。

また、コンサルティングファームは実力主義の会社が多く、キャリア志向の女性に人気の職業です。

未経験求人は少ないのですが、営業職経験者やその他の専門知識を持っている方は採用されやすくなる傾向にあります。

エンジニア

エンジニアもwebデザイナー同様、手に職を付けられるので女性がキャリアとプライベートを充実させる上でおすすめの仕事です。

さらに、エンジニアを含むIT人材は近年需要が高まっており、未経験からでも転職しやすい傾向にあります。

参考:doda『職種別:転職求人倍率

「未経験分野に挑戦してみたい」「将来的に手に職を付けて働きたい」という女性は、一度検討してみると良いでしょう。

また、一般的な事務職より高い給与が望める点も魅力の1つです。

40代女性におすすめの転職先3選

40代女性の転職には「実務経験」「専門的・実践的スキル」といった要素に加え、「マネジメント経験」が求められる傾向にあります。

そのため、即戦力として転職先でもチームをまとめられるような人材であるとアピールすることが大切です。

一方、一般企業への未経験転職は非常に厳しく、特段のスキルが無い限り成功確率は低いと考えておきましょう。

転職が厳しい世代であるからこそ、「年収をあげたい」「家庭と両立して働きたい」などの希望条件に優先順位をつけつつ、正社員から派遣まで幅広い求人を視野に入れて転職活動を行うべきです。

今回は、40代女性が未経験でも転職しやすい職種を紹介していきます。

タクシードライバー

タクシードライバーは、業界として未経験でも転職しやすい傾向にあります。

もともとタクシードライバーは異業種からの転職者が多く、タクシー会社も未経験者への研修やサポート体制が整っている場合が多いのです。

また、大手のタクシー会社にはオリジナルの研修や会社方針が存在しています。

そのため、教育しやすい未経験者を優遇する会社があるほどです。

実際に業務にあたる場合、第二種運転免許が必要になりますが、それさえあれば他業種に比べて未経験転職へのハードルは非常に低くなっています。

介護職員

近年の介護施設の増加に伴い、介護職員の需要も大きくなっています。

それに伴い、無資格・未経験の方を正社員として採用しようとする企業も多くあるのです。

食事や掃除など幅広い業務を丁寧にこなすことが求められるので、女性ならではのきめ細かさや家庭での経験を活かすことができます。

また、介護業界は30~40代の職員が多いので、同世代の方と働ける職場環境も魅力の1つです。

出典:厚生労働省『介護人材確保対策

実際に働く場所は、利用者の自宅・老人ホーム・デイサービスなど様々ですので、自分にあった働き方を選ぶことができます。

保育士

保育士は需要も高く、転職しやすい仕事の1つです。

40代女性の中で子育てを経験した方は、これまでの経験を活かせば活躍することは十分可能でしょう。

保育所だけではなく、ベビーシッターや病児保育など様々な職場があり、働きやすい職場を見つけやすい点も魅力の1つです。

事務経験などが無い方や家庭での経験を活かしたい方は、一度検討してみてください。

5. 人気の仕事を狙うならサイト・エージェントを利用しよう

以下のステップでサイト・エージェントを利用すると、人気職種への転職でも圧倒的に成功確率が高まります。

転職成功の3ステップ

  1. 転職サイトで求人を調べ、目星をつける
  2. 転職エージェントでアドバイスを受けながらキャリアの棚卸しをする
  3. 転職エージェントを経由して企業に応募する

また、転職エージェントを利用すると、1人で転職活動をすると聞きにくい企業の内情も知ることができるので、転職後のミスマッチを避けることができる点も魅力の1つです。

では、以下で女性の転職に強いサイト・エージェントを紹介していきます。

気になるサイト・エージェントがあれば、2~3社登録するようにしましょう。

5-1. 女性におすすめの転職サイト3選

リクナビNEXT|全国求人数No.1の転職サイト

『リクナビNEXT』は、業界最大手のリクルートが運営する転職サイトです。

最大の魅力は求人数の多さで、掲載求人数は39,000件以上と数ある転職サイトの中で最も多くの求人情報を掲載しています。(2020年3月時点)

