【比較】病院薬剤師と薬局薬剤師の違いは?役割や年収を分かりやすく解説

  • 「病院薬剤師と薬局薬剤師の違いは?」
  • 「どっちに就職するのがいいの?」

と迷っているでしょう。

病院薬剤師と薬局薬剤師には大きく7つの違いがありますが、高年収で就職しやすいのは薬局薬剤師です。

病院薬剤師薬局薬剤師
役割スペシャリストジェネラリスト
年収
低い
434.6万円

高い
488.3万円
必要なスキル
高い

普通
患者との距離
短期的

長期的で深い
働きやすさ
残業夜勤あり

シフト制
求人数
少ない

多い
(求人10倍)
就職しやすさ
しにくい

しやすい

この記事では、転職のプロとして多くの薬剤師の転職をサポートしてきた私が「病院薬剤師と薬局薬剤師の違い」について紹介します。

  1. 【比較】病院薬剤師と薬局薬剤師の役割&業務の違い
  2. 病院薬剤師と薬局薬剤師の6つの違い
  3. 病院薬剤師が向いている人
  4. 薬局薬剤師が向いている人
  5. 病院薬剤師への転職に強い転職サイト5選
  6. 薬局薬剤師への転職に強い転職サイト5選

すべてを読めば、病院薬剤師と薬局薬剤師の違いがわかり、あなたに合った就業先がみつけられるでしょう。

薬剤師500名が選んだ人気の転職サイト

編集部が実施した薬剤師500名へのアンケート調査に基づくサポート力や求人の数・質への満足度が高い転職サイトベスト3は、下記の3つ。

キャリア・転職に悩んでいたり、今の仕事・職場から離れようかなと考えていたりするすべての薬剤師におすすめの相談先です。

左右にスクロールできます。

おすすめ転職サイト口コミ満足度公開求人数おすすめポイント
薬キャリ ロゴ1位:薬キャリ (薬キャリエージェント)

4.3点

約4.0万件
  • 利用者満足度No. 1(編集部調べ)
  • 丁寧・親身なサポートが大好評
  • 病院・企業との強固なコネクション
ファルマスタッフ2位:ファルマスタッフ

4.1点

約4.5万件
  • 圧倒的公開求人数を誇る大手サイト
  • 20-30代薬剤師のキャリアアップ転職におすすめ
  • 正社員だけでなくパート・派遣求人も豊富
マイナビ薬剤師3位:マイナビ薬剤師

4.0点

約4.5万件
  • 全国に拠点があり地方にも強い
  • ドラッグストア・企業の求人は特に豊富
  • 求人検索システムが超使いやすいのも魅力

〔求人数〕2023年1月5日時点

1.【比較】病院薬剤師と薬局薬剤師の役割&業務の違い

病院と薬局では、「薬剤師の役割はどのように違うの?」と疑問に思っている方も多いでしょう。

この章では、病院と薬局の薬剤師の役割や業務内容の違いを解説していきます。

1-1.病院薬剤師と薬局薬剤師の役割の違い

病院薬剤師と薬局薬剤師の役割の違いは以下のとおりです。

  • 病院薬剤師:スペシャリスト
    …特定の領域の専門的な知識が求められる
  • 薬局薬剤師:ジェネラリスト
    …領域に偏らない幅広い知識が求められる

