就活エージェントとは?おすすめの就活エージェントランキングからメリットデメリットまで全て徹底解説

  • 就活エージェントってそもそもなに?
  • おすすめの就活エージェントってどれだろう?

と悩んでいませんか。

結論からいうと、就活エージェントはあらゆる就職のサポートを行ってくれるため、就活生にとって非常に有益な存在だと言えます。

しかし、就活エージェントの利用方法を間違えたり、悪徳なエージェントに引っかかってしまうと、満足のいく就活に繋がらなくなる可能性も高いです。

そこで、このページでは、長年就活支援に携わってきたプロの私が、以下について紹介していきます。

この記事を読んで理解できること

  • 就活エージェントの全知識
  • おすすめの就活エージェントランキング

  1. 就活エージェントがやってくれることの全て
  2. 就活エージェントおすすめランキングTOP10|就活生100人の口コミ評判を基に厳選
  3. 【目的別】就活エージェントおすすめランキング|大手志望からベンチャー企業志望まで徹底紹介
  4. 就活エージェントと併せて利用したいおすすめの就活サービス
  5. 就活エージェントと就活ナビサイトの7つの違い
  6. 就活エージェントの利用をおすすめする理由|使う上でのメリット・デメリットとは
  7. 就活エージェントを選ぶ際に絶対抑えておきたいポイント
  8. 就活エージェントを最大限利用するためのおすすめポイント6選
  9. 【図解】就活エージェント利用の流れ
  10. 就職エージェントを利用する際によくあるQ&A9選

全て読めば、就活エージェントがそもそも何か、おすすめの就活エージェントはどれか知ることができ、有利に就職活動を進めることができるでしょう。

1.就活エージェントがやってくれることの全て

就活エージェントとは、登録をすると完全無料で就職の相談に乗ってくれて、企業の求人紹介から面接のセッティング、履歴書添削など就職に必要なサポートをしてくれるサービスのことを指します

総合転職エージェント

就活エージェントがしてくれることは、主に下記5点です。

  • 就活相談
  • 非公開も含めた求人紹介
  • 面接対策
  • ES・志望理由書の添削
  • 面接のセッティング

就職活動で必要なことは全てサポートしてくれて、本番面接以外で企業と直接やりとりすることはほぼありません。

逆に、個人で就職活動を進める場合は上記をすべて自身でこなさなければなりませんので、就職する場合はできる限り活用するのが得策です。

2. 就活エージェントおすすめランキングTOP10

この章では、就活生100人の口コミ評判を基に、満足度の高いおすすめ就活エージェントを紹介します。

今回、就活生100人の口コミを以下3軸で評価しました。

就活エージェントを評価する3つの基準

  • 就職支援実績:そのサービスを利用して第一志望の会社から内定を獲得できたか
  • エージェントの質:学生を客観的な目線で分析することに秀でており、自身のキャリアを設計するのに役立ったか
  • サポート体制:内定まで並走し、最後まで親身にサポートし続けてくれるか

実際に登録してよかった、役に立ったという口コミが集まったおすすめの就活エージェントは以下の通りです。

就活エージェント名総合満足度(就活生100人)
1位キャリアチケット
(総合満足度1位)

4.5
2位Meets Company
4.2
3位キャリセン
4.1
4位ハローナビ
4.0
5位レバテックルーキー
(エンジニア専門)

4.0
6位リクナビ就職エージェント
4.3
7位マイナビ新卒紹介
4.1
8位doda新卒エージェント
4.0
9位サポーターズ
3.5
10位type就活エージェント◯3.8

それでは見ていきましょう。

1位.キャリアチケット|年間1万人以上が相談するNo.1就活エージェント

キャリアチケット』は、レバレジーズ株式会社運営の、年間1万人以上の就活生が利用するNo.1就活サポートサービスです。

オリコン顧客満足度(R)調査 「新卒エージェントランキング」では、リクナビ就職エージェント・マイナビ新卒紹介を抜き、総合満足度堂々第1位を獲得しました。

他社と比較して、『量より質』を意識した質の良いサービスが高い評判を得ており、「これからの就職活動に不安がある全ての就活生」におすすめできるサービスです。

全国7拠点での対面相談に加えて、LINE相談も受け付けていますので、少しでも興味のある方は、以下から気軽に相談してみましょう。

キャリアチケット公式サイト:
https://careerticket.jp/

キャリアチケットは就活に悩んでいる全ての人におすすめ

口コミ・評判

Iさん
評価:★★★★☆4.4
私はdodaよりキャリアチケット派かも! 就活悩んでる人絶対相談した方がいい!マジおすすめ

出典元:Twitter

ESの無料添削頼むならキャリアチケットがおすすめ

口コミ・評判

S さん
評価:★★★★☆4.7

アメリカにいてもESなどを無料添削してくれるキャリアチケット(@careerticket)をオススメな件

  • ラインでの就職相談可能
  • ES添削フィードバック
  • 各業界ごとのアドバイス
  • 留学生の利用率も割と高い

アメリカにいるとなかなかESの対策がやりにくいので、このサービスはかなり役立ちました。

出典:Twitter

LINEで気軽に相談してみる
https://careerticket.jp/

2位. MeetsCompany|本当に自分に合った企業に出会える就活イベント

MeetsCompany(ミーツカンパニー)』とは、株式会社DYMが運営している内定直結イベントです。

説明会と選考会を兼ねた内容で、最初に参加企業(8社)が会社説明をし、就活生同士でグループワークを行い、その後、企業の人事と座談会を行います。

イベントでは、東証一部上場企業から新進気鋭のベンチャー企業まで、自分に合った様々な企業に出会うことができます。

イベント参加後は、業界知識豊富なリクルーターが内定を徹底サポートしてくれるので、就活の際には必ず登録しておきたい一社と言えます。

MeetsCompany公式サイト:
https://www.meetscompany.jp/

口コミ・評判

G さん
評価:★★★★☆4.2
ここだけの話meetcompany(DYM就活)はかなりよいのでおすすめです。
札幌のリクルーターは若い人でとても話しやすいです。 紹介企業もそれなりに幅広いです。

出典元:Twitter

気軽に申し込んでみる
https://www.meetscompany.jp/

3位.キャリセン|紹介実績数1,000社以上、利用者数累計6万人の業界屈指のサービス

キャリセン

キャリセン』は「相談」から始まる就活支援サービスで累計6万人が利用しており、紹介実績数1000社以上を誇る業界屈指のエージェントサービスです。

元人事担当者や有名なキャリアコンサルタントと1時間ほどマンツーマンの就活相談を実施する個別内定サポートや就活生に合った企業の紹介も行っており、2020年度実績では内定獲得率5.4倍を誇っています。

また、3年以内離職率が低いホワイト企業に厳選して紹介する面談会を行う、一部の学生向けの『キャリアスカウト』の機能も大変おすすめですので気軽に登録して話を聞いてみましょう。

キャリセン公式サイト:
https://careecen-shukatsu-agent.com/

紹介する企業のレベルが高い

口コミ・評判

匿名
5月末より利用。各選考の迅速な連絡、対策面談等、丁寧に対応していただき、無事7月内定に繋がった。紹介していただいた企業はどれもレベルの高いものばかりで、純粋に面接力がついたように思う。(以下省略)

