マイケルペイジは利用すべき?500人の評判とその真偽を検証した結果

マイケルペイジ

『マイケルペイジ』に本当に登録すべきなのか、信用できる評判を見てから決めたいですよね。

私は転職エージェントとして長く働いておりますが、既存のネット上にある情報は「素人」が片手間に書いていて誤りが多い上に、評判もアンケートをしている層に偏りがある印象を受けるので、うのみにしてしまっては危険と感じております。

そこで、このページでは『マイケルペイジ』について、幅広い「年齢」「性別」「年収」「業界」の人たち計500人以上からアンケート調査し、信用できる評判・口コミを集めました。

それが事実なのかどうかも、転職エージェントのネットワークと知見を活かして、業界内部の情報をもとに検証していくことで、下記の流れで「マイケルペイジ」の特徴を余すことなくお伝えします。

  1. 『マイケルペイジ』の総評|他エージェントと比較して
  2. 『マイケルペイジ』のメリットと評判・口コミ
  3. 『マイケルペイジ』のデメリットと評判・口コミ
  4. 『マイケルペイジ』がおすすめな人
  5. 『マイケルペイジ』の評判・口コミ一覧

全て読めば、自分が『マイケルペイジ』に登録すべきかどうか自信をもって判断でき、転職の第一歩を踏み出せるようになるでしょう。

マイケルペイジ公式サイト:
http://www.michaelpage.co.jp/

1. 『マイケルペイジ』の総評|他エージェントと比較して

マイケルペイジの総合評価

『マイケルペイジ』は、世界34カ国で人材ビジネスを展開する外資系転職エージェントの大手です。

合計500名に対して行った全16社の大手総合転職エージェントの評価に関するアンケートの結果、『マイケルペイジ』の評価は下記の通りでした。

  総合順位コメント
総合評価14位年収が700万以下の口コミは低評価。ハイキャリア向け。
求人の質・量12位高収入の外資求人に強み。
提案力11位外資転職に関する専門性が高く、安心。
サポート体制16位年収や専門性が高くない場合は連絡すらこない可能性がある

調査結果から、メリット・デメリットは下記の通りでした。

メリット
  • 外資転職に関する専門性が高い
  • スピード感がある
デメリット
  • 敷居が高い
  • 転職市場価値が低いと厳しい

総合すると、しっかりとした専門スキルを持っていて、外資系求人で欲しい人にはおすすめの転職エージェントです。

ただ、同じくハイクラス向けの転職エージェントだと、以下に紹介するものの方が求人数でも口コミでもずっとおすすめなので、併用する形で、幅広い独占案件に触れられるようにしておくのが良いでしょう。

2. 『マイケルペイジ』のメリットと評判・口コミ

口コミを分析すると、メリットは大きく下記2点でした。

  • 外資転職に関する専門性が高い
  • スピード感がある

それぞれ実際の口コミを用いながら解説します。

2-1. 外資転職に関する専門性が高い

『マイケルペイジ』は、世界34カ国で人材ビジネスを展開している老舗の転職エージェントだけあって、外資の案件に関しては非常に頼りがいがあるという評価が見られました。

口コミ・評判

コンサル・30代前半・男性・年収1000万以上
総合評価:★★★★☆4

以前、マイケルペイジに依頼しオファーを獲得できました。

日系企業からの転職だったので、不安もありましたが「日系からでも何人もこの業界には転職しているから安心して」と力強くプッシュしてもらい、色々相談しても理解力がしてもらえたので、相当業界に詳しい印象を受けました。

求人の質も高かったので、総じて満足しています。

口コミ・評判

金融・20代後半・男性・年収900万台
総合評価:★★★★★5

他にも日経のエージェントを利用しましたが、どこも外資の業務についての理解度が低いと感じていましたが、マイケルペイジは外資系企業の老舗だけあって、話がしっかりと通じ、ストレスなく転職活動ができました。

