転職は結婚前・後どっちにするべき?女性105人の意見から分かったベストタイミング

「転職するなら結婚前後のどちらがいいの?」と考えていませんか。

この記事を執筆するにあたり、当サイトではまず転職経験者の女性105人にアンケートを実施し、「結婚の前・後どっちのタイミングで転職している人が多いのか」を調査しました。

結果から先にお伝えすると、「結婚後」に転職する女性が多いことが分かりました。

転職経験者の意見を詳しくみると、「結婚後の方が企業選びがしやすかった」「結婚前だと面倒ごとが増える」といった内容が多く見られます。

ただ、どうしても転職したい企業がある場合は転職前の方が有利になることがあるので注意が必要です。

この記事では、結婚前後の転職のそれぞれのメリット・デメリットや転職成功のポイントについて詳しく解説します。

  1. 結婚「後」に転職した女性が半数以上【105人のリアルな意見まとめ】
  2. 結婚前に女性が転職するメリット・デメリット
  3. 女性が結婚後に転職するメリット・デメリット
  4. 女性が結婚前後に転職をする場合のスケジュール
  5. 女性が結婚前後の転職を成功させるための3ポイント
  6. 結婚を考える女性におすすめの転職エージェント
  7. 結婚を考える女性が転職する時に確認すべき4ポイント
  8. 【FAQ】結婚を考える女性の転職に関するよくある質問

全て読めば、自分が結婚前後のどちらに転職した方がいいのか正しい判断ができるでしょう。

1.結婚「後」に転職した女性が半数以上【105人のリアルな意見まとめ】

CareerTheory編集部では、結婚と転職を近いタイミングで行った方105人を対象にのアンケート調査を行いました。

アンケート調査

その結果、「転職後」に転職した女性が過半数に達することが分かりました。

結婚前後に分けて、そのタイミングで転職しようと思った女性のリアルな意見を、以下にまとめました。

結婚後のタイミングで転職しようと考えた理由

まず初めに結婚後の転職を考えた理由について紹介します。

家事・子育ての時間を増やすため

  • 結婚後、子どもを考えるようになったことが一番の理由です。将来的に子どもが2人欲しかったので、家から会社まで片道1時間以内でいける所に転職したかったです。
  • 結婚後は夫とのこと、今後の子どものことも気にして生活をする必要があると実感したからです。
  • 妊娠、出産後にも働いていけそうな会社への転職を早めにした方がいいと思ったからです。
  • 結婚すると家事の負担が多くなり旦那さんに迷惑をかけず無理なく働ける仕事をしたかったからです。
  • コロナ禍で簡単に転職先も見つからないだろうと先伸ばししてましたが、せっかく新婚なのに主人にご飯を作ってあげることもできず、毎日総菜ばかりなのに罪悪感を感じたためです。
  • 結婚をして、家庭に入るので 家事などをする時間を欲しいと思ったのと、扶養に入ったので、短い時間を探しました。
  • 子供がすぐに欲しいと思っていたので、正職員からパート勤務へ転職しました。

家事や子育てのための時間を増やすために、ワークライフバランスの取れた会社に転職する方は多いです。

中には正社員ではなく、パートや派遣社員に雇用形態を変える方もいます。

扶養に入ったため

  • 結婚を機に扶養に入ったので近所で働けるパートタイムを探していました。
  • 扶養に入ったので、短い時間で働ける職場を探しました。

結婚を機に配偶者の扶養に入ったため、給料を稼ぎすぎないように短時間で働ける職場に転職する方もいます。

扶養の範囲内で働く場合、パートや派遣社員として働くことになるでしょう。

引越しにより現職で働き続けることができなくなったため

  • 東京と遠く離れたところに引っ越すことになり、仕事を続けることが困難になったため退職し、新天地で探すことになりました
  • 夫が転勤となり、いったんは別居婚を続けていましたが、自分が仕事を辞め夫のもとに移動して、その地で仕事を探したいと考えたためです。
  • 結婚後、関西から関東へ引っ越しをしなければならず、仕事を続けることができなくなってしまっていたためです。また、新しい環境の生活に慣れてからにした方がいいと周りからも言われていたからです。長い時間がかかったけど正解だったと思っています。
  • 子供が産まれてからは簡単に引っ越しなど出来ないと思い結婚後に直ぐに転職を決意しました。また、前職はコロナの影響も重なり業績が悪くなるばかりで10年後の未来が不安な事もありました。

結婚後の引越しを理由に転職する方も多くいます。

中には、出産前の方が引っ越しがしやすいと考えてスケジュールを早めた方もいるようです。

結婚前だと転居や手続きなどの面倒ごとが増えるため

  • 結婚前に退職をすませてたので本来は3月から働くことも可能だったが、結婚や転居に伴う諸々の手続き、また引っ越し作業などで忙しかったので、しばらくは失業保険もあるのでゆっくりしようと考えたため。
  • 書類関係の手続きが多かったり引っ越し等忙しいので、全て手続きを終えて生活が落ち着いてから転職について考えたいと思ったからです。
  • 入籍してからじゃないと、新しい会社に勤め始めてから、苗字や住所の変更等の手続きが生じて面倒だと思ったからです。

