看護師転職サイトのデメリット|登録する前に知っておくべき注意点を徹底解説

「看護師転職サイトって登録すべき?」「デメリットがあるなら事前に知っておきたいと考えていませんか?

結論から言うと、転職サイトには以下のようなデメリットがあります。

  • 担当者からの連絡がとにかくしつこい
  • 希望の求人を紹介してもらえない
  • 担当者がコロコロ変わる
  • 担当者から連絡が来ないケースもある
  • 応募者が多数集まる病院では、不利になることがある

利用の際はデメリットを正しく理解して、慎重に検討をする必要があります。

ただ転職サイトは正しく選んで登録すれば、デメリットを上回るほど利点が大きいです。そこでこの記事では、看護師転職サイトのデメリットだけではなく利用のメリット、そして正しい選び方について解説していきます。

  1. 看護師転職サイトの5つのデメリット
  2. 看護師転職サイトになぜデメリットが生じるのか
  3. 看護師転職サイトの4つのメリット
  4. 転職サイトを使うべき人・使うべきでない人の条件
  5. 看護師転職サイトの選び方
  6. 看護師から高評価のおすすめ転職サイト
  7. 看護師転職サイトをより効果的に利用する6ポイント
  8. 看護師転職サイト利用の流れ
  9. 看護師転職サイト利用でよくある質問

このページをすべて読めば、看護師転職サイトの悪い面・良い面が分かり、登録すべきか判断できます。

1. 看護師転職サイトの5つのデメリット

看護師転職サイトのデメリットには、大きく以下の5点があります。

利用者の口コミとともに解説します。

デメリット1. 担当者からの連絡がとにかくしつこい

転職サイト利用経験のある看護師さんから最も多くあがった不満は、担当者からの連絡がとにかくしつこいことでした。

「良い求人があればすぐに転職したい」と伝えたその日から、昼夜問わず連絡がきてうんざりしたという意見が多数寄せられました。

電話がしつこいくらいかかってくる

口コミ・評判

女性(30代前半)
転職サイトに対する評価:★☆☆☆☆1
子どものお世話をしないといけない夕方に電話がしつこいぐらいにかかってきます。こちらが急いで次の仕事を探してない状態なのに何度も何度も電話がかかってきて迷惑でした。こちらの状況は事前の情報入力で今すぐの求人でなくてよい、というところにチェックをいれているにも関わらず、ひっきりなしに着信があり、迷惑で電話に出たくないと思いました。

勤務中に何度も着信があった

口コミ・評判

女性(30代前半)
転職サイトに対する評価:★★☆☆☆2
担当者が時間を問わずに電話で連絡してくるところがよくなかったです。看護師として、シフト制で仕事をしているので、出られない時が多いのですが、担当はいつでもつながるだろうという決めつけで何度も連絡をしてきました。そこが態度にも表れていたので、少し気になりました。

転職サイトに登録すると、担当者(キャリアアドバイザー)から求人を紹介してもらえますが、その連絡が迷惑と感じるほど多いケースがあるようです。

実は転職サイトは、登録した看護師の転職が決まるごとに、転職先(病院・施設)から仲介料を受け取るという仕組みです。

要するに、看護師の転職が決まるほどお金になる構造となっており、それゆえに担当者は看護師に対し、「この病院はどうですか?」とやや過剰と言えるほど積極的にアプローチしてくるのです。

もちろん、丁度いいペースで連絡をくれる担当者もいます。担当者に不満があれば、変更してもらうことも可能です。

ただ転職サイトの仕組み上、「自分のペースで転職活動がしづらい」というデメリットがあることは知っておきましょう。

デメリット2.希望の求人を紹介してもらえない

転職サイトには、「求人探しのために登録しているのに、希望する求人を全然紹介してもらえない」という不満もあるようです。

紹介求人が少なく選択肢がなかった

口コミ・評判

女性(30代前半)
転職サイトに対する評価:★★☆☆☆3
紹介された案件が3件のみで選ぶに選べなかった。年収も下がり、休みも減り何もプラスにならない転職になってしまった。もうすこし紹介してくれる案件があってもよかったと思う。

希望と違う求人を紹介される

口コミ・評判

女性(20代後半)
転職サイトに対する評価:★★☆☆☆2
求人がいつも同じ病院や事業所のような印象を受けました。転職の情報収集だけでもと思い、登録しましたが、何度も連絡がきて困りました。転職の希望を伝えても、希望に沿っていないような病院を勧められ、なかなか思うようにいかないことも多かったです。