※出典:GoogleMap

気軽に申し込んでみる
https://careecen-shukatsu-agent.com/

4位.ハローナビ|面接までのスピード感と独自診断ツールが好評

<LP画像>ハローナビ就活_0710

ハローナビ』は、アイハーツ株式会社が提供している新卒学生向けの無料就職エージェントサービスです。

「採用担当者と座談形式で気軽に質問できる」「書類選考なく面接可能」といったサービス特徴が就活生から非常に好評です。

また、面談予約後に受けられる「可能性診断・ポートフォリオ作成ツール」により、自己PRや学チカにとても役立った、との声も多いです。

担当アドバイザーのサポートも手厚く、至れり尽くせりの就職エージェントなので、ぜひ一度登録を検討してみてください。

ハローナビ公式サイト:
https://haloonavi.com/

5位.レバテックルーキー|(IT・Web)エンジニア志望の就活生から好評の就職エージェント

レバテックルーキー』は、エンジニア転職で評判の良いレバテック株式会社が運営するITエンジニア専門新卒向け就職支援エージェントです。

長年IT業界に携わっているエンジニア専門のアドバイザーからカウンセリングを受けることができ、面接対策から合格するポートフォリオの作り方など何から何まで徹底レクチャーしてくれます。

また、最短2週間で早期内定を得ることができるレバテックルーキー独自の非公開求人を多数所有しているので、優良企業への内定率が非常に高いと理系就活生から非常に高い評価を得ています。

このことから、未経験、経験者関わらず『エンジニア職を検討している全ての就活生』にとって、登録必須のサービスであると言えるでしょう。

レバテックルーキー公式サイト:
https://career.levtech.jp/

今足りない技術等も教えてもらえるのでおすすめ

口コミ・評判

匿名 さん
評価:★★★★☆4.1

エンジニアになりたい人に使ってみて欲しいサービスは、レバテックルーキーとサポーターズの二つだけですこの2つは実際にカウンセリングしてもらったのですが、とても就活生のことを考えてくれます。

また、今足りない技術等も教えてくれるのでまず利用してみることをおすすめします

出典元:Twitter

気軽に申し込んでみる
https://career.levtech.jp/

6位.リクナビ就職エージェント|サポート充実で大手求人が豊富

リクナビ就職エージェント』は、リクルートが運営している就活エージェントサービスで、非常に手厚いサポートが強みです。

登録すると、コンサルタントとの面談があり、志望している業界・職種や志向・価値観に沿って最適な企業を紹介してくれます。

取り扱っている企業の数も幅広く、面接・書類対策などのサポート体制が充実しているため、ぜひ登録しておくことをおすすめします。

公式サイト:
https://job.rikunabi.com/agent/

50社以上企業を紹介して貰えて満足

口コミ・評判

Kさん

【リクナビ就職エージェント】今から登録できるかは知らないけど、めちゃくちゃ企業を紹介してくれるのは本当に助かった。

職種別で絞っても50社くらいは教えてもらった気がする…なにより、✔担当の人が美人すぎた

就活サービスとしては一番満足したから日系企業を目指す人は是非。

出典元:Twitter

7位.マイナビ新卒紹介|独自のノウハウから就活をサポート

マイナビ新卒紹介』は、マイナビが提供している新卒学生向けの無料就職エージェントサービスです。

他のエージェントと異なり、マイナビ新卒紹介は採用コンサルも行なっているので、企業の採用基準、面接で重要視されるポイントを伝えてくれるところが強みです。

就職情報サイトには乗っていない、優良な非公開求人を紹介してもらえるので、登録して、どんな求人があるのか聞いてみるだけでもいいでしょう。

マイナビ新卒紹介公式サイト:
https://shinsotsu.mynavi-agent.jp/

一般公開されていない求人情報を求めてサービスを利用

口コミ・評判

匿名
私は就活の開始が遅く、一方で周囲の友達は早期に内々定を獲得するなかで、慢性的に不安と付き合う日々もありました。
しかし結果的には、マイナビ新卒紹介のキャリアアドバイザーからご紹介いただいた企業から2社内々定をいただくことができました
私の就活にとって、必要不可欠なサービスでした。
親切丁寧かつ真摯に対応してくださりありがとうございました。

※出典:マイナビ新卒紹介 公式HP

気軽に相談してみる
https://shinsotsu.mynavi-agent.jp/

8位.doda新卒エージェント|提携企業4,000件以上と豊富な求人を保有!

doda新卒エージェント』は、パーソルキャリア(旧インテリジェンス)とベネッセが運営する業界最大手の就活エージェントです。

利用すると、長年培ってきたノウハウの元、専門のコンサルタントによるきめ細かい選考対策・就活の視点・軸の決め方を伝授してくれます。

また、厳選した企業を4,000社ほど保有しており、利用満足度も97%とほとんどの方が満足されているので、就活の際には必ず登録しておきたい一社と言えます。

doda新卒エージェント公式サイト:
https://doda-student.jp/

どういう風に就活を進めたらいいか明確になった!

口コミ・評判

A.Hさん(専修大学 3年生)
評価:★★★★☆4

就活を始めたばかりで、なにをどうすればいいのか全くわからない状態でした。

そんな中思い切ってdodaに相談したら、「まずは自分のやりたいことを決める」といったことを最初に教えてもらい、ほかにも参考になるような情報をたくさん聞くことができました。

出典:アンケート

気軽に相談してみる
https://doda-student.jp/

9位.サポーターズ|IT企業やベンチャー企業に特化した就職支援サービス


『サポーターズ』IT企業やベンチャー企業に特化した新卒向けの就職支援サービスです。

普通のエージェントと違って、交通費などイベント参加にかかる 費用を企業に支援してもらう、新しい就活サービスです。

また、エンジニア志望の学生を中心に年間100回以上オリジナルのイベントを開催しています。

200以上のIT企業・ベンチャー企業がサポーターズを支援しており、その中には「Yahoo」や「楽天」などの人気企業も名を連ねています。

サポーターズ公式サイト:
https://talent.supporterz.jp/

地方の就活生のデメリットを無くしてくれる

口コミ・評判
Sさん

サポーターズ懐かしい

東京までの交通費とてもお世話になったし、これなかったら、割とマジで東京で働いてなかった可能性大いにある。

出典:twitter

気軽に相談してみる
https://talent.supporterz.jp/

10位. type就活エージェント|地方出身の学生にもおすすめ!

type就活エージェント』は、創業20年になる就職エージェントで、1万社以上の企業情報を基に企業を紹介しているエージェントです。

利用すると、特別推薦枠や会員限定選考イベントの特別選考ルートにて優良企業のスピード内定を目指すことができます。

また、首都圏就活をしている地方の学生で、都内近郊にあるシェアハウスを無料で利用でき、加えて就活支援金がもらえる等の支援が受けられるため、地方出身の人にもおすすめです。

type就活エージェント公式サイト:
https://typeshukatsu.jp/s/service/

3.【目的別】就活エージェントおすすめランキング|大手志望からベンチャー企業志望まで徹底紹介

この章では、目的別におすすめの就活エージェントをランキング形式で紹介していきます。

それでは順に見ていきましょう。

2-1.『大手企業志望の方向け』のおすすめ就活エージェント

この章では、以下3軸を基に、『大手企業志望の方向け』のおすすめ就活エージェントを紹介します。

  • 「求人の量・質」:大手企業の求人数が多くて質が伴っているか?
  • 「サポート体制」:内定までのフォローが手厚いかどうか
  • 「提案力」:就活エージェントならではの価値提案ができるか