裏付け調査結果「40年以上の実績と外資系なのにチームワーク重視のノウハウ共有体制に強み」

外資に対する専門性で言えば、40年以上の実績があり、世界34カ国で人材ビジネスをしているという実績があります。

それ以外の仕組み的では、マイケルペイジならではの下記の2つのことが調査の結果わかりました。

  • チームワークを重視
  • インセンティブ報酬ではなく、固定給に比重

その結果、離職率が低く、社内でノウハウ共有が進んでいるという強みがあります。

2-2. スピード感がある

リストラされてすぐに転職を決めたい方をはじめ、すぐに転職を決めたい人からとても高評価でした。

口コミ・評判

マーケティング・30代前半・男性・年収800万
総合評価:★★★☆☆3

あっさりとしたコンサルタントが多く、淡々としていました。

スピード感があり、リストラ後早目に転職先を決めたかった私としてはよかったです。

しかし、何度連絡しても返信のないコンサルタントもいて、その点は印象が悪いです。

口コミ・評判

営業・30代後半・男性・年収1000万以上
総合評価:★★★★☆4

マイケルペイジは進め方が速かったのが印象的です。(2週間で内定が決まりました)

案件を紹介してくれる担当の方も紹介にとても積極的だったので、いいエージェントだと思います。

裏付け調査「キャリアアドバイザーごとに案件を保有しているため、レスポンスは速い」

マイケルペイジでは、各キャリアアドバイザーごとに担当の案件を保有しているので、すぐに転職を決定したいという思惑からスピーディーに選考が進みます。

これは『JACリクルートメント』や、『ロバート・ウォルターズ』などの外資系企業など、キャリアアドバイザーごとに案件を保有タイプはどこも見られる特徴です。

3. 『マイケルペイジ』のデメリットと評判・口コミ

口コミを分析すると、デメリットは大きく下記2点でした。

  • 敷居が高い
  • 転職市場価値が低いと厳しい

それぞれ実際の口コミを用いながら解説します。

3-1. 敷居が高い

年収700万以下の人には、かなり対応が悪いとの評判が多く見られました。

口コミ・評判

営業・30代前半・女性・年収500万台
総合評価:★☆☆☆☆1

応募しましたが、返信すらありませんでした。

市場価値が低い人に対しては、連絡すらしないというスタンスなのでしょうか。

口コミ・評判

財務・30代前半・男性・年収600万台
総合評価:★☆☆☆☆1

紹介できる求人がほとんどないと言われました。

他社では経験したことがないので、敷居の高さを感じました。

キャリアに自信のある人以外、A社などの方がいいのかと思います。

裏付け調査結果「真偽は不明。ただ、年収ではなく専門性があるかという部分が大きい可能性が高い」

実際にマイケルペイジの求人データベースを調べてみると、下記の通り、年収が700~800万円の求人が最も多くのボリュームを占めていることがわかります。

※2019年11月調べ

なので、「単に年収が低くて紹介する案件がないから連絡しない」という訳ではなく、「スキルや専門性が低く、紹介する求人がない」という可能性が高いです。

もちろん、スキルが対応のルールに関しては、コンサルタントによる部分が大きいと思います。

3-2. 転職市場価値が低いと厳しい

転職市場価値が低いと判断されると、連絡しても返信がないなど、対応があまり優れないという声が多数見受けられました。

口コミ・評判

総合評価:★☆☆☆☆1

最悪でした。コンサルタントから求人を紹介され、応募するもその後返信なし。

何度リマインドしても、確認して後ほど連絡するといわれ放置。

そのコンサルタントだけなのかもしれませんが、マイケルペイジという会社についてとても悪い印象がついてしまいました。

口コミ・評判

総合評価:★☆☆☆☆1

放置系のエージェントです。

他の外資系エージェントでもありましたが、連絡しても返信なしといったことが多いです。

おそらく私よりもっといい候補者が見つかったとかそういう理由だと思うのですが、それにしても社会人なら返信するのが当たり前だと思っていたので、非常に残念でした。

そういうものだと割りきって使うのがいいのかもしれません。

裏付け調査結果「真偽は不明。効率重視で忙しい転職エージェントではよく聞く特徴」

コンサルタント次第といってしまえばそれまでですが、効率重視の転職エージェントを使った人からよく聞く意見です。

そういった効率重視の会社では、高いKPI(数値目標)が細かく決まっており、どうしても成果につながる確率が低い案件は見切りをつけないと達成できない場合もあります。

実際に、「マイケルペイジ」ではありませんが、某転職エージェントからこのような話を聞きました。

  • うちは数値目標がすごい高くて、毎月かなりしんどいです。余裕があるときは対応できるけど、中旬以降で達成が微妙なときとかは、アポのハードルは上げるようにしたりしてるかな。