転職サイトは様々な種類があり、そのサイトによって紹介できる病院が異なります。

大手企業が運営するサイトであれば紹介可能求人も多く、選択肢も増えますが、そうでないサイトに登録してしまった場合、希望条件に合う職場がないことも十分にあり得ます。

それどころか評判の悪いサイトでは、「紹介された求人がブラックだった」「事前に聞いていた情報と違っていた」といったケースもあるようでした。

かなりブラックな職場に転職してしまった

口コミ・評判

女性(30代前半)
転職サイトに対する評価:★☆☆☆☆1
自分が出した条件と合っていない案件ばかり、紹介されました。ワークライフバランスが取りやすいと聞いていたクリニックは毎日残業だらけ、休憩返上とかなりブラックなクリニックでした。また、就職先と交渉してもらったはずの内容が、いざ就職して確認するとそんなこと聞いてないと言われたりしました。

転職サイト選びを間違えてしまうと、希望に沿わない職場を紹介される可能性があります。

デメリット3.担当者がコロコロ変わる

転職サイトでは、担当者(キャリアアドバイザー)から求人紹介・サポートを受けながら転職活動を進めていきますが、その担当者が頻繁に変わるという意見もありました。

担当者変更が何度もあった

口コミ・評判

女性(30代前半)
転職サイトに対する評価:★★☆☆☆2
転職活動中に担当者が何度も変わりました。その度に希望条件をイチから伝えなければならず、かなり面倒です。あと社内で引継ぎが上手くできていないようで、「転職活動は一旦休止」と伝えていたはずなのに、担当が変わるたびに、しつこく連絡来ました。

人材業界は離職率が高いと言われており、看護師の転職活動中に担当者が退職するとことは珍しくありません。

相性の良いアドバイザーに担当してもらっていても、ある日突然連絡のしつこい人に担当が変わってしまうというケースも考えられます。

デメリット4. 担当者から連絡が来ないケースもある

担当者からの連絡がしつこいというデメリットを紹介しましたが、それとは逆に全く連絡が来ないこともあります。

突然連絡が途絶えてしまいました

口コミ・評判

女性(30代前半)
転職サイトに対する評価:★★☆☆☆2
おすすめの案件や条件にはまる案件が見当たらないと、突然連絡が途絶えてしまいました。条件が難しかったのかも知れませんが、提案された案件も条件とは離れたものもありました。たとえ紹介できる案件がなくとも、定期的には「今探してます」的なメールがあっても良いように思います。

他にも、「不採用が続き、一番助けになってほしい時に連絡が一切来なくなった」という方もいらっしゃいました。

前述の通り、転職サイトは看護師の転職が実現して仲介料を受け取るという仕組みなので、「転職の見込みがない」と判断された場合、連絡頻度が少なくなると考えられます。

執拗に連絡が来たり、そうかと思えばぱったり来なくなったりと、転職サイト側の都合でやり取りの頻度が変わるようです。

デメリット5. 応募者が多数集まる病院では、不利になることがある

応募者が多数集まる病院では、転職に不利になることも考えられます。

病院側が転職サイト経由で採用する場合、仲介手数料がかかってしまうからです

例えば、(1).転職サイト経由の候補者と、(2).直接応募の候補者がいた場合、病院は(2)後者を優先して採用する可能性が高くなります。

公式HPからの応募者を採用するなら、病院が手数料を支払う必要がありません。同じくらい良い人材がいた場合は無料で採用できる人が優先されやすくなります。

この仲介手数料はやはり病院にとっては痛手であり、実際に8割以上の病院が転職サイトの紹介手数料を高すぎると認識しています。

出典:公益社団法人全日本病院協会

したがって、働きたい病院が明確に決まっている場合は、転職サイトを使うメリットはないと言えます。

ここまでのまとめ

看護師転職サイトのデメリットは以下の通りでした。

  • 担当者からの連絡がとにかくしつこい
  • 希望の求人を紹介してもらえない
  • 担当者がコロコロ変わる
  • 担当者から連絡が来ないケースもある
  • 応募者が多数集まる病院では、不利になることがある

