東京で転職したい看護師を成功に導く全知識|メリット・デメリットから人気求人に受かる方法まで

薬剤師 転職 東京
  • 「看護師として東京に上京して転職したい」
  • 「東京の多くの求人の中から自分に最良の仕事を見つけたい」

とお悩みではありませんか?

東京都内で働く看護師は、年収も高く、就業先の選択肢も多い特徴があります。正しい手順を踏めば、満足のいく転職を実現できるでしょう。

そこでこの記事では、転職コンサルタントとして数多くの看護師転職をアドバイスしてきた私が、

  • 転職で失敗しないための基礎知識
  • 東京の看護師求人の探し方

を解説していきます。

(目次)

  1. 東京で看護師転職をするなら、登録しておくべき転職サイト
  2. 多くの看護師が東京で転職する理由
  3. 看護師が東京で転職して働くメリット・デメリット
  4. 東京の看護師に人気の求人の傾向
  5. 【東京】看護師転職成功のための3つのステップ【人気の求人を掴み取る方法】
  6. 転職サイトをより効果的に利用する7ポイント
  7. 【図解】転職サイト利用の流れ

すべて読めば、東京都内で理想の看護師キャリアを歩むための、第一歩を踏み出すことができるでしょう。

<2020年9月:看護師転職の最新情報>

コロナ禍による不況で、総求人数は減り、転職の難易度は日を追うごとに高まっています。転職を考えているならば、早めに行動に移すべきです。

特に好条件の求人であるほど、競争が激しくなります。ライバルに差をつけるためにも、転職のプロの力を借りて、しっかりと対策を行いましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『看護roo!』『看護のお仕事』など)に登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

未だかつて誰も経験したことのない事態だからこそ、周囲よりもいち早く行動を開始し、戦略的に転職活動を行っていくことが重要です。

1. 東京で看護師転職をするなら、登録しておくべき転職サイト

数ある看護師転職サイトの中から、以下の3点を基準に、「総合評価の高い転職エージェント」をピックアップしました。

転職サイト総合評価する3つの基準

  • 看護師求人の質・量:保有している看護師求人の量や質は十分かどうか
  • 提案力:求職者にぴったりの提案をしてくれるかどうか
  • サポート力:コンサルタントからの手厚いサポートを受けられるかどうか

さらに、当サイトが独自に集計した『看護師723人が選ぶ転職サイトおすすめランキング|口コミ評判&求人数を徹底比較』の結果から、東京都の方を対象に集計いたしました。

その結果、看護師として東京での転職を希望する方に、特に利用者満足度が高かった転職サイトは、以下の通りです。

転職サイト東京の求人数求人の質提案力サポート力
1位.看護roo!6,913

4.3

4.2

4.1
2位.看護のお仕事14,198

4.2

4.1

3.9
3位.ナースではたらこ11,797

4.0

3.9

4.2
4位.ナース人材バンク20,633

3.6

3.9

4.0
5位.医療WORKER9,985

3.7

3.9

4.0
6位.マイナビ看護師6,510

3.7

3.7

3.6

それぞれのサービスを詳しくみていきましょう。

1-1. 看護roo!|全国での総合評価No.1!

看護roo!』は東証一部上場企業の株式会社クイックによって運営される看護師向けの転職サイトで、特に求人の質への評価が高いです。

特にホームページには出ていない、5万件を超える優良求人を紹介してくれる点が好評です。

また、面接に同席までしてくれるサポートの手厚さも特徴で、面接が不安な方にもおすすめです。

運営会社株式会社クイック
オフィス(東京)東京都港区赤坂2-11-7 ATT新館3F
(対面サポート◯)
公開求人数(東京)6,931件
公式ページhttps://www.kango-roo.com/