操作性が良く、検索機能も充実しており、「女性が活躍中」という条件で詳細に絞り込みを行うことも可能です。

年齢層を問わず、多くの選択肢から求人を探すことができるので、すべての世代を対象におすすめできる転職サイトです。

リクナビNEXT公式サイト:
https://next.rikunabi.com

doda woman career|豊富なdodaの求人から女性の為にピックアップ

Woman Career 』は総合人材サービスの大手「doda」が運営する、女性の為の転職サイトです。

他社と比べても豊富な求人数が魅力のdodaの求人の中から、「産休育休取得実績あり」「育児・託児支援制度」など、女性ならではの条件で絞り込むことができます

女性の平均年収や人気求人のランキング、さらにはキャリアを上手く築いてきたロールモデルとなる女性たちのインタビューなど、働く女性にぴったりのコンテンツも魅力的です。

Woman Career公式サイト:
https://doda.jp/woman/

マイナビ転職女性のお仕事|どんなキャリア志向でも利用しやすい

マイナビ転職女性のお仕事』は、女性の転職に特化した転職サイトです。

最大の特徴は、希望する働き方から仕事を選べる点にあります。

トップページには、「オンキャリ系」と「オフキャリ系」でキーワードが分類されており、

  • オンキャリ系:女性の管理職活躍中、外資系企業、海外勤務・出張あり
  • オフキャリ系:時短勤務、育児中社員在籍中、年間休日120日以上

など、詳細な検索ができる仕様になっています。

求人詳細も見やすい色使いで、要点が箇条書きされていて、非常に見やすいデザインに仕上がっています。

マイナビ転職女性のお仕事公式サイト:
https://tenshoku.mynavi.jp/woman/

5-2. 女性におすすめの転職エージェント5

パソナキャリア|サポート充実で満足度No.1

手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方には特におすすめです。

人材派遣領域で業界最大手の『パソナ』が運営しており、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実。例えば、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.2」とマイナビエージェントに次ぐ実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの1社です。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

リクルート|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、『案件総数・内定決定数ともにNo.1』の実績を持つ国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルで、『他の転職エージェントで求人数がほぼない職種でも、リクルートならある』との口コミが見受けられるくらいなので、地方での転職や、40代以上の転職であってもおすすめすることができます。

また、年収750万円以上での転職を検討されているハイクラス層な方向けに『キャリアカーバー(by リクルート)』も運営しており、そこも合わせて幅広い層からの指示が集まっていました。

まずは登録してみて、自身の希望する求人があるかどうか確認してみると良いでしょう。

リクルートエージェント公式サイト:
https://r-agent.com/

マイナビ|初めての転職に強く20代実績No.1

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54

転職を検討する20~30代であれば、まず登録したい転職エージェントです

新卒領域で有名な『マイナビ』が運営しており、ベンチャーから大手まで求人数が豊富。例えば、エンジニア転職に特化した『ITエンジニア専用サービス』や、銀行・証券会社に強い『金融業界向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています。

そしてなにより、面接対策から職務経歴書の添削をはじめとしたサポート体制が充実しているので、その結果として「20代満足度No.1」という実績を誇っています。

そのため、慣れない転職に不安がある20~30代であれば、まず登録すべき1社です。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

Point:転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは3社以上登録すると転職成功率がグッと上がるので、少しだけ面倒かもしれませんが、いくつか併用して自分に合うところを見つけましょう。

