新人看護師でも転職できる!【辞めたいと考えている入社1年目・第二新卒の方は必見】

「まだ新人だけど辛くて辞めたい…」
「人看護師でも転職しても大丈夫?」

と考えていませんか?

結論から言いますと、新人看護師でも転職は可能です。ただし、新人看護師は転職活動が難航しやすいため、極力慎重になるべきです。

この記事では新人看護師が転職に慎重になるべき理由や、転職するときの注意点、成功確率を高めるためのポイントについて解説します。

全て読み進めていただくと、新人看護師が転職に慎重になるべき理由がわかり、自分が転職してもいいかどうか、冷静な判断をくだせるようになるでしょう。

看護師723名が選んだ人気の転職サイト

編集部が実施した看護師723名へのアンケート調査に基づくサポート力や求人の数・質への満足度が高い転職サイトベスト3は、下記の3つ。

キャリア・転職に悩んでいたり、今の仕事・職場から離れようかなと考えていたりするすべての看護師におすすめの相談先です。

左右にスクロールできます。

おすすめ転職サイト口コミ満足度公開求人数おすすめポイント
1位:看護roo!
(看護ルー)

4.3点

約5.9万件
  • 利用者満足度No. 1(編集部調べ)
  • 面接対策・サポートも手厚い定番の転職サイト

2位:マイナビ看護師

4.2点

約4.6万件
  • 全国に拠点があり地方にも強い
  • 初めての転職から企業転職まで抜群の支援
レバウェル看護(旧・看護のお仕事) ロゴ3位:レバウェル看護
(旧・看護のお仕事)

4.0点

約14.1万件
  • 圧倒的公開求人数を誇る大手サイト
  • 取材に基づくリアルな施設情報を教えてくれる

〔求人数〕2023年1月5日時点

【結論】新人看護師の転職は可能です!

新人看護師の転職は可能
看護師は医療福祉の現場で必要な人材であり、常に需要がある職種の一つです。

活躍できる職場が多くあるのも特徴で、病院はもちろん、クリニックや介護施設、訪問看護などさまざまな職場で働けます。

加えて、高齢化により看護師の需要は増加傾向にあり、新人看護師でも応募できる求人があるのは珍しくありません。

これらの背景を踏まえると、新人看護師でも転職は十分に可能といえます。

ただし、転職が成功するかどうかはまた別の話。特に、新人看護師の転職は難航しやすいため、十分な検討と適切な対策をおこなったうえで、行動する必要があります。

新人看護師が転職したいと思う4つの理由

新人看護師が転職したいと思う理由

ここでは、新人看護師が転職したいと思う理由について解説します。

転職を考えたことのある看護師のリアルな声も紹介しているので、参考にしてみてください。

仕事についていけない

口コミ・評判

病棟看護師(21歳)
新人ゆえ慣れないことも多く、すべての業務が大変でした。例えば複数の患者さんを受け持ちながらその日の処置・点滴をこなしつつ、患者さんとコミュニケーションを取り、記録をすることなど。同時並行的に一つひとつの手技を習得しないといけませんし、電子カルテの入力方法も覚える必要があります。日々の勉強と仕事もプライベートも忙しく、大変でした。結局、新卒として入職し一年半勤務後転職しました。

新人ということで、初めは仕事ができなくて当然です。失敗もあることでしょう。

ただそうはいっても、現場で患者さんと向き合って仕事をするわけなので、悠長なことは言ってられません。

覚えることも膨大な量あります。いざ働き始めると、毎日のくたくたで余裕もなくなり、家に帰っても疲れを取るだけ。そんな毎日が続くことで、早くも転職を考えるようになる方もいます。

教育体制が不十分

口コミ・評判

病棟看護師(21歳)
新卒ということもあり、同じ失敗を何度かしてしまい先輩に「何度同じことを言わせるんだ」と怒られる日々でした。失敗が続き、味方もおらず疲弊していたこともあり、すべての人間関係が嫌になりました。

経験の浅い新人看護師が仕事でミスをするのは避けられません。

周囲のサポートがあればよいのですが、先輩や上司からの配慮が不十分な場合「すべての人間関係が嫌になった…」と転職を考えてしまう看護師も多いようです。

ただでさえ慣れない環境で疲弊しているのに、味方や理解者がいないと感じてしまったら、今の職場で仕事を続けていくのは難しいといえるでしょう。

「しっかりとした指導やサポートを受けられる職場に転職したい」と考えるのも当然かもしれません。

責任の重さに押しつぶされる

口コミ・評判

病棟看護師(30歳)
かつて新人の頃、初めて受け持った患者が亡くなったとき、患者が怖くて離れたくなって、もう看護師は向かないと思った。命を預かることが怖くて、結局離職しました。身体的にもきつくて、歩けなくなったりしたこともあります。

