社内ニートは辛い?クビになる?その原因や暇つぶしの毎日から抜け出す方法を徹底解説

毎日、出社はしているものの、

  • 「会社で仕事がなくてつらい…」
  • 「社内ニートから脱出したい…」

と悩んでいませんか?

社内ニートは、暇な時間を持て余すだけでなく、周囲からは「楽をしている」という目で見られやすく、辛い毎日となりやすいです。

即座にクビになることはありませんが、この状態が継続すると、あなたのキャリアに少しずつ悪い影響を与えていきます

このため、1日でも早く脱するために行動を始めることがおすすめです。

そこで、この記事ではキャリアカウンセラーとして多くの会社員をサポートしてきた私が、社内ニートのつらい毎日から抜け出す方法について紹介します。

  1. 社内ニートが辛いと感じる理由5選
  2. 社内ニートとなってしまう原因
  3. 社内ニートを続けるリスク
  4. 社内ニートから抜け出す5つの方法
  5. 社内ニートを抜け出したい人におすすめの転職エージェント5選
  6. 社内ニートに関するよくある質問

この記事を全て読めば、社内ニートとなる原因と脱出方法が分かり、やりがいのある仕事を手に入れる第一歩となるでしょう。

1. 社内ニートが辛いと感じる理由5選

社内ニートが辛いと感じる主な理由は5つあります。

  1. 仕事をもらえない
  2. 暇のつぶし方を考えている
  3. 雑用ばかりしている
  4. 社内に居場所がない
  5. 全然時間が経たない

順番にご紹介します。

社内ニートとは

社内ニートとは「会社員であっても、社内で仕事がなく暇を持て余している労働者」のことであり、別名「社内失業者」とも呼ばれます。

仕事がない理由は様々ですが、他の社員と同様にお給料は支給されているため、毎日出社し、終業時刻までデスクで過ごしているのです。

やるべき仕事がないことで、どうにかして時間をつぶす必要があり、辛いと感じている人はたくさんいます。

1-1.仕事をもらえない

社内ニートが辛いと感じる一番の理由は、仕事をもらえないからです。

全ての人には、多かれ少なかれ「人のお役に立ちたい」という想いがあるため、仕事をしたくても仕事もらえない状況はその人の自尊心を傷つけます。

仕事をもらえない状態を自ら望む人はほとんどいないため、社内ニートが辛いと感じるのです。

社内ニート極めててつらい

出典:Twitter

社内ニートなう
はよ帰りてい

出典:Twitter

一生サボってても何も言われん社内ニート暇すぎてつらい

出典:Twitter

1-2.暇のつぶし方を考えている

社内ニートが辛い理由の2つ目は、暇のつぶし方を考えているためです。

社内ニートの状態となると、ネットサーフィンなどをして1日中暇をつぶすことになります。

しかし仕事をしていない罪悪感から、他の社員の前では仕事をしているふりをしていることが多々あり、この乖離した状態が本人を苦しめることになるのです。

また、やることがないため時間がとても長く感じるようになり、時計ばかり見るようになるという人も多くいます。

「社内ニートの過ごし方」でググッたらガチガチのバレへんような感じで暇つぶす方法とか出てきて、私は携帯ゲームぐらいなら堂々と出来るから恵まれた環境やなと思った。

出典:Twitter

昨日も仕事がなかったのに、今日もあるはずがないだろ。それが社内ニートだよ、暇をつぶすだけのお仕事だよ…

出典:Twitter

1-3.雑用ばかりしている

仕事はあっても、雑用のような仕事ばかりという点も社内ニートが辛いと感じる理由のひとつです。

責任のある仕事を任せてもらえないため、誰にでもできる単純作業や雑用を頼まれるようになります。

郵便物を出しに行く、コピー機のインクを替える、コピー取りやシュレッダー、お茶を用意するなど、配属初日でもできるような仕事をしているケースが多いでしょう。

コピー手差し不可能100枚くらいでも、30分あればできる単純作業の鬼(社内ニートはコピーが上手くなる)

出典:Twitter

したらばでは勝手にお茶汲み担当とか社内ニートにされてて草

出典:Twitter

1-4.社内に居場所がない

社内ニートの状態が続くと、社内での居場所がなくなり、辛く感じるでしょう。

これは、仕事を回してもらえないことで、手持ち無沙汰の状態が続き、それにより社内での信頼が低下、結果として居場所がなくなり、さらに手持ち無沙汰になるという悪循環におちいるためです。

