マーケティング転職におすすめの転職サイト9選|転職のプロが教える後悔しない選び方

マーケティング転職サイトおすすめ

「マーケティング職に転職したいけれど、どの転職サイトを見れば良いのかわからない」と、悩んではいませんか?

転職後に後悔しないためにも、転職サイトを選ぶ時は、自分の目的に合ったものを選択することが大切です。

このページでは、転職エージェントとしてマーケティング職を始めとした多くの転職を支援してきた私が「どの転職サイトを選ぶべきか」「マーケティング転職において知っておくべきこと」を詳しく説明します。

  1. おすすめのマーケティング転職サイト9選
  2. マーケティング職の転職事情|今マーケティング職に転職するべき理由
  3. 次の転職にも役立つ、マーケティング職への転職価値
  4. 転職サイトだけでは不十分?マーケティング職への転職で知っておくべきこと
  5. マーケティング転職サイトをより効果的に利用する7ポイント
  6. 【図解】マーケティング転職サイト利用の流れ
  7. 【FAQ】マーケティング職に転職する際によくある質問

最後まで読んでいただければ、必ず満足のできる転職サイトを見つけられること、そして満足のいく転職の実現を手助けできることをお約束します

1. おすすめのマーケティング転職サイト9選

マーケティング職への転職におすすめのサイトを、目的別に分類しました。

それぞれの特徴を確認した上で、あなたに1番合う転職サイトを選んでいきましょう。

 1-1. キャリア相談したい人向け

キャリアの相談に乗ってほしい、という方には、サポートの手厚い以下の4つのサイトがおすすめです。

特にパソナキャリアは、転職エージェントサービスが充実しており、自分で求人を見るだけでなく、プロのキャリアアドバイザーの意見も聞きながら転職を進めることができます

パソナキャリア|サポート充実で満足度No.1

手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方には特におすすめです。

人材派遣領域で業界最大手の『パソナ』が運営しており、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実。例えば、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.2」とマイナビエージェントに次ぐ実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの1社です。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、『案件総数・内定決定数ともにNo.1』の実績を持つ国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルで、『他の転職エージェントで求人数がほぼない職種でも、リクルートならある』との口コミが見受けられるくらいなので、地方での転職や、40代以上の転職であってもおすすめすることができます。

また、年収750万円以上での転職を検討されているハイクラス層な方向けに『キャリアカーバー(by リクルート)』も運営しており、そこも合わせて幅広い層からの指示が集まっていました。

まずは登録してみて、自身の希望する求人があるかどうか確認してみると良いでしょう。

リクルートエージェント公式サイト:
https://r-agent.com/

GEEKLY|IT・WEB・ゲーム業界への転職なら

Geekly』はIT・Web・ゲーム業界を専門としていて、特にゲーム業界への転職に強い転職エージェントです。

実際、GREEなどのメガベンチャーと呼ばれる企業から、gumiなどの急成長ベンチャー企業の案件を多数保有しています。

また、元Web・ゲーム業界のエージェントが多いことに加え、リクルートが選ぶ優秀エージェント賞で1位を獲得するなど実績も十分です。

実際、「700人を対象に行ったGeeklyの評判に関するアンケート」でも、Web・ゲーム領域における求人数が豊富なために、Geeklyの利用に満足したという方が非常に多かった印象です。

ゲーム業界の企業を見たい方は登録することをおすすめします。

対象:ゲーム業界志望のエンジニア、クリエイター、営業・コンサル、Webマーケター(首都圏)

Geekly公式サイト:
https://geekly.co.jp

JAC|ハイクラス転職実績No.1

JACリクルートメント

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

パソナキャリア』や『マイナビエージェント』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

全国の求人数3,500件以上
拠点

東京(本社)
茨城・栃木・群馬・埼玉・横浜・山梨・長野・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島

提案力4.2
★★★★☆
公式ページhttp://jac-recruitment.jp/

1-2. 求人をとにかく見たい

とにかく多くの求人を見たい、という方には、求人数の多い以下の3つのサイトがおすすめです。

特にリクルートエージェント業界最大級の求人数を誇っているため、どんな求人があるか見るだけでも転職の参考になります。

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、『案件総数・内定決定数ともにNo.1』の実績を持つ国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルで、『他の転職エージェントで求人数がほぼない職種でも、リクルートならある』との口コミが見受けられるくらいなので、地方での転職や、40代以上の転職であってもおすすめすることができます。

