オファーボックスの評判は?|スカウトを多く貰うための方法まで徹底解説

オファーボックスの利用を検討している就活生の中には、

  • オファーボックスの評判っていいの?
  • そもそもどんなサービス?

と気になっている人も多いでしょう。

オファーボックスは、登録者数、提携企業数ともに日本最大級で、大手企業からもオファーが届くと、就活生から大変評価の高いサービスです。

その一方で、「スカウトが来ない…」などの口コミも散見されるので、利用方法を間違えてしまうと、費やした時間が無駄になってしまう可能性もあります。

そこで、長年就活支援に携わっている私が、就活生100人の口コミを元に『オファーボックスの評判』について詳しく解説をしていきます。

この記事を読んでわかること

  • オファーボックスの評判や口コミ
  • オファーボックスでスカウトを貰いやすくなる方法

  1. オファーボックスの総評
  2. オファーボックスのメリットと口コミ評判
  3. オファーボックスのデメリットと口コミ評判
  4. オファーボックスの利用がおすすめな人
  5. オファーボックスと併用すべき逆求人型サイト
  6. オファーボックスからオファーをもらう5つの方法
  7. 【FAQ】オファーボックスに関するよくある疑問と回答

この記事を読めば、オファーボックスの評判が分かり、サービスを利用すべきかどうか判断できるようになるでしょう。

1.オファーボックスの総評

オファーボックス』は、企業から学生にオファーが届く人気急上昇中のサービスです。

学生の利用率No.1を3年連続達成しており、現在20万人以上の就活生が登録しています。

総評としては、他逆求人型サイトよりも、人気企業からのオファーが届きやすいため、まず一番に登録しておきたいサービスと言えます。

事実、ネガティヴな口コミはほとんどなく、「オファーが多く来る」「大手企業の特別ルートに乗れた」といった良い口コミが9割以上を占めていました。

ちなみに、プロフィールを80%以上入力している学生のスカウト受信率は93.6%と、高い確率でオファーを受け取れると立証されていますので、就活生は以下から気軽に登録してみると良いでしょう。

運営会社株式会社i-plug
本社本拠地大阪府大阪市淀川区西中島5-11-8
セントアネックスビル3階
取引企業数7,400社
(2020年10月時点)
会社設立2012年4月18日
公式HPhttps://offerbox.jp/

また、オファーボックスのメリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

メリットデメリット
  • 特別ルートで選考を進めることができる
  • 様々な業界からオファーが来るので、視野が広がる
  • 精度が高い適性検査ツールを利用することで、自己分析を深めることができる
  • 就活に役立つセミナーを多く開催している
  • 学生が受け取れるオファー数に限りがある
  • プロフィール入力が不十分だと、オファーが来ない
  • オファーの承諾期限が1週間しかない