結婚に伴う転居や手続きと転職活動が重なるのが面倒だと考えて、転職活動を結婚の少し後にずらしている方もいます。

また、働きながら苗字が変わるのは面倒だと考えて、結婚してから転職をする人もいます。

結婚後の方が企業選びがしやすいため

  • 引っ越して実際に二人の結婚生活を始めてからでないと、自分がどのくらい仕事に時間をかけられるのかわからないと思ったからです。そのほうが自分の負担も軽く、また転職の失敗も防げると思いました。
  • 私自身、一人暮らしの経験がなく、結婚後の家事が上手くできるのか不安だった。どれぐらいの頻度で掃除をしたり、買い物に行くか、月々トータルで何円必要か等を把握してから転職したかった。
  • 結婚が決まってすぐに私の仕事についてパートナーと話し合いましたが、仕事と家事のバランスをどの程度にすれば良いか全く想像がつかなかったためになかなか転職活動に移れませんでした。

結婚後の生活が想像できないため、結婚して少し経ってから転職をする方もいます。

結婚を機に転職先選びの軸が変わることもあるため、賢い選択といえるでしょう。

結婚前のタイミングで転職しようと考えた理由

次に結婚前に転職を考えた理由について紹介します。

結婚が辞める良いきっかけになったため

  • 結婚のタイミングが、前の職場から新しい職場に移るのに良いタイミングだと思ったからです(当たり障りなく辞められるから)辞めるにしても寿退社として辞められるし、新しい仕事を探して受けるにしても、家事との両立を考えて前職を辞めたと伝えられます。そうすれば、新しい職場の面接で、前職で何か嫌な事があったのかなどあまり触れてほしくない所は聞かれずに済みます。
  • 結婚するにあたっての転職であれば、円満退職できて、仕事探しにあたっても、前の職場で揉めて辞めたのではないかと思われ無いと思ったから。
  • 理想の仕事と現状のギャップに気づいたのと、結婚の話が本格的になった時期が重なり、いいきっかけだと思ったため

意外にも多かったのが、結婚が転職のいいきっかけになったから転職するという方です。

現職に不満があるものの、辞めるまでは至らないという方に多い理由で、寿退職という当たり障りのない退職理由を伝えられる点が転職活動に役立ちます。

結婚後の家庭の時間を増やすため

  • 前職が不規則な仕事で、家事もろくにできない状態だったので、結婚後は家のこともしっかり務めたかったので、時間も固定のところにしました。
  • この仕事と家庭を両立させるのは厳しいし、出来れば毎日ご飯を作って夕食は家で食べたり2人の時間を過ごしたいと思うようになりました。
  • 結婚前に将来的な生活を考えた際に、今の仕事では厳しいことを現在の妻と相談をしており、安定した仕事へ転職をしたところで入籍をし結婚をする約束をしていたため。

結婚後の家庭の生活を重視して、あらかじめワークライフバランスを取りやすい会社に転職する方もいます。

妊娠・出産をしやすい会社に転職したかったため

  • 結婚後出産の可能性があることを考えると結婚前に転職しておく方が一番ベストなタイミングだと思ったから。もし妊娠すると前職の職場では育休環境が整っていなかったので長い目でみて環境の整った会社に転職するなら結婚前が一番動きやすいと思ったから。
  • 妊娠・出産をするとなると、転職後1年経っていないと雇用保険や健康保険上不利になることを考え、結婚が決まった段階で、妊娠・出産を得ても自分のキャリアを確立することができるような会社へ転職し、転職先に慣れた後に子供を産みたいと思ったため。

出産のことを考えて、育休や産休が取りやすく、女性が働きやすい会社に転職する方もいます。

会社によっては、転職して1年以内だと育休が取得できないため、結婚前の早い段階から転職活動をする必要があります。

結婚後の新生活と転職活動の両立を避けるため

  • 結婚してから職探しを始めると慣れない環境の中、家庭内のことも両立しながら転職活動を進めることに不安を感じたこともあったので。
  • 結婚をしてからでは、なかなか時間がとることが難しいと考えていました。
  • 結婚前の余裕のある時期に転職をしておくことで、結婚前後の忙しい時期と転職が被ることがないようにしたいと思ったため。
  • 生活環境が変わる前には仕事を覚えていたかったので結婚と同時ではなく、早めに転職してストレス軽減しました
  • 少しでも新しい仕事に慣れてから新生活を始めることで、環境の変化によるストレスを軽減するため
  • 仕事に慣れてある程度余裕がないと結婚を考えることができないので、転職を行って落ち着いてから結婚することにしました

