Re就活(転職サイト)は利用すべき?200人の口コミ評判からわかる特徴と全注意点

Re就活ってどんなサービスなんだろう」「評判はどうなっているのかな」など、信用できる評判を見てから決めたいですよね。

Re就活は株式会社学情が運営する、20代・第二新卒・既卒のための転職サイトですが、利用者から寄せられた実際の評判は、良いものから悪いものまで様々です。

このページでは、転職のプロとして多くの求職者の相談に乗ってきた筆者が、Twitterや2chの口コミ、そして200人以上を対象にした独自アンケートのデータを基に、Re就活の評判を徹底的に分析しています。

  1. Re就活の特徴・総評
  2. Re就活のデメリットと評判・口コミ
  3. Re就活のメリットと評判・口コミ
  4. Re就活がおすすめな人
  5. 併用したい転職エージェント5選
  6. そもそもRe就活ってどんなサービス?
  7. Re就活へ登録する際に充実させて書いてほしい項目3選
  8. 【FAQ】Re就活に関するよくある質問
  9. Re就活の口コミ・評判まとめ

全て読めば、自分がRe就活に登録すべきかどうか自信をもって判断でき、転職の第一歩を踏み出せるようになるでしょう。

Re就活公式サイト:
https://re-katsu.jp

1. Re就活の特徴・総評

Re就活は未経験者歓迎の求人を多数保有している20代専門転職サイトです。

登録すると企業から直接スカウトが届くこともあり、転職イベントにも無料で参加できることから、非常に良心的なサービスを展開しています。

そのため、はじめての転職でも安心して利用することができます。

なかには、TVCMやタクシー広告で流れているので、見たことあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

▼Re就活のTVCM動画

最後にCareerTheory編集部にてアンケートを取った結果をまとめると、デメリット・メリットは下記の通りとなりました。

デメリット
  • ブラックな求人が混じっている
  • 他の転職サイトと比較すると、圧倒的に求人が少ない
  • スカウトメールがしつこく来る
メリット
  • 未経験の求人が多い
  • 優良求人が多く掲載されている

