キャリセン就活エージェントの評判は?|プロが口コミからメリット・デメリットを徹底検証!

キャリセン 就活エージェント

就活生の中には、

「キャリセンってどんな就活エージェントなの?」
「口コミ・評判はどうなの?」

と気になっている人も多いはずです。

キャリセン就活エージェントは、企業向け採用コンサル歴10年を誇り、現在累計6万人以上の方から利用されている業界屈指の就活エージェントです。

ところが実際に利用者の声を見てみると、利用に関して賛否両論見られます。

とはいえ、ネット上にあるキャリセン就活エージェントの評判記事は「素人」が片手間に書いた誤りを含む情報が多いので、鵜呑みにしてしまっては危険です。

そこでこの記事では、長年キャリアコンサルタントを務めている私が以下の点を詳しく解説をしていきます。

この記事を読んで理解できること

  • キャリセンがおすすめな人
  • キャリセンのメリット・デメリット
  • キャリセンを効果的に利用するためのポイント
  • キャリセンに関する疑問

(目次)

  1. キャリセン就活エージェントの総評|他エージェントと比較して
  2. 【結論】キャリセン就活エージェントがおすすめな人
  3. キャリセン就活エージェントのメリットと評判・口コミ
  4. キャリセン就活エージェントのデメリットと評判・口コミ
  5. キャリセン就活エージェントと併用すべき就活エージェント4選
  6. 【図解】就活エージェント利用の流れ
  7. 『キャリセン就活エージェント』をより効果的に利用するためのポイント5選
  8. 【FAQ】キャリセン就活エージェントに関するよくある疑問と回答

このページを読めば、キャリセンがどんな評判なのか、実際に使うべきかどうかわかります。

1.キャリセン就活エージェントの総評|他エージェントと比較して

キャリセン

キャリセン』とは、株式会社シンクトワイスが運営する就職活動サービスです。

他社と比較して、キャリセンは何年間も企業と直接対峙してきた採用コンサルタントが多く在籍している点が特徴的です。

また、紹介実績数1,000社以上、利用者数6万人の実績を持っている就職エージェントなので、就活の際には登録しておきたい一社であると言えます。

実際、合計100名の利用者に対して行ったキャリセンの評価に関するアンケートの結果、キャリセン』は総合評価5位と、高評価でした。

 総合順位コメント
総合評価5位情報力、参画企業の豪華さ、サポート体制の充実度から
登録しておきたい一社
求人の質・量5位参画企業が豪華、中堅企業・ベンチャーが多め
情報力2位企業の採用担当とつながりを持っているので、
通常では手に入らない企業の情報を教えてくれる
サポート体制4位個別内定サポートにより、内定獲得率が5.4倍アップ
【2020年度年間実績】

キャリセン』は、企業向け採用コンサルタントとしてのノウハウとネットワークを駆使し、通常では公開されていない情報を教えてくれることで有名であり、就活生からの満足度も非常に高いサービスです。

30秒ほどで無料相談の予約が可能なので、就活に少しでも迷いがある方は、一度登録して担当者に悩みを打ち明けてみましょう。

キャリセン公式サイト:
https://careecen-shukatsu-agent.com/

2.【結論】キャリセン就活エージェントがおすすめな人

結論から言うと、できるだけ早く優良企業の内定を獲得したい方は『キャリセン』に必ず登録するべきです。特に以下の項目に当てはまる人には大変おすすめです。

  • 福利厚生が整った企業の内定が欲しい人
  • 早めに内定を獲得して就活を終わらせたい人
  • 都内(東京)在住の人

というのも、キャリセンには以下のようなメリットとデメリットがあるからです。

メリット
  • 厳選されたホワイト企業を紹介してくれる
  • 無料の個別面談サポートがある
  • 業界・学歴別に内定者の自己PR・ESを見ることができる
  • 選考後に手厚いフィードバックを受けることができる
  • マッチングイベントを開催している
デメリット
  • 大手企業の紹介が少ない
  • 面談場所のほとんどが都内(東京)である