結婚や結婚に伴う転居、転職活動等は非常にストレスのかかる営みです。

そのため、結婚前に転職活動を終えて、ストレスを軽減させようと考える方もいます。

転職に有利なタイミングだったため

  • 自分の希望の会社の求人がその当時ちょうどあって、今このタイミングを逃すと、とても後悔すると感じたため応募して転職をしました。
  • 未婚の状態で転職活動をした方が内定が決まりやすいと聞いていたため。

既婚女性よりも、未婚女性の方が転職活動が有利になりやすいと考えて結婚前に転職する方もいます。

また、たまたま希望する求人が出ていたため、結婚前に転職したという方もいます。

結婚前に給料を増やす必要があると感じたため

  • 結婚し子供ができると費用がかかると思い、派遣社員じゃ家族を食べさせていけないと思い転職をしようと思いました。
  • このままアパレルで働いていたらお金が貯まらないなと思ったからです

金銭的な理由から結婚前の転職を考える方もいます。

転居や結婚式、子育てなどのライフイベントには出費がつきものであるため、結婚を機に考えてみるといいでしょう。

【補足】選考通過率を上げたいなら結婚前の転職がおすすめ

  • 「どうしても入りたい企業がある」
  • 「転職を有利に進めたい」

という方は、選考通過率を上げるためにも結婚前の転職がおすすめです。

というのも、結婚前の女性、つまり独身の女性の方が仕事を優先して働いてくれそうと思われ、採用されやすくなるからです。

一方、既婚女性は選考の中で以下のような質問をされることがあります。

  • 子供の予定はあるのか
  • 旦那の実家はどこにあるのか
  • 旦那が転勤したらどうするのか
  • 旦那はどこの会社で働いているのか

上記の質問は、職業安定法や男女雇用機会均等法によって禁じられていますが、今回のアンケート調査によると全体の33.3%の方が「転職面接で出産予定や配偶者などのプライベートに踏み込んだ質問をされた」と回答が得られています。

このことから、企業は女性が出産を機に辞めてしまうことや、子育てしながら仕事にコミットしてくれるかどうかを気にしていることがわかります

また、法的には禁止されており、求人票には記載されないものの、裏では未婚女性のみを募集している企業があるのも事実です。

そのため、どうしても入りたい企業がある方や、転職活動を有利に進めたい方は、結婚前の転職がおすすめです。

ただし、 結婚前に転職するために入籍日の前に焦って転職活動をすると、かえって失敗するリスクを高める恐れがあります。

そこで、次章から結婚前後で女性が転職するメリット・デメリットについて解説するので、自分がどちらのタイミングで転職した方がいいか冷静に考えてみてください。

2.結婚前に女性が転職するメリット・デメリット

結婚前に女性が転職するメリットとデメリットを以下の順番で解説していきます。

  • 結婚前に転職するメリット
  • 結婚前に転職するデメリット

順に読み進めてみてください。

結婚前に転職するメリット

結婚前に転職するメリットについて以下の2つ解説します。

メリット1.未婚の方が選考で有利になりやすい

結婚前の未婚の方の方が転職の選考で有利になりやすい傾向にあります。

なぜならば、採用担当は以下のことを気にかけるからです。

  • 既婚者は家庭があるため転勤できない
  • 既婚者は残業や休日出勤ができないから都合が悪い
  • 既婚者はすぐに子供を産んで仕事を辞めてしまうのではないか

未婚の方であれば、ある程度仕事の融通が利くため、採用したら活躍してくれそうと思ってもらえる傾向にあります。

そのため、転職活動の選考通過率を高めたいと考えている方は、結婚前の転職がおすすめです。

メリット2.妊娠・出産までの期間が長くなるため、育休・産休が取りやすくなる

子どもを育てることを計画している方は結婚前の転職がおすすめです。

なぜならば、結婚前に転職することで、妊娠・出産までの期間が長くなり、育休・産休が取りやすくなるからです。

実際に、育休は1年以上勤務しないと取得できないという会社が多くあります。

また、仮に取得できたとしても、転職してすぐに長期休暇を取ると、悪い印象を持たれたり、人間関係を構築しにくくなったりする可能性もあります。

転職してすぐに産休はやりにくい

口コミ・評判

匿名
転職後すぐ産休とかってちょっとやりにくいし、我慢して今の会社いるけど、産休育休明けて一瞬戻ったら即転職活動しようと心に決めてる。

出典:Twitter

結婚前に転職するデメリット

次に結婚前に転職するデメリットについて解説します

デメリット1.結婚後の生活が予定と変わった場合、修正に労力がかかる

結婚後の生活が、結婚前に予定していたものと変わるリスクがある点はデメリットといえます。

これは、結婚を境にパートナーと同棲を始める方や家事の分担をする方、帰宅時間を今まで以上に意識する方が一定数いるためです。

結婚後に子供のことを考えるようになった

口コミ・評判

匿名
結婚後、子どもを考えるようになったことが一番の理由です。将来的に子どもが2人欲しかったので、家から会社まで片道1時間以内でいける所に転職したかったです。

出典:アンケート

また、結婚してから家庭の時間を大切にするようになり、職場に求められている業務水準を満たせないといったこともあるでしょう。

結婚前に転職してしまうと、そのような変化に対応できないため、結婚後の生活が予測できないという方は、結婚後に生活が落ち着いてから転職する方が賢い選択といえるかもしれません。