2.3章では、上記のメリット・デメリットをさらに詳しく解説していきます。

2.オファーボックスのメリットと口コミ評判

評判からわかるオファーボックスのメリットは以下の5つです。

それぞれ一つずつ見ていきましょう。

2-1.特別ルートで選考を進めることができる

オファーボックスの一番の特徴は、プロフィールを埋めるだけで企業側からオファーが届き、簡単に選考に進むことができる点です。

具体的には、企業側から以下のようなオファーが届きます。

  • 説明会の案内
  • 筆記試験やESの提出を免除
  • 1次面接や2次面接の免除

これらを受け取る事ができれば、最短2週間で内定を受け取ることも可能です。

また、知名度の高い「大手企業」からのオファーを受け取れる点も、メリットと言えます。

実際、オファーボックスの登録企業のうち15%、つまり約1,100社が上場企業です。

東証一部上場企業からもオファーが来る

口コミ・評判

匿名 さん
オファーボックス100%にしたらいきなりオファー来た〜〜!!!
しかも一部上場の会社、なかなか嬉しい。受けます。

出典:twitter

このように、オファーボックスを利用すると、大手企業の特別ルートに乗れる希少なチャンスが手に入る可能性があります。

大手志望の人は、是非登録してみましょう。

2-2.様々な業界からオファーが来るので、視野が広がる

オファーボックスでは、志望していない業界からもオファーが届く事があるので、業界選択の視野を広げることができます。

また、今まで志望してこなかった業界の知識を広げるきっかけにも繋がります。

意外な業界が面白そう…

口コミ・評判

匿名さん
評価:★★★★☆4

人材業界って全く興味なかったけど、オファーボックスでたまたま出会った企業と面談して、ぴったりだと思うって言われたらついついその気になってしまうわたし。。。話きいてても面白そうだったし、受けてみようかな….

出典:アンケート

このように、オファーボックスは、今まで興味のなかった業界に目を向けるきっかけになります。

特定の業界のオファーしか承諾しないというのも選択の1つですが、就活初期の場合は、様々な企業のオファーを承諾してみるのも良いでしょう。

2-3.精度が高い適性検査ツールを利用することで、自己分析を深めることができる

OfferBoxでは適性診断360という制度の高い適性検査ツールを無料で利用することができ、自己分析をより深めることができます。

適性診断360度とは、両親や友人など3人以上の人に診断してもらうのに加えて、自分で受けた適性検査の結果を合わせることでより正確な結果を導くことができるサービスです。

またこの結果は、企業側もチェックすることができるので、より適性がある業界・企業からのオファーを受け取ることができるでしょう

2-4.就活に役立つセミナーを多く開催している

オファーボックスは、就活に役立つイベントを多数開催しており、その全てに無料で参加する事ができます。

具体的には、各業界の研究講座や、自己PR作成講座、さらに合宿型の体験プログラムまで、就活のためのプログラムが盛りだくさんです。

また現在は、オンライン開催になっているので、家からイベントに参加することができます。

イベントに参加すると、就活仲間と出会うことができ、情報交換をすることで、より有利に就活を進められる点もメリットの1つと言えるでしょう。

ここまでは、オファーボックスのメリットについてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。

ここまでで、少しでもオファーボックスに興味を持たれた方は、以下から気軽に登録して、スカウトを待ってみましょう。

オファーボックス公式サイト:
https://offerbox.jp/

ただ、デメリットも知ったうえで登録するかどうか決めたいという方もいらっしゃるでしょう。

そこで次に、オファーボックスの評判からわかるデメリットを解説していきます。

3.オファーボックスのデメリットと口コミ評判

この章では、口コミ評判から分かるオファーボックスのデメリットを解説します。

それでは一つずつ見ていきましょう。

3-1.学生が受け取れるオファー数に限りがある

枠がいっぱいになってしまうと、前にやり取りした企業を削除しない限り、新たなオファーを受け取れなくなる点はデメリットだと言えます。

なぜならば、オファーボックスで学生が受け取ることが出来るオファーは6枠と数に限りがあるからです。

ただ、以下の条件をクリアすることで、オファーの受け取り数を最大15枠まで増やすことも可能です。

増える枠条件
1枠twitterでソーシャル連携をしてオファーボックスについてつぶやく
1枠周りの人に適性検査360を受けてもらう
1枠プロフィールの画像をアップロードする
1枠適性診断AnalyzeU+を受ける
1枠自己PRを作成
1枠プロフィール入力率を80%以上にする
1枠ソーシャルログインを有効にする
1枠オファーボックスの好きなところをひとこと言う
1~6枠友だちをオファーボックスに招待

参考:オファー枠の増やし方・上級編(プロフィール入力が完了した人向け)

上記を試しても、オファーの枠が埋まってしまう事もしばしばですので、届いたオファーは、一つ一つチェックして、興味のあるものだけ受け取るといいでしょう。

3-2.プロフィール入力が不十分だと、オファーが来ない

オファーボックスに登録するプロフィールが不十分だとそもそもスカウトが来ない可能性があります。

なぜなら、企業は学生のプロフィールを見てスカウトを送るかの意思決定をしているからです。

また、以下のコメントのようにプロフィール欄を100%埋めたとしても、内容が薄ければ、スカウトが届かない場合があります。

プロフィール欄次第ではオファーが来ないことも

口コミ・評判

匿名 さん
評価:★★★☆☆4
OfferBox、dodaキャンパス、irootsすべてオファーこない
なにが悪いのかわかりません書いた時間が無駄になりました、学歴フィルターかしら