Re就活は、他の転職エージェントと比較しても、未経験者歓迎の求人数を多数保有しているため、あなたにあった求人が見つかる可能性は高いです。

中には、「求人の質が悪い」といった悪い口コミが少し見受けられますが、優良求人や大手企業など幅広く取り扱っているのでおすすめです。

一度登録し、どんな求人があるのかざっと見てみるといいでしょう。

Re就活公式サイト:
https://re-katsu.jp

2. Re就活のデメリットと評判・口コミ

Re就活の口コミを分析すると、悪い口コミがかなり目立ったので、先に紹介します。

口コミから判明したデメリットは、大きく下記3点でした。

それでは順に紹介していきます。

2-1. ブラックな求人が混じっている

re就活の求人の中には、質の悪い求人が混じっているようです。

ブラックな求人が多い・・

口コミ・評判

Yさん
評価:★☆☆☆☆1
Re就活の求人みてるけどブラックぽいのばっかり
既卒だからしゃーないのかなも知れないけど

出典:アンケート

うんざり

口コミ・評判

Kさん
評価:★☆☆☆☆1
ブラック系ばっかりでうんざりな気もするけど・・・
受付の女やと、社員が集まった写真等、、

出典:アンケート

ブラックな求人に応募しないため、選択肢を広げるためにも、他の転職サイトと並行して利用することをおすすめします。

2-2. 他の転職サイトと比較すると、圧倒的に求人が少ない

Re就活は、他の転職サイトと比較すると、保有している求人数がかなり少ないと言えます。

実際に主要3サイトと比較しても、圧倒的に差をつけられています。

他のサイトと比べると、求人が少なく、選択肢があまりないことに不満だった方が非常に多いです。

求人少ない

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2

正直他のサイト使った方がいいです。

紹介される求人は偏ってるし、求人数は少ないし。

出典:アンケート

あんまりいい求人がない

口コミ・評判

匿名
評価:★☆☆☆☆1

なんか他のサイトと比べて、保有している求人少ないなぁと思う。

個人的な意見だが、ブラックそうなものばっかだし、ちょっとやめておいた方がいいと思った。

出典:アンケート

以上のことから求人数を担保するためにも、上位に来ている「doda」や「リクナビネクスト」と併用させて転職活動を進めていくことをおすすめします。

2-3. スカウトメールがしつこく来る

Re就活に登録したところ、「スカウトメールが頻繁に来て迷惑」という意見が多数見受けられました。

スカウトメール多い・・

口コミ・評判

Iさん
評価:★★☆☆☆2
毎日転職サイト見てるけど、Re就活はどうもスカウトメールの数が多いな…どうにかして減らせないもんかね

出典:アンケート

スカウト来る割には・・

口コミ・評判

Oさん
評価:★☆☆☆☆1
re就活めっちゃスカウト来るけど
他の媒体でもお馴染みの企業も山ほど…

出典:アンケート

しかし残念ながら、連絡の頻度がしつこいといった口コミはどの転職サイトを利用してもありえることです。

コンサルタントは1人あたり10人、多い時期で100人もの求職者を担当している場合があります。それだけ多くの求職者に対応するためには、コンサルタントもそれなりの人数が必要です。

そのため、しつこく連絡をしてくる担当者がついてしまうこともあるでしょう。

もしコンサルタントの対応が悪く、連絡がしつこいと感じた場合は「マイページ」からスカウト・メール配信の停止を行うことをおすすめします。

出典:Re就活マイページ

まとめ:Re就活は利用しない方がいい?

Re就活のデメリットを再度まとめると、以下の2つです。

  • ブラックな求人が混じっている
  • 他の転職サイトと比較すると、圧倒的に求人が少ない
  • スカウトメールがしつこく来る

ただ、以上のような悪い口コミがあるからといって、Re就活に登録しないのはおすすめしません。

理由は1つで、悪い評判があるからといって利用しないのは非常にもったいないからです

実際に以下のような良い評判も多数見受けられます。

  • 未経験の求人が多い
  • 優良企業が多く掲載されている

これらは口コミから判明したものであり、Re就活は決して悪い評判のみだけではなく、良い評判も多いため利用することをおすすめします。

次の章で、Re就活を利用することのメリットを口コミも含め紹介するので、参考にしてください。

3. Re就活のメリットと評判・口コミ

Career Theory編集部にてアンケートを取ったところ、メリットは大きく下記3点でした。

順に説明していきます。

3-1. 未経験の求人が多い

Re就活は約1,000件ほどの求人を保有しており、そのうちの約96%の求人が第二新卒・未経験でも問題ないようです。

そのため第二新卒・未経験であってもハンデは少なく、比較的挑戦しやすいと言えます。

実際に未経験の求人が多いとの声も挙がっています。

未経験求人が結構多い!

口コミ・評判

Iさん
評価:★★★★☆4

会社辞めて3年ほどバイトだけしてて 今就活してるけど、確かに28辺りで年齢がネックになったりするからな re就活とかって見てる? 好みのがあるかはわからんけど、未経験とか既卒とかはほぼ不問の求人が結構ある。

出典:アンケート

以上のことから、Re就活は未経験の方にはうってつけと言えます。

3-2. 優良企業が多く掲載されている

Re就活には質の悪い求人が紛れ込んでいるのも事実ですが、優良企業も多く掲載されています

かつ企業をしっかり精査したうえで求人として掲載するので、信憑性が高いです。

いろんな企業があって選択肢が多い!

口コミ・評判

Eさん
評価:★★☆☆☆2
既卒向けのサイトはRe就活が一番マシそうだな
今のリクナビと比べても企業がしょぼくなく
大手も、大きめの中小も載ってる

出典:アンケート

求人の信憑性が高い!

口コミ・評判

Mさん
評価:★☆☆☆☆1
あえて言うが
マイナビ転職、Re就活に掲載されている求人には信憑性が高いマイナビ転職、Re就活の場合、企業が求人を掲載する場合
企業の身辺を調査して求人の審査に入る
それが通過した時に求人が掲載される

出典:アンケート

ただ、ミスマッチを起こさないためにも、応募する前はしっかりと求人の内容を確認しておくようにしましょう。

4. Re就活がおすすめな人

結論からいうと、自分で求人を見つけて転職活動をしたい人はRe就活にまず登録するべきです。

特に、以下のような項目を満たす方には特におすすめです。

  • 自分に合った求人を自分で探したい
  • 未経験で求人を探したい
  • 信憑性が高い求人を探したい

ネット上には様々な口コミがありますが、Re就活は総じておすすめの転職サイトです。

以下のページで登録できますので、これらの業界で転職を考えている方はぜひ一度登録を検討してみてください。

公式サイト:
https://re-katsu.jp

登録はおよそ1分で完了します。

参考1. 転職エージェントというサービス

上記に当てはまる方は『Re就活』を利用すべきと言えます。

ただ、同時並行で転職エージェントというサービスも利用していくといいでしょう。

転職エージェントとは、登録をすると完全無料で転職相談に乗ってくれて、企業の求人紹介から面接のセッティング、給与交渉など転職に必要なサポートをしてくれるサービスのことを指します。