デメリット2.転職後すぐには結婚・出産がしにくい

結婚前に転職をすると、すぐに結婚・出産がしにくい点がデメリットになります。

というのも、転職してすぐだと育休が取れなかったり、結婚式やその準備のための休みが取れなかったりすることがあるからです。

転職してすぐじゃ育休取れない

口コミ・評判

匿名
今の仕事、忙しすぎてしかも終わりが見えずで結構限界!!これじゃ子供もできん!と思って転職も考えてるんですけど、転職してすぐじゃ育休取れないな、とか、住宅ローン組めないなとか思って踏みとどまってる。

出典:Twitter

そのため、結婚や出産の予定日が決まっていて、その日まで残り少ないという方は、結婚後の転職に考えを変えた方が賢明かもしれません。

次章では、結婚後に転職するメリット・デメリットについて解説します。

3.女性が結婚後に転職するメリット・デメリット

女性が結婚後に転職するメリットとデメリットについて解説します。

  • 結婚後に転職するメリット
  • 結婚後に転職するデメリット

順に読み進めてみてください。

結婚後に転職するメリット

結婚後に転職するメリットは、結婚後の生活に合わせた転職先選びができることです。

特に結婚を境に同棲を始める方や、パートナーとの時間を増やしたいと考えている方は、新しい生活に慣れてから転職することで、ミスマッチの可能性を抑えることができます。

そのため、結婚後の生活がまだ想像できないという方は、結婚後の生活を実際に理解してから転職先選びをする方がいいかもしれません。

結婚後に転職するデメリット

結婚後に転職するデメリットについて解説します。

デメリット1.未婚女性よりも選考が不利になりやすい

結婚後に転職すると、未婚女性と比べて選考が不利になりやすいです。

なぜならば、採用担当者は結婚したばかりの女性に対して、以下のようなネガティブなイメージを持ってしまうからです。

  • 家庭があるため残業や休日出勤が難しそう
  • 子供ができてすぐに辞めてしまうのでは?
産休が疑われるから結婚前がおすすめ

口コミ・評判

匿名
転職したいけど女は結婚したら産休疑われてるから絶対難しい。。なんで転職考えてる人は結婚前が断然おススメだぞ

出典:アンケート

そのため、自分自身のキャリアに重きを置いている方は、結婚後に転職しても後悔しないか慎重に考えた方がいいでしょう。

【補足】結婚や出産予定は選考で聞いてはいけない

面接で結婚や出産予定を聞かれたという女性の口コミが確認できますが、このような質問は「職業安定法」や「男女雇用機会均等法」によって禁じられています。

そのため、そのようなプライベートに踏み込んだ質問をしてくる企業は、以下の特徴がある可能性が高いです。

  • コンプライアンスへの意識が低い
  • 未だに男性優位の社風がある
  • 育休・産休に否定的

そのため、仮に志望度の高い企業だったとしても、本来禁止されている質問をされた場合、慎重に考え直すことをおすすめします。

なお、厚生労働省の「女性の活躍推進企業データベース」を使うと、特定の企業における女性管理職の割合や平均勤続年数等を確認することができます。

デメリット2.結婚後の新しい生活や子育てが始まると転職活動の時間を作りにくい

結婚後に転職を考えると、新しい生活に時間をとられて、転職活動の時間を作れなくなる恐れがあります。

というのも、結婚後はあなたが担当する家事の量が増えていたり、家庭の時間が増えていたりする可能性があるからです。(※家庭ごとの差はあります)