看護師には患者の命を預かる責任がともないます。

経験が浅い新人看護師のなかには、そのストレスに耐えられず「看護師に向いていないかも…」と考えてしまう人もいます。

特に、患者の死に初めて直面したときの精神的なショックは大きく、トラウマを抱えてしまう新人看護師も少なくありません。

命を預かることに恐怖や不安を感じ、違う職場への転職を考えてしまうのもうなずけます。

学校と現場にギャップを感じた

「学校で学んだこと」と「実際の医療現場」に大きなギャップがあり、「想像よりもはるかに大変だった」と心が折れてしまう看護師も少なくありません。

これは2019年以降、新型コロナウイルス感染症対策の影響で、十分な看護教育が受ける機会が減ってしまったことが背景として考えられます。

例えば、病床のある病院ほど感染症対策が厳格なので、看護実習が中止になったケースはかなり多いです。

実際に、96%の学校が、病院・施設から「実習受け入れ不可」の連絡を受けたことがあるというデータも確認されました。

看護学校協議会※出典『看護職養成校の新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大への対応に関する調査

また講義がオンラインになった学校も少なくありません。

このような背景から「新卒者は臨床での教育の補強が必要」と考える医療者もいるようです。

教育の機会が減ったことが、スキル習得の妨げになり、結果として「スキルが十分でない状態で新人として現場に出ることになる」という状況になっているようでした。

新人看護師が転職する3つのメリット

新人看護師が転職するメリット

ここでは、新人看護師が転職するメリットについて解説していきます。

それでは一つずつ紹介していきます。

今の職場の悩みから解放される

最大のメリットは、転職がうまくいけば今の職場の悩みから解放されるということです。

人間関係のトラブルや、職場に根付いた長時間労働、不十分な教育制度といった問題は、すぐに解決することは難しいでしょう。

我慢して働き続けた結果、体調を崩してしまったり、うつ病になってしまったという方も少なくありません。

そのため、新人のまま転職するリスクを理解した状態であれば、転職を考えてもいいでしょう。

転職先でも新人として指導してもらいやすい

転職先でも新人として指導してもらいやすいのは新人看護師が転職するメリットです。

そのため、興味のある領域に挑戦するチャンスと捉えることもできます。

また、先輩看護師に気軽に質問をしてコミュニケーションをとりやすいのも新人看護師ならではといえます。

口コミ・評判

病棟看護師(26歳女性)
入職後にプリセプターをつけてもらえたので、スムーズに慣れることができた。前の病院より残業が少なく給料がいい。病棟の雰囲気がよく落ち着いて仕事が出来る。

ある程度経験があり、即戦力を求められる年数になってくると、経験のない領域の病棟に配属されても指導してもらえないということもあります。

新人のうちに職場を移る方が、むしろ良いケースもあるのです。

自分の適職に出会える可能性がある

職場環境は働く場所によって大きく異なります。

転職をすると、これまでとは違う職場文化やサポート体制をもつ転職先で働けるようになったり、自分の性格やライフスタイルにあった職場と出会えたりする可能性があります。

サポート体制が充実した職場に出会えれば、看護師として成長でき、自信をもって仕事ができるようになるでしょう。性格にあった職場であれば、自分の適性を十分に発揮できるため、より充実した働き方が可能になります。