総合転職エージェント

なぜ無料かというと、転職エージェントはあなたが入社すると企業から謝礼(紹介料)として年収の30%前後に当たる額を受けとっているからです。

転職エージェントがしてくれることは主に下記6点です。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給与交渉

転職活動で面倒なことは全て自分の代わりにやってくれて、本番面接以外で企業と直接やりとりすることはほぼありません。

逆に、個人で転職活動を進める場合は上記をすべて自身でこなさなければなりませんので、転職する場合はできる限り活用するのが得策です。

参考2. 転職エージェントは複数併用するのがおすすめ

転職活動においては、転職エージェントを絞らずに複数併用するのがおすすめです。

なぜなら、併用することで以下3点のメリットがあるからです。

  • 最適なキャリアコンサルタントを選べる
  • 用途によってエージェントを使い分けられる
  • 独占案件をカバーできる

実際、併用先の転職エージェントで自分に最適なキャリアコンサルタント・案件を見つけて、転職を成功させた方も多いです

もし詳しく知りたい場合は、「転職エージェントを複数利用すべき全理由と8つの活用法」に詳細を記載していますのでぜひご覧ください。

5. 併用すべき転職エージェント5選

ここでは、Re就活を活用する人が併用すべき転職エージェントをご紹介します。

下記5社から、追加で2~3社ほど利用すれば万全です。

以下に詳しく紹介するので、気になったものを登録しておきましょう。

※どれも無料で、約5分ほどで登録できます。

パソナキャリア|サポート充実で満足度No.1

手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方には特におすすめです。

人材派遣領域で業界最大手の『パソナ』が運営しており、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実。例えば、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.2」とマイナビエージェントに次ぐ実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの1社です。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

doda|業界大手で幅広い層におすすめ

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

マイナビエージェント|20代におすすめ

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54

転職を検討する20~30代であれば、まず登録したい転職エージェントです

新卒領域で有名な『マイナビ』が運営しており、ベンチャーから大手まで求人数が豊富。例えば、エンジニア転職に特化した『ITエンジニア専用サービス』や、銀行・証券会社に強い『金融業界向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています。

そしてなにより、面接対策から職務経歴書の添削をはじめとしたサポート体制が充実しているので、その結果として「20代満足度No.1」という実績を誇っています。

そのため、慣れない転職に不安がある20~30代であれば、まず登録すべき1社です。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

Point:転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは3社以上登録すると転職成功率がグッと上がるので、少しだけ面倒かもしれませんが、いくつか併用して自分に合うところを見つけましょう。

例えば、サポート充実で満足度の高い『doda』や、業界最大手で好条件求人が多い『リクルートエージェント』など、転職エージェントによって特徴が分かれるので、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

リクルートエージェント|業界大手

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、『案件総数・内定決定数ともにNo.1』の実績を持つ国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルで、『他の転職エージェントで求人数がほぼない職種でも、リクルートならある』との口コミが見受けられるくらいなので、地方での転職や、40代以上の転職であってもおすすめすることができます。

また、年収750万円以上での転職を検討されているハイクラス層な方向けに『キャリアカーバー(by リクルート)』も運営しており、そこも合わせて幅広い層からの指示が集まっていました。

まずは登録してみて、自身の希望する求人があるかどうか確認してみると良いでしょう。

リクルートエージェント公式サイト:
https://r-agent.com/

ハタラクティブ|第二新卒に特化

ハタラクティブ』は、第二新卒や既卒など若年層をターゲットにした特化型転職エージェントで、第二新卒特化型としては最大手です。

2000件以上の案件に加え、キャリア相談、職務経歴書や面接対策について徹底したサポートで、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%という非常に優れた実績です。

いまの経歴に自信のない方でも、違う職種で新たに挑戦したい、これから正社員に挑戦してみたいとお考えの方には非常におすすめできるエージェントです。

公式サイト:
https://hataractive.jp/

Point:転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは3社以上登録すると転職成功率がグッと上がるので、少しだけ面倒かもしれませんが、いくつか併用して自分に合うところを見つけましょう。

例えば、大手マイナビが運営する『マイナビジョブ20's』や、TVCMで話題の『DYM就職』など、転職エージェントによって特徴が分かれるので、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

6. そもそもRe就活ってどんなサービス?