ではなぜこのようなデメリットが生じるのでしょうか。1章でも簡単に説明しましたが、その理由は転職サイトの仕組みにあります。

次章では、デメリットの原因となっている転職サイトの仕組みを詳しく解説します。

2. 看護師転職サイトになぜデメリットが生じるのか

なぜ上記のようなことが生じるのか、詳しく知りたいという方もいるでしょう。

看護師転職サイトにデメリットが生じる理由は、以下の2つです。

それでは、解説していきます。

2-1. 転職サイトは「看護師を転職させればさせるほど儲かる」仕組みである

看護師転職サイトのデメリットが生じるのは、先ほども簡単に説明した通り「看護師を転職させればさせるほど儲かる」仕組みであるからです。

転職サイトは病院に看護師を紹介し、その紹介料で利益を得ています。

報酬額は看護師の年収の30%が相場と言われており、その紹介料でサイト運営を行っています。

そのため担当者の中には、大量の求人を紹介して転職を促そうとする人もいるのです。

また、病院側としても紹介料を抑えたいため、直接応募した人を優先してしまい、ライバルが多い時期には転職サイトから採用が決まりにくいというデメリットが生じます。

したがって、転職サイトの担当者に任せきりにするのではなく、気になる病院の公式HPを見てみるなど、能動的に転職活動を行いましょう。

2-2. すぐに転職しそうにない場合、担当者にとって優先度が低くなる

担当者から連絡が来ない理由としては、「すぐに転職しそうにないため、優先度が低い」ということも挙げられます。

これも転職サイトの仕組みに起因しており、転職サイトは採用決定に結びつく可能性が高い登録者を積極的に支援する傾向にあるのです。

そのため、転職時期について聞かれた際は「すぐに転職したい」と伝えて、転職意欲の高さを示すことが重要です。

ここまでのまとめ

転職サイトにデメリットがある理由を解説しました。

特に連絡がしつこいという最大のデメリットは、「看護師を転職させればさせるほど儲かる」という構造上の問題と言えます。

ただし、デメリットがあるかどうかは、結局のところ「担当者次第」となります。

ノルマに追われて売上ばかり考えている人が担当者になれば、あなたの希望を無視した強引なアプローチを取ってくるでしょう。

これに対して、親身になってくれるアドバイザーが担当してくれれば、あなたの希望をしっかり聞いてくれて、丁度良いペースで転職活動を進められます。

次章では優良な転職サイトに登録した場合、どのようなメリットがあるのかについて解説していきます。

3. 看護師転職サイトの4つのメリット

看護師転職サイトはデメリットばかりではなく、以下のようなメリットもあります。

以下で詳しく説明していきます。

メリット1. 条件に合う求人を探してくれる

転職サイトで誠実なアドバイザーに担当してもらえれば、ヒアリングをもとに希望条件に合った求人を紹介してくれます

保有する膨大な求人の中から自分で求人を絞り込まなくてはならない求人情報サイトに比べ、働きながら、簡単に求人が探せるのが特徴です。

特に転職未経験者にとっては、膨大な求人の中から自分に合うものを選ぶことは骨の折れる作業です。

基本給、各種手当、休日数、有給消化率は各病院で大きく違う上、求人情報だけでは読み取れない情報もあります。

このようにサイトの仕組みを考えると、転職サイトで求人を紹介してもらうことは希望求人に出会える最短ルートでしょう。

希望に合う求人をたくさん紹介してもらえた

口コミ・評判

Y さん(31歳・一般病院/保健師→正看護師)
「看護のお仕事」の評価:★★★★☆4
看護のお仕事をメインで使っていましたが、一番よかったのが希望に合った求人を次々に紹介してくれること。
本当に受けたい求人をじっくり選んで、いいところを受けられました!
前職は保健師でしたが、看護師にチャレンジさせてもらえ、お給料も月に3万円くらい上がりました

メリット2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

看護師転職サイトを利用していると、求人情報誌や他の転職サイトに表立って紹介されていない非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

なぜ非公開かというと、非公開求人の多くは人気が高いため、サイトに求人を乗せると応募が殺到してしまうからです。

ですので表立った募集を避けて、転職サイト登録者の中でも意欲的な求職者を紹介してもらうことで応募者を絞っています。

「ネットで検索しても良い求人が見つからない」と悩んでいる方も、転職サイトを利用することで思わぬ好条件の求人と出会えるかもしれません。

非公開求人も含めて求人数が多く、転職成功率が高い

口コミ・評判

Fさん(30-34歳・300~399万円・正社員)
看護roo!の評価:★★★★☆4
看護roo!を利用して良かったことは、とにかく求人数が圧倒的に多いことです。非公開のものも多いのですが、それだけ一般には知られていない求人にも近づけますので登録をすれば転職の確率も高くなると思います。