また、年収750万円以上での転職を検討されているハイクラス層な方向けに『キャリアカーバー(by リクルート)』も運営しており、そこも合わせて幅広い層からの指示が集まっていました。

まずは登録してみて、自身の希望する求人があるかどうか確認してみると良いでしょう。

リクルートエージェント公式サイト:
https://r-agent.com/

Green|60%が企業のスカウトで転職

Green』は、キャッチーな広告と、「完全成功報酬型」で着実にシェアを拡大している転職サイトで、求人数はIT業界トップと言えます。

実際、「700人を対象に行ったGreenの評判に関するアンケート」の結果、Greenの求人数・求人の質に満足した方が非常に多かったです。

また、サイト内の特集記事・スカウト機能も充実しており、特集記事を通じて業界研究・企業研究に活かした方や、企業スカウトから、実際に内定を獲得した方も多いです。

特集記事を読むだけでも転職活動の情報収集に有用なため、ぜひ一度登録してみることをおすすめします。

Green公式HP:
https://www.green-japan.com/

ビズリーチ|CMで有名なヘッドハンティング型サイト

ビズリーチ評判

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約1700名のヘッドハンターが登録しており、数では約600名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

ビズリーチ公式サイト:
https://bizreach.jp/

1-3. マーケ責任者・CMOなど非公開求人を探すなら

ハイクラスの非公開求人を探すなら、以下の3サイトをおすすめします。

ハイキャリアでの転職を目指すのであれば、通常の転職サイトではなく、ハイキャリア専用のサイトに登録すると、効率よく転職を進めることができます。

JAC|ハイクラス転職実績No.1

JACリクルートメント

JAC Recruitment』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

パソナキャリア』や『マイナビエージェント』のような総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルといえるでしょう。

キャリアやスキルに自信のある方は、必ず登録すべきエージェントです。

全国の求人数3,500件以上
拠点

東京(本社)
茨城・栃木・群馬・埼玉・横浜・山梨・長野・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島

提案力4.2
★★★★☆
公式ページhttp://jac-recruitment.jp/

ランスタッド|年収800万円以上の外資求人

ランスタッド』は、人材派遣をメインに、世界39カ国で人材ビジネスを展開する世界最大級の外資系転職エージェントです。

特に、海外転職や外資系転職には強みがあり、独自案件も保有しているので、いずれ年収800万円以上を目指す方にはおすすめです。

ランスタッド公式サイト:
https://randstad.co.jp

CAREER CARVER|ハイキャリアのヘッドハンティング型転職なら

スクリーンショット 2015-11-15 15.20.21

キャリアカーバー(by リクルート)』は国内最大手のリクルートが運営する、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです

レベルの高いコンサルタント(ヘッドハンター)を自ら選んで相談をすることもできれば、レジュメを登録して好条件のスカウトも待つこともできます。

また、年収800万円以上の求人は約28,000件(2020年5月時点)と、高年収を狙う方であればすべての方におすすめできる転職サービスです。

気になる方は、ぜひ一度登録してみることをおすすめします。

公式サイト:
https://careercarver.jp/

1-4. その他のマーケティング転職サイト

地方でマーケティング職への転職を考えるのであれば、以下の転職サイトがおすすめです。

dodaは全国の求人を幅広く取り揃えているため、自分の希望する勤務地で簡単に求人を探すことができます。

doda|業界最大級。20代30代は登録必須

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

補足:転職エージェントを使うのもおすすめ

転職サイトは「自分で求人を探すためのもの」ですが、転職エージェントを利用すると、希望に合う求人の紹介面接対策などのサービスを受けることができます。

そんな転職エージェントを使うべき人と、使わなくてもいい人の特徴を表にまとめました。

使うべき人使わなくてもいい人
  • 自分の強みがわからない
  • 条件交渉をしてほしい
  • 応募する企業がすでに決まっている
  • 志望理由などが明確で、転職の意思が固まっている