1-2. 看護のお仕事|非公開求人の量が豊富、面接対策◎

看護のお仕事』は日本最大級の看護師向け転職サイトで、求人・サポート共に看護師さんからの評価が非常に高いです。

医療業界に詳しい担当者が今の職場の悩みや、「辞めていいのか」ということについても親身に相談に乗ってくれると好評でした。

仮に転職をすることになった時も、求人票に書いてない内部情報を教えてくれたり、入職まで手厚くサポートしてくれるなど非常に心強い存在です。

ちなみに派遣の求人に関しても『看護のお仕事(派遣版)』という特設ページがあるくらい力を入れていて、派遣の求人を探す方にもおすすめです。

運営会社レバレジーズ株式会社
オフィス(東京)本社> 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ(17Fと18F)
立川支店> 東京都立川市曙町2-37-7 コアシティ立川ビル11F
立川第二支店> 東京都立川市曙町2-32-1 立川鳳山ビル6F
公開求人数(東京)16,399件
公式ページhttps://kango-oshigoto.jp

1-3. ナースではたらこ|東京で抜群のサポートを受けられる!

ナースではたらこ』はアルバイトの求人媒体「バイトル」なども手掛ける、大手人材会社のディップ株式会社が運営する看護師向け転職サイトです。

24時間の電話対応、ナース・キャリア・ステーションでの対面支援など、サポートが手厚く、サポートへの満足度はNo.1でした。新宿にナース・キャリア・ステーションがありますので、対面で手厚いサポートを受けられます。

一見求人数が少なく見えますが、非公開求人の紹介事例が多いので、結果的にあなたの希望に合う求人にたどり着きやすくなるという側面もあります。

そのため、行きたい病院がなんとなくでもある方は登録しておくべき1社です。

運営会社ディップ株式会社
オフィス(東京)東京都渋谷区千駄ヶ谷5-34-7 NEX新宿ビル10F
(対面サポート◯)
公開求人数(東京)11,797件
公式ページhttps://iryo-de-hatarako.net

1-4. ナース人材バンク|豊富な求人の中からぴったりの案件を選べる

ナース人材バンク』は年間10万人以上の看護師・助産師が利用する転職サイトで、98.8%の非常に高い転職者満足度のサポートで他社を圧倒しています。

登録手続きも所要時間が1分と簡単で、電話でのやり取りだけでも全国の求人情報を紹介してくれるため、どんな求人があるのかを知りたい場合にも使いやすいサービスです。

運営会社株式会社エス・エム・エスキャリア
対象地域全国
オフィス全国12箇所
公開求人数24,422件
公式ページhttps://nursejinzaibank.com

1-5. 医療ワーカー|サポート満足度が高い

医療ワーカーは合計8.8万件の求人数を保有する国内最大級の看護師専門転職サイトです。

転職実績も3万件以上で、かつ利用満足度も97%と他を圧倒しています。また、他サービスと異なり、地域ごとに専門のキャリアパートナーが対応してくれるという特徴があります

運営会社株式会社TS工建
対象地域全国
オフィス全国14箇所
公開求人数(東京)7,059件
公式ページhttps://iryouworker.com/

1-6. マイナビ看護師 | キャリアアドバイザーの対応が抜群

マイナビ看護師は、全国的に展開している看護系転職サイトです。

病院だけでなく、クリニックや介護施設、訪問看護ステーション、企業など、多岐にわたる求人を保有しています。

キャリアアドバイザーが施設に足を運び、情報収集をしている点も大きな魅力です。

ただ求人を紹介してもらうだけでなく、施設内の雰囲気や産休の取得状況まで、気になることを事前に確認できるでしょう。

運営会社株式会社マイナビ
オフィス(東京)東京都新宿区1 新宿区 新宿4丁目1−6 JR新宿ミライナタワー24F(受付)
公開求人数(東京)6,510件
公式ページhttps://kango.mynavi.jp/