現在の仕事に関する悩みは、今の職場環境がただ自分にあっていないだけかもしれません。転職を機に自分にマッチする職場が見つかるケースは十分に考えられるでしょう。

新人看護師が転職する3つのデメリット

新人看護師が転職するデメリット

新人看護師が転職する際は、それによる不利益も考慮しなくてはなりません。デメリットは以下の3つ。

それぞれ順番に見ていきましょう。

転職活動が難航しやすい

新人看護師が転職する最大のデメリットは、転職活動が難航しやすいということです。

以下の3つの理由から、新人看護師の転職は難しくなります。

  • 年度の途中で受け入れ体制がない病院がある
  • 職場によっては高いスキルがないと受け入れてもらえない
  • そもそも新人の状態でやめたことを気にされる

このことから、極力は今の職場に留まることをおすすめします。

転職先で新しい仕事を覚えなくてはならない

新人看護師が転職すると、転職先で新しい仕事を覚えなければなりません。

特に新卒で入社した施設とは異なる施設に転職する場合は、一から覚える必要があります。

そのため、今の職場でも仕事が覚えられず苦労しているといった方は、本当に転職しても後悔しないかよく考えた方がいいでしょう。

職場によっては受け入れてもらえない

転職先のなかには、経験が浅く、スキルや知識が不足している新人看護師の採用に消極的な職場があります。

例えば、高度な看護ケアが求められる職場の場合、経験豊富な看護師を求めている傾向にあるため、経験不足の新人看護師の採用に二の足を踏むケースは少なくないでしょう。

人員が不足している職場の場合、教育にかける時間とリソースの確保が難しいため、新人看護師の採用を避ける場合があります。

ただし、すべての転職先が新人看護師の受け入れにためらいを感じているわけではありません。転職先によっては、積極的に採用をおこなっている職場も多く存在します。

新人看護師の転職体験談|成功事例と失敗事例

新人看護師の転職体験談|成功事例と失敗事例

実際に転職をした新人看護師の方の体験談を紹介します。

自分が転職をするかどうか判断をする上での、参考にしてみてください。

成功事例|熱心に指導してもらえる職場

口コミ・評判

匿名
一年目ですが、転職しました。
以前の職場は「一度見たならできるよね?」ということがとても多く、できないと怒られ、時には怒鳴られ、プリセプターからのパワハラもあって毎日辛くて精神的に病気になってしまいました。
今の職場は新人をしっかり育てようと部署みんなで協力しているのもあり、途中で入った私にも熱心に指導してくださります
先輩方は大変だと思いますが、声を掛け合ってみんなで協力して業務を終わらそうという風潮があり、忙しいですが人間関係もとても良いです
転職前はもう二度と看護師ができなくなるんじゃないかと思うくらいボロボロでしたが、今は精神的に穏やかに仕事ができています。
これから辛いこともたくさんあると思いますが、また頑張ろうと思える職場です。

出典:アンケート

この方は、前職の教育体制の問題やプリセプターのパワハラに悩んでいて、1年目での転職を決断されています。

転職先は、教育熱心で人間関係もいい職場ということで、転職の成功体験談といえるでしょう。

失敗事例|転職先の人間関係に参ってしまった

口コミ・評判

匿名
新卒で急性期の脳外科病棟に配属になりましたが仕事も忙しく、鬱っぽくなり、体調を崩しわずか半年で退職しました。
次に地元の慢性期病棟に入職しました。ここでは以前の脳外科病棟よりはるかにゆっくり働けて楽しかったのですが、職場の強い先輩ナースに嫌われてしまい、仕事が鈍臭く遅いこともあり、向かないから辞めろなどきつい発言や、部屋もちを禁止されたりしてまた、精神的にまいってしまい、1年と4ヶ月で退職になりました。

出典:アンケート

この方は、新卒で入った脳外科病棟を半年で退職したのち、慢性期病棟に転職しています。

前職よりもゆっくり働けたものの、職場の人間関係から精神的に参ってしまい、短期間で再び退職しています。

失敗事例|そもそも雇ってもらえない

口コミ・評判

匿名

しかし、病棟の雰囲気に合わないと思うようになり、さらに残業時間の多さに参ってしまい七月末で退職してしまいました
今考えると自分の考えが甘かったのかなと思いますが、そのときはやめることしか選択肢がないように感じていました
退職後、就職活動をしていますが、なかなか採用していただくことができず現在に至っています。
もう、こんな私を採用してくださる職場はないのかもしれないと思っています。

出典:アンケート

この方は、残業時間や職場の雰囲気が合わないことを理由に数ヶ月で退職しています。

転職先が決まっていない状態で退職してしまったため就職活動をしていますが、なかなか採用されなくて困っているようです

新人看護師で転職したいと思ったときの乗り越え方3選

新人看護師で転職したいと思ったときの乗り越え方
新人看護師で転職したいと思ったときの乗り越え方を、以下にまとめました。

では、順に紹介していきます。

自分なりのストレス解消法をみつける

ストレスを上手に発散できないと、仕事に対するモチベーションを保つのが難しくなってしまいます。最悪の場合、メンタルに悪影響を及ぼし、看護師としてのキャリアを続けられなくなってしまう可能性もあるでしょう。

そうなる前に、仕事のストレスはこまめに発散していくべきです。

おすすめのストレス解消法

  • 瞑想や深呼吸をおこなう
  • 自然に触れる時間をもつ
  • 趣味やスポーツに没頭する
  • 大切な人と過ごす時間を増やす
  • マッサージやアロマテラピーを活用する

最適なストレス解消法は人によって異なります。「ストレス解消法がない…」という人は、まずはいろいろなことを試して、自分にあった方法をみつけましょう。

一人で抱え込まず周囲の人に助けを求める

経験が浅く業務に不慣れな新人看護師が、一人で完璧に業務をこなすのは難しい話です。経験豊富な先輩や上司からのサポートを積極的にうけましょう。

周囲の人に助けを求めると、不足している知識やスキルをカバーしてもらえるため、安心して仕事に取り組めるようになります。

コミュニケーションをとる機会が増えれば、弱音を吐き出せる時間ができ、業務によるストレスの解消にもつながるでしょう。

他の部署に異動できないか相談してみる

転職すべきかどうか悩んでいる場合は、他部署への異動を検討してみるのも一つの手です。

転職をすると履歴書に早期退職の傷が残ってしまいますが、部署異動であればそのような心配はありません。

転職でなくても、他部署に異動するだけで今抱えている問題が解決する場合もあります。今後のキャリアを考えたうえでも、まずは異動の検討をしてみるのがよいでしょう。

なお、部署異動を希望する場合は直属の上司に相談するのが好ましいです。そうすると上司から看護部長に話が進み、あなたの働きぶりや移動先の人員数などをみて考えてもらえるはずです。

