横浜で転職したい薬剤師を100%成功に導く全知識|失敗しない転職サイトの選び方

転職エージェント 横浜

「横浜市で、薬剤師として転職しようかな…」と考えていませんか?

横浜市は、病院や調剤薬局など薬剤師の働く職場は豊富にあるのですが、ポイントを抑えずに転職してしまった結果、職場環境や人間関係が合わず後悔する人が多いので注意が必要です。

このページでは、転職エージェントとして数多くの薬剤師転職をサポートしてきた私が、横浜市での薬剤師転職について押させるべきポイントを、以下の流れでご紹介します。

  1. 横浜市の薬剤師転職で抑えておくべき3つ特徴
  2. 横浜市で転職に失敗する人もいる
  3. 転職で失敗しないための3つのポイント
  4. 転職サイトの選び方とおすすめ【横浜版】
  5. 横浜市で転職した薬剤師の口コミ
  6. 転職サイトをより効果的に利用するためのポイント
  7. 関連記事のまとめ
  8. 薬剤師の転職に関するQ&A

このページを読めば、「横浜市で薬剤師として転職するためのポイント」や「横浜市でおすすめの薬剤師転職サイト」がわかるでしょう。

1. 横浜市の薬剤師転職で抑えておくべき3つの特徴

横浜市で薬剤師の転職活動を行う上で、おさえておくべき特徴は下記の3点です。

1-1. 横浜市の薬剤師求人数は神奈川県No.1

まず、神奈川県内の主要都市の求人数を見て比較してみると、以下のグラフのように、横浜市の求人数は他の市に比べて、ダントツに多くありました。

なぜなら、横浜市内は交通の便が良い人気のエリアであることに加え、薬学部のある横浜薬科大学も存在するため、新卒の薬剤師が集まりやすい傾向にあるからです。

また、横浜市は人気エリアになるので、就業先が求人を出せば応募者がすぐに集まるといった傾向があります。

1-2. 神奈川で働く薬剤師の平均年収は低い

神奈川県内薬剤師の平均年収は530万円前後と、全国平均である550万円前後と比較しても低いです。

なぜなら、神奈川県の中でも人口が多く交通網も発達している横浜市があるため、薬剤師も集まりやすい傾向にあり、薬剤師の供給はほぼ足りているため、それほど年収が高くなくても応募が埋まってしまうためです。

1-3. もちろん好条件求人も存在する

横浜市は神奈川県内の都市と比較して求人数が多いため、それだけ好条件の求人も存在します。

例えば、以下のように条件が魅力的な求人もあります。

【横浜市南区】の求人:調剤薬局

製薬企業>ドラッグストア>調剤薬局>病院の順に平均年収が高いと言われていますが、横浜市は調剤薬局の中でも高い年収の求人があることが分かりました。

このように、誰もが惹かれる高い年収の好条件求人は一定数出回るのですが、『1-1.横浜市の薬剤師求人数は神奈川県No.1』の章でも述べたように、薬剤師数の多い横浜市は、転職のライバルが多いため、すぐに応募が埋まってしまうという特徴があります。

 

2. 横浜市で転職に失敗する人もいる

横浜市で自分に合った職場に転職できた薬剤師が多くいる一方で、以下の口コミのように職場環境や人間関係が合わずに失敗したという人も実は多くいるのです。

人間関係がうまくいかず、毎日の仕事が辛い

口コミ・評判

Y.Kさん(20代後半)
調剤薬局勤務
今住んでいる家の近くで働きたいと思い転職をしましたが、正直人間関係がうまくいっていません。
先輩の薬剤師が厳しい人で、「こんな事もできないの」と嫌味を言われる日々です。また、相談できる人もおらず、毎日が辛く仕事に行きたくありません…。
聞いていた仕事内容と違い、残業が多い

口コミ・評判

R.Yさん(30代前半)
ドラッグストア勤務
前職より年収が上がるため、転職を決意しました。
しかし、聞いていた仕事内容と異なる業務も任されるようになり、残業も多いためプライベートの時間を作ることができません。

