もう悩まない!「仕事に行くのが怖い」毎日を今すぐ抜け出す11の方法

  • 「毎朝、仕事に行くのが怖い」
  • 「会社に行かなければと分かっているのに、体が動かない」

と悩みを抱えていませんか?

仕事・会社に対して恐怖心を抱いている方は、精神的に不安定な状態にあることが予想されます。

この状態を放置しておくと、心身に重大な悪影響を及ぼしかねないため、非常に危険です。

原因を明らかにして、適切に対処する必要があります。

そこでこの記事では、キャリアコンサルタントとして多くの仕事の悩みを解決してきた私が、「仕事に行くのが怖い」毎日を今すぐ抜け出す方法について解説していきます。

(目次)

  1. 仕事に行くのが怖いあなたが真っ先にやるべき2つのこと
  2. 仕事に行くのが怖いと感じる原因【職場の人間関係が鍵】
  3. 仕事への恐怖心を和らげる6つの考え方
  4. 仕事への恐怖心を解消する具体的な5つの行動
  5. 活き活きと働ける職場を探すなら、登録しておきたい転職エージェント
  6. 仕事を円満に辞めるための手順

すべて読めば、人間関係・仕事の憂鬱さから解放され、明るい気持ちで日々を過ごせるようになるでしょう。

1.仕事に行くのが怖いあなたが真っ先にやるべき2つのこと

「仕事に行くのが怖い」「どうしても体が動かない」という方は、まず以下の2つのことを行ってください。

  1. 逃げ道があるということを意識する
  2. 仕事に行くのが怖い原因を明らかにする

それぞれ詳しく解説します。

1-1.逃げ道があるということを意識する

今の仕事・職場以外に、逃げ道はいくらでもあるということを、まずは意識してください。

無理をして、今の環境に身を置き続ける必要は一切ありません。

問題のある職場で働いている方が、仕事に対して拒絶反応を起こしてしまうことは、不自然なことではないでしょう。

言うまでもなく、それは決して甘えやわがままではありません。

心身に強烈な影響があるほど追い詰められる環境からは、逃げても良く、むしろ早々に逃げるべきである、ということをまずは意識してください。

(1). 強迫観念は最大の敵

「一度入社したらすぐに辞めてはいけない」「なんとしても結果を出さなければならない」といった強迫観念は、逃げ道をふさいでしまう原因です。

特に、真面目な人や責任感のある人ほど、自分を追い詰めてしまいやすい傾向にあります。

また、「いま会社を辞めても、どうせ転職などできない」といった強い思い込みも、必要以上に自分を追い詰める原因です。

「一度始めたことは投げ出してはいけない」という考え方が根強く、転職自体を悪いことと捉えてしまっている方も少なくありません。

精神的に追い詰められてしまっている方は、まず「逃げてはいけない」という思い込みを一度取り払うことが何より大切です。

(2).体調に異変が現れるならば、病気・うつの危険信号の可能性がある

精神的なつらさが、体調面の異変として現れるのならば、それはメンタルの危険信号かもしれません。

メンタルの危険信号となる体の異変

  • 朝起きると吐き気がする
  • 足が動かない
  • 明日の仕事が頭をよぎり、夜眠れない
  • 理由もなく涙が出る

このような体調の異変が見られる方は、精神的な病気・うつなどの可能性もあります。

このような状態のまま、無理をして働き続けるのは非常に危険です。

メンタルヘルスが悪化してしまえば、会社を辞めざるを得なくなったり、再就職が難しくなったりと、あなたの人生・キャリアにマイナスな影響を与えます。

「仕事に行くのが怖い」という気持ちが体に現れる方は、かなり限界が近いということを自覚し、対処を先延ばししないように心がけましょう。

1-2.仕事に行くのが怖い原因を明らかにする

「仕事に行くのが怖いが、どうしたらいいか分からない」という方は、なぜ仕事・会社に対して恐怖心を抱いているのか、その原因を突き止めることからはじめましょう。

あなたの心と体、そして今後の人生において、漠然とした不安に駆られている状態は望ましくありません。

精神的に追い詰められた状態が続けば、徐々にメンタルへのダメージは蓄積していきます。

原因が明らかになれば、それに合わせて具体的な対策を講じることができます。

次の章では、仕事に行くのが怖いと感じる原因を5つに分類してまとめました。

自分の悩みの原因がどれにあてはまるのか、一度確認してみてください。

2.仕事に行くのが怖いと感じる原因【職場の人間関係が鍵】

仕事に行くのが怖いと感じるようになってしまう原因を、以下に分類しました。

いずれも、根底には、人間関係の問題が潜んでいることが多いようです。

  1. 職場に自分の居場所がない
  2. 仕事ができない・ミスを連発してしまう
  3. 上司からの叱責が怖い・パワハラを受けている
  4. 激務で残業が多く、仕事が終わらない
  5. 責任・プレッシャーが重い