ネット上には様々な口コミがありますが、『キャリセン』は、全ての就活生におすすめの就活エージェントなので、ぜひ一度登録を検討してみてください。

3.キャリセン就活エージェントのメリットと評判・口コミ

口コミを分析すると、メリットは大きく下記5点でした。

口コミを実際に用いながら説明していきます。

3-1.厳選されたホワイト企業を紹介してくれる

キャリセン

※出典:キャリセン 公式HP

キャリセン』には、キャリアスカウトと呼ばれる一部の学生に向けて行われるスカウト制度が存在します。

このキャリアスカウトでは、3年以内離職率が低いホワイト企業に厳選して、紹介する面談会を実施しています。

また、「3年以内離職率」を指標に就活エージェントが企業を厳選することで、安心して就活に望むことができるでしょう。

『キャリセン』を利用している企業の例は以下の通りです。

キャリセン

※出典:キャリセン 公式HP

上記以外にもキャリセンは、数多くの大手人気企業と取引実績があり、信頼力があるエージェントですので、一度登録してみて損はないでしょう。

また、キャリセンしか持ち合わせていない『非公開求人』を紹介して貰えるよう頼んでみることもおすすめです。

キャリセンの企業紹介について以下のようなコメントが見られました。

就活サイトに掲載のない企業も紹介してくれた

口コミ・評判

匿名
ひとりで就活をしているとどうしても企業選択はマイナビやリクナビなどの就職サイトを利用するばかりになってしまいますが、就活エージェントでは就職サイトには掲載のない企業も紹介していただけますし、本当に自分に合った企業をプロの視点で紹介してもらえることはエージェントならではの良さだと思います。

※出典:キャリセン 公式HP インタビュー

企業の良い点、悪い点の双方を知ることができた

口コミ・評判

匿名
就活エージェントの横田さんからは、企業のホームページに記載されていることだけでなく、いろいろな情報を教えていただきました
就職サイトを利用しての選考に比べ、企業の良い点、悪い点の双方を知ることができたのは、自分ひとりでは知ることができなかった情報を含め企業研究という点でとても大きかったと思います。

※出典:キャリセン 公式HP インタビュー

紹介する企業のレベルが高い

口コミ・評判

匿名
5月末より利用。各選考の迅速な連絡、対策面談等、丁寧に対応していただき、無事7月内定に繋がった。紹介していただいた企業はどれもレベルの高いものばかりで、純粋に面接力がついたように思う。(以下省略)

※出典:GoogleMap

上記の口コミからも、キャリセン最大の強みが採用コンサルタントのネットワークから、他サイトにはない企業を紹介してくれる点であるとわかるでしょう。

このことから、自身に合った求人をできるだけ多く紹介して欲しい方は、登録必須のサービスであると言えます。

3-2.無料の個別面談サポートがある

キャリセン

※出典:キャリセン 公式HP

キャリセン』には、個別内定サポート(個別面談)と呼ばれる無料の就活支援サービスがあります。

具体的には、元人事担当者や有名なキャリアコンサルタントと1時間ほどマンツーマンの就活相談を実施するサービスです。

単に就活時の悩み相談だけでなく、就活生に合った企業の紹介も行っており、2020年度実績では内定獲得率5.4倍を誇っています。

補足:新型コロナウイルスへの対応策

キャリセン

※出典:キャリセン 公式HP

現在でも個別面談は実施していますが、最低限の衛生管理をしていない場合、面談を断られる可能性があるので注意しましょう。

3-3.業界・学歴別に内定者の自己PRやESを見ることができる

キャリセン

※出典:キャリセン 公式HP

キャリセン』では、就活エージェントに登録することで企業に内定した先輩たちの自己 PRやES(エントリーシート)を見ることができます

実際に内定を獲得した先輩たちのものを参考にし、自分の自己PRやESに足りないものはないかチェックしてみると良いでしょう。

また、自己PRやES以外にも以下のものを見ることができます。

  • 就活歴(他就職サイトを活用した就活実績、キャリセンを活用した就活実績)
  • 就活で悩んでいた課題
  • キャリセンを利用して変わったこと
  • キャリセンのよかった点
  • 内定先を選んだ理由
  • 就活生へのアドバイス