このように、情報収集を怠り転職をした結果、人間関係や職場環境が合わず辞めてしまうといったケースはよくあることです。

そのため、転職を考える場合、求人票に書いている情報だけで転職の判断を行うのではなく、できるだけ多くの情報を集めた上で転職先の職場を判断する必要があります。

次の章では転職に失敗しないためのポイントを説明していきます。

3. 転職で失敗しないための3つのポイント

ここまでの内容から、横浜市での薬剤師転職では、以下3つのポイントを抑えれば失敗を抑えることができます。

  • ポイント1. 良質な求人をできるだけ集めて比較する
  • ポイント2. 自分に合った職場か検討する
  • ポイント3. 転職に詳しい人に相談する

では、これら3つのポイントについて、それぞれ理由とともに詳しく説明していきます。

3-1. 良質な求人をできるだけ集めて比較する

まずは必ず求人の条件を確認し、良質な求人をできるだけ集めるようにしましょう。

なぜなら、入社後の給与体系、仕事内容などのミスマッチをなくし、転職活動を有利に進めるためです。

「求人票に掲載していた内容とぜんぜんと違う!」といったことはよくある話でして、情報を集めずに転職活動を行うと時間だけが過ぎていきます。

薬剤師 転職 失敗

私の経験上、求人票は15件程集めた上で比較をすると良いです。

それ以上集めて比較をすると何で判断をしたら良いのか迷ってしまい、転職活動がうまく進まなくなってしまう可能性があるからです。

そのため、まずは求人数や年収、職場環境等あなたに合った条件を整理した上で15件の求人を探してみましょう。

3-2. 自分に合った職場か検討する

求人情報を鵜呑みにし、断片的な情報のみで転職をしたとしても、すぐに辞めてしまう人が多くいます。

なぜなら、人間関係や職場環境は働いてみて初めて知ることが多く合わなかったと感じてしまうことがあるからです。

そのため、『百聞は一見に如かず』という諺にあるように、実際に職場へ足を運ぶことで、就業場所の雰囲気や働いている人を確認してみると良いでしょう。

3-3. 転職に詳しい人に相談する

転職をする際は、一人で進めずに、相談相手を作りましょう。

なぜなら一人で抱えると、そもそも慣れない転職なので、失敗に繋がりかねないからです。

失敗した人の特徴として、一人で転職活動を進めていたという事例が多くありますが、相談相手を作ることで飛躍的に転職活動がうまく進んだという話もよくあります。

本来であれば薬剤師の知人や家族が一番相談しやすい相手かと思いますが、私は薬剤師専用の転職サイトに登録することをおすすめします。

なぜなら専門性をもったアドバイザーが、過去転職を成功に導いた経験のもと的確なアドバイスをしてくれますし、『普段世の中に出回らない非公開求人』も紹介してくれるからです。

次の章では、ライバルが多いと言われている横浜市でも薬剤師の転職を必ず成功に導いてくれるサイトを厳選して紹介しています。

4. 転職サイトの選び方とおすすめ【横浜版】

薬剤師が横浜市で働くには、高年収求人は容易に見つかる一方で、職場環境や人間関係で失敗する可能性が高いと言えます。

横浜市の薬剤師転職に強いサイトを以下に紹介していますので、目的に沿って少なくとも3つ程度登録しておく事をおすすめします。

登録自体は3分程度です。もちろん完全無料で費用等は一切かかりません。

4-1. 薬キャリ|求人数が多く、スピーディーな対応

薬キャリ

『薬キャリ』は、SONYグループが分社してできた薬剤師転職支援サイトです。

15年以上前から医療業界に特化したビジネスを行っていたこともあり、病院や医療施設などにおいて圧倒的な知名度を誇ります。

その特徴は何と言ってもオールマイティさです。

また、横浜市の中でも転職人気の高い病院薬剤師(業界1位)や、調剤薬局(業界3位)以外にも、企業薬剤師求人数も業界1位と様々な職種に強い転職サイトです。

病院とのコネクションが強く、業界や転職の裏事情にも強いと評判です。

さらに、200人の口コミ比較でわかった薬剤師転職おすすめランキングによると、転職サポートが抜群にスピーディな事が分かりました。

ライバルが多いと言われている横浜市で、サポートスピードは非常に重要なことです。

転職できるまでのフォローが丁寧という口コミも多く、希望店舗の内情をしっかりヒアリングしてみることをおすすめします。

公式サイトを見る
https://pcareer.m3.com/

4-2. マイナビ薬剤師|豊富な求人数と面談の安定感

『マイナビ薬剤師』は、リクルートと並ぶ転職業界最大手のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職支援サービスです。