新人看護師におすすめの転職先

新人看護師におすすめの転職先

ここでは、新人看護師におすすめの転職先をご紹介します。

それぞれ順番にみていきましょう。

療養・リハビリ型の病院

療養・リハビリ型の病院の主な業務は、患者さんのリハビリや回復支援です。患者さんの状態をしっかりと把握し、ともに目標をたててケアを進めていく必要があります。

療養・リハビリ型の病院は「毎日くたくたで心身の余裕がない…」と悩んでいる新人看護師におすすめの転職先です。

一般的な病院に比べて、患者さんの状態が比較的安定しているため、ゆとりをもったスケジュールで業務をおこなえるでしょう。

焦らずゆっくりとケアにあたれるのも特徴で、一人ひとりの患者さんとじっくりと関わりたい新人看護師にも適した転職先といえます。

クリニック

クリニックでは、診療の補助や点滴や採血などの医療処置、バイタルサインのチェックなどをおこないます。

クリニックは「日勤のみの勤務をしたい」と考えている新人看護師におすすめの転職先です。

病院と違い、夜勤なしの勤務ができる職場が多くあるため、正社員かつ日勤のみの勤務で働けます。規則的な生活を送れるようになるため、心身の負担が少ない働き方が可能になるでしょう。

また、クリニックの場合、年間休日の多い職場や休暇がとりやすい職場があります。ワークライフバランスを重視したい新人看護師にとっては、働きやすい環境といえるでしょう。

派遣看護師

派遣看護師として働くためには、派遣会社に登録する必要があります。登録後は、病院やクリニック、介護施設などさまざまな派遣先を紹介してもらえます。

派遣看護師は「正社員以外の働き方をしたい」と考えている新人看護師におすすめの転職先です。

正社員と違い、勤務日数や契約期間を柔軟に調整できるため、自分の都合や希望に合わせた勤務ができます。

ワークライフバランスを重視したい方や正社員勤務に疲れた新人看護師に適した転職先といえるでしょう。

新人看護師が転職に失敗しないための9のポイント

新人看護師が転職に失敗しないためのポイント

新人看護師の転職は、ただでさえリスクが大きいので、失敗を避けるためにできる限りのことをしたいと考えるのが普通でしょう。

そこで本章では、新人看護師が転職に失敗しないためのポイントを以下の9つ紹介します。

転職を考える新人看護師の方は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

辞めたいと思った原因を正しく分析する

転職活動において、あまり深く考えずに転職サイトの待遇の良い求人に手当たり次第に応募する方がいます。

しかし、転職活動を始める前に、なぜ今回辞めたくなったか、どういった環境なら辞めずに続けられたかを徹底的に分析すべきです。

理由は以下の2点です。

  • 転職活動時に退職理由は必ず聞かれるから
  • 正しく分析をしないと、職場選びで同じ失敗をする恐れがあるから

転職先で同じ問題が起こらないように徹底的に原因を分析しておきましょう。

なお、新人看護師が転職先選びで失敗してしまうと以下のリスクがあります。

新人看護師が転職先選びで失敗するリスク

  • また辛くなって辞めてしまうとやめ癖がついてしまう
  • 仮に辞めたとしたら、すぐに辞める人と認識され、社会的信用が落ちる
  • 新しい職場でも仕事がうまくいかないと、同世代と比べて、スキルや経験に差が出てしまう

以上のことから、転職を考える新人看護師の方は職場選びに細心の注意を払うべきです。

自己分析をする際は、『プロ直伝!転職成功に導く自己分析4ステップ【シート付】』をぜひ参考にしてみてください。

ベストな時期に転職する

転職にベストな時期は年度末でしょう。採用予算が確定し、組織の人事異動がおこなわれる時期だからです。

年度末は他の時期に比べて、求人数が増える可能性が高まるため、より多くの選択肢のなかから転職先を選べるようになります。また、組織内での人事異動がおこなわれているため、部署移動の希望も通りやすくなるでしょう。

なお、なんらかの事情で年度途中で辞める場合は、ボーナスを受け取ったタイミングで辞めるという選択肢もあります。

ボーナス目前で辞めてしまうのはもったいないので、支給日を確認しておくとよいでしょう。

円満に退職するための準備をする

退職前に上司とトラブルやいざこざがあると、その後の転職に大きく影響する可能性があります。採用担当者は、前職での評判や退職理由を職場に問い合わせる場合があるためです。

円満退職ができれば、悪い評価を採用担当者に伝える心配はないでしょう。

円満退職のコツを以下にまとめました。

  • 退職の意思表示は早めにおこなう
  • 丁寧なコミュニケーションを心がける
  • 引き継ぎの準備をする
  • 所定の退職届を提出する
  • 最終日には感謝の気持ちを伝える