なので、登録するとしても返事来たらラッキーくらいの心持ちでの登録をおすすめします。

4. 『マイケルペイジ』がおすすめな人

総合すると、しっかりとした専門スキルを有していて、できれば年収700万円以上の外資系求人だけ欲しい人にはおすすめの転職エージェントです。

ただし、その際はコンサルタントとの相性が重要ですので、以下のエージェントをおすすめします。

実際にこれらの転職エージェントは、『マイケルペイジ』の利用者が同時に利用して満足度の高い転職エージェントでした。

以下で詳しくご紹介します。

『JAC Recruitment』

JACリクルートメント

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては、国内実績No.1です。

総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については、間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

JACリクルートメント公式サイト

http://www.jac-recruitment.jp/

『ランスタッド』

ランスタッド社

ランスタッド』は、人材派遣をメインに、世界39カ国で人材ビジネスを展開する世界最大級の外資系企業です。

年収1000万円以上の外資系求人を多く保有しており、外資系転職に強みがある転職サイトです。

求人数も多く保有しているため、どんな求人があるか気になる方は、登録して聞いてみるといいでしょう。

公式サイト:https://randstad.co.jp

『ビズリーチ』

スクリーンショット 2015-09-22 9.40.23

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

場合によっては、2000万越え案件もあり、特に外資系案件に強いです。

約1700名のヘッドハンターが登録しており、数では約600名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位といえます。

一度登録し、連絡があったヘッドハンターとあってみると、あなたのキャリア観を変えるような発見があるかもしれません。

ビズリーチ公式サイト:

https://www.bizreach.jp/

パソナキャリア

パソナキャリア』は、大手の中でも特にキャリアコンサルタントが特に親身だと評判の良いエージェントです。

最大手のリクルートに比べて転職検討段階の方やキャリアの浅い方にも優しく対応してくれるとの評判なので、ハードルが高く感じられる人はまずはパソナキャリアを推奨します。

ハイクラスの求人も多く保有していて、スピード感をもって対応してくれる傾向にあるためおすすめです。

公式サイト:http://pasonacareer.jp/

また、専門性に欠けるという意見もありましたので、物足りない方は下記の業界特化型のエージェントに登録してみましょう。

ご自身が気になったものをチェックしてみてください。

 おすすめエージェント業界別解説サイト
IT・Web

レバテックキャリア

IT人材におすすめな転職エージェント目的別8選と活用法
海外ランスタッド海外就職でも困らない!目的・国別の転職エージェント20選
外資JACリクルートメント外資転職でキャリアアップ!おすすめ転職エージェント12選
アパレルクリーデンスアパレル業界の転職で使う価値あるエージェント4選と活用法
第2新卒ハタラクティブ第二新卒でキャリアアップするための転職エージェント13選
女性パソナキャリア女性の気持ちをわかってくれる転職エージェント5選と活用法
管理職エグゼクティブJACリクルートメントプロが教えるエグゼクティブが使うべき転職エージェント4選
看護師看護roo看護師さん723人が選んだ転職サイトおすすめランキング
薬剤師薬キャリ騙されるな!15サイト比較してわかった本当におすすめの薬剤師転職サイト

5. 『マイケルペイジ』の評判・口コミ一覧

全15件の『マイケルペイジ』の口コミをご紹介します。

口コミ・評判

コンサル・30代前半・男性・年収1000万以上
総合評価:★★★★☆4

以前、マイケルペイジに依頼しオファーを獲得できました。

日系企業からの転職だったので、不安もありましたが「日系からでも何人もこの業界には転職しているから安心して」と力強くプッシュしてもらい、色々相談しても理解力がしてもらえたので、相当業界に詳しい印象を受けました。

求人の質も高かったので、総じて満足しています。

口コミ・評判

金融・20代後半・男性・年収900万台
総合評価:★★★★★5

他にも日経のエージェントを利用しましたが、どこも外資の業務についての理解度が低いと感じていましたが、マイケルペイジは外資系企業の老舗だけあって、話がしっかりと通じ、ストレスなく転職活動ができました。

