徳島で転職したい薬剤師を100%成功に導く全知識

徳島 アイキャッチ

「徳島県内で、薬剤師として転職しようかな?」と考えていませんか?

徳島県は、病院や調剤薬局など薬剤師の働く職場は限られる上に、「適当に転職してしまい、想像以上に年収が低かった…」と失敗する人も多くいます。

このページでは、転職コンサルタントとして数多くの薬剤師転職をアドバイスしてきた知見と経験をもとに、徳島での薬剤師転職についてご紹介します。

  1. 徳島で働く薬剤師の年収は低い!
  2. 徳島薬剤師の年収が低いのは「ライバル」が多いから
  3. 徳島の求人例:都市部は幅広い求人があるが、年収は低め
  4. 徳島の薬剤師:市町村別求人
  5. 徳島で高年収求人を見つけるには?
  6. 徳島薬剤師の転職に強く、必ず登録すべき転職サイト5選

このページを読めば、徳島で働く薬剤師について理解が進み、「徳島での薬剤師としての働き方と転職」「徳島での薬剤師転職に強い求人サイト」がわかるでしょう。

<2019年11月:薬剤師転職の最新情報>

11月は、転職するには狙い目のタイミングです。

なぜなら、人員増強のための求人が出されやすく、期待の大きいポジションが出やすいためです。

ライバルに越されないよう準備をして、転職活動を有利に進めましょう!

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『薬キャリ』『マイナビ薬剤師』など)に登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後、転職エージェントからの連絡に細目に対応することがポイントです。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。

1. 徳島で働く薬剤師の年収は低い!

徳島で薬剤師として働く事になりました。徳島薬剤師の待遇や年収はどうでしょうか?

薬剤師として働く時に、仕事や職場は大切ですが、待遇や年収も同様に重要だと思います。しかし残念な事に、結論から申し上げますと、徳島で働く薬剤師の年収は低いと言えるのです。

薬剤師転職の業界大手である薬キャリが運営している「薬キャリPlus」では、都道府県別の薬剤師年収ランキングを公表していますのでご覧ください。

兵庫 転職 薬剤師

45位:徳島県 467万円 (全国平均:553万円)

参考:薬キャリPlus

上記の通り、徳島で働く薬剤師の年収は、全国平均より低い「467万円」となっています。

2. 徳島薬剤師の年収が低いのは「ライバル」が多いから

全国平均より年収が低いのですね…。その理由を教えてもらえますか?

2章では、徳島薬剤師の年収が低い理由をお伝えします。その理由は「薬剤師のライバルが多い」からです。

2-1. 徳島の人口数:0.59%

徳島県推定人口(2016年) :75万人(全国44位) 日本全国の0.59%

増減率(国勢調査比) : -4.3%

上記の通り、徳島の人口は全国44位であるばかりか、増減率でも-4.3%と人口はどんどん減少していくと考えられます。この傾向はしばらく続くと予想されており、人口が減れば減るほど薬剤師が働く職場も減っていくと考えて良いでしょう。

2-2. 薬学部を持つ大学:2.7%

徳島県にある薬学部を持つ大学は2校

  • (国立)徳島大学
  • (私立)徳島文理大学

徳島県には、薬学部がある大学が2校あります。全国には計73校の薬学部がある大学があり、このうちの2.7%が徳島にある計算になります。たった2校なのですが、この数字は、全国における徳島県の人口比率(0.59%)の5倍弱も高く、人口集中度より薬剤師集中度の方が高いのです。

もちろん徳島の薬学部を卒業して、薬剤師以外に製薬企業などに就職する人も一定いますが、地方から徳島に転勤で引っ越ししてくるケースも多く、薬剤師の過剰状態は今後も続くと考えられています。

ご説明した通り、「徳島薬剤師の年収が低い」現象は、「薬剤師求人数より薬剤師の方が割合が大きい」事が原因となっているので、しばらく改善される事はないでしょう。給料アップを目指すなら、徳島県内転職は難易度が高いと言えます。

3. 徳島の求人例:都会は幅広い求人があるが、年収は低め

徳島薬剤師の年収が低い事はよく理解できました。場所によって求人や待遇の違いはありますか?

