老人ホームで働く看護師の給料はいくら?平均相場&高時給を目指す方法を徹底解説

「老人ホームの看護師って給料どのくらい?」とお考えですね。

結論から言うと、老人ホームで働く看護師の給料は、常勤スタッフで38万3,560円です。

これは手当や一時金(賞与など)をすべて含んだ金額で、年収換算するとおよそ460万円となります。

この記事では、老人ホームで働く看護師の給料について複数の公的調査データをもとに解説します。

  1. 老人ホーム看護師の平均給料は約38万円
  2. 老人ホーム看護師の給料は病院看護師より低く、待遇改善が喫緊の課題
  3. 給料の高い老人ホームで働く方法

全てを読めば、老人ホームで働く看護師の給料相場が分かり、自分の職場の給料が妥当であるか、判断材料となるでしょう。

使用調査データ

この記事では、『令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果』と『 令和元年賃金構造基本統計調査』をもとに老人ホーム看護師の給与・年収を算出しています。

1.老人ホーム看護師の平均給料は約38万円

老人ホームで働く看護師の給料は、常勤スタッフで38万3,560円です。

これは手当や一時金(賞与など)をすべて含んだ金額で、平均年収に換算するとおよそ460万円となります。

また、非常勤スタッフの平均月額給与は12万6,850円、平均時給は1,410円です。

なお看護師と准看護師では月々の資格手当に差が生じるため、准看護師は給料が数万円ほど下がるケースもあります。

平均給与
(月額)
基本給
(手当などを除く)
常勤38万3,560円23万5,460円
非常勤12万6,850円1,440円
(時給)

老人ホーム看護師の給料は、看護師全体の平均年収と比較すると低い

老人ホーム看護師の給料は、看護師全体の平均年収と比較すると低く、20万円以上の差があります。(令和元年の看護師全体の平均年収およそ483万円に対し、老人ホームは460万円)

さらに「病院看護師」と「介護施設看護師」という軸でみると、待遇差はより顕著です。

そこで次章では、両者の待遇差について解説します。病院から介護施設へ転職を検討している方は、確認必須です。

2.老人ホーム看護師の給料は病院看護師より低く、待遇改善が喫緊の課題

介護施設で働く看護師は病院看護師と比べて待遇が悪く、特に給料の差は顕著です。

実際に以下のグラフでそれぞれの給与を比較すると、すべての年代で介護施設看護師の方が低いことが分かります。(病院の看護師=赤い線と、介護施設の看護師=青い線を年代別に比較)

※「特別養護老人ホーム・介護老人保健施設における看護職員実態調査」をもとに作成

各年代で5万円以上の差が生じており、介護施設看護師の処遇改善は業界全体の問題にもなっています。2018年に日本看護協会から厚生労働省に提出された「看護師の待遇改善要望」に組み込まれたほどです。

このほかにも、介護施設の看護師待遇には以下のような課題も山積しています。

介護施設看護師は、

  • 平均年齢が病院看護師よりも高い、にもかかわらず給与は低い
  • 病院看護師よりも離職率が2倍ほど高い(病院10.8%に対し、介護施設21.5%)
  • 主任相当職や管理職になっても大幅に昇給しない

このため、病院から介護施設へ転職を検討している方は、金銭・待遇が今より悪くなる可能性を考慮しておく必要があります。

最新情報補足:過去3年で老人ホーム看護師の給料は上昇しつつはある

看護職員への処遇改善に公費が充てられるなどの政策もあり、老人ホーム看護師の給料は、常勤・非常勤いずれも過去3年間で上昇しているようです。

2017年2020年上昇額
常勤の平均給与36万4,880円38万3,560円1万8,680円
非常勤の平均時給1,400円1,440円40円

常勤は年々5,000円程度の上昇傾向が見られ、過去3年で約1万8,000円アップしています。非常勤の時給も、毎年10~20円ほど上がっています。

少しずつではありますが、改善しつつあるという状況のようです。

3.給料の高い老人ホームで働く方法

給料の高い老人ホームで働く方法として、以下の3つがあります。

それぞれ詳しく解説します。

3-1.介護職員処遇改善加算(Ⅰ)を取得している施設で働く

「介護職員処遇改善加算(Ⅰ)」を取得している施設は、給与が高くなる傾向にあります。

介護職員処遇改善加算とは

簡単にいうと、「職員のキャリアアップの仕組みがある施設」あるいは「職場改善を行っている施設」に対して、国から別途お金が支給される制度です。

支給にはいくつか要件があり、それを満たす施設は国からお金を受け取る(=介護職員処遇改善加算を取得すると言う)ことができます。

受け取ったお金は、職員の賃金改善や労働環境整備に充てられます。

要するに、介護職員処遇改善加算を取得している施設は、職員の待遇が手厚くなるのです。

そして介護職員処遇改善加算には、支給される金額の多さ順で(Ⅰ)~(Ⅲ)までグレードがあり、(Ⅰ)を取得している施設が最も職員への還元額が高くなります(待遇がよくなる)。

介護職員処遇改善加算自体は93%の施設が取得済みですが、最もグレードの高い加算(Ⅰ)を取得済みの施設は全体の75%とやや少なくなります。

3-2.転職の際は複数の施設を比較して検討する

老人ホームの看護師に転職する際は、必ず複数の施設を比較して検討してください。

比較することで、それぞれの施設の良い面・悪い面が分かり、より自分に合った職場を選択できます。

特に給与の提示の仕方は施設によって異なり、たとえば一見高給に見えるが「資格・諸手当がすべて含まれた金額」というケースや、その反対に「資格・諸手当が別途追加」という場合もあります。

まずは転職サイトに登録して求人を探すのもおすすめ

転職を検討している方は、『看護roo!』や『看護のお仕事』などの、大手看護師転職サイトに登録して、施設の求人を実際に探してみるのもおすすめです。

また『看護師723人が選ぶ転職サイトおすすめランキング』の記事では、当サイトが独自に取得したアンケートから、利用者満足度の高い転職サイトを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

3-3.研修を受けるなどの研鑽を積み、対応可能な業務の幅を広げる

介護施設求人の場合、資格手当は「看護師資格・准看護師資格」に対して付けられるものなので、別途資格を持っている看護師に手当が追加されるケースはあまりありません。

ですが、研修を受けるなどの研鑽を積んでおり、対応可能業務の幅が広い看護師は、より好待遇で働きやすくなります。たとえば「特定行為に係る研修」などは介護施設の業務に役立ちます。

特定行為に係る研修とは、厚生労働省が指定した施設で行われるものです。修了すると一部の医療行為を医師の指示のもと看護師自身が行えるようになります。

高齢者の多い施設では、突発的な医療対応が求められるケースも多く、「特定行為に係る研修」を受けた看護師のニーズは高いと考えられます。

さいごに

この記事では、老人ホームで働く看護師の平均年収や、給料アップの方法について解説しました。

病院以外への転職を考えている方は、以下の記事もおすすめです。

関連記事:
≫「病院以外で転職したい」看護師に人気の職場一覧

この記事があなたのキャリアに役立つことを願っています。