看護師の転職が決まらない人とすぐ決まる人の違いとは?採用されやすくなるコツを解説

看護師 転職 決まらない

看護師の転職がなかなか決まらない」「不採用が続いているけど理由が分からない」とお悩みではないですか?

早く次の職場を決めたいのに、不採用が続くと何をどうすれば良いか分からず、気が滅入りますよね。

想像以上に転職先が決まらず焦りを感じているかも知れませんが、とはいえ妥協して転職先を決めてしまっては、合わずにすぐに辞めてしまう可能性もあります。

そこでこの記事では、看護師転職のプロとしてキャリアのサポートをしてきた私が、まず「転職先がすぐ決まる人と決まらない人の違い」を紹介し、どうすれば選考を突破できるのか、具体的なノウハウをまとめて解説します。

  1. 【看護師の転職】すぐ決まる人と決まらない人の決定的な6つの違い
  2. 当てはまったら要改善!転職がなかなか決まらない4つの看護師の特徴
  3. 看護師の転職では焦りすぎに注意!
  4. スピード内定を獲得するための3つのコツ
  5. 看護師さんから人気の転職サイト3選

全て読めば、採用がグッと近づくでしょう。

看護師723名が選んだ人気の転職サイト

編集部が実施した看護師723名へのアンケート調査に基づくサポート力や求人の数・質への満足度が高い転職サイトベスト3は、下記の3つ。

キャリア・転職に悩んでいたり、今の仕事・職場から離れようかなと考えていたりするすべての看護師におすすめの相談先です。

左右にスクロールできます。

おすすめ転職サイト口コミ満足度公開求人数おすすめポイント
1位:看護roo!
(看護ルー)

4.3点

約5.9万件
  • 利用者満足度No. 1(編集部調べ)
  • 面接対策・サポートも手厚い定番の転職サイト
レバウェル看護(旧・看護のお仕事) ロゴ2位:レバウェル看護
(旧・看護のお仕事)

4.1点

約14.1万件
  • 圧倒的公開求人数を誇る大手サイト
  • 取材に基づくリアルな施設情報を教えてくれる
3位:マイナビ看護師

4.0点

約4.6万件
  • 全国に拠点があり地方にも強い
  • 初めての転職から企業転職まで抜群の支援

〔求人数〕2023年1月5日時点

1.【看護師の転職】すぐ決まる人と決まらない人の決定的な6つの違い

転職先・再就職先がすぐ決まる人と決まらない人には、以下の6つの違いがあります。

すぐ決まる人決まらない人
応募のやり方同時進行一つの施設ごとに応募
情報収集入念あまりしていない
転職の軸明確考えていない
志望動機応募先に合わせて書く使いまわす
面接回答を事前に考えている場当たり的なやり取り
転職サイト使っていない or 一つだけ複数活用している

それぞれ具体的に解説します。

1-1.複数の施設に応募していない

転職先がなかなか決まらない原因として、「複数の施設に同時進行で応募していないこと」が考えられます。

転職がすぐ決まる人は、一気に複数の病院に応募しています。いくつもの病院の面接を同じ時期に受け、雰囲気や待遇などを比較しながら、転職活動を進めていくのです。

複数の病院・施設に併願すると、

  • 同時進行で選考が進むため、転職活動の時期は短くなる
  • 同時期に繰り返し面接を受けることで、次第に場慣れしていく

というメリットがあります。

これに対して、なかなか決まらない人は、一つの施設に応募し、不採用の知らせを受けてから、再度求人探しから始めてしまっていることが多いです。

選考は数週間かかることも多いので、これでは時間がかかってしまうのも当然です。早く次の職場を決めたい人には不向きな進め方です。

1-2.事前の情報収集が不足している

転職先がなかなか決まらない原因として、「事前の情報収集が不足している」ケースも考えられます。

転職がすぐ決まる人は、もし働きたい病院があれば、その病院について入念に情報収集をして、必要なら専門領域の知識を頭に入れた上で面接に臨みます。病院側が求める人材であることをアピールするためです。

その際、「自分が求められている人材じゃない」と判断したら、その時点で見切りをつけ、別の病院を探しています。

病院側がどのような人物を求めているか、求人広告に「○○な人材を募集」と書かれているケースもありますが、それ以外にも病院の公式サイトなどから情報を集めることで、ある程度仮説を立てられます。