3章では、徳島県の薬剤師求人について、都市部・地方に分けてご紹介します。薬剤師転職大手サイトのファルマスタッフで探すと、下記のような求人が見つかりました。

3-1. 徳島の都市

徳島は四国地方の中では関西圏と近く、明石海峡大橋がある事から関西主要都市との交通が便利な県です。特に県庁所在地である徳島市は、高い薬剤師人気を誇ります。都市部以外だと、徳島市から離れる三好市や阿南市となるとやや人気は劣るようで、薬剤師の年収・時給も良くなる傾向にあります。

3-2. 都市部の求人

【徳島市】の求人:病院

3-3. 地方の求人

【三好市】の求人:調剤薬局

【阿南市】の求人:調剤薬局

都市部と比較すると、求人の種類や数は減ってしまうものの、年収はアップする事がひと目でわかります。都市部だと年収600万円求人はほとんどありませんが、地方だと半分以上が600万以上の提示が可能な求人になっています。

【参考】徳島の薬剤師会は・・・?

徳島県薬剤師会は、徳島県全土に支部を持つ薬剤師会で、薬剤師の資質向上や地域社会とのコミュニケーションを図るよう運営されています。特に薬剤師の育成には力を入れており、研修会・講習会が定期的に行われています。

4. 徳島の薬剤師:市町村別勤務地

徳島で薬剤師として働くのですが、家の近くではどのような職場があるのでしょうか?

4章では、徳島の市町村別の勤務地をご紹介します。

人口調剤薬局ドラッグストア病院企業
徳島市258,18936111
阿南市72,36611
鳴門市58,5226
吉野川市40,9282
小松島市38,26410
阿波市36,652
藍住町34,7993
美馬市30,03342
三好市26,2653
石井町25,462
北島町22,5771
松茂町15,1631
東みよし町14,5041
板野町13,38121
上板町11,9052
海陽町9,1601
つるぎ町8,6952
那賀町8,1653
美波町6,9202
勝浦町5,203
神山町5,152
牟岐町4,166
佐那河内村2,258
上勝町1,481
合計750,21090231

考:薬キャリ

4-1. 吉野川市・阿波市は調剤薬局数が少ない

徳島の調剤薬局は、徳島市・阿南市・小松島市に集中しています。市内に住む薬剤師の方は勤務地に苦労される事は無いでしょう。

一方、吉野川市・阿波市には、人口に比べて調剤薬局数が極めて少ない事が分かります。両市に移転される薬剤師は、勤務先の確保や入職後の人間関係にしっかり注意される事をおすすめします。

4-2. ドラッグストア・病院の勤務先は少ないので注意

徳島で薬剤師として勤務できるドラッグストアは県全体で2件病院は県全体で3件(2017年)でした。

勤務先がこれほど少ない理由は、県人口が少ない事に加え、ドラッグストア・病院勤務する人員が固定されている事が挙げられます。突然の人員募集で薬剤師採用する職場があったとしても、中途採用の受け入れに慣れておらず、人間関係に悩む薬剤師の方もいらっしゃいます。

薬剤師として徳島に移転される方は、転職コンサルタントに職場の内情をヒアリングするなど、ぜひご注意ください。

5. 徳島で高年収求人を見つけるには?

では、徳島で高年収求人を見つけるには、どうすれば良いのでしょうか?

4章までの内容から、徳島には薬剤師勤務地も、高年収求人も少ない事がわかりました。少ない高年収求人を見つけるためには、以下の3つのコツを試すと良いでしょう。

徳島で高年収求人を見つけるコツ3選

  • 地方×調剤薬局・ドラッグストアを狙う
  • 薬剤師転職サイトに複数登録する
  • 転職コンサルタントに年収交渉をお願いする

5-1. 地方×調剤薬局・ドラッグストアを狙う

一つ目のコツは、地方都市求人を狙う事です。

地方になればなるほど薬剤師人気が下がる事から、提示される年収はアップする傾向にあります。狙い目は調剤薬局とドラッグストアです。高年収求人の探し方を詳しく知りたい方は、薬剤師が高年収で転職するために必要な全知識を参考にしてください。