それでは、詳しく見ていきましょう。

2-1. 職場に自分の居場所がない

「職場自分の居場所がない」と感じられる場合、会社に行くことに拒絶反応を起こしてしまうのも無理はありません。

気軽に話せる人がいない、あるいは邪険に扱われているといった空間で一日の大半を過ごすのは、相当な苦痛となるはずです。

不当にのけ者にされたり、意図的に無視されたりするような、劣悪な環境であればなおさらでしょう。

ほとんどの仕事は、複数人で協力して進めていくものです。

人間関係がうまく構築できていなければ、仕事そのものが上手くいきません。

自己肯定感を失ったり、邪魔者扱いされたりして、ますます自分の居場所がないを感じる人もいるでしょう。

2-2. 仕事ができない・ミスを連発してしまう

仕事がうまくいかないことが原因で、仕事そのものに嫌気がさすケースです。

業務でミスを連発してしまい、自己嫌悪に陥っている方も少なくないでしょう。

人間関係が良好な職場であれば、多少のミスもカバーし合い、前向きに切り替えられるものです。

しかし、少しのミスでも強く叱責されたり、嫌味を言われたりする環境の場合、過度な重圧で身を知事困らせてしまい、余計なミスを生んでしまう、といった悪循環に陥ってしまっていることも考えられます。

2-3.上司からの叱責が怖い・パワハラを受けている

絶対的な上下関係にある上司との人間関係に悩み、仕事そのものが怖く感じられるケースです。

ミスや失敗は仕事をするうえで付き物です。

その際注意や指導を的確に実施してくれる上司であれば、そのミスは成長の糧となるでしょう。

しかし、それらの範疇を超えた「罵倒」や「叱責」を繰り返される場合、精神的に消耗し、萎縮してしまうようになります。

感情的に怒鳴る、人格否定をするといった、いわゆる「パワハラ」が横行している可能性も否定できません。

上司の目に怯えながら行う仕事に、やりがいや楽しさを見いだすことは難しいでしょう。

次第に会社に出社することそのものに拒絶反応を起こすようになってしまうのです。

2-4.激務で残業が多く、仕事が終わらない

職場の労働環境の悪さから、次第に仕事への意欲が削がれてくるケースです。

労働環境が悪い職場の例

  • 自分ひとりでは到底不可能な量のタスクを押し付けられている
  • 残業するのが当たり前という空気が蔓延している
  • いくら働いても残業代が支給されない

特に、残業が続いたり、どれだけ頑張っても仕事が終わらなかったりする場合、体力的な負担が大きくなります。

疲れが取れず、やがてメンタル面へと影響することもあるでしょう。

「平日は帰って寝るだけ」「土日も外出する気分にならない」など、自分の時間を取ることができないと、気持ちをリフレッシュさせることができず、ストレスばかりが蓄積されていきます。

2-5.責任・プレッシャーが重い

責任・プレッシャーに耐えかねて、仕事に行くのが怖く感じられるケースです。

常に高レベルのプレッシャーを感じている状態は、心身ともにストレスを与えます。

その結果、無意識下で防衛機制(苦痛に直面した際、不安やストレスを減弱させる心理的なメカニズム)が働き、得体のしれない恐怖心を抱くようになるのです。

特に真面目な人、仕事に一生懸命に取り組んでいる人ほど、重圧に押しつぶされそうになり、精神を消耗してしまうことがあります。

ここまでのまとめ

ここまでは、仕事に行くのが怖いと感じる原因についてまとめました。

  1. 職場に自分の居場所がない
  2. 仕事ができない・ミスを連発してしまう
  3. 上司からの叱責が怖い・パワハラを受けている
  4. 激務で残業が多く、仕事が終わらない
  5. 責任・プレッシャーが重い