メリット3. 転職活動を効率的に進められる

転職サイトに登録すると、キャリアアドバイザーが内定後まで一貫してサポートしてくれるため、転職活動に時間を割けない求職者でも効率的に求人を探せます。

対応してくれるサポートは大きく分けて下の図に示した4つです。

サイトによってサポートの種類は異なりますが、具体的には以下のようなサポートを受けられます。

  • キャリア相談
  • 履歴書や経歴書の作成、添削
  • 面接対策
  • 面接スケジュール管理
  • 病院・クリニックとの契約交渉
  • 入社後のトラブル相談

逆に個人で転職活動を行うと、自分の今の不満やスキル、今後のキャリアを客観的に把握するのは難しいです。

転職活動を間違った方向に進めてしまわないために、転職サイトを利用することをおすすめします。

メリット4. 病院の内情を教えてもらえる

転職サイトを利用すると、気になる病院の内情を知ることができます。

個人で病院の内情を探ることは難しいため、転職サイトを利用する大きなメリットです。

特に、残業の有無や職場の人間関係、働いている先生の評判などを事前に知っておくことで、転職後のミスマッチを防ぐことができます。

職場の内部事情に詳しく、働く前にどんな職場かわかった

口コミ・評判

匿名さん(25-29歳・年収200~299万円・正社員)
「看護のお仕事」の評価:★★★★☆4
私が看護のお仕事で感激した理由としましては、働く前にどんな職場かよく分かると言う内容でありました。アドバイザーの対応満足度も一位と言うことであり以前から転職を考える際に気にしておりました。中でも職場の内部事情に詳しいことで、様々な内情による情報をキャッチすることができました。

各病院の離職率・人間関係などの内情にも詳しく、安心できた

口コミ・評判

匿名さん(男性/30-34歳/500~599万円)
「マイナビ看護師」の評価:★★★☆☆3
電話対応は他の求人サイトと比べるととても対応がよく、各病院の内情が非常に詳しくとても安心できそこの病院の離職率も詳しく入職して気になる人間関係なども安心できると思う。電話などの対応が難しい場合はLINEでやり取りでき他のサイトに比べしつこい電話が何回もかかってくることがないのでとても良いと思いました。

【看護師転職サイト】メリット・デメリットのまとめ

メリットデメリット
  • 条件に合う病院を探してくれる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 転職活動を効率的に進められる
  • 病院の内情を教えてもらえる
  • 担当者からの連絡がとにかくしつこい
  • 希望の求人を紹介してもらえない
  • 担当者がコロコロ変わる
  • 担当者から連絡が来ないケースもある
  • 応募者が多数集まる病院では、不利になることがある

4. 転職サイトを使うべき人・使うべきでない人の条件

ここまでの内容を踏まえると、以下の特徴に当てはまる方は、看護師転職サイトに登録しない方が良いでしょう。

看護師転職サイトを使うべきでない人

  • 連絡が頻繁に来るのは嫌
  • 働きたい病院が決まっている
  • 自分のペースで転職活動を進めたい

一方で、以下の条件にいくつか当てはまる方には、看護師転職サイトへ登録することがおすすめです。

看護師転職サイトを使うべき人

  • 転職未経験で、サポートを多く受けたい人
  • 行きたい病院が明確ではない人
  • 多くの求人を紹介してもらいたい人
  • 転職先の内情について知りたい人

では、転職サイトはどのように選べば良いのでしょうか。次章では、転職サイトの選び方についてまとめていきます。

5.看護師転職サイトの選び方

看護師転職サイトは85社以上あり、質の低いサービスも少なくありません。

正しくサイトを選ばないと、非効率かつ間違った方向に転職活動を進めてしまう可能性もあるので、サイト選びの際は、以下をしっかり意識しておいてください。

選び方1.求人数の多い大手サイトを選ぶ

転職サイト選びでもっとも重要な項目は、どれだけ多くの選択肢を得られるかです。

求人数が多いほど、理想に近い求人に出会える確率が高くなります。

デメリットの口コミとして挙げられた「求人を全然紹介してもらえなかった」という口コミは、おそらく紹介可能求人が少ないサイトを使ったことも原因の一つでしょう。

特に求人の少ない地方在住の方は、大手サイトの利用がおすすめです。

選び方2.メール・LINEでのやり取りがメインのサイトを使う

転職サイトに登録する前に、担当者(キャリアコンサルタント)との連絡方法を確認し、メール・LINEでのやり取りがメインのサイトを使うことをおすすめします。

連絡方法は主にメール・電話・LINE・ビデオ通話などのツールが用いられます。どのツールをメインで使うかはサイトによって異なります。「自分が連絡を取りやすい形でやり取りできるか」という視点は、スムーズに転職活動を進める上で大切です。