採用ニーズの仮説を立てる3ステップ

  1. 病院の公式サイト(看護部のページ)を見る
    • 理念・看護観
    • 看護部長のメッセージ
    • 先輩ナースのメッセージ
    • 募集要項(求人広告にはない情報が載っていることもある)
  2. 「○○の実績がある人材」「○○力のある人材」が欲しいのでは?と仮説を立てる
  3. そこから「自分の経験のどの部分をアピールするか」を決める
    場合によっては専門領域の知識を勉強する

このようなプロセスを経て、病院に対して最も魅力的と言える要素をアピールしていきます。

これに対し、なかなか決まらない人は「情報収集不足で、採用ニーズを上手く把握できていない」方が多いです。採用ニーズが上手く把握できていないと、応募書類や面接で自分を上手くアピールできず、選考になかなか通過しなくなってしまうのです。

1-3.転職の軸が定まっていない

転職先がなかなか決まらない原因として、「転職の軸が定まっていない」ケースも考えられます。

転職の軸とは

転職の軸とは、次の職場を選ぶ上で絶対に譲れない条件(今回の転職で必ず達成したい最優先事項)のことです。

例えば、

  • 年収450万円以上の職場
  • 通勤時間が30分以内で、家庭と両立ができる職場
  • 専門的で高度な技術が学べる病院

などがあげられます。

転職がすぐ決まる人は、この転職の軸が明確なので、早い段階である程度病院を絞り込めます。複数の選択肢があっても、職場の選び方に一貫性があるので、転職活動の方向性がぶれることはありません。

これに対して、なかなか決まらない人は、この転職の軸が曖昧です。求人を探していても「この病院もいいな…やっぱりこっちもいいかも…」となってしまい、時間がかかってしまいます。

また、妥協できる点を決めていない人も、希望条件が厳しくなりやすく、なかなか応募できる職場が見つからないとなりやすいです。

条件が厳しくなってしまう例

  • 譲れない条件3つ以上あげている
  • 妥協できる条件が1つもない
  • かなり求人を限定するような条件を複数あげている
    (例:高収入+夜勤なし+残業なしなど。美容系クリニックなどに限定されてしまう)

全ての希望を満たす職場を探すのは難しく、どうしても転職活動が長引いてしまいます。

1-4.履歴書で「どの病院でも使いまわせるような志望動機」を書いている

中々書類が通らない人は、履歴書で「どの病院でも使いまわせるような志望動機」を書いていることも多いです。

確かに履歴書を書くのは相当労力がかかるものですが、とはいえどこの病院でも使えるような志望動機では意欲が伝わらず、選考通過から遠のいてしまいます。

■NG
貴院の理念に共感し、志望しました。

■OK
患者様とじっくり時間をかけて関われる慢性期病棟で働きたいと考えています。貴院の「認知症看護法マニチュード」を積極的に取り入れたケアを提供している点を魅力に感じ、この度志望しました。

このような具体性のある志望動機を作成するためには、前述の情報収集がカギになります。病院の特徴や力を入れていることなどを詳しく調べておき、それを応募書類に組み込むことで、魅力的な履歴書を作成できるでしょう。

履歴書の書き方については、『看護師転職を成功させる履歴書の書き方|志望動機や職歴の記入方法』で詳しく解説しているので参考にしてください。

1-5.面接の準備不足

書類選考は進むのに面接で不採用となる人は、面接の準備不足であることが多いです。

転職がすぐ決まる人は、「面接でこう聞かれたらこう答える」という回答パターンを大まかに用意しています。

事前にどのような質問が来るかを想定し、答えを考えておけば、返答に困ることは少なくなります。余裕が生まれ、「どう答えるか」に意識が向くようになるので、ハキハキと自信を持って応対できるようになるでしょう。

これに対して、受け答えの準備ができていないと、咄嗟に上手く答えられず、良い印象を与えられていない可能性があります。

面接の印象は、実は経歴やスキルと同じくらい重要なので、しっかりと準備をしておくことが大切です。

頻出の回答については『看護師転職の面接マニュアル|頻出質問と回答例&好印象を与えるポイントを徹底解説』で答え方と併せて解説しているので、参考にしてください。

1-6.転職サイトを上手く活用できていない

転職がなかなか決まらない人の中には、転職サイトを上手く活用できていない人も多いです。

具体的に言うと、転職サイトの登録数が少ない傾向にあります。

転職がすぐ決まる人は、複数の転職サイトにまとめて登録し、以下のように徹底的に使い倒す姿勢で利用しています。

  • 複数サイトを使い、求人の選択肢を一気に広げる
  • 気になっている求人があったら、他サイトからも同じ給料で募集されているか確認する
  • 働き方や採用基準を各サイトの担当者から話を聞く
  • 相性の良い担当者を見つけ、履歴書の添削や面接対策を徹底してやってもらう