このため、月日が経つほど社内で孤立しやすくなり、気まずさや居心地の悪さを感じるようになります。

後輩達が優秀すぎて社内ニートの居場所が無くなってる

出典:Twitter

どの部署でも居場所がない。
人が足りないからと行かされたのに社内ニートってなんですか。

出典:Twitter

1-5.全然時間が経たない

出社してデスクに座っていても、やることがないために時間が経たず、辛さを感じる人は多くいます。

何もせずに座っていることは、一見楽なように見えますが、多くの人は苦痛を強いられるでしょう。

このため、社内ニートになってしまうと「時間が経つのがとても遅く、辛い…」と感じるのです。

社内ニートて、周りからしたら楽でいいよな。うらやましい、何もしなくても金入るよなて思うけど、なったら逆に疲れる。時間がもったいなくて号泣何して生きてんだろて思うようになってくる。今もさぼツイート中だけどね!

出典:Twitter

社内ニートで時間がある今こそ何かしようと思ってるけど何も成し遂げられなくて鬱病になってる

出典:Twitter

参考:社内ニートの一日【暇つぶし例】
社内ニートとなった人が、実際にどんな1日を過ごしているのかをご紹介します。

  • 9:00|出社・ゆっくりメールチェック
    来ているメールも少ないのですぐに終わってしまう。
  • 9:15|ネットサーフィン開始
    トイレ、休憩室に入りびたり、スマホをチェックする。
  • 12:00~13:30|長めの昼休憩
    本来の昼休憩は1時間だが、長引いても何も言われない。
  • 13:30|ネットサーフィン再開
    たまに来る雑用依頼は、絶好の暇つぶしのため時間をかけて取り組む。
  • 17:20|帰り支度開始
    デスクの片づけ、身支度をし、時間が余ればトイレへ。
  • 17:30|退勤
    長い1日の終了。

一見、まるで休日のような過ごし方で羨ましいと感じるかもしれません。

しかしこのような状態が続くと、仕事をしていない罪悪感から、精神的につらくなってしまうのです。

次章では、社内ニートとなってしまう原因を紐解いていきます。

2.社内ニートとなってしまう原因

社内ニートとなる原因は、大きく個人に原因があるケース職場環境に原因があるケースの2つに分けられます。

個人に原因があるケース職場環境に原因があるケース
  1. 仕事へのモチベーションが低い
  2. 普段から円滑なコミュニケーションが取れていない
  3. スキルが業務に必要なレベルに達していない
  4. ハラスメントを受けている(嫌われている)
  1. 教育制度が整っていない
  2. 会社や部署自体に仕事が少ない
  3. 新型コロナウイルスの影響で仕事量が急激に減少した

それぞれ詳しく見ていきましょう。

2-1.個人に原因があるケース

社内ニートとなった原因は自分にあるのではないか、とまず自分に矢印を向けてみることは大切です。

下記に当てはまるものがないか、まず確認してみましょう。

  1. 仕事へのモチベーションが低い
  2. 普段から円滑なコミュニケーションが取れていない
  3. スキルが業務に必要なレベルに達していない
  4. ハラスメントを受けている(嫌われている)

一つずつ、解説します。

1.仕事へのモチベーションが低い

まず考えられる原因は、仕事への意欲がない、または意欲があっても周りに伝わっていないことでしょう。

誰しも、積極的に仕事に取り組む姿勢がある人に仕事を依頼したいものです。

このため、仕事をする上で手を抜いている仕事が遅いなどが重なってしまうと、徐々に周囲からの信頼を失っていきます。

結果として仕事に対する意欲がないと判断され、やがて社内ニートとなってしまうのです。

2.普段から円滑なコミュニケーションが取れていない

他の社員と上手くコミュニケーションを取れていないことで、社内ニートとなってしまう場合があります。

挨拶をしなかったり、仕事を依頼された際に嫌な顔をしたりしていませんでしたか?

仕事をする上で、周りの社員とコミュニケーションを取り、良好な関係をつくることは必須です。

プライドが高い、態度が悪いなどの印象を持たれてしまうと、仕事を頼みづらいと思われ、社内ニートになってしまうことがあるのです。

3.スキルが業務に必要なレベルに達していない

スキルが業務に必要なレベルに達していないことで、社内ニートとなってしまう場合もあります。

これは、持っている技術や能力よりも将来性や可能性を重視して採用した場合や、スキルや経験が少ない状態で年次を重ねていた場合に、能力やスキルが足りないことに後から気付くことがあるためです。

結果、本人にやる気があったとしても、対応する力が乏しいために継続して仕事をお願いすることができず、社内ニートとなってしまいます。

このため、必要なスキルをつける努力はもちろん、過去の栄光にすがることなく今求められているスキルをつける努力をすることで、社内ニート状態を抜けられる可能性があるでしょう。