『大手企業志望の方向け』のおすすめ就活エージェント上位3選は以下の通りです。

エージェント名求人の質・量サポート力提案力
1位キャリアチケット
4.5

4.4

4.3
2位リクナビ就職エージェント
4.3

3.9

3.8
3位マイナビ新卒紹介
4.1

4.0

3.8

1位.キャリアチケット|年間1万人以上が相談するNo.1就活エージェント

キャリアチケット』は、レバレジーズ株式会社運営の、年間1万人以上の就活生が利用するNo.1就活サポートサービスです。

オリコン顧客満足度(R)調査 「新卒エージェントランキング」では、リクナビ就職エージェント・マイナビ新卒紹介を抜き、総合満足度堂々第1位を獲得しました。

他社と比較して、『量より質』を意識した質の良いサービスが高い評判を得ており、「これからの就職活動に不安がある全ての就活生」におすすめできるサービスです。

全国7拠点での対面相談に加えて、LINE相談も受け付けていますので、少しでも興味のある方は、以下から気軽に相談してみましょう。

キャリアチケット公式サイト:
https://careerticket.jp/

2位.リクナビ就職エージェント|サポート充実で大手求人が豊富

リクナビ就職エージェントは、リクルートが運営している就活エージェントサービスで、非常に手厚いサポートが強みです。

登録すると、コンサルタントとの面談があり、志望している業界・職種や志向・価値観に沿って最適な企業を紹介してくれます。

取り扱っている企業の数も幅広く、面接・書類対策などのサポート体制が充実しているため、ぜひ登録しておくことをおすすめします。

公式サイト:
https://job.rikunabi.com/agent/

3位.マイナビ新卒紹介|独自のノウハウから就活をサポート

マイナビ新卒紹介』は、マイナビが提供している新卒学生向けの無料就職エージェントサービスです。

他のエージェントと異なり、マイナビ新卒紹介は採用コンサルも行なっているので、企業の採用基準、面接で重要視されるポイントを伝えてくれるところが強みです。

就職情報サイトには乗っていない、優良な非公開求人を紹介してもらえるので、登録して、どんな求人があるのか聞いてみるだけでもいいでしょう。

公式サイト:
https://shinsotsu.mynavi-agent.jp/

最初の目次に戻る→

2章:【目的別】おすすめ就活エージェントランキングに戻る→

2-2.『ベンチャー企業志望の方向け』のおすすめ就活エージェント

この章では、以下3軸を基に、『ベンチャー企業志望の方向け』のおすすめ就活エージェントを紹介します。

  • 「求人の量・質」:ベンチャー企業の求人数が多くて質が伴っているか?
  • 「サポート体制」:内定までのフォローが手厚いかどうか
  • 「提案力」:就活エージェントならではの価値提案ができるか

『ベンチャー企業志望の方向け』のおすすめ就活エージェント上位3選は以下の通りです。

順位就活エージェント名求人の質・量サポート力提案力
1位キャリアチケット
4.3

4.4

4.3
2位サポーターズ
4.0

3.9

3.8
3位goodfind
4.0

3.5

4.1

【ベンチャー企業のエンジニア志望向けの就活エージェント】

エンジニア志望に
おすすめ
レバテック
ルーキー
★★★★☆
(4.4点)

それでは順に見ていきましょう。

1位.キャリアチケット|年間1万人以上が相談するNo.1就活エージェント

キャリアチケット』は、レバレジーズ株式会社運営の、年間1万人以上の就活生が利用するNo.1就活サポートサービスです。

オリコン顧客満足度(R)調査 「新卒エージェントランキング」では、リクナビ就職エージェント・マイナビ新卒紹介を抜き、総合満足度堂々第1位を獲得しました。

他社と比較して、『量より質』を意識した質の良いサービスが高い評判を得ており、「これからの就職活動に不安がある全ての就活生」におすすめできるサービスです。

全国7拠点での対面相談に加えて、LINE相談も受け付けていますので、少しでも興味のある方は、以下から気軽に相談してみましょう。

キャリアチケット公式サイト:
https://careerticket.jp/

2位.サポーターズ|学生と企業が「支援」で繋がる

サポーターズはIT企業やベンチャー企業に特化した新卒向けの就職支援サービスです。

普通のエージェントと違って、交通費などイベント参加にかかる 費用を企業に支援してもらう、新しい就活サービスとして知られています。

200以上のIT企業・ベンチャー企業がサポーターズを支援しており、その中には「Yahoo」や「楽天」などの人気企業も名を連ねています。

このことから、「都心で就職活動をする予定で交通費がかかる予定の人」や「IT企業やベンチャー企業への就職を考えている人」に大変おすすめのサービスです。

サポーターズ公式サイト:
https://talent.supporterz.jp/

3位.goodfind|次代を創るビジネスリーダーのためのキャリアサイト

goodfind』は、高学歴向け(MARCH、関関同立以上対象)に、成長機会や、キャリア構築に関する情報提供をおこなうプラットフォームです。

成長している優良ベンチャーの求人や外資企業の求人を中心に取り扱っています。

また、定期的に、ロジカルシンキングやグループディスカッションなどのスキルアップセミナーを開催しているので、メガベンチャー・外資就職を視野に入れている高学歴就活生に大変おすすめのサービスです。

goodfind公式サイト:
https://www.goodfind.jp/2022/

【専門特化型エージェント】

レバテックルーキー|IT・Webエンジニア志望の就活生から好評の就職エージェント

レバテックルーキー』は、エンジニア転職で評判の良いレバテック株式会社が運営するITエンジニア専門新卒向け就職支援エージェントです。

長年IT業界に携わっているエンジニア専門のアドバイザーからカウンセリングを受けることができ、面接対策から合格するポートフォリオの作り方など何から何まで徹底レクチャーしてくれます。

また、最短2週間で早期内定を得ることができるレバテックルーキー独自の非公開求人を多数所有しているので、優良企業への内定率が非常に高いと理系就活生から非常に高い評価を得ています。

このことから、未経験、経験者関わらず『エンジニア職を検討している全ての就活生』にとって、登録必須のサービスであると言えるでしょう。

レバテックルーキー公式サイト:
https://career.levtech.jp/

最初の目次に戻る→

3章:【目的別】おすすめ就活エージェントランキングに戻る→

2-3.『優良な中小企業を探している方向け』のおすすめ就活エージェント

この章では、以下3軸を基に、『優良な中小企業を探している方向け』のおすすめ就活エージェントを紹介します。

  • 「求人の量・質」:優良な中小企業の求人数が多くて質が伴っているか?
  • 「サポート体制」:内定までのフォローが手厚いかどうか
  • 「マッチング精度の高さ」:就活生が求める条件に合う企業を紹介してくれるのか

『優良な中小企業を探している方向け』のおすすめ就活エージェント上位3選は以下の通りです。

順位サイト名総合評価
1位キャリア
チケット
★★★★☆
(4.4点)
2位キャリセン★★★★☆
(4.1点)
3位Meets
Company
★★★☆☆
(4.1点)