3-4.選考後に手厚いフィードバックを受けることができる

キャリセン』では、紹介企業の面接選考におけるフィードバックを合否問わずもらうことが可能です

企業が評価したポイント」を詳しく知ることで、自分の強みや弱み、改善点を把握でき、次回の選考に活かすことができます。

つまり、キャリセンのフィードバックを受ける度に、自己成長を続けることが可能です。

また、面接前であっても企業研究や面接対策のアドバイスも行ってくれるので積極的に利用していきましょう。

キャリセンのフィードバックについて以下のような口コミがありました。

フィードバックを重ねるうちに、自分の中に1本筋を通すことができた

口コミ・評判

匿名
キャリセン就活エージェントからご紹介いただいた企業の面接を受けたあとに、○○さんと面接のフィードバックをさせてもらい、その毎回フィードバックを重ねるうちに、自分のなりたいビジョンやこういう性格だからこう考えるなどと1本筋を通すことができたんです

※出典:キャリセン 公式HP インタビュー

面接官を通した自分の印象を知ることができた

口コミ・評判

匿名
面接後のフィードバックで、面接官を通した自分の印象について教えてもらえたので、それらを参考に、うまく自分の強みやアピールポイントに変えて次の面接に臨めたと思います

※出典:キャリセン 公式HP インタビュー

このように、キャリセンのフィードバックを重ねていくことで、次の面接でより良い結果を残すことができるはずです。

3-5.マッチングイベントを開催している

キャリセン

※出典:キャリセン 公式HP

キャリセン』では、面談で企業紹介を行うだけでなく、上記のような非公開イベントも随時開催しています。

非公開イベントで出会える企業の特徴としては、以下の6つが挙げられます。

  • 書類選考がない
  • 筆記試験(SPI等)なし、面接のみ
  • 選考回数は1〜2回
  • 海外展開もある優良企業
  • 社員数1,000人以上の東証一部上場企業
  • 大手グループ企業、安定度抜群の企業(医療福祉系)

上記の特徴から、「就活を早く終わらせたい」「優良企業を探している」という方にはおすすめのイベントです。

また、すでに他社から内定を頂いている方でも、自分に合う企業が他に見つかる可能性があるので参加してみることを勧めます。

ただ、2020年11月現在、イベントが開催されているのかどうか確認できなかったので、気になる方は担当のエージェントに尋ねてみてください。

ここで、実際にキャリセンのイベントに参加した方の口コミを見てみましょう。

約2週間という短い期間で内定を獲得した

口コミ・評判

匿名

とある企業の説明会がきっかけで利用することになりました。

密な面談と細やかなフォローしていただき、自分に大変自信が持て堂々と面接に臨めました

お陰様で約二週間という短期間の中で本当に納得のいく内定をいただけたのもシンクトワイスさんのおかげです。

※出典:GoogleMap

以上のように、『キャリセン』は他サイトにはない強みを持っているサービスを展開しています。

ただ、全てのサービスが素晴らしいという訳ではなく、一部の方からは納得がいかないと言う声も挙げられています。

そのため、次の章では、口コミを元に判明したデメリットを紹介します。

4.キャリセン就活エージェントのデメリットと評判・口コミ

口コミを分析すると、デメリットは大きく分けて以下の2点です。

それぞれ実際の口コミを用いながら解説します。

4-1.大手企業の紹介が少ない

キャリセンは、リクナビやマイナビなどの大手就活エージェントと比較すると、大手企業の紹介が少なくなっています

中でも「大手グループ企業」「中堅企業」「ベンチャー企業」の紹介が大半です。

そのため、初めから大手志向の人にはおすすめしません。

キャリセンの企業紹介について以下のコメントを紹介します。

中小企業ばかりを薦めてくる

口コミ・評判

匿名
ベンチャーを希望したが中小ばかりを薦めくてる。恐らくノルマがあるんでしょうね。
利用をやめたら就活うまくいきました。

※出典:GoogleMap

大手志向は相手にされない

口コミ・評判

匿名
私は大手に行きたくて、企業を紹介して欲しいというよりは就活相談に乗って欲しいと思って伺ったのですが、大手志向を曲げられないとわかったらあなたみたいな人を応援したいと思えないとあちらから切られました