Re就活は求人をサイト内で掲載しているのみならず、以下のようなサービスを展開しています。

  • 転職博
  • エージェントサービス

それぞれ紹介していきます。

6-1. 転職博

転職博は、いわゆる合同説明会みたいなもので、不定期で開催される転職イベントです。

キャリアの相談や、転職に役立つ特別講演など、転職活動に役立つ企画があることから、参加者の96%がイベントに満足しています。

転職を考えており、何から始めたらいいかわからないという方は、転職の方針を決めるためにも一度参加してみることをおすすめします。

6-2. エージェントサービス

Re就活は求人サイトの他にも、エージェントのサービスも提供しています。

エージェントに登録すると、以下のことを無料で行ってくれるので、自分で求人を見て決めるのはちょっと不安という方は、利用してみるといいでしょう。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給与交渉

なお、登録自体はもちろん無料です。

7. Re就活へ登録する際に抑えてほしいポイント3選

ここではRe就活に登録する際に特に充実させて抑えてほしいポイントを紹介します。

登録の際、以下の3つの項目は意識して記入するようにしましょう。

順に説明していきます。

7-1. 保有資格があれば選択する

登録を進めていくと、保有資格を記入する欄になります。

資格を保有していない場合は記入しなくても問題ないですが、自分が持っている資格は余すことなく登録しておくようにしましょう。

なぜなら企業にアピールできるうえに、選考に有利になる可能性があるからです。

自分が持っているだけの資格を記入しておきましょう。

7-2. 職務内容を400字以上記入する

職務内容は、自分のスキルをアピールするためにも、400字以上記入し、充実させて書いてほしい項目です。

職務経歴書の内容を充実させるため、まずは何ができるかといったことを洗い出すためにも自己分析をしっかり行っておくようにしてください。

その際、以下の順に沿って自己分析をすると良いでしょう。

自己分析4ステップ

Point(1)「必ず、キャリアの振り返りから始めよう」

まず初めに、あなたのキャリアを振り返りましょう。自己分析を始めると、何から考えば良いか混乱してくるものです。キャリアの振り返りが十分に出来ていると、その後Will/Cam/Mustを考えるネタが生まれ、自己分析がスムーズに進みますよ。

Point(2)「Canの前に、Willを考えよう」

転職本・転職サイトの多くには「面接に合格するため、まずあなたのスキル=Canを書き出しましょう」とありますが、これは大きな間違いです。

皆さんは「面接合格」するため転職活動するのでなく、「転職成功」のために転職活動をしているはずです。

「なぜ転職したいのか?」「どんな人生を歩みたいのか?」というあなた自身のWillを考える事こそが、転職成功の一歩目になります。

Point(3)「CanとMustは、両面から考えよう」

Canは「あなたの得意な事」、Mustは「志望企業の求めている事」です。

どちらかが片手落ちだと転職活動はスムーズに進みません。

Can・Must両方ぴったり合う企業を探す事が、転職面接に合格する大きなポイントです。

7-3. ひとことPRを400字以上記入する

最後にしっかり記入してほしいところはひとことPRです

400字以上記入するようにし、加えて自己PRを書く際には、以下のフレームワークをもとに書き上げるようにしましょう。

自己PRのフレームワーク

自己PRは、単に実績・スキル・身に付いた力を羅列するものではなく、採用担当者に、「どんな実績を出し」「どんな力を得て」「どう企業に貢献できるか」を分かりやすく伝える文章です。

以下に、自己PRの書き方をフレームワークを活用した例文をもとにご紹介しますので、参考にして自分なりに書きあげてみてください。

フレームワーク自己PR例
PRタイトル【顧客の潜在ニーズを聞き出すソリューション営業が強み】
仕事内容入社以来5年間、大手顧客を中心とした営業職に従事してきました。