転職経験者の話では、「メールやLINEなどテキストでのやり取りが楽で良い」という意見が多数派でした。「頻繁に電話がかかってくるのは嫌だ」という方は、メールやLINEでのやり取りが可能なサイトを選びましょう。

なお詳しくは後述しますが、看護師さんからの評価の高い大手サイト(看護roo!看護のお仕事マイナビ看護師)は、いずれも電話・メール・LINEから、希望の連絡方法を選べます。派遣会社利用の場合は、電話のみというケースが多いようです。

選び方3.複数のサイトに登録し、担当者との相性を見極める

転職サイトのサービスに満足できるかどうかは、担当者との相性次第なので、複数のサイトに登録してそれぞれのアドバイザーとやり取りしてみることをおすすめします。

その中で「この人なら任せられそう」という人がいるサイトをメインで使うと良いでしょう。

転職サイトによってアドバイザーの教育体制が異なっているので、利用するサイトを変えるだけでストレスなく求人探しができるようになることも珍しくありません。

一つのサイトにこだわらず、いくつか試しに登録してみましょう。

6. 看護師から高評価のおすすめ転職サイト

数ある転職サイトの中から、以下を基準に、「利用者からの満足度の高い看護師向け転職サイト」をピックアップしました。

転職サイト選定基準
  1. 求人の数 …総求人数が多いほど、理想にぴったりの求人を見つけやすい
  2. 利用者満足度(提案&サポート力) …利用者の口コミをもとにサービスの質を評価。優秀なキャリアアドバイザーに担当してもらえれば、理想の職場を提案&手厚いサポートが期待できる

利用者の総合評価順にランキング形式でまとめると、おすすめの転職サイトは、以下の通りとなりました。

転職サイト求人数|総合満足度
1位
看護roo!
54,000件|◎4.3
利用者満足度96.3%、看護師さんからの人気No1の転職サイト。細かい条件で求人が探しやすく、面接対策&サポートも手厚い。
2位
看護のお仕事
115,000件|○3.8
総求人数トップレベル!累計40万人以上の利用者がいる転職サイト。LINEで最新の求人情報が得られるなど、気軽に転職活動ができる
3位
マイナビ看護師
49,000件|◎4.1
求職者のペースに合わせたサポートが強み。全国22箇所に相談会場があり、地方在住者も来社相談しやすい

※この記事では3サイトに厳選しています。より詳しく知りたい方は、『看護師723人が選ぶ転職サイトおすすめランキング』を参考にしてください。

1位.看護roo! | 看護師さん利用者満足度No.1

看護roo!の特徴

  • 利用者満足度96.3%
  • 公開求人5万6,000件+非公開求人も多数
  • 面接同行や選考対策など手厚いサポート

看護roo!』は、転職経験のある看護師さんから最も選ばれている、人気No1の転職サイトです。

登録者のみが閲覧・応募できる非公開求人も多数保有しており、細かい条件を組み合わせて仕事探しができるので、希望にぴったりの求人を見つけることができるでしょう。

30年以上に渡る転職支援実績のある株式会社クイック(東証一部上場企業)が運営するサービスであるため、信頼と実績も十分で、面接時に希望者には専任の女性スタッフが同行してくれるなど、きめ細かいサポートも魅力的です。

こんな看護師さんにおすすめ

  • みんなが使っていて、実績豊富な人気のサイトを利用したい
  • 給与や条件、人間関係などが良い職場情報を知りたい
  • はじめての転職で不安なのでプロに相談したい

公式サイト
https://kango-roo.com

2位.看護のお仕事 | 求人多数で選択肢の幅が広い!