あなたの置かれている状況も、上記のいずれかに該当したのではないでしょうか。

さてそれでは、次の章からは「考え方・物事の捉え方を変える」というアプローチで仕事への恐怖心を和らげる方法を解説していきます。

3.仕事への恐怖心を和らげる6つの考え方

仕事への恐怖心を取り除くためには、考え方・物事の捉え方を変えることからはじめましょう。

今日からすぐに実践できるので、まずは簡単なものから意識してみてください。

  1. 周りからの評価・人の目を気にしない
  2. 自宅では仕事のことを考えない
  3. 恐怖心の原因を正確に把握する
  4. 失敗を学びのチャンスと捉える
  5. 自分を責めすぎない
  6. 仕事がすべてではないと強く意識する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

3-1. 周りからの評価・人の目を気にしない

周囲からの評価や他人の目を気にしすぎないことを意識してください。

職場で孤立していると感じたり、自己肯定感を低下させたりする要因となるからです。

また、周囲の視線を気にしすぎると、気分が萎縮してしまい、余計なミスにつながる恐れもあります。

  • 価値観や捉え方は人によって違って当然
  • 自分と他人を比較しない

と考えることが大切です。

もし仮に上司や同僚からネガティブな言葉を投げかけられたとしても、真に受けず、「そういう考え方もあるな」程度に受け流してください。

他人の評価に振り回されず、目の前の業務に集中することを第一に考えましょう。

3-2. 自宅では仕事のことを考えない

「自宅では、仕事のことを一切考えない」と徹底しましょう。

プライベートの時間であるにも関わらず、仕事のことを思い悩んでいては、気分も晴れません。

リフレッシュできず、ストレスを溜め込むばかりです。

どんな時でも常に仕事・会社のことが頭をよぎってしまうのであれば、

  • 没頭できる趣味を見つける
  • 仕事と関わりのない人と会う

などの方法を試してみてください。

3-3.恐怖心の原因を正確に把握する

自分が何に対して「怖い」といった拒絶反応を起こしているのか、原因を正確に突き止めましょう。

人は捉えようのない漠然としたものに恐怖を感じます。

その一方、恐怖を引き起こすものの正体(原因)を把握できれば、ある程度状況を客観的に見つめられるようになります。

この記事で紹介した「仕事に行くのが怖いと感じる原因」を参考に、自分の置かれている状況を俯瞰で冷静に把握することに努めましょう。

3-4. 失敗を学びのチャンスと捉える

失敗やミスを、学びのチャンスと捉えてみることも大切です。

ミスの原因を突き止め、改善を繰り返すことによって、着実にあなたのスキルは向上していきます。

スキルが身につくに連れて、ミスも減り、成果も上がるようになるでしょう。

一方、ただミスを嘆いたり、後悔したりするばかりで、後ろ向きの姿勢で居続けるのであれば、成長にはつながりません。

目をそらしたくなるような失敗であっても、しっかりと真正面から向き合い、成長の足掛かりとして捉えましょう。

3-5. 自分を責めすぎない

自分を必要以上に責めすぎないことも忘れてはなりません。

自己肯定感の低い人は特に、「自分には能力がない」「ダメな人間だ」とネガティブな思考に陥りやすい傾向にあります。

仕事ができないという悩みを一つとっても、あなた自身に問題があるケースばかりではありません。

むしろ「経験の浅い人をバックアップする職場体制が整っていない」「部下の人間性を否定するような上司がいる」など、職場環境が原因となっているケースも珍しくないのです。

とりわけ「仕事に行くのが怖い」という段階まで陥っている方は、無理に自分を変えようとせずに、環境を変えるという方向性で行動してみることをおすすめします。

つらいときは休むことも大切

精神的な限界が訪れていると感じたら、無理に出社しない方がよいでしょう。

集中力を欠いた状態で業務を行うのは、ミスのもととなります。

またその際も、休んでしまったことに対して、罪悪感を抱く必要は一切ありません。

「休んでしまった」と自分を責めるのではなく、「リフレッシュ(回復)するために必要なことだ」という認識を持ちましょう。

※仕事が休みがちになっていることに罪悪感・悩みを抱えている方は、『仕事を休みがちになる原因と対処法!メンタルの危険信号?退職した方が良い?丁寧に解説』をご覧ください。

3-6. 仕事がすべてではないと強く意識する

仕事は人生のすべてではありません。

そのため、仕事が上手くいかないからといって、自分自身を全否定する必要は一切ないのです。

またそもそも、仕事の評価というのも実に曖昧な指標です。

ある職場では「使えない」とまで叱責されていた人が、違う会社では頼られる存在として活き活きと働ける、ということも珍しくありません。

今いる環境がすべてではなく、逃げ道はいくらでもあるという楽観的な姿勢が重要です。

4. 仕事への恐怖心を解消する具体的な5つの行動

この章では、仕事に行くのが怖いという感情を解消する方法を、「具体的な行動」に焦点を当てて、解説していきます。

  1. 会社以外に自分の居場所を作る
  2. 第三者に話を聞いてもらう
  3. 長期の休みを取る・休職する
  4. 部署異動を申し出る
  5. 環境の良い職場に転職する

