50代から派遣は難しい?中高年ミドル層でも活躍する方法と注意点を解説

「50代で派遣に登録しても仕事がない?」「50代で派遣に再登録したいけど不安…」など、疑問や不安をお持ちではないですか?

結論、50代でも派遣として働くことはできますが、30~40代と比べると希望が通りにくい傾向にあります。

そこでこのページでは、派遣営業として多くの50代求職者をサポートしてきた私が、50代で派遣として活躍するポイントをお教えします。

<目次>

  1. 50代で派遣社員は厳しい
  2. 50代でも派遣として活躍する方法
  3. 50代で初めて・再び派遣登録する際の注意点
  4. 50代におすすめの派遣会社5選と求人サイト2選
  5. 【FAQ】50代の派遣に関してよくある質問と回答

このページを全て読めば、50代で派遣として活躍する方法から注意点まで知ることができます。

1. 50代で派遣社員は厳しい

50代で派遣社員として働くと、以下のように様々な面で厳しい現実にぶつかります。

  • 仕事が見つからない
  • 人気求人にありつける可能性が低い
  • 職場の人間関係が上手くいかない
  • ストレスが溜まる

この原因には、大きく2つの理由があります。

ここから詳しく説明していきます。

50代が厳しい理由1. 雇用期間の制限

1つ目の理由に、派遣社員の雇用期間の制限があります。

派遣社員は一般的に同じ職場で3年間しか連続して務めることができず、その立場は正社員より不安定です。

やっと仕事を見つけられても慣れてきたころに辞めなくてはならなかったり、仮に契約期間内であっても契約が雇用期間が短縮されてしまったりと、働いている間も不安が多くてストレスになります。