    上記の行動を意識しながら、職場の上司や仲間が快く送り出してもらえるように退職の準備を進めてみてください。

    転職先に求める条件を明確にする

    転職後のミスマッチを防ぐためには、転職先に求める条件を明確にする作業が大切です。例えば、以下のように自分の理想の条件を洗い出してみましょう。

    • 夜勤は少なめがいい
    • 残業の少ない職場がいい
    • 給料は〇〇円以上が希望
    • 休みは〇〇日くらいはほしい

      すべての条件が揃うパーフェクトな職場は少ないので、洗い出したら特に譲れない条件を絞りこみます。そこから納得のいく職場を探しましょう。

      転職先に求める条件を明確にする方法としておすすめなのが、自己分析です。

      <自己分析とは>
      今までの自分のキャリアを振り返り転職の軸や、転職に求めるものを見つめなおす作業。自分の強みや興味、転職先に求める条件などを明確にできる。

      自己分析では自分の強みや仕事の価値観もわかるので、今の職場系統にとどまらずクリニック、介護施設などといった視野を広げた職選びもできるようになるでしょう。

      転職先が決まってから今の職場を辞める

      すぐに退職せずに、下記画像のように転職先が決まったタイミングで退職しましょう。

      なぜならば、先に退職してしまうと、平均的に2~4ヶ月かかる転職活動中に収入がなくなってしまうからです。

      さらに、金銭的な余裕がなくなると精神的にも追い詰められて「どこでもいいから早く転職先を見つけないと…」と焦りが生じて、ミスマッチのリスクが高まります。

      転職を成功させるためにも、できるだけ転職先を見つけてから、退職することをおすすめします。

      ただし、「激務で退職しないと転職活動の時間が取れない」「今すぐに辞めないと、健康障害やうつ病を発症しそう」といったケースであれば、例外的に先に退職してもいいでしょう。

      入ってから苦労する職場は避ける

      入ってから苦労する職場に転職してしまうと、早期離職に繋がる恐れがあります。

      結論として、以下のような職場は避けるべきです。

      プリセプター制度がない職場

      プリセプター制度がない職場は避けるようにしましょう。

      というのも、新人看護師はスキルや知識が不十分なため、プリセプター制度のような教育体制が整っていない職場だと、入ってから苦労を強いられるからです。

      入ってから仕事をしっかり覚えられるよう、教育体制は充実した施設に転職するようにしましょう。

      なお、転職サイトには以下のような求人がありますが、実際に確認しないと実態はわかりません。

      確実な情報を得るために、転職サイトを利用して、転職のプロに直接相談することをおすすめします。

      出典:レバウェル看護(旧 看護のお仕事)

      高いスキルを求められる職場

      高いスキルを求められる職場は避けましょう。

      というのも、新人看護師がスキルが身についていない状態のため、戦力になるまでに時間がかかり、職場に居辛くなるといったことが起こりうるからです。

      具体的には、以下の施設は高いスキルが求められるためおすすめしません。

      転職先おすすめできない理由
      訪問看護1人で状況判断しなければならない状況が多いことから、スキル・経験を求められるため。
      急性期病院生命に関わるような重症疾患を抱えた患者が多いことから、スピード感があり高いストレスがかかるため。
      特に体力に自信がない方や、素早く仕事をこなすのが苦手な方は避けた方がいい。

      激務で体力的にきつい職場

      転職後の早期退職を防ぐためには、心身の負担が少ない職場を選ぶのも大事なポイントです。

      体力的な限界を超えた状態で仕事を続けると、インシデントが増加する可能性が高まるでしょう。一方で大きなストレスを感じつづけると、心身に悪影響を及ぼし、仕事を続けるのが難しくなってしまうおそれがあります。

      第二新卒採用をおこなっている求人を探す

      第二新卒とは、大学・短大・専門学校卒業と同時に就職したあと数年以内に離職し、学校卒業後3年以内に転職活動をすすめる人のことをさします。

      看護師1〜3年目(25歳前後)の人が第二新卒とよばれ、看護師1年目で転職する場合は、第二新卒扱いになります。

      第二新卒の場合、実務能力や即戦力よりも、若さや体力、将来性などのポテンシャルを重視してもらえる傾向にあるため、経験の少なさがネックになりません。

      充実した研修やサポート体制が整っているのも特徴で、経験が少なくても安心して業務に取り組める環境が整っている職場が多いです。

      第二新卒を募集している転職先を探したい場合は、看護師転職サイトなどを活用するとよいでしょう。条件の絞り込みをおこなうと、第二新卒を募集している求人をみつけられます。

      念入りに情報収集をする

      「転職先の環境がブラックすぎてしんどい…」「職場の雰囲気があわなかった…」など転職後の後悔を減らすためには、念入りな情報収集が欠かせません。

      職場のリアルな情報をできるだけ多くあつめれば、入職前と後のギャップを小さくできます。具体的には、以下の方法を用いて情報収集をおこなうとよいでしょう。

      • 職場見学をおこなう
      • 口コミサイトを確認する
      • 看護師転職サイトを活用する

        労働条件は求人情報だけでは把握できないため、職場見学にいき、職場の雰囲気や設備の充実度などを自分の目で確かめたり、気になるポイントを質問したりしてみるとよいでしょう。