2. 多くの看護師が東京で転職する理由

東京に住んでいる人はもちろん、地方から上京して東京で仕事をしたいと考える人は多いでしょう。

ここでは、看護師として働く人が東京で転職をしたいと考える理由をご紹介します。

  1. 仕事の幅と視野を広げたい
  2. 働く場所や条件に多様性がある
  3. 収入をアップさせたい

それでは、見ていきましょう。

2-1. 仕事の幅と視野を広げたい

看護師さんが東京で仕事を探す理由のひとつが、仕事の幅と視野を広げたいというものです。

地方の病院は診療科が限られていますが、東京には数多くの診療科を持つ病院が多数あります。

このため、キャリアアップをしたい人にとって、専門的な分野を学びやすく、スキルを付けやすいのです。

また、看護師に限らず、同じ場所にいることで考え方や見える世界が凝り固まりやすくなってしまい、多様性を受け入れにくくなる場合もあります。

将来のキャリアプランの幅を広げながら、自分を磨いていきたいと考える人が東京に上京するのでしょう。

2-2. 働く場所や条件に多様性がある

東京で仕事をすることで、働く場所はもちろん、勤務体系を含む条件面でも多様性が広がりやすくなります

首都圏ではあらゆるサービスが提供されており、一言で看護師と言っても、病院やクリニック、訪問看護、大手製薬会社や医療関連の開発企業など、地方よりも看護師資格を活かせる職場が多数見つかります。

また、地方では認定看護師の資格や助産師、保健師などの資格を使える職場が見つからないこともあるでしょう。

東京で仕事を探すことで、東京以外では得られない仕事や経験ができる可能性が大きくなると言えます。

2-3. 収入をアップさせたい

東京で働くことで収入をアップさせたいと考える人もいます。

平成30年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)を元にしたデータによると、看護師の平均年収は約480万円であり、第1位は神奈川県で約532万円、東京は第2位の約517万円です。

尚、最下位は宮崎県の約403万円で、1位とは130万円もの差があります。

病院看護師であれば、仕事内容は全国的に似たものになりますが、働く場所によってこれだけの差が出る場合があるのです。

東京は物価が高いですが、それでも収入アップのために東京で働きたいという人は少なくありません。

3. 看護師が東京で転職して働くメリット・デメリット

ここでは、東京で転職して働くことによる具体的なメリット・デメリットをお伝えします。

メリットデメリット
  1. 地方とくらべて給与が良い
  2. 技術や情報が最新でありキャリアアップがしやすい
  3. プライベートの楽しみが広がる
  1. 物価が高く生活費がかさむ
  2. 地方とくらべて仕事のスピード感が異なる
  3. 住む場所によっては職場の選択肢が狭まる

詳細を見ていきましょう。

3-1. メリット

看護師さんが東京で働くメリットは主に下記3つです。

  1. 地方とくらべて給与が良い
  2. 技術や情報が最新でありキャリアアップがしやすい
  3. プライベートの楽しみが広がる

早速、ご紹介します。

(1) 地方とくらべて給与が良い

先にお話ししたように、地方とくらべると東京の給与の方が高い傾向にあります。

医療ワーカーが独自に調査した東京23区の看護師の収入を調査したデータでは、何と平均年収が600万円を超えるという結果が見受けられました。

出典:医療ワーカー(東京都の看護師の平均年収)