営業場面で拘っている事は、単なる状況ヒアリングに留まらず、顧客の戦略や事業の仮説をぶつける事です。

顧客の潜在ニーズを聞き出す事で、深い顧客理解をベースとしたソリューション営業を心掛けてきました。

結果結果、多くの顧客から「○○さんが一番うちの事を知っている。〇〇さんにお願いしたい。」と指名を頂くようになりました。
入社以来、継続的に売上を20%アップさせる事ができ、昨年度は営業全体のMVPを頂く事ができました。
得た強みこの経験から得た「顧客の潜在ニーズを聞き出す」「顧客の課題解決を行うスタンス」が私の強みです。
企業に貢献できる事私の強みを活かし、より深く提案営業を追求したく、貴社の企業コンサルタントとして顧客に貢献し、成長していきたいと考えています。

上記5つのフレームワークに沿って自分の経験/強みを書いていくと、良い自己PR文になります。

この例に沿って自己PRを記入してみてください。

8. 【FAQ】Re就活に関するよくある質問

Re就活に関してよくある疑問をQ&A形式にしてまとめました。

それぞれご紹介しますが。

Q1. 就業経験がないけど登録して大丈夫?

はい、問題ないです。

以下のページから行うことができます。

1分あれば登録できるので、時間のある時に登録するようにしてください。

Q2.スカウトから応募しても選考不合格になることはある?

残念ながらあります。

スカウトは選考通過を保証するわけではないので、注意しておいてください。

ただ、しっかりあなたの強みをアピールすることで、選考を有利に進めることができます。

Q3. 応募した企業から連絡がない場合はどうしたらいい?

応募から1週間たっても連絡がない場合は、企業に問い合わせましょう。

応募リストから企業へメールで連絡することができます。

ただ、電話の方が確実なので電話で問い合わせることを推奨します。

9. Re就活の口コミ・評判まとめ

ここではRe就活の口コミを何件か紹介します。

口コミ・評判

匿名
評価:★☆☆☆☆1
Re就活の求人には気を付けろというのは我々の間では常識

出典:Twitter

口コミ・評判

匿名
評価:★★★★☆4
Re就活とマイナビジョブの担当者の方が今までで1番しっくりきてる

出典:Twitter

口コミ・評判

匿名
評価:★☆☆☆☆1
Re就活の人と電話で話した。
私なんかにサービスさせられてかわいそうに。
頑張って笑ったり「面白いですね」とか言わなくて良いのにな。
シンプルに「わかりました。良さそうな求人が見つかり次第再度連絡します」で音信不通になって良いのにな。

出典:Twitter

口コミ・評判

匿名
評価:★☆☆☆☆1
Re就活ででてきた会社名を片っ端からグーグル検索かけてるんだけど関連キーワードに「ヤバい」がある確率高くてRe就活が一番「ヤバい」と思った

出典:Twitter

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
re就活、滅多にないけど、第二新卒をとりたいホワイト中小メーカーが求人を出してるイメージ。

出典:Twitter

口コミ・評判

匿名
評価:★☆☆☆☆1
逆に役に立たなかったのはエージェント
団体職員志望で早期退職の案件全然ないわ嬉し泣きあとre就活も私の好みのところは転職フェア来いやと言って直接応募できなかった
全然使えない女の転職は好みの条件が全くと言っていいほどなかった

出典:Twitter

口コミ・評判

匿名
評価:★★★☆☆3
Re就活のCMを見る度に、ドアにさした鍵の先が見えるのがすごく気になる。

出典:Twitter

口コミ・評判

匿名
評価:★☆☆☆☆1
Re就活眺めてたけど全然ええところなくて悲しみ

出典:Twitter

口コミ・評判

匿名
評価:★★★☆☆3
取り敢えず最近はいってきた子にオススメの就活サイト聞いたらre就活が使いやすかったって聞いたのでそいつとエン転職とdudaで探してる

出典:Twitter

口コミ・評判

匿名
評価:★☆☆☆☆1
RE就活のメールに載ってる会社は9割9分ブラックだな。
ブラック企業発見器として使えるな。

出典:Twitter

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
毎日転職サイト見てるけど、Re就活はどうもスカウトメールの数が多いな…どうにかして減らせないもんかね

出典:Twitter

口コミ・評判

匿名
評価:★☆☆☆☆1
一時期バンバンCM打ってたre就活見てみたけど漆黒企業しかなくてそっ閉じした

出典:Twitter

口コミ・評判

匿名
評価:★★☆☆☆2
Re就活とかいうサイトに登録して楽しすぎる自己PR書いたのに懲りずに結構スカウト来るんだけどちゃんと読んでよく考えてからオファーよこせ。

出典:Twitter

口コミ・評判

匿名
評価:★☆☆☆☆1
re就活めっちゃスカウト来るけど
他の媒体でもお馴染みの企業も山ほど…

出典:Twitter

口コミ・評判

Eさん
評価:★★★☆☆3
毎日転職サイト見てるけど、Re就活はどうもスカウトメールの数が多いな…どうにかして減らせないもんかね

出典:Twitter

口コミ・評判

Mさん
評価:★★★★☆4

姉様めっちゃ偉い!!