4.ハラスメントを受けている(嫌われている)

何かのきっかけで上司から嫌われてしまい、結果的に社内ニート状態となる場合があります。

仕事がもらえなくなることの原因として「上司の機嫌を損ねた」など、日常のコミュニケーションが発端となることがあるのです。

これは、仕事の振り分けは基本的に上司がおこなうためであり、現実として上司との関係性の悪化や、ただ気に入らないからという理由で仕事を振ってもらえないことは起きています。

社内で解決すべき問題であることも多いため、まずは適切な部署にかけあってみると良いでしょう。

2-2.職場環境に原因があるケース

社内ニートとなってしまう原因として、会社や職場環境に原因がある場合もあります。

  1. 教育制度が整っていない
  2. 会社や部署自体に仕事が少ない
  3. 新型コロナウイルスの影響で仕事量が急激に減少した

当てはまるものがないか、見ていきましょう。

1.教育制度が整っていない

社内の教育制度が整っていないために、社内ニートとなってしまうことがあります。

将来性を重視して採用したにも関わらず、会社として社員教育の体制が確立していない、または手が回っていない場合、社内ニートとなってしまうでしょう

これは、そもそも先輩社員や上司からの教育がうまく行われていないだけでなく、マニュアルや社員教育体制が整っていない、人手や必要な資金が不足しているなど、多くの要因が理由として挙げられます。

2.会社や部署自体に仕事が少ない

そもそも会社や部署に仕事が少ないことも、社内ニートとなる要因の一つです。

部署自体が新しく、部署全体の業務量がそもそも多くない場合や、大企業で業務が少ない部署など、組織として業務量が少ないということはあり得ます。

つまり、人手不足とは反対に、業務量に対して社員や人手が多いために、1人当たりの仕事量が少なくなったり、偏りが出たりすることで社内ニートが生まれる場合があるのです。

この場合、有能な社員でも社内ニートとなる可能性があるため、普段から自発的に仕事をする癖付けをしておくことは重要でしょう。

3.新型コロナウイルスの影響で仕事量が急激に減少した

新型コロナウイルスの影響により、仕事量が減少したことで社内ニートとなってしまった方もいます。

長引く不況や技術革新、コロナウイルス感染症が猛威を振るったことにより、経済は大きく打撃を受け、昨今では全体の仕事量が減少している会社や業種が多いことは想像にたやすいでしょう。

また、コロナ禍によりテレワーク等の働き方改革がより加速したことで、中高年を中心にIT化に対応できない社員が増え、全雇用者の10人に1人が社内ニート状態となったとも言われています。

いつの時代であっても何かしらの変化は起こるため、変化に対応する柔軟性をつけることが重要であると言えます。

3.社内ニートを続けるリスク

社内ニートの状態を継続することは、以下のように多くのリスクをはらんでいます。

  1. 昇進や昇給のチャンスを逃す
  2. スキルが身につかないためキャリアの幅が狭まる
  3. 自己肯定感が低下し精神的につらくなる一方
  4. 転職しようと思い立ってもうまくいかない