出典:アンケート

プロフィール欄を100%埋めてもオファーが来ないことも

口コミ・評判

匿名さん
Offer boxもirootsも100%埋めてるのに、オファー全然こない

出典:twitter

いくら優秀な学生でもプロフィール欄の情報が不十分だと、企業側は判断材料にかけてしまうので、オファーが届きません。

そのため、面倒ですが、プロフィールは最後まで丁寧に埋めることをおすすめします。

3-3.オファーの承諾期限が1週間しかない

オファーの承諾期限が1週間しかない点は、就活メールやオファーを溜めてしまいがちな人にとってはデメリットでしょう。

良い企業からのオファー承諾期限が切れてしまった…

口コミ・評判

匿名さん

オファーボックスで、良い感じの企業からオファー来てて、就活メール溜まってるから後で返事しよう~と思ってたら、忘れてて気づいたら承諾期限過ぎてた。。ショックすぎる、結構良いオファー内容だったのに、、

出典:アンケート

オファーを一度保留してしまうと、そのまま忘れてしまい「優良企業からのオファーを逃してしまった…」なんて話はよくあることです。

上記対策としては、オファーボックスのメール通知設定をonにしておくことに限ります。

設定しておくと、後何日でオファーの承諾期限が終わるか教えてくれるので、気づいてやり取りを継続させることが可能です。

ただ、承諾期限切れ前にオファーをキャンセルする企業もいますので、優良企業からのオファーは、できるだけ早く承諾するようにしましょう。

ここまではオファーボックスのメリット・デメリットについてお話してきました。

次章からは、上記までの内容を踏まえて、オファーボックスの利用がおすすめな人を紹介します。

4.オファーボックスの利用がおすすめな人

この章では、これまで解説してきたメリット・デメリットからオファーボックスの利用がおすすめの人を紹介します。

  • 志望業界が決まっておらず、幅広く企業を見たい人
  • 大企業への内定を目指している人
  • 自己分析をより一層深めたい人

上記に1つでも当てはまる方は、オファーボックスに登録して、オファーがくるのを待ってみましょう。

しかし、オファーボックスには、個人が受け取ることが出来るオファー数に限りがあるという欠点があるのも事実です。

この欠点を補うためには、複数の逆求人型サイトに登録し、多方面からのスカウトを同時に待つ必要性があるでしょう。

そこで、以下からは、オファーボックスと他の逆求人型のサイトを特徴をまとめて比較した上で併用すべきサイトを紹介します。

5.オファーボックスと併用すべき逆求人型サイト

この章ではオファーボックスとその他の『逆求人型サイト』を以下の基準で評価しました。

逆求人型就活サイトを評価する3つの基準

  • 提携企業の幅広さ
    大手人気企業~ベンチャー企業まで幅広い企業と提携しているか
  • スカウト量
    逆求人の量が多いかどうか
  • スカウトの質
    スカウト内容が特定個人に向けて、丁寧に書かれているかどうか

これら3軸を踏まえて、マトリクス表でまとめると以下のような図になりました。

5-1.iroots|優良企業からスカウトが届く

iroots』は企業から学生にスカウトが届く逆求人型の就活サービスです。

その中でも、厳選された優良企業からのスカウトが届くと就活生の中で大変評価の高いサービスです。

また、登録すると高度な自己分析ツールを無料で使うことができるなど、就活に役立つ機能も豊富です。

irootsを運営するエン・ジャパンは、東証一部に上場している大手企業です。そのため、信頼性も高く、安心して利用できるでしょう。

1.2次選考カット出来てラッキーだった

口コミ・評判

H さん
評価:★★★★☆4.3
irootsから来たオファーはすべて1.2次選考カットで選考受けてみませんか?っていう案内だった。
あと、特別面談してみませんか?っていう案内があったりして、人事の人とめっちゃ仲良くなったりとかもできる。