例えば、サポート充実で満足度の高い『doda』や、業界最大手で好条件求人が多い『リクルートエージェント』など、転職エージェントによって特徴が分かれるので、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

doda|求人数No.2・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

type女の転職Agent|女性特化で首都圏に強い

type女性の転職Agent』は、転職サイト大手の株式会社キャリアデザインセンターが運営する女性専門の転職エージェントです。

2005年から女性に特化した転職サイトである「女の転職@type」も運営しており、女性の転職支援については10年以上の歴史があるため、女性が働きやすい案件を大量に保有しています。

また、女性のアドバイザーを中心に、職種ごとに専門チームを作り女性の転職支援をしています

type女性の転職Agent公式サイト:
https://type.career-agent.jp

6. 転職エージェントをより効果的に利用する7ポイント

この章では、転職エージェントをより効果的に利用するためのポイントを7つお伝えします。

  1. スカウトを利用した場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく
  2. 転職時期は最短可能日程で答える
  3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる
  4. 経歴やスキルに嘘をつかない
  5. 推薦文は必ず確認する
  6. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない
  7. 紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

せっかく良い転職サービスを選んでも、上手に活用できなければもったいないので必ずチェックしましょう。

Point-1. スカウトを利用した場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく

転職サイトは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最終接触日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。

スクリーンショット 2015-10-18 20.29.18

例えば、上記は「年齢30歳以下、転職回数1回以下、勤続年数2年以上、TOEIC780以上」で検索した結果ですが、実務的な処理としては、更新日が新しい順番に20人ずつメールを送って反応をみて、応募者がいなければ次の20人へ、といったように送信していきます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

Point-2. 転職時期は最短可能日程で答える

キャリアコンサルタントも売上目標があり日々追われています。

コンサルタントとのファーストコンタクトで必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれるので、この時には「いいところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

※もちろん現職での退職手続きや引継ぎがあるはずなので、その点は伝えておきましょう。

Point-3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる

担当コンサルタントに情をうつしてはいけません。

担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、他のコンサルタントの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

Point-4. 経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

コンサルタントでよく話題にあがるのが、「去年の登録情報と今回とで登録情報が違うよ・・・」という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

Point-5. 推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当コンサルタントはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではないコンサルタントの場合は経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

Point-6. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない

数社の転職サービスを使っている場合、同じ案件には複数の転職サービス経由で応募しないようにしましょう。

企業から「他の転職サイトからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

企業・担当コンサルタント両者に不信感を与え、場合によっては破談となるリスクさえあります。

Point-7. 紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

転職エージェントも売上がかかっていますから、なんとかしてあなたに転職を決めてもらいたいものです。

優良なコンサルタントであれば都合の悪いことを隠したりすることは少ないでしょうが、自衛のために口コミサイトの『OpenWorkを利用して裏をとるようにしましょう。

以下のような口コミが大量に集まっているので、その情報をもとに、社風や雰囲気をあらかじめ予想することができます。

上場企業であればほぼ全ての企業についての口コミが集まっていますので、ぜひ利用してください。

7. 【図解】転職エージェント利用の流れ

ここまで、転職が有利に進む転職サービスと、その活用ポイントをお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

転職エージェントに登録したあとは、特に準備は必要とせず、気軽に身をゆだねれば良いのですが、初めて使う方は不安も多いかと思いますので、登録後何が起こるのかをざっくり把握しておきましょう

スクリーンショット 2016-08-21 17.30.24

Step 1. まずは公式ページから登録する

それぞれの公式ページから登録を行います。

登録する際は、『転職サービス』なのか『派遣サービス』なのかを確認するようにしてください

例えば、「パソナ」と検索するとパソナの派遣登録サイトが出てくるように、紛らわしいサービスが複数あるため、登録前にしっかりと確認しましょう。

正社員転職を目指していたのに、知らずのうちに派遣社員の面接を受けていた…ということがないように、十分に注意しましょう。

Step 2. 担当コンサルタントから連絡が来る

登録すると、担当から数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

事前に準備などをする必要は全くありませんが、ざっくり下記のようなことを聞かれます。

  • 転職希望時期は?
  • 希望する職種や業界は?
  • 希望年収は?