※出典:GoogleMap

以上から、キャリセンでは社員満足度が高い中小企業などの紹介は多いものの、知名度の高い大手企業の紹介は少ないとわかるでしょう。

4-2.面談の場所がほとんど都内(東京)である

基本的に、キャリセンの面談やイベントは東京で開催されます

そのため、地方在住の学生はどうしても交通費や宿泊費などの出費が増えるでしょう。

以上紹介した2つのデメリットを防ぐために、就活エージェントには、複数登録しておくことがおすすめします。

なぜなら、併用することで以下のようなメリットがあるからです。

就活エージェントを併用するメリット

  • 最適なキャリアコンサルタントを選べる
  • 用途によってエージェントを使い分けられる
  • 独占案件をカバーできる

実際、併用先の就活エージェントで自分に最適なキャリアコンサルタント・案件を見つけて、就活を成功させた方も多いです

ですので、次章からは、キャリセンと併せて利用してほしい就活エージェントを順にご紹介していきます。

5.キャリセン就活エージェントと併用すべき就活エージェント4選

キャリセン』を活用する人が併用すべき就活エージェントをご紹介します。

下記4社から、追加で1〜2社ほど利用すれば万全です。

それでは、以下で詳しくご紹介していきます。

5-1.キャリアチケット|年間1万人以上が相談するNo.1就活エージェント

キャリアチケット』は、レバレジーズ株式会社運営の、年間1万人以上の就活生が利用するNo.1就活サポートサービスです。

オリコン顧客満足度(R)調査 「新卒エージェントランキング」では、リクナビ就職エージェント・マイナビ新卒紹介を抜き、総合満足度堂々第1位を獲得しました。

他社と比較して、『量より質』を意識した質の良いサービスが高い評判を得ており、「これからの就職活動に不安がある全ての就活生」におすすめできるサービスです。

全国7拠点での対面相談に加えて、LINE相談も受け付けていますので、少しでも興味のある方は、以下から気軽に相談してみましょう。

キャリアチケット公式サイト:
https://careerticket.jp/

5-2.MeetsCompany|本当に自分に合った企業に出会える就活イベント

MeetsCompany(ミーツカンパニー)』とは、株式会社DYMが運営している内定直結イベントです。

説明会と選考会を兼ねた内容で、最初に参加企業(8社)が会社説明をし、就活生同士でグループワークを行い、その後、企業の人事と座談会を行います。

イベントでは、東証一部上場企業から新進気鋭のベンチャー企業まで、自分に合った様々な企業に出会うことができます。

イベント参加後は、業界知識豊富なリクルーターが内定を徹底サポートしてくれるので、就活の際には必ず登録しておきたい一社と言えます。

MeetsCompany公式サイト:
https://www.meetscompany.jp/

5-3.ハローナビ|面接までのスピード感と独自診断ツールが好評

ハローナビ』は、アイハーツ株式会社が提供している新卒学生向けの無料就職エージェントサービスです。

「採用担当者と座談形式で気軽に質問できる」「書類選考なく面接可能」といったサービス特徴が就活生から非常に好評です。

また、面談予約後に受けられる「可能性診断・ポートフォリオ作成ツール」により、自己PRや学チカにとても役立った、との声も多いです。

担当アドバイザーのサポートも手厚く、至れり尽くせりの就職エージェントなので、ぜひ一度登録を検討してみてください。

ハローナビ公式サイト:
https://haloonavi.com/

5-4.リクナビ就職エージェント|企業利用数No.1!学生利用数もNo.1!

 