そのため、余裕を持った転職活動をしたい方は、結婚生活が落ち着いた後や子供がある程度大きくなってから、あるいは結婚の1〜2年前をおすすめします。

なお、パートナーと家事・育児を十分に分担できている方は、大きな問題にはならないでしょう。

家庭によって家事の分担や働き方は異なるため、パートナーと相談の上、判断することをおすすめします。

デメリット3. 1年以上働いてからでないと、育休がとれないことがある

働き始めて1年未満だと育休が取得できないという会社は意外と多いです。

そのため、予定していたよりも早く子供ができてしまった場合、仕事を辞めないといけない可能性があります。

また、取得できたとしても、仕事を始めてすぐに長期休暇を取得したというイメージを持たれ、社内での関係構築に苦労するということも考えられるでしょう。

次章では女性が結婚前後に転職をする場合のスケジュールについて解説します。

4.女性が結婚前後に転職をする場合のスケジュール

結婚や転職活動にどの程度の期間が必要になるのかイメージできていない方も多いと思います。

そこで、本章では結婚前後で転職をする場合のスケジュールについてまとめました。

今から結婚前の転職をするなら、入籍日は9ヶ月以上先になる

今現在、結婚前の転職を考えている場合、入籍日まで9ヶ月以上の余裕が必要と考えておきましょう。

というのも、転職活動が平均3ヶ月かかるとされており、転職前のパートナーとの条件の相談や、内定後の退職準備の期間も必要になるからです。

入籍日をすでに決めている方は、結婚前に転職をしてもスケジュール的に問題がないか確認しておきましょう。

【補足】無理な転職活動になるのなら入籍日を遅らせることを検討する

結婚前に転職をしたいと考えているものの、入籍日が迫っているという方は、パートナーと相談した上で、入籍日を遅らせることを検討してみてください。

というのも、結婚前に焦って転職活動をしてしまうとミスマッチの可能性が高くなってしまうからです。

転職のために結婚を遅らせる

口コミ・評判

匿名
転職したいなら、結婚遅らせようかな。。落ち着いてからの方がいいかな。

出典:Twitter

今から結婚準備を始める場合、結婚後の転職は1年程度先になる

今から結婚準備を一から始めて、結婚後の転職を考えている場合、内定が決まるまでに1年程度かかると考えておきましょう。

というのも、結婚準備に時間がかかる上に、転職活動にも平均3ヶ月かかるとされているからです

また、パートナーとの転職先の条件や家事・育児の分担について話し合う期間も必要になります。

そのため、結婚をきっかけとした転職なら問題ありませんが、「今の職場が辛い」「これ以上働くのは精神的に限界」といった理由で転職を考えている方は、本当に結婚後まで我慢できるのか考えてみてください。

結婚よりも先に今の環境を変えた方がいい場合は、パートナーと相談の上、結婚前の転職を検討しましょう。

5.女性が結婚前後の転職を成功させるための3ポイント

ただでさえ転職が不安定になりがちな結婚前後だからこそ成功確率を高めたいと考える方は多いと思います。

そこで、女性が結婚前後の転職を成功させるためのポイントについて以下の流れで解説します。

順に解説します。

5-1.企業に求める条件の優先順位を決める

転職活動を始める前に企業に求める条件の優先順位を定めましょう。

特に結婚後の生活を考えると、「転勤はない企業がいい」「育休の独自制度が充実した会社がいい」といった、今までと異なる条件が出てくる可能性もあります。

また、パートナーと相談して優先順位を定めるのもおすすめです。

参考までによくある企業選びの条件を以下にまとめました。

  • 転勤がない
  • 在宅勤務できる
  • 年収400万円以上
  • 残業時間20時間未満
  • 女性が働きやすい会社
  • 自分のスキルを活かせる
  • 語学を使った仕事ができる
  • 社風や働く人との相性が良い
  • 時短勤務など働き方の融通が利く
  • 家賃補助などの福利厚生が充実している

上記は一例ですが、このような転職軸の中から三つほど自分の中で重要度の高いものを選びましょう。

5-2.長く働く意思を見せる

長く働く意思を見せることも結婚前後の女性が転職成功確率を上げるためのポイントです。

というのも、採用担当者は候補者がすぐに辞めてしまうことを恐れているからです

特に女性の場合、「出産までの腰掛け仕事なのではないか」「旦那の転勤があったら退職するのでは?」といったことを気にされている可能性が高いです。

そのため長く働く意思を示し、「家庭との両立が難しくないのか」といった質問をされたら

  • 家事や子育てをパートナーとどのように分担しているのか
  • 保育園などのサポートを利用する予定があるのか

といった、具体的な根拠を示して両立ができることを伝えられると良いでしょう。

5-3.転職のプロに相談する

転職の成功確率を上げるためにはプロに相談することが必要不可欠です。

というのも、転職のプロである転職エージェントは、選考対策や推薦文の作成だけでなく、応募先企業が女性にとって働きやすい会社であるかといった情報も提供してくれるからです。

全て無料で利用することができ、日程調整や書類の作成・管理などを代理で行なってくれるため、利用することをおすすめします。

次章では結婚を考える女性におすすめの転職エージェントについてご紹介します。

6.結婚を考える女性におすすめの転職エージェント

結婚前後の転職の成功確率を上げるにはプロに相談するのが一番です。

そこで、本章では結婚を考える女性におすすめの転職エージェントをランキング形式でご紹介します。

転職エージェントの評価基準

  • 求人の質・量
    質の良い求人が多いか
  • 提案力
    女性の希望を十分考慮した提案をしてくれるか
  • サポート
    面接・書類対策など、選考対策を丁寧に行ってくれるか