これに対して、転職がなかなか決まらない人は、「転職サイトを使わず、ハローワークだけで探している」「転職サイトは一社だけしか使っておらず、あまり頻繁にやり取りもしていない」という特徴がみられます。

特に転職サイトは応募書類を添削してくれたり、面接の対策をしてくれたりするサービスもあるので、「書類選考に通過しない」「面接までは行くけど採用されない」という方は、積極的に利用していくべきです。

また転職サイトには、それぞれのサイトしか扱っていない独占求人を持っていることもあるので、登録サイト数を増やすほど、良い求人が見つかりやすくなります。

どの転職サイトを使うべきか知りたい方は『看護師723人が選ぶ転職サイトおすすめランキング|口コミ評判&求人数を徹底比較』の記事を参考にしてください。

2.当てはまったら要改善!転職がなかなか決まらない4つの看護師の特徴

転職が決まらない看護師には、共通して見られる特徴があります。前章で解説した転職活動の方法以外にも、考えられる原因を以下にまとめました。

2-1.主体性がなく、転職意欲が伝わらない

求職者本人に主体性がないため転職意欲が面接官に伝わっていないケースも多いです。

特に、「転職サイトの担当者やハローワークの窓口の人に言われるがまま応募した」という人がこれに該当します。要するに、自分の意思ではなく、他の人の勧めに従って行動している人です。

自分の考えや意思で行動していないと、志望動機を聞かれたとしても、当たり障りのないことしか答えません。

将来のキャリアプランについて質問されたとしても、具体的に考えていないため、咄嗟に答えることも難しいでしょう。

「自分はなぜ転職しようと思ったのか」「転職でどのようなことを実現したいのか」など、根本に立ち返って考えなおしてみることも大切です。

2-2.ブランクが3年以上ある

結婚や出産で休職していた期間が長い場合、採用されにくい場合があります。特に3年以上のブランクがあると、技術が鈍ると懸念されるケースも少なくありません。

ただ、医療技術の難易度が高くない職場の場合、ブランクのある看護師を歓迎していることも多々あります。

ブランクのある看護師が復職するためには、事前に最新の知識や技術を学んでおくと良いでしょう。都道府県や公的機関、民間企業が定期的に開催している復職希望者向けの研修やセミナーに参加してみるのもおすすめです。

詳しくは、『ブランクのある看護師が復職・再就職を成功させるための事前準備を総まとめ』の記事をご覧ください。

2-3.転職回数が3回以上

転職回数が3回以上ある方も、採用されにくいことがあります。周囲より、やや転職回数が多く、「すぐ辞めるのでは」という懸念を持たれやすいからです。

実際に、転職サイト「レバウェル看護(旧 看護のお仕事)」が行った調査では、「看護師の3人に2人は転職回数2回以下」であるとわかっており、3回を超えると少数派になります。(参考:『看護師は転職回数が多いってホント?|ナースの転職意識調査』)

※転職回数が3回以上の看護師は全体の35%

もちろん、看護師はライフステージ(結婚など)の変化に応じて病院を変えることも多く、転職回数が増えることは普通のことではありますが、一般的には転職回数が増えるほど、「他の採用候補者よりも転職回数が多い」「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」といった懸念点になる可能性があります。

著しく転職回数が多い場合は、「家庭の事情」など建前の理由を使うことも必要です。転職活動時に意識すべきことは『転職回数が多い看護師でも転職を成功させるための全知識』で詳しく解説しています。

2-4.コミュニケーション能力が低い

面接で協調性がない、コミュニケーション能力が低いと判断されると採用確率はグッと下がります。看護師は患者・医師と頻繁にコミュニケーションを取る仕事であり、採用判断に大きくかかわります。

面接では明るい雰囲気や姿勢など良い印象を与えることを意識し、挨拶や社会人としてのマナーなど当たり前のことができなくて減点されないように注意しましょう。

3. 看護師の転職では焦りすぎに注意!