看護のお仕事

看護のお仕事の特徴

  • 累計利用者数40万人以上
  • 友だちに勧めたい転職サイトランキングNo.1
  • 総求人数は12万件以上

看護のお仕事』は、求人数がトップレベルの転職サイトです。

キャリアアドバイザーが、病院や施設を訪問して直接取材を行っており現場のリアルな情報を詳細まで把握しているため、「人間関係や施設の雰囲気はどうか」「子育て中の看護師が働きやすい環境か」などの情報を踏まえて、最適な提案をしてもらえます。

また、LINEで「新着求人情報が届く」「担当のキャリアコンサルタントに相談できる」など、気軽に転職活動ができる点も魅力的です。

こんな看護師さんにおすすめ

  • できるだけたくさん求人が見たい
  • 職場の雰囲気や内部情報を知りたい
  • 気軽に求人探しがしたい

公式サイト
https://kango-oshigoto.jp

3位.マイナビ看護師|ペースに合わせて転職できる

マイナビ看護師の特徴

  • 看護師認知度4年連続No1の定番転職サイト
  • 求人数は5万件以上
  • 大手マイナビならではの情報ネットワークも強み

マイナビ看護師』は、大手人材企業マイナビが運営する定番の転職サイトです。

数週間で内定を目指す「スピード転職」や、数ヶ月に渡ってゆっくりと職場を探す「じっくり転職」など、求職者の都合に合わせたスピード感でのサポートをしてくれます。

そのため、「ゆっくりと考えたいのに連絡が煩わしい」「早く転職したいのにサポートが遅い」といったミスマッチもなく、自分のペースで転職活動を進められるでしょう。(面接の日程調整なども、キャリアアドバイザーが代行してくれます)

こんな看護師さんにおすすめ

  • なるべく早く次の仕事を見つけたい
  • 数ヶ月かけて余裕を持って転職活動したい

公式サイト
https://kango.mynavi.jp/

7.看護師転職サイトをより効果的に利用する6ポイント

看護師転職サイトは、以下のポイントを押さえておくことで、より効果的に利用できます。

サイト利用のポイント

どのサービスを選ぶかと同じくらい、どうやって活用するかも重要です。利用前にそれぞれのポイントを押さえておきましょう。

point-1.登録前に「担当者との連絡方法」を確認する

転職サイトに登録する前に、担当者(キャリアコンサルタント)との連絡方法を確認しておきましょう。

連絡方法は主にメール・電話・LINE・ビデオ通話などのツールが用いられます。どのツールをメインで使うかはサイトによって異なります。「自分が連絡を取りやすい形でやり取りできるか」という視点は、スムーズに転職活動を進める上で大切です。

転職経験者の話では、「メールやLINEなどテキストでのやり取りが楽で良い」という意見が多数派でした。「電話で話をするのが苦手」「休みの日に連絡してほしくない」という方は、メールやLINEでのやり取りが可能なサイトを選びましょう。

なお、看護師さんからの評価の高い大手サイト(看護roo!看護のお仕事マイナビ看護師)は、いずれも電話・メール・LINEから、希望の連絡方法を選べます。派遣会社利用の場合は、電話のみというケースが多いようです。

point-2.希望条件をしっかりと伝える

担当者との面談の際は、時間をかけて、希望条件をしっかりと伝えましょう。

希望の働き方や条件を具体的に伝えるのはもちろん、「転職に対する想い」「将来的なキャリアビジョン」などもしっかりと伝えておいてください。

キャリアコンサルタントは、二人三脚で転職活動を進めるパートナーのような存在。そのため、両者が同じゴールを見据えていることが何より大切です。

「転職に対する想い」「将来的なキャリアビジョン」がしっかり伝わっていれば、担当者は希望条件の背景まで先読みして、本当に知りたかった情報を教えてくれたり、キャリアの可能性を広げるような提案をしてくれたりします。

一方で、双方の認識がズレていると、自分の求める病院と提案される病院の方向性が一致せず、時間と手間だけがかかってしまいます。

point-3.転職時期は最短可能な日程を伝える

転職サイトに登録すると、「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と質問されます。特に決まった時期がなければ、「できるだけすぐに転職したい」と伝えておきましょう。

直近で転職を考えている看護師ほど、積極的にサポートしてもらえるからです。転職サイトは、看護師を病院・施設に紹介し、その仲介料で収益を上げるビジネスモデルなので、転職意欲が高い人を優先する傾向があります。

ただし、働きながら転職活動をする場合は、現実的に退職が可能な時期(引継ぎが終わるタイミング)も併せて伝えておいてください。

point-4.経歴やスキルは正確に伝える

経歴やスキルは正確に伝えるようにしてください。曖昧にしたままでは、適切な提案を受けられません。診療科目や病院の規模、具体的な担当業務は誤解のないよう伝えておきましょう。

