献血看護師の給料・手取りは?献血ルームの仕事や適性を解説

献血 看護師 給料

「献血看護師って給料どれくらい?」とお考えですね。

結論から言うと、献血看護師の給料は22~25万円が相場です。

献血看護師は、日勤のみで残業が少なく、業務がルーティンであるなど働きやすい環境である分、他の看護師職種と比べて給料は低めになっています

ただ、献血看護師として働く場合、日本赤十字社での雇用となるため、安定・福利厚生面は大きなメリットになります。

この記事では、日本赤十字社の求人を徹底調査して分かった献血看護師の給料について解説します。

  1. 献血看護師の給料
  2. 給料が低くても楽じゃない?献血看護師の仕事の実態
  3. 献血看護師に向いてる人・向いてない人

最後まで読めば、献血看護師の給料の全てが分かります。

看護師723名が選んだ人気の転職サイト

編集部が実施した看護師723名へのアンケート調査に基づくサポート力や求人の数・質への満足度が高い転職サイトベスト3は、下記の3つ。

キャリア・転職に悩んでいたり、今の仕事・職場から離れようかなと考えていたりするすべての看護師におすすめの相談先です。

左右にスクロールできます。

おすすめ転職サイト口コミ満足度公開求人数おすすめポイント
1位:看護roo!
(看護ルー)

4.3点

約5.9万件
  • 利用者満足度No. 1(編集部調べ)
  • 面接対策・サポートも手厚い定番の転職サイト
レバウェル看護(旧・看護のお仕事) ロゴ2位:レバウェル看護
(旧・看護のお仕事)

4.1点

約14.1万件
  • 圧倒的公開求人数を誇る大手サイト
  • 取材に基づくリアルな施設情報を教えてくれる
3位:マイナビ看護師

4.0点

約4.6万件
  • 全国に拠点があり地方にも強い
  • 初めての転職から企業転職まで抜群の支援

〔求人数〕2023年1月5日時点

1. 献血看護師の給料

当記事を執筆するにあたり、日本赤十字社の関東甲信越ブロック10ヶ所の職場の職員採用情報を調査しました。

結論から言うと、献血看護師の給料は22~25万円が相場です。

賞与は年2回支給の職場がほとんどで、正職員の場合、3~4ヶ月分が相場のようです。年収換算すると、340~370万円になります。

もちろんこれは入職時の給与なので、勤続年数によって昇給は見込めますが、それでも看護師の平均給与(33.4万円)よりはグッと下がります。

【理由】

  • 勤務は日勤のみで夜勤が一切ないから
  • 残業もほとんどない環境だから(受付終了時間が決まっており、定時に終わりやすい)

ただ、献血看護師は常勤・非常勤ともに日本赤十字社での採用ということもあって、福利厚生は手厚く、地域手当・住居手当・退職金などが充実しています。

なお、非常勤看護師の場合、時給は1,600~1,700円が相場です。

献血看護師の手取り額

手取り額は月収の約75~80%ほどと言われているので、献血看護師の手取り額は、17~20万になります。

関連記事
≫看護師の平均年収は?給与相場やボーナス額は本当に割に合うのか徹底調査

2. 給料が低くても楽じゃない?献血看護師の仕事の実態

献血看護師の給料はやや低めの水準とお伝えしました。では、その分楽な仕事かというと、実はそうではありません。

以下のような、献血看護師ならではの大変な点も多く、「割に合わない」「辞めたい」と感じる方も多いようです。

順番に見ていきましょう。

2-1.多種類の業務を全てこなせる必要がある

献血ルームでの仕事は、以下のように業務内容が様々です。

献血ルームでの仕事内容

  • ドナーが献血可能かどうかをチェック
    • 問診
    • 採血(少量の血液で検査)
  • 献血、抜針
  • ドナーの記録
  • 物品管理
  • 機材(状態チェック。本館に送って良いのか)

献血看護師は、これらのどれかではなく、全ての業務に対応できなければなりません。

その上、献血看護師の仕事はかなりテキパキとした進行が求められます。もたもたしているとドナーを不安にさせたり、迷走神経反射などを引き起こさせてしまったりするからです。

そのため、献血看護師になるためには、ある程度ベーシックなスキルを身に付けた状態でなければなりません。

また、メインの献血で使用する針は18ゲージとやや太めの針で、未熟な看護師が扱うと強い痛みを感じさせることもあります。

多種類の業務を全てテキパキとこなせる必要があるため、経験の浅い看護師はほとんどおらず、第二のキャリアとして献血看護師の道を選択する方がほとんどです。

2-2.働く場所を選べない

献血看護師は、働く場所を自由に選べません。

献血看護師の勤務先は、(1)血液センター(各都道府県の日本赤十字社の本館)と(2)献血ルームの二種類ありますが、どこに所属になるかは、採用後の人事で決定されます。

