ES添削できる無料就活サービスおすすめ7選|学チカ・自己PR添削ですぐに完璧なエントリーシートを作成!

「ESを書いてみたけど全然自信がない」「誰かに添削してほしい」とお考えですね。

ESを添削してくれる就活サービスは多々ありますが、添削者が就活支援のプロフェッショナルかどうかでESの仕上がりは左右されます。

プロ視点のアドバイスを取り入れると、選考通過率がグッと高まりますよ。

そこでこの記事では、新卒採用のアドバイザーを長年務めた私が、プロ視点でES添削をしてくれるおすすめの就活サービスを紹介していきます。

  1. ES添削サービスは「エージェント型」or「テキスト型」で選ぶ
  2. エージェント型のES添削サービスおすすめ4選
  3. テキスト型のES添削サービスおすすめ3選
  4. ES(エントリーシート)添削時によくある質問

この記事を読めば、ES添削をどのサービスに依頼すべきか判断できるようになるでしょう。

1.ES添削サービスは「エージェント型」or「テキスト型」で選ぶ

ES添削サービスは、(1)エージェント型(2)テキスト型の2種類あり、それぞれ利用の流れが異なります。

(1).エージェント型|より完成度の高いESを目指す

エージェント型は、就活エージェントと呼ばれるサービスに登録し、担当者(キャリアアドバイザー)と直接やり取りしながら、より完成度の高いES作成を目指すやり方です。

こんな人におすすめ

  • 選考通過率が高まるような完璧なESを目指したい
  • 分からない部分などは質問しながらESを完成させたい
  • 面接まで見据えた対策・アドバイスを受けたい

結論から言うと、極力「このエージェント型」でES添削を受けることをおすすめしています。

就活エージェントなら、面接まで見据えたトータルサポートを受けられるからです。

ESは面接での資料として使用されるので、面接で話す内容とESの内容に食い違いがないように作る必要があります。キャリアアドバイザーと直接やり取りしながらであれば、「ここは面接で質問されやすいので、こうやって書きましょう」のような具体的なアドバイスをもらいながら作成できます。

ちなみに、2021年現在は多くの就活エージェントがオンライン・WEB面談に対応をしており、zoomなどを活用して添削を受けられます。そのため、地方在住者でも利用可能です。(拠点があるエリアなら直接対面でのやり取りもできます)

補足:
就活エージェントとは、内定獲得をアシストしてくれる就活支援サービスのこと。求人紹介(リクナビやマイナビに載っていない企業の求人なども)がメインのサービスだが、内定獲得までのサポートも行っており、その中でES添削がある。

(2).テキスト型|すぐに添削してほしい方向け

テキスト型は、とりあえず作成したESをWEBで送付すると、数日以内に添削結果が返ってくるというサービスです。

こんな人におすすめ

  • ES提出期限が迫っている
  • とりあえず第三者の意見がほしい
  • エージェントとやり取りするのは面倒

テキスト型は完全にオンラインで完結します。サービスによっては、チャットでの質問対応を行っているものもあり、疑問点などもチャットのやり取りの範囲で可能です。

すぐに添削結果が返ってくるので、スケジュールが差し迫った方はこちら一択です。

では次章から、まずは(1)エージェント型のおすすめサービスを紹介します。

2.エージェント型のES添削サービスおすすめ4選

当サイトでは、就活経験者に以下の基準で「エージェント型」添削サービスを評価してもらいました。

ES添削サービスを評価する2つの基準

  • 書類通過率:
    第一志望の会社の書類選考を突破できたかどうか
  • 担当者の実力
    学生を客観的な目線で分析する力があり、ES添削の助けになったか

この結果、明らかになったおすすめのES添削サービスは以下の通りです。

エージェントどんなサービス?
キャリアチケット1位. キャリアチケット
≫公式サイトを見る
年間1万人以上が相談する
No.1就活エージェント
キャリセンロゴ2位.キャリセン就活エージェント
≫公式サイトを見る
累計利用者6万人以上の人気サービス
5.4倍の内定獲得を達成した人も
3位. キャリアスタート
≫公式サイトを見る
有名企業への就職支援実績が豊富!
入社後の定着率92%とミスマッチが少ない求人紹介を実現
ハローナビロゴ4位.ハローナビ就活
≫公式サイトを見る
自己分析に役立つと好評の『可能性診断・ポートフォリオ作成ツール』も魅力