お互いふぁいとです!!ハロワだけは絶対使わない方がええです(3社中3社使用、全滅)

今回の転職にはdoda エン転職 Re就活の3つを使用させていただいて決めましたΣd(≧∀≦*)

フォームが記入しやすかったのはRe就活でした。さくさく

ガチャマジツライデスヨネ…

出典:Twitter

口コミ・評判

Kさん
評価:★★☆☆☆2
re就活めっちゃスカウト来るけど
他の媒体でもお馴染みの企業も山ほど…

出典:Twitter

口コミ・評判

Nさん
評価:★★★★☆4
弊社で働いてみたい人いないのかなぁ…
SNS経由で、って人ほんと少なくて…
仕方ないか~(ヽ´ω`)Re就活さんとかすごくしっかり掲載してくれてるので、この辺も見てほしいかも。
書ききれなかったけど、中途採用もしてますので見てみてほしい!

出典:Twitter

口コミ・評判

Iさん
評価:★★★☆☆3
Re就活ってサイトに登録したらすぐ電話かかってきた
「Re就活です、現在はすでに求職活動をされていますか?」
「今ちょっと精神的な病というかそういうのの治療中で…」
「エッアッハイソウデスカ…お大事に…」
みたいになって凄い気まずかった

出典:Twitter

口コミ・評判

Tさん
評価:★★★★☆4

Re就活は使いやすいと思いますよ。

就職博も新卒と一緒にやっていたりしますし。

既卒一年以内ならマイナビ、リクナビ、新卒応援ハローワークやわかものハローワークにも登録しておくといいと思います。

出典:Yahoo!知恵袋

口コミ・評判

Oさん
評価:★★☆☆☆2

Re就活ですが、正直あまりお勧めはしません。

理由はこのサイトを運営している会社が学情だからです。

私は過去にこの学情のエージェントの方の指導の下、ある若年者向けの就職プロジェクトに参加したことがあるのですが、ぜんぜん頼りになりませんでしたし、それは今でも変わりません。

出典:Yahoo!知恵袋

口コミ・評判

Wさん
評価:★★★☆☆3
あえて言うが
マイナビ転職、Re就活に掲載されている求人には信憑性が高いマイナビ転職、Re就活の場合、企業が求人を掲載する場合
企業の身辺を調査して求人の審査に入る
それが通過した時に求人が掲載される

出典:Yahoo!知恵袋

口コミ・評判

Aさん
評価:★★☆☆☆2
そもそも、re就活を企業が使う理由は、
・新卒採用が上手くいかなかった→ブランド無し
・掲載費用が安い→コストにうるさい
・春入社でもう辞めた新卒の穴埋め→激務
・恒常的に人が不足している業界&会社→出入り激しい
・学生も本気度が高いので、手間がかからない→面接実施するだけでいいから、担当誰でも良い
要するに、re就活とは、質は二の次で人であればいい業界では非常にニーズのある媒体。
対象学部で応募したら間違いなく受かる会社が大半なんだから、お前らは自信持って受けにいけ。コム障は、コム障の自分を変えたい!そのために今は、塾講師やってみてるとか、接客のバイトやってると言え。ウソでいいから。そもそも、そういうブラックの人事なんざ最前線では活躍できないのが担当するもんで、大したやついないんだから、堂々と自信持って話せ。そいつらより、おまいらのほうが人生の可能性あるから。某上場ブラックの責任者より。。