リクナビ就職エージェント』は、リクルートが運営している就活エージェントサービスで、非常に手厚いサポートが強みです。

登録すると、コンサルタントとの面談があり、志望している業界・職種や志向・価値観に沿って最適な企業を紹介してくれます。

取り扱っている企業の数も幅広く、面接・書類対策などのサポート体制が充実しているため、ぜひ登録しておくことをおすすめします

リクナビ就職エージェント公式サイト:
https://job.rikunabi.com/agent/

6.【図解】就活エージェント利用の流れ

上記にて、あなたが使うべき就活エージェント、使う際のコツなどをお伝えしてきました。

この章では、実際に就活エージェントに登録した場合のサービスの流れについて解説します。

特に準備は必要とせず、気軽に身をゆだねれば良いのですが、サイトを初めて使う方は不安も多いかと思いますので、登録後何が起こるのかをざっくり把握しておきましょう。

Step 1. 登録する

それぞれの公式ページから登録を行います。

また、登録する際は、就活エージェントのサービスなのかどうかを確認するようにしてください

Step 2. 電話がかかってくる

登録すると、就活エージェントから数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

準備などをする必要は全くありませんが、ざっくり下記のようなことを聞かれます。

  • 希望する職種や業界は?
  • 希望年収は?

10分ほどの最低限のヒアリングを受けた後、キャリアカウンセリングのアポイント調整を行います。

Step 3. キャリアカウンセリング

電話もしくは対面でカウンセリングを受けることが可能です。

初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • PRポイントの整理
  • 志望している業界・職種
  • どういう軸で就活をするか

キャリアカウンセリングで気づくことも多く、なるべく多くのコンサルタントに意見をもらえば、考えがまとまっていき、後悔ない就職をすることができるでしょう。

Step 4. 求人紹介を受ける

あなたの希望に合いそうな企業を3~10件ほど紹介してもらいます。

思ってもないような大手もあれば、今まで知ることのなかった魅力的な施設もあるでしょう。

それぞれの就活エージェントしか扱っていない独占求人もありますので、複数社のサイトから求人紹介を受けることを推奨します

Step 5. ES(エントリーシート)の添削

応募する企業を決めたら、ES(エントリーシート)などの選考書類を添削してもらいます。

場合によってはこのためだけに面談を設定してくれたり、何度も書き直しを行ったりしてくれます。

最高のESをコンサルタントと一緒に作り上げていきましょう。

Step 6. 応募する

選考書類が完成したら、コンサルタントが最後に推薦文を添えて企業に応募します。

自分ではなかなか伝えられないあなたの魅力を、コンサルタントが企業に伝えてくれます。

就活エージェントを使って自力で応募すると、推薦文はもちろん誰も書いてくれませんし、企業への手続きも全部自分でしなければならないため、それに比べるとエージェント経由は圧倒的に有利です。

Step 7. 面接対策を受ける

応募している施設の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか、今持っているスキルのなかで何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスを貰います。

あなたが希望すれば模擬面接を実施してもらえるケースも多いです。

Step 8. 企業との面接を行う

面接の日時設定はコンサルタントが全て行ってくれます。

対策してもらったことをフル活用して、力を出し切りましょう。

面接に落ちてしまった場合には、コンサルタントが人事担当者からフィードバックを受けているため、次の面接に生かすことができます。

Step 9. 内定・入社までのサポート

内定が出た後は、企業にもよりますが、コンサルタントが入社するまでのサポートを行ってくれます。

ビジネスマナーや、仕事観など、社会に出るにあたって重要なことを教えてもらえます。

7.キャリセン就活エージェントをより効果的に利用するためのポイント5選

この章では、『キャリセン』をより効果的に利用するためのポイントを5つお伝えします。

いい就活エージェントを選んでも、上手に使えなければ意味がないので必ずチェックしましょう。

7-1. 2週間に1回くらい連絡を入れておく

就活エージェントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最終接触日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに就活を終えた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。

そのため、1~2週間に一度は連絡を入れておくようにしましょう。

7-2. 担当コンサルタントをシビアな目でみる

担当コンサルタントに情をうつしてはいけません。

担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面

いつも大変お世話になっております。現在就職の支援をして頂いている○○と申します。現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

初めての就職活動で不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、他のコンサルタントの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

7-3. ガクチカやスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

コンサルタントでよく話題にあがるのが、「登録情報と言ってることが違うよ・・・」という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされますので、必ず正しい情報を登録するようにしましょう。

7-4. 推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当コンサルタントはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではないコンサルタントの場合は経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

7-5. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

数社の就活エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のコンサルタントから応募しないようにしましょう。

企業から「他の就活エージェントからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

企業・担当コンサルタント両者に不信感を与え、場合によっては破談となります。

8.【FAQ】キャリセン就活エージェントに関するよくある疑問と回答

キャリセン』に関してよくある疑問をQ&A形式にしてまとめました。

Q-1.キャリセンの登録は簡単ですか?