10分ほどの最低限のヒアリングを受けた後、キャリアカウンセリングのアポイント調整を行います。

※最初からアポイント調整に入る場合もあります。

Step 3. キャリアカウンセリング

あなたが転職エージェントのオフィスに訪問することもあれば、担当コンサルタントが近くまで来てくれることもあります。(日程・場所の都合が合わなければ電話面談になります。)

初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • あなたのキャリアの棚卸
  • PRポイントの整理
  • 転職するべきかどうか
  • 転職するとしたらどのような企業に内定をもらえそうか
  • どのように職務経歴書を書いたら通過しやすくなるか
  • 転職についての要望の深堀

キャリアカウンセリングで気づくことも多く、なるべく多くのコンサルタントに意見をもらえば、考えがまとまっていき、後悔ない転職をすることができるでしょう。

担当コンサルタントとは長い付き合いとなるため、できれば拠点に足を運ぶようにしましょう。

Step 4. 求人紹介を受ける

あなたの希望に合いそうな求人を5件~20件ほど紹介してもらえます。

思ってもないような大手もあれば、今まで知ることのなかった魅力的な中小企業もあるでしょう。

それぞれのエージェントしか扱っていない独占求人もありますので、複数社のエージェントから求人紹介を受けることを推奨します

Step 5. 履歴書・職務経歴書の添削

応募する企業を決めたら、職務経歴書や履歴書といった選考書類を添削してもらいます。

場合によってはこのためだけに面談を設定してくれたり、何度も書き直しを行ったりしてくれます。

最高の職務経歴書をエージェントと一緒に作り上げていきましょう。

Step 6. 紹介された求人に応募する

選考書類が完成したら、担当コンサルタントが最後に推薦文を添えて企業に応募します。

自分ではなかなか伝えられないあなたの魅力を、担当コンサルタントが企業に伝えてくれます。

求人サイトを使って自力で応募すると、推薦文はもちろん誰も書いてくれませんし、企業への手続きも全部自分でしなければならないため、それに比べると転職エージェント経由は圧倒的に有利です。

Step 7. 面接対策を受ける

応募している企業の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか、今持っているスキルのなかで何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスを貰います。

あなたが希望すれば模擬面接を実施してもらえるケースも多いです。

Step 8. 企業との面接を行う

面接の日時設定は担当コンサルタントが全て行ってくれます。

対策してもらったことをフル活用して、力を出し切りましょう。

面接に落ちてしまった場合には、多くの場合、担当コンサルタントが人事担当者からフィードバックを受けているため、次の面接に生かすことができます。

Step 9. 内定と退職サポート

内定が出た後は、担当コンサルタントが給料交渉や入社日の調整を責任を持って行ってくれます。

また、退職手続きについて不安な場合も、上司にどのように報告するかなど転職エージェントであればノウハウを必ず持っていますので、頼ってしまいましょう!

8. 【FAQ】女性におすすめの転職先に関してよくある質問と回答

本章では、女性におすすめの転職先に関してよくある以下の質問に回答していきます。

Q1. 今後需要が伸びそうな業界・業種はありますか?

以下の業界・業種は今後伸びると言われています。

  • IT業界
  • インターネット広告業界
  • エンタメ業界
  • 建設業界
  • 医療業界
  • 化学業界
  • 介護福祉業界
  • 人材派遣業界
  • 農業業界
  • 食品業界

先述のとおり、IT業界・インターネット広告業界は社会の進展に伴い、切っても切り離せない技術となっているので伸びしろのある業界といえます。

また、衰退しているイメージもある農業業界ですが、農業技術のIT化により関連産業の需要も見込まれるでしょう。

Q2. 50代以降の転職は難しいですか?