実行しやすいものから順に解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

4-1.会社以外に自分の居場所を作る

仕事の苦しさで頭がいっぱいになってしまわないようにするためにも、会社以外に自分の居場所を作ることを心掛けてください。

家族や恋人、友人、趣味のコミュニティなど、心を許せる人や集団が多いに越したことはありません。

仕事の嫌なことを忘れられる時間があれば、気分もリフレッシュできます。

会社以外の人間関係を充実させることで、仕事がすべてではないと実感できるでしょう。

4-2.第三者に話を聞いてもらう

仕事・職場の悩みを第三者に相談することもおすすめです。

ストレスを一人で抱え込んでしまうと、だんだんとネガティブな方向に思考が展開してしまいかねません。

信頼できる友人や家族に話を聞いてもらうだけで、気持ちが楽になることもあります。

会社と関わりのない視点からの、客観的なアドバイスをもらうこともできるでしょう。

カウンセリングを受けるのも有効な対策

本格的にメンタルの不調が感じられるならば、カウンセリングを受けてみるというのも一つの方法です。

専門家であるカウンセラーに話してみることで、気分がすっきりするでしょう。

また、メンタルの状態に合わせて、適切な対処をしてくれるため、精神的に不安定な状態から早期に脱することも期待できます。

4-3. 長期の休みを取る・休職する

思い切って長期の休みを取るのも有効な対策の一つです。

仕事に行くのが怖いという気持ちを抑えて出社をしている場合、心身ともに想像以上に負荷がかかっていることも考えられます。

そのまま無理をし続ければ、やがてある日突然精神的な限界が訪れる可能性もあるでしょう。

特に長時間労働などが続き、体力的にもつらい日が続いているという方は、数日~数週間の休暇を取って、一度リフレッシュする期間を設けることを推奨します。

それでも改善しそうにない場合は、休職手続きを取るという手段も検討してみましょう。

4-4.部署異動を申し出る

本格的に環境を変える手段として、まずは部署の異動願いを出すことを検討してみましょう。

同じ社内でも、部署が変わるだけで、関わる人間関係はまったく違うものになります。

まずは部署の異動が可能かどうか、人事担当者などに相談してみてください。

上司や同僚との関係に疲弊してしまっているという方にとっては、効果的な改善となるでしょう。

4-5.環境の良い職場に転職する

「仕事に行くのが怖い」という状況を根本的に改善するためには、環境を変えることが最も有効な手段です。

前述の通り、仕事に対する拒絶反応は、職場環境・人間関係の問題が根底にあることがほとんどです。

これらを自らの力で改善することは難しいでしょう。

もしも今の職場や労働環境、会社の業務体制、人間関係や社風が自分と合わないのであれば、転職を考えてみることをおすすめします。

「転職にも不安がある」方は、転職のプロに一度相談してみましょう。

転職をすることに不安を感じる方は、まずは転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

転職エージェントとは

一般的な求人サイトと異なり、求職者一人に対してキャリアコンサルタントが担当し、転職活動をサポートしてくれるサービスです。

求人の紹介から、面接対策まで、転職活動を総合的に支援してくれます。

転職エージェントをおすすめする最大の理由は、「転職しようか迷っている」「そもそも自分は転職できるのだろうか」という相談から、丁寧に対応してくれるからです。

数多くの転職の悩みを解決してきた、いわば転職のプロに相談してみることで、仕事を休みがちになっている根本的な原因を突き止められたり、悩みを解消するための具体的な行動を提案してもらえたりするでしょう。

「仕事に行くのが怖い」という感情は、メンタルの危険信号である可能性も考えられます。

精神的に限界を感じているのであれば、心のバランスを崩してしまう前に、転職を行って環境を変えることも視野に入れておきましょう。

5.活き活きと働ける職場を探すなら、登録しておきたい転職エージェント

「仕事がつらいという悩みをずっと抱えている」「次の転職は絶対に失敗したくない」という方に向けて、以下の点を基準におすすめの転職エージェントを厳選しました。

転職エージェントの選定基準

  1. 求人数:求人の数は豊富かどうか
  2. 提案力:求職者にぴったりの提案をしてくれるかどうか
  3. サポート体制:コンサルタントからの手厚いサポートを受けられるかどうか