転職サイトの中には、パソナキャリアなどのエージェント機能を兼ね備えているものもあります。

自分にあった転職サービスを利用し、転職活動を効率的に進めていきましょう。

2.マーケティング職の転職事情|今マーケティング職に転職するべき理由

マーケティング職への転職を考えるにあたって、「本当に今、マーケティング職に転職してもいいのか?」という点は、やはり気になりますよね。

結論から申し上げると、マーケティング職への転職は、今だからこそ行うべきです。

WEBマーケティングの必要性が高まってきた昨今、マーケティング職の価値はどんどん高まってきています

ここから先は、そんなマーケティング職の転職事情について、詳しくお伝えします。

2-1 マーケティング職の市場動向

現在マーケティング職の市場は、いわば「売り手市場」です。

2019年2月~2019年4月における管理部門、企画・マーケティング部門の求人数は、2018年11月~2019年1月と比較するとほぼ同数で推移。

出典:doda(2019年5月発行 職種別マーケットレポート 企画・マーケティング部門)

上記に引用したdodaの職種別マーケットレポートによると、マーケティング職に対する企業の需要は一定数存在している、ということになります。

その要因は、SNSの普及やデジタルビジネスの増加などと様々です。

しかしWEBマーケティングの重要性が高まり、マーケターの担当領域も大幅に広がった今、今後もマーケティング職は売り手市場のまま推移していくと予想できます

2-2. マーケティング職で必要な資格・スキル

マーケティング職への転職では、前職での経験が重視されることがほとんどです。

市場の動向を見極めるためには、視座を高く持ち、長期的に物事を判断するスキルが必要不可欠になってきます。

つまり、今までどのような経験をしてきたのか、幅広い目線で物事を見ることができるか、などが転職の場では問われるのです。

そのため、未経験からマーケティング職に転職するのは、少々ハードルが高いといえるでしょう。

また、マーケティング職への転職時、アピールできる資格・スキルには、以下のようなものがあります。

資格・スキル名特徴
マーケティング・ビジネス実務検定マーケティング実務の知識を総合的に判定
Webアナリスト検定Googleアナリティクスを体系的に学ぶ
Google AdWords認定資格Google に認められたオンライン広告のエキスパートに
ネットマーケティング検定ネットマーケティングを理解した人材を目指す

もちろん資格を持たない方でも、マーケティング職へ転職することは可能です。

しかし少しでも業界や職種に対する知識を備えておくことで、企業からも好印象を得ることができますし、何より転職後に仕事がしやすくなります

そのため、資格取得のための時間がとれる方は、このような資格の勉強をしてみることをおすすめします。

2-3. マーケティング職の平均年収

求人ボックスの調査によると、マーケティング職の正社員の平均年収は551万円です。

求人ボックス_マーケティング職の平均年収

一方で、2018年の国税庁の調査によると、給与所得者の平均年収は441万円でした。

そのため、マーケティング職は平均よりも、比較的年収の高い職であるといえるでしょう。

ただし、経験やスキル、実績などによって給与は個人差がありますので、参考程度にとらえておくのがおすすめです。

2-4. マーケティング職のやりがい

マーケティング職のやりがいは、主に以下の3つです。

  • 商品・サービスをゼロから作ることができる
  • 社会からの反応を見ることができる
  • 様々な人と交流することができる

企業にもよりますが、マーケティング職は企画出しから実際にリリースされるまでの長い間、商品やサービスに深く携わる仕事です。

そのため、作り上げたサービスに対して、人一倍大きな達成感を得ることができます

また、そのサービスを作り上げるために他部署と連携をとったり、クライアントと交流する機会も多くあったりと、様々な人とコミュニケーションをとりながら仕事を進めていくのも特徴です。