それでは1つずつ見ていきましょう。

1位.キャリアチケット|年間1万人以上が相談するNo.1就活エージェント

キャリアチケット』は、レバレジーズ株式会社運営の、年間1万人以上の就活生が利用するNo.1就活サポートサービスです。

オリコン顧客満足度(R)調査 「新卒エージェントランキング」では、リクナビ就職エージェント・マイナビ新卒紹介を抜き、総合満足度堂々第1位を獲得しました。

他社と比較して、『量より質』を意識した質の良いサービスが高い評判を得ており、「これからの就職活動に不安がある全ての就活生」におすすめできるサービスです。

全国7拠点での対面相談に加えて、LINE相談も受け付けていますので、少しでも興味のある方は、以下から気軽に相談してみましょう。

キャリアチケット公式サイト:
https://careerticket.jp/

2位.キャリセン|紹介実績数1,000社以上、利用者数累計6万人の業界屈指のサービス

キャリセン

キャリセン』は「相談」から始まる就活支援サービスで累計6万人が利用しており、紹介実績数1000社以上を誇る業界屈指のエージェントサービスです。

元人事担当者や有名なキャリアコンサルタントと1時間ほどマンツーマンの就活相談を実施する個別内定サポートや就活生に合った企業の紹介も行っており、2020年度実績では内定獲得率5.4倍を誇っています。

また、3年以内離職率が低いホワイト企業に厳選して紹介する面談会を行う、一部の学生向けの『キャリアスカウト』の機能も大変おすすめですので気軽に登録して話を聞いてみましょう。

公式サイト:
https://careecen-shukatsu-agent.com/

3位.ミーツカンパニー|本当に自分に合った企業に出会える就活イベント

MeetsCompany(ミーツカンパニー)』とは、株式会社DYMが運営している内定直結イベントです。

説明会と選考会を兼ねた内容で、最初に参加企業(8社)が会社説明をし、就活生同士でグループワークを行い、その後、企業の人事と座談会を行います。

イベントでは、東証一部上場企業から新進気鋭のベンチャー企業まで、自分に合った様々な企業に出会うことができます。

イベント参加後は、業界知識豊富なリクルーターが内定を徹底サポートしてくれるので、就活の際には必ず登録しておきたい一社と言えます。

MeetsCompany公式サイト:
https://www.meetscompany.jp/

最初の目次に戻る→

3章:【目的別】おすすめ就活エージェントランキングに戻る→

2-4.『理系の方向け』のおすすめ就活エージェント

この章では、以下3軸を基に、『理系の方向け』のおすすめ就活エージェントを紹介します。

  • 「求人の量・質」:理系就活生から人気の企業の求人数が多いかどうか
  • 「サポート体制」:内定までのフォローが手厚いかどうか
  • 「マッチング精度の高さ」:理系就活生が求める条件に合う企業を紹介してくれるのか

『理系の方向け』のおすすめ就活エージェント上位3選は以下の通りです。

サイト名総合評価
1位レバテックルーキー
4.3
2位 理系就活チャージ
エージェント

4.0
3位Spring就活
エージェント

3.8

1位.レバテックルーキー|(IT・Web)エンジニア志望の就活生から好評の就職エージェント

レバテックルーキー』は、エンジニア転職で評判の良いレバテック株式会社が運営するITエンジニア専門新卒向け就職支援エージェントです。

長年IT業界に携わっているエンジニア専門のアドバイザーからカウンセリングを受けることができ、面接対策から合格するポートフォリオの作り方など何から何まで徹底レクチャーしてくれます。

また、最短2週間で早期内定を得ることができるレバテックルーキー独自の非公開求人を多数所有しているので、優良企業への内定率が非常に高いと理系就活生から非常に高い評価を得ています。

このことから、未経験、経験者関わらず『エンジニア職を検討している全ての就活生』にとって、登録必須のサービスであると言えるでしょう。

公式サイト:
https://career.levtech.jp/

2位.理系就活チャージ エージェント|理系に特化したアドバイザーによる就活支援

理系就活チャージ エージェント』は、メイテックネクスト株式会社が運営する機械・電気・情報・化学・物理・数学系学生限定の就活サービスです。

また、同社のサービスである「セミナーチャンネル(無料動画サービス)」では3つのチャンネルから理系学生に向けた就活ノウハウを学ぶことができます。

また、運営会社であるメイテックネクスト株式会社は、これまでに14万人以上のエンジニアの転職相談を受け付け、約8,000社のエンジニア採用支援という実績を持っています。

そのため、「先輩社員のエンジニアの転職理由」や「メーカーの採用実態」を基準に、失敗しない企業選びを学生にレクチャーすることでミスマッチを防ぐことができます。

したがって、上記に該当する学生だけでなく、エンジニアを志望する学生にもおすすめの就活エージェントでしょう。

理系就活チャージ エージェント公式サイト:
https://charge.m-next.jp/

3位.Spring就活エージェント|専攻を活かした就職活動を手厚くサポート

Spring就活エージェント』は、グローバルに展開するアデコグループが運営している就活エージェントです。

グローバルに展開するアデコグループならではの企業ネットワークや独自のルートがあるため、通常の就職活動では出会えない優良企業、成長企業、グローバル企業などの非公開の求人を保有しています。

また、Spring就活エージェントでは理系学生に向けて専攻を活かして就職ができるような求人紹介を行なっています。

理系ならではの強みを生かして活躍している方がたくさんいるので、実際に先輩方の就活を参考にしたいという方は一度登録してみることをおすすめします。

Sprig就活エージェント公式サイト:
https://campus.springjapan.com/

最初の目次に戻る→

3章:【目的別】おすすめ就活エージェントランキングに戻る→

2-5.『地方在住の方向け』のおすすめ就活エージェント

この章では、以下3軸を基に『地方在住の方向け』のおすすめ就活エージェントを紹介します。

  • 地方の支店の数:東京本社以外の地域での支店数が多いかどうか
  • 就職支援実績:そのサービスを利用して第一志望の会社から内定を獲得できたか
  • サポート体制:ES・面接対策、キャリア相談、推薦状、メールの返信などのサポート体制が充実しているか

『地方在住の方向け』のおすすめ就活エージェント上位3選は以下の通りです。

順位サイト名総合評価
1位キャリア
チケット
★★★★☆
(4.5点)
2位マイナビ新卒紹介★★★★☆
(4.4点)
3位Meets
Company
★★★☆☆
(4.0点)

1位.キャリアチケット|年間1万人以上が相談するNo.1就活エージェント

キャリアチケット』は、レバレジーズ株式会社運営の、年間1万人以上の就活生が利用するNo.1就活サポートサービスです。

2020年11月に行われたオリコン顧客満足度(R)調査 「新卒エージェントランキング」では、リクナビ就職エージェント・マイナビ新卒紹介を抜き、総合満足度堂々第1位を獲得した実績を持っています。

他社と比較して、『量より質』を意識した質の良いサービスが高い評判を得ており、「これからの就職活動に不安がある全ての就活生」におすすめできるサービスです。

地方に6拠点あり、LINE面談も可能ですので、地方在住の就活生は、以下から気軽に相談してみましょう。

キャリアチケット公式サイト:
https://careerticket.jp/

地方拠点

  • 横浜:
    〒221-0056 神奈川県横浜市神奈川区金港町3-1 コンカード横浜3F
  • 名古屋:
    〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3丁目3-21 セントライズ栄9F
  • 大阪:
    〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1-9 梅田ゲートタワー10F
  • 京都:
    〒600-8023 京都府京都市下京区河原町通松原上ル二丁目富永町338番地 京阪四条河原町ビル5F
  • 神戸:
    〒650-0034 兵庫県神戸市中央区京町72 新クレセントビル6F
  • 福岡:
    〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡6F/10F(東オフィス)