口コミ・評判

マーケティング・30代前半・男性・年収800万
総合評価:★★★☆☆3

あっさりとしたコンサルタントが多く、淡々としていました。

スピード感があり、リストラ後早目に転職先を決めたかった私としてはよかったです。

しかし、何度連絡しても返信のないコンサルタントもいて、その点は印象が悪いです。

口コミ・評判

営業・30代後半・男性・年収1000万以上
総合評価:★★★★☆4
マイケルペイジは進め方が速かったのが印象的です。(2週間で内定が決まりました)案件を紹介してくれる担当の方も紹介にとても積極的だったので、いいエージェントだと思います。

口コミ・評判

営業・30代前半・女性・年収500万台
総合評価:★☆☆☆☆1

応募しましたが、返信すらありませんでした。

市場価値が低い人に対しては、連絡すらしないというスタンスなのでしょうか。

口コミ・評判

財務・30代前半・男性・年収600万台
総合評価:★☆☆☆☆1

紹介できる求人がほとんどないと言われました。

他社では経験したことがないので、敷居の高さを感じました。

キャリアに自信のある人以外、A社などの方がいいのかと思います。

口コミ・評判

メーカー・30代前半・女性・年収400万代
総合評価:★☆☆☆☆1

外資への転職を考えていたので、老舗エージェントだからという理由で登録しました。

結果は、面談後一切の連絡なし。

他のエージェントではこんなことなかったのに…敷居の高さを感じました。

口コミ・評判

総合評価:★☆☆☆☆1

コンサルタントから求人を紹介され、応募するもその後返信なし。

何度リマインドしても、確認して後ほど連絡するといわれ放置。

そのコンサルタントだけなのかもしれませんが、マイケルペイジという会社についてとても悪い印象がついてしまいました。

口コミ・評判

総合評価:★☆☆☆☆1

放置系のエージェントです。

他の外資系エージェントでもありましたが、連絡しても返信なしといったことが多いです。

おそらく私よりもっといい候補者が見つかったとかそういう理由だと思うのですが、それにしても社会人なら返信するのが当たり前だと思っていたので、非常に残念でした。

そういうものだと割りきって使うのがいいのかもしれません。

口コミ・評判

総合評価:★☆☆☆☆1

印象最悪のエージェントです。

なぜかというと、上から目線の発言が多く、仕事を紹介してやってるという雰囲気を感じてしまうからです。

しかも、知識も少ない若手の人だったので、余計にこの会社のサービスに疑問を持ちました。

外資系の案件でも、リクルートエージェントやdodaのような日系のエージェントの方が私には相性がよかったようです。

口コミ・評判

総合評価:★★★★☆4

他にも外資系の転職エージェントを利用しましたが、あまり変わらない印象です。
・外資の求人が多い(自分の目標のために案件を押し付けてくる人も多い)
・とにかく選考のスピードが速い
・レジュメなどのサポートはほとんどなし
最初は戸惑いましたが、こういうものだと思って利用したほうがストレスないかと思います。

口コミ・評判

総合評価:★☆☆☆☆1

応募するも何の連絡ももらえませんでした。

忘れられてしまったのか、連絡する価値もないと思われてしまったのかわかりませんが、普通連絡くらい返すものだと思うのですが…。

後味が悪かったので、おすすめしません。

6. まとめ

『マイケルペイジ』は、しっかりとした専門スキルを有していて、できれば年収700万円以上の外資系求人だけ欲しい人にはおすすめの転職エージェントです。

その際は、マイケルペイジのみならず、以下に紹介するエージェントも併用するようにしましょう。

それ以外の転職エージェントも検討したいという場合は、「転職エージェントおすすめランキング|500人の評判比較!」のページで、他の転職エージェントの評判もご紹介しているので参考にしてみてください。

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。

あなたの転職エージェントの感想を教えてください

当サイトでは、皆さんの転職エージェントの評価・感想を募集しております。

下記のリンク先のページから、感想をご入力いただければ幸いです。ご協力お願いいたします。

評判を投稿する