(1).血液センター(本館)所属の看護師は、献血バスでの業務を行います。献血バスは、その日ごとに行き先が変わるため、どこで働くかも日々変わります。

(2)献血ルームは各地に設置された献血専門の施設です。こちらに配属の場合も、個人の事情を考慮した上で、人事判断で「どの献血ルームで働くか」が決まります。

このため、看護師が働く場所を指定することはできません。

補足:業務内容の違い

  • 献血バス
    全血(一般的な献血)を行う
  • 献血ルーム
    全血の他に、成分献血(※)が可能

※遠心分離機にかけて一部の成分だけを抽出する

2-3.人間関係が意外と大変

実は献血看護師は、人間関係が意外と大変で、同僚・上司とのいざこざは病棟の頃と変わらないと話す看護師さんもいます。

というのも、人間関係が少人数の献血ルーム内で完結してしまうからです。合わない人がいたとしても避ける術はありません。

また献血看護師の仕事は、基本的に二人一組で行います。血液の確認などでダブルチェックを行うためです。シフトによって、苦手な人と二人一組で仕事をしなければならないこともあります。

また前述の通り、献血看護師はある程度キャリアを重ねた方が多いので、入職後はどの程度仕事ができるのか見極められるプレッシャーもあるようです。

閉鎖的かつ少人数の職場なので、人間関係の悩みを抱えやすいのが特徴です。

2-4.キャリアアップが難しい

献血ルームの仕事は多岐にわたるとお伝えしましたが、その仕事内容はルーティンワークが多く、慣れれば楽になる反面、キャリアアップが難しいという側面もあります。

採血・献血の手順もかなり細かく決められており、一通りの技術を覚えたあとは、「いかに手際よくドナー対応ができるか」「ドナーに安心してもらうためのコミュニケーション」が重要となります。

このため、看護師として技術を身に付けていきたいという方にとっては、給料も低めな上に、技術も身につかない環境と言えます。

2-5.土日祝の勤務となりプライベートと両立しづらい

献血ルーム・バスは土日祝も開いているので、献血看護師はシフト制勤務となります。

そのため、プライベートと両立しづらいのはややデメリットです。土日休みかつルーティンワークが希望なら、クリニックなどの職場の方が適しているでしょう。

なお、土日祝の出勤時に手当が付くケースもあります。

3. 献血看護師に向いてる人・向いてない人

献血看護師は給料が低めなため、誰にでも推奨できるわけではありませんが、以下に該当するなら適した仕事と言えます。

向いてる人

  • 給料よりも仕事の負担の少なさ(労働時間・業務内容)を重視
  • キャリアアップは特に考えていない
  • 会話好き(ドナーとのコミュニケーションの機会が多いため)
  • テキパキとした性格

一方、以下に該当する方は避けた方が良いでしょう。すぐ辞めることにもなり兼ねません。

向いてない人

  • 負担の少ない仕事がしたいけど、それと同時に給料も稼ぎたい
  • 人と会話があまり好きではない
  • 人間関係に悩んで辞めた経験がある
  • 細かいところにあまり気が回らない

このような方は、負担が少なく、かつ職場次第では給料も高いクリニック(美容系など)が適していると言えるでしょう。クリニックの転職事情については、『クリニックに転職したい看護師が事前に知っておくべき全知識』を参考にしてください。

転職を検討中の方は転職サイトへの登録がおすすめ

 

転職を視野に入れて検討している方は、転職サイトに登録し、キャリアアドバイザーに相談するのもおすすめです。

キャリアアドバイザーは看護師転職支援のプロで、あなたの希望条件をヒアリングしたうえで最適な職場・求人を紹介してくれます。

人気が高い良質な求人ほど、非公開求人として転職サイト利用者だけに限定公開されているので、登録しておくだけで選択肢をグッと増やせますよ。

大手サイトだと『看護roo!』や『レバウェル看護(旧 看護のお仕事)』などが有名です。評判の良いサイトを詳しく知りたい方は、『看護師723人が選ぶ転職サイトおすすめランキング』を参考にしてください。

さいごに

献血看護師の給料は22~25万円が相場でした。

病院の看護師と比べて低めな水準ですが、その分ルーティンワークが多いので、「キャリアアップはあまり視野に入れておらず、負担の少ない職場で仕事がしたい」方にとっては、働きやすい職場と言えます。

献血看護師の給料は、職場(特に賞与額)によって年収換算で差が生じます。もし転職を検討しているのであれば、『看護roo!』や『レバウェル看護(旧 看護のお仕事)』などの看護師転職サイトにしてみてください。

あなたの暮らしが、より良いものになるよう願っています。