【例】
診療科目:内科、消化器内科
病床数:一般200床
担当業務:消化器疾患のケア(消化器官の早期がんに対する内視鏡治療など)

もし内容に偽りがあった場合は、担当者からの信用を失うリスクもあります。

point-5.紹介された病院の口コミをチェックする

転職後に後悔しないためにも、紹介された病院の口コミを事前にチェックしておくのも大切です。

もちろん、病院の良い面・悪い面、リアルな内部情報は、転職サイト経由であらかじめ把握できます。ですが場合によっては、転職サイトの担当者が病院の悪い面を正しく把握していないケースもあるのです。

口コミサイトはいくつかありますが、その中でも特におすすめなのが、40万件以上の口コミが投稿されている『ナスコミ』と、病院ランキングなどが表示される『medico』です。

いずれも口コミを投稿することで閲覧ポイントを獲得できるものなので、やや労力はかかるものの、事前にリアルな口コミを知ることで、ブラックな職場を避けられます。

point-6.複数の転職サイトを併用する

複数の転職サイトを併用することで、スムーズな転職が可能になります。あまり多すぎると連絡がわずらわしくなるので、利用サイトは2~3つがベストです。

複数併用することで、以下のようなメリットがあります。

複数利用のメリット

  • 各サイトの非公開・独占求人にアクセスできる
  • 応募先の選択肢が増える
  • 担当者を比較し、最も相性の良い人にサポートしてもらえる
  • 異なる視点のアドバイスをもらえる

特に各サイトの非公開・独占求人にアクセスできるのは、かなり魅力です。

非公開求人は、一般的な求人情報サービスでは公開されていない求人。独占求人は、その転職サイトからしか応募できない求人のこと。いずれも、条件が良く好待遇であることが多い。

複数のサイトを利用すると、条件の良い求人情報を得られ、より理想に近い職場を見つけやすくなります。

8.看護師転職サイト利用の流れ

転職サイトを使ったことがない方に向けて、利用の流れを分かりやすく解説します。

転職サイト利用の流れ

Step1.登録後、担当者から連絡が来る

まずは転職サイトの公式ページから登録を行います。やるべきことは、氏名や生年月日を入力するだけ。どのサイトも、登録は1分程度で完了します。

登録完了後は、数日以内に電話・メールでサイトの担当者から連絡が来ます。転職希望時期や志望職種などを大まかに質問されますが、事前に準備などをする必要はありません。

初回の連絡は数分程度で終わります。その際、次のステップであるキャリアカウンセリングの日程調整などを行います。

Step2.キャリアカウンセリングを受ける

転職をサポートしてくれるキャリアコンサルタントと、一対一で面談(キャリアカウンセリング)を行います。

面談といっても、2021年時点は、ほぼ全てのサイトで電話やビデオ通話を用いてオンラインで実施されます。都市部在住で、近隣に拠点のあるサイトを利用する場合は、対面面談も選択可能です。

キャリアカウンセリングでは以下のような話題で話を進めていきます。

キャリアカウンセリングの内容

  • 現在の転職市場について
  • これまでの職歴や身につけたスキル
  • 転職を決めた理由
  • 転職先に希望する条件
  • 将来的なキャリアビジョン

キャリアカウンセリングでは、転職支援のプロから客観的な意見をもらいながら、転職活動の方向性を定めていきます。自身の考えを整理できる良い機会なので、じっくり時間をかけて行いましょう。

Step3.求人を紹介してもらう

面談の内容に合わせて、キャリアコンサルタントが職場を厳選して紹介してくれます。

自分で探す手間が省けるので、転職活動を効率的に進められます。非公開求人・独占求人の中からニーズに合ったものを提案してもらえるのも、転職サイトならではの利点です。

Step4.応募書類の添削を受ける

応募先の病院が決まれば、書類の作成を行います。応募書類は主に履歴書と職務経歴書の2つ。希望者は、添削を受けることもできます。はじめて転職する方で書き方が分からない場合は、積極的に添削してもらうようにしましょう。

Step5.求人に応募する

書類が完成したら、転職サイト経由で求人に応募します。

その際、キャリアコンサルタントが推薦文を添えてくれることがあります。推薦文は、応募書類からは伝わりづらいあなたの魅力を、代わりに伝えてくれるものです。どんな内容を書いてくれているのか確認もできるので、気になる方は担当者に尋ねてみてください。