(1)病院薬剤師は専門的な知識が求められるスペシャリスト

病院薬剤師は、勤務する病院や病棟によって求められる知識やスキルが大きく異なります。

たとえば、がん治療の診療科病棟に配属された場合、抗がん薬や薬の副作用、副作用を軽減するための薬剤など、専門的ながん治療の知識が求められるでしょう。

病院薬剤師は特定の領域を専門的に扱うスペシャリストなのです。

病院薬剤師の仕事内容についてさらに詳しく知りたい方は『誰でもわかる病院薬剤師の全て|仕事・年収・転職のコツ』を参考にしてください。

(2)薬局薬剤師は幅広い知識が求められるジェネラリスト

薬局薬剤師は、健康な方から重度の病気を患う方まで相談に来るため、幅広い知識や能力が求められます。

  • 抗アレルギー薬
  • 解熱鎮痛薬
  • 胃腸薬
  • かぜ薬
  • 漢方薬
  • 整腸薬

このように、幅広い種類の薬を扱う薬局薬剤師は、特定の領域に偏らないジェネラリストなのです。

ただ、最近では在宅医療(自宅での治療)の推進により、薬局でも専門薬剤師が求められるようになってきています。

薬局薬剤師の仕事内容については『薬局薬剤師のやりがいは?働く人の声をもとに働きがいを徹底解説【口コミ付き】』を参考にしてください。

1-2.病院薬剤師と薬局薬剤師の業務の違い

病院薬剤師と薬局薬剤師の業務の違いは以下表のとおりです。

病院薬剤師薬局薬剤師
調剤業務
注射調剤・注射薬混合調製業務
医薬品情報・医薬品管理
業務
病棟薬剤業務
薬剤師外来
チーム医療
製剤業務
専門薬剤師
救命救急業務×
治験業務×

ここでは、以下3つを基準に病院と薬局の薬剤師の業務について解説していきます。

それぞれを詳しく紹介していきます。

(1)共通して行う6つの業務

病院と薬局で共通して行う業務は以下6つです。

  • 調剤業務
    …医師の処方に基づき薬を調剤する
  • 注射調剤・注射薬混合調製業務
    …患者の状況に合わせて、処方された注射薬を調剤する
  • 医薬品情報・管理業務
    …医薬品を安全に使用するために、副作用などの情報集め医師や患者に情報提供や在庫を確認して発注する
  • 病棟薬剤業務
    …患者の持参薬や服役状況を確認し、とくに注意が必要な薬剤を管理したり、薬剤投与後の状況をみたりする
  • 薬剤師外来
    …外来患者の薬の服役や摂取状況を確認し、安全で効果的な治療のために医師に情報提供する
  • チーム医療
    …多種多様な医療従事者が連携しあいながら、患者の治療を行う

病院の調剤業務は、薬局で扱う内服薬や外用薬から、化学療法で使う薬剤などの最新の治療薬まで多岐に渡ります。

注射調剤や病棟薬剤業務、薬剤師外来、チーム医療は、病院でのみ行っていた業務でしたが、在宅医療の推進によって薬局でも取り入れられるようになりました。

(2)一部の薬局で行う2つの業務

主に病院でしか行わないが、一部の薬局で取り入れられている業務は以下2つです。

  • 製剤業務
    …市販の薬では効果が得られない場合、患者に合わせて薬を製剤する
  • 専門薬剤師
    …薬物治療の高度な知識と技能を持っている薬剤師を認定する制度。薬局でも取得できる場合がある

製剤業務は病院特有の業務でしたが、最近では、許可を得た一部の薬局で販売する「薬局製剤」や「漢方製剤」などが出てきています。

高度な知識やスキルが求められる病院薬剤師が、専門薬剤師の資格を取得するのが主流でしたが、在宅医療の推進によって薬局でも取得する薬剤師は増えてきています。

(3)病院でのみ行う2つの業務

病院薬剤師のみが行う業務は以下2つです。

  • 救命救急業務
    …救命救急センターで、医師の指導のもと高度な処置が必要な患者に薬の選択・投与を行う
  • 治験業務
    …厚生労働省からの新薬承認を目的とした未承認薬の臨床試験を行う

救命救急業務は、救命救急で運ばれてきた重症な患者に対して、医師の指導のもと迅速に適切な薬を投与しなければならないため、高度な知識と強い責任感が求められます。

治験業務は、臨床試験のサポートにくわえて、被験者や他の医療従事者、製薬会社の担当者とのコミュニケーションが求められる業務です。

1-3.ここまでのまとめ

  • 病院薬剤師はスペシャリスト
  • 薬局薬剤師はジェネラリスト
  • 病院薬剤師は幅広い業務を行う
  • 薬局薬剤師の業務の幅は広がっている

病院薬剤師が扱う薬剤や求められる知識や業務は多岐に渡るため、「幅広い医療知識を身に付けたい方」「最先端の医療現場に立ちたい方」におすすめの職場です。

反対に、薬局薬剤師は在宅医療の推進により業務の幅は広がってきているものの、病院と比べるとできる業務は限られます。

2.病院薬剤師と薬局薬剤師の6つの違い

病院薬剤師と薬局薬剤師の違いは以下6点です。

病院薬剤師薬局薬剤師

年収

低い
434.6万円

高い
488.3万円

必要なスキル

高い

普通

患者との距離

短期的

長期的で深い

働きやすさ

残業夜勤あり

シフト制

求人数

少ない

多い
(求人10倍)