転職活動で一番いけないのは、焦って判断を誤ってしまうことです。早く次の職場を決めなければと焦燥感に駆られて、勢いで転職先を決めてしまった結果、「ブラックな病院に入ってしまった」という事態は避けなければなりません。

そもそも、「次がなかなか決まらない」と悩んでいる方の多くは、そう思い込んでいるだけということもあります。

そこで当サイトでは転職経験者の看護師さん100人に、転職活動にかかった期間を伺いました。すると、約5人に1人(17%)は、3か月以上かけてじっくり転職先を探していました。中には、6か月以上かかったという方もいます。

看護師転職活動期間

約5人に1人は、3か月以上かかってじっくり転職活動をしている

一般企業への転職活動に比べ、看護師の転職はすぐに決まるといわれますが、2020年以降、看護師の有効求人倍率はやや低迷気味なので、想定よりも転職に時間がかかるケースが増えています。そのため、3ヶ月以上かかっていても、そう不自然ではありません。

なかなか決まらないことに焦りを感じて、自分の希望とは合わない病院へ転職を決めてしまうことの方が問題です。

転職活動は、自分の希望する働き方や職種で勤務するために前向きに行うものなので、悲観しすぎずにじっくりと向き合いましょう。

4. スピード内定を獲得するための3つのコツ

不採用が続きなかなか転職先が決まらない方に採用されやすくなる方法をいくつか紹介していきます。

4-1.応募の選択肢を増やす

早く転職先を決めるためには、とにかく応募先を増やすことが先決です。そのためには、あらゆる手段を活用して、求人情報を集めることが欠かせません。

看護師の求人探しの手段は様々です。当サイトで行ったアンケート調査の結果では、転職サイトを利用したという方が最多となりました。

転職先を見つけた方法

 

出典:看護師167人を対象に調査(2021年4月)

ハローワークやナースセンター、転職サイトなど様々な方法で転職先を探していることが分かります。これらの手段を駆使すれば、まだ見ぬ好条件の求人が見つかる可能性もあります。

なるべく多くの媒体に登録すると応募できる病院の選択肢も増え、採用に近づくといえるでしょう。

4-2.第三者からの客観的なアドバイスをもらう

転職活動において客観的な視点は欠かせません。

選考に通過しないことが続くと、「何が悪いんだろう」と悩むことも多いはず。一人で転職活動を進めていると、誰も改善点を教えてくれません。

そこでなるべく他者から客観的なアドバイスをもらうようにしてください。他の応募者と差別化がはかれるようなオリジナルの志望動機となっているか、採用担当者に評価されやすい内容か、など自分では気づかない視点のアドバイスがきっかけで、内定につながることもあります。

相談相手は、転職サイトのキャリアコンサルタントなど転職のプロが好ましいです。転職サイトを利用しない場合は、ハローワークやナースセンターの窓口、同僚や友人などでも構いません。

4-3.不採用の理由を振り返る

最も大切なのは不採用になった理由を振り返ることです。

不採用になった理由を考えずにただやみくもに応募を繰り返していても、また同じ理由から不採用になってしまう可能性が高いです。

前述した「なかなか決まらない原因」に当てはまっていないかを確認し、対策を考えてから次の職場に応募しましょう。

転職サイトを活用するのもおすすめ!

選考のアドバイスをもらうなら、転職サイトの活用をおすすめします。

転職サイトとは、転職相談・求人紹介など転職活動に関する幅広いサポートをしてくれる『人材紹介サービス』です。選考(書類・面接)サポートを受けられるので、内定までの距離もグッと縮まります。

実は、転職サイト経由で病院に応募して面接すれば、仮に落ちたとしてもその原因が分かります。というのも転職サイトの担当者は面接後、病院の面接官に不採用の理由をヒアリングしてくれることがあるのです。残念な結果に終わってしまったとしても、その経験を次に活かせます。