出典:アンケート

iroots公式サイト:
https://iroots.jp/

5-2.キミスカ|一社の就活選考で複数社からスカウト

キミスカ』は、株式会社グローアップ運営の逆スカウト型サイトです。

他の逆スカウト型アプリと比較して『企業からの求人オファー数』が格段に多いことで就活生から高評価を得ています。

また、難関企業の最終面接まで進んだなどの「他社の選考実績」も自己PRとして活用できる点が、他社サイトとの大きな違いです。

ですので、一社の就活選考結果で複数社からスカウトが欲しい方は、是非以下から登録してスカウトを待ってみましょう。

1日10件もスカウトが来る

口コミ・評判

匿名 さん
キミスカ1日に10件もスカウトくるんやけど、多すぎて見るの大変なくらい
自己肯定感上がる、最高・・
出典元:アンケート
キミスカ公式サイト:
https://kimisuka.com/

5-3.dodaキャンパス|あなたの努力に、オファーが届く

dodaキャンパス』は、『doda』を運営している人材会社最大手「パーソルキャリア」が運営する逆求人・オファー型就活サイトです。

大手人材会社が運営する逆求人サイトなので、知名度の高い大手有名企業からのオファーが他サイトと比較して多いのが最大の特徴です。

また、dodaキャンパスに登録すると利用できる「適性検査」がかなり本格的だと評判で、自分の性格や強みを客観的に把握し、自己分析に役立てることも可能です。

2020年時点で、就活生の35万人以上が利用し、大手企業との繋がりが強いことで高評価を得ているサービスなので、『大手有名企業志望』の方で、登録がまだの方は、今すぐ以下から登録してみましょう。

dodaキャンパス公式サイト:
https://campus.doda.jp/

大手企業や外資企業からもプレミアムオファーが届く

口コミ・評判

匿名さん
第一志望群の大手企業からなんとプレミアムオファーが来た……!
ずっと気になっていた会社から直接オファーが来たので、今日は気分が良いです。

出典:アンケート

6.オファーボックスからオファーをもらうための5つの方法

「オファーボックスに登録したけれどオファーが全く来ない」そんな時は以下の5つの方法を試してみましょう。

6-1.個性のあるプロフィール画像を設定する

逆求人型のサイトではプロフィール画像を個性的なものにしましょう。

なぜなら企業側は、プロフィール画像から、学生の人となりを視覚的に判断するからです。

企業側はプロフィール画像を見た上で自己PRをなどを読むので、画像からあなたらしさが伝われば、あなたの経験やアピールポイントがより鮮明に伝わります。

証明写真のようなものではなく、あなたが輝いてる瞬間の写真(ex;趣味、遊んでいるとき、部活の写真)を選ぶことをおすすめします。

6-2.こまめにログインする

逆求人サイトでは、こまめにサイトにログインすることがかなり重要です。

なぜなら、企業側は学生のログイン状況をチェックすることができるからです。

そのため、最終ログイン日が数月も前なら、たとえプロフィールが充実していても、就活がすでに終わっていると勘違いされ、オファーを送らないケースもあります。

さらに、企業側が学生を検索する際、最終ログイン日が近い人ほど検索の上位に表示されやすくなり、プロフィール閲覧にも繋がりやすくなります。

2日に一回、最低でも週に一回はログインすることをおすすめします。

6-3.自己PRを工夫する

プロフィール欄の自己PRは工夫すればするほど、スカウトを受け取りやすくなります。

自分の特技や強みをそれを裏付けるエピソードと共に、端的にそして簡潔に書き上げることがおすすめです。

自己PR文の例

私の誰にも負けない強みは〇〇です。

その強みは、過去の〇〇の経験に紐づいています。

その〇〇の経験を行う目的は〇〇だったのですが、現状〇〇という状態で、目的に達してない状態でした。

私は、目的と現状の差異は〇〇であると仮説を立て、その解決策として〇〇に取り組みました。

この経験から私の強みは〇〇であると考えます。

上記のように、自身の強みを先に主張した後、その根拠づけとしてエピソードを添えるとより説得力が増し、企業側も就活生がどのように自社で働いくれそうか想像がつきやすくなります。