他の年代に比べ、転職は非常に難しいです。

理由には、以下の2点があります。

  • 求められる経験・スキルが高い
  • 直属の上司より年上だと、扱いづらいと思われてしまう

50代以降の転職者には、マネジメント経験や即戦力となりえる専門スキルを求めている企業がほとんどなので、特段のスキルや経験を持ち合わせていないと採用されるのは非常に厳しいという現実があります。

また、直属の上司が転職者より年下だと双方がやりずらさを感じるという企業側の懸念があるため、採用を渋られてしまう傾向が高いのです。

どうしても転職したい場合は、希望条件を緩くするなどの多少の妥協が必要になりそうです。

Q3. 転職におすすめの資格やスキルはありますか?

希望する業界や業種によって有利となるスキルや資格は異なります。

一例ではありますが、以下に営業職と事務・総務職におすすめの資格を紹介します。

営業職

  • ファイナンシャルプランナー
  • TOEIC
  • 中小企業診断士
  • 宅地建物取引士

事務・総務

  • 日商簿記
  • 社会保険労務士
  • メンタルヘルスマネジメント
  • 貿易実務
  • 医療事務
  • MOS
  • 秘書検定

これらの資格は、比較的広範な業界で通用する資格となっています。

重要なのは、企業がどんな人材を求めているかですので、応募する企業が求めるスキルを効率的に取得するように心掛けて下さい。

Q4. 転職面接の際の服装に決まりはありますか?

スーツがベストで、無ければオフィスカジュアルで面接に向かいましょう。

仮に「私服OK」や「服装自由」となっている場合でも、スーツで行く方が印象が良いです。

スーツであればスカートでもパンツでも構いません。

ただし、アパレル業界や美容業界であれば、ファッションセンスや個性を見られている可能性が高いので、面接を受ける企業やブランドの雰囲気に合った服装を心掛けて下さい。

Q5. 女性が使わない方がいいサイト・エージェントはありますか?

転職サイト・エージェントは「年代」と「狙う業界・業種」、そして「現在のキャリア」に合わせて選ぶべきです。

ですので、女性が使わない方がよいサイト・エージェントというよりは、自分に合っていないサイト・エージェントは利用すべきではありません。

基本的にどんなサイト・エージェントであっても、女性向け求人も保有していますし、女性のコンサルタントも在籍しています。

しかし、各サイト・エージェントで保有する求人やサービスの幅が異なるので、以下の記事も参考にじっくり検討してみてください。

Q6. 転職サイト・エージェントは何社くらい登録すべきですか?

サイトとエージェントを合わせて2~3社程度がおすすめです。

1社しか登録しない場合、好条件の求人を見逃してしまう可能性があります。

しかしながら、管理しきれないほど登録すると、むしろ大切な情報を見逃してしまったり、連絡が煩わしいと感じてしまったりすることもあるでしょう。

求人も手当たり次第に登録するのではなく、この記事で紹介したおすすめのサイト・エージェントを2~3社程度を活用すると、余裕をもって転職活動を行うことができます。

9. 関連記事

本章では、女性におすすめの転職先に関連する記事を紹介します。

併せて読むことで、女性の転職に関して理解を深めてみましょう。

転職サイト・エージェントについて
20代女性の転職について
30代女性の転職について
40代女性の転職について
その他転職ノウハウについて

10. 終わりに

ここまで女性の転職に関してお話してきましたが、いかがでしたか?

女性が転職先を選ぶ際には、人気だけでなく「自分のなりたい姿」「将来の目標」を踏まて逆算して決定するようにしましょう。

また、その為にはしっかりとした自己分析・キャリアの棚卸が必要ですので、自分にあった転職サイト・エージェントの利用がおすすめです。

以下に、この記事で紹介した女性におすすめの転職エージェントと転職サイトをご紹介しますので、ぜひ登録してみてください。

女性におすすめの転職サイト3選

女性におすすめの転職エージェント5

あなたの転職が上手く行くように心から祈っています。