先の都道府県調査との差がありますが、これは調査対象が一部異なるためであると考えられます。

また、上記データによると、東京都の助産師の平均年収は701万円となっており、稼ぎたい人にとって東京で働くことは大きなメリットとなるでしょう。

(2) 技術や情報が最新でありキャリアアップがしやすい

看護師が東京で働く場合、技術や情報が最新である場合が多く、キャリアアップがしやすい点は大きなメリットです。

日本の首都である東京には、最先端の医療技術や看護に関する最新情報が集まりやすく、その分チャンスが豊富にあるでしょう。

また、学会や研修会などの学習の場も多く、常に高みを目指したい看護師さんにとっては最良の学びの場であると言えます。

キャリアアップを通じて、さらに待遇の良い職場で仕事をしやすくなる可能性もあります

(3) プライベートの楽しみが広がる

東京で働くことで、地方に住んでいるときよりもプライベートの楽しみが広がりやすくなる傾向があります。

医療技術や看護に関する情報だけでなく、東京は娯楽を含めたさまざまな楽しみも集まる場所です。

このため、休日や就業後を充実させたり、英気を養ったりしやすくなります。

充実した社会人生活を送るためにも、ワークライフバランスを大切にしながら仕事ができるでしょう。

3-2. デメリット

看護師さんが東京で転職することは、さまざまなメリットがありますが、同時にデメリットもあります。

  1. 物価が高く生活費がかさむ
  2. 地方とくらべて仕事のスピード感が異なる
  3. 住む場所によっては職場の選択肢が狭まる

ひとつずつ見ていきましょう。

(1) 物価が高く生活費がかさむ

東京は物価が高く、生活費が増えがちな点は、デメリットと言えるでしょう。

お給料が高いのはメリットですが、その理由は生活コストの高さにあります。

特に、家賃の違いは大きく、地方での1人暮らしの場合3~4万円だったものが、東京に出ることによって8~10万円になることも珍しくありません。

職場によっては寮が完備されているところもありますので、求人を探す際に検討してみても良いでしょう。

(2) 地方とくらべて仕事のスピード感が異なる

看護師さんが東京に上京して驚くことのひとつに、地方よりもスピード感があることが挙げられます。

これは、看護師の仕事の現場でもあらわれることが多く、先輩や同僚の会話のスピードが速すぎる、業務のスピードが速すぎて就いていけないなど、人によっては悩むこともあるでしょう。