就職しやすさ

しにくい

しやすい

それぞれを詳しく紹介していきます。

違い①年収|薬局薬剤師の方が年収は高い

マイナビ薬剤師の調査をみると、薬局薬剤師の方が病院薬剤師よりも50万円ほど年収が高いです。

病院薬剤師薬局薬剤師
434.6万円488.3万円

出典:マイナビ薬剤師

「30代を超えてくると役職手当をもらう薬局薬剤師が増える」「地方の薬局薬剤師の年収が高い」ことが要因として考えられます。

「高収入を得たいと考えている方」は、薬局薬剤師への就職がおすすめです。

違い②必要なスキル|病院薬剤師の方が求められるスキルは高い

病院薬剤師は、高難易度で専門性のあるスキルや知識が求められます。

病院薬剤師に求められるスキル

  • 調剤や製剤の知識
  • 薬学管理の専門家としての判断力
  • 救命救急や治験業務に関する知識

調剤や製剤といった基本的な業務にくわえて、救命救急、治験業務などの高度医療のスキルも必要です。

一方で、薬局薬剤師は調剤の知識にくわえて、患者さんと近く関わる就業先であるため、接客能力も求められます。

薬局薬剤師に求められるスキル

  • 調剤の知識
  • 接客能力
  • ヒアリングや服薬指導・服薬歴の管理

高難易度で専門性のあるスキルや経験を得たい人は病院薬剤師、幅広い調剤の知識と接客能力を身に付けたい人は薬局薬剤師がおすすめです。

違い③患者との距離|薬局薬剤師は患者との距離が近い

病院薬剤師は病棟で服役指導を行うことがありますが、基本的に退院したら患者さんとの関わりがなくなります。

一方薬局薬剤師は、患者さんと密にコミュニケーションが取れるため、より近いところで働けます。

また、定期的に処方箋を受け付けるため、長期にわたり患者さんと関わりを持てるでしょう。

患者様との距離が近く、服薬指導で患者様と色々とお話ができる

口コミ・評判

匿名さん

薬局薬剤師です。個人的な意見を述べさせていただきます。

薬局薬剤師のいいところは、まず、患者様との距離が近く、服薬指導で患者様と色々とお話ができるところです。
実際にお話をしていると、患者様の状態が徐々にわかってきて、薬が効いているのか、副作用が出ていないか、など、本当に薬の指導ができるようになります。
薬剤師をやっていて、一番やりがいがある仕事が服薬指導だと個人的には思います。

出典:Yahoo!知恵袋

「患者さんと深く関わりたい、近いところで働きたい」のであれば、薬局薬剤師がおすすめです。

違い④働きやすさ|薬局薬剤師の方が働きやすい

病院薬剤師に比べて、薬局薬剤師の方が働きやすいです。

病院
  • 当直業務がある
  • 夜勤がある
  • 人数が多く人間関係に悩むことがある
  • 出勤時間が早い
薬局
  • シフト制
  • 福利厚生が充実
  • 土日祝が休みの薬局がある
  • 残業のない薬局であれば定時で帰宅