独自アンケートの結果、女性からの評価が高かった転職エージェントは以下の通りとなりました。

転職エージェント求人数利用満足度
1位
リクルート
エージェント
約10万件

4.1

女性求人数は業界トップ!選択肢を増やすなら登録必須
公式サイト
2位
マイナビエージェント
(女性版)
約2.3万件

4.2

女性向けの求人が多く、第二新卒、20・30代から特に高評価
公式サイト
3位
type女性の
転職エージェント
約0.8万件

3.9

女性転職実績豊富なキャリアコンサルタントからの親切丁寧なサポートが好評
公式サイト
4位
パソナキャリア
約2.8万件

3.7

女性のキャリアプラン設計に慣れていると定評のあるエージェント
公式サイト
5位
dodaエージェント
約7.4万件

3.6

求人数No.2。手厚い転職サポートが評判
公式サイト

※求人数:2021年5月現在

1位. リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、女性の求人数・実績ともにNo.1の転職エージェントであり、必ず登録すべき1社と言えます。

なぜなら、コロナ禍で求人数が減っている今、質の良い求人を探すには、できるだけ多くの求人数を見比べて厳選する必要があるからです。

ただ、女性に特化したサービスを行っている訳ではないため『マイナビエージェント【女性型】』などのサービスと組み合わせて利用すると、より一層満足のいく転職活動となるでしょう。

リクルートエージェント公式:
https://www.r-agent.com/

女性が安心して働ける転職先が見つかった

口コミ・評判

24~26歳・事務・CS・400~499万円
評価:★★★★★5
他のエージェントを利用したときは、こちらが希望している条件を本当に確認しているのか疑わしい内容の求人内容を送ってくるところもありましたが、リクルートエージェントは、そういったこともなかったのでよかったです。転職するにあたり、結婚を控えていたため、女性が安心して働ける会社であることを重視して選びましたが、給与こそ下がりはしたものの、無駄な残業もなく、産休や育休の制度がしっかりしていたので満足しています

出典:アンケート

2位.マイナビAGENT

マイナビAGENT』は、大手人材会社マイナビが運営する女性のための無料転職サービスです。

女性コンサルタントが多く、女性求職者一人ひとりの要望を聞き最適なアドバイスをしてくれることから女性利用者の満足度が高いです

また、マイナビの豊富なリソースにより、大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多彩な求人を保有しており、求人数は、業界高水準となっています。

女性コンサルタントによる転職サポートを受けたい方は、是非以下から登録してみましょう。

マイナビAGENT:
https://mynavi-agent.jp/

転職未経験の私に優しく教えてくれた

口コミ・評判

人事・20代後半・女性・年収400万台
総合評価:★★★★☆4

私は転職エージェントを使ったのは初めてでしたが、スタッフさんが非常に親身になってくれて、自分の納得行く職種に就くことができました。
私は最初はどうしたらいいか不安でしたが、自分の性格や転職タイプなどを診断してくれ、自分の理想の職場で働けています。

出典元:アンケート

3位. type女性の転職エージェント


type女性の転職エージェント』は、株式会社キャリアデザインセンターが運営する女性専門の転職エージェントです。

女性の転職支援については10年以上の歴史があり、女性が働きやすい案件を大量に保有しています。

また、女性のアドバイザーを中心に、職種ごとに専門チームを作り女性の転職支援をしているため、細かなアドバイスを受けたい女性におすすめです。

利用者の約71%が年収UPに成功した実績を誇るサービスですので、転職を少しでも検討される方は、気軽に相談してみましょう。

type女性の転職エージェント公式サイト:
https://type.woman-agent.jp

登録後の非公開求人の多さは大手に勝る

口コミ・評判

人材コンサル・20代後半・女性・年収350万台
総合評価:★★★☆☆3

非公開求人がとても多い。
また、年収アップ転職にこだわりを持っていただき、企業に問い合わせをしながらポジションを模索してくれた。
企業とのつながりの深さと、そこからくる非公開求人の多さは素晴らしかったです。
厳しい条件で求人を探してもらいましたが、探せばあるものだなと思いました。

出典元:アンケート

4位.パソナキャリア

パソナキャリアは、手厚いサポート・フォローに定評がある転職サービスです。、慣れない転職に不安がある方に特におすすめです。

運営元のパソナは人材業界最大手で、16,000社以上と取引実績があるため、女性向けの求人数も充実しています。

また、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視していることもあり「親身なサポートが受けれた」と女性から好評のサービスですので、初めての転職に不安を抱えている方は登録を検討しましょう。

パソナキャリア公式:
https://www.pasonacareer.jp/

超がつくほど親身な対応

口コミ・評判

営業・20代後半・女性・年収400万台
総合評価:★★★★★5

超がつくほど親身な対応をしてくれました。アドバイスも的を得ていて、細かく丁寧でした
求人も自分の求めていた条件を汲んでしっかりと見つけてくれましたし、面接対策もしっかりとしてくれました。
こういうのは担当のコンサルタント次第かと思いましたが、周りの友人もパソナで転職を決めており、評判もいいので全体としてレベルが高いのかと思います。