東京では多くの企業で「業務効率化」が叫ばれています。

患者さんには丁寧な対応をしつつも、患者さんから見えないところでは業務スピードを求められたり、仕事時間に見合わない業務量をこなさなければならないこともあります。

(3) 住む場所によっては職場の選択肢が狭まる

自分が住む場所によっては、職場の選択肢が狭まる可能性もあり得ます。

一言で東京と言っても、都市によってその特色は様々です。

東京ならどこでも良いという人はなかなか珍しいでしょうから、「環境、交通の便、治安の全てが良い場所」を選ぼうと思うと、職探しの起点がその場所となってしまいます。

このため「希望の仕事ができる病院までが遠く、通勤に時間がかかる…」などの弊害が出る可能性があるでしょう。

東京のすべての都市に最新鋭の技術を兼ね備えた病院があるわけではありませんので、東京で住みたい場所やこだわりがある方は注意が必要です。

4. 東京の看護師に人気の求人の傾向

まずは東京都で募集している求人の中から、特に人気のある求人の傾向について解説していきます。

当サイトが看護師を対象に行った調査によると、東京都内の看護師に人気の求人には、以下の4つに大きく分けられます

  1. 大学病院の求人
  2. 大規模・総合病院の求人
  3. 高収入の求人
  4. 病院以外の求人

4-1. 大学病院の求人

大学病院の求人は、大学や研究機関に付属している病院での勤務となります。

診療施設であると同時に、教育を目的とした機関であることが最大の特徴です。

このため研修や勉強の機会も多く、最先端の知識や経験を身につけるうえでは最良の環境であるといえるでしょう。

大学病院では診療科が細かく分かれていることが多く、看護師もそれぞれの診療科に特化した働き方が求められます。

大学病院の求人例

順天堂大学医学部附属 順天堂医院

順天堂大学医学部附属 順天堂医院 看護師 2

順天堂大学医学部附属 順天堂医院 看護師 3

出典:ナースリンク

東京医科歯科大学医学部附属病院

東京医科歯科大学医学部附属病院 看護師 1

東京医科歯科大学医学部附属病院 看護師 2

出典:ナースリンク

東京慈恵会医科大学附属病院

東京慈恵会医科大学附属病院 看護師 1

東京慈恵会医科大学附属病院 看護師 2

東京慈恵会医科大学附属病院 看護師 3

出典:ナースリンク

4-2. 大規模・総合病院の求人

大規模な総合病院での仕事も、東京の看護師からの人気を集めています。

規模の大きな病院の最大のメリットは、好待遇であることが多いという点です。

給与はもちろん福利厚生も整っており、安定した働き方をかなえることができます。

また様々な診療科を経験できるということもあり、今後の転職にも有利に働くという側面もあります。

診療患者の入れ替わりも早く、業務もテキパキとこなす必要がありますが、その分、経験を積むにはよい環境であると言うこともできるでしょう。

大規模・総合病院の求人例

聖路加国際病院

聖路加国際病院 看護師 1

聖路加国際病院 看護師 2

聖路加国際病院 看護師 3

出典:ナースリンク

国立病院機構 東京医療センター

国立病院機構 東京医療センター 看護師 1

国立病院機構 東京医療センター 看護師 2

国立病院機構 東京医療センター 看護師 3

出典:ナースリンク

虎の門病院

虎の門病院 看護師 1

虎の門病院 看護師 2

虎の門病院 看護師 3

出典:ナースリンク

4-3. 高収入の求人

東京で働く看護師の平均年収は、516万円と言われています。(参考:看護roo!