病院は、当直業務(所定労働時間外に行う通常と異なる業務)や夜勤があったり、また朝の集合が早く8時に出勤したりすることもあるようです。

一方薬局は、基本的にシフト制で勤務時間を柔軟に変えられ、残業のない薬局であれば定時で帰宅できるようです。

調剤薬局業界はとても働きやすい環境が揃っている

口コミ・評判

匿名さん
週5.5勤務の元病院薬剤師として言わせてもらえば、週4勤務でokな働き方が存在する調剤薬局業界はとても働きやすい環境が揃っている思う。

出典:Twitter

「薬剤師としてバリバリ働きたい人」は病院薬剤師、「シフト制で、ライフスタイルに合わせた働き方がしたい人」は薬局薬剤師がおすすめです。

違い⑤求人数|病院の求人は調剤薬局の10分の1

病院薬剤師の求人は、調剤薬局のわずか10分の1程度しかありません。

参考:薬キャリ

薬局薬剤師の求人が多いのは、開設許可に規制がなく薬局の数が年々増えている(平成30年度は前年と比較して0.8%増加)からです。(参考:厚生労働省

一方、病院の数は減っており(平成30年度は前年と比較して40施設減少)、それにともない病院薬剤師の求人も減っています。(参考:厚生労働省

違い⑥就職しやすさ|病院薬剤師の方が就職難易度は高い

ここまでの比較を踏まえると、病院薬剤師よりも薬局薬剤師の方が就職しやすいです。

病院薬剤師よりも薬局薬剤師が必要なスキルレベルは低く、求人の数も10倍以上あるからです。

病院薬剤師薬局薬剤師
必要なスキル
高い

普通
求人数
少ない

多い
(求人10倍)

また、全体の求人数のうちの、未経験向けの求人の割合を比較してみると、薬局薬剤師の方が高いことがわかりました。

参考:マイナビ薬剤師

未経験者という観点からみても、薬局薬剤師の方が就職しやすいです。

3.病院薬剤師が向いている人

病院薬剤師が向いている人は以下です。

  • 幅広い業務を行いたい人
  • 最新の医療開発に携わりたい人
  • 医療現場で活躍したい人

幅広い業務をこなし、治療薬の開発や医療現場で活躍できる病院薬剤師は、上記の方におすすめの就業先です。

病院薬剤師への転職に強い転職サイトを知りたい方は、以下のリンクから飛んでください。

»5.病院薬剤師への転職に強い転職サイト5選をみる

4.薬局薬剤師が向いている人

薬局薬剤師が向いている人は以下4点です。

  • 高収入を得たい人
  • 患者さんと長く深く関わりたい人
  • 働きやすさを重視している人
  • 就職しやすさを重視している人

病院薬剤師よりも年収が高く、患者さんとの距離が近く就職しやすい薬局薬剤師は、上記の方におすすめの就業先です。

薬局薬剤師への転職に強い転職サイトを知りたい方は、以下のリンクから飛んでください。

»6.薬局薬剤師への転職に強い転職サイト5選をみる

5.病院薬剤師への転職に強い転職サイト5選

ここで紹介していく病院薬剤師への転職に強い転職サイトは、下記3つの基準で選んでいます。

転職サイト比較基準

  • 求人の質・量
    …病院薬剤師の求人が十分にあり、優良案件が多い
  • 提案力
    …業界の経験の有無に関わらず、希望条件に合った求人を紹介してもらえる
  • サポート力
    …求職者一人ひとりのニーズに合った面接・書類対策など、選考対策を丁寧に行ってくれる

※当サイトでは「提案力」と「サポート力」をもとに利用者満足度を算出し、ランキング選定基準としています。

病院薬剤師への転職に強い転職サイトは以下5つです。

転職サイト公開求人数 | 利用満足度
1位.
ファーマキャリア
1,500件 | ★★★★☆4.3
好条件求人をオーダーメイドで提案
2位.
ファルマスタッフ
3,000件 | ★★★★☆4.1
20年以上にわたる転職支援実績
3位.
薬キャリ
2,600件 | ★★★★☆4.0
実績豊富で利用者満足度95%!
4位.
マイナビ薬剤師
3,100件 | ★★★★☆3.9
転職業界大手のマイナビグループが運営
5位.
リクナビ薬剤師
740件 | ★★★★☆3.6
優秀なアドバイザーが全面サポート

※求人数:2021年12月現在

上位3つの転職サイト(『ファーマキャリア』、『ファルマスタッフ』、『薬キャリ』)は薬剤師向けのサポートが特に手厚いという評価を受けているため、すべて登録しておくことを強く推奨します。

それでは、ここからはランキング上位のサイトを1つずつ紹介していきます。

1位. ファーマキャリア|好条件求人をオーダーメイドで提案

 