2位.ミーツカンパニー|本当に自分に合った企業に出会える就活イベント

MeetsCompany(ミーツカンパニー)』とは、株式会社DYMが運営している内定直結イベントです。

説明会と選考会を兼ねた内容で、最初に参加企業(8社)が会社説明をし、就活生同士でグループワークを行い、その後、企業の人事と座談会を行います。

イベントでは、東証一部上場企業から新進気鋭のベンチャー企業まで、自分に合った様々な企業に出会うことができます。

イベント参加後は、業界知識豊富なリクルーターが内定を徹底サポートしてくれるので、就活の際には必ず登録しておきたい一社と言えます。

また、地方に6拠点あり、イベント参加なしで就活相談のみの受付もしてますので、イベントに参加したい方もそうでない方も、是非以下から登録してみましょう。

MeetsCompany公式サイト:
https://www.meetscompany.jp/

地方拠点

  • 札幌:
    北海道札幌市北区北7条西 4丁目1-2 KDX札幌ビル 1階
  • 仙台:
    宮城県仙台市青葉区花京院1-1-20 花京院スクエア20階
  • 名古屋:
    愛知県名古屋市中村区名駅 一丁目1番1号 JPタワー名古屋 12階
  • 大阪:
    大阪府大阪市北区梅田 2丁目4−9 ブリーゼタワー23F
  • 京都:
    京都府京都市下京区仏光寺通烏丸東入上柳町310太陽生命京都ビル2階
  • 福岡:
    福岡県福岡市中央区天神 2-14-13 天神三井ビル 6階

3位.マイナビ新卒紹介|独自のノウハウから就活をサポート

マイナビ新卒紹介』は、マイナビが提供している新卒学生向けの無料就職エージェントサービスです。

他のエージェントと異なり、マイナビ新卒紹介は採用コンサルも行なっているので、企業の採用基準、面接で重要視されるポイントを伝えてくれるところが強みです。

また、就職情報サイトには乗っていない、優良な非公開求人を紹介してもらえるので、登録して、どんな求人があるのか聞いてみるだけでもおすすめです。

地方には、大阪・京都・神戸の3支店あるので、是非お近くの支店で気軽に就活相談してみましょう。

マイナビ新卒紹介公式サイト:
https://shinsotsu.mynavi-agent.jp/

地方拠点

  • 札幌:
    〒060-0002
    北海道札幌市中央区北二条西三丁目1番地20号 札幌フコク生命越山ビル9F
  • 仙台:
    〒980-0021
    宮城県仙台市青葉区中央一丁目6番35号東京建物仙台ビル8F
  • 横浜:
    〒220-0011
    神奈川県横浜市西区高島2-19-12スカイビル23F
  • 名古屋:
    〒450-6209
    愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1ミッドランドスクエア9F
  • 大阪
    〒530-0011
    大阪府大阪市北区大深町4-20グランフロント 関西タワーA 30F
  • 京都
    〒600-8008
    京都府京都市下京区四条通り烏丸東入長刀鉾町10 京都ダイヤビル 7F
  • 神戸
    〒651-0087
    兵庫県神⼾市中央区御幸通7丁⽬1番15号三宮ビル南館9F
  • 福岡:
    〒812-0012
    福岡県福岡市博多区博多駅中央街8番1号JRJP博多ビル7F
  • 広島:
    〒730-0013
    広島県広島市中区⼋丁堀3番33号広島ビジネスタワー13F

最初の目次に戻る→

3章:【目的別】おすすめ就活エージェントランキングに戻る→

4.就活エージェントと併せて利用したいおすすめの就活サービス

この章では、就活エージェントと併せて利用したいおすすめの就活サービスについて紹介します。

それでは見ていきましょう。

4-1.就活エージェントと併せて利用したいおすすめの『逆求人型サイト』

就活エージェントと併せて利用したいおすすめの『逆求人型サイト』を以下の基準で評価しました。

逆求人型就活サイトを評価する3つの基準

  • 提携企業の幅広さ:ベンチャー企業から知名度の高い大手企業まで幅広く提携しているか
  • スカウトの量:逆スカウトの量が多いかどうか
  • スカウトの質スカウト内容が特定個人に向けて、丁寧に書かれているかどうか

これら3軸を踏まえて総合評価を算出し、就活生からの評判が高かった順にランキング化しました。

実際に登録してよかった、役に立ったという口コミが集まった、上位3サイトは以下の通りです。

それでは、1つずつ見ていきましょう。

 優良企業との提携数オファー数オファーの質
1位.
OfferBox

4.3

4.5

4.2
2位.
キミスカ

3.7

4.5

3.5
3位.
dodaキャンパス

4.0

4.0

3.9
4位.
Iroots

4.3

3.3

4.4

1位.OfferBox|学生利用率<3年連続>No.1の新卒オファー型就活サイト

OfferBox』は株式会社i-plugが運営するオファー型就活サイトです。

現在、登録学生数は212,000人、登録企業数は約7,150社以上と圧倒的な数値を誇っています。

プロフィールをより詳しく入力すればするほど企業からのオファー率も上がり、企業が参照した回数も見ることが可能です

また、OfferBoxに登録すると無料の適性診断ツールを受けることができ、自己PRの作成に役立てることができます。

「ベンチャー企業から一部上場企業まで幅広い企業からオファーをもらってみたい」という人は、以下から登録してみることをおすすめします。

OfferBox公式サイト:
https://offerbox.jp/

2位.キミスカ|一社の就活選考で複数社からスカウト

キミスカ』は、株式会社グローアップ運営の逆スカウト型サイトです。

他の逆スカウト型アプリと比較して『企業からの求人オファー数』が格段に多いことで就活生から高評価を得ています。

また、難関企業の最終面接まで進んだなどの「他社の選考実績」も自己PRとして活用できる点が、他社サイトとの大きな違いです。

このことから「一社の就活選考結果で複数社からスカウトが欲しい方」に大変おすすめのサービスですので、当てはまる方は、是非以下から登録してスカウトを待ってみましょう。

キミスカ公式サイト:
https://kimisuka.com/

3位.dodaキャンパス|逆求人・オファー型就活サイト|大手有名企業との繋がりが強い!

dodaキャンパス』は、『doda』を運営している人材会社最大手「パーソルキャリア」が運営する逆求人・オファー型就活サイトです。

大手人材会社が運営する逆求人サイトなので、知名度の高い大手有名企業からのオファーが他サイトと比較して多いのが最大の特徴です。

また、dodaキャンパスに登録すると利用できる「適性検査」がかなり本格的だと評判で、自分の性格や強みを客観的に把握し、自己分析に役立てることも可能です。

2020年時点で、就活生の35万人以上が利用し、大手企業との繋がりが強いことで高評価を得ているサービスなので、『大手有名企業志望』の方で登録がまだの方は、今すぐ以下から登録してみましょう。

dodaキャンパス公式サイト
https://campus.doda.jp/

4位.iroots|ありのままに出会える就活サイト

iroots』は株式会社エン・ジャパンが運営する逆求人・オファー型就活サイトです。

提携企業は『完全審査制』であり、独自の選定軸とクチコミに基づく評判の観点で、 irootsが厳選した上位10%の企業から、個別スカウトが届きます。

また、irootsに登録すると利用できる『性格・価値観診断』も、価値観を定量化できると就活生の中で評判です。

オファー数は他社と比較してそこまで多くはないですが、『厳選企業からの質の良いオファーを受け取ってみたい人』は、以下から登録してみることをおすすめします。

iroots公式サイト:
https://iroots.jp/

補足:全就活生におすすめの就活アプリ

lognavi(ログナビ)|日本初の動画就活アプリ

lognavi(ログナビ)』は、動画を活用した次世代の就活アプリです。

lognavi(ログナビ)』では、企業の情報を「WEBセミナー」という形で、動画を通して知ることができます。

さらに、アプリからエントリーしたり、チャット機能で人事担当者とのやり取りをしたりと、「アプリ1つで就職活動を完結できる」という点も特徴的です。

自宅にいながら様々な企業の説明会に参加したり、交通費をかけずに選考を受けたりすることができるため、「より多くの可能性にチャレンジしたい」「選択肢を増やしたい」という方は、ぜひ活用をおすすめします。