出典元:アンケート

5位.dodaエージェント

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと女性から高評価を得ています。

家庭事情での地方転職など他社で断られやすい場合でも、dodaであれば大丈夫と好評なので『全ての女性におすすめできるエージェント』と言えるでしょう。

doda公式サイト:
https://doda.jp

求人数も非常に多く、幅広い業界を検討できた

口コミ・評判

25-29歳・事務職・400~499万円
評価:★★★★☆4
ご担当頂いたSさんには、お会いした際に転職活動について丁寧に教えていただきました。
初めての転職で右も左もわからない状況だったのですが、おかげさまで今後、自分が何をしたらいいのかはっきり見え、行動に移すことができました。
また、求人数も事前に口コミでお聞きしていた通り非常に多く、幅広い業界を検討できました。

出典:アンケート

7.結婚を考える女性が転職する時に確認すべき4ポイント

仮に転職できたとしても転職先が女性にとって働きにくい会社だと後悔する恐れがあります。

そこで、本章では結婚を考えている女性が転職をするときに、必ず確認すべきポイントについて以下の流れで解説します

順に解説します。

7-1.社員に占める既婚女性の割合が高い

業種や職種によって異なりますが、社員に占める既婚女性の割合が高い会社ほど女性にとって働きやすい会社である傾向にあります。

一方、女性や既婚女性が占める割合が低い会社は女性にとって働きにくい環境であるために、離職している可能性が高いです。

そのため、既婚女性の割合は必ず確認するようにしましょう。

女性の割合が75%!

口コミ・評判

匿名
うちの職場の男女の割合は女性75%でした!!
正社員は男女全員、既婚者です
結婚しやすい環境と期待!

出典:Twitter

求人ページに書いていない場合は転職エージェントに聞くか、選考の逆質問の場で聞くことをおすすめします。

7-2.育休・産休の取得実績・復帰した実績がある

育休や産休の取得実績また、 会社に復帰した実績があるかどうか確認することをおすすめします。

というのも、実績のある会社は育休に伴う長期休暇後でも復帰しやすい人間関係の職場であったり、子育てしながらでも働きやすい環境が整っている可能性が高いからです。

一方、産休育休の取得実績の少ない会社は、取得することを歓迎しない会社である恐れがあります

制度はあっても使いにくい職場に要注意

口コミ・評判

匿名
産休育休制度あるよ、使ってる社員多いよ、みんな復帰してるよって言ってくれるところは少なかったな。制度はあるけど…みたいな

出典:Twitter

上記の口コミのように、制度があっても使いにくい空気がある職場だと働いてから苦労する可能性が高いです。

制度の有無だけではなく、利用した実績があるかどうか必ず確認するようにしましょう。

なお、本記事で紹介した『マイナビエージェント』に掲載されている求人に占める「育休・産休取得実績あり」の求人は全体の12.2%でした。

7-3.フレックス制度・リモートワークなどの柔軟な働き方が可能

フレックス制度やリモートワークなどの柔軟な働き方が可能な職場であるかどうか確認しましょう。

というのも、子供ができてからもその方が働き続けやすいからです

また、柔軟な働き方が認められている会社は、比較的融通が利きやすい傾向にあるため、家庭の事情に伴う働き方の変化にも個別で対応してもらえるかもしれません。

キャリアと子育ての両立ができる

口コミ・評判

匿名
このままフレックスやリモートワークなどの制度で、男女関係なく家でも仕事が出来る様になれば少しはキャリアと子育ての両立の助けになるのではないかと感じています。10年後、子育てしやすい環境を作れるように微力ながら出来ることをやっていきたいなと思わされました!

出典:Twitter

7-4.残業や出張、転勤は家庭との両立ができる程度か

残業や出張があるのか、またあるとしたら家庭との両立ができる程度かは確認すべきです。

というのも、残業や出張で家庭との時間が作れなかったり、転勤で生活が変わったりすると、強いストレスに繋がってしまうからです。

結婚してすぐに転勤を命じられて苦労した方の声をご紹介します。

結婚してすぐに転勤になった

口コミ・評判

匿名
結婚してすぐに転勤になり週末婚。私は私で仕事でストレスが多くギリギリの精神状態。旦那もよくよく話を聞いたらしんどい中仕事がんばってるみたいだ。

出典:Twitter

そのような事態を回避するためにも、応募する前に家庭との両立ができる程度の忙しさの会社であるか確認することをおすすめします。

8.【FAQ】結婚を考える女性の転職に関するよくある質問

最後に、結婚を考える女性の転職に関するよくある質問をまとめました。

気になる質問があれば見てみてください。

Q-1.結婚に伴う引越しと転職が重なり、ストレスにならないか心配です。

それらが重なると高い確率でストレスになると考えられます。

というのも、結婚・出産・転職・引越しなどは比較的ストレスの大きいライフイベントだからです。

参考:ホームズとレイのストレス度表

実際に以下のような口コミもあります。

結婚、引越し、転職が重なってうつ病になった

口コミ・評判

匿名
あの頃は自分で気づいていなかったんだろう。結婚、引越し、転職が重なって鬱発症。同時に3つの変化はデカすぎた。

出典:Twitter

そのため、多くの変化が重なることに自信がない方は、結婚と転職のタイミングをずらすことで、ストレスを緩和するといいでしょう。

Q-2.内定後に結婚報告をして内定が取り消されることはありますか?