出典:2ch

口コミ・評判

Yさん
評価:★☆☆☆☆1
Re就活の求人みてるけどブラックぽいのばっかり
既卒だからしゃーないのかなも知れないけど

出典:2ch

口コミ・評判

Uさん
評価:★★★★☆4
ニートだけどre就活登録したらめっちゃ求人来るじゃん

出典:2ch

口コミ・評判

Mさん
評価:★★☆☆☆2
ブラック系ばっかりでうんざりな気もするけど・・・
受付の女やと、社員が集まった写真等、、

出典:2ch

口コミ・評判

Sさん
評価:★★☆☆☆2
俺もそう思うよ。
はっきり言ってDQNしか掲載してないし、希望条件で検索しても
希望以外の企業・職種が出てくるしさ~

出典:2ch

口コミ・評判

Rさん
評価:★★☆☆☆2
Re就活の求人はハロワよりマシだが、リクナビ・リクルートエージェントより求人レベルが遥かに格下
でもRe就活はターゲットがニッチだから無名企業でも倍率が意外と高い
さらにSE、外食に求人が偏っているため、希望職種によっては使えない
有名企業はいろいろなサイト・転職エージェントに求人出すブラック(レオパレスとか)が多い
リクナビも第二新卒や既卒向けやりだしたから、Re就活は今後どうなるか分からんよ

出典:2ch

口コミ・評判

Oさん
評価:★★★☆☆3
Re就活はフリーターや第二新卒、既卒を対象にしているのはいいと思う
ただSE・外食求人のDMがを希望していないのに来るのは改善して欲しい。配信設定でSE・外食を排除したつもりがウヨウヨ来るから厄介
これがRe就活の評価を下げる要因の気がするな
リクナビ・マイナビあたりが、今後本格的にRe就活の競合サイトに力を入れ出すと
一気にRe就活が廃れる悪寒
Re就活+(転職エージェント)もリクルートエージェントに比べるとあまりにも貧弱すぎ

出典:2ch

口コミ・評判

Iさん
評価:★★★☆☆3
Q-2.1 Re就活って優良企業の求人あるの?
A-2.1
ヤバイのが大半だけど、じっくり探せばそこそこ優良もあるよ
全体的にはハロワよりはかなりマシQ-3 Re就活には転職エージェントがあるの?
A-3
「Re就活プラス」で転職エージェントをやっているぉ
ただリクエーと比べると貧弱杉

出典:2ch

口コミ・評判

Tさん
評価:★☆☆☆☆1
re就活の就職博って待機してるスタッフがうざすぎ。
ほっといてほしいのにブラック企業への案内をされる

出典:2ch

口コミ・評判

Nさん
評価:★★★★☆4
俺ここで登録した会社から内定もらったよ。
ブラックも多いが中にはまともな会社もあるから、会社の見極めが重要だな。
あと、Re就活の中の人はあまり頼りにならないんで
自分が主体になってどんどん行動することだね。
中の人を頼りたいなら「いい就職」がマシだったよ。
初めにリクルーターと1時間程度面接して、その後オススメの会社を紹介してくれる。
サイトに登録されている会社の良し悪しはRe就活と同じぐらいじゃないかな。
とにかく、めげずにどんどん行動することだ。

出典:2ch

口コミ・評判

Bさん
評価:★★★★☆4
ぶっちゃけかなり無能の俺でも、中堅企業の技術系総合職に内定出たんだからここの連中も就活始めれば余裕だろとは思う。
エージェントは使いつぶす気で最低限の保険として取っておいてRe就活とかで求人探すのが一番良いかもしれないね。俺もそれで内定取ったし。
エージェントには結構酷い真似したけど。

出典:2ch

口コミ・評判

Eさん
評価:★★★★☆4
既卒向けのサイトはRe就活が一番マシそうだな
今のリクナビと比べても企業がしょぼくなく
大手も、大きめの中小も載ってる

出典:2ch

口コミ・評判

Hさん
評価:★★★★☆4
会社辞めて3年ほどバイトだけしてて
今就活してるけど、確かに28辺りで年齢がネックになったりするからな
re就活とかって見てる?好みのがあるかはわからんけど、未経験とか既卒とかはほぼ不問の求人が結構ある

出典:2ch

10. Re就活の関連記事まとめ

この記事をご覧いただいた方は、以下の記事も併せて読むことをおすすめします。

これらの記事は、第二新卒の全体像が分かる記事となっていますので、ぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事を読んで、Re就活に興味を持たれた方は、ぜひ登録をしてみてください。

公式サイト:
https://re-katsu.jp

もし他の転職エージェントの話も聞きたい場合は、以下5社のうち、気になったところへ登録することをおすすめします。

あなたの転職が成功することを心から願っています。