公式サイト:https://pharmacareer.jp

ファーマキャリア』は、オーダーメイド求人が魅力の転職サイトです。あなたの希望に合わせた好条件求人を、キャリアコンサルタントが厳選して提案してくれます。

求人の数よりも質を重視したい方におすすめです。

また、優秀なキャリアコンサルタントが担当してくれる点も特徴的です。

一人ひとりがより満足のいく転職を実現するために、非常に親身なサポートを実施しています。

\好条件の求人探しに最適/
無料で転職のプロに相談する (公式サイト)
無料登録後もお金はかかりません

関連記事:ファーマキャリア評判|200人の口コミでわかる全メリット・デメリット

2位. ファルマスタッフ|20年以上にわたる転職支援実績

公式サイト:https://www.38-8931.com/

ファルマスタッフ』は、大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営する薬剤師転職支援サービスです。

薬剤師の転職サイトのなかでも、とくに求人数が多く、病院薬剤師の求人は3,600件を超えています。

また、派遣求人の数を業界で最も多く保有している点も特徴です。

さらに、20年以上にわたる転職支援実績があり、蓄積されたノウハウを得られる点も大きな魅力であると言えます。

薬剤師転職では、どういった点をアピールすればよいのか、調剤薬局への転職を成功させるにはどのように準備しておけば良いのか、など具体的な方法を知ることができるでしょう。

\求人の選択肢を増やすなら登録必須/
無料で転職のプロに相談する (公式サイト)
無料登録後もお金はかかりません

関連記事:200人の口コミ評判でわかったファルマスタッフの全メリット・デメリット

3位. 薬キャリ|実績豊富で満足度95%

公式サイト:https://agent.m3career.com/

『薬キャリ』は、総合満足度No1の薬剤師転職サイトです。

運営会社のエムスリーキャリアは、15年以上前から医療業界に特化したビジネスを行っていることもあり、サポート力や薬剤師転職ノウハウには信頼があります。

また、病院や医療施設などに強いコネクションを築いており、人気の高い転職先である調剤薬局や病院の求人数は業界1位、調剤薬局では業界3位と、他サービスを圧倒する求人数・質を誇ります。

業種・年齢・地域問わず、転職を考えるすべての薬剤師におすすめです。

\総合満足度No.1/
無料で転職のプロに相談する (公式サイト)
無料登録後もお金はかかりません

当サイトでは薬キャリのコンサルタントにインタビューを行いました!

薬キャリの強みコロナ禍における薬剤師の転職事情をお話いただいたので、転職を検討している方はぜひご覧ください。

こちらをタップ ▼
薬剤師の人生を照らす転職を――薬剤師満足度No1『薬キャリ』のコンサルタントによる「求職者ファースト」の転職支援とは

4位. マイナビ薬剤師|親身なサポート体制に高評価

マイナビ薬剤師

公式サイト:https://pharma.mynavi.jp/

『マイナビ薬剤師』は、転職業界大手のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職サイトです。

マイナビグループの知名度と営業力を活かして全国の求人情報を網羅しており、6万3,000件以上の求人を掲載しています。

また、転職サポート力に定評があり、応募者との「面談」に力を入れているという点も特徴的です。

親身にアドバイスをしてくれるため、はじめての方でも安心して転職活動を進められるでしょう。

全国の主要都市に支店を持っており、地方在住の薬剤師の方にもおすすめです。

\サポートの質は業界トップクラス/
無料で転職のプロに相談する (公式サイト)
無料登録後もお金はかかりません

関連記事:200人の評判でわかったマイナビ薬剤師の全メリット・デメリット

5位. リクナビ薬剤師|優秀なアドバイザーが全面サポート

リクナビ薬剤師

公式サイト:https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

『リクナビ薬剤師』は、人材紹介最大手のリクルートが運営する薬剤師を専門に扱ったサイトです。

サービスの規模も大きく、数多くの転職実績があります。

ドラッグストアの求人や、高収入の求人が多い点も特徴です。

また「日本一の人材紹介会社」としてのノウハウが豊富であり、特に優秀なコンサルタントがいるという点も大きな強みです。

\薬剤師転職ノウハウが豊富/
無料で転職のプロに相談する (公式サイト)
無料登録後もお金はかかりません

関連記事:200人の評判でわかったリクナビ薬剤師の全メリット・デメリット

6.薬局薬剤師への転職に強い転職サイト5選

ここで紹介していく薬局薬剤師への転職に強い転職サイトは、下記3つの基準で選んでいます。

転職サイト比較基準

  • 求人の質・量
    …薬剤師の求人が十分にあり、優良案件が多い
  • 提案力
    …業界の経験の有無に関わらず、希望条件に合った求人を紹介してもらえる
  • サポート力
    …求職者一人ひとりのニーズに合った面接・書類対策など、選考対策を丁寧に行ってくれる