キャリセン

とても簡単です。

以下の順で、1〜2分あれば終わります。

  1. 上の画像をクリックし、「相談無料 かんたん来社予約」ボタンをクリック
  2. 名前や年齢、大学名、電話番号などの必須事項を全て入力する(1分ほど)
  3. 記入が完了したら、利用規約に目を通し、済んだら「申し込み」ボタンをクリック
  4. アドバイザーからの連絡を待つ

キャリセンに興味のある方は、以下の画像をクリックし、登録してみましょう。

Q-2.登録するのにお金はかかりますか?

無料』で利用できます。

かつ、無料で以下のようなサービスを受けることができます。

  • 面倒な手続きをすべて代行してくれる
  • あなたのPRポイントを整理できる
  • 過去データから万全な面接対策をしてくれる
  • あなたに合った非公開求人を探してきてくれる
  • あなたのことを営業してくれるため、他の候補者より有利になる

この5つのサービスを受けられるだけでも他の学生と大きく差をつけることができるので、非常におすすめです。

Q-3.応募を急かされた場合はどうしたらいいですか?

キャリセン』の担当者の中には、就職を急かしてくる人もいるようです。

その場合は、「この求人のここがイヤです」と理由をしっかり話して断るようにしましょう。

それで求人を紹介されなくなるようなら、担当者変更を申し出るか、見限って他の就活エージェントに切り替えるようにしましょう。

就職は人生でも重要なイベントですから、後悔しないようによく考えて応募するようにしましょう。

Q-4.キャリセンに断られた場合はどうしたらいいですか?

基本的に『キャリセン』はほとんどの人が利用できますが、ごく稀に就職支援が難しいという理由で断られたり、希望に合う求人がないと言われることもあります。

そのような場合、次の2つの対処法を実践すると良いです。

  • 条件を変えて再挑戦する
  • 他の就活エージェントに登録する

条件を変えて再挑戦することも可能ですが、就活エージェントによって強みとしている部分は異なりますので、断られてしまった場合は、他のサイトを当たってみることをおすすめします。

Q-5.キャリセンの会社情報は?

一般的に就活エージェントには「総合型就活エージェント」と「特化型就活エージェント」の2種類が存在します。

キャリセンの運営会社である株式会社シンクトワイス社は、特化型就活エージェントに当たります。

そのため、業界特有の知識を持ち、業界特有の面接対策を丁寧に行ってくれる点が特徴的です。

補足:
就活エージェントの種類についてもっと詳しく知りたいという方は、「新卒・就活エージェントとは?口コミからわかる全メリットデメリット」で紹介しているのでぜひご覧ください。

キャリセンの会社情報は以下の通りになります。

【会社情報】
社名株式会社シンクトワイス
設立2009年3月4日
資本金52,590,000円(資本準備金含む)
代表取締役猪俣 知明
認定有料職業紹介 許可番号:13-ユ-304077
事業内容新卒紹介事業

就職支援事業

採用コンサルティング事業

住所本社:東京都港区赤坂4-8-14赤坂坂東ビルディング5F

大阪営業所:大阪市中央区淡路町3-5-13 創建御堂筋ビル2F

公式ページhttps://www.thinktwice.co.jp/

まとめ.

キャリセン就活エージェントについて、特徴や使うべき人などを解説して来ましたが、いかがでしたか?

他の就職エージェントと比較して採用コンサルティング事業に力を入れていることから、採用実績やカウンセリングスキルが高いことが伺えます。

企業向け採用コンサルタントならではのネットワークを駆使し、あなたを内定までサポートしてくれるおすすめサービスなので、悩みがある方はぜひ登録してみてください。

キャリセン就活エージェント公式サイト:
https://careecen-shukatsu-agent.com/

ただ、就活エージェントにがそれぞれ得意分野が異なっているので、以下の4サイトもリクナビ就職エージェントと併用して登録してみることをおすすめしています。

このページを参考に、あなたの就職活動がいいものになることを心から祈っています。