看護師年収の全国平均は479万円であり、これを大きく上回っていることが分かります。

さらに都道府県別にみると、全国で2番目に高い水準であることから、東京の看護師は高収入を得られる仕事を見つけやすいと言えるでしょう。

高収入の求人例

日本赤十字社東京支部 武蔵野赤十字病院

出典:ナースリンク

NTT東日本関東病院

出典:ナースリンク

4-4. 病院以外の求人

看護師の就業先は、病院だけであるとは限りません。

一般病院以外にも、以下のような就業先が挙げられます。

看護師の就業先の例

  • クリニック
  • 診療所
  • 訪問看護ステーション
  • 健診センター
  • 介護施設
  • 保育園

上記のような就業先で働くことで、「夜勤がきつい」「体力的にハード」といった悩みを解消することも可能です。

例えば、クリニック・診療所などで働く看護師は、夜勤なしであることが一般的です。

以下のような条件のクリニックであれば、一般的な企業勤めと同じようなライフサイクルで働くことができるでしょう。

  • 入院施設がない
  • 開院時間が朝から夕方まで
  • 夜間診療を行っていない

特に美容外科クリニックや美容皮膚科など、自由診療のクリニックは、日勤のみであり、さらに高収入も見込めるため、人気の高い就業先と言われています。

東京都の求人の4割はクリニック

クリニックの求人は、東京都の看護師求人全体の約4割を占めています。(参考:ナース人材バンク

また、東京都は人口10万人あたりのクリニック数が全国平均を大きく上回っており、診療科のバリエーションも充実していると言われています。

5. 【東京】看護師転職成功のための3つのステップ【人気の求人を掴み取る方法】

東京の看護師転職を成功させるためには、以下の3つのステップを踏むことを意識しましょう。

  1. 都内の良質な求人をできるだけ多く集める
  2. 人間関係や職場環境など本当にあなたに合った就業先かを検討する
  3. 入念な準備を経て選考を受ける

それぞれ詳しく解説していきます。

ステップ1. 都内の良質な求人をできるだけ多く集める

まずは東京都内の求人情報を、できるだけ多く集めましょう。

選択肢が多いほど、細かい要望に合致する求人を見つけやすくなります。

結果として、自らの希望にぴったりの求人に出会える確率を高めることができるでしょう。

情報収集は転職サイトを活用するのが一番の近道

情報収集を行うならば、まずは看護師転職に特化した転職サイトを利用しましょう。

良質な看護師求人は、転職サイトが独占して保有していたり、一般的な求人サイトでは公開されていなかったりすることが多々あります。

効率的に多くの求人情報を集めるならば、複数の転職サイトに登録し、検索することが最善の方法です。

ステップ2. 人間関係や職場環境など本当にあなたに合った就業先かを検討する

転職を検討している施設・病院が、本当にあなたにあっているのかどうかを見極めることも欠かせません。

看護師転職の失敗事例としては、以下のようなケースが散見されます。

人間関係がピリピリしていて、ろくに指導もしてもらえなかった

口コミ・評判

K.Tさん(30歳)
地方クリニック→地方総合病院
地方の小規模のクリニックで3年勤務した後、転職コンサルタントを利用せず、別の総合病院に転職しました。新しい病院では「3年も経験あるから、大体のことは分かるでしょ?」と言われろくに指導してもらえませんでした。また、人間関係もピリピリしていて居心地は悪かったです。
どのような職場か、実際に働き出す前に見ておけばよかったと後悔しました。その後、旦那の転勤についていくときには、転職コンサルタントを利用し、クリニックに転職することができました。

出典:アンケート

仕事内容が全く分からなかった

口コミ・評判

Y.Uさん(29歳)
総合病院→クリニック
首都圏の総合病院で働いていましたが、旦那の転勤の関係で、他県のクリニックに転職をしました。
総合病院にいた頃は事務の仕事はすべて医療事務スタッフが処理していたのですが、転職後のクリニックは小規模だったので、看護師も医療事務を行う必要がありました。
転職直後に、患者さんがクリニックへいらした際には、まず何をしたらいいのか本当に全く分かりませんでした。採血など、これまでの経験が役立つこともありましたが、これまでの経験はほとんど役に立ちませんでした。
病棟では自信を持って働いていた分、もどかしさが残ります。

出典:アンケート

このような事態を未然に防ぐためにも、職場の情報を可能な限り把握しておくことが大切です。

職場の内部の情報は、以下の方法で確認しましょう。

職場の内部事情を事前に知るには

  1. 面接時に採用担当者へ質問する
  2. 転職サイトのキャリアアドバイザーから、情報を教えてもらう
  3. 紹介で転職する場合は、事前に遠慮なく聞いておく

面接時に採用担当者へ質問するのがもっとも簡潔ですが、状況次第ではなかなか質問しづらいケースも想定されます。

また紹介で転職するケースはそれほどないでしょう。

したがって、もっとも確実に内部の情報を知るためには、転職サイトのキャリアアドバイザーから事前に聞いておくというのが、最も現実的な方法です。

ステップ3. 入念な準備を経て選考を受ける

行き当たりばったりの応募・面接では、選考通過の確率も低くなり、転職活動がむやみに長引いてしまう恐れがあります。

施設・病院へ応募する際は、書類作成から面接対策まで、事前の入念な準備が欠かせません。

例えば、確実に聞かれるであろう「頻出の質問」に対する回答を、あらかじめ考えておくだけで、スムーズな応答が可能になり、的確に自分をアピールすることができるでしょう。

面接で頻出の質問

  • 「あなたの強みは何ですか?」
  • 「なぜ転職しようと思ったのですか?」
  • 「弊社を志望した動機を教えてください」
  • 「弊社に活かせるスキルや経験を教えてください」