その結果、おすすめの転職エージェントは以下の通りとなりました。

転職エージェント求人数提案力サポート体制
1位.マイナビエージェント
約15,000件

4.1

4.3
2位.dodaエージェント
約64,000 件

3.9

3.8
3位.リクルートエージェント
約100,000 件

3.6

3.5
4位.パソナキャリア
約27,000 件

3.8

3.9
5位.type転職エージェント

約1万5,500件

3.6

3.6

それぞれ詳しく説明します。

マイナビエージェント | 初めての転職に強く20代実績No.1

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

ただ、コロナによって若年層向けの求人数が大きく減ってしまったことから、口コミ評判もネガティブな内容が増えてきています(2020年12月現在)

そのため、いま利用するならば、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)を優先したほうが賢い選択かもしれません。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

dodaエージェント | 求人の質・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

リクルートエージェント | 求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビエージェント』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

パソナキャリア | サポート充実で満足度No.1

『パソナキャリア』は、手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方に特におすすめです。

運営元のパソナは人材派遣領域で業界最大手の企業であり、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実しています。また、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、サービス内容も多岐にわたります。

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.2」とリクルートエージェントに次ぐ実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの1社です。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

type転職エージェント | 首都圏とIT職種に強い

type』は1994年から運営をしている老舗エージェントで、幅広い年齢・職種のサポート実績がある総合転職エージェントです。

他にも、『type女性の転職エージェント』があり、女性には強くおすすめできます。

サポート範囲は、首都圏のみですが、未経験OKの案件を多く保有しているため、職歴に自信がない方も気軽に相談してみましょう。

公式サイトを見る:
https://type.career-agent.jp

6.仕事を円満に辞めるための手順

人間関係が悪い職場では、仕事を辞めづらいという悩みも抱えやすいものです。

そこでこの章では、会社を円満に辞める際の具体的な手順を簡潔に説明します。

  1. 退職理由は個人的なものにする
  2. 遅くとも1ヶ月前を目途に退職の意思を伝える
  3. 退職交渉ののち、退職願を提出し、引継ぎを行う

それぞれ詳しく見ていきましょう。

6-1.退職理由は個人的なものにする

円満に退職するためには、いかに波風立てずに退職理由を伝えるかが重要なポイントです。

切り出した時、なぜ辞めるのか・辞めた後どうするのかは必ず質問されるでしょう。

基本的には「一身上の都合」でかまいませんが、それでは円満退職から遠のいてしまう場合もあります。

そこで退職理由は、以下のような個人的なものを伝えることがおすすめです。

退職理由の例

  • 家族の都合(親の介護や配偶者の転勤)
  • 体調不良により業務に差し支えるようになった
  • 将来やりたいことができた

決して「会社や人間関係の不満」などは理由として伝えないようにしましょう。

会社への不満を露わにすることで、会社に残る人の心象を悪くしてしまい、円満退職から遠ざかってしまいます。

なるべく嘘をつかない範囲で、「個人的」な理由を考えましょう。

6-2.遅くとも1ヶ月前を目途に退職の意思を伝える

退職の意思は、遅くとも退職の1か月前を目途に伝えることをおすすめします。

なるべく伝える早期に伝えるほど、円満に辞めやすくなります。

きちんと引き継ぎを行ったり、会社が次の人材を確保したりするまで、1か月以上かかることが多いためです。

法律では2週間前に退職を申し出れば辞められると定められていますが、円満退職を目指すのであれば、退職の1か月前までには切り出しましょう。

また、有給を取得したい場合はさらに猶予を持って切り出しましょう。

6-3.退職交渉ののち、退職願を提出し、引継ぎを行う

辞める意思を伝えたら、具体的な退職日などを取り決めていきます。

その後、退職願・退職届を提出し、引継ぎに取り掛かります。

円満退職までの詳しい流れは『誰でも実践できる円満退職の全知識|詳細解説と豊富な図解付』で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

7.さいごに

仕事に行くのが怖いという悩みについて、対策を解説しました。

メンタル面の不調に陥らないためにも、職場の環境を客観的に把握することと、むやみやたらに自分を責めないことが何より重要です。

もしも環境を変えることを考えているのであれば、以下の転職エージェントにまずは相談してみましょう。

あなたの人生がよりよいものになることを願っています。