lognavi公式サイト:
https://www.lognavi.com/student

4-2.就活エージェントと併せて利用したいおすすめの『就活イベント』

就活エージェントと併せて利用したいおすすめの『就活イベント』を、以下2軸で就活サイト・イベントを評価しました。

就活サイト・イベントを評価する2つの基準

  • 提携企業の数:大手人気企業~ベンチャー企業まで幅広い企業が参加しているか
  • 内定直結度:イベント参加後、内定直結の特別ルートに乗りやすいか

これら2軸を踏まえて総合評価を算出し、就活生からの評判が高かった順にランキング化しました。

実際に登録してよかった、役に立ったという口コミが集まった、上位3サイトは以下の通りです。

順位サイト名総合評価
1位Meets
Company

(ミーツカンパニー)
★★★★☆
(4.3点)
2位ハローナビ★★★★☆
(4.2点)
3位ジョブ
トライアウト
★★★☆☆
(3.9点)

それでは見ていきましょう。

1位.ミーツカンパニー|本当に自分に合った企業に出会える就活イベント

MeetsCompany(ミーツカンパニー)』とは、株式会社DYMが運営している内定直結イベントです。

説明会と選考会を兼ねた内容で、最初に参加企業(8社)が会社説明をし、就活生同士でグループワークを行い、その後、企業の人事と座談会を行います。

イベントでは、東証一部上場企業から新進気鋭のベンチャー企業まで、自分に合った様々な企業に出会うことができます。

イベント参加後は、業界知識豊富なリクルーターが内定を徹底サポートしてくれるので、就活の際には必ず登録しておきたい一社と言えます。

MeetsCompany公式サイト:
https://www.meetscompany.jp/

2位.ハローナビ|面接までのスピード感と独自診断ツールが好評

<LP画像>ハローナビ就活_0710

ハローナビ』は、アイハーツ株式会社が提供している新卒学生向けの無料就職エージェントサービスです。

「採用担当者と座談形式で気軽に質問できる」「書類選考なく面接可能」といったサービス特徴が就活生から非常に好評です。

また、面談予約後に受けられる「可能性診断・ポートフォリオ作成ツール」により、自己PRや学チカにとても役立った、との声も多いです。

担当アドバイザーのサポートも手厚く、至れり尽くせりの就職エージェントなので、ぜひ一度登録を検討してみてください。

公式サイト:
https://haloonavi.com/

3位.ジョブトライアウト|発言ではなく行動で自社に合う学生を見極める

ジョブトライアウト』は、株式会社リアライブが運営するマッチングイベントです。

GD(グループディスカッション)で、優秀な成績を収めた学生には、最終選考権や1次選考免除権が与えられる点が人気ポイントです。

また、企業の人事から1人1人メッセージ付きでフィードバックが得られる点が自己成長に繋がると大変高評価でした。

ジョブトライアウト公式:
https://rebe.jp/jobtryout_2/

最初の目次に戻る→

4章:就活エージェントと併せて利用したいおすすめの就活サービスに戻る→

5.就活エージェントと就活ナビサイトの7つの違い

就活エージェントと就活ナビサイトの大きな違いは、「担当者がつくかつかないか」という点です。

就活エージェントであれば、面談をした上で応募作業、面接日程調整、ESの添削などをすべてしてくれますが、就活ナビサイトの場合は、Webサイト上にある求人情報を自分で調べて、全て自分で行う必要があります。

結論をいうと、就活ナビサイトよりも就活エージェントの方が圧倒的に優れており、就活ナビサイトはあくまでエージェントをつかってうまくいかない(サポートを断られた)時に使う存在です

7つの観点で比較してみましたので、ご参考ください。

エージェントにサポートを断られてしまったりと、どうしてもエージェントを使えない場合は就活ナビサイトを使いましょう。

その場合はエージェントと違って特に選び方や注意点はなく、業界最大手の『リクナビ2021』さえ登録すれば案件の多くを網羅できるので無理せず1社で十分です。

公式サイト:
https://job.rikunabi.com/2021

口コミ・評判

A.Hさん(早稲田大学 3年)
それぞれの違いについては分かりました。
では、使うメリットとかってあるんですか?

結論、あります。

次の章で詳しくお伝えしますが、エージェントを使うことで就活を円滑に進めることができます。

ただ、デメリットも存在するので、それを踏まえて使う必要があります。

6.就活エージェントの利用をおすすめする理由|使う上でのメリット・デメリットとは

ここまで読み進めてきてくださった方の中には、結局「就活エージェントをなぜ利用しないといけないのか」という疑問を持った方も多いでしょう。

そこで、この章では、就活エージェントの利用をおすすめする理由についてお話させていただきます。

それでは順に説明していきます。

就活エージェントの利用をおすすめする理由

就活エージェントを使う上でのメリットが以下の通りです。

  • 就職活動に必要なサポートを全て『無料』で受けられる
  • 就活に役立つ講習・イベントに参加できる
  • 表には出ていない『非公開求人』を探してきてくれる
  • 特別ルートで早期内定が貰える可能性も

例えるなら学習塾の個別指導を全て無料で受けられるような内容です。

自分一人ではできないことをサポートしてくれるので、就活が成功する確率はグッと上がります。

また、以下のコメントのように、就活エージェント経由の『非公開求人』を利用して、早期で人気企業の内定を貰った方が多くいるのも事実です。

口コミ・評判

Sさん
評価:★★★★★4.6

就活エージェントから、TVCMで大変有名な大手企業やメガベンチャーの『非公開求人』を複数紹介して貰い、特別ルートとして、ES選考・一・二次選考免除+人事の方と仲良くなれる機会を沢山用意してもらえました。
もし落ちてしまっても、就活エージェント経由で「なぜだめだったのか」のフィードバックを頂けるので、次の選考に生かすこともできましたし、落ち込んでいる際も、エージェントが全力で支えてくれたお陰で就活を納得した形で終えることができました。

お得しか見当たらないサービスだと思います。

出典元:アンケート

このように、自分一人ではできないことを完全サポートしてくれるので、就活が成功する確率はグッと上がり、納得した内定を掴むのに繋がるでしょう

就活エージェントを使う上でのデメリット

就活エージェントを使う上でのデメリットは以下の通りです。

  • 上手い営業トークにのせられて、誤った就職をしてしまう可能性がある
  • 担当のコンサルタントの質が均一でない

就活エージェントの質はピンキリで、悪徳なエージェントにあたってしまうと、あなたの志向に合っていなくても無理やり入社をさせてくることもあります。

また中小のエージェントは紹介できる案件が限られており、比較的大手は少なく、平気でブラック企業の案件を紹介してくるところもあります。

ですので、信用できるエージェントに登録しつつ、紹介して貰った企業は、openworkで口コミの確認をするようにしましょう。

口コミ・評判

H さん
評価:★★☆☆☆2.0

学歴が良くないのか、ガクチカが弱かったのか何が原因かはわからないけど、エージェントの態度が人によってコロコロ変わる人に当たったときは嫌だったな。。。

友達も、そのエージェントサービスに「貴方には紹介できる案件ありません」って言われたらしいし、金儲けにならないからってすぐ見捨てるエージェントは嫌い、、

だからこそ、エージェントはどんな層の人(学歴や就活に強い経験を持ってないような人)からも満足度が高いサービスを選ぶべきだなーとは思ったかな

出典元:アンケート

以上のコメントにもあるように、就活エージェントを選ぶうえで、就活生の口コミ評判が高いエージェントを選ぶことが大切です。

7.就活エージェントを選ぶ際に絶対抑えておきたいポイント

就活エージェントは便利な存在ですが、30社以上の企業が乱立しており、ハズレが多いのも事実です。

エージェント選びに失敗してしまうと時間の無駄どころか、「受かるはずだった企業に落ちてしまう」という事態を招いてしまいます。

就活エージェントのおすすめ選び方

就活エージェントは、業界を横断して大量の案件を持つ『総合型就活エージェント』と、業界や対象とする層を絞って専門的に案件を持つ『特化型就活エージェント』の2つにわけられます。