もし一人で転職活動を進めていて、突破口が見えないという方は、転職のプロに力を借りてみるのもおすすめです。

5.看護師さんから人気の転職サイト3選

数ある転職サイトの中から、以下を基準に、「利用者からの満足度の高い看護師向け転職サイト」をピックアップしました。
転職サイト選定基準
  1. 求人数 …総求人数が多いほど、理想にぴったりの求人を見つけやすい
  2. 利用者満足度(提案&サポート力) …利用者の口コミをもとにサービスの質を評価。優秀なキャリアアドバイザーに担当してもらえれば、理想の職場を提案&手厚いサポートが期待できる
利用者の総合評価順にランキング形式でまとめると、おすすめの転職サイトは、以下の通りとなりました。
転職サイト求人数|総合満足度
1位 看護roo!55,907件|◎4.3 利用者満足度96.3%、看護師さんからの人気No1の転職サイト。細かい条件で求人が探しやすく、面接対策&サポートも手厚い。
2位 レバウェル看護(旧 看護のお仕事)135,763件|○3.8 総求人数トップレベル!累計40万人以上の利用者がいる転職サイト。LINEで最新の求人情報が得られるなど、気軽に転職活動ができる
3位 マイナビ看護師60,875件|◎4.1 求職者のペースに合わせたサポートが強み。全国22箇所に相談会場があり、地方在住者も来社相談しやすい

※求人数2022年8月更新

この記事では3サイトに厳選しています。より詳しく知りたい方は、『看護師723人が選ぶ転職サイトおすすめランキング』を参考にしてください。

1位.看護roo! | 看護師さん利用者満足度No.1

看護roo
看護roo!の特徴
  • 利用者満足度96.3%
  • 公開求人55,907件+非公開求人も多数
  • 面接同行や選考対策など手厚いサポート

看護roo!』は、転職経験のある看護師さんから最も選ばれている、人気No1の看護師転職サイトです。

登録者のみが閲覧・応募できる非公開求人も多数保有しています。

さらに、細かい条件を組み合わせて仕事探しができるので、希望にぴったりの求人を見つけることができるでしょう。

看護roo!』は、30年以上に渡る転職支援実績のある株式会社クイック(東証一部上場企業)が運営するサービスです。

信頼と実績も十分で、面接時に希望者には専任の女性スタッフが同行してくれるなど、きめ細かいサポートが魅力といえます

こんな看護師さんにおすすめ
  • みんなが使っていて、実績豊富な人気のサイトを利用したい
  • 給与や条件、人間関係などが良い職場情報を知りたい
  • はじめての転職で不安なのでプロに相談したい

2位.レバウェル看護(旧 看護のお仕事) | 求人多数で選択肢の幅が広い!

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)
レバウェル看護(旧 看護のお仕事)の特徴
  • 累計利用者数40万人以上
  • 友だちに勧めたい転職サイトランキングNo.1
  • 総求人数は135,763件と転職サイトトップレベル

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)』は、求人数がトップレベルの転職サイトです。

キャリアアドバイザーが、病院や施設を訪問して直接取材を行っており現場のリアルな情報を詳細まで把握しています。

したがって、、「人間関係や施設の雰囲気はどうか」「子育て中の看護師が働きやすい環境か」などの情報を踏まえて、最適な提案をしてもらえます。

また、LINEで「新着求人情報が届く」「担当のキャリアアドバイザーに相談できる」など、気軽に転職活動ができる点も魅力的です

こんな看護師さんにおすすめ
  • できるだけたくさん求人が見たい
  • 職場の雰囲気や内部情報を知りたい
  • 気軽に求人探しがしたい

3位.マイナビ看護師|ペースに合わせて転職できる

マイナビ看護師の特徴
  • 看護師認知度4年連続No1の定番転職サイト
  • 求人数は6万件以上
  • 大手マイナビならではの情報ネットワークも強み
マイナビ看護師』は、大手人材企業マイナビが運営する定番の転職サイトです。

数週間で内定を目指す「スピード転職」や、数ヶ月に渡ってゆっくりと職場を探す「じっくり転職」など、求職者の都合に合わせたスピード感でのサポートをしてくれます。

そのため、「ゆっくりと考えたいのに連絡が煩わしい」「早く転職したいのにサポートが遅い」といったミスマッチもなく、自分のペースで転職活動を進められるでしょう(面接の日程調整なども、キャリアアドバイザーが代行してくれます)。

こんな看護師さんにおすすめ
  • なるべく早く次の仕事を見つけたい
  • 数ヶ月かけて余裕を持って転職活動したい

6. まとめ

看護師の転職が決まらない人に理由や転職が決まりやすくなるコツをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

転職先が決まらない理由としては以下の6つが考えられます。

転職が決まらない6つの理由

  • 複数の施設に応募していない
  • 履歴書の書き方が分かっていない
  • 面接時に良い第一印象を与えられていない
  • 面接での受け答えが下手
  • 自己PR不足
  • 病院側の採用要件と合わない

転職先が決まらない理由をよく考えてから、次の職場へチャレンジしましょう。

あなたの転職活動が成功することを願っています。