完成したサービスが社会から受け入れられ、使ってもらえたり、話題になったりする瞬間は、マーケティング職ならではのやりがいだと言えるでしょう。

3. 次の転職にも役立つ、マーケティング職への転職価値

マーケティング職への転職は、今だからこそ価値のある、非常におすすめできる選択です。

ここではそんなマーケティング職に転職する価値について、2点にわけてご紹介していきます。

3-1. 次の転職に有利になる

マーケターとして働くためには、以下のようなスキルが必要です。

  • 企画力
  • 調整力
  • 分析力

マーケティング職の仕事は幅広く、様々なスキル、経験を身につけることができます。

このような経験は、自分自身の市場価値を高めるためにももちろん使えますし、次に転職活動を行う際にも、有利に働く可能性があります。

3-2. 市場の動きを見る力がつく

マーケターとして働くにあたり、1番大切なのは「市場の動きを見る力」です。

市場の動きをしっかりと把握し、トレンドを察知することができれば、ヒットするサービスを生み出せるだけでなく、経営やマネジメントなど多くの領域にも役立ちます

そのため、市場の動きを見ることができるマーケターは、企業や様々な組織からも重宝され、キャリアの幅も広がっていくことが期待できるのです。

4. 転職サイトだけでは不十分?マーケティング職への転職で知っておくべきこと

実際にマーケティング職へ転職した経験者の口コミから「マーケティング職への転職前に知っておきたかったこと」をまとめました。

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

4-1. 転職サイトと転職エージェントを併用するべき

転職サイトだけではなく、手厚いサポートを受けられるエージェントを利用するべきだ、という意見は、転職経験者から多く寄せられました。

エージェントも併用するべき

口コミ・評判

Mさん(27歳)
転職サイトだけだと、自分から調べないと情報がもらえない。転職エージェントも一緒に使ったら仕事を紹介してもらえて楽になったので、ふたつとも登録しておくといいと思う。実際働きながらしっかり転職活動するのはかなり難しい。

出典:CareerTheoryアンケート

今勤めている会社で働きながら転職活動を行うとなると、使える時間も限られてきますし、膨大な求人をひとつひとつ比べるのも大変です。

物理的に時間がない方、そして自分に合う企業を探してもらいたい方は、転職サイトと転職エージェントを併用することを強くおすすめします。

補足:良い転職エージェントの選び方

良い転職エージェントを選ぶには、以下の3点に気を付けることが大切です。

  • 業界に対する知識がある
  • ダメ出しもしっかりしてもらえる
  • こちらのペースに合わせて転職活動を進めてくれる

4-2. 過去の就業経験が活かせる業界で転職する

今まで入ったことのない業界に転職してしまうと、知識や経験が不足しているため、かなり苦労するという口コミもありました。

何も知らない業界は苦労する…

口コミ・評判

Uさん(28歳)
マーケティングの世界は、かなり流れが早いと思います。どんどん変わっていくニーズを的確にキャッチするためには、業界の知識はちゃんとあった方がいいというのが個人的な感想。何も知らない業界に飛び込んで、私はかなり苦労しました。

出典:CareerTheory独自アンケート

マーケティング職には、市場やトレンドをしっかり抑え、社会が求めていることを的確に見抜く力が必要になります。

そのため、ある程度自分で市場観がわかっている、つまり過去に就業したことのある業界に転職するのがおすすめです。

転職する、ということは、中途で採用される、ということと同義です。

中途採用には即戦力が求められるため、少しでも多く業界に関する知識を備えておく方が、転職活動には有利に働きます。

4-3. 非公開求人が多いため、コンサルタントに紹介してもらう

自分で求人を探すよりも、コンサルタントに非公開求人を紹介してもらうべき、というアドバイスもいくつか見られました。

非公開求人の方が条件が良かった

口コミ・評判

Kさん(32歳)
評価:★★★★☆4
転職サイトのエージェントに、ネットにない求人を紹介してもらいました。自分でサイトから探して申し込むよりも条件が良かったですし、私の経歴に合わせて条件交渉をしてくれたのもよかったです。今の職場は自力で転職していたらたぶん見つけることができなかったと思うので、その点はすごく感謝しています。

出典:CareerTheory独自アンケート

転職サイトに登録すると、ネットで検索できる公開求人の他に、コンサルタントから非公開求人の紹介を受けることができます

非公開求人とは、応募者の殺到や企業戦略が推測されることなどを防ぐために、一般には公開されない形で企業が求人を募集することです。

そのため非公開求人の中から、自分の希望にマッチした案件や、より条件の良い案件を見つけられる場合もあります。

「まだ選考を受ける企業が決まっていない」という方は、転職サイトで単に求人を見るだけでなく、コンサルタントに積極的に連絡をとり、非公開求人を紹介してもらいましょう。

5. マーケティング転職サイトをより効果的に利用する7ポイント

この章では、マーケティング転職サイトをより効果的に利用するためのポイントを7つお伝えします。

  1. スカウトを利用した場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく
  2. 転職時期は最短可能日程で答える
  3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる
  4. 経歴やスキルに嘘をつかない
  5. 推薦文は必ず確認する
  6. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない
  7. 紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

せっかく良い転職サービスを選んでも、上手に活用できなければもったいないので必ずチェックしましょう。

Point-1. スカウトを利用した場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく

転職サイトは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最終接触日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。