書類選考に通過したら、次は面接へと進みます。書類選考期間は病院次第ですが、目安として1~2週間程度と想定しておきましょう。

Step6.面接対策を受ける

希望者は面接対策を受けることもできます。特に、転職サイトと病院がもともと深い関係を築いている場合は、「面接官はどんな人なのか」「どのような質問をされるのか」などを事前に把握できます。これも、転職サイトを利用するメリットの一つです。

なお、面接日の調整なども転職サイトが代行してくれます。

Step7.選考に通過した場合は病院で面接を行う

書類選考が通過したら、採用面接を受けます。面接回数は1回であることが多いです。

転職サイトを利用した場合、キャリアコンサルタントが同行してくれるケースもありますが、2021年現在、面接は最小限の人数を指定される場合も多く、1人で受けることを想定しておいたほうが良いでしょう

採用の場合は、雇用条件などを最終確認し、問題なければ承諾しましょう。入職の日程などは、担当者が間に入って調整してくれます。これで転職活動は終了です。

8. 看護師転職サイト利用でよくある質問

この章では看護師転職サイトに関する疑問と回答をまとめます。

以下で詳しく回答していきます。

Q1. 転職先病院の内情はどこまで知れますか?

有休消化率、上司の性格、ママさん看護師の割合などを教えてもらえます。

これまでで紹介した人気の看護師転職サイトは、病院の内情に詳しいことが多いです。

利用に際して担当のアドバイザーに詳しく確認し、詳しくなければ担当を変更してもらったり、別の転職サイトを利用したりしましょう。

Q2. 地方に住んでいるのですが、看護師転職サイトは利用できますか?

地方に住んでいても利用できます。

実際、このページで紹介した転職サイトは全国に満遍なく求人を保有しているものが多いです。

従来は対面での面談が主流でしたが、2020年以降はオンライン・WEBでのやり取りが基本となっているので、地方在住者でも問題なく利用できます。

Q3. ブラックな転職サイトはありますか?

以下のような転職サイトも少なからず存在します。

  • 転職のための営業がしつこい(電話が多い、強引に面接をセッティングする)
  • 求人がブラックなものばかり
  • 対応がとにかく遅い(すぐに返せる内容に1週間かかる)

担当につくアドバイザーの対応が良くない場合は、他のアドバイザーへ変更してもらいましょう。

それでも悪質な対応が続くなら、すぐに利用をやめ別の転職サイトを使いましょう。

Q4. 今の病院を辞めなくても登録できますか?

全ての転職サイトは今の仕事を続けながらでも登録することが可能です。

もちろん、あなたが転職サイトに登録したことが今の職場にバレることはありません。

反対に、仕事を辞めてから転職活動をすると、給料が入らなくなり、経済的に厳しくなって転職先を妥協してしまうケースが多いです。

そういったことを防ぐために、必ず今の仕事と並行して転職活動をしましょう!

Q5. 登録しても内定がもらえないこともありますか?

登録しても、内定がもらえないことはあります。

実際に以下の口コミの通り、育休後になかなか内定がもらえないという方がいらっしゃいます。

紹介会社を通して2件紹介してもらいましたが、2件とも内定をもらえなかった

口コミ・評判

名前 さん
今転職活動中です。実務経験は准看護師4年の正看護師3年目です。
育休復帰後7カ月が経過し、ライフワークバランスが保てないため転職活動中です。
ですが紹介会社を通して2件紹介してもらいましたが、2件とも内定をもらえず

紹介会社の方からは理由は聞きました。
一件目は緊張で声が小さくなってしまった事。
2件目は自宅から近い透析の病院を受けたのですが、もう少し内科系の経験があると嬉しいと言われ不採用となりました。

出典:看護roo! 「お悩み掲示板」

「面接で緊張しすぎてしまった」「実務経験が足りなかった」といった理由も挙げられますが、小さい子どもがいるため突発的な休みが多いのではと懸念された可能性があります。

家庭の事情などで長時間働けない方は、時短正社員制度を取り入れている病院を探したり、夜勤がない「外来」や「クリニック」で働くことを検討してみると良いでしょう。

終わりに

ここまで看護師転職サイトのデメリットと、それを踏まえた転職サイトの活用方法を説明してきましたが、いかがでしたか。

転職サイトを利用するとより効率的に転職活動を行えるので、看護師転職をお考えの方は是非登録をおすすめします。

1人で悩むのではなく、専門のアドバイザーに相談してよりよいキャリアを築いていきましょう。

最後に、あなたの転職が良いものになるよう心から祈っています。