※当サイトでは「提案力」と「サポート力」をもとに利用者満足度を算出し、ランキング選定基準としています。

薬局薬剤師への転職に強い転職サイトは以下5つです。

転職サイト公開求人数 | 利用満足度
1位.
ファルマスタッフ
3.3万件 | ★★★★★4.5
20年以上にわたる転職支援実績
2位.
リクナビ薬剤師
1.1万件 | ★★★★☆4.0
調剤薬局の求人は、数・量ともに業界トップクラス
3位.
薬キャリ
2.1万件 | ★★★★☆3.9
実績豊富で利用者満足度95%!
4位.
マイナビ薬剤師
3.4万件 | ★★★★☆3.7
転職業界大手のマイナビグループが運営
5位.
ファーマキャリア
1.8万件 | ★★★★☆3.6
好条件求人をオーダーメイドで提案

※求人数:2021年12月現在

上位3つの転職サイト(『ファルマスタッフ』、『リクナビ薬剤師』、『薬キャリ』)は薬剤師向けのサポートが特に手厚いという評価を受けているため、すべて登録しておくことを強く推奨します。

それでは、ここからはランキング上位のサイトを1つずつ紹介していきます。

1位. ファルマスタッフ|調剤薬局と派遣の求人が豊富

公式サイト:https://www.38-8931.com/

『ファルマスタッフ』は、大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営する薬剤師転職支援サービスです。

調剤薬局の求人は、数・量ともに業界トップクラスであるため、薬局への転職を検討している方は、登録必須の転職サイトと言えるでしょう。

また、派遣求人の数を業界で最も多く保有している点も特徴です。

さらに、20年以上にわたる転職支援実績があり、蓄積されたノウハウを得られる点も大きな魅力であると言えます。

薬剤師転職では、どういった点をアピールすればよいのか、調剤薬局への転職を成功させるにはどのように準備しておけば良いのか、など具体的な方法を知ることができるでしょう。

\調剤薬局への転職に強い/
無料で転職のプロに相談する (公式サイト)
無料登録後もお金はかかりません

関連記事:200人の口コミ評判でわかったファルマスタッフの全メリット・デメリット

2位. リクナビ薬剤師|優秀なアドバイザーが全面サポート

リクナビ薬剤師

公式サイト:https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

『リクナビ薬剤師』は、人材紹介最大手のリクルートが運営する薬剤師を専門に扱ったサイトです。

サービスの規模も大きく、数多くの転職実績があります。

ドラッグストアの求人や、高収入の求人が多い点も特徴です。

また「日本一の人材紹介会社」としてのノウハウが豊富であり、特に優秀なコンサルタントがいるという点も大きな強みです。

\薬剤師転職ノウハウが豊富/
無料で転職のプロに相談する (公式サイト)
無料登録後もお金はかかりません

関連記事:200人の評判でわかったリクナビ薬剤師の全メリット・デメリット

3位. 薬キャリ|実績豊富で満足度95%

公式サイト:https://agent.m3career.com/

『薬キャリ』は、総合満足度No1の薬剤師転職サイトです。

運営会社のエムスリーキャリアは、15年以上前から医療業界に特化したビジネスを行っていることもあり、サポート力や薬剤師転職ノウハウには信頼があります。

また、病院や医療施設などに強いコネクションを築いており、人気の高い転職先である調剤薬局や病院の求人数は業界1位、調剤薬局では業界3位と、他サービスを圧倒する求人数・質を誇ります。

業種・年齢・地域問わず、転職を考えるすべての薬剤師におすすめです。

\総合満足度No.1/
無料で転職のプロに相談する (公式サイト)
無料登録後もお金はかかりません

当サイトでは薬キャリのコンサルタントにインタビューを行いました!