それぞれのタイプでメリット・デメリットがそれぞれ異なりますので、抑えておいてください。

総合型就活エージェントと特化型就活エージェントのメリット・デメリットは下記の通りです。

総合型就活エージェントのメリット・デメリット

  • ◯ 業界を横断して大量の案件を保有(最大3万以上)
  • ◯ 志望している業界のみならず、様々な業界を見ることができる
  • × 業界特有の知識には弱い傾向にある(担当者次第)

最後の「業界特有の知識には弱い傾向にある」ですが、近年は有力特化型エージェントからの引き抜きが盛んですので、かなり強化されています。

特化型就活エージェントのメリット・デメリット

  • ◯ 業界出身が多く、業界に関する知識は豊富
  • ◯ 業界特有の面接対策を提供してくれる
  • × 特化型エージェントは中小企業が多く、案件数は少ない(100件〜)
  • × 案件が少ないため、手持ちの案件を押し付けられてしまう場合がある
  • × 総合型に比べて規模が小さく、業界知識以外の最新情報やノウハウが蓄積されていない
  • × 結局、総合就活エージェントのほうが専門分野でも負けてる場合が多い

「特化型就活エージェント」はデメリットが多すぎるのと、中小エージェントが多いため、持ってる情報やノウハウが弱くハズレが多い傾向にあります。

次に、総合・特化型それぞれの就活エージェントはどこを選べば良いのかを解説します。

「就活エージェント」の選び方

総合就活エージェントは、次の3つの観点に合わせて選びましょう。

  • 「求人の量・質」:求人数が多くて質が伴っているか?
  • 「サポート体制」:気軽に相談できるか?
  • 「提案力」:就活エージェントならではの価値提案ができるか?

総合就活エージェントの場合、担当するキャリアアドバイザーの相性や質が重要ですから、少なくとも3社以上は一気に登録して面談をしてみて、一番良いと思ったところを活用することをおすすめします

8.就活エージェントを最大限利用するためのおすすめポイント6選

この章では、就活エージェントをより効果的に利用するためのポイントを6つお伝えします。

いい就活エージェントを選んでも、上手に使えなければ意味がないので必ずチェックしましょう。

8-1. 2週間に1回くらい連絡を入れておく

就活エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最終接触日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに就活を終えた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。

そのため、1~2週間に一度は連絡を入れておくようにしましょう。

8-2. 担当コンサルタントをシビアな目でみる

担当コンサルタントに情をうつしてはいけません。

担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。現在就職の支援をして頂いている○○と申します。現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

初めての就職活動で不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、他のコンサルタントの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

8-3. ガクチカやスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

コンサルタントでよく話題にあがるのが、「登録情報と言ってることが違うよ・・・」という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされますので、必ず正しい情報を登録するようにしましょう。

8-4.就活エージェントの話を鵜呑みにしない

就活エージェントの話を鵜呑みにするのではなく、自分で客観的に比較してから決めるようにしましょう。

エージェント側も売り上げがかかっており、あなたが内定すると企業側から多額の報酬を受け取るシステムなので、言葉巧みに誘導してきます

担当者はあなたをどうにか就職させようと考えていることだけは、常に意識しておきましょう。

以下の人のように、就活エージェントを利用して就職したのはいいものの、入社してみるとブラック企業だったという事例があります。

入った企業が超ブラック・・・

口コミ・評判

S.Sさん
評価:★☆☆☆☆1

担当してくれた人はすごく親切で、この企業はすごくいいところだとおっしゃってたので、信用して入社を決意したのですが、入ってみると全然違う。

サービス残業は当たり前、土日出勤当たり前。

担当者の情報を鵜呑みにせず、もっとしっかり調べたらよかったなと思いました。

上記の方のように、担当者の意見を鵜呑みにするのではなく、しっかりと情報を集め、判断してから就職先を決めるようにしましょう。

8-5. 同じ案件に複数のコンサルタントから応募しない

数社の就活エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のコンサルタントから応募しないようにしましょう。

施設から「他の就活エージェントからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

施設・担当コンサルタント両者に不信感を与え、場合によっては破談となります。

8-6. 2社以上の就活エージェントに登録する

1社のみではなく、必ず2社以上の就活エージェントに登録するようにしましょう

複数利用した方がいい理由としては下記3点です。

  • 最適なキャリアコンサルタントを選べる
  • 用途によってエージェントを使い分けられる
  • 独占案件をカバーできる

特に、コンサルタントの質は均一ではないので、自分に合った人に担当してもらうためにも、複数登録した方がいいです。

実際、併用先の就活エージェントで自分に最適なキャリアコンサルタント・案件を見つけて、就活を成功させた方も多いです

ここまでのまとめ

就活エージェントを効果的に利用するポイントを再度まとめると、以下の通りです。

  • 2週間に1回くらい連絡を入れておく
  • 担当コンサルタントをシビアな目でみる
  • ガクチカやスキルに嘘をつかない
  • 就職エージェントの話をうのみにしない
  • 同じ案件に複数のコンサルタントから応募しない
  • 2社以上の就活エージェントに相談し、客観的な判断をする

この6つを意識して、就活エージェントを利用するようにしましょう。

口コミ・評判

A.Hさん(早稲田大学 3年)

ありがとうございます、この6つを意識して利用するようにします。

最後に、就活エージェントを利用するとどういう流れで進んでいくか教えてください。

就活エージェントを利用すると、基本的に9つのステップを踏んでいくことになります。

次の章で詳しくお伝えしますので、参考にしてみてください。

9.【図解】就活エージェント利用の流れ

上記にて、あなたが使うべき就活エージェント、使う際のコツなどをお伝えしてきました。

この章では、実際に就活エージェントに登録した場合のサービスの流れについて解説します。

特に準備は必要とせず、気軽に身をゆだねれば良いのですが、サイトを初めて使う方は不安も多いかと思いますので、登録後何が起こるのかをざっくり把握しておきましょう。

Step 1. 登録する

それぞれの公式ページから登録を行います。

また、登録する際は、就活エージェントのサービスなのかどうかを確認するようにしてください

例えば、「doda」と検索するとdodaの派遣登録サイトが出てくるように、紛らわしいサービスが複数あるため、登録前にしっかりと確認しましょう。

Step 2. 電話がかかってくる

登録すると、就活エージェントから数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

準備などをする必要は全くありませんが、ざっくり下記のようなことを聞かれます。

  • 現状(大学名・学年など)
  • 希望する職種や業界は?