スクリーンショット 2015-10-18 20.29.18

例えば、上記は「年齢30歳以下、転職回数1回以下、勤続年数2年以上、TOEIC780以上」で検索した結果ですが、実務的な処理としては、更新日が新しい順番に20人ずつメールを送って反応をみて、応募者がいなければ次の20人へ、といったように送信していきます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

Point-2. 転職時期は最短可能日程で答える

キャリアコンサルタントも売上目標があり日々追われています。

コンサルタントとのファーストコンタクトで必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれるので、この時には「いいところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

※もちろん現職での退職手続きや引継ぎがあるはずなので、その点は伝えておきましょう。

Point-3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる

担当コンサルタントに情をうつしてはいけません。

担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、他のコンサルタントの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

Point-4. 経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

コンサルタントでよく話題にあがるのが、「去年の登録情報と今回とで登録情報が違うよ・・・」という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

Point-5. 推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当コンサルタントはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではないコンサルタントの場合は経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

Point-6. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない

数社の転職サービスを使っている場合、同じ案件には複数の転職サービス経由で応募しないようにしましょう。

企業から「他の転職サイトからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

企業・担当コンサルタント両者に不信感を与え、場合によっては破談となるリスクさえあります。

Point-7. 紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

マーケティング転職サイトも売上がかかっていますから、なんとかしてあなたに転職を決めてもらいたいものです。

優良なコンサルタントであれば都合の悪いことを隠したりすることは少ないでしょうが、自衛のために口コミサイトの『OpenWorkを利用して裏をとるようにしましょう。

以下のような口コミが大量に集まっているので、その情報をもとに、社風や雰囲気をあらかじめ予想することができます。

上場企業であればほぼ全ての企業についての口コミが集まっていますので、ぜひ利用してください。

6. 【図解】マーケティング転職サイト利用の流れ

ここまで、転職が有利に進む転職サービスと、その活用ポイントをお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

マーケティング転職サイトに登録したあとは、特に準備は必要とせず、気軽に身をゆだねれば良いのですが、初めて使う方は不安も多いかと思いますので、登録後何が起こるのかをざっくり把握しておきましょう

スクリーンショット 2016-08-21 17.30.24

Step 1. まずは公式ページから登録する

それぞれの公式ページから登録を行います。

登録する際は、『転職サービス』なのか『派遣サービス』なのかを確認するようにしてください

例えば、「パソナ」と検索するとパソナの派遣登録サイトが出てくるように、紛らわしいサービスが複数あるため、登録前にしっかりと確認しましょう。

正社員転職を目指していたのに、知らずのうちに派遣社員の面接を受けていた…ということがないように、十分に注意しましょう。

Step 2. 担当コンサルタントから連絡が来る

登録すると、担当から数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

事前に準備などをする必要は全くありませんが、ざっくり下記のようなことを聞かれます。

  • 転職希望時期は?
  • 希望する職種や業界は?
  • 希望年収は?

10分ほどの最低限のヒアリングを受けた後、キャリアカウンセリングのアポイント調整を行います。

※最初からアポイント調整に入る場合もあります。

Step 3. キャリアカウンセリング

あなたがマーケティング転職サイトのオフィスに訪問することもあれば、担当コンサルタントが近くまで来てくれることもあります。(日程・場所の都合が合わなければ電話面談になります。)

初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • あなたのキャリアの棚卸
  • PRポイントの整理
  • 転職するべきかどうか
  • 転職するとしたらどのような企業に内定をもらえそうか
  • どのように職務経歴書を書いたら通過しやすくなるか
  • 転職についての要望の深堀