        また、看護師転職サイトを活用すると、担当者があなたの代わりに条件面の確認をしてくれたり、条件の交渉をしてくれたりします。「採用担当者に直接質問するのは抵抗がある…」という人は、利用を検討してみましょう。

        看護師に特化した転職サイトでプロに相談する

        転職活動は、求人検索から書類の準備、面接対策などやることが多く、現職を続けながら進めることが非常に難しいです。

        そのため、新人に限らず、転職するときは転職サイトを活用しましょう。

        転職サイトを利用するメリットの一例を紹介します。

        • 転職先の施設の情報を提供してもらえる
        • 面倒な手続きを代行してくれる
        • 無料でキャリアカウンセリングをしてもらえる
        • 面接対策や書類添削をしてもらえる
        • 非公開求人も紹介してもらえる

        このように、転職サイトを活用するメリットは多数あります。

        選考通過率をグッと高め、転職先とのミスマッチも減らせるためぜひ利用してみてください。

        新人看護師におすすめの転職サイト3選

        新人看護師におすすめの転職サイト

        数ある転職サイトのなかから、以下を基準に、「利用者からの満足度の高い看護師向け転職サイト」をピックアップしました。

        転職サイト選定基準

        1. 求人数 …総求人数が多いほど、理想にぴったりの求人を見つけやすい
        2. 利用者満足度(提案&サポート力) …利用者の口コミをもとにサービスの質を評価。優秀なキャリアアドバイザーに担当してもらえれば、理想の職場を提案&手厚いサポートが期待できる

        利用者の総合評価順にランキング形式でまとめると、おすすめの転職サイトは、以下のとおりとなりました。

        転職サイト求人数|総合満足度
        1位
        看護roo!
        55,907件|◎4.3
        利用者満足度96.3%、看護師さんからの人気No1の転職サイト。細かい条件で求人が探しやすく、面接対策&サポートも手厚い。
        2位
        レバウェル看護(旧 看護のお仕事)
        135,763件|○3.8
        総求人数トップレベル!累計40万人以上の利用者がいる転職サイト。LINEで最新の求人情報が得られるなど、気軽に転職活動ができる
        3位
        マイナビ看護師
        60,875件|◎4.1
        求職者のペースに合わせたサポートが強み。全国22箇所に相談会場があり、地方在住者も来社相談しやすい

        ※求人数2022年8月更新

        この記事では3サイトに厳選しています。より詳しく知りたい方は、『看護師723人が選ぶ転職サイトおすすめランキング』を参考にしてください。

        1位.看護roo! | 看護師さん利用者満足度No.1

        看護roo

        看護roo!』は、転職経験のある看護師さんから最も選ばれている、人気No1の看護師転職サイトです。

        登録者のみが閲覧・応募できる非公開求人も多数保有しています。

        看護roo!の特徴

        • 利用者満足度96.3%
        • 公開求人55,907件+非公開求人も多数
        • 面接同行や選考対策など手厚いサポート

        さらに、細かい条件を組み合わせて仕事探しができるため、希望にぴったりの求人を見つけやすくなるでしょう。

        看護roo!』は、30年以上に渡る転職支援実績のある株式会社クイック(東証一部上場企業)が運営するサービスです。

        信頼と実績も十分で、面接時に希望者には専任の女性スタッフが同行してくれるなど、きめ細かいサポートが魅力といえます

        こんな看護師さんにおすすめ

        • みんなが使っていて、実績豊富な人気のサイトを利用したい
        • 給与や条件、人間関係などが良い職場情報を知りたい
        • はじめての転職で不安なのでプロに相談したい

        看護roo!の詳しい情報は、下記の記事でもご覧になれます。

        2位.レバウェル看護(旧 看護のお仕事) | 求人多数で選択肢の幅が広い!

        レバウェル看護

        レバウェル看護(旧 看護のお仕事)』は、求人数がトップレベルの転職サイトです。キャリアアドバイザーが、病院や施設を訪問して直接取材を行っており現場のリアルな情報を提供しています。

        レバウェル看護(旧 看護のお仕事)の特徴

        • 累計利用者数40万人以上
        • 友だちに勧めたい転職サイトランキングNo.1
        • 総求人数は135,763件と転職サイトトップレベル

        「人間関係や施設の雰囲気はどうか」「子育て中の看護師が働きやすい環境か」などの情報を踏まえて、最適な提案をしてもらえるのもポイントです。

        また、LINEで「新着求人情報が届く」「担当のキャリアアドバイザーに相談できる」など、気軽に転職活動ができる点も魅力的といえます

        こんな看護師さんにおすすめ

        • できるだけたくさん求人が見たい
        • 職場の雰囲気や内部情報を知りたい
        • 気軽に求人探しがしたい

        レバウェル看護(旧 看護のお仕事)の詳細は、下記の記事も参考にしてみてください。

        3位.マイナビ看護師|ペースに合わせて転職できる

        マイナビ看護師』は、大手人材企業マイナビが運営する定番の転職サイトです。
        数週間で内定を目指す「スピード転職」や、数ヶ月に渡ってゆっくりと職場を探す「じっくり転職」など、求職者の都合に合わせたスピード感でのサポートをしてくれます。