また、働きながら次の職場を探さなくてはならない場合は、肉体的にも精神的にも疲労が溜まるでしょう。

50代が厳しい理由2. 指揮命令者の社員より年上

50代で派遣社員として入社すると、高確率で上司の方が年下です。

現場の指揮命令者が派遣社員より年下の場合、あなたも上司もやりずらさを感じるでしょう。

ですので、派遣先企業の人事部は指揮命令者の年齢を考慮して、50代の派遣社員を敬遠する傾向があるのです。

2. 50代でも派遣として活躍する方法

では、50代にとって派遣という働き方はデメリットばかりなのでしょうか。

実は50代でも派遣社員として長く働ける4つの方法があります。

以下で詳しく見ていきましょう。

2-1. スキルを持つ

中高年ならではの高い専門性や豊富な経験があると、即戦力として期待され、採用確率も上がります。

そもそも企業から見た派遣を雇うメリットは、人件費を柔軟にコントロールできるという点です。

ですので、人手が必要な忙しい時期に即戦力となる派遣社員は、50代であっても需要があります。

どうしても希望の求人と自身のスキルがマッチしていない方は、派遣会社の研修プログラムを利用すべきです。

スキルに自信のない方こそ、研修プログラムが充実している派遣会社に登録することをおすすめします。

2-2. 無期雇用契約を結ぶ

「派遣社員として少しでも長く同じ会社に勤めたい」「契約更新を気にせず安定して働きたい」という方は、無期雇用に転換すべきです。

無期雇用として働くためには、以下の2つの方法があります。

無期雇用として働くための2つの方法

  1. 常用型派遣として、最初から無期雇用契約を結ぶ
  2. 有期雇用の登録型派遣から無期雇用に転換する

1. 最初から無期雇用契約を結ぶ

まだ派遣に登録していない方は、こちらの方法を検討しましょう。

常用型派遣の場合の多くは派遣会社で正社員として契約を結ぶことになります。

メリットとしては、賃金は月給制、ボーナスありなど契約期間に定めがないことが挙げられます。

しかし、派遣会社の正社員として契約を結ぶため、選考があり登録型派遣のように簡単に働き始めることができません。

2. 無期雇用に転換する

同じ派遣会社で一定期間働くと、申し出によって無期雇用に転換することが可能です。

出典:厚生労働省『有期契約労働者の無期転換ポータルサイト

派遣会社との有期雇用契約期間が通算5年を超えたタイミングから、申し込みの権利が発生します。

出典:厚生労働省『無期転換ルールのよくある質問

以上の図からも分かるように、これまで1回以上の契約を更新し、同じ派遣会社との有期雇用契約期間が通算して5年間を超えれば無期雇用に申込みできるという仕組みです。

そして、実際に無期雇用に切り替わるのは、申し出た時の有期労働契約が終了する日の翌日からです。

尚、無期雇用転換の申し込みに対して会社側は拒否できません。

2-3. 直接雇用に切り替えてもらう

直接雇用とは派遣会社を介さずに派遣先企業で働くことです。

直接雇用になれば、派遣切りの心配もなく安定して同じ職場で働き続けることができます。

転換後の雇用区分は契約社員となることが多いです。

待遇は正社員ほどではないですが、派遣社員の時よりも福利厚生が充実し、仕事の幅も広がります。

出典:厚生労働省

実際には、派遣契約が切れる1~3か月前に直接雇用の提案をされることが多いようです。

また、派遣先で3年を超えて働きたい場合は自分から直接雇用への切り替えの希望を申し出ることもできます。

2-4. 別の派遣先で働く

より自分にあった職場を探し、そこで長く働ける努力をするという方法もあります。

以上で紹介してきたような方法で派遣として長く務めることもできますが、そもそも自分に合っている就職先でないと働き続けるのは厳しいです。

ですので、自分のスキルや経験を活かせる職場に就職することで、職場の人間関係も上手くいき、長期的な付き合いに発展する可能性もあります。

3. 50代で初めて・再び派遣登録する際の注意点

50代で初めて派遣登録する方や、再び派遣として働こうと考えている方に気を付けてもらいたい注意点があります。

以下で詳しく説明していきます。

3-1. 不人気の求人でも受け入れる柔軟さを持つ

これまでも説明したように、50代は仕事が見つからず、就職・転職活動に苦戦する方が多いです。

あまりに職種や時給などをこだわりすぎると、派遣会社も紹介できる求人が無くなってしまいます。

ですので、人が集まりづらい職種や通勤しづらいエリア、社員数が少ない会社などの比較的人気の少ない求人を希望すると、紹介されやすくなります。

また、仕事を多く紹介してもらうには、派遣会社からの評判が高い方が有利です。

なぜなら、派遣会社の人があなたに仕事を紹介するかどうかを決めているからです。

派遣会社の人と上手く付き合い、就業意欲をアピールしておくことで、派遣会社からの信頼を獲得しておきましょう。

3-2. 派遣会社を見極める

特に初めて派遣に登録しようと考えている方は、派遣会社をよく調べてから登録して下さい。

なぜなら、派遣会社は似たように見えて各社に保有する求人に特徴があったり、サービスの質も違ってくるからです。

「大手の派遣会社だから…」と安易に登録してしまうと、派遣会社の得意とする求人と自身の希望が合致せず、なかなか仕事が見つからない可能性があります。

50代の方がより希望の求人に出会うためには、ミドル~シニア向けの求人を得意とする会社や研修制度が手厚い会社を選んで登録しましょう。

4. 50代におすすめの派遣会社5選と求人サイト2選

本章では、50代向けの求人が豊富な派遣会社・求人サイトを以下の順でご紹介します。

順に紹介しますので参考にしてください。

4-1. 中高年向け求人が豊富な派遣会社5選

中高年向けで、求人が豊富な派遣会社は以下の5つです。

では紹介していきます。

スタッフサービス|ミドル向け求人最多の大手派遣会社

<枠線画像>スタッフサービス

スタッフサービス(オー人事net)』は、派遣業界No.1の求人数を保有する大手派遣会社です。

実際、職種・業種ともにほぼ全ての派遣領域をカバーしており、全体で約120,000件、中高年向けの求人は6,000件ほど保有しています。

相談できる事業所があり、登録利用者からは「仕事紹介のスピードが早い」「他の派遣会社に比べて圧倒的な求人で選択肢が広い」など、高く評価されています。

担当者の質に関しては評判は分かれるものの、50代の方でも気軽に利用することができるので、ぜひ一度登録することをおすすめします。

公式サイト:
https://www.022022.net/

テンプスタッフ|手厚いサポートサービスが評判

<枠線画像>テンプスタッフ

テンプスタッフ』は、「doda」の運営元である人材業界大手の「パーソルグループ」が運営する大手人材派遣会社の一つです。

派遣紹介できる求人数は件と、『スタッフサービス』に次ぐ業界No.2の求人保有数です。

また、会社としての教育体制も整っており『担当者の質が高い』と評判なので、スキルに自信がない中高年の方は、テンプスタッフは登録候補の一つに考えて損はないでしょう。

公式サイト:
https://www.tempstaff.co.jp

※スキルに不安な方向けに「テンプオープンカレッジ」といったスキルアップ支援制度もあります。

パソナ|それぞれの年代に応じた働き方を提案

パソナは、株式会社パソナが運営している人材派遣サービスです。株式会社パソナは、転職支援サービスとして名高い『パソナキャリア』を運営していることでも知られています。

パソナは他の企業と比べて高時給の案件も多く、また、女性の就職支援にも力を入れているのが特徴です。

優良案件が多いため、審査に通りにくいといった声がよく聞かれますが、就業経験がある人、スキルを活かして働きたい中高年の方にはおすすめの派遣サービスです。

公式サイト:
https://www.pasona.co.jp/

アヴァンティスタッフ|シニア派遣にも手厚い派遣会社

アヴァンティスタッフ』はシニア向けサービスを展開する、優良派遣会社にも認定された人材派遣会社です。

数ある派遣会社の中でもシニア向けのサービスを手厚く行っているため、50代向けの求人を厳選して選択することができます。

また、コーディネーターが親身に話を聞いてくれるので、自身の年金給付等のライフスタイルに合った働き方を紹介してくれます。

アヴァンティスタッフ公式サイト:
https://www.avantistaff.com

マイスター60|シニア向けサポートが充実した専門派遣会社

マイスター60』はシニア向けの派遣会社で、50代を始じめとする多くの中高年者に利用されています。

シニア就労のサポートに長けている為、50代の派遣求人探しを親身にサポートしてくれることが特徴です。

特に、定期的に開催される無料のキャリア相談会やキャリア支援プログラムでは、50代で派遣として働く際に必要な情報を得ることができます。

再就業する上での注意点やマインドの動機づけや、再就職市場の現状(求人状況、給与、働き方等)の情報を手軽に仕入れることができるのは、『マイスター60』だからこそです。