それでは見ていきましょう。

1位.キャリアチケット|年間1万人以上が相談するNo.1就活エージェント

キャリアチケット

キャリアチケット』は、5人に1人の就活生が登録している人気の就活エージェントです。

第三者機関が行った調査「新卒エージェントランキング」では、大手のリクルート・マイナビのサービスを抜いて第1位を獲得。高い評価と確固たる実績が魅力です。

企業別に丁寧なES添削を実施しており、内定率39%アップの実績もあります。

企業別にES添削や面接対策を実施しています。その企業の人事や面接官が何を見ているのか?という観点から改善点をアドバイス。この対策で内定率が約39%向上することがわかっています。(公式サイトより引用)

紹介企業数も厳選しているため、選択肢が多すぎて迷うこともありません。さらにキャリアチケット経由での応募であれば特別採用枠が設けられていることも。ベストな企業に早く内定を決めたいと考える全ての就活生におすすめです。

キャリアチケット公式サイト:
https://careerticket.jp/

2位.キャリセン就活エージェント|就活生のための就職相談・内定支援

キャリセン

キャリセン就活エージェント』は、累計6万人が利用、紹介実績数1000社以上を誇る業界屈指の就活エージェントサービスです。

元人事担当者や有名なキャリアコンサルタントと、1時間ほどマンツーマンの就活相談を実施する個別内定サポートを行っており、内定獲得率5.4倍を誇っています。

紹介企業の選考に関しては、合否関わらず企業側からのフィードバックをしっかり伝えてくれるので、「自分がなぜ落選するのか」を知りたい方は、一度気軽に登録してみることをおすすめします。

ES添削も時間を割いてくれる転職サービスなので、どこが課題なのかを丁寧に解説してくれますよ。

キャリセン就活エージェント公式サイト:
https://careecen-shukatsu-agent.com/

3位. キャリアスタート|定着率92%の求人紹介を実現

キャリアスタート』は、最短2週間内定の実績のある就職エージェントです。

就活サービスとしては後発ですが、約10年間、若手の転職支援に力をいれてきた経験を活かして、就活を全力でバックアップしてくれます。

また、若年層に人気の企業との太いパイプを有しており、楽天、リクルートキャリアなどの有名企業への紹介実績も豊富です。

紹介先の企業も年々増加中のサービスであるため、「豊富な企業の中から、自分にあったものを選んでほしい」と考えている人におすすめできるサービスだと言えるでしょう。

キャリアスタート公式サイト:
https://careerstart.co.jp/

4位.ハローナビ|自己PRや学チカに役立つ独自診断ツールが好評

ハローナビ

ハローナビ就活』は、少人数の座談会スタイルで採用担当者と交流できるイベント型の就活エージェントです。

自己分析に役立つ『可能性診断・ポートフォリオ作成ツール』も魅力の一つ。

これは、経歴や性格をデータで分析し、ポートフォリオを自動で作成できるというもの。自分では気づかなかった強みやアピールポイントが明らかになり、実際に利用者からは「自己PRや学チカに役立った」と好評でした。

「ESをどう書けば良いか分からない」「直接企業の担当者と話がしたい」という方におすすめです。

公式サイト:
https://haloonavi.com/

3.テキスト型のES添削サービスおすすめ3選

本章では、「テキスト型」のES添削サービスを3つ紹介します。

それぞれ詳しく紹介します。

ES添削.me|プロがあなたのエントリーシートを添削

ES添削.me

ES添削.me』は、株式会社LIMHAUSが運営している無料ES添削サービスです。

企業名とエントリーシートの設問、回答を書いて添削依頼をすると、最大でも3営業日以内に返信がくる点がおすすめポイントでしょう。

また、わからないことがあればチャット形式で質問をすることも可能なので、ESの締め切り間近で「今すぐ添削して欲しい人」は、是非以下から登録してみてください。

ES添削.me公式サイト:
https://es.tensaku.me/

ES添削カメラ|カンタン!カメラで撮って提出するだけ!