薬キャリの強みコロナ禍における薬剤師の転職事情をお話いただいたので、転職を検討している方はぜひご覧ください。

こちらをタップ ▼
薬剤師の人生を照らす転職を――薬剤師満足度No1『薬キャリ』のコンサルタントによる「求職者ファースト」の転職支援とは

4位. マイナビ薬剤師|親身なサポート体制に高評価

マイナビ薬剤師

公式サイト:https://pharma.mynavi.jp/

『マイナビ薬剤師』は、転職業界大手のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職サイトです。

マイナビグループの知名度と営業力を活かして全国の求人情報を網羅しており、6万3,000件以上の求人を掲載しています。

また、転職サポート力に定評があり、応募者との「面談」に力を入れているという点も特徴的です。

親身にアドバイスをしてくれるため、はじめての方でも安心して転職活動を進められるでしょう。

全国の主要都市に支店を持っており、地方在住の薬剤師の方にもおすすめです。

\サポートの質は業界トップクラス/
無料で転職のプロに相談する (公式サイト)
無料登録後もお金はかかりません

関連記事:200人の評判でわかったマイナビ薬剤師の全メリット・デメリット

5位. ファーマキャリア|好条件求人をオーダーメイドで提案

 

公式サイト:https://pharmacareer.jp

『ファーマキャリア』は、オーダーメイド求人が魅力の転職サイトです。あなたの希望に合わせた好条件求人を、キャリアコンサルタントが厳選して提案してくれます。

求人の数よりも質を重視したい方におすすめです。

また、優秀なキャリアコンサルタントが担当してくれる点も特徴的です。

一人ひとりがより満足のいく転職を実現するために、非常に親身なサポートを実施しています。

\好条件の求人探しに最適/
無料で転職のプロに相談する (公式サイト)
無料登録後もお金はかかりません

関連記事:ファーマキャリア評判|200人の口コミでわかる全メリット・デメリット

さいごに

今回は、病院薬剤師と薬局薬剤師の違いを紹介しました。

病院薬剤師薬局薬剤師
役割スペシャリストジェネラリスト
業務10種類の業務6種類の業務
年収
低い
434.6万円

高い
488.3万円
必要なスキル
高い

普通
患者との距離
短期的

長期的で深い
働きやすさ
残業夜勤あり

シフト制
求人数
少ない

多い
(求人10倍)
就職しやすさ
しにくい

しやすい

病院と薬局それぞれの違いをよく理解したうえで、後悔のない決断をしましょう。

もし一人では答えが出せないという方は、転職サイトのキャリアコンサルタントに相談してみるのもおすすめです。

【病院薬剤師に強い転職サイト】

転職サイト公開求人数 | 利用満足度
1位.
ファーマキャリア
1,500件 | ★★★★☆4.3
好条件求人をオーダーメイドで提案
2位.
ファルマスタッフ
3,000件 | ★★★★☆4.1
20年以上にわたる転職支援実績
3位.
薬キャリ
2,600件 | ★★★★☆4.0
実績豊富で利用者満足度95%!
4位.
マイナビ薬剤師
3,100件 | ★★★★☆3.9
転職業界大手のマイナビグループが運営
5位.
リクナビ薬剤師
740件 | ★★★★☆3.6
優秀なアドバイザーが全面サポート

【薬局薬剤師に強い転職サイト】

転職サイト公開求人数 | 利用満足度
1位.
ファルマスタッフ
3.3万件 | ★★★★★4.5
20年以上にわたる転職支援実績
2位.
リクナビ薬剤師
1.1万件 | ★★★★☆4.0
調剤薬局の求人は、数・量ともに業界トップクラス
3位.
薬キャリ
2.1万件 | ★★★★☆3.9
実績豊富で利用者満足度95%!
4位.
マイナビ薬剤師
3.4万件 | ★★★★☆3.7
転職業界大手のマイナビグループが運営
5位.
ファーマキャリア
1.8万件 | ★★★★☆3.6
好条件求人をオーダーメイドで提案

あなたの人生が豊かになることを願っています。