マイスター60公式サイト:
https://www.mystar60.co.jp/

4-2. 中高年向け求人が豊富な求人サイト2選

中高年の方におすすめの求人サイトは以下の2つです。

では、順に紹介していきます。

タウンワーク|全国の豊富な求人数が魅力

タウンワーク』は全国の豊富な求人を取り揃えた、業界最大手の求人サイトです。

アルバイトのイメージが強いかもしれませんが、派遣求人も約35,000件と豊富に取り揃えています。

特徴として関東圏だけでなく全国の求人を多く保有しているため、自宅周辺の勤務地を選びやすいです。

また、「ブランクOK」や「ミドル活躍中」など細かな条件から求人を絞り込むことができるため、希望の求人に最短ルートでたどり着くことができます。

タウンワーク公式サイト:
https://townwork.net

FROM40|日本最大級の40代・50代専門求人サイト

FROM40』は40代・50代向けサービスに特化した転職求人サイトです。

ミドル向けに特化しているにも関わらず求人数が約17,000件以上と豊富で、非公開求人は約3,000件以上となっています。

1度登録すると自身で求人に応募することができる他、スカウトサービスやマッチングサービス、非公開求人サービスを利用することもできます。

FROM40公式サイト:
https://www.from-40.jp/

5. 【FAQ】50代の派遣に関してよくある質問と回答

本章では、50代の派遣に関してよくある以下の質問に関する以下の質問に回答します。

Q1 50代の派遣社員が就く職種にはどんなものがありますか?

50代だから就けない仕事はありません。

しかし、以下のような職種は50代でも採用されやすいと言われています。

  • 働く環境がやや厳しいコールセンター
  • 体力を使う工場のライン
  • 清掃業
  • 病院などの清掃

特別なスキルがない限り、人気職種である事務・庶務などに採用されるのは厳しいです。

自身のスキルや経験を活かすか、多少不人気の求人でも妥協できるよう、年齢の壁は意識しておくと良いでしょう。

Q2 派遣先で上手くやれるか不安です。

50代に限らず、派遣のトラブルの多くは人間関係が原因です。

指揮命令者が自身より年下で、双方がやりずらさを感じる場面が多い50代の場合は、特に注意が必要でしょう。

インターネット上には、50代の派遣に関してネガティブな口コミもありました。

口コミ・評判

Y さん
50代の派遣さん(Aさん)が
ますます傍若無人になってきて困っています。仲が悪くなった派遣さんの悪口を社内で言いまくり
悪口を言われている本人(Bさん)も直接聞いたことが
何回かあったようです。Bさんは忙しい時に文句を言って
Aさんが辞めると仕事に支障が出るからと
我慢していましたが、
体調不良になってBさんが辞めざる得なくなってしまいました。

出典:ヤフー知恵袋

口コミ・評判

匿名
派遣50代後半の新人がいる。
モニターにはいられ気にせず受電してると後ろから「ここはこうですって」「だからここですって。」とか新人のくせにして何も分からないのに口出してくる。でかい口叩く新人は持って3日がいい所だから今後がたのしみです

出典:Twitter

口コミ・評判

匿名
色んな派遣から50代以上「とりあえず」って感じで送り込まれてるんだけど、この人たち、人がイヤフォンしてようが電話してようがお構い無しに話しかけてきて肩叩いてきて中断させて出てくる言葉が「お昼休みですか?」だから本当に。

出典:Twitter

若い人も多いと世代間のギャップに悩むこともあるでしょう。

ですが、大切なことは挨拶や返事、最低限のマナーを守るなどの基本的なコミュニケーション能力です。

自分より若い上司との働きずらさや、50代で派遣社員として働く肩身の狭さなどがあるかもしれませんが、礼節をわきまえて目の前の仕事を丁寧にこなせば大丈夫です。

6. 関連記事

本章では、50代で派遣として働く際に併せて読んでおきたい関連記事をご紹介します。

50代の就職・転職に関して
50代におすすめの派遣会社に関して

是非、上記の記事を読んで派遣や50代の就職・転職活動について理解を深めてください。

7. 終わりに

ここまで50代で派遣として働く実情を詳しく説明してきましたが、いかがでしたか?

高い専門性や豊富な経験を求められる50代は、派遣といえども仕事が見つかりにくく、厳しい現実があります。

就業後に苦しまないためにも、派遣会社はよく見極めて登録して下さい。

以下に、本ページで紹介した50代におすすめの派遣会社を紹介しておきます。

中高年向け求人が豊富な派遣会社5選

中高年向け求人が豊富な求人サイト2選

少しでも気になる方は、登録してみてください。

あなたの就職・転職活動が上手くいくことを心から願っています。