その結果、自社とマッチした人材かどうか見極めやすくなり、より自身に適したオファーが増えるようになるでしょう。

6-4.経験を具体的に書く

プロフィール欄に登録する自分の過去の経験はなるべく具体的に書きましょう。

なぜなら、経験を具体的に書き、あなたがどんな学生かをはっきり伝えることで、企業の関心が高まり、オファーが受け取りやすくなるからです。

特に以下の点のいくつかを盛り込むことができればより評価が高まるでしょう。

  1. 成功や失敗経験から何を学んだか
  2. 挫折を乗り越えた経験
  3. 継続して何かに取り組んだ経験
  4. 自ら考え行動する姿勢
  5. リーダーシップを発揮した経験
  6. 特定の分野への専門性や興味関心

ぜひ、参考にしてみてください。

6-5.プロフィール欄は9割埋める

登録するプロフィールは目安として9割埋めることをおすすめします。

なぜなら、ログイン履歴同様、企業側が検索したときにプロフィール入力率が高いほうが上位に表示されるからです。

さらに、プロフィール欄をより多く埋めている方が、企業側も熱量の高い学生であると判断する可能性が高いです。

プロフィールの殆どを埋めるのは確かに手間がかかりますが、同時に自分の経験をもう一度見つめ直すことができるチャンスでもあります。

ぜひ、挑戦してみてください。

これまで、逆求人サイトからオファーをもらうコツについて紹介してきました。

次の章では、オファーボックスに関してよくある質問を3つほど紹介します。

7.【FAQ】オファーボックスに関するよくある疑問と回答

この章では、オファーボックスに関してよくある質問を3つほど紹介します。

スカウトが来ない時はどうしたらいいですか?

それでは一つずつ見ていきましょう。

Q1.登録までの流れについて教えてください

オファーボックスの登録の流れは以下の通りです。

プロフィールを作成しないと、何も始まりませんので、まずは、以下から登録して、プロフィールを100%埋めてみましょう。

オファーボックス公式:
https://offerbox.jp/

Q2.OfferBoxを退会する方法は?

オファーボックスの退会は自分で行う必要があります。またアプリとWebでは退会方法が異なります。

【アプリの場合】

  1. アプリ右上MENU
  2. 設定とヘルプ→活動終了を設定
  3. 必要事項を入力して活動終了
  4. パスワードを入力しアカウント削除完了

【Webの場合】

  1. 画面右上の▼から設定を選ぶ
  2. 活動終了設定
  3. 必要事項を入力して活動終了
  4. パスワードを入力しアカウント削除完了

Q3.オファーボックスは地方学生でも使うべきですか?

以下の図のように、OfferBoxは関東と関西圏の企業が多いので地方の学生にとっては利用価値は低いです。

しかし、地方学生でも、興味のある企業が地元にある場合や、関東・関西に上京して就職することを考えている場合は、利用することをおすすめします。

8.まとめ

オファーボックスについて説明してきましたがいかがでしたしょうか。

オファーボックスは大手企業からスカウトを受け取ることができる事が大きな特徴で、幅広く業界を見たい方に特におすすめです。

興味のある方は以下から登録してみましょう。

オファーボックス公式ホームページ:
https://offerbox.jp/

ただ、オファーボックスにはオファーの数が他の逆求人サイトと比較して少ないというデメリットもあるので、他の逆求人サイトと併せて利用する事もおすすめです。

おすすめの逆求人型サイト

あなたの就職活動がうまくいく事を心から祈っております。