順に見ていきましょう。

3-1.昇進や昇給のチャンスを逃す

社内ニートの状態を続けることで、昇給や昇格のチャンスを逃すリスクがあります。

なぜなら、責任のある仕事を任せられないことで成長が遅くなり、昇格に必要な仕事の実務経験が積めないからです。

また、周りの同僚や後輩が出世する姿を見て焦ることもあるでしょう。

向上心があってもその機会を得られないことは、辛いだけでなく、大きなリスクとなってしまうのです。

3-2.スキルが身につかないためキャリアの幅が狭まる

社内ニートのリスクの一つに、スキルが身に付かないことでキャリアの幅が狭まることが挙げられます。

これは、誰にでもできるような仕事しかやらせてもらえないことで、時間の経過とともにつけておくべきスキルが足りない状態となるためです。

一時的だと思っていても、経験値を得られないまま時間だけが過ぎ、年齢を重ねていくことは非常に危険と言えるでしょう。

長期的なキャリア形成の観点からも、将来を見据えてスキルを身に付けることは大切です。

3-3.自己肯定感が低下し精神的につらくなる一方

社内ニートの状態が長く続くと、自己肯定感が低下し、精神的に追い詰められてしまいます。

仕事がない状態が続くことで「自分は不要な存在なのではないか…」と自らの価値や存在意義が分からなくなってしまうのです。

また、毎日仕事をせずに時間だけが過ぎていくむなしさや罪悪感、将来への不安により、精神に過度なストレスがかかる人も多くいます

このため、「社内に居場所がない」という感情と合わせて、辛さに拍車がかかってしまうでしょう。

3-4.転職しようと思い立ってもうまくいかない

社内ニートが長引いた結果、いざ会社を辞めて転職しようと思っても、うまくいかない方は多くいます

この状態を脱するために転職しようと思っても、実務経験やスキルが足りない、仕事の経験が乏しいなどを理由に、次の仕事が見つかりにくいのです。

結果として今の会社に居続けることになり、かつ時間が経つことでさらに転職しにくくなってしまいます。

このため、ご自身が社内ニートの状態になっていると感じたら、一刻も早く抜け出すために動かれることがおすすめです。

次章では、社内ニートを抜け出す方法について、詳しくお話していきます。

4.社内ニートから抜け出す5つの方法

本章では、社内ニートを抜け出すための方法を5つお伝えします。

できることから、ぜひ実践してみてください。

  1. 働いているふりをやめる
  2. 積極的にコミュニケーションをとる
  3. 自分から仕事をもらいに行く
  4. 他部署への異動願を出す
  5. 環境に問題があるときは転職も一つの手段

それでは順にご説明していきます。

4-1.働いているふりをやめる

まずは働いているふりをやめましょう

社内ニートとなった原因が自分によるものではなかったとしても、改善に向けて動くことは大切です。

働いているふりを続けていても現状は変わらないため、自分にできることがないかを考え、積極的に行動してみましょう。

最初は勇気がいるかもしれませんが、動くことで自己肯定感も上がりやすくなります。

4-2.積極的にコミュニケーションをとる

働いているふりをやめるのと同時に、他の社員と積極的にコミュニケーションをとりましょう

あなたが社内ニートから脱出したいと思っていることを伝えるためにも、行動で示すことが重要です。

基本的な挨拶をしっかりすることはもちろん、相手に良い印象が残るような対話を心掛けましょう

良好な人間関係を構築し、他の社員とコミュニケーションが取れるようになることで、仕事をもらえる可能性も高まります。

4-3.自分から仕事をもらいに行く

社内ニートから抜け出したいのであれば、自分で仕事をもらいに行くことは重要です。

本来、仕事は上司が振り分けるものではありますが、何らかの理由で仕事をもらえないのであれば、自分から依頼をしましょう

仕事がほしいという積極性を見せることで、同時に職場の人間関係も改善するかもしれません。

最初は断られるかもしれませんが、めげずに何度でも挑戦することで道が開きやすくなります。

4-4.他部署への異動願を出す

他部署への異動願いを出すことも社内ニートを脱出するための選択肢の一つです。

異動をすることで、あなたのスキルに合う仕事や、適切な人員配置からくる仕事量があるかもしれません。

もし異動が叶ったら、次の部署では継続的に仕事ができるよう、積極的に周りの社員とコミュニケーションを取ると良いでしょう。

一方で、これらを全て試しても社内ニートを抜け出せない方は、転職することがおすすめです。

4-5.環境に問題があるときは転職も一つの手段

どう手を尽くしても状況が変わらないときは、転職を考えましょう

特に、教育制度が整っていない、会社自体に仕事が少ないなどの環境要因を多く抱えている会社は、そもそも長く存続しません

このため、スキルアップやキャリア形成の観点からも、早めに動き出すと良いでしょう。

ただし社内ニートからの転職は、「スキルが足りず、転職先がなかなか見つからない」「転職してみたものの、仕事が自分に合わず辛い…」となってしまう可能性があります。

そのようなリスクを回避するためには、転職エージェントに登録し、コンサルタントのフォローを受けながら進めることがおすすめです。

5.社内ニートを抜け出したい人におすすめの転職エージェント5選

社内ニートを抜け出すために転職を決意した方へ、この章ではおすすめの転職エージェントを紹介します。

ご自身に最適な転職エージェントを選ぶときに注意すべきポイントは下記の3つです。

  • 求人の質・量…質の良い求人を多数保有しているか
  • 提案力…あなたの人生を豊かにするための提案をしてくれるか
  • サポート…面接・書類対策など手厚いサポートが受けられるか