5-2. 薬剤師転職サイトに複数登録する

二つ目のコツは、薬剤師転職サイトに複数登録する事です。

高年収求人は人気なため、常に求人サイトに載っているわけではありません。あなたが一つの求人サイトで転職活動を進めているならば、より良い条件の求人に出会わない可能性があります。最初に3つ程度の転職サイトに登録し、高年収求人を探すようにしましょう。

『リクナビ薬剤師』によると、薬剤師の転職サイト登録数は平均2.7件です。

5-3. 転職コンサルタントに年収交渉をお願いする

最後のコツは、転職コンサルタントに年収交渉をお願いする事です。

意外に思う方も多いのですが、給与や勤務日数などの就業条件は、企業と交渉することで条件アップさせることが可能です。どこの職場も薬剤師を必要としているので、多少の条件は飲んでも薬剤師を採用したいと考えているのです。

とはいえ、内定をもらった後に本人の口から条件交渉するのは気が引けますよね。そんな時こそ転職コンサルタントの出番。直接企業と条件交渉をお願いすることができます。7〜8割のケースで条件アップが出来るので、ぜひ転職コンサルタントに交渉をお願いしましょう。

転職コンサルタントへの相談が不安な方は、薬剤師のための転職エージェント全知識|1から理解し徹底活用!を参考にして下さい。

6. 徳島薬剤師の転職に強く、必ず登録すべき転職サイト5選

徳島で薬剤師として働く事を決めました!それではどこの転職サイトに登録すると良いでしょうか?

薬剤師が徳島で働くには、高年収求人を探すことが一番の問題です。徳島薬剤師の転職に強いサイトを5つピックアップしましたので、目的に沿って少なくとも3つ程度登録しておく事をおすすめします。

登録自体は3分程度です。もちろん完全無料で費用等は一切かかりません。

徳島求人数提案力サポート特徴
薬キャリコンサルタントに外れが無く、サポートも迅速。全ての人におすすめ。
マイナビ薬剤師全国主要都市で面談を実施。面接が不安な人におすすめ。
アプロドットコム
業界1位
徳島求人数:業界1位。希望の求人地域がある人に特におすすめ。
リクナビ薬剤師優秀なコンサルタントが多く、高年収ドラッグストア求人に強み。
ファルマスタッフ調剤薬局求人に圧倒的な強み。薬局への転職希望者におすすめ。

6-1. 薬キャリ|サポートが迅速・全ての人におすすめ

スクリーンショット 2016-02-23 22.33.57

エムスリーキャリア(薬キャリ)』は、大手メーカーであるソニーグループが運営する薬剤師転職支援サイトです。15年以上前から医療業界に特化したビジネスを行っていたこともあり、病院や医療施設などにおいて圧倒的な知名度を誇ります。

その特徴は何と言ってもオールマイティさ。転職人気の高い病院薬剤師(業界1位)や、調剤薬局(業界3位)以外にも、企業薬剤師求人数も業界1位と様々な薬剤師転職に強い転職サイトです。病院とのコネクションが強く、業界や転職の裏事情にも強いと評判です。

どんな仕事が自分に合うか考えている薬剤師希望者は、『エムスリーキャリア(薬キャリ)』に登録してみましょう。あなたに合ったの薬剤師求人を探す事ができますよ。

口コミ・評判

K. S. さん(20代後半)
病院→調剤薬局
大学同期の友人と比較すると年収の低さがずっと気になっており、病院から調剤薬局への転職を検討していました。
特に良かった転職サイトは薬キャリです。年収アップが目的であることを伝えると、すぐに高年収求人を紹介頂け、さらに自宅から職場までのルートと時間を併せてメールしてもらえました。
その後のフォローもとても速く、なにより担当の方が親身に対応してくれたのでスムーズに転職することができました。

公式サイトを見る

6-2. マイナビ薬剤師|面談でのサポート力が高い

マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』は、リクルートと並ぶ転職業界最大手のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職支援サービスです。マイナビグループの知名度と営業力を活かして全国の求人情報を網羅し、豊富な求人数を抱えているのも特徴です。