また、面接特有の空気感に緊張してしまい、本番で思うように受け答えができないという方も少なくありません。

このような事態を防ぐためにも、面接の練習を行っておくことが大切です。

看護師転職のプロの視点を得られるとなお良し

転職サイトを利用すれば、看護師転職のノウハウを熟知したプロフェッショナルから、的確なアドバイスをもらうことができます。

特に「面接に不慣れ」「緊張してしまう」という方にとっては、心強い助けとなるでしょう。

この3ステップをうまく行うためには、転職サイトの利用がおすすめ

繰り返しになりますが、東京での看護師転職を成功させたいのであれば、サポート付きの転職サイトを利用するのが最も近道です。

  • 求人数・求人の質
  • 内部情報
  • サポート力

これらを踏まえて、「ハローワーク」や「病院のHPから直接応募」するよりも転職サイトに登録し、転職コンサルタントに相談して助けてもらうのが有利です。

転職サイトを利用することで、以下のような転職支援を受けることができるようになります。

  1. キャリア相談
  2. 求人紹介・提案
  3. 履歴書や職務経歴書の添削
  4. 面接対策
  5. 面接のセッティング
  6. 給与交渉

特に、コンサルタントがあなたに最適の求人を提案してくれる点は、非常に魅力的です。

というのも、東京都の病院総数は650以上あると言われており、これらの中から自分に合った就業先を見つけるのは至難の業です。

病院以外の就業先も候補に加えると、さらに困難となるでしょう。

一方、転職サイトのコンサルタントに相談する場合、「希望の条件や働き方」を伝えるだけで、理想の求人にたどり着くことができます。

忙しくなかなか時間の取れない方でも、効率的に転職活動を進めていくことができるのです。

6. 転職サイトをより効果的に利用する7ポイント

この章では、転職サイトをより効果的に利用するためのポイントを7つお伝えします。

  1. スカウトを利用した場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく
  2. 転職時期は最短可能日程で答える
  3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる
  4. 経歴やスキルに嘘をつかない
  5. 推薦文は必ず確認する
  6. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない
  7. 紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

せっかく良い転職サービスを選んでも、上手に活用できなければもったいないので必ずチェックしましょう。

Point-1. スカウトを利用した場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく

転職サイトは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最終接触日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。

スクリーンショット 2015-10-18 20.29.18

例えば、上記は「年齢30歳以下、転職回数1回以下、勤続年数2年以上、TOEIC780以上」で検索した結果ですが、実務的な処理としては、更新日が新しい順番に20人ずつメールを送って反応をみて、応募者がいなければ次の20人へ、といったように送信していきます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

Point-2. 転職時期は最短可能日程で答える

キャリアコンサルタントも売上目標があり日々追われています。

コンサルタントとのファーストコンタクトで必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれるので、この時には「いいところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

※もちろん現職での退職手続きや引継ぎがあるはずなので、その点は伝えておきましょう。

Point-3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる

担当コンサルタントに情をうつしてはいけません。

担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、他のコンサルタントの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

Point-4. 経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

コンサルタントでよく話題にあがるのが、「去年の登録情報と今回とで登録情報が違うよ・・・」という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

Point-5. 推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当コンサルタントはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではないコンサルタントの場合は経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

Point-6. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない

数社の転職サービスを使っている場合、同じ案件には複数の転職サービス経由で応募しないようにしましょう。

企業から「他の転職サイトからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

企業・担当コンサルタント両者に不信感を与え、場合によっては破談となるリスクさえあります。

Point-7. 紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

転職サイトも売上がかかっていますから、なんとかしてあなたに転職を決めてもらいたいものです。

優良なコンサルタントであれば都合の悪いことを隠したりすることは少ないでしょうが、自衛のために口コミサイトの『OpenWorkを利用して裏をとるようにしましょう。

以下のような口コミが大量に集まっているので、その情報をもとに、社風や雰囲気をあらかじめ予想することができます。

上場企業であればほぼ全ての企業についての口コミが集まっていますので、ぜひ利用してください。

7. 【図解】転職サイト利用の流れ

ここまで、転職が有利に進む転職サービスと、その活用ポイントをお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

転職サイトに登録したあとは、特に準備は必要とせず、気軽に身をゆだねれば良いのですが、初めて使う方は不安も多いかと思いますので、登録後何が起こるのかをざっくり把握しておきましょう