マイナビグループの知名度と営業力を活かして横浜市の求人情報を網羅し、豊富な求人数を抱えているのも特徴です。

マイナビ薬剤師は応募者との「面談」に力を入れており、親身にアドバイスをしてくれる事で有名です。

横浜市にも支店を持っており、地方在住の薬剤師はもちろん、横浜市に在住の方でもおすすめできます。

公式サイトを見る
https://pharma.mynavi.jp/

4-3.ファーマキャリア|希望に沿った好条件求人を提案

『ファーマキャリア』は、薬剤師専門の転職エージェントで、希望に合わせた好条件求人をオーダーメイドで提案してくれることが特徴です。

横浜市の求人数は600件ほどあり、電話対応可なのでいつでも気軽に相談できます。

ファーマキャリアには、優秀なコンサルタントが揃っており、一人ひとりがより満足のいく転職を実現するために、非常に親身なサポートを実施しているので、ぜひ登録しておきましょう。

公式サイトを見る
https://pharmacareer.jp/

4-4.ファルマスタッフ|調剤薬局求人数で業界最大級

『ファルマスタッフ』は大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営する薬剤師転職支援サービスです。

もともと、出身母体である調剤薬局を中心に扱っていた転職サイトですが、そのネームバリューで病院・ドラッグストアなどでも求人を多く掲載しており、「求人の質・量」は業界トップクラスという評価です。

また口コミ評判によると、面接が不安な転職者向けの面接同行サービスも高い評価を受けています。

面接が不安な方は、登録しておいて損は無い転職サイトだと言えるでしょう。

公式サイトを見る
https://www.38-8931.com/

4-5.リクナビ薬剤師|優秀なコンサルタントによる安心感

リクナビ薬剤師

『リクナビ薬剤師』は、人材紹介最大手のリクルートが運営する薬剤師を専門に扱ったサイトで、高い評判と多くの転職実績があります。

ドラッグストア求人・高収入求人で業界1位と、大手とのコネクションが強いリクナビ薬剤師ですが、強みは何と言っても「日本一の人材紹介会社」としてのノウハウが豊富で優秀なコンサルタント

求人紹介だけでなく、希望の求人店舗から欠員補充採用があった際に、いち早く連絡をもらう事ができます。

特に初めて転職する方は、『リクナビ薬剤師』の転職エージェントに相談して損はないでしょう。

ネット上での登録の後、必ず対面での面談を申し込む事をおすすめします。

公式サイトを見る
https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

5. 横浜市で転職した薬剤師の口コミ

ここでは横橋で薬剤師の転職に成功した口コミの一部を紹介します。

自分の求めている職場に出会えた

口コミ・評判

D.Kさん(20代後半)
調剤薬局勤務
初めての転職で不安でしたが、キャリアアドバイザーの方が親身になって相談に乗ってくれたので、希望の条件で転職することができました。
対応のスピードが速く丁寧だった

口コミ・評判

Y.Kさん(30代前半)
ドラッグストア勤務
旦那の転勤に合わせて横浜に引っ越し、転職活動をするため薬剤師の転職サイトに登録。
登録したその日にエージェントから電話がかかってきてとても驚きました。その後のメールの返信も早かったのでその後1ヶ月で転職できました。
最初は不安な転職活動も、上記口コミのようにキャリアカウンセラーが親身になって転職活動を支援してくれるので、まずは登録をしてみることをおすすめします。

6. 薬剤師の転職エージェントを最大限活用するための7つのテクニック

業界の裏事情など、知っておけば転職エージェントを最大限活用できるテクニックを7つ紹介します。

さっと目を通して、「こんなこともあるんだ」程度に意識するだけで、転職エージェントを最大限活用できますので、ご参考にしてください。

6-1. とりあえず「良いところがあればすぐにでも」と言っておく

キャリアアドバイザーも売上目標があり日々追われています。担当者とのファーストコンタクトでは「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に具体的に転職を考えているなら「良いところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

6-2. 合わなければ勇気をもって担当変更する

担当のアドバイザーに情をうつしてはいけません。担当変更は実はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。

現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、別のアドバイザーの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

6-3. 経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。エージェント内でよく話題にあがるのが、3年前の登録情報と今回とで登録情報が違うよ・・・という話です。

この場合、虚偽報告を行う危険な人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

6-4. 推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当のキャリアアドバイザーはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではない担当者の場合は経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