10分ほどの最低限のヒアリングを受けた後、キャリアカウンセリングのアポイント調整を行います。

Step 3. キャリアカウンセリング

あなたが就活エージェントのオフィスに訪問することもあれば、近くまで来てくれることもあります。(日程・場所の都合が合わなければ電話面談になります。)

初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • PRポイントの整理
  • 志望している業界・職種
  • どういう軸で就活をするか

キャリアカウンセリングで気づくことも多く、なるべく多くのコンサルタントに意見をもらえば、考えがまとまっていき、後悔ない就職をすることができるでしょう。

Step 4. 求人紹介を受ける

あなたの希望に合いそうな企業を3~10件ほど紹介してもらいます。

思ってもないような大手もあれば、今まで知ることのなかった魅力的な施設もあるでしょう。

それぞれの就活エージェントしか扱っていない独占求人もありますので、複数社のサイトから求人紹介を受けることを推奨します

Step 5. 志望理由書の添削

応募する職場を決めたら、志望理由書や履歴書といった選考書類を添削してもらいます。

場合によってはこのためだけに面談を設定してくれたり、何度も書き直しを行ったりしてくれます。

最高の志望理由書をコンサルタントと一緒に作り上げていきましょう。

Step 6. 応募する

選考書類が完成したら、コンサルタントが最後に推薦文を添えて企業に応募します。

自分ではなかなか伝えられないあなたの魅力を、コンサルタントが企業に伝えてくれます。

就活エージェントを使って自力で応募すると、推薦文はもちろん誰も書いてくれませんし、企業への手続きも全部自分でしなければならないため、それに比べるとエージェント経由は圧倒的に有利です。

Step 7. 面接対策を受ける

応募している施設の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか、今持っているスキルのなかで何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスを貰います。

あなたが希望すれば模擬面接を実施してもらえるケースも多いです。

Step 8. 施設との面接を行う

面接の日時設定はコンサルタントが全て行ってくれます。

対策してもらったことをフル活用して、力を出し切りましょう。

面接に落ちてしまった場合には、コンサルタントが人事担当者からフィードバックを受けているため、次の面接に生かすことができます。

Step 9. 内定・入社までのサポート

内定が出た後は、企業にもよりますが、コンサルタントが入社するまでのサポートを行ってくれます。

ビジネスマナーや、仕事観など、社会に出るにあたって重要なことを教えてもらえます。

10.就活エージェントを利用する際によくあるQ&A9選

ここでは、就活エージェントを利用する際によくある質問について答えていきます。

  1. 面談の時の服装は?
  2. 利用は完全無料なの?
  3. 面談は何時まで対応してくれる?
  4. 電話での面談もできる?
  5. 土日祝日の対応はしてくれる?
  6. 面談のキャンセルはできる?
  7. 当日の遅刻・欠席はどうしたらいい?
  8. 内定辞退したらどうなるの?
  9. 利用し終わったら個人情報は削除できる?

Q-1 面談の時の服装は?

その日に面接を行う訳ではないので、どのエージェントでも服装は自由です。

ただし、あまりに常識ハズレの服装だと、「紹介してから、面接でも常識ハズレな態度をしそう・・・」と思われてしまい、良い求人を紹介してくれなくなる可能性は大いにあります。

カジュアルでも良いですが、小ぎれいな格好をしていきましょう。

ファッションセンスに自信がなかったり、少しでも悩む方は、以下のようにスーツやジャケット着用で行くことをおすすめします。

<画像>スーツ(男)

<画像>スーツ(女)

Q-2 利用は完全無料なの?

利用は完全無料です。

どれだけサポートを受けても費用はかからないので、できるだけ活用するようにしましょう。

Q-3 面談は何時まで対応してくれる?

こちらは担当者次第ですが、一般的に19時または20時からの面談が最終となります。

ただし、募集締め切りが迫っていたりすると、23時などに対応してくれる担当者もいますが、なるべく無理をさせず、良好な関係を築きましょう。

Q-4 電話での面談もできる?

可能です。

仕事の都合でエージェントのオフィスまで行けない場合も、心配ありません。

スカイプなどWebツールを使って面談をすることも一般的になっています。

Q-5 土日祝日の対応はしている?

就活エージェント・担当者次第となりますが、基本的には平日のみの対応です。

もし対応してくれた場合は、休日返上してくれている可能性が高いので、感謝の意をしっかりと伝えましょう。

Q-6 面談のキャンセルはできる?

もちろん、可能です。

ただし、就活エージェントと良好な関係を築くために、事前に連絡は必ずいれましょう。

面談キャンセル文面例

いつも大変お世話になっております。○月○日○○時より面談のお時間を頂戴しております、○○と申します。誠に申し訳ございませんが、大学の都合が重なってしまったため、以下のいずれかにご調整をお願いできないでしょうか。

×月×日(×曜)×時~
×月○日(○曜)×時~
×月△日(△曜)終日

または、○○様のご都合のいい日をお教えください。

ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Q-7 当日の遅刻・欠席はどうしたらいい?

可能ですが、企業との面接は、極力キャンセルしないようにしましょう

せっかく手間をかけてセッティングした場なのに、あなたの勝手な都合でキャンセルされると、次の求人紹介が最悪なくなってしまいます。

どうしてもキャンセルする場合は、誠意を持って対応をしましょう。

キャンセルする場合は、企業に連絡するのではなく、就活エージェントの担当者に必ず連絡してください。

Q-8 内定辞退したらどうなるの?

内定辞退をすることは良くあることで、問題ありません。

ただし、担当してくれたエージェントや、内定先企業には迷惑がかかるため、誠意をもって対応しましょう。

  • 理由を丁寧に説明する
  • できるだけ早く伝える

ただし、内定の段階での自体は問題ありませんが、入社前辞退はやってはいけません。

法律の話になりますが、内定をもらい、入社に合意した上で、入社日の2週間前以内に辞退した場合、最悪の場合、レアケースではありますが損害賠償を受けてしまう場合もあります。

断ることが決まった内定については、すぐに辞退してください。

Q-9 利用し終わったら個人情報は削除できる?

もちろん、可能です。

それぞれ会社ごとにやり方が違いますので、下記の一覧を参考にしてみてください。

そのほかのエージェントについても、基本的に可能ですので、問い合わせてみましょう。

 個人情報削除の手順
リクナビ就職エージェントお問い合わせフォーム or 担当コンサルタントに連絡
マイナビ新卒紹介お問い合わせフォーム or マイページ
doda新卒エージェントメール or TEL
type就活エージェントログイン→設定一覧→退会する
Spring就活エージェントメール or TEL
キャリアパーク就活エージェントマイページにログイン→設定→就活状況の設定/退会
キャリタス就活エージェントお問い合わせフォーム

9.まとめ

今回は、「そもそも就活エージェントとは何か」と「おすすめの就活エージェントランキング」について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

就活エージェント名総合満足度(就活生100人)
1位キャリアチケット
(総合満足度1位)

4.5
2位Meets Company
4.2
3位キャリセン
4.1
4位ハローナビ
4.0
5位レバテックルーキー
(エンジニア専門)

4.0
6位リクナビ就職エージェント
4.3
7位マイナビ新卒紹介
4.1
8位doda新卒エージェント
4.0
9位サポーターズ
3.5
10位type就活エージェント◯3.8

使おうかな…と迷っているようなら、完全無料なので、まずは上位5社から2~3社登録して気軽に相談してみることから始めることをおすすめします。

あなたが最高の就職をできることを陰ながら祈っております。