スクリーンショット 2016-08-21 17.30.24

Step 1. まずは公式ページから登録する

それぞれの公式ページから登録を行います。

登録する際は、『転職サービス』なのか『派遣サービス』なのかを確認するようにしてください

例えば、「パソナ」と検索するとパソナの派遣登録サイトが出てくるように、紛らわしいサービスが複数あるため、登録前にしっかりと確認しましょう。

正社員転職を目指していたのに、知らずのうちに派遣社員の面接を受けていた…ということがないように、十分に注意しましょう。

Step 2. 担当コンサルタントから連絡が来る

登録すると、担当から数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

事前に準備などをする必要は全くありませんが、ざっくり下記のようなことを聞かれます。

  • 転職希望時期は?
  • 希望する職種や業界は?
  • 希望年収は?

10分ほどの最低限のヒアリングを受けた後、キャリアカウンセリングのアポイント調整を行います。

※最初からアポイント調整に入る場合もあります。

Step 3. キャリアカウンセリング

あなたが転職サイトのオフィスに訪問することもあれば、担当コンサルタントが近くまで来てくれることもあります。(日程・場所の都合が合わなければ電話面談になります。)

初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • あなたのキャリアの棚卸
  • PRポイントの整理
  • 転職するべきかどうか
  • 転職するとしたらどのような企業に内定をもらえそうか
  • どのように職務経歴書を書いたら通過しやすくなるか
  • 転職についての要望の深堀

キャリアカウンセリングで気づくことも多く、なるべく多くのコンサルタントに意見をもらえば、考えがまとまっていき、後悔ない転職をすることができるでしょう。

担当コンサルタントとは長い付き合いとなるため、できれば拠点に足を運ぶようにしましょう。

Step 4. 求人紹介を受ける

あなたの希望に合いそうな求人を5件~20件ほど紹介してもらえます。

思ってもないような大手もあれば、今まで知ることのなかった魅力的な中小企業もあるでしょう。

それぞれのエージェントしか扱っていない独占求人もありますので、複数社のエージェントから求人紹介を受けることを推奨します

Step 5. 履歴書・職務経歴書の添削

応募する企業を決めたら、職務経歴書や履歴書といった選考書類を添削してもらいます。

場合によってはこのためだけに面談を設定してくれたり、何度も書き直しを行ったりしてくれます。

最高の職務経歴書をエージェントと一緒に作り上げていきましょう。

Step 6. 紹介された求人に応募する

選考書類が完成したら、担当コンサルタントが最後に推薦文を添えて企業に応募します。

自分ではなかなか伝えられないあなたの魅力を、担当コンサルタントが企業に伝えてくれます。

求人サイトを使って自力で応募すると、推薦文はもちろん誰も書いてくれませんし、企業への手続きも全部自分でしなければならないため、それに比べると転職サイト経由は圧倒的に有利です。

Step 7. 面接対策を受ける

応募している企業の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか、今持っているスキルのなかで何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスを貰います。

あなたが希望すれば模擬面接を実施してもらえるケースも多いです。

Step 8. 企業との面接を行う

面接の日時設定は担当コンサルタントが全て行ってくれます。

対策してもらったことをフル活用して、力を出し切りましょう。

面接に落ちてしまった場合には、多くの場合、担当コンサルタントが人事担当者からフィードバックを受けているため、次の面接に生かすことができます。

Step 9. 内定と退職サポート

内定が出た後は、担当コンサルタントが給料交渉や入社日の調整を責任を持って行ってくれます。

また、退職手続きについて不安な場合も、上司にどのように報告するかなど転職サイトであればノウハウを必ず持っていますので、頼ってしまいましょう!

8.さいごに

東京での看護師の働き方について、コツやノウハウをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

お伝えした通り、東京での看護師転職は、転職サイトの利用がおすすめです。

どれに登録すればよいか分からないという方は、総合満足度の高い以下の6つの中から3つほどを選ぶと良いでしょう。

東京での看護師転職に強く、必ず登録しておくべき転職サイト

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。