キャリアカウンセリングで気づくことも多く、なるべく多くのコンサルタントに意見をもらえば、考えがまとまっていき、後悔ない転職をすることができるでしょう。

担当コンサルタントとは長い付き合いとなるため、できれば拠点に足を運ぶようにしましょう。

Step 4. 求人紹介を受ける

あなたの希望に合いそうな求人を5件~20件ほど紹介してもらえます。

思ってもないような大手もあれば、今まで知ることのなかった魅力的な中小企業もあるでしょう。

それぞれのエージェントしか扱っていない独占求人もありますので、複数社のエージェントから求人紹介を受けることを推奨します

Step 5. 履歴書・職務経歴書の添削

応募する企業を決めたら、職務経歴書や履歴書といった選考書類を添削してもらいます。

場合によってはこのためだけに面談を設定してくれたり、何度も書き直しを行ったりしてくれます。

最高の職務経歴書をエージェントと一緒に作り上げていきましょう。

Step 6. 紹介された求人に応募する

選考書類が完成したら、担当コンサルタントが最後に推薦文を添えて企業に応募します。

自分ではなかなか伝えられないあなたの魅力を、担当コンサルタントが企業に伝えてくれます。

求人サイトを使って自力で応募すると、推薦文はもちろん誰も書いてくれませんし、企業への手続きも全部自分でしなければならないため、それに比べるとマーケティング転職サイト経由は圧倒的に有利です。

Step 7. 面接対策を受ける

応募している企業の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか、今持っているスキルのなかで何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスを貰います。

あなたが希望すれば模擬面接を実施してもらえるケースも多いです。

Step 8. 企業との面接を行う

面接の日時設定は担当コンサルタントが全て行ってくれます。

対策してもらったことをフル活用して、力を出し切りましょう。

面接に落ちてしまった場合には、多くの場合、担当コンサルタントが人事担当者からフィードバックを受けているため、次の面接に生かすことができます。

Step 9. 内定と退職サポート

内定が出た後は、担当コンサルタントが給料交渉や入社日の調整を責任を持って行ってくれます。

また、退職手続きについて不安な場合も、上司にどのように報告するかなどマーケティング転職サイトであればノウハウを必ず持っていますので、頼ってしまいましょう!

7. 【FAQ】マーケティング転職でよくある質問

ここでは、マーケティングの転職の際によくある質問を紹介します。

Q-1. 未経験でもマーケティングに転職できますか?

未経験からでもマーケティング職に転職することは可能です。

ただし、経験者と比べると、難易度は必然的に高くなります。

20代マーケティング未経験での転職はまだ門戸が開かれていますが、30代でのマーケティング未経験転職はとても狭き門です。

未経験でマーケティングへの転職を考えている方はなるべく早く決断し、マーケティングのスキル・ナレッジをつける必要があります。

Q-2. AIに代替される可能性があるって本当ですか?

もちろん全てではありませんが、可能性はあります。

マーケティングでもAIを使うことで、顧客のニーズや行動パターンをより迅速かつ正確に理解することができるようになります。

AIを導入する企業は年々増えており、だんだんデータの収集・分析等のルーティンワークをAIが担うようになるでしょう。

Q-3. 未経験からの転職の際、読んでおいた方がいい本ってありますか?

一概に言えませんが、以下の書籍はマーケティングをする上で非常におすすめです。

  • [改訂4版]グロービスMBAマーケティング
  • USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門
  • 世界最先端のマーケティング 顧客とつながる企業のチャネルシフト戦略

[改訂4版]グロービスMBAマーケティング

マーケティングについて体系的にまとめられた書籍です。マーケティングの理論や簡単なフレームワーク等について学びたい方におすすめです。大学のマーケティング授業で習う内容は網羅しています。

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

USJをマーケティングでv字回復させた立役者、森岡毅さんの書籍です。フレームワークだけでなく、マーケティングの思考法を身に着けることができます。USJの事例を基に、マーケティングを学術的ではなく、実践的に学ぶことができます。

世界最先端のマーケティング 顧客とつながる企業のチャネルシフト戦略

今話題の企業(アマゾン IKEA MUJI)を取り上げ、どのようにしてマーケティング活動をしているのか解説しています。最新のマーケティング手法について学ぶことができ、マーケティングの今を知ることができます。

8. おすすめのマーケティング転職サイトに関連する記事

おすすめのマーケティング転職サイトに関連する記事をまとめました。

以下の記事も併せて読むことで、よりマーケティング職への転職に関する理解を深めることができます

準備・コツ
ランキング
ビジネス知識

9. さいごに

このページでは、おすすめのマーケティング転職サイトと、その他マーケティング転職に関わる動向をお伝えしました。

マーケティング職への転職は、今の時代において、非常におすすめできる選択です。

ぜひ以下のような転職サイトを有効活用し、マーケティング職への転職を成功させましょう。

キャリア相談したい人向け
求人をとにかく見たい
マーケ責任者・CMOなど非公開求人を探すなら
その他のマーケティング転職サイト

あなたの転職活動がうまくいくことを、心より願っています。