今までみた中でもっともひどかった推薦文(参考)

「業務内容を把握している現場の方の目でご判断頂くことが一番です。スキル面については掘り下げてお聞き下さい。」

言ってることは間違いではないですが、応募者からすると転職エージェントを使う意味がないですよね。しっかりプッシュしてもらいましょう。

6-5. 同じ案件に複数のエージェントから応募しない

数社の薬剤師転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。企業から「他の転職エージェントからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

応募先・エージェント両者に不信感を与え、場合によっては破談となり、応募先に再度応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるでしょう。

6-6. 内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾をした後、その判断に迷いがないか・正しいのかを確認するために、正直に内定を持っていることを伝えた上で別の転職エージェントに相談をしてみましょう。

そうすることで、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件が発見できたり、内定を持って余裕のある状態で冷静な判断ができます。

この行動によって結果的に内定を辞退したとしても、転職エージェントにはしっかりと謝罪をしなければなりませんが、法的なペナルティーはありません。

内定を辞退するのは大変心苦しいことですし、転職エージェントとしてされると非常に腹がたつのですが、ご自身のキャリアに対して妥協せずに意思決定をするために有効なテクニックです。

6-7. 丁寧に、マナーを守って対応する

時々、横柄な態度を取る方がいますが、そういった方には優良案件は紹介しません。

大手の転職エージェントであれば、1人のアドバイザーは多ければ100人以上の応募者を一度に担当しますので、転職市場や時期も大事ですが、個人的な感情もふまえて力の入れ具合が変わります。

感謝を伝え、丁寧にマナーを守って対応しましょう。

7. 関連記事のまとめ

この記事をご覧いただいた方は、以下の記事も併せて読むことをおすすめします。

高年収で転職したい人向け薬剤師が高収入で転職するために必要な全知識
企業へ転職したい人向け企業へ転職したい薬剤師のための転職を成功に導く全知識
調剤薬局へ転職したい人向け薬剤師必見!調剤薬局への転職で絶対後悔しないための全知識
病院へ転職したい人向け誰でもわかる病院薬剤師の全て|仕事・年収・転職のコツ
在宅薬剤師として働きたい人向け3分でわかる在宅医療薬剤師の働き方となるための3つのコツ
ドラッグストアへ転職したい人向けドラッグストアへの転職の全知識|失敗したくない薬剤師必見!

これらの記事は、あなたが薬剤師が転職を行う上で重要にしているポイントを抑えた内容となっていますので、ぜひご覧ください。

8. 薬剤師の転職に関するQ&A

薬剤師の転職に関してよくある疑問をQ&A形式にしてまとめました。

Q1. 求人サイトと転職エージェントは何が違うのですか?

転職エージェントは求職者に担当者がついて求人紹介や日程調整などサポートをしてくれるのが特徴です。

対して、求人サイトでは担当者がつかないため求人選びから面接の日程調整まですべて自分で行う必要があります。

そのため、転職エージェントの利用をお勧めしますが、自分で求人を探したい人は求人サイトで探してみるのも一つの手段です。

Q2. 転職エージェントを利用するのに費用はかかりますか?

登録をした薬剤師は一切費用がかかりません。安心してサービスを利用してください。

Q3. 登録後の連絡方法はどういったものがありますか?

通常は、電話での連絡が多いですが、もちろんメールでの対応も行っています。

忙しい人もいると思うので都合に合わせて連絡方法を選ぶと良いでしょう。

Q4. キャリアカウンセラーとの面談キャンセルは可能ですか?

全ての転職サイトにおいて、面談のキャンセルは当日でも可能ですが早めに連絡しましょう。

無断キャンセルはその後の印象が悪くなる傾向にあるため絶対にやめるべきです。

最後に

横浜市で薬剤師の転職に失敗しないためのポイントやおすすめの転職サイトをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

横浜市の薬剤師求人数は神奈川県の中では比較的多いといった特徴がありますが、職場環境や人間関係で失敗する人が多いという懸念もあります。

ポイントは自分に合った横浜市の求人を探す・そのために薬剤師に強い転職サイトに複数登録するの二点。これだけで満足のいく転職の可能性を高める事ができます。転職成功に向けてトライしてみる事をおすすめします。

横浜市の薬剤師転職に強く、必ず登録すべき転職サイト5選

あなたが横浜市で最高の転職をできることを陰ながら祈っております。