この3つの軸を使い、「転職エージェントおすすめランキング|500人の評判比較!」をもとにランキング化しました。

おすすめ順に並べると、下記の通りになります。

全て無料で、カウンセリングから内定後の手続きまで行ってくれますので、まずは2~3社登録し比べてみましょう。

転職エージェント求人数提案力サポート体制
リクルートエージェント
約96,000件

4.1

4.3
doda
 約59,000件

3.9

4.0
マイナビエージェント
 約15,600件

3.6

3.5
パソナキャリア
 約27,000件

3.9

3.8
type転職エージェント
約18,500件

3.9

3.8

では、一つずつ紹介していきます。

リクルートエージェント|求人数&実績No.1

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビエージェント』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

doda|業界最大級。20代30代なら登録必須

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

マイナビエージェント|サポート充実で満足度が高い

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

ただ、コロナによって若年層向けの求人数が大きく減ってしまったことから、口コミ評判もネガティブな内容が増えてきています(2020年12月現在)

そのため、いま利用するならば、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)を優先したほうが賢い選択かもしれません。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

パソナキャリア|首都圏特化でサポート充実

『パソナキャリア』は、手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方に特におすすめです。

運営元のパソナは人材派遣領域で業界最大手の企業であり、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実しています。また、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、サービス内容も多岐にわたります。

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.2」とリクルートエージェントに次ぐ実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの1社です。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

type転職エージェント|

type』は1994年から運営をしている老舗エージェントで、幅広い年齢・職種のサポート実績がある総合転職エージェントです。

他にも、『type女性の転職エージェント』があり、女性には強くおすすめできます。

サポート範囲は、首都圏のみですが、未経験OKの案件を多く保有しているため、職歴に自信がない方も気軽に相談してみましょう。

公式サイトを見る:
https://type.career-agent.jp

6.社内ニートに関するよくある質問

ここでは、社内ニートに関するよくある質問をご紹介します。

興味があるものがあれば、ぜひご覧ください。

Q1.新卒で社内ニートになってしまい不安です。

実は、新卒で入社した直後は、社内ニートになりやすいタイミングの一つです。

その原因として、入社したばかりでスキルや能力が足りず、任せられる仕事が少ないことや、部署の多忙さゆえに教育に手が回らないことが挙げられます。

いきなり社内ニートになってしまい、辛さを原因に退職を検討する方もいますが、「社内ニートだから」というだけで退職することはおすすめしません。

新卒の1年目は、一般的に他の年次とくらべて分からないことを聞きやすいという特権もあるため、まずは積極的に周りの社員とコミュニケーションを取ることから始めてみましょう。

Q2.社内ニートの状態が続くとクビになりますか?

「社内ニートだから」という理由で、即座にクビ(解雇)になることはありません。

なぜなら、労働基準法ならびに労働契約法の定めにより、客観的に見て合理的な解雇理由がなく、社会通念上相当とみなされない場合、従業員を解雇できないと定められているからです。

もし能力不足であったとしても、会社として配置転換などの改善をせず一方的に解雇した場合、法に触れる可能性が高いでしょう。

解雇は主に下記の3種類に分けられます。

  • 整理解雇…業績不振や経営合理化を目的としたもの(いわゆるリストラ)
  • 普通解雇…遅刻・無断欠勤が多い、病気・怪我により働けない、業績を上げる努力が見られないなどを理由とするもの
  • 懲戒解雇…経歴の詐称や、横領・情報漏洩などの就業規則違反によるもの

このため、毎日出社をしていれば、社内ニートだからという理由だけで解雇される可能性は低いです。

Q3.社内ニートにおすすめの暇つぶしはありますか?

社内ニートになってしまった場合、せっかくですので仕事に役立つ時間の使い方をしましょう。

  • エクセルの関数を覚える
  • 業務のマニュアルを読み返す
  • 仕事に関する書物を読む
  • 資格の勉強をする

このように、自分の知識や糧につながる時間の使い方がおすすめです。

ただ、暇つぶしをしていても現状が変わることは少ないため、社内ニートを脱出する行動に移りましょう。

Q4.転職後も社内ニートにならないために注意すべきことはありますか?

必ずしも転職すれば大丈夫とは限らないため、油断は禁物です。

まず、社内ニートになってしまった原因が、個人要因なのか環境(会社)要因なのかは冷静に分析しておく必要があります。

理由が一つではなかったとしても、少しでも思い当たる節があれば、転職先では必ず改善しましょう。

また新しい職場では、転職前とくらべて間違いなく忙しくなることが考えられるため、体調や健康管理をおこたらないことが大切です。

7.さいごに

社内ニートがつらい」と考えている方に、社内ニートを抜け出すための方法についてご紹介しました。

現状を変えたいと思ったら、まず原因を考え、具体的に行動してみましょう。

自分なり行動してみたものの、これ以上どうすることもできないと感じている方は、転職することも一つの手段です。

以下に、おすすめの転職エージェントを再掲します。

あなたの毎日が、より良いものになることを心から願っています。