        マイナビ看護師の特徴

        • 看護師認知度5年連続No1の定番転職サイト
        • 求人数は6万件以上
        • 大手マイナビならではの情報ネットワークも強み

        加えて、面接の日程調整なども、キャリアアドバイザーが代行してくれるサービスも提供しています。自分のペースで転職活動を進めるのに最適な転職サイトといえるでしょう。

        こんな看護師さんにおすすめ

        • なるべく早く次の仕事を見つけたい
        • 数ヶ月かけて余裕を持って転職活動したい

        なお、マイナビ看護師の詳細は、下記の記事でも確認できます。またおすすめの転職サイトについて、より詳しく知りたい方は、下記の記事も参考にしてみてください。

        次章では転職サイトを効果的に利用するためのポイントをご紹介します。

        看護師転職サイトをより効果的に利用する6ポイント

        看護師転職サイトは、以下のポイントを押さえておくことで、より効果的に利用できます。

        サイト利用のポイント

        どのサービスを選ぶかと同じくらい、どうやって活用するかも重要です。利用前にそれぞれのポイントを押さえておきましょう。

        point-1.登録前に「担当者との連絡方法」を確認する

        転職サイトに登録する前に、担当者(キャリアコンサルタント)との連絡方法を確認しておきましょう。

        連絡方法は主にメール・電話・LINE・ビデオ通話などのツールが用いられます。どのツールをメインで使うかはサイトによって異なります。「自分が連絡を取りやすい形でやり取りできるか」という視点は、スムーズに転職活動を進める上で大切です。

        転職経験者の話では、「メールやLINEなどテキストでのやり取りが楽で良い」という意見が多数派でした。「電話で話をするのが苦手」「休みの日に連絡してほしくない」という方は、メールやLINEでのやり取りが可能なサイトを選びましょう。

        なお、看護師さんからの評価の高い大手サイト(看護roo!レバウェル看護(旧 看護のお仕事)マイナビ看護師)は、いずれも電話・メール・LINEから、希望の連絡方法を選べます。派遣会社利用の場合は、電話のみというケースが多いようです。

        point-2.希望条件をしっかりと伝える

        担当者との面談の際は、時間をかけて、希望条件をしっかりと伝えましょう。

        希望の働き方や条件を具体的に伝えるのはもちろん、「転職に対する想い」「将来的なキャリアビジョン」などもしっかりと伝えておいてください。

        キャリアコンサルタントは、二人三脚で転職活動を進めるパートナーのような存在。そのため、両者が同じゴールを見据えていることが何より大切です。

        「転職に対する想い」「将来的なキャリアビジョン」がしっかり伝わっていれば、担当者は希望条件の背景まで先読みして、本当に知りたかった情報を教えてくれたり、キャリアの可能性を広げるような提案をしてくれたりします。

        一方で、双方の認識がズレていると、自分の求める病院と提案される病院の方向性が一致せず、時間と手間だけがかかってしまいます。

        point-3.転職時期は最短可能な日程を伝える

        転職サイトに登録すると、「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と質問されます。特に決まった時期がなければ、「できるだけすぐに転職したい」と伝えておきましょう。

        直近で転職を考えている看護師ほど、積極的にサポートしてもらえるからです。転職サイトは、看護師を病院・施設に紹介し、その仲介料で収益を上げるビジネスモデルなので、転職意欲が高い人を優先する傾向があります。

        ただし、働きながら転職活動をする場合は、現実的に退職が可能な時期(引継ぎが終わるタイミング)も併せて伝えておいてください。

        point-4.経歴やスキルは正確に伝える

        経歴やスキルは正確に伝えるようにしてください。曖昧にしたままでは、適切な提案を受けられません。診療科目や病院の規模、具体的な担当業務は誤解のないよう伝えておきましょう。

        【例】
        診療科目:内科、消化器内科
        病床数:一般200床
        担当業務:消化器疾患のケア(消化器官の早期がんに対する内視鏡治療など)

        もし内容に偽りがあった場合は、担当者からの信用を失うリスクもあります。

        point-5.紹介された病院の口コミをチェックする

        転職後に後悔しないためにも、紹介された病院の口コミを事前にチェックしておくのも大切です。

        もちろん、病院の良い面・悪い面、リアルな内部情報は、転職サイト経由であらかじめ把握できます。ですが場合によっては、転職サイトの担当者が病院の悪い面を正しく把握していないケースもあるのです。

        口コミサイトはいくつかありますが、その中でも特におすすめなのが、40万件以上の口コミが投稿されている『ナスコミ』と、病院ランキングなどが表示される『medico』です。