結婚報告で内定が取り消されることは法的に問題があるためできません。

というのも、内定や内々定を取り消すことは法的には「解雇」と同じ扱いだからです。

そして、解雇が認められる場合は、内定取り消し事由が以下の要件を満たす必要があります。

  • 採用内定当時知ることができず、また、知ることが期待できないような事実であること
  • その事実を理由として取り消すことが「客観的に合理的と認められ、社会通念上相当」と認められること

内定後の報告であれば、採用時点では知り得ない情報のため一つ目の要件は満たされます。

しかし、結婚を理由に内定を取り消すことは、「客観的に合理的と認められ、社会通念上相当」とは認められません。

そのため、結婚報告で内定が取り消されることはありませんし、万が一取り消されたとしたら、法的措置をとることが可能です。

Q-3.結婚を機に転職する場合、志望動機や転職理由は正直に伝えるべきですか?

正直に伝えることをおすすめします。

というのも、正直に伝えることで、ミスマッチの可能性を下げることができるからです。

結婚の話を聞いて採用を控えようとする企業があるのは事実ですが、そのような会社はそもそも入社したとしてもミスマッチが避けられません。

ただし、「結婚するために前職を辞めた」と適当に伝えてしまうと、「すぐに辞めてしまいそう…」と思われ、印象がよくないです。

そのため、以下の例文にように言い換えることで「家庭と両立して長く活躍してくれそう」という印象を持ってもらえるよう意識して伝えましょう。

【例文】

結婚に伴う転居を理由に前職を退職しました。

結婚後も、5年間続けてきた営業職の経験を活かして、正社員として活躍したいと考えています。

結婚後も働き続ける女性が多い貴社でなら、営業としてのキャリアと家庭の両立ができると考えて志望しました。

配偶者とも家事・育児は分担するよう話し合っているため、即戦力として貴社に貢献できるよう精進していきます。

Q-4.転職してすぐに結婚しても問題ありませんか?

問題ありません。

しかし、企業側の源泉徴収の手続きや家族手当の発生などの影響が考えられるため、結婚する2~3ヶ月前に上司に報告することが望ましいとされます。

また、結婚や子育てを機に辞めてしまうのではないかと心配されることがあるため、業務に支障をきたすつもりはないという旨を伝えておけるとスムーズです。

Q-5.転職してすぐに結婚式で休みをとることはできますか?

企業によって異なるため事前に確認しましょう。

特に結婚休暇は、給料の有無や取得期間、入社してどの程度経ったら付与されるのかなどの条件が企業によって全く異なります。

転職してすぐだと取得できないことや、そもそも結婚休暇のような制度がないこともあるでしょう。

また、休暇自体はあるものの、会社に取りにくい雰囲気があったり、取得するタイミングを自由に決められかったりすることもあるため注意が必要です。

結婚休暇が取れなかった

口コミ・評判

匿名
仕事忙しいのに結婚式するとか信じらんないとか言ってくる同僚も複数いて、結婚休暇も取れなかったし

出典:Twitter

まとめ

ここまで女性の結婚前後の転職について解説してきましたが、いかがでしたか?

転職活動を有利に進めたい方は結婚前の転職がおすすめですが、状況やパートナーとの関係性によっては異なるケースもあります。

そのため、転職に限らず結婚後の生活を充実したものにするためにも、結婚前後のメリット・デメリットを理解した上で、自分にあった選択をしてみてください。

なお、転職成功確率を高めるために、転職エージェントの活用は必須です。

本記事で紹介したおすすめの転職エージェントを以下で再掲するので、気になるものがあれば気軽に登録してみてください。

転職エージェント求人数利用満足度
1位
リクルート
エージェント
約10万件

4.1

女性求人数は業界トップ!選択肢を増やすなら登録必須
公式サイト
2位
マイナビエージェント
(女性版)
約2.3万件

4.2

女性向けの求人が多く、第二新卒、20・30代から特に高評価
公式サイト
3位
type女性の
転職エージェント
約0.8万件

3.9

女性転職実績豊富なキャリアコンサルタントからの親切丁寧なサポートが好評
公式サイト
4位
パソナキャリア
約2.8万件

3.7

女性のキャリアプラン設計に慣れていると定評のあるエージェント
公式サイト
5位
dodaエージェント
約7.4万件

3.6

求人数No.2。手厚い転職サポートが評判
公式サイト

※求人数:2021年5月現在

あなたの転職がうまくいくことを心から願っています。