ES添削カメラ

ES添削カメラ』は、株式会社ベネッセi-キャリアが運営しているdoda新卒エージェントのES添削サービスです。

カメラでESを撮って送るだけで、就活のプロがESを添削してくれます。

人事が見る評価基準でESを評価してくれるので、改善ポイントがすぐにわかり、ESの通過率を上げることが可能でしょう。

ES添削カメラ公式サイト:
https://doda-student.jp/

就活SWOT|誤字脱字を自動で検知

就活SWOT

就活SWOT」は、自動でESを添削してくれるサービスです。

自動なので内容の精査はできませんが、誤字脱字や文字数超過などを防ぐことができます。

担当者などがつく訳ではないので、きちんとしたES添削目当てなら避けたほうが良いですが、人に添削してもらう前に、最低限直せる部分を直しておきたい時に利用したいサービスです。

就活SWOT公式サイト:
https://swot.jp/

4.ES(エントリーシート)添削時によくある質問

この章ではES(エントリーシート)添削時によくある質問に対して回答していきます。

Q1.有料でいいので、より本格的なES添削がしたいです。

有料サービスなら、「INTERNGATE」がおすすめです。

5,000人以上の添削実績があるサービスで、採用側の視点で選考通過率を高めるES作成をサポートしてくれます。

料金は1社:8,000円~と高額ですが、全体の内容はもちろん、文章表現など細かい部分も一文ずつ丁寧に添削してくれます。

そのため「第一希望の会社のESなど「この会社は絶対に面接に臨みたい」という企業に絞って依頼するのが賢明です。

【料金表】

エントリーシートの1設問のみ添削コース1設問のみ添削 5,000円(税別)
1社分のエントリーシート添削(OpenES含む)コース1社 8,000円(税別)
3社分のエントリーシート添削コース3社 24,000円(税別)
5社分のエントリーシート添削コース5社 38,000円(税別)
10社分のエントリーシート添削コース10社 77,000円(税別)
2営業日内返送【特急添削】※土日祝除く1設問のみ添削コース +5,000円
他コース1社につき +5,000円(税別)

Q2. ESの完成度を上げるコツを教えてください。

ESは、必ず結論から簡潔に書くようにしましょう。

1文目で結論を述べると、的確に伝わります。

学生時代に最も力を入れたこと

OK
学園祭の実行委員として、イベント部長を務めたことです(結論)。アーティストライブ・お笑いライブ開催に向けて芸能事務所との連携から当日の舞台設営まで担当しました(詳細)。

→明快で分かりやすい

NG
学園祭にアーティストやお笑い芸人を呼ぶことになり、無事に開催するまでの手続きなどを担当するイベント部長という役職があるのですが、その役職が最も力を入れたことです。

→何が言いたいのか分かりづらい

仕事では、会話でのコミュニケーション力と同じくらい、文章でのコミュニケーション力も求められます。

結論ファーストで明快な文章を書くというのは、意外とできていない人も多いので、ここを意識するだけでもESの完成度がグッと高まりますよ。

Q3. 自己分析をどうすればいいのかわかりません

自己分析ツールを活用するのがおすすめです

自己分析ツールは様々なものがありますが、先ほど紹介したハローナビの「ハローナビ就活・適職診断」がおすすめです。

ハローナビ就活・適職診断とは

ハローナビ就活・適職診断

ハローナビ就活・適職診断とは、学生のこれまでの履歴や性格的傾向から強みと弱みを問診した上で、就職活動用のポートフォリオを作成できるシステムです。

学生の「潜在的に持ちうる長所・短所」を明らかにし、その長所に基づいて適職を発見することが可能となります。

一部有料ではありますが、 ハローナビで面談すると、全て無料で利用することが可能です。

ハローナビ就活・適職診断はこちらから:
https://haloonavi.com/

Q4. ガクチカや自己PRで書くべきエピソードが分かりません

結論、思いつくエピソードは全ていったんメモしておき、ES添削時にどれを使うかのアドバイスをもらいましょう。

というのも、選考の後押しになるエピソードは、実は応募企業によって様々だからです。

「これは使えないよな」と思っていたエピソードが、実は有効だったりすることもあります。

特に、業種によってアピールすべきポイントが異なる場合も多いため、エピソードを複数用意しておいて、どれを使うべきか選んでもらいましょう。

一つ、エピソードの伝え方ポイントとして、「具体的に書く」を意識すると良いです。

数字を使って「毎日◯時間練習した」「前年比◯%」など、努力の具合や成果の大きさを示すと、そのエピソードがグッと伝わりやすくなりますよ。

さいごに

ES添削無料のおすすめサービスについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

文面だけでES添削してもらうのもいいですが、基本的には面接まで見通したアドバイスが貰える「エージェント型」をおすすめしています。

以上で紹介したサービスは、オンラインでの相談も受け付けていますので、是非一度登録して、ES添削をお願いしてみましょう。

ただ、ESの締め切り間近で、「ESの構成や誤字脱字などの確認を今すぐして欲しい」という方には、以下の「テキスト型ES添削サービス」に添削をお願いしましょう。

あなたのES通過率が格段に上がり、納得した就活を行えることを願っております。