        いずれも口コミを投稿することで閲覧ポイントを獲得できるものなので、やや労力はかかるものの、事前にリアルな口コミを知ることで、ブラックな職場を避けられます。

        point-6.複数の転職サイトを併用する

        複数の転職サイトを併用することで、スムーズな転職が可能になります。あまり多すぎると連絡がわずらわしくなるので、利用サイトは2~3つがベストです。

        複数併用することで、以下のようなメリットがあります。

        複数利用のメリット

        • 各サイトの非公開・独占求人にアクセスできる
        • 応募先の選択肢が増える
        • 担当者を比較し、最も相性の良い人にサポートしてもらえる
        • 異なる視点のアドバイスをもらえる

        特に各サイトの非公開・独占求人にアクセスできるのは、かなり魅力です。

        非公開求人は、一般的な求人情報サービスでは公開されていない求人。独占求人は、その転職サイトからしか応募できない求人のこと。いずれも、条件が良く好待遇であることが多い。

        複数のサイトを利用すると、条件の良い求人情報を得られ、より理想に近い職場を見つけやすくなります。

        看護師転職サイト利用の流れ

        転職サイトを使ったことがない方に向けて、利用の流れを分かりやすく解説します。

        転職サイト利用の流れ

        Step1.登録後、担当者から連絡が来る

        まずは転職サイトの公式ページから登録を行います。やるべきことは、氏名や生年月日を入力するだけ。どのサイトも、登録は1分程度で完了します。

        登録完了後は、数日以内に電話・メールでサイトの担当者から連絡が来ます。転職希望時期や志望職種などを大まかに質問されますが、事前に準備などをする必要はありません。

        初回の連絡は数分程度で終わります。その際、次のステップであるキャリアカウンセリングの日程調整などを行います。

        Step2.キャリアカウンセリングを受ける

        転職をサポートしてくれるキャリアコンサルタントと、一対一で面談(キャリアカウンセリング)を行います。

        面談といっても、2021年時点は、ほぼ全てのサイトで電話やビデオ通話を用いてオンラインで実施されます。都市部在住で、近隣に拠点のあるサイトを利用する場合は、対面面談も選択可能です。

        キャリアカウンセリングでは以下のような話題で話を進めていきます。

        キャリアカウンセリングの内容

        • 現在の転職市場について
        • これまでの職歴や身につけたスキル
        • 転職を決めた理由
        • 転職先に希望する条件
        • 将来的なキャリアビジョン

        キャリアカウンセリングでは、転職支援のプロから客観的な意見をもらいながら、転職活動の方向性を定めていきます。自身の考えを整理できる良い機会なので、じっくり時間をかけて行いましょう。

        Step3.求人を紹介してもらう

        面談の内容に合わせて、キャリアコンサルタントが職場を厳選して紹介してくれます。

        自分で探す手間が省けるので、転職活動を効率的に進められます。非公開求人・独占求人の中からニーズに合ったものを提案してもらえるのも、転職サイトならではの利点です。

        Step4.応募書類の添削を受ける

        応募先の病院が決まれば、書類の作成を行います。応募書類は主に履歴書と職務経歴書の2つ。希望者は、添削を受けることもできます。はじめて転職する方で書き方が分からない場合は、積極的に添削してもらうようにしましょう。

        Step5.求人に応募する

        書類が完成したら、転職サイト経由で求人に応募します。

        その際、キャリアコンサルタントが推薦文を添えてくれることがあります。推薦文は、応募書類からは伝わりづらいあなたの魅力を、代わりに伝えてくれるものです。どんな内容を書いてくれているのか確認もできるので、気になる方は担当者に尋ねてみてください。

        書類選考に通過したら、次は面接へと進みます。書類選考期間は病院次第ですが、目安として1~2週間程度と想定しておきましょう。

        Step6.面接対策を受ける

        希望者は面接対策を受けることもできます。特に、転職サイトと病院がもともと深い関係を築いている場合は、「面接官はどんな人なのか」「どのような質問をされるのか」などを事前に把握できます。これも、転職サイトを利用するメリットの一つです。

        なお、面接日の調整なども転職サイトが代行してくれます。

        Step7.選考に通過した場合は病院で面接を行う

        書類選考が通過したら、採用面接を受けます。面接回数は1回であることが多いです。

        転職サイトを利用した場合、キャリアコンサルタントが同行してくれるケースもありますが、2021年現在、面接は最小限の人数を指定される場合も多く、1人で受けることを想定しておいたほうが良いでしょう

        採用の場合は、雇用条件などを最終確認し、問題なければ承諾しましょう。入職の日程などは、担当者が間に入って調整してくれます。これで転職活動は終了です。

        新人看護師の転職のまとめ

        新人看護師の転職のまとめ

        ここまで新人看護師の転職について解説しましたが、いかがでしたか?

        新人看護師の転職は無理ではありませんが、できるだけ慎重になるべきです。

        もし職場を移ると決めても、転職活動を進めることはせず、転職サイトに登録して、プロのサポートを必ず受けるようにしましょう。