マイナビ薬剤師は応募者との「面談」に力を入れており、親身にアドバイスをしてくれる事で有名です。全国の主要都市に支店を持っており、特に地方在住の薬剤師の方は、ぜひ登録をおすすめします。
公式サイトを見る

6-3. アプロドットコム|徳島求人1位・全国求人2位・独立系

アプロドットコム

『アプロドットコム』は1998年に設立された独立系の薬剤師転職支援サービスです。

アプロドットコム』は独立系の薬剤師転職サービスとしてスタートしているので調剤薬局などの後ろ盾が無く、「転職希望者のニーズを徹底的に聞いて求人を探す」事をモットーに成長してきました。「XX駅の近くで」と要望があった時は、XX駅周辺の調剤薬局に全てコンタクトを取って求人を探す事を続け、薬剤師求人全体でも業界2位の求人を誇る規模に成長しました。

独立系ですので、特定の求人を強くおすすめされる事もありません。今の職場に満足しておらず、フラットに次の働き方を考えている人は、必ず登録しておきましょう。
公式サイトを見る

6-4. リクナビ薬剤師|徳島求人2位・コンサルタントが優秀・ドラッグストアに強み

リクナビ薬剤師

『リクナビ薬剤師』は、人材紹介最大手のリクルートが運営する薬剤師を専門に扱ったサイトで、高い評判と多くの転職実績があります。

「調剤薬局併設ドラッグストア」求人数は業界1位と、大手とのコネクションが強いリクナビ薬剤師ですが、リクナビの強みは何と言っても「日本一の人材紹介会社」としてのノウハウが豊富で優秀なコンサルタント。自身の希望に沿った求人紹介だけでなく、希望のドラッグストアから欠員補充採用があった際に、いち早く連絡をもらう事ができます。

特に初めて転職する方は、『リクナビ薬剤師』の転職コンサルタントに相談して損は無いでしょう。ネット上での登録の後、必ず対面での面談を申し込む事をおすすめします。
公式サイトを見る

 6-5. ファルマスタッフ|全国求人1位・調剤薬局に強み

『ファルマスタッフ』大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループ会社が運営する薬剤師転職支援サービスです。もともと、出身母体である調剤薬局を中心に扱っていたサイトですので、調剤薬局求人(業界1位)に留まらず、薬剤師転職求人全体でも業界1位です。

『ファルマスタッフ』では、1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、職場の状況を具体的にヒアリングしているようです。そのため、求人情報の濃さは折り紙つきで、職場の雰囲気や経営状況、残業などの忙しさなど、求人企業に不利な情報でもしっかりと求人に反映されています。

このようなしっかりとデメリット情報まで伝えるというファルマスタッフの姿勢は本当に良い薬剤師転職支援サービスだという評判です。
公式サイトを見る

さいごに

徳島での薬剤師の働き方について、コツやノウハウをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

お伝えした通り、徳島での薬剤師は「勤務地が少ない」「年収が上がらない」デメリットがあります。

ポイントは高年収求人を見つけるコツを知る徳島薬剤師に強い転職サイトに複数登録するの2点。これだけで満足いく転職可能性を高める事ができます。転職成功に向けてトライしてみる事をおすすめします!

徳島薬剤師の転職に強く、必ず登録すべき転職サイト5選

※薬剤師が転職する時の注意点

薬剤師は転職率が高く、「年収アップ」などの理由で転職する人が多い業界ですが、職場雰囲気の悪さや長時間労働に後悔するケースが多いのも事実です。薬剤師の転職で失敗しない!体験談と転職ノウハウの全てを見て、後悔しない転職を実現してください。

特に初めて転職する人は、職場雰囲気のヒアリングや面接対策などのため、転職エージェントを活用することをお勧めします。薬剤師のための転職エージェント全知識|1から理解し徹底活用!を参考にすると良いでしょう。

転職活動は、将来のキャリアや待遇などに悩み、すぐに決められるものではありません。しっかり考えた上で、